島根日日新聞は出雲市・松江市・雲南市(一部地域を除く)・斐川町エリアで発行しています。

トップニュース

通過地域の防護に万全期す

<写真:安倍晋三首相(右端)へ北朝鮮の動向に関する申し入れをする(左から)尾崎正道高知県知事、中村時広愛媛県知事、湯崎英彦広島県知事、溝口善兵衛島根県知事=14日、午後、首相官邸> 北朝鮮が米領グアム沖への弾道ミサイル発射計画を発表したことを受け、政府は14日までに、北京の外交ルートを通じて厳重に抗議した。安倍晋三首相は同日午後、ミサイルの上空通過が予想される島根、広島、愛媛、高知の4県知事と首相官邸で会談し、「許しがたい挑発行為を実行させないことが重要だ。最も重い責任は国民の生命を守り抜くことだ」と述べ、安全確保に万全を期す方針を伝えた。
 4県知事は「情勢は緊迫している。警戒・防護態勢を強化し、住民の安全確保に万全を期してほしい」と要請。ミサイル発射やその兆候の速やかな情報提供も求めた。
 首相は北朝鮮に抗議したことを説明。同時に「米韓や中国、ロシアと連携し、北朝鮮に対して圧力を高める。高度な警戒態勢の下、国民に被害が出ないよう最善を尽くす」と強調した。
 4県知事はこれに先立ち、外務、防衛両省にも同様の申し入れをした。
 政府は既に、ミサイル落下に備え4県に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を配備している。

<写真:安倍晋三首相(右端)へ北朝鮮の動向に関する申し入れをする(左から)尾崎正道高知県知事、中村時広愛媛県知事、湯崎英彦広島県知事、溝口善兵衛島根県知事=14日、午後、首相官邸>
      

写真サービス 記事転載 購読