在籍確認なしでお金を借りる。カードローン会社

在籍確認なしでお金を借りる。カードローン会社

在籍確認なしでお金を借りる。カードローン会社

カードローンを契約するときに、会社にかかってくる在籍確認・・・。もちろん、別に気にしないという人もいらっしゃると思いますが、会社の都合や人間関係などの問題で「在籍確認なしでカードローンを契約したい」という方もいらっしゃるでしょう。

会社員でも、そして、アルバイトの方はバイト先にもかかってくる在籍確認ですが、ほとんどの銀行や消費者金融で在籍確認をしています。

これは、本当に在籍しているのか・・・返済能力はあるのかという審査で重要なポイントとなるからですが、一部の消費者金融では在籍確認なしや在籍確認の代わりに書類の提出をすることで職場への電話を回避できるというケースもあります。

在籍確認をせずにカードローンを契約することは、条件がそろえば可能・・・。

 

今回は、在籍確認なしで契約できるカードローンについてのまとめてご紹介したいと思います。

在籍確認とは?

在籍確認とは、クレジットカードやカードローンを契約する時に、勤め先に貸金業者から電話連絡があるというものです。

もちろん、怪しい電話ではなく「○○さんはいらっしゃいますか?」と聞かれるだけ。不在の場合でも「あいにく席をはずしておれます」という担当者の対応で在籍確認はOKとなります。絶対に本人が電話口に出る必要はなく、あくまでも「その会社に申し込みをした本人が在籍していることが解ればいい」のです。

在籍確認は、会社の固定電話にかけられるものです。そして、原則として銀行名や企業名は名乗らず、個人の名前での電話となります。もちろん、個人情報も厳守です・・・ですが、電話を取った人によっては「あ、在籍確認だ」と気づく可能性もあります。

もちろん、カードローンの契約は後ろめたいことではありませんが、できれば職場の人に知られたくないという方も多いのではないでしょうか。できれば在籍確認なしでカードローンを契約したい・・・という方のために今回は、在籍確認なしでも契約できるカードローンと、そもそもどうして在籍確認をしているのかについてご紹介します。

在籍確認をする理由

 

カードローンやクレジットカード決済を契約したときに、在籍確認をする理由は

  • 本当に勤め先に在籍しているのかの確認

です。

カードローンを契約する時には、勤務先を書類に記入しますが、その勤め先を確認するのが在籍確認。なので、会社の電話に電話をして確認をとるのです。くだけた表現をするのなら「本当にその会社のその部署にいるのか」を確認するというのが目的です。もちろん、嘘の情報を書くのは違法行為ですが、そうしたずるを防止する目的ももちろんあるでしょう。

中には、会社員であると嘘をついてカードローンを契約しようとする人もいるのでしょうし、カードローンの審査で「勤め先」はとても大切な要素のひとつでもります。多額の現金を貸し出すカードローンの契約では、職場に在籍確認をするケースは決して珍しいことでありません。

どこに勤めているのかは、返済能力を審査するとても重要な要素のひとつですから、カードローンの審査で在籍確認をするのです。

中には、在籍確認なしで契約できるカードローンもありますが、まず、銀行系のカードローンの多くは在籍確認必須です。勤務先が事実かどうかを確認するのは、お金を貸す側からすれば当然のことでもあります。

いくら審査だとはいえ、あまり心地の良いものではない在籍確認ですが、それをしている理由は他にもあります。それは、カードローン会社などが加盟している全国銀行協会の取り決めで返済能力を確認は義務となっているからです。ですので、銀行や貸金業者は「この人に貸しても大丈夫か」を審査するのです。その過程で審査項目が必要となり、そのひとつが職場への在籍確認なのです。

 

在籍確認をされたくないときは

カードローンの契約は別に恥じるべき事ではありません。ですが、クレジットカードなどとは違って「お金を借りるカード」ですから、とてもデリケートな問題を秘めているのも事実です。

できれば「職場の人に知られたくない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際、在籍確認は今や普通のことですから、在籍確認の電話を取る人によっては「あ、在籍確認だ。カードローンかな?消費者金融かな?」なんて邪推するタイプの人もいらっしゃるでしょう。プライベートな問題ですし、会社の内情によっては「絶対にやめて欲しい」という人もいるはず・・・。中には家族経営の会社だから、カードローンの契約をしられたくない!だから、在籍確認はやめて欲しいというケースもあります。

多くのカードローンで在籍確認が行われていますが、どうしても在籍確認をされたくないときには、在籍確認なしでも契約できるカードローンを選ぶしかありません。

中には、例外なく在籍確認をしているという銀行や貸金業者もいますから、在籍確認がないもしくは事実を説明してなしにして貰えるカードローンを契約するしか方法はありません。

頼み込めばなしにして貰えるなんてことはありませんので、最初から「なしでも手続き可能な業者」を選ぶしかないのです。

そして、当然ですが、すべてのカードローンで在籍確認なしで契約できるという対応をしてくれるわけではありません。なかにはとても厳格な在籍確認を実施する貸金業者もありますので、手当たり次第にカードローンを申し込んでしまうと、あれよあれよという間に職場に在籍確認の電話をされてしまってばれてしまう可能性もあります。

在籍確認がないカードローンはあるの?

 

では、実際に、在籍確認がないカードローンもしくは、在籍確認なしで対応できる可能性があるカードローンはあります。

それが以下の会社のカードローンです。

  • レイクアルサ
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • プロミス
  • セントラル
  • 楽天銀行(対応の可能性)

です。

 

テレビコマーシャルなどで名前を聞いたことがあるという会社が多いですね。

在籍確認なしで契約できるカードローンは実在しますが、必ず安全な貸金業者かはチェックしましょう。ヤミ金などの違法な貸金業者は在籍確認をしないことが多いでしょうけど、絶対に手を出してはいけません。

もちろん、上記の会社はちゃんと許可を得ている業者なので、大丈夫です。

 

在籍確認なしで借りられるカードローン

では、在籍確認なしで契約できるカードローンを見ていきます。在籍確認なしの条件はもちろん、金利や無利息期間のなど、それぞれに特色がありますので、比較してみましょう。

レイクアルサ

  • 最短15秒
  • 無利息期間あり

レイクALSAは、最短15秒というスピードで借り審査ができるのが魅力です。テレビコマーシャルでもおなじみですよね。

そして、以下のような無利息サービスもあります。

無利息サービス 条件
30日間無利息
(借入額全額)
・初回利用
60日間無利息
(借入額全額)
・初回利用
・借り入れ限度額200万円以下
・WEB申し込みをしている
180日間無利息
(借入金額うち5万円まで)
・初回利用
・借り入れ限度額200万円以下

この条件を満たした場合には、無利息サービスを受けることができます。

カードローンの利息ってなかなか馬鹿に出来ない出費ですから、これはうれしいですよね。このように無利息サービスの期間を30日・60日・180日の3つから、希望に合わせて選べるのが魅力的です。そして、無利息期間が終了した後にはもちろん、利息が発生します。

レイクアルサの金利は以下の通りです。

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短30分 最短1時間

そして、気になるカードローン申し込み時の在籍確認ですが、原則として在籍確認をしているカードローンではあるのですが、レイクアルサでは在籍確認の電話を書類で代替できることがあります。

レイクアルサが認めてくれれば、電話ではなく以下の書類で在籍確認の代わりにできるのです。

  • 社会保険証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 社員証
  • 雇用契約書
  • 在籍証明書

です。

上記の書類を提出することで、電話での在籍確認をなしにできる可能性があります。

詳しくは個別に問い合わせをするほかありませんが、書類で代行可能ということになれば職場への在籍確認はなしとなります。

書類対応してもらえるかの判断は、レイクアルサ側の判断に委ねられますが、1度、相談してみてもいいかもしれません。

アイフル

  • 審査は最短1時間
  • 無利息期間
  • 自宅への郵送物なし

テレビコマーシャルでもおなじみのアイフルも在籍確認なしで契約できる可能性があるカードローンです。

ます、アイフルの借り入れは以下の条件になります。

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 1,000円~800万円 最短30分 最短1時間

アイフルは、周囲や家族にばれずに契約しやすいカードローンの代表といってもいい存在です。

まず、在籍確認ですが、アイフルでは原則として電話での在籍確認はしていません。ですので、電話での在籍確認なしでカードローンを契約したい場合は、まず、Web申し込みをしてから電話でオペレーターに「在籍確認なしにしてほしい」と願い出ればOKです。書類での代替となりますが、必要書類を用意できれば電話での在籍確認はパスできます。

そして、アイフルでは、顧客のプライバシーを徹底的に守るという方針のようで、増額審査の場合でも先に「在籍確認はしないでほしい」と行っておけば、在籍確認はありません。そして、カードレスですので、自宅にアイフルから郵送物が届くこともありません。本当にばれにくいカードローンのシステムになっています。

キャッシングはスマホで決済する方法ですので、職場にも家族にもばれにくいカードローンです。絶対に

ばれるのは困るという場合はアイフルがオススメです。

SMBCモビット

  • 在籍確認なし

SMBCもビットでは、WEBで申し込みをすれば、ローンカードの発行・郵送物・本人確認の電話のすべてがないカードローンです。3つをすべてなしにするにはWEDで完結させる必要があり、そのためには、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座が必要です。

SMBCもビットの金利は以下の通り

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 1万円~800万 最短即日 最短

審査は最短60分とスーピーディです。在籍確認なしにするためには、Web完結が前提となります。Webですべての手続きを終えたあとで、オペレーターに在籍確認なしを希望する連絡をすれば大丈夫です。

プロミス

  • 夜間借り入れ
  • 在籍確認なし
  • レディースコール
  • 初回で30日間利息無料

プロミスは、WED申し込みで完結させることで、在籍確認がなしになります。ATMから24時間借り入れが可能ですので深夜でも早朝でも対応して貰えます。

WEB契約の場合は、審査も早く最短1時間となります。そして、店頭や自動契約機を利用すればその場でカードの発行までできるので、ばれるリスクはとても低くなります。

初回利用の場合は、30日間無利息で借り入れができますし、女性専用のレディースコールも用意してあります。

プロミスの年利は以下の通り。

 

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短30分 最短1時間

他のカードローンとほとんど変わらない条件になっていますね。

在籍確認なしで24時間借り入れができるので、時間を気にせずにすぐに借り入れをしたいという方に向いています。

セントラル

  • 無利息期間30日
  • 最短当日融資
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.80%~18.0% 300万円 最短当日 最短当日

セントラルは、10万円以下の借り入れの場合に限って、まれに在籍確認がないケースもある?と言われている消費者金融です。

ただし、原則として在籍確認をしている消費者金融ですので、あると考えた方がいいでしょう。

楽天銀行

 

  • 原則在籍確認あり
  • ないケースもまれにある
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
1.9%~14.5% 10万円~800万円 最短翌日

このあと詳しくご紹介しますが、楽天銀行もまれにカードローンの在籍確認がないケースがあるのでは?と言われているカードローンです。

原則在籍確認はありますし、対応としても在籍確認をすることが前提です。楽天銀行は消費者金融ではなく銀行系カードローンですし、審査は厳しめと考えていいでしょう。ただし、在籍確認の際には銀行名は名乗らず個人名での電話となりますので、バレるリスクは低そうです。

在籍確認がない可能性もある銀行系カードローン

ここまでご紹介したカードローンは、すべて消費者金融系のカードローンでした。

銀行系のカードローンは、原則として在籍確認があるのですが、銀行系のカードローンでも条件などによっては在籍確認がないケースもあります。

銀行系のカードローンの場合、金融庁の指導がありマニュアル通りの審査を行うように指導があるのが現実です。そのため、銀行カードローンでは在籍確認を実施するところが増え、職場の人に知られたくないと相談しても消極的なとこが多いのが事実です。実際に、在籍確認なしにして欲しいという個人の要望に応じることは少なくなっています。

ですが、場合によっては在籍確認なしのケースがあると言われているのが以下の銀行です。ただし

絶対に在籍確認がないというわけではなく「ないケースもある」程度です。

セブン銀行カードローン

 

  • セブン銀行のATMを利用できる

セブン銀行カードローンは、あのコンビニエンスストアのセブンイレブンの銀行で、ATMは全国のセブンイレブンに設置してあります。

セブン銀行の口座を持っていれば、その場で審査ができますし、セブン銀行のキャッシュカードで利用できるので便利です。

セブン銀行カードローンの条件は以下の通り

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
14.00%~15% 10万円~100万円 最短2日 最短2日

借り入れ限度額は低めですが、全国のセブンイレブンで利用できるのでとても便利ですし、周囲から見れば銀行を利用しているだけのように見えるので人目を気にせず利用できそうです。

楽天銀行カードローン

  • 書類で在籍確認できるケースもある

楽天銀行カードローンは、原則として在籍確認があるカードローンです。

在籍確認なしという対応に消極的であることは間違いありませんが、特別な事情がある場合には事前に相談があれば書類などの方法で案内できるケースもある銀行です。

  • 在籍証明書の提出

が必要となり、在籍証明書は項目を記載した書類を自宅に郵送してそれを基づいて会社が作成するいというもの・・・これだったら電話での在籍確認のほうがハードルが低いようにも思えますが、対応して貰えるケースがないわけではないそうです。

楽天銀行カードローンの場合、在籍確認の電話は個人名ですし非通知ですから電話だけでばれる心配は低めといえそうです。

絶対に、書類でOKしてくれるというわけではありませんが、相談してみる価値はありそうです。たなみに楽天銀行カードローンの条件は以下の通り

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
1.9%~14.5% 10万円~800万円 最短翌日

借り入れ限度額も大きく、審査も最短で翌日とスピード感もあります。

他にも、

  • イオン銀行
  • 三井住友銀行カードローン

も在籍確認でカードローンの契約だとバレにくいカードローンです。

在籍確認はありますが、イオン銀行の場合は企業名を言わない対応をしていますし、三井住友銀行カードローンでは、自分の携帯電話を在籍確認に連絡先に指定できることがあります。

申し込み後にカードローンプラザのオペレーターに在籍確認で職場にカードローン契約を知られたくないと相談すれば、在籍確認の電話連絡先登録した携帯電話に在籍確認を先を指定できるケースがあります。

在籍確認がないというわけではありませんが、自分の携帯に買ってくるならばれるリスクは低くなりそうです。

在籍確認なしにするポイントは?

 

在籍確認をなしにしたい・・・場合にはまず、在籍確認なしで対応してくれる可能性があるカードローンを選ぶことが最大のポイントです。

銀行系のカードローンなどの原則として在籍確認があるのが通常です。

もちろん、在籍確認で他者にペラペラと申し込み内容をばらされることはありませんが、電話がかかってくるだけでも嫌だという場合は、在籍確認必須のカードローンは避けるべきです。開始屋の方針で「在籍確認必須」となっている場合、オペレーターにどんなに懇願しても在籍確認をなしにすることはできません。

申し込みの手続きなどが無駄になってしまうともったいないですし、在籍確認が必須というカードローンははじめからさけるのが無難です。

在籍確認の代わりに書類の提出が必要になるケースでは、在籍証明書や社員証などが必要になるケースが多いので、あらかじめ用意しておくのもオススメです。中には、給与明細でもいいという場合もありますし、しっかりした在籍証明求められるケースもあります。

そして、在籍確認なしで契約する場合には、収入証明書の提出が必要なケースがほとんどですので必要書類として認識して起きましょう。

また、在籍確認なしで契約できるカードローンであっても審査がないわけではありません。複数のカードローンから借り入れがある場合や直近で不履行がある場合などは信用が落ちてしまいますので、在籍確認なしで契約できるカードローンでも「在籍確認します」と言われてしまうこともあります。

在籍確認を断って審査に落ちてしまったら元も子もないので、そのあたりは注意しましょう。また、みじかい期間の間に複数のカードローンに申し込みをした場合も、信用度が低下してしまうことがあるので、手当たり次第にカードローンに申し込むのはやめましょう。仮に審査に落ちてしまったとしてもカードローンの申し込みがあったという情報がCICなどに登録されることになります。

カードローンの契約を在籍確認なしで完結させたいなら、在籍確認なしで契約できるカードローンを厳選して1社のみに絞って申し込みをするのがいいでしょう。

そして、極めて例外的な対応ではありますが、長年、給与の受け取りをしている銀行のカードローンの場合、給与の受け取りをしていることで在籍確認として、電話での在籍確認をしないという例外もあるそうです。ただし、これは例外的な対応ですので、給与の受け取りをしている銀行だったら必ず在籍確認なしになるというわけではありません。

在籍確認があってもバレないこともある

在籍確認をされたくないという人の多くは「会社の人に知られたくない」からが主な理由でしょう。確かに、会社の人間関係は複雑ですし、在籍確認だとバレたら「カードローン?クレジットカード?」なんて聞かれて厄介だと感じる人がいても不思議ではありません。

できればされたくないという人もいる在籍確認を銀行や貸金業者が行うのは、審査のためですが、実際に在籍確認の電話があったら、本当にばれてしまうのでしょうか。

まず、在籍確認の電話で業者が契約の詳細をペラペラと第三者に話してしまうことはありません。個人情報ですし、そのあたりの取り扱いにはどの業者も気を遣っています。

そして、ほとんどの在籍確認は「個人名」での電話ですので、例えば「○○銀行貸付担当です」なんてことは言いません。「○○です。」という担当者の個人名で、会社名は名乗らないので、普通にしていれば「会社にかかってきた個人宛の電話」にしか見えないでしょう。

在籍確認の電話があったからといって絶対に職場の人にバレるかと言われると、バレない可能性もかなり高いといえそうです。

ただ、個人宛の電話がかかってくることが少ない会社などでは、やはり「あれ?」と思われることもあるかもしれません。

 

フリーローンなどは在籍確認がある

フリーローンなどは在籍確認がある

使い道が指定されていない、フリーローンなどは審査が厳しい傾向があり、在籍確認はほぼ100%されると言われています。

特に、金利が低く設定されていて、限度額が大きいフリーローンやカードローンの場合は在籍確認が必須というケースが少なくありません。

使い道が限定されていないフリーローンは、どうしても審査が厳しくなりがち・・・。カードローンも使い道は指定されていませんが、ほとんどのケースで金利は高めといっていいでしょう。

金利や使い道などで条件がよいほど、審査は当然、厳格なものになりますから、在籍確認はを避けて通るのは難しそうです。

クレジットカードも在籍確認がほぼある

クレジットカードも在籍確認がほぼある

そして、クレジットカードですが、これもほぼ在籍確認があるとされています。クレジットカードの中には現金を借りることができるキャッシング枠がついているクレジットカードもありますが、その場合はほぼ在籍確認があります。

クレジットカードはそのものは、お金を借りるという性質のカードではありませんが、後払いですから実質はお金を借りているようなもの・・・その上、クレジットカードにキャッシング枠が設定されるとなるとカードローン的な要素が加わりますので、在籍確認はほぼあると思って間違いありません。

クレジットカードの審査も年々厳格になっていると言われていますし、いずれにしても在籍確認はあると思っていたほうがいいのかもしれません。

ただし、もちろん、中には在籍確認がないクレジットカードもありますし、今、すでに持っているクレジットカードにキャッシング枠を追加する場合の審査で在籍確認がなかったという事例もあります。

いずれにしても、個々の信用度や会社のルールによって対応が変わってきますので、絶対に在籍確認がないとは言い切れないのが現状です。

在籍確認なしのカードローンのおおまかな流れ

在籍確認なしのカードローンのおおまかな流れ

在籍確認なしのカードローンの契約の流れをここで見ていきましょう。

  1. 申し込み
  2. 書類提出
  3. オペレーターなどに「在籍確認なしの対応を希望する」
  4. 審査
  5. 決定

 

が大まかな流れとなります。

まず、申し込みですが、これは住所氏名など記入するというもの。ここで、勤務先の情報も入力することになります。

そして、書類を提出しますが、ほとんとのカードローンは今、WEDでの手続きとなっています。

この手続きを終えて仮審査が終わると本審査となり「在籍確認」が行われるわけですが、ここで「在籍確認なしでの対応」を願い出ておくのが安心でしょう。

在籍確認なしでの対応ができるとしているカードローンであったとしても、原則は「在籍確認をしている」ところがほとんど・・・在籍確認なしはイレギュラー対応ですから、必ず「しないでほしい」と伝えておきましょう。

ここで、在籍確認なしの対応が可能か。そして、代わりの書類などの案内があるはすです。

そして、代わりの書類などを提出してから本審査となり、審査結果によって契約できるかどうかが決まってくることになります。

在籍確認なしでももちろん審査を通過できることはありますし、在籍確認をしていても「審査落ち」という結果がでる可能性もあります。

では、もし、在籍確認なしという希望をし忘れていて、申し込み後に在籍確認がかかってしまったら・・・どうしたらいいのでしょうか。万が一のための職場への言い分けをちょっと考えてみましょう。

在籍確認をされる事もあるのか?

職場への在籍確認をなんとか避けたいという場合でも、カードローン会社にその旨伝えておかないと会社に在籍確認が入る場合があります。

実際には、多くのカードローンで在籍確認をしてしいるのが現実ですし、実際に、在籍確認をしたほうがスムーズであることは事実・・・。在籍確認なしで契約するのはイレギュラーであることを念頭に置いておく必要があります。

うっかり在籍確認なしと言い忘れて、職場に在籍確認されてしまった・・・。万が一、在籍確認の電話がある場合も可能性としてはありえます。

多くの場合、カードローン会社が勝手に在籍確認をしてしまうということはありませんし、個人情報を話してしまうということもありません。そして、個人名での在籍確認が多いので電話があっただけで「在籍確認だ」とバレる可能性は低くなります。

その際に言い訳をするというのは不自然なのでキチンと在籍確認をしないように伝えておきましょう。

 

在籍確認で失敗すると審査落ちしてしまう

 

ではもし、在籍確認ができなかった場合はどうなるのでしょうか。もちろん、在籍確認の代わりの書類などを用意してそれを提出している場合は別ですが、そうではなく在籍確認が必要なのに出来なかった場合は、カードローンの審査には落ちてしまうことになります。

在籍確認で審査落ちとなるケースで良くあるといわれるのが

  • 電話がつながらない
  • 取り次ぎ拒否をなどで在籍確認ができなかった
  • 本人とも連絡がとれない

というパターンです。

まず、勤務先の電話番号に電話がつながらないケースは在籍確認が出来なかったということになりますし、職場の誰かが電話を取って取り次ぎをしてくれなかった場合も在籍確認ができなかったということになります。取り次ぎ拒否は会社側の問題ではありますが、時に起こりえることなのでここも要注意です。

そして、そのさいに申し込みをした本人とも連絡がとれないとなると審査は厳しいものになるでしょう。

在籍確認は今、多くのカードローンで実施されています。在籍確認なしで対応してくれるカードローンを選んだ場合には、必ず「在籍確認をしないでほしい」ことをオペレーターなどに伝えて代わりの手続きをするようにしましょう。

そして、在籍はしているものの傷病などで長期休暇中であるという場合は、返済能力に問題があると判断されてしまうケースもあります。在籍確認の電話を受けた人が「今はお休みしています」と答えてしまったら、返済能力に問題ありと認定される可能性もありますので、注意しましょう。

もちろん、いずれの場合でも、しっかりとカードローン会社とコミュニケーションを取って在籍確認以外の方法での手続きをしていれば問題にはならないので、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

どのような理由であったとしても在籍確認ができないあるいは在籍確認の代わりの書類がないとなるとカードローンの審査をパスするのは極めて困難になります。

そして、審査落ちしたという情報も個人情報に記載されてしまうので、決していいことはありません。ですので、在籍確認に関しては「しっかり手続きを確認する」「在籍確認なしでの手続きを希望していることを伝える」のが大切です。

在籍確認なしで契約できるカードローンでも必ず在籍確認の代わりになる書類の提出などの手続きが必要になります。何が必要なのか、そして、在籍確認をしないで欲しいという意思表示をしっかりとしておくのも、在籍確認なしでカードローンの審査にパスするポイントとなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です