WiMAXおすすめプロバイダ比較ランキング11選


今回はWiMAXを契約する際におすすめなプロバイダや、お得に申し込むためのプロバイダ選びなどについて紹介していきたいと思います。

目次 表示

WiMAXおすすめプロバイダ比較ランキング11選

WiMAXおすすめ安いプロバイダ比較ランキング

WiMAXを申し込む際はUQWiMAXやauショップ、家電量販店などよりもWiMAXプロバイダで契約するのが最もおすすめなわけですが、WiMAXプロバイダの中にも様々なところがあり、それぞれで料金などが変わってきたりします。

ただ回線やルーター端末は共通してすべて同じであり、通信速度や対応エリアなどが変わらないことから、基本的には料金の安く、キャンペーン内容が充実しているようなところを選んでいくようにすると良いでしょう。

というわけでここからはそんな料金が安くてキャンペーンも充実しているようなWiMAXプロバイダを、ランキング形式で最もおすすめなところから順番に紹介していきたいと思います。

おすすめ第1位 月額料金も2,090円から使える!Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

月額料金も2,090円から使える!Broad WiMAX(ブロードワイマックス)

8日以内であれば無料キャンセル可能。
他社からの乗り換え最大19000円

おすすめはBroadWiMAXです。

トルツメ

月額料金も2,090円~の安さで利用する事が可能です。

安さで利用するならBroadWiMAXがいいでしょう。

一般的に利用するのであれば月間データ容量が無制限のギガ放題プランがおすすめです。
web申し込み割引とクレカ申し込みで20743円割引
【無料】Broad WiMAX公式サイトは以下からどうぞ

【無料】Broad WiMAX公式WEBサイトはこちら

5Gプラン

5Gプラン名 ギガ放題プラスプラン
料金 4763円~
契約期間 3年

※BroadWiMAXの場合は、初期費用が無料になる「WEB割引」を適用させる場合だと、有料オプション(安心サポートプラス(月額550円))の加入が必須となります。

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)のおすすめポイント

Broad WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

月額料金が安い
キャンペーン内容が月額割引
他社WiMAXから乗り換える場合違約金を最大19,000円負担

Broad WiMAXは料金が最安クラスなうえに、キャンペーン内容が月額割引なので、キャッシュバック特典のようにその受け取り手続きというものを行う必要がなく、確実にキャンペーン特典が受けられるようになっています。

またBroad WiMAXならではのメリットとして、他社WiMAXから乗り換える際はその違約金を最大19,000円まで負担してくれるということです。

そのため他のWiMAXからの乗り換えを検討している場合は、特にこのBroad WiMAXがおすすめです。
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の注意点
Broad WiMAXの注意点としては、WEB割引が適用されなければ20743円という高額な初期費用がかかるという点です。

そのためBroad WiMAXで申し込みをする際は、必ずWEB割引キャンペーンを適用させるようにしておきましょう。

ちなみにWEB割引キャンペーンの適用条件は下記の通りです。

WEBから申し込む
料金プランを「月額最安プラン」にする
支払い方法をクレジットカード払いにする
2つのオプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)に加入する

2つのオプションである「安心サポートプラス」「MyBroadサポート」はいずれも有料オプションですが、これらは端末到着後すぐに解約をすることができます。

ちなみに「MyBroadサポート(月額907円)」に関しては最初の2カ月までだと無料なので、すぐに解約すれば料金は発生しません。

ただし安心サポートプラス(月額550円)は初月から料金が発生するため、この分の料金である550円はかかってしまいます。

口座振替でも申し込みは可能です。

【無料】Broad WiMAX公式WEBサイトはこちら

ブロードワイマックスBroad WiMAXの評判と口コミ。店舗とエリア 

おすすめ第2位 20日以内なら無料でお試しできる!GMOとくとくBBWiMAX

2.GMOとくとくBB

【無料】GMOとくとくBB公式サイトは以下からどうぞ

【無料】GMOとくとくBB公式サイトはこちら【無料】

プラン 初期費用 料金 キャンぺーン 契約年数
ギガ放題 ・事務手数料:3,300円 3,678円(3か月~24カ月)の日割り計算 最大23,000円キャッシュバック 3年
7GB 2,959円(3か月~24カ月)の日割り計算 最大23,000円キャッシュバック 3年

※キャッシュバック額は利用する端末で若干変わってきます。
5Gプラン

5Gプラン名 ギガ放題プラスプラン
料金 4631円~
23,000円キャッシュバック
契約期間 3年

5Gプランは他のWiMAXに比べても安いので、5Gプランを使用するのであればGMOをおすすめします。

GMOとくとくBBのおすすめポイント
GMOとくとくBB WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

料金が安い
20日以内なら無料で契約をキャンセルできる

GMO WiMAXの場合は最大27,500と非常に高額なキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施しており、これのおかげでトータルの料金が他のWiMAXプロバイダと比べても最安クラスになります。

20日以内なら無料で契約キャンセルできる

またGMOだと利用開始から20日以内であれば解約違約金なしで解約できるので、エリア判定では問題ないけれども山間部に住んでいて電波が届くかどうか不安な場合にも安心して申し込むことができます。

GMOとくとくBBの注意点

ただしGMOとくとくBB WiMAXを申し込む際は、下記の点において注意しておきたいところです。

解約金が比較的高い

GMO WiMAXのキャッシュバックの受け取りに関しては、利用開始月から11カ月後にくる「口座情報登録メール」に対して返信することで、指定の口座に現金が振り込まれます。

しかしこの「口座情報登録メール」から1カ月以内に手続きをしなかった場合は、キャッシュバックを受け取ることができません。

またこのメールが来るのは、GMOのプロバイダで設定したメールアドレスであるため、これによってGMOからのメールが来ることは分かっていたけれども、別のメインで使っているメルアドで確認していたため後になって見逃していたことに気づいたというパターンも多いようです。

GMOは高額キャッシュバックを受け取れば確かに他のWiMAXプロバイダに比べても最安です。

GMOの場合は他のWiMAXプロバイダと比べても解約金が高いです。

通常WiMAXプロバイダの解約金は1年以内で19,000円、2年以内で14,000円、それ以降は9,500円となっています。

しかしGMOの場合は1年以内だと20,900円、2年目は15,400円となっており、2年以内で解約した場合の解約金が他のWiMAXプロバイダと比べても高いです。

そのため2年以内で解約する可能性がでてきそうな場合は気を付けておきたいところですね。

【無料】GMOとくとくBB公式サイトはこちら【無料】

光回線でもgmoとくとくbbをやっているので光回線が言い方はそちらを検討するのもありですね。

GMOとくとくBBWiMAXの評判と口コミ。GMOWiMAXをキャッシュバック

おすすめ第3位 初月~2カ月目まで圧倒的に安い。VisionWiMAX

初月~2カ月目まで圧倒的に安い。VisionWiMAX

visionWiMAX公式サイトはこちら

VisionWiMAXの料金プランは下記の通りです。

プラン 初期費用 料金 キャンぺーン 契約年数
ギガ放題5Gプラン 3,000円
(キャンペーンで無料)
・初月:2,980円
・1~24カ月目:4,980円
・25ヶ月目~:5,313円
端末代金、初期費用(新規契約事務手数料)、違約金(最大28,050円)すべて無料 3年
ギガ放題プラン 無料 ・初月~2カ月:1,529円
・3~24カ月目:4,103円
・25ヶ月目~:4,412円
端末代金、初期費用(新規契約事務手数料)、違約金(最大28,050円)すべて無料 3年
ライトプラン 無料 ・初月~2カ月:1,529円
・3~24カ月目:3,349円
・25ヶ月目~:3,658円
端末代金、初期費用(新規契約事務手数料)、違約金(最大28,050円)すべて無料 3年

VisionWiMAXは主に下記の点でおすすめです。

初月~2カ月目までの料金が安い
有料オプションへの加入が一切不要
補償オプションやサポート内容が充実
解約後に端末の下取りをしてもらえる

VisionWiMAXの場合は、通常なら登録時に必要となる初期費用「新規契約事務手数料」が無料になるうえに、初月~2カ月目までの料金が大変安いので、始めやすいのがメリット。

特典を受けるために有料オプションに加入する必要もありません。

補償オプションや無料で受けられるサポートの内容も充実していますし、WiMAXプロバイダでは珍しく解約時に端末を下取りしてもらえるサービスもありますよ。

おすすめ第4位 最安級プランなら初月は0円!カシモWiMAX

最安級プランなら初月は0円!カシモWiMAX

【無料】カシモWiMAX公式サイトは以下からどうぞ

8日以内であれば無料キャンセル可能。

【無料】カシモWiMAX公式サイトはこちら

カシモWiMAXでは機種が古いけれども料金が安い「(ライトプラン)」、そして最新端末が利用できる「(ギガ放題)」の2つのプランがあります。

それぞれのプランの料金は下記の通りです。

5Gプラン名 ギガ放題プラスプラン
料金 4750円
契約期間 3年

最安級プラン(現在在庫切れで5Gプランのみです)

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数
ライトプラン
(データ容量7GB)orギガ放題
0円 1518円 安い 3年

ギガ放題プラン・事務手数料:3,000円0円初月1,518円月額割引3年

カシモWiMAXの最安級プランでは利用開始月が無料になるので、他の初月の日割り計算の分をカウントしていないプロバイダとは違い、総額はその分だけ少し安くなると見て良いでしょう。

カシモWiMAXは主に下記の点においておすすめです。

カシモWiMAXの口コミはこちら

キャンペーン内容が月額割引
有料オプションへの加入が一切不要
料金があまりかからない

まずカシモWiMAXはBroad WiMAXと同様にキャンペーンがキャッシュバックではなく月額割引なので、手続きなしで確実にその特典を受けることができます。

更にカシモWiMAXでは料金が非常に安くなっています。

特に最安級プランなら初月は0円なので、他のプロバイダと同様に初期費用である3,300円がかかったとしても、比較的利用し始めやすいのが特徴です。
カシモWiMAXの注意点
カシモWiMAXの最大の注意点は、安心サポートに入るかどうかです。
安心サポートに入ってしまえば万が一故障してもいつでも無償で修理してくれます。

迷ったらカシモWiMAXに加入するで間違いはないでしょう。

【無料】カシモWiMAX公式サイトはこちら

おすすめ第5位 解約金はわずか1,100円。BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX

解約金はわずか1,100円。BIGLOBE(ビッグローブ)

【無料】BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX公式サイトは以下からどうぞ

【無料】BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX公式サイトはこちら

BIGLOBE(ビッグローブ)の料金

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2の料金

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+では、2019年10月から料金プランが一新され1年契約で利用できるようになりました。

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数
利用開始月 1カ月目以降
ギガ放題(1年) ・申込手数料:3,300円
・端末代金:21,120円
0円 4,378円 17,000円キャッシュバック 1年

※従来のプラン(契約期間2・3年)は新規申し込み受付を終了しています。

BIGLOBE(ビッグローブ)のおすすめポイント

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2のおすすめポイント

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

WiMAXプロバイダでは珍しい1年契約プランがある
解約金がわずか1,100円である
口座振替での支払いに対応している
キャンペーンはキャッシュバックだがすぐ受け取れる

WiMAXプロバイダでは珍しい1年契約プランである

WiMAXプロバイダでは珍しい1年契約プランである

通常WiMAXプロバイダの契約期間は3年とある程度長期間縛られることになります。

しかしBIGLOBE WiMAXの場合は、契約期間がたった1年縛りと短期間で済む分使い勝手が良いです。

解約金がわずか1,100円である

またBIGLOBEのこのギガ放題(1年)プランの場合、途中解約であっても解約金はわずか1,100円と、他のWiMAXプロバイダの解約金(1年以内に解約すると19,000円)に比べても断然安いです。

BIGLOBEではこのように解約金がほとんどかからないので、他のプロバイダと比較してもやめたいときにいつでもやめやすくなっています。

BIGLOBEの場合はクレジットカード払いはもちろん、口座振替での支払いにも対応しています。

そのためクレジットカードを持っていなくても利用することができます。

ちなみに口座振替での支払いでも、キャッシュバックキャンペーンはきちんと適用されるのも良心的ですね。

キャンペーンはキャッシュバックだがすぐ受け取れる

BIGLOBEのキャンペーン内容はキャッシュバック17,000円ですが、これは利用開始月の翌月に指定の口座に振り込まれるので、受け取りが1年後になるGMOよりかは受け取りやすいです。

【無料】BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX公式サイトはこちら

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2の注意点

反面BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXを申し込む際は、下記の点において注意しておきたいところです。

端末代金がかかる
ハイスピードプラスエリアモードが有料オプション扱いである
キャッシュバックの受け取りには期限がある

端末代金がかかる
BIGLOBEでは高額な端末代金21,912円がかかってしまいます。

しかも従来の2・3年の契約プランのように、契約し続ければ端末補填割引により実質無料になるわけではありません。端末代金を丸々負担することになります。

ちなみにこの端末代金はクレジットカード払いだと913円×24カ月の分割払いになります。

ハイスピードプラスエリアモードが有料オプション扱いである

ハイスピードプラスエリアモードが有料オプション扱いである

BIGLOBEではハイスピードプラスエリアモードが無料ではなく有料オプションになっており、そのオプション料として月額1,005円かかります。

他のWiMAXプロバイダだと大抵ハイスピードプラスエリアモードは無料で使えますが、BIGLOBEでは有料になってしまうので注意が必要です。
キャッシュバックの受け取りに手続きは期限がある
キャッシュバックの受け取りに手続きは期限がある

BIGLOBEはキャッシュバック自体はすぐに受け取れますが、 その受け取り手続きにはGMOと同様に期限があります。

具体的に言えば利用開始月の翌月の2日目から45日以内に、BIGLOBEのマイページからキャッシュバックの受け取り手続きを行わなければなりません。

この期限を過ぎればキャッシュバックは無効となり受け取れなくなってしまうので、気を付けておきたいところです。

おすすめ第6位 「本家WiMAX」ならこれ。UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)

UQWiMAX(UQコミュニケーションズ)

【無料】UQWiMAX公式サイトは以下からどうぞ
【無料】UQWiMAX公式サイトはこちら

UQWiMAXはいわゆる「本家WiMAX」とも呼ばれており、WiMAXサービスを提供しているUQコミュニケーションズが運営する契約窓口です。

他のWiMAXプロバイダとの違いとしては、簡単に言うとUQWiMAXがWiMAX回線の提供元である「MNO」なのに対し、WiMAXプロバイダはUQWiMAX(UQコミュニケーションズ)が提供するWiMAX回線を借りてサービスを運営している「MVNO」ということになります。

UQWiMAXの特徴としては、料金がMVNO業者であるWiMAXプロバイダに比べて高い反面、電話などのサポートが充実しているという点です。

また最低契約年数も2年とWiMAXプロバイダ(基本3年)に比べて短い期間で済むため、利用しやすいです。

基本料金がWiMAXプロバイダよりも高くてキャンペーンも特にありませんが、サポートの質を重視する場合や2年契約したいような場合にはおすすめです。

おすすめ第7位 会員の優待サービスが魅力的。DTI WiMAX

会員の優待サービスが魅力的。DTI WiMAX

2020年4月現在即日配送出来ません。

DTI WiMAXの料金

DTI WiMAXの場合は「3年プラン」があります。
3年プラン
DTI WiMAXの3年プランは、月額1,005円のLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)が無料になります。
4か月目以降からは他のWiMAXに比べて高いのでBroadなどの方がおすすめです。

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数
利用開始月 2カ月目 3カ月目 4カ月以降
ギガ放題プラン ・事務手数料:3,000円 0円 0円 2,849円 4,136円 月額料金2カ月無料 3年
モバイルプラン
(データ容量7GB)
・事務手数料:3,300円 0円 0円 3,850円 3,850円

DTI WiMAXのおすすめポイント

DTI WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

NTTグループカードでDTI料金を支払うと最大6,000円キャッシュバック
特別優待サービス「DTI Club Off」がお得

NTTグループカードでDTI料金を支払うと最大6,000円キャッシュバック
NTTグループカードを新規入会して、これでDTIの料金を支払うと毎月500円×12カ月(最大6,000円)のキャッシュバックが受けられます。

特別優待サービス「DTI Club Off」がお得
DTI WiMAXを利用する際に会員になることで、特別優待サービス「DTI Club Off」が利用できます。

これは様々なサービスの割引が利くというもので、具体的な内容は下記の通りになります。

サービス 内容
国内の宿 国内約20,000軒のホテル・旅館が最大90%オフ
レジャー 全国約700箇所の遊園地・テーマパークが最大75%オフ
日帰り温泉 全国約700箇所の日帰り温泉が最大60%オフ
グルメ 全国約40,000店以上の飲食店や宅配ピザなどが最大50%オフ
映画 全国約400館の映画館が前売りより安く買える
エンターテイメント ミュージカル・美術展・展覧会・カラオケが最大50%オフ

DTI WiMAXは直接的なキャッシュバックなどはないものの、このように会員の優待サービスが充実しているのが魅力的です。

DTI WiMAXの注意点

DTI WiMAXもカシモWiMAXと同様に「auスマートバリューmine」が利かず、auスマホとのセット割引が受けられません。

そのためauスマホユーザーである場合は、DTIはおすすめできません。

おすすめ第8位 キャンペーンが受け取りやすい!JP WiMAX

7.JP WiMAX

在庫切れの為、新規受付停止中です。

6.料金プランがシンプルで安いJP WiMAXの料金

JPWiMAXは新規受付を停止中です(2020年4月現在)

JP WiMAXのプランは、3年契約のギガ放題プランしかありません。

プラン 初期費用 料金 キャンペーン 契約年数 総額
利用開始月 1~2カ月 3~24カ月 25カ月以降
ギガ放題プラン ・事務手数料:3,000円 2,800円の日割り計算 2,800円 3,500円 4,100円 ・月額割引
・キャッシュバック10,000円(amazonnギフト券)
3年 124,800円

JP WiMAXのおすすめポイント

JP WiMAXは主に下記の点においておすすめです。

月額料金が安くキャンペーンも充実している
キャンペーンが受け取りやすい
オプション登録が不要

月額料金が安くキャンペーンも充実している
JP WiMAXは料金月額料金が安いうえに、キャンペーン特典が「月額割引」「amazonギフト券10,000円分キャッシュバック」と2つあります。

そのため総額で考えた場合にはほぼ最安級に料金が安くなります。
キャンペーンが受け取りやすい
JP WiMAXでは月額割引特典はもちろん、amazonギフト券10,000円分のキャッシュバック特典も、簡単かつすぐに受け取れます。
オプション登録が不要
JP WiMAXではキャンペーン適用の際に有料オプションの加入が必要ではないので、シンプルで利用しやすいです。

以上のメリットだけで言えばカシモWiMAXに近いサービスという感じですね。

JP WiMAXの注意点

JP WiMAXを申し込む際は、下記の点において注意しておきたいところです。

auスマホとのセット割引が適用されない
契約解除料(解約金)が非常に高い
キャッシュバックがamazonギフト券
端末の到着が遅れることもある

auスマホとのセット割引が適用されない

JP WiMAXもauスマホとのセット割「auスマートバリューmine」に対応していないので、auスマホユーザーには向いていません。
契約解除料(解約金)が非常に高い
JP WiMAXは他のプロバイダと比べても解約金が非常に高いです。

JP WiMAXの解約金は下記の通りです。

利用年数 解約金
1年未満 30,000円
1~3年 25,000円
更新月 0円
3年以降(更新月以外) 9,500円

解約金比較については後で詳しく記載しますが、これは他社に比べても圧倒的に高いです。

そのため途中で解約する可能性が少しでもある場合は、気を付けておきたいところです。
キャッシュバックがamazonギフト券
JP WiMAXのキャッシュバックキャンペーン特典は現金ではなく、amazonギフト券になります。

そのためamazonで買い物をする機会が少ない場合、あまり魅力的な特典であるとは言えません。
端末の到着が遅れることもある
JP WiMAXは申し込んでから最短翌日で端末が発送されると言われていますが、中にはその到着が遅れることもあるようです。

このように申し込んでからすぐに端末が届かないという声も少なからずあります。

あくまでネット上の意見ですが、急いでWiMAXを利用したいという場合には注意しておいた方が良いかもしれません。

おすすめ第9位 WiMAXについてわからないことを都度聞きたいならauショップ

わからないことを都度聞きたいなら→auショップ(auスマートサポート)

auはUQコミュニケーションズと同じKDDI系列の会社であり、auショップでもWiMAXの契約が可能です。

auショップでWiMAXを契約するメリットは、何か不明点などがあればその場でスタッフに質問できるということや、契約したその日に利用できること、UQWiMAXと同様に最低契約年数が2年と短くて済むという点です。

またauスマホとの請求書を一つにまとめられたり、「海外ダブル定額」を申し込むことで海外でも利用することができるようになります。

ただしauショップで契約可能なこのauスマートサポートは、月額料金がUQWiMAXよりも更に高く、キャンペーンなども特にないのであまりお得ではありません。

またauショップのスタッフがWiMAXにあまり詳しくないことも多いことから、契約後に何かとトラブルになったりしているケースもよくあるそうです。

そのためauショップでWiMAXを契約するのはあまりおすすめできません。

※auショップからのWiMAXの契約は、2019年9月30日をもって新規受付を終了しました。

おすすめ第10位 ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ヤマダ電機など家電量販店のWiMAX

家電量販店

WiMAXは街中にある「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」「ヤマダ電機」などの家電量販店でも申し込むことができます。

家電量販店でWiMAXを契約するメリットとしては、auショップと同様に分からないことがあればその場でスタッフに聞けるうえに、auショップのスタッフよりもWiMAXに詳しかったりするので、質問に対して納得でき安心して契約ができるでしょう。

また契約したその日に利用できますし、キャッシュバック特典もあったりします。

ただし家電量販店の場合のキャッシュバックの内容としては、その店で買える商品券1万円(多くても2万円程度)だったりとWiMAXプロバイダと比べても見劣りします。

また基本月額料金も安くはないので、WiMAXの契約窓口としてあまりお得ではありません。

家電量販店だと人件費や実店舗の家賃などがかかるので、その分どうしても実店舗を持たないWiMAXプロバイダなどよりも割高になってしまうんですね。

そして家電量販店の場合はサポートの質も一見高さそうに思えますが、問い合わせに関してはコールセンターでの受付となり、これが繋がりにくいと言われていたりしてあまり評判が良くなかったりします。

ちなみにWiMAXの契約ができる家電量販店は複数ありますが、いずれも料金的にはさほど変わりません。

おすすめ第11位 本家のUQWiMAXよりもいい。WiMAXプロバイダ(販売代理店)

WiMAXプロバイダ(販売代理店)

WiMAXプロバイダは、本家のUQWiMAXの回線を借りてWiMAXの通信サービスを提供している「MVNO」です。

これらWiMAXプロバイダはUQWiMAXから販売を委託された代理店であり、委託料と引き換えにWiMAXの販売を行っています。

そのため本家のUQWiMAXよりも月額料金が安く、充実したキャンペーン付きでサービスを提供できるわけです。

料金が圧倒的に安くて最もお得に契約できる窓口となります。

WiMAXはプロバイダで契約するのが最もお得!

WiMAXはプロバイダで契約するのが最もお得!

BroadWiMAXでも、過去に申込みが殺到した時に在庫が不足していたので、各WiMAXルーターの在庫がなくなり、新規受付を停止しています。

BroadWiMAXのお申し込みも締め切り間近なのでお早めにお申し込み下さい。
(申し込みをしても機種に異常があったり、思っていたものと違った場合、8日以内であれば無料キャンセル可能です。
また日割り計算となります。)

WiMAXを契約する場合の申し込み窓口は様々ありますが、大まかには主に下記の3つがあります。

WiMAXプロバイダ(販売代理店)
auショップ(auスマートサポート)
家電量販店

これら契約窓口におけるそれぞれの料金やキャンペーンを比較した場合、下記の通りになります。

契約窓口 料金 キャンペーン 備考
WiMAXプロバイダ(販売代理店) 初月1380円~4,000円 30,000円キャッシュバックなど ・料金が安くキャンペーンが充実していてお得
auショップ(auスマートサポート) 4,908円 特になし ・auスマホとの請求書を一まとめにできる
家電量販店 約4,818円 商品券1万円分など ・不明点は店員に聞ける
・契約したその日に利用可能

結論から言えば月額基本料金がもっとも安く、しかも高額キャッシュバックや月額料金大幅割引といったキャンペーンが充実している「WiMAXプロバイダ」
で契約するのが最もお得です。

というのもこれらのどの申し込み窓口で契約を行おうとも、利用するルーター端末や回線は基本的にまったく同じになるからです。

つまり契約窓口よって通信速度や対応エリア・つながりやすさなどのサービス内容が変わらないので、契約するなら基本的に料金面で考えた方がお得になるというわけです。

家電量販店で契約すると料金のキャンペーン適用がありません。

また契約年数や待ち時間も生じる為、家電量販店で契約するのは総合的に見てコストパフォーマンスが悪いです。

WiMAXプロバイダがコスパの面で断然有利であることから最もおすすめの契約窓口になります。

WiMAXの料金の比較表についてはこちらをクリックでご確認下さい。

おすすめなのはBroadWiMAXです。【web申し込みとクレカ申し込み20743円割引】

またWiMAXは業者によって速度の違いはありませんが、現在は5Gプランというものがあり、5GプランのあるWiMAXならどれも速度は同じです。

5GプランでもおすすめなのはBroadWiMAXです。

現在一番早い端末が5GmobileWiMAXという機種でこちらの機種が選べるのが、BroadWiMAXとカシモWiMAX、GMOとくとくBBです。

通常プランで月額で安く使うのであればBroadWiMAXがおすすです。

筆者ももちろんWiMAXを使用しているのですが、5Gでなくてもかなりの速度が出るので動画を見る。仕事をする。ゲームをやる。などの通常の用途であれば通常のプランで充分であるといえます。

気にいらなければ8日以内であればキャンセル可能ですので、安心して申し込む事が可能です。

ここからはWiMAXを比較していきます。

※結論だけざっと知りたい場合は、下記の各主要WiMAXプロバイダの料金・サービス内容などの比較表を参考にして下さい。

以下リンクをクリックで公式サイトを確認可能です。

Broad WiMAX2,090円~4,763円~〇3年・他社からの乗り換え時に違約金を負担(最大19,000円)
・口座振替で支払出来る
・auスマホなら毎月最大1000円引き

WiMAXプロバイダ 月額料金 5G料金 無料ルーターの有無 契約期間 備考
カシモWiMAX 1518円 4750円 3年 ・初月は格安
・auスマホ割が利かない
Broad WiMAX 2,090円~ 4,763円~ 3年 ・他社からの乗り換え時に違約金を負担(最大19,000円)
・口座振替で支払出来る
・auスマホなら毎月最大1000円引き
GMO WiMAX 3969円 4631円~ 3年 5Gプランが安い!
・キャッシュバックあり
BIGLOBE WiMAX 4,928円 キャッシュバック
(受け取りやすい)
1年 ・契約縛りが1年だけ
・口座振替で支払出来る
・契約解除料1100円

WiMAX5Gの機種変更。どこのプロパイダで変更できる?

WiMAX5Gへの機種変更は、WiMAX5Gを取り扱うWiMAXプロバイダで変更可能です。

WiMAX5Gを取り扱う主なプロバイダは下記の通りです。

BroadWiMAX
カシモWiMAX
GMOとくとくBB
Vision WiMAX
UQWiMAX
BIGLOBE
au
ワイヤレスゲート(ヨドバシ)
hi-ho
Yamada Air Mobile(ヤマダ電機)
BIC WiMAX(ビックカメラ)

WiMAX機種変更時の注意点!更新月をしっかり確認しよう

機種変更時の注意点

機種変更するときに注意しておきたいのが、更新月以外に機種変更をすれば高額な違約金が発生するということです。

そのため機種変更を行うときは、基本的に更新月まで待ってから行いましょう!

WiMAX5GとWiMAX2+はどう違う?

WiMAX5GとWiMAX2+の違い

WiMAXには、WiMAX5GとWiMAX2+がありますが、このふたつはどう違うのでしょうか。

まず、WiMAXには従来のものを含めると3つの通信モードがありました。

WiMAXとは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、通信技術の名称、これを略してWiMAXと呼んでいます。WiMAXは「商品名?」と間違得られやすいのですが、商品名ではなく技術の名称だったのですね。そして、WiMAXには3種類の通信方法があります。

それが次の3つです。

WiMAX
WiMAX2+
WiMAX5G

です。

このうち、2005年にスタートしたのが、WiMAX。そして、2013年にスタートしたのがWiMAX2+で、このWiMAXとWiMAX2+の大きな違いは通信速度です。WiMAX2は従来のWiMAXより通信速度が速く動画やゲームなどがより快適に利用できるようになりました。

このふたつの通信方法ですが、速度は違うのですが、実はどちらも2.5GHzの電波を利用しています。ですが、通信速度の違いは歴然です。

下りの最大速度 旧WiMAX WiMAX+
2020年 13.3Mbps 558Mbps

と、通信速度が全く違うことが数字を見ただけで歴然ですよね。

そして、他にもカバーしているエリアの違いなどもありました。高速通信として登場したWiMAX2+ですが、今では、WiMAXのメイン回線となっています。そして、従来のWiMAXは縮小されていっています。WiMAX2が登場した頃は、利用できるエリアが狭いという難点もあったのですが、2022年となりすでにサービス開始から9年が経過した今、WiMAX2も広いエリアで快適に利用できるようになりました。最近では、地下街や地下鉄の駅でも利用できるようになっていっています。

そして、最近、登場したのがWiMAX5Gです。これはみなさんもご存じだと思いますが、5Gという次世代の通信技術を利用したWiMAXのサービスです。

WiMAX5Gは通信速度がとても速く、従来のWiMAXより通信速度が早いWiMAX2+を圧倒的に凌駕する高速通信が可能です。WiMAX5Gの方がより通信速度が早く快適なインターネットができます。

WiMAX2+とWiMAX5Gの通信速度の違いはこのようになっています。

下り速度 上り速度
WiMAX2+ 440Mbps 75Mbps
WiMAX 5G 2.2Gbps 183Mbps

と下り上りもWiMAX2+のほうが圧倒的に早く、WiMAX5GはWiMAX2+の4倍の速度。これは、固定の光回線とほぼ同等といっていい速度で通信ができるということを意味しています。

とうとう、モバイルルーターで固定回線並みの通信速度が実現したのがWiMAX5Gです。外でデータ通信をするときに「通信速度が遅い」と感じていた方にとって、この5Gの圧倒的な通信速度はとても魅力的です。

もともと、従来のWiMAXより通信速度が早いことを魅力だったWiMAX2+ですが、WiMAX5Gの通信速度にはとても叶わないというわけです。

そして、従来のWiMAXとWiMAX+は同じ周波数帯でしたが、WiMAX5Gの通信は通信の規格や、周波数帯が異なります。最近よく耳にする「5G」ですが、これは第5世代移動通信システムという意味の「5th Generation」という単語の頭文字をとつたもので、通信速度が飛躍的に向上した次世代通信です。

5Gは、とても通信速度が早いのが特徴です。データ量が重い映画をわずか数秒でダウンロードできたり、スポーツ観戦を拡張現実を利用して観戦できるといった通信技術です。もちろん、オンラインゲームも快適にプレイできますし、音楽ダウンロードも一瞬です。ちなみに、5Gの周波数帯は「5GHz(ギガヘルツ)」つまり、WiMAX5GとWiMAX2+は周波数帯も異なる別の通信技術を利用しているのです。だからこそ、固定回線並み通信速度を実現できるのですね。

ですので、WiMAX2+のルーターを利用しても、WiMAX5Gの回線を利用することはできません。5Gを利用する場合には、5Gに対応したルーターが必要になります。もちろん、5G対応のモバイルルーターはすでに発売されていますが、端末の価格はまだまだ割高という印象があります。

ここに関しては、5Gが主流になれば少しづつリーズナブルになっていくことが予想されています。

つまり、WiMAX2+とWiMAX5Gは速度もエリアも、そして、ルーターも別ということになります。今までWiMAXを利用していて、その端末で契約だけを変えてWiMAX5Gを使うことはできません。

WiMAX5G対応ルーターのひとつ「Speed WiMAX 5G X11」のスペックを見てみましょう。

対応ネットワーク 5G(sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX 2+
重さ 約174g
大きさ 約136.0×68.0×14.8mm
画面サイズ 約2.4インチ
バッテリー 連続通信時間:約490分
連続待受時間:約400時間
UIMカードバージョン au Nano IC Card 04 LE U
OS Windows 11/10/8.1
macOS 12~10.9
WiMAX規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
最大同時接続台数 Wi-Fi:16台
USB:1台
2.4GHz/5GHz 同時通信可能

となっており、WiMAX5Gの端末でWiMAX2+も使えることが解ります。つまり今まで使用していたWiMAX2+や従来のWiMAXのみの端末ではWiMAX5Gは利用できませんが、新しいWiMAX5Gの端末は、WiMAX2+も使えるのですね。

そして、ホームルーターも販売されています。

「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」です。

対応ネットワーク 5G(sub6/NR化)
4G LTE
WiMAX 2+
重さ 約446g
外サイズ 約W101×H179×D99mm
UIMカードバージョン au Nano IC Card 04 LE U
OS Windows 11/10/8.1
macOS 12~10.9
有線LAN規格 1000BASE-T/100BASE-TX 2ポート
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
最大同時接続台数 5GHz:20台
2.4GHz:20台

です。

光回線並みの速度で通信できるWiMAX5Gですが、工事不要で置くだけで利用できるはとても便利です。

つまり、WiMAX5Gは、WiMAX2+よりさらに通信速度が早いモバイルWiMAXで、WiMAXのようなモバイルWiMAXの魅力でもあって工事不要で利用できるというメリットはかわらないというものです。

ただし、エリアに関しては今、拡大している最中ですので場所によってはまだ5Gが使えないという地域もあります。ですが、今後、エリアはどんどん広がっていきますからそのうち、エリアもWiMAXと変わらなくなることでしょう。

そして、WiMAX5Gは、WiMAX2+は料金も異なります。

WiMAX2+(ギガ放題) WiMAX 5Gの月額(ギガ放題プラス)
UQ WiMAX 月額 4,268円(税込) 1~24ヵ月 月額 4,268円(税込)
25ヵ月目~ 月額 4,818円(税込)
Broad WiMAX 1~2ヶ月 月額 2,090円~(税込)
3~24ヶ月 月額 3,753円(税込)
25ヵ月目~ 月額 4,413円(税込)
1~2ヵ月 月額 2,090円(税込)
3~24ヵ月 月額 3,894円(税込)
25ヵ月目~ 月額 4,708円(税込)
カシモWiMAX 月額 3,971円(税込) 月額 4,455円(税込)
GMOとくとくBB 1~2ヶ月 月額 2,849円(税込)
3~24ヶ月 月額 3,678円(税込)
25ヵ月~ 月額 4,688円(税込)
1~24ヵ月 月額 4,158円(税込)
25ヵ月~ 月額 4,708円(税込)
BIGLOBE WiMAX 月額 4,378円(税込) 1~24ヶ月 月額 4,378円(税込)
25ヶ月~ 月額 4,928円(税込)

こうして比較してみると、WiMAX5Gは、WiMAX2+より月額で約500円程度高い料金になっていることが解ると思います。

料金はプロバイダーによって異なりますし、キャンペーンをしていることもありますので、月額料金だけで判断せず、キャッシュバックなどをも含めて総合的に判断したほうが良さそうです。

WiMAX5Gは固定の光回線並みの速度を持っていますから、ホームルーターを固定回線の代わりに利用するという方法もありそうです。

WiMAX5Gの登場でWiMAX2は完全に終わったの?

WiMAX5Gの登場で、その通信技術や速度が注目されている中で、今までは「早い」と言われていたWiMAX2でさえ、どうしても通信速度という意味でも見劣りしてしまう感があるのか確かです。そんな中で「WiMAX2は完全に終わったの?」と言われることもありますが、WiMAX2が完全に終わってしまったわけではありません。

確かに、最初のWiMAXは2020年でサービス終了となっていますが、2013年に登場したWiMAX2はまだまだ現役です。

確かに、WiMAX5Gに通信速度では叶いませんが速度はモバイル通信の中ではかなり早いほうですし、実際に、動画再生などをしても便利に使える十分な通信速度を持っています。

また、WiMAX5Gはまだまだ対応エリア拡大している最中ですので、対応していない場所もあります。それに対して2013年にスタートしたWiMAX2エリアが広く使える人が多いのも魅力です。

つまり、確かに自世帯のWiMAX5Gが現れたことで主役の座を奪われた感はあるものの未だ現役で完全に終わったわけではありません。

そして、端末代や月額料金も今はまだ、WiMAX2の方がリーズナブルでメリットもありますし、ゲームや動画再生なども十分にできる通信速度を持っていますから、WiMAX2もまだまだ現役といえそうです。

もちろん、通信速度ではWiMAX5Gには叶いませんが、十分な通信速度をもつとても優秀な電波であることは間違いありません。

ですが、国内に20社以上あるWiMAXのプロバイダーの中にはWiMAX2+のルーターが在庫切れを起こしているところもあります。また、終売となっているケースも・・・確かに、今後、WiMAXは5Gに移行していくことは確実とされていますが、未だ現役で利用できるWiMAX2のルーターが在庫切れとなっているのはどうしてなのでしょうか。

国内でWiMAX2+のプロバイダはたくさんあって

au
YAMADA
エディオン
ケーズデンキ
ヨドバシカメラ
ビックカメラAsahiネット
BIGLOBE
BroadWiMAX
DTI
hi-ho
novas
So-net

です。

ですが、プロバイダーによってはWiMAX2のルーターの在庫がないところも・・これは、5Gへの以降もありますし、在宅ワークの増加でモバイルルーターの需要が高まったことも背景にあるのではないかと言われています。持ち運びができて、工事不要のモバイルルーターは今、人気があるのですね。WiMAX2はエリアも広いですし、人気があるのも当然といえそうです>

ですが、サービスそのものは継続していますので、WiMAX2は今でも利用できます。

その一方で、従来のWiMAXについては2020年3月にサービス終了となり新しいWiMAX 2+へと順次移行されています。

WiMAXとWiMAX2は名前が似ているので間違いやすいのですが、サービスが終了したのはWiMAXの方でWiMAX2はルーターの在庫は減っていますが、サービスそのものは終わっていません。

主要都市の多くの地下ではWiMAXが繋がる

地下でもWiMAXが繋がる

WiMAXなどのモバイルルーターやスマートフォンの電波は「地下でつながらない」というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。確かに、地下は電波が届きにくい場所ではあるのですが、WiMAXは地下街や地下鉄でも利用できるようエリアを拡大しています。

WiMAXか利用できる地下街は以下の通り

さっぽろ地下街( B1Fオーロラタウン、ポールタウン、JRタワー 、札幌ステラプレイスB1F、ウエストアベニュー、イーストアベニューダイアナ前付近 、アピアB1Fみのりの広場、ウエストアベニュー 、B1F大食品街、フードコート、パセオB1F、テルミヌス広場、ウエストアベニュー)
札幌 JRタワー地下街
八重洲地下街(B1F商業フロアー店舗、通路全域B2F貸会議室フロアー(八重洲倶楽部))
渋谷地下街しぶちか B1F通路
京急ショッピングプラザウィング新橋 共用通路、店舗内
池袋東武ホープセンター B1F通路、店舗内
小田急エース B1F通路、店舗内
新宿サブナード B1F通路
相鉄ジョイナス B1F、B2F通路、店舗内
横浜ポルタ B1F通路
川崎アゼリア B1F通路、店舗内
セントラルパーク地下街 B1F通路、店舗内 、B1Fパークスクウェア アンド インフォーメーション
ミヤコ地下街 B1F通路、店舗内
エスカ地下街 B1F通路、店舗内
ユニモール地下街 B1F通路、店舗内
メイチカ B1F通路、店舗内
地下鉄 栄 森の地下街 B1F通路、店舗内
クリスタ長堀 B1F店舗内 、B1F公共地下歩道
ホワイティうめだ B1F通路、店舗内
ドージマ地下センター B1F通路、店舗内
なんばCITY B1F本館・南館、B2F本館
なんばウォーク B1F通路、店舗内
NAMBAなんなん B1F通路、店舗内
あべちか B1F通路、店舗内
京都 ゼスト御池 B1F通路、店舗内
神戸 さんちか B1F通路、店舗内
神戸 デュオこうべ B1F通路、店舗内
広島 紙屋町シャレオ B1F通路、店舗内
福岡 博多駅地下街  B1F通路、店舗内

です。

主要都市の多くの地下街や駅でWiMAXが利用できるようになっています。

そして、地下鉄でもどんどん利用できるようになって行っています。

北海道 札幌市営地下鉄・南北線(麻生駅・N02 北34条駅 対策完了・N03 北24条駅 ・N04 北18条駅 ・N05 北12条駅 ・N06 さっぽろ駅 ・N07 大通駅 ・N08 すすきの駅 ・N09 中島公園駅 ・N10 幌平橋駅 ・N11 中の島駅・N12 平岸駅 ・N13 南平岸駅・N14 澄川駅・N15 自衛隊前駅・N16 真駒内駅)
東豊線(栄町駅H02 ・新道東駅・H03 元町駅 ・H04 環状通東駅 ・H05 東区役所前駅 ・H06 北13条東駅 ・H07 さっぽろ駅・H08 大通駅・H09 豊水すすきの駅・H10 学園前駅 ・H11 豊平公園駅 ・H12 美園駅・H13 月寒中央駅・H14 福住駅)
東西線(宮の沢駅 ・T02 発寒南駅・T03 琴似駅・T04 二十四軒駅 ・T05 西28丁目駅・T06 円山公園駅・T07 西18丁目駅 ・T08 西11丁目駅・T09 大通駅・T10 バスセンター前駅・T11 菊水駅 ・T12 東札幌駅・T13 白石駅・T14 南郷7丁目駅 ・T15 南郷13丁目駅・T16 南郷18丁目駅・T17 大谷地駅・T18 ひばりが丘駅 ・T19 新さっぽろ駅)
東北 仙台市地下鉄 南北線(N01 泉中央駅・ N02 八乙女駅・N03 黒松駅 ・N04 旭ヶ丘駅 ・N05 台原駅 ・N06 北仙台駅 ・N07 北四番丁駅・N08 勾当台公園駅・N09 広瀬通駅・N10 仙台駅・N11 五橋駅 ・N12 愛宕橋駅・N13 河原町駅・N14 長町一丁目駅 ・N15 長町駅・N16 長町南駅 ・N17 富沢駅)

東西線(八木山動物公園駅・T02 青葉山駅 ・T03 川内駅 ・T04 国際センター駅 ・T05 大町西公園駅・T06 青葉通一番町駅・T07 仙台駅・T08 宮城野通駅・T09 連坊駅・T10 薬師堂駅・T11 卸町駅・T12 六丁の目駅 ・T13 荒井駅)

関東 小田急電鉄・京王電鉄・ 京成電鉄・ 京浜急行電鉄・ 埼玉高速鉄道 ・相模鉄道 ・新京成電鉄 ・西武鉄道・ つくばエクスプレス ・東急電鉄・ 東京メトロ・ 東京モノレール・ 東京臨海高速鉄道 ・東武鉄道 ・東葉高速鉄道・ 都営地下鉄・ 北総鉄道 ・横浜市営地下鉄・ 横浜高速鉄道
中部 名古屋市営地下鉄(東山線・名城線・名港線・鶴舞線・桜通線上飯田)
関西 大阪メトロ(御堂筋線・谷町線・四つ橋線・中央線・千日前線・堺筋線・長堀鶴見緑地線・今里筋線・南港ポートタウン線)・北大阪急行電鉄 ・京都市営地下鉄・ 神戸市営地下鉄 ・京阪電気鉄道 ・近畿日本鉄道・ 山陽電気鉄道・ 泉北高速鉄道 ・阪神電車 ・阪急電車
九州 福岡市営地下鉄

空港線( 姪浜駅地上駅・K02 室見駅・K03 藤崎駅・K04 西新駅・K05 唐人町駅・K06 大濠公園駅・K07 赤坂駅・K08 天神駅・K09 中洲川端駅 ・K10 祇園駅・K11 博多駅・K12 東比恵駅・K13 福岡空港駅)

七隈線(橋本駅・N02 次郎丸駅・N03 賀茂駅・N04 野芥駅 ・N05 梅林駅・N06 福大前駅・N07 七隈駅・N08 金山駅・N09 茶山駅・N10 別府駅・N11 六本松駅 ・N12 桜坂駅 ・N13 薬院大通駅・N14 薬院駅・N15 渡辺通駅・N16 天神南駅)

箱崎線(中洲川端駅・H02 呉服町駅 ・H03 千代県庁口駅
・H04 馬出九大病院前駅・H05 箱崎宮前駅・H06 箱崎九大前駅・H07 貝塚駅)

こうてみてみるとWiMAXは地下鉄でも利用できる場所が多いことが解ります。ですが、地下は地下鉄だけではありませんよね・・・

WiMAXのエリアになっている場所としては

 新千歳空港 地下コンコース、地下ホーム
 仙台駅 地下仙石線ホーム、地下南改札
 大宮駅 地下埼京ホーム
 成田空港駅 地下コンコース、地下ホーム
成田空港第二ビル駅 地下コンコース、地下ホーム
東京都 東京駅 地下京葉線ホーム、地下総武線ホーム、地下銀の鈴付近、地下中央地下コンコース
新宿駅 地下アルプス広場、中央地下通路
池袋駅 地下中央通路、南通路、北通路
上野駅 地下新幹線ホーム、地下1Fコンコース
馬喰町駅 地下東口改札コンコース、地下西口改札コンコース、ホーム
新日本橋駅 地下コンコース(改札付近)、ホーム
八丁堀駅 地下コンコース(改札付近)、ホーム
越中島駅 地下コンコース(改札付近)、ホーム
神奈川県 横浜駅 地下南側コンコース、北側コンコース

なども上げられています。

もちろんすべての地下鉄で利用できるというわけではありませんし、駅と駅の間の等電波が届かないところももちろんありますが、地下でも利用できるところが多くなっており今もエリア拡大中です。

地下鉄や地下街をよく利用するという方はもちろん、地下鉄などでお仕事をされているという方にとっては、地下でもWiMAXが利用できるとなれば非常に便利です。

どこまでつながる?気になるWiMAX5Gのエリアを詳しく紹介

WiMAX5Gエリア

地下鉄でも利用できるところが多くなっているWiMAXのエリアですが、やはり気になるのは地上のエリア・・・まずは、WiMAX5Gのエリアですが、細かいエリアについてはWiMAXの公式ページで確認してみましょう。

WiMAX5Gの人口カバー率は

5G通信の実人口カバー 1億人
契約数 3,500万
拡大予定 あり

となっています。

今は、東京や大阪などの人口が多い都会から順次エリアを拡大している状態ですが、今後、地方にもどんどん拡大していくことでしょう。

WiMAXでは、2022年の春以降に5Gエリアの拡大が予定されています。

すでにWiMAXは屋外基地局 20,000局を達成、実人口カバー率全国政令指定都市で99% 以上とかなりエリアに関して広くなっています。WiMAXのギガ放題プラスであれば、WiMAX 2+エリアとau 4G LTE,au 5Gエリアも利用できるので、かなり広いエリアをカバーできます。

移動が多い方でも広いエリアで利用できるのもWiMAXの魅力です。

据え置き型の端末と持ち運び型の端末でWiMAXの複数台使用

WiMAXの複数台使用

WiMAXは複数台利用をすることももちろん可能です。

もちろん、個別に契約をする必要はありますが、WiMAXには据え置き型の端末と持ち運びができる端末があります。

据え置き型の端末は、電源にさして自宅などで固定で使用するタイプのもの、一方の持ち運びができる端末はモバイルルーター型で、自宅はもちろん、鞄やポケットに入れて使用できるタイプのものです。外出先でも電波があれば、どこでもWiMAXを利用できるので、とても便利です。

このようにWiMAXには、大きく分けて2種類の端末があるので、複数台契約をして使いこなすという方法もあります。

契約するプロバイダによっては2台目の料金が安くなるというケースもありますし、家族で利用している場合などは据え置き型の端末以外に、もう一台、自分で自由に持ち運びができる端末があるととても便利になります。

WiMAXは複数使用可能?WiMAXファミ得パックでお得になる

WiMAXは複数使用可能?

WiMAXの複数台利用ですが、これは可能です。WiMAXの契約は一人一台と決まっている訳ではないので、複数契約をすることができます。

もちろん複数台利用をすればその分、利用料金がかかりますが、プロバイダーを分けたりキャッシュバックを利用するという方法もありますし、WiMAXの複数台利用は可能です。

UQ WiMAXでは、WiMAXの2台目を契約した場合に利用料金が安くなる「WiMAXファミ得パック」というサービスを展開しています。

2台目が月額2363円 

で利用できます。

ただし、このサービスはWiMAXのみで、WiMAX2には対応しておらず、今はほとんど運用されていないといってもいいサービスになってしまいました。今後、WiMAX2などて゛このようなサービスが出てくることを期待したいものです。

また、2020年4月からBroad WiMAXで2台目や3台目を申し込んだ場合に一定の条件を満たしていれば、キャッシュバックを受けられるというサービスをしています。

複数台利用は実際、とても便利ですが、利用料金がネックになってしまうという方も多いとは思いますが、キャッシュバックや割引などを活用することもできます。

置くだけWiMAXを複数使用するメリットとデメリット

置くだけWiMAXを複数使用するメリットとデメリット

WiMAXを複数台利用するメリットとしては

通信モードの使い分け
自宅と外出用

です。

まず、通信モードの使い分けですが複数台利用することで3日あたり10Gもしくは15Gの通信を美味く使い分けて通信制限を回避することも可能です。もちろん、どちらの端末でも通信量をオーバーしてしまうということもあるかもしれませんが、使用したデータ量に注意しておけば、上手く使い分けてどちらかの端末が通信制限になったとしても、もうひとつの端末で通常の通信速度で利用できるとなれば、安心です。

また、2台持のメリットとして無視できないのが、自宅と外出用での使い分けです。られることです。固定回線だと工事も必要ですし、価格も5000円~6000円がかかります。ですが、据え置き型の端末を契約した場合、工事は不要ですし、月額料金も安くメリットがあります。賃貸住宅に住んでいて、工事の許可をとるのが面倒だという場合や、今のアパーやマンションに長く住むわけではないので、工事費用は支払いたくないという場合には、WiMAXの据え置き型の端末を利用するのも悪くない選択肢です。工事がいらない、すぐに利用できるというのはWiMAXの魅力。

2台持つことで、外出先用と自宅用を分けて使うこともできます。特に、自分が家にいない間でも、自分で誰かがインターネットを利用しているという場合は、WiMAX2台持ちも選択としては悪くありません。

WiMAX5Gへの乗り変える2つの方法を詳しく解説!

WiMAX5Gへの乗り変える2つの方法を詳しく解説!

WiMAX5Gへの乗り換え方法には、主に「他のプロバイダに乗り換える」「機種変更キャンペーンを利用して乗り換える」の2つがあります

WIMAX5Gへの乗り換えと同時に他のプロバイダに乗り換える

今のプロバイダの料金などに少しでも不満がある場合は、WiMAX5Gへの乗り換えと同時にプロバイダも乗り換えると良いでしょう。

WiMAX5Gへのおすすめの乗り換え先プロバイダとしては、「安い料金で受けられる」+「有料オプションであるプラスエリアモードが無料で使える」といったところがおすすめです。

こうした条件を満たすプロバイダとして、主に下記のところが良いでしょう。

Broad WiMAX
カシモWiMAX
GMOとくとくBB
Vision WiMAX

上記プロバイダの料金やサービス内容比較は下記の通りです。

WiMAXプロバイダ 実質月額 プラスエリアモード利用料 端末代 キャンペーン 特徴
BroadWiMAX 2,090円〜 無料 無料 11,000円キャッシュバック 最安
カシモWiMAX 4,577円 無料 無料 初月無料 キャンペーン特典の受け取り手続きの必要なし
GMOとくとくBB 4,628円 無料 無料 10,000円キャッシュバック 実質的には最安だがキャンペーン特典の受け取りが面倒&遅い
VisionWiMAX 4,913円 無料 無料 5,000円
キャッシュバック
初期費用無料&使い始めの料金が格安

最もお得に利用したいのであれば基本的に「BroadWiMAX」がおすすめですが、キャンペーン特典の受け取り手続きが面倒であれば「カシモWiMAX」が良いでしょう。

機種変更キャンペーンを利用してお得にWiMAXに乗り換える

機種変更キャンペーンを利用してお得にWiMAXに乗り換える

現在利用しているプロバイダに特に不満がなければ、そこで実施される機種変更キャンペーンを利用すると良いでしょう。

こうしたキャンペーンを利用すれば、手続きも楽なうえにお得に乗り換えることができます。

WiMAX5Gのスタンダードモードとハイスピードモード

WiMAX5Gのスタンダードモードとハイスピードモード

WiMAX5Gには「スタンダードモード(標準)」と「プラスエリアモード(オプション)」の2つのモードがあります。

これら2つのモードのそれぞれの特徴は主に下記の通りです。

モード 利用可能なエリア 月間データ容量
スタンダードモード(初期設定) WiMAX 2+と同等のエリア 上限なし
プラスエリアモード(オプション(料金1,100円)) auサービスと同等のエリア 15GB

それぞれのモードでは、「利用できる範囲」と「ひと月に使えるデータ量」といった点で違いがあります。

まず利用できる範囲についてですが、スタンダードモードが「WiMAX 2+と同等のエリア」に対し、プラスエリアモードの方は「auサービスと同等のエリア」とau回線が使えるので利用できるエリアが広くなります。

しかしプラスエリアモードの場合は、オプション料金として月額1,100円がかかり、月間データ量に制限があります。

ただプラスエリアモードのオプション料金に関しては、上でも紹介した通り利用するプロバイダによっては無料になるところがあります。便利に使いたいのであればそういったプロバイダに乗り換えると良いでしょう。

これだけは知っておきたい。WiMAXが速度制限になる全ての理由

これだけは知っておきたい。WiMAXが速度制限になる全ての理由

WiMAXを使っていてどうしても気になってしまうのが、通信制限です。

できればなりたくない通信制限ですが、そもそもどうして通信制限というものがあるのでしょうか。そして、通信制限になる条件も把握しておきたいですよね。まず、通信制限を理解するためにはWiMAXの契約形態を理解する必要があります。

WiMAXには、主に3種類の契約プランがあります。

ギガ放題プラスプラン
ギガ放題プラン
7GB通常プラン

です。

まず、この契約プランによって、毎月の通信制限が変わります。

まず、1カ月単位での通信量に制限があるのが、ライトプランです。そして、ギガ放題やギガ放題プラスの場合は3日で10GBもしくは15GBの制限です。ここだけを見ても通信量も違いますし、期間も違いますよね。

そして、もうひとつの要素が、使用している回線の種類。WiMAXには回線が3種類あって回線ごとに通信速度がかかる条件が異なるのです。

WiMAXには

WiMAX 2+(ワイマックス ツープラス)
au 4G LTE(エーユー フォージ― エルティイー)
au 5G(エーユー ファイブジー)

と回線や契約プランに違いがあるのです。

できれば気にしたくない、どんどん無制限に使いたいという人が多い通信制限、低速になってしまうと、動画やゲームはかなり難しくなりますし、画像表示も遅くなります。

多く人が「ない方がいい」と思っているのに、どうしてWiMAXにはこのような制限があるのでしょうか。

実は別にケチっているというわけではなく。制限をかけることで、ネットワーク回線混雑を回避しているのです。

WiMAXの通信には上限があります。電波は見に見えないものですから、たくさん使っても大丈夫でしょ・・・とおもいがちですが、実際は上限はがあるものです。ですから、清家一切かけずに特定のヘビーユーザーが大容量の通信をどんどんしてしまうと、他の人が使えなくなり、サービスそのものが停滞してしまいます。ですから、制限をつけて混雑を避けているのです。

目には見えない電波ですが、有限ですから、制限をつけてたくさんの人が快適に利用できるようにしているのです。

現在のWiMAXの速度制限は

ギガ放題プラスプラン 3日間15GB使うと翌日に1Mbpsの速度制限
ギガ放題プラン 3日間10GB使うと翌日に1Mbps
7GB通常プラン 7GB使ったら月末までのあいだずっと 128 kbpsの速度制限

となっています。そして、ヘビーユーザーにとってとても気になる速度制限のタイミングですが

ギガ放題プラスプランの場合→3日で15Gの使用量B使うと翌日が1Mbpsの速度制限
ギガ放題プランの場合→3日で10GBの使用量を超えると翌日が1Mbpsの速度制限
7GBプランの場合→一ヶ月あたり7GBを使ったら月末までの間128 kbpsの速度制限
ギガ放題とライトプラン両方→LTEオプションを月7GB使うと月末まで128Kbpsの速度制限

となっています。

月末まで速度制限がかかるプランと、3日で解除になるプランがあります。これは、かなり大きな差になりますので、契約時には注意しましょう。

ギガ放題プランの場合、3日間10GBを超えるデータ通信で速度制限になると、制限は翌日からの適用です。そして、解除はは、データ通信量がオーバーした日から見て、翌々日の2時頃と言われています。ハイスピードプラスエリアモードでデータ通信量をオーバーした場合は、翌月の1日に解除となります。

ライトプランの場合は、1ヵ月あたりのデータ通信量の総量が7GBを超えたら速度制限となり翌月1日に解除されます。

つまり

ギガ放題の3日間10GBの場合は翌々日の2時
プラスエリアモードやライトプランの速度制限は翌月1日

ということです。

ヘビーユーザーの方は、ギガ放題で契約されている方が多いと思いますが、ギガ放題の場合は一月あたりの通信量は気にする必要はありませんが、直近3日でどのくらい通信をしたかは要チェックということになります。

ちなみに、WiMAXで完全にデータ通信量の制限がないプランはありません。

完全無制限で利用したいなら、固定回線にするしかありません。

では、3日で15GBだとするとどのくらい使えるのでしょうか。通信量の目安は以下の通りです。

データ量 15GBで利用できる目安
メール送受信 およそ500KB/1通 およそ94,050通
ニュースサイトの閲覧 およそ300KB/1ページ およそ157,050ページ
音楽のダウンロード およそ4MB/1曲 およそ3,750曲
ネット動画の視聴 高画質約12MB/1分

低画質約3.5MB/1分

高画質約19.5時間

低画質約70.5時間

と3日で15GBはかなりの通信量ということが解ります。

普通

動画を見ている程度であれば、まず制限がかかることはないという十分な通信量が確保されています。

WiMAXで速度制限にならないようにする使い方のコツ

WiMAXで速度制限にならないようにする使い方のコツ

WiMAXで速度制限がかかると快適なインターネットが出来なくなってしまいます。ですが、完全無制限のプランがない以上、通信制限を理解して上手く回避していくという方法しかありません。

WiMAXで速度制限にならないようにする使い方のコツは

ギガ放題プランにする
3日間の通信量に注意する
ハイスピードプラスエリアモードを上手く利用する

です。

WiMAXの通信速度制限はできれば避けたいですよね。

ですが、全く通信制限がないといプランがない以上、使い方を工夫して通信速度制限を回避する必要があります。

まず、WiMAXの契約プランは、月あたりの制限がないギガ放題がいいでしよう。もし、ライトプランでれば1カ月あたりのデータ量が制限されるうえ、翌月にならないと通信制限が解除されません。ですが、ギガ放題なら3日で10GBもしくは15GBという制度だけですので、制限がかかってしまっても数日で解除となります。また、3日あたりの制限量も大きめなので、注意して利用すればOK。つまり、ギガ放題にしておけば、3日あたりのデータ量だけ注意していればよく、月あたりの制限は気にしなくて良いのです。

そして、ギガ放題3日あたりのデータ量を端末やプロバイダーのホームページなどでしっかりとチェックしておくのも大切です。

また、プラスエリアモードの利用方法にもコツがあります。安定した電波の利用ができますが、データ通信量も多く気づいたら消費してしまっていたということも珍しくありません。ですので、+エリアモードはいざというときに、とっておいて、普段はWiMAXの電波で通信をしましょう。

3日で15Gのみの制限のWiMAX一覧

3日で15Gのみの制限のWiMAX一覧

モバイルWiMAXで速度制限が全くない契約プランは現在はありません。

よく身耳にする「実質無制限」とされているのが、3日間のデータ量を基準にした速度制限です。WiMAXのギガ放題やギガ放題プラスもこの実質無制限にあたりますが、本当に制限が全くないわけではありません。

ただ、3日で10G15Gというのはかなりのヘビーユーザーでも通信制限がかかりにくい十分なデータ量なので、実質無制限と呼ばれています。

ちなみに、実質無制限と言えるモバイルWiMAXは、WiMAXとやYmobileのみです。

制限 速度 速度制限の時間帯
WiMAX 3日15GB 1Mbps 翌日18時から翌々日2時
Y!mobile 3日10GB 1Mbps 翌日18時から翌々日1時

となっています。

実質無制限のプランは、3日で10GB、もしくは15GBです。短期間での大容量通信しなれば通信制限がかからず、1カ月あたりの上限は設定されていません。3日で10〜15GBを下回っていれば通信制限がかかることがなく、また、仮にかかってしまっても3日で10〜15GBを下回ればまた、元の速度に戻ります。

3日10〜15GBはかなりのヘビーユーザーでも満足できるデータ量となり、普通に動画を見ている程度であれば、制限がかかることはほぼありません。ですので、このような契約プランのことを実質無制限といわれているのです。ですが、どうしても3日あたりの通信制限も嫌だという人もいらっしゃると思います。

そのような場合は、固定回線のインターネットを利用するしかありません。

ちなみに、実質無制限のプランがあるY!mobileとWiMAXの料金は

WiMAX ギガ放題プラス 4,186円
Y!mobile PocketWiMAXプラン2+アドバンスオプション 4,846円

です。こうしてみてみると解りますが、WiMAXのほうが割安です。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、WiMAXには20社以上のプロバイダーがあって、それぞれに料金やサービス、キャッシュバックがあります。キャンペーンをしていることもありますので、今、最もお得で自分にあったサービスをしているプロバイダーを探して契約ができます。

ちなみに、プロバイダーが変わっても通信制限やエリアは同じです。

wumaxプロバイダーの一例としては

プロバイダ 月額 5G 契約期間
カシモWiMAX 1518円 4750円 3年
GMO WiMAX 3969円 4631円~ 3年
BIGLOBE WiMAX 4,928円 1年
VisionWiMAX 初月~2カ月:1,529円
・3~24カ月目:4,103円
・25ヶ月目~:4,412円
1年
UQWiMAX(UQコミュニケーションズ) 3,880円(税込4,268円) 2年
DTI WiMAX 3カ月目2,849円

4カ月以降4,136円

3年

などがあります。

WiMAXの速度制限がかかった場合、実際の速度はどのくらい?

速度制限がかかったら速度はどのくらい

使いすぎると通信速度が制限させる速度制限ですが、いざ、速度制限がかかってしまうと以下のような通信速度なります。

ギガ放題プラスプランの場合→3日で15Gの使用量B使うと翌日が1Mbpsの速度制限
ギガ放題プランの場合→3日で10GBの使用量を超えると翌日が1Mbpsの速度制限
7GBプランの場合→一ヶ月あたり7GBを使ったら月末までの間128 kbpsの速度制限
ギガ放題とライトプラン両方→LTEオプションを月7GB使うと月末まで128Kbpsの速度制限

このようにプランによってもタイミングや条件が異なるのですが、通信制限になってしまったら、まず、普通に動画やゲームを楽しむのは無理と考えた方が良さそうです。

今、モバイル端末やWiMAXで通信制限が全くない契約プランはありません。

WiMAXが速度制限にかかった時に知っておきたい解除する裏技

WiMAXが速度制限にかかった時に知っておきたい解除する裏技

できれば気にしたくない速度制限・・・制限がかかってしまうと今まで快適だったインターネットが速い速度で出来なくなってしまいます。

通信制限後の通信速度では、動画視聴はもちろん、ゲームなども難しくなってしまいますし、画像が多い記事の閲覧やアップロード、音楽配信も快適とは言えないでしょう。

できるだけ体験したくない通信制限ですが、解除する方法はあるのでしょうか。

通信制限の解除する方法としては、自分の契約プランの解除の要件を満たすまで待つしかないのが現状です。特に、ライトプランで契約している場合は、翌月まで待つしかありません。ただし、ライトプランの場合は契約プランを変更して実質無制限と言われている3日で10Gの制限のプランに変更する事で、制限がかかりにくくなり、解除も早くなります。

ギガ放題プラン3日間10GBの制限は、翌日からの適用でデータ量を超えた日の翌々日の2時頃には解除されれます。こちらのプランでは1カ月あたりの上限はないので、数日までばまた元の速度でインターネットが出来るようになります。

このようにプランを変更したり、先ほどご紹介した2台のルーターを利用して使い分けることで、常にどちらかの端末は通信制限がない状態にするという方法もあります。ですが、端末をいじったりして通信制限をなんとかすることはできませんし、契約プランを工夫しても完全に無制限にする方法はありません。

他にも、2台のモバイルルーターを持って、使い分けることで、常にどちらかは通信制限がない状態で利用できるようにしておくという方法もあります。この場合、2台分の月額料金がかかってしまいまうのが難点です。

それでもWiMAXの速度制限が解除されない理由

速度制限が解除されない理由

通信制限はそれぞれのプランごとの条件を満たせば解除されます。

解除のタイミングは

ギガ放題の3日間10GBの場合は翌々日の2時
プラスエリアモードやライトプランの速度制限は翌月1日

ですが、時々、この時間を過ぎても通信速度が戻らないことがあるとか・・・そのような場合には、1度、ルーターの電源を落として再起動してみるといいと言われています。

速度制限の解除については、時間などが細かく公開されているというわけではないので、詳細な時間や解除のタイミングは解りません。契約プランによって数日程度で解消する場合もありますし、翌月1日まで通信制限がかかったままになることもあります。

また、通信のモードによっても変わってくるので、自分の契約プランと利用している通信のモードをしっかりと確認しておきましょう。何も考えずにどんどん使っていたら、3日10Gの制限にかかってしまう可能性もあります。

通信制限は、条件を満たせば必ず解除されるもので、ずっと続くわけではありません。もし、通信制限解除の条件を見てしているのに「まだ遅い」という場合には、ルーターの再起動などを試してみましょう。

実質無制限と呼ばれているWiMAXの3日10Gの制限

実質無制限と呼ばれているWiMAXの3日10Gの制限

実質無制限と呼ばれているWiMAXの3日10Gの制限ですが、一般的な利用方法であれば、3日10Gの制限にかかってしまうことはほとんどないというほどの十分な通信量が確保されています。

毎日、動画配信で映画を見たとしても、3日10Gに到達するのはかなり大変・・・。ですが、重いファイルのやりとりなどをしていたり、一日動画を再生しっぱなしにしているとこの制限にかかることもあります。仮に10GBを超えた場合には、容量オーバーした日の翌日の夜間18時〜26時までの間に通信制限がかかります。

PCの高画質(1080p)で動画を見た場合、10Gの通信量は約6時間程度です。つまり毎日2時間の映画を見ても10Gで制限がかかることはほとんどないということです。スマホの画質まで落とせば、もっと見られる時間は増えますので、ヘビーユーザーでなければ十分な通信量が確保されているといえそうです。

また、3日10Gの制限の場合は数日で解除されますので、翌月まで待つ必要はありません。

ですが、ヘビーユーザーや動画をたくさん見ている人にとっては「ない方がいい」と思ってしまう通信制限・・・ですが、今、モバイルWiMAXなどで通信制限が全くないプランはありません。これは回線の混雑を避けるためのものなので、どうすることもできないのです。

データ通信量が重い動画再生などをする場合には、画質を落として視聴する・・・あるいは、1日あたりでどのくらい時間動画を見るかをある程度コントロールするというのも3日の速度制限を回避する有効な方法となります。

2016年以降WiMAXの速度制限が緩和されている理由

2016年以降WiMAXの速度制限が緩和されている理由

多くの利用者が気にかけているであろう速度制限ですが、実は、以前は3日で3GBでした。それが、2016年に10Gと約3倍に緩和されることになったのです。

では、通信制限がかかってしまった後の緩和のタイミングはどうなっているのでしょうか。

3日で10G制限になってしまった場合、の速度制限は、インターネットの利用が多く回線の混雑が多い18時~午前2時までの間となります。つまり、3日で10Gをオーバーしたすぐ後にいきなり制限がかかるということではなく、3日10GBをの通信をオーバーした翌日の18時に規制スタートとなり、午前2時に制限が解除となるのです。ただし、これには注意が必要で、直近3日間の通信量のトータルが10GBを下回るまでずっと通信制限が続いてしまうことになります。

そして、月間7GB以上の制限の場合は翌月1日まで通信制限がかかったままになります。

WiMAXの契約はクレジットカードのみ?口座振替では出来ないの?

WiMAXはクレジットカードでしか契約出来ない?口座振替では利用出来ないの?

WiMAXなどの支払い方法は、クレジットカード決済が多くなっています。

ですが、クレジットカード払いのみとなると、クレジットカードを持っていない人は契約できないと言うことになっていまいます。ですが、

口座振替で利用できるところもあります。

Broad WiMAX
UQWiMAX
BIGLOBE WiMAX

です。

Broad WiMAX

BroadWiMAXはクレジットカード払いだけでなく口座振替に対応しているWiMAXプロバイダーです。月額料金が安いのが魅力ですが得点のひとつであるキャッシバックはクレジットカード払いでなければ付与されません。

また、クレジットカード決済であれば無料になる初期費用の18,750円ですが、口座振替で支払う場合はこれもかかってきます。

なお、通信制限は、月間7GB,実質無制限(3日10GB)となっています。

通常プラン 7GB 月額料金 2,090円~
ギガ放題プラン 月額料金  3,411円
契約事務手数料 3,000円
モバイル端末&クレードル 1円
特典 18,857円割引きはクレジットカード決済のみ

UQWiMAX

UQWiMAXもクレジットカードだけでなく口座振替で契約できるWiMAXです

コールセンターなどのサポート体制にも定評があります。

UQWiMAXのプランと料金

基本情報 詳細
運営会社 UQコミュニケーションズ株式会社
問い合わせ電話番号 0120-959-001
(受付時間 9:00~20:00(年中無休))
月額料金 【WiMAX2+プラン(ギガ放題)】
4,268円
【WiMAX+5Gプラン】
2,090円〜
データ容量 【WiMAX2+プラン(ギガ放題)】
無制限(3日で10GB)
【WiMAX+5Gプラン】
無制限(3日で15GB)
プラスエリアモード料金 月額1,100円「UQ mobile自宅セット割インターネットコース/auスマートバリュー」加入で無料
端末代 21,780円
キャッシュバック 15,000円
(UQオンラインショップ限定)
契約期間 【WiMAX2+プラン】
2年
【WiMAX+5Gプラン】
2年
解約違約金(税抜き) 【WiMAX2+プラン】
9,500円~19,000円
【WiMAX+5Gプラン】
・1,000円
事務手数料 3,300円
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXはauやUQモバイルの携帯を持っている場合には、セット割りがあるWiMAXです。こちらも口座振替で契約ができます。

通常プラン 7GB 月額料金 3,696円→実質 3,070円
ギガ放題プラン 月額料金 4,818円→実質 3,697円
契約事務手数料 3,000円
モバイル端末&クレードル 無料

他にも、WiMAXではありませんが、docomoやau、そして、ソフトバンクも口座振替で契約できますしクラウドsim

の中にもクレジットカードなしで契約できるモバイルWiMAXがあります。

クレジットカード無しでも契約可能!UQWiMAXのサービス内容は?

クレジットカード無しでも契約可能!UQWiMAXのサービス内容は?

クレジットカードがなくても口座振替で契約できるUQWiMAXのサービス内容をココでご紹介していきたいと思います。

まず、運営している会社とサービス内容はこちら・・・。

基本情報 詳細
運営会社 UQコミュニケーションズ株式会社
問い合わせ電話番号 0120-959-001
(受付時間 9:00~20:00(年中無休))
月額料金 【WiMAX2+プラン(ギガ放題)】
4,268円
【WiMAX+5Gプラン】
・1~25ヶ月:4,268円
・25ヶ月以降:4,818円
データ容量 【WiMAX2+プラン(ギガ放題)】
無制限(3日で10GB)
【WiMAX+5Gプラン】
無制限(3日で15GB)
プラスエリアモード料金 月額1,100円「UQ mobile自宅セット割インターネットコース/auスマートバリュー」加入で無料
端末代 21,780円
キャッシュバック 15,000円
(UQオンラインショップ限定)
契約期間 【WiMAX2+プラン】
2年
【WiMAX+5Gプラン】
2年
解約違約金(税抜き) 【WiMAX2+プラン】
9,500円~19,000円
【WiMAX+5Gプラン】
・1,000円
事務手数料 3,300円
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替

WiMAX2+対応端末

WiMAX2+対応端末

WiMAX2+の対応端末は、2種類あって据え置き型の端末の「Speed Wi-Fi HOME 02」と、持ち運びも可能モバイルルータ端末「Speed Wi-Fi NEXT WX06」があります。

取り扱い端末 Speed Wi-Fi HOME 02 Speed Wi-Fi NEXT WX06
タイプ ホームルーター モバイルルーター
最大通信速度 下り 440Mbps 下り 440Mbps
最大同時接続台数 20台 16台
本体サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約W50×H118×D100mm W111×H62×D13.3mm
重さ 約218g 約127g

WiMAX+5G対応端末

WiMAX+5G対応端末

そして、次世代通信のWiMAX+5Gに対応している端末は、据え置き型のホームルータータイプの「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」と、持ち運びができる端末のモバイルルータータイプの「Speed Wi-Fi 5G X11」の2つの種類があります。

取り扱い端末 Speed Wi-Fi HOME 5G L12 Speed Wi-Fi 5G X11
タイプ ホームルーター モバイルルーター
最大通信速度 下り2.7Gbps
上り183Mbps
下り2.2Gbps
上り183Mbps
最大同時接続台数 Wi-Fi:40台
有線LAN:2台
Wi-Fi:16台
USB:1台
本体サイズ 約101×179×99mm 約136.0×68.0×14.8mm
重さ 約446g 約174g

どちらね端末もそれそれ魅力がありますが、持ち運びがしたい場合はモバイルルーター端末を据え置きで使用したい場合はホームルータータイプがいいでしょう。

そして、UQWiMAXのオプションは

オプションサービス名 対応プラン 内容 月額料金(税込み)
端末補償サービス ・WiMAX2+
・WiMAX+5G
ルーター端末の故障・盗難・紛失

(対応端末:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi、W06、W05、W04、W03、W02、W01、WX06、WX05、WX04、WX03、WX02、WX01、WiMAX HOME02、HOME01、L02、L01s、L01、novas Home+CA、URoad-Home2+、URoad-Stick)

418円
WEBROOT ・WiMAX2+
・WiMAX+5G
セキュリティー 550円
カスペルスキー ・WiMAX2+
WiMAX+5G
セキュリティー 550円
フィルタリングソフト「i-フィルター」 ・WiMAX2+
・WiMAX+5G
有害サイトへのアクセス 特別価格
UQ Wi-Fiプレミアム/WiMAXスポット ・WiMAX2+
・WiMAX+5G
公共交通機関など公衆無線LANサービス 無料
グローバルIPアドレスオプション ・WiMAX2+ グローバルIPアドレスを割り当て 105円
U-NEXT ・WiMAX2+
・WiMAX+5G
動画配信サービス 2,189円

となっています。

ここで注目したいのが、U-NEXTです。

U-NEXT

U-NEXTはみなさんもご存じの通りの動画配信などをしているサービスですが、WiMAXオプションで契約することができるんです。

月額2,189円(税込)が最大2ヶ月無料
ポイント1,200円分進呈

とかなりお得に契約できます。

社名 株式会社U-NEXT (英文名称 U-NEXT Co., Ltd.)
設立 2007年
代表者 堤 天心
所在地 東京本社 〒141-0021 東京都品川区上大崎三丁目1番1号 目黒セントラルスクエア
その他
・東京支店
・名古屋支店
・大阪支店
・福岡支店あり
連絡先 コールセンター:0570-064-980

受付時間:10:00~20:00(年中無休)

メールアドレス: next-cs@unext.jp

となっており、月額料金は1,990円~、見放題対象作品の80,000本の動画と70冊以上の雑誌や漫画を見放題で楽しめる大人気のサービスです。UQWiMAXとセットで契約することで、安定した通信で動画を楽しむとことができるオプションです。

画質 データ通信量
標準画質(480.p) 約100〜200MB
高画質(1080p) 2GB
4k画質(2160p) 7GB

ですので、WiMAXと一緒に契約して動画を楽しむことができます。

アカウントも端末も複数利用が可能ですし、

洋画 ハリウッド作品、アクション、SF、ラブストーリー、ヨーロッパ作品、ミュージカル、クラシック、コメディ、ドキュメンタリー、サスペンス
邦画 ラブストーリー、ドラマ、サスペンス、漫画原作作品、アニメ映画、アクション、歴史
海外ドラマ アメリカのテレビドラマ、
アジアドラマ 韓国ドラマなど
国内のドラマ 話題の人気ドラマ多数
キッズ アンパンマンなどのアニメ
アニメ ドラゴンボール超、新劇場版 エヴァンゲリヲン、
名探偵コナンなど
音楽・アイドル ワン・ダイレクション、WHERE WE ARE、ライブ・フロム・サンシーロ・スタジアム、デヴィッド・ボウイ~ジギー・スターダストの伝説~ニューヨーク
バラエティ 紅白など
ドキュメンタリー プロジェクトX、プロフェッショナル 仕事の流儀など

と人気の作品がラインナップされています。

また、漫画も読めますし、複合的なエンタテインメントを楽しめるのがU-NEXTです。

WiMAXを契約したらU-NEXTも・・・と考えている場合は、UQWiMAXのオプションで契約しておけば別々に契約手続きをするより楽ですし、料金的にもお得です。

契約者数3,250万人を超える大人気のサービス。WiMAXの電波を暴露

WiMAXの電波を暴露

WiMAXとは、無線通信技術の規格でWorldwide Interoperability for Microwave Accessの略。契約者数3,250万人を超える大人気のサービスで、高速通信をリーズナブルな価格で利用できます。

WiMAXは電波通信技術ですから、電波を使っているのですがインターネット回線の一つという訳ですが、やはり電波障害などが発生することがあります。

どうして電波障害が起ってしまうのか・・・マンションや地下で電波が入らない理由などを検証したいと思います。

WiMAXを利用している場合、電波障害は何故起こる?

まず、電波障害が起る理由すが、これは実に様々な理由があります。「基地局の不具合」が原因になることが多いのですが、その基地局の不具合の原因は台風などの自然災害というケースもありますし、工事で発生するケースもあります。どんな設備でもやはり災害などで被害を受けるケースはありますし、工事の関係で不具合が発生してしまうことはあります。

人間が作ったものですから、こういったことはある程度はあっても仕方ありません。

ただ、インターネットを使っているときに、急に使えなくなってしまったり、リモートワークで仕事をしている時にネット回線が使えなくなってしまうと困りますよね。

いつ、復旧するのかも気になるところ・・・

UQコミュニケーションズでは、WiMAXで通信障害が発生した場合にホームページで情報を公開しています。

また、復旧したかどうかみも公開していますので、いつも使っている場所でWiMAXが使えなくなったらまずはホームページを確認してみましょう。

また、基地局の不具合などではなく自分が使っているルーターの不具合というケースもありますので、1度再起動してみるのもいいでしょう。そして、つながるけど、通信速度がとても遅いという場合はもしかすると通信制限がかかっているかもしれません。

通信制限がかかっている場合、速度制限が解除されるまで待つか契約プランを変更するかありません。他にもルーターとデバイスの間に障害物があったり、通信速度が遅い従来のWiMAX回線になっているという可能性もあります。

インターネットにつながらないとか、インターネットに接続はしているけど遅いという場合は、あらゆる原因が考えられます。

マンションや戸建てでWiMAXが繋がらない理由

マンションや戸建てでWiMAXが繋がらない理由

マンションや戸建てでWiMAXが繋がらないですが、これは、まず第一に考えられるのが、利用しようとしているマンションや自宅の場所が、WiMAXのエリアに入っていないという可能性です。

WiMAXは決してエリアが狭いモバイルWiMAXではありませんが、それでも電波が入りにくい場所や電波が安定していない場所もあります。また、地理的な要因で、エリア内であっても電波が入りづらい場所もあります。

マンションや戸建てで電波が弱いとか、インターネットにつながらないという場合は、エリアを確認してみましょう。

もし、今まではつながっていたのに、急に入らなくなったということなら、通信障害やエラーの可能性もあります。

もともとWiMAXの電場は建物なとの障害物に弱いと言われていましたので、マンションや戸建てなどで「つながりにくい」という事例もないわけではありません。

ただ、これからは次世代通信の5Gへと移行していきますので「障害物に弱い」と言われているWiMAXであっても室内などで今よりさらにつながりやすくなるでしょう。

地下だと電波が入らない。地下鉄でWiMAXが繋がらない可能性とは?

WiMAXは地下では電波が入らないと言われることもありますが、地下街や駅などでも利用できるように対策が進んでいます。ですが、まだ対策がされていない地下鉄の駅では電波が届かないところもありますし、駅と駅の間では利用できないところがあります。

これは、地上にアンテナが立っている場合は、地下までは電波が届かないからです。

これWiMAXに限ったことではなく、地下はもともと電波が届きにくい場所なのです。ですので、地下ではWiMAXがつながらない可能性は大いにあります。2022年1月時点で以下の地下鉄駅では、対策が終了しておりWiMAXが利用できます。

札幌市営地下鉄・南北線(麻生駅・N02 北34条駅 ・N03 北24条駅 ・N04 北18条駅 ・N05 北12条駅 ・N06 さっぽろ駅 ・N07 大通駅 ・N08 すすきの駅 ・N09 中島公園駅 ・N10 幌平橋駅 ・N11 中の島駅・N12 平岸駅 ・N13 南平岸駅・N14 澄川駅・N15 自衛隊前駅・N16 真駒内駅)東豊線(栄町駅H02 ・新道東駅・H03 元町駅 ・H04 環状通東駅 ・H05 東区役所前駅 ・H06 北13条東駅 ・H07 さっぽろ駅・H08 大通駅・H09 豊水すすきの駅・H10 学園前駅 ・H11 豊平公園駅 ・H12 美園駅・H13 月寒中央駅・H14 福住駅)東西線(宮の沢駅 ・T02 発寒南駅・T03 琴似駅・T04 二十四軒駅 ・T05 西28丁目駅・T06 円山公園駅・T07 西18丁目駅 ・T08 西11丁目駅・T09 大通駅・T10 バスセンター前駅・T11 菊水駅 ・T12 東札幌駅・T13 白石駅・T14 南郷7丁目駅 ・T15 南郷13丁目駅・T16 南郷18丁目駅・T17 大谷地駅・T18 ひばりが丘駅 ・T19 新さっぽろ駅)仙台市地下鉄 南北線(N01 泉中央駅・ N02 八乙女駅・N03 黒松駅 ・N04 旭ヶ丘駅 ・N05 台原駅 ・N06 北仙台駅 ・N07 北四番丁駅・N08 勾当台公園駅・N09 広瀬通駅・N10 仙台駅・N11 五橋駅 ・N12 愛宕橋駅・N13 河原町駅・N14 長町一丁目駅 ・N15 長町駅・N16 長町南駅 ・N17 富沢駅)東西線(八木山動物公園駅・T02 青葉山駅 ・T03 川内駅 ・T04 国際センター駅 ・T05 大町西公園駅・T06 青葉通一番町駅・T07 仙台駅・T08 宮城野通駅・T09 連坊駅・T10 薬師堂駅・T11 卸町駅・T12 六丁の目駅 ・T13 荒井駅)小田急電鉄・京王電鉄・ 京成電鉄・ 京浜急行電鉄・ 埼玉高速鉄道 ・相模鉄道 ・新京成電鉄 ・西武鉄道・ つくばエクスプレス ・東急電鉄・ 東京メトロ・ 東京モノレール・ 東京臨海高速鉄道 ・東武鉄道 ・東葉高速鉄道・ 都営地下鉄・ 北総鉄道 ・横浜市営地下鉄・ 横浜高速鉄道名古屋市営地下鉄(東山線・名城線・名港線・鶴舞線・桜通線上飯田)大阪メトロ(御堂筋線・谷町線・四つ橋線・中央線・千日前線・堺筋線・長堀鶴見緑地線・今里筋線・南港ポートタウン線)・北大阪急行電鉄 ・京都市営地下鉄・ 神戸市営地下鉄 ・京阪電気鉄道 ・近畿日本鉄道・ 山陽電気鉄道・ 泉北高速鉄道 ・阪神電車 ・阪急電車福岡市営地下鉄空港線( 姪浜駅地上駅・K02 室見駅・K03 藤崎駅・K04 西新駅・K05 唐人町駅・K06 大濠公園駅・K07 赤坂駅・K08 天神駅・K09 中洲川端駅 ・K10 祇園駅・K11 博多駅・K12 東比恵駅・K13 福岡空港駅)七隈線(橋本駅・N02 次郎丸駅・N03 賀茂駅・N04 野芥駅 ・N05 梅林駅・N06 福大前駅・N07 七隈駅・N08 金山駅・N09 茶山駅・N10 別府駅・N11 六本松駅 ・N12 桜坂駅 ・N13 薬院大通駅・N14 薬院駅・N15 渡辺通駅・N16 天神南駅)箱崎線(中洲川端駅・H02 呉服町駅 ・H03 千代県庁口駅・H04 馬出九大病院前駅・H05 箱崎宮前駅・H06 箱崎九大前駅・H07 貝塚駅)

そして、お買い物などで利用する地下街でもWiMAXが利用できる対策が進んでいます。

買い物をしているときにもモバイルルーターでスマホが使えたら便利ですし、地下街のお店などに工事不要のWiMAXを導入しようと考えている経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

現時点では、以下の地下街でWiMAXが利用可能です。

さっぽろ地下街・札幌 JRタワー地下街・八重洲地下街・渋谷地下街しぶちか・京急ショッピングプラザウィング新橋 ・池袋東武ホープセンター・小田急エース・新宿サブナード・相鉄ジョイナス・横浜ポルタ・川崎アゼリア・セントラルパーク地下街・ミヤコ地下街・エスカ地下街・ユニモール地下街・メイチカ・地下鉄 栄 森の地下街・クリスタ長堀・ホワイティうめだ・ドージマ地下センター・なんばCITY・なんばウォーク・NAMBAなんなん・あべちか・京都 ゼスト御池・神戸 さんちか ・神戸 デュオこうべ・広島 紙屋町シャレオ ・福岡 博多駅地下街

大都市の主要な地下街や駅でWiMAXはすでに利用できるよう対策がされていますので、地下街や駅で利用できないというわけではありません。

アンテナがたってるのに繋がらない。WiMAXの調子が悪い理由は?

WiMAXのルーターを見ると「アンテナが立っている」のにインターネットに接続できないという経験はありませんか?

電波があるのにどうしてつながらないんだろう・・・と不思議に思う現象です。

ルーターに電波を示すアンテナが立っているということは、その場所にはWiMAXの電波があって利用できるエリア内にいるということです。なのに、インターネットに接続しようとしても一向につながらない・・・圏外というわけでもないのにどうしてなのでしょうか。

アンテナが立っているということは、先ほどご紹介した基地局の不具合などという可能性は低いと考えていいいでしょう。基地局の不具合であれば、エリア内のはずなのに電波が届いていないとか、つながっているけど速度が遅いといった現象になるはずです。

このような場合は、まず、ルーターとデバイス(パソコンやスマートフォン)の接続が上手くいっていないという可能性が考えられます。まずは、ルーターを再起動するなどしてみるのがいいでしょう。それでもインターネットにつながらない場合は、ルーターとデバイスを接続する際に入力するパスワードを間違えていないか、ルーターとデバイスの距離が遠すぎないか等を確認しましょう。

アンテナが立っていてつながらない場合は、こうしたルーターやデバイスのエラーの可能性大です。

また、接続しているデバイス側のエラーや不具合という可能性もありますので、デバイスも再起動をしてみましょう。

もし、すべてを確認してそれでもつながらないという場合は、契約しているプロバイダーに問い合わせをしてみましょう。

安さを求めるならWiMAXレンタルサービスの利用もあり

安さを求めるならwimaxレンタルサービスの利用もあり

より割安な料金でWiMAXを利用したいのであれば、WiMAX端末のレンタルを行っているサービスを利用するのも手です。

WiMAXレンタルサービスを利用する際の5つの注意点

WiMAXレンタルサービスを利用する際の5つの注意点

WiMAXレンタルサービスは契約の縛りがなく料金が安いことが魅力的ではあるものの、利用前には下記の点において注意てしておきたいところです。

WiMAXプロバイダのようにauスマホのスマホ割が利かない
端末は自分で選べない
最新端末が取り扱われていない
解約時は端末を返却しなければならない
レンタル端末の故障などがあった際は弁償しなければならない

WiMAXプロバイダの選び方。抑えておきたい比較ポイント

WiMAXプロバイダの選び方。抑えておきたい比較ポイント

上記で紹介したWiMAXプロバイダを見ても分かる通り、それぞれには一長一短があったりするので、その中から自分に合ったところを選べるようにするのが理想的です。

自分にとって最適なプロバイダを選ぶためには、主に下記のポイントについて比較して検討していくと良いでしょう。

基本月額料金はどれだけ安いのか?
キャンペーンがどれだけ充実しているのか?
キャンペーン内容はキャッシュバックか月額割引のどちらなのか?
最低利用契約年数はそれくらいの期間になるか?
解約違約金はいくらになるか?
サポートはどれだけ充実しているのか?

WiMAXプロパイダの基本月額料金はどれだけ安いのか?

基本月額料金はどれだけ安いのか?

WiMAXプロバイダは通信速度や対応エリアなどのサービス内容・質が基本的には同じなので、なるべく料金の安いプロバイダを選ぶと良いでしょう。

WiMAXのキャンペーンがどれだけ充実しているのか?

キャンペーンがどれだけ充実しているのか?

また料金のほか、キャンペーン内容がどれだけ充実しているかも重要です。

というのもWiMAプロバイダの中には、非常に高額なキャッシュバックや大幅な月額割引キャンペーンを行っているところが多く、これによって実質的な料金がかなり安くなったりするからです。

そのためWiMAXプロバイダを選ぶ際は、月額料金+キャンペーンを含めた実質料金で比較検討していきたいところです。

WiMAXのキャンペーン内容はキャッシュバックか月額割引のどちらなのか?

キャンペーン内容はキャッシュバックか月額割引のどちらなのか?

キャンペーン内容は大体キャッシュバックか月額割引かのいずれかになりますが、基本的には確実にその特典・恩恵が受けられる月額割引キャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶのがおすすめです。

ちなみにキャッシュバック特典を実施しているプロバイダを選ぶ場合、GMOなどではその受け取り手続きがややこしくて難しいので、もらい忘れの内容に注意が必要です。

WiMAXの最低利用契約年数はどれくらいの期間になる?

最低利用契約年数はどれくらいの期間になるか?

長い期間契約に縛られるのを避けたいのであれば、そのプロバイダの最低利用契約年数について確認するようにしておくと良いでしょう。

ちなみにWiMAXプロバイダの契約期間は基本的にどこも3年ですが、BIGLOBEの場合は1年からでも契約可能です。

またプロバイダではなくレンタルWiMAXサービスであれば、1日や1カ月といった短いスパンで利用可能です。

WiMAXを使わなくなった!解約違約金はいくらになるか?

解約違約金はいくらになるか?

途中で解約する可能性があるのであれば、契約を検討しているプロバイダの解約違約金について把握しておきたいところです。

各プロバイダにおける解約違約金は下記の通りになります。

WiMAXプロバイダ 解約金
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX ・初月~12カ月:1,100円
・13カ月以降:無料
Broad WiMAX(ブロードワイマックス) ・初月~24カ月:20,900円
・25カ月以降:10,450円
カシモWiMAX
DTI WiMAX
GMOとくとくBB ・初月~12カ月:19000円
・13カ月以降~24カ月:15,400円
ギガ放題プラン・ギガ放題プラスDX 0~12か月20,900円、13~24か月15,400円、25か月目以降10,450円 ギガ放題プラン(2年) 0~24か月で10,450円

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXなら、途中で解約しても解約金がわずか1,100円で済むので中途解約しやすいです。

またどんなときもWiMAXなどのレンタルWiMAXサービスだと、解約金無料でいつでもやめられます。

WiMAXのサポートはどれだけ充実しているのか?

パソコンやネット関係は苦手であり、契約の際に一から十までサポートしてもらいたいのであれば、サポートが充実しているところを選ぶと良いでしょう。

サポートに関しては本家であるUQWiMAXが良いと言われている他、BIGLOBE WiMAXもそれなりにサポートの良さに定評があります。

2022年最新のWiMAXのおすすめ機種・端末は?

2021年最新のWiMAXのおすすめ機種・端末は?

WiMAXには主に外出先でも使える「モバイルルーター」と主に家庭用で使うのに向いている「ホームルーター」の2種類があります。

モバイルルーターのWiMAXおすすめ機種・端末を3選!

モバイルルーターのおすすめ機種・端末

外出先でも使える「モバイルルーター」には主に下記の機種・端末があります。

Speed Wi-Fi NEXT W06
Galaxy 5G mobile Wi-Fi

これら機種の主なスペックはそれぞれ下記の通りになります。

スペック W06 WX05 W05
発売日 2019年1月 2018年11月 2018年1月
最大通信速度(下り) 1,237Mbps 440Mbps 758Mbps
最大通信時間 約11.4時間 約14時間 約10.5時間
サイズ W128×H64×D11.9(mm) W111×H62×D13.3(mm) W130×H55×D12.6(mm)
重さ 約125g 約128g 約131g
カラー ブラック/ホワイト レッド/ホワイト ブラック/ホワイト

基本的には通信速度など総合的に機能性が高い最新端末であるW06が最もおすすめです。

サイズのコンパクトさやバッテリー持ちで選ぶならWX05が良いでしょう。

WiMAXの比較表はこちら

おすすめ①最強のモバイルルーター。Speed WiMAX 5G X11

Speed Wi-Fi 5G X11はNECプラットフォームズ株式会社が製造しているモバイルルーターです。

2021年10月に販売開始となっており、最強のモバイルルーターとも言われています。通信速度は、上り最大183Mbps、下り最大2.7Gbpsで4G LTEやWiMAX 2+にも対応しています。

専用アプリで遠隔操作可能で

通信量カウンターの確認
バッテリー残量の確認
ハイスピードモード⇔ハイスピードプラスエリアモードなど通信モードの切り替え
Wi-Fiモードの切り替え
電源オフ
再起動
パフォーマンス設定

をアプリで操作できます。

そして、最新の高速無線LAN規格と言われている「Wi-Fi 6」にも対応しています。モバイルルーターでこの規格に対応している唯一の機種でもあります。Wi-Fi5の約1.4倍の高速通信ができる規格でリモートワークでも便利です。バッテリー容量も4000mAhと余裕がありますし、専用グレードルもあります。

もちろん、モバイルルーターですから、工事は不要で届いたその日から利用できます。

国内メーカーのモバイルルーターですから、国内メーカーを商品を希望している方にもおすすめです。

商品名 Speed Wi-Fi 5G X11
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
対応ネットワーク 5G(常時利用)
4G LTE(常時利用)
WiMAX 2+(常時利用)
下り最大速度 2.7Gbps
上り最大速度 183Mbps
質量 174g
サイズ(mm) 136×68×14.8
ディスプレイ 2.4インチ
バッテリー容量 4,000mAh
バッテリー時間 連続通信時間:約490分(初期設定時)
連続待受時間:約400時間(初期設定時)
最大接続台数 16台
価格(UQWiMAX) 21,780円

おすすめ②同時に16台接続!Speed WiMAX NEXT WX06

Speed Wi-Fi NEXT WX06はNECプラットフォームズ株式会社が製造しているモバイルルーターです。

WiMAXのモバイルルーターとしてはじめて2.4GHz/5GHz同時通信に対応していたモバイルルーターです。QRコードで接続可能ですし、データ通信量も確認できる画面がついています。

クレードルを利用すれば、室内での利用もしやすくなります。同時に16台接続できますので、家族での利用も可能です。

商品名 Speed Wi-Fi NEXT WX06
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
対応ネットワーク ・WiMAX 2+(常時利用)
・au 4G LTE規格 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応)
通信速度 ハイスピードモード(WiMAX 2+)
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
質量 127g
サイズ(mm) 111×62×13.3
ディスプレイ 2.4インチ
バッテリー容量 約3,000mAh
同時接続台数 16台
バッテリー時間 ハイスピードモード
ハイパフォーマンスモード:約8.3時間
ノーマルモード:約11.5時間
エコモード:約14時間
ハイスピードプラスエリアモード
ハイパフォーマンスモード:約8.1時間
ノーマルモード:約10.5時間
エコモード:約13.3時間
最大接続台数 16台

おすすめ③基本スペックの高さが眩しい。Galaxy 5G mobile WiMAX

Galaxy 5G mobile Wi-Fiは、2021年4月8日に発売されたWiMAXの5G対応端末です。製造元はSamsung(サムスン)で下り最大2.2Gbpsという高速通信ができる端末です。

5000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、連続通信時間は約1,000分、連続待受時間は約790時間です。そして、見やすいディスプレイで操作も楽です。そして、WiMAX回線とau回線の両方を利用できるというのも魅力です。コンパクトなボディで持ち運びにも対応しています。

販売価格も安く設定されていますので、とにかくモバイルルーターで5Gを使いたいけど、初期費用を安くしたいという方にもおすすめの端末です。

商品名 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
製造元 Samsung
対応ネットワーク ・5G(常時利用)
・4G LTE(常時利用)
・WiMAX 2+(常時利用)
下り最大速度 2.2Gbps
上り最大速度 183Mbps
質量 203g
サイズ(mm) 147×76×10.9
ディスプレイ 5.3インチ
バッテリー容量 5,000mAh
バッテリー時間 連続通信時間:約1,000分(初期設定時)
連続待受時間:約790時間(初期設定時)
最大接続台数 10台
セキュリティ WPA2

WiMAXホームルーターのおすすめ機種・端末を3選!

ホームルーターのおすすめ機種・端末

主に家庭用で使うのに向いている「ホームルーター」には主に下記の機種・端末があります。

Speed WiMAX HOME L02
ZTE Speed WiMAX HOME 5G L11
Speed WiMAX HOME L01s

これら機種の主なスペックはそれぞれ下記の通りになります。

スペック L02 HOME 01 L01s
発売日 2019年1月 2018年12月 2018年1月
最大通信速度(下り) ・1.2Gbps(LTE使用時)
・558Mbps(WiMAX2+使用時)
440Mbps 440Mbps
同時Wi-Fi接続台数 42台 22台 42台
サイズ W93×H178×D93(mm) W70×H155×D100(mm) W93×H180×D93(mm)
重さ 約436g 約338g 約450g
カラー ホワイト ホワイト ホワイト

ホームルータに関しても、最新機種であるL02が比較的スペックが高くおすすめです。

一人暮らしなど居住人数が少数の場合で、省スペース性や持ち運びやすさを重視するなら、HOME01もありですね。

WiMAXの比較表はこちら

おすすめ①同時接続台数は20台!シンプルなのに高性能。Speed WiMAX HOME 5G L12

Speed Wi-Fi HOME 5G L12はNECが製造しているモバイルルーターです。

本体が届いたら、SIMカードを挿してコンセントとつなけばすぐにインターネット接続ができます。そして、NEC WiMAX +5G Toolというアプリを利用してスマホで設定が可能です。

据え置き型の端末の場合、目立たないところに設置するケースもありますがねアプリで操作ができるので、手が届かない場所に設置しても使いやすく便利です。デザインも白を基調にしたシンプルなデザインですので、どんなお部屋にもマッチします。

こちらのタイプはホームルータータイプなので、外に持ち運びはできませんが、固定で置いて使うのであればとても便利な端末です。同時接続台数は20台ですので、ご家族やグループでの利用にも十分なスペックがあります。

名称 Speed Wi-Fi HOME 5G L12
製造元 NEC
本体色 ホワイト
対応回線 5G, 4G LTE, WiMAX 2+
下り最大速度 2.7Gbps
上り最大速度 183Mbps
大きさ(mm) 101×99×79
重さ 約446g
最大接続台数 40台

おすすめ②固定回線並みの通信速度。ZTE Speed WiMAX HOME 5G L11

ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11はギガスピード対応のコンパクトなホームルーターです。

製造しているのは ZTEで、次世代通信の5Gにも対応しています。

下り最大速度2.7Gbpsという超高速インターネットが可能なホームルーターで工事不要ですぐに利用できます。光回線等の工事はいらない・・・けど、固定回線並みの通信速度に対応しているのが最大の魅力です。

専用アプリ「ZTELink JP」でデータ通信量の確認などもできますし、設定などもすべてアプリで対応できます。

名称 Speed Wi-Fi HOME 5G L11
製造元 ZTE
本体色 ホワイト
対応回線 5G, 4G LTE, WiMAX 2+
下り最大速度 2.7Gbps
上り最大速度 183Mbps
大きさ 70×182×124
OS・規格 Windows® 11/10/8.1※2
macOS 12~10.9
有線LAN規格
1000BASE-T(ギガビット対応)/100BASE-TX/10BASE-T/2ポート
無線LAN規格
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)
重さ 599g
最大接続台数 40台

おすすめ③シンプルなデザイン。機能性も文句なし!WiMAX HOME 02

WiMAX HOME 02はNECプラットフォームズ株式会社が製造しているホームルータータイプの端末です。コンセントに差すだけで工事不要ですぐにインターネットを使えます。

コンパクトサイズのホームルーターで場所をとりませんし、デザインもシンプルです。

下り最大440Mbpsという高スペックで水平方向のWi-Fi電波のエリアは従来機より25パーセントアップしています。バンドステアリングという機能を備えているため、自動で最も適した周波数を選択してくれます。

データ通信量などはアプリで管理できますし、スマートスピーカーとの連動も可能です。最大同時接続数は20台と余裕がありますので、ご家族での利用もできます。

製造元 NECプラットフォームズ株式会社
サイズ 約50(W)×118(H)×100(D)mm
重さ 約218g
最大通信速度
(ハイスピードモード)
下り最大440Mbps/上り最大30Mbps
最大通信速度
(ハイスピードプラスエリアモード)
下り最大440Mbps/上り最大75Mbps
OS・規格 Windows® 10、8.1
Mac OS X v10.15、v10.14、v10.13、v10.12、v10.11、v10.10、v10.9有線LAN規格1000BASE-T/100BASE-TX×1ポート
無線LAN規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
同時接続台数 Wi-Fi:20台/LAN:1台
使用回線 WiMAX2+,4G LTE(au)

おすすめ④どんなインテリアともマッチするデザイン。Speed WiMAX HOME L02

Speed Wi-Fi HOME L02はHUAWEIが製造している据え置き型の端末です。

コンセントに差すだけですぐに使えるようになります。モバイルルーターではないので、持ち運びができる端末ではありません。

Speed Wi-Fi HOME L02は、下り最大速度が1Gbpsととても早く自宅でのインターネットに最適です。コンセントにつないだら手動もしくはQRコードを利用してスマホやPCと接続すればOKです。

外観はホワイトで、どんなインテリアともマッチするデザインになっています。「Huawei HiLink」というアプリで操作ができますし、ゲストWiMAXのオン/オフ機能はとても便利です。本体に直接触らなくてもスマホアプリで管理可能です。

アプリの使い方はとても簡単で、直感的に操作ができます。

指向性をもった4本の高感度アンテナを採用しており、そのアンテナを4方向に配置して360度カバーするという方法で電波を受信しています。持ち運びはできないもののモバイルルーターより電波の感度がよく据え置き型の端末としてとても優秀な機能を持っています。

製造元 HUAWEI
大きさ 約93×178×93(mm)
重さ 約436g
下り最大速度 1,237Mbps
上り最大速度 75Mbps
最大同時接続台数 40台

5G端末の比較表。各端末のスペシャリストを解説!

ここまでいろいろな端末をご紹介しまたが、どう違うのかがちょっとわかりにくいという方もいらっしゃるかもしれません。ですで、ここで、各端末のスペシャリストを比較表にして見てみましょう。まだ、5G端末のそれほど多くありませんが、端末も今後、増えていくことになるでしょう。

商品名 Speed Wi-Fi 5G X11 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

Wi-Fi STATION SH-52B

Pocket WiMAX 5G A101ZT

製造元 NECプラットフォームズ株式会社 Samsung ドコモ ZTEコーポレーション
対応ネットワーク ・5G(常時利用)
・4G LTE(常時利用)
・WiMAX 2+(常時利用)
・5G(常時利用)
・4G LTE(常時利用)
・WiMAX 2+(常時利用)
・5G(常時利用)
・PREMIUM 4G(常時利用)
・LTE(常時利用)
・5G(常時利用)
・4G(常時利用)
・LTE(常時利用
下り最大速度 2.7Gbps 2.2Gbps 4.2Gbps 2.4Gbps
上り最大速度 183Mbps 183Mbps 1.7Gbps 838Mbps
重さ 174g 203g 約166g 約240g
大きさ 136×68×14.8 147×76×10.9 約74(H)×約108(W)×約15.7(D)mm 約141×69×15.9mm
ディスプレイサイズ 2.4インチ 5.3インチ 約2.4インチ
バッテリー容量 4,000mAh 5,000mAh 4000mAh 5300mAh
最大バッテリー駆動時間時間 連続通信時間:約490分(初期設定時)
連続待受時間:約400時間(初期設定時)
連続通信時間:約1,000分(初期設定時)
連続待受時間:約790時間(初期設定時)
5G/PREMIUM 4G/LTE:約440分/約430分/約630分 5G(Sub6):約5時間
4G LTE(FDD-LTE):約7.5時間
4G(AXGP):約9時間
最大接続台数 16台 16台 17台 30台
セキュリティ WPA3 WPA2
販売価格 21,780円 21,780円 35,640円 28,800円

となっています。

モバイルルーターは外見はとてもよく似ていますが、スペックがそれぞれ異なるので、しっかりと用途を確認してから購入するようにしましょう。

WiMAXのおすすめ契約プランは?お得なのはこのプラン!

WiMAXのおすすめ契約プランは?

基本的には7GBプラン(利用可能な月間データ量の上限が7GB)よりもギガ放題プランを選んだ方がコスパが良いです。

月間データ量の上限が7GBだと動画を閲覧する場合なら画質によってはすぐに上限が来てしまいますし、7GBプランだからと言って格段安くなるというわけではありません。

一方ギガ放題プランなら大して料金が高くないにも関わらず、基本的にデータは無制限で使えます。

そのためよほどネットを利用する機会が少ない場合でなければ、基本的にはギガ放題プランで契約したほうがお得です。

WiMAXの特徴とは?抑えておきたいメリット・デメリット

WiMAXの特徴とは?抑えておきたいメリット・デメリット

インターネットがすぐ簡単に使えるWiMAXですが、固定回線(光回線)とはサービス内容が少し違っており、契約する前にはその特徴について具体的に知っておきたいところです。

ここからはWiMAXを契約するメリットとデメリットについて、それぞれ触れていきたいと思います。

WiMAXの特徴。契約するとこんなメリットが!

WiMAXの特徴。契約するとこんなメリットが!

WiMAXを契約するメリットとしては、主に下記の点が挙げられます。

光回線のように工事・工事費が不要である
端末が届いたその日にすぐネットが使えるようになる
外出先でも安全にネットを利用できる
料金が安く光回線同様にキャンペーンが充実している
契約プロバイダによっては端末代金が無料になる
auスマホユーザーならスマホ割引が適用される
最新機種販売でサービス内容の向上が期待される

WiMAXは光回線のように工事・工事費が不要である

光回線のように工事・工事費が不要である

WiMAXの第一のメリットとしては、光回線のように工事不要・工事費なしでインターネットが使えるようになるということです。

そのため光回線のように、工事によって契約してから回線が開通するまでに1カ月程度(長ければそれ以上)の期間を要することなく、端末が届いたその日からすぐにインターネットが使えるようになります。

工事があることで、工事日の日程の打ち合わせ連絡や立ち合い、またそのための時間の確保などをする必要が出てくるわけですが、WiMAXだとこういったことが一切不要になるので、インターネットが簡単に導入できるんですね。

しかも工事が不要になると共に工事費用もまったく発生しない分、光回線と比べると初期費用の面でお得です。

一応光回線でも大抵工事費用無料キャンペーンを実施しており、工事費なしで利用できるようにはなっています。

しかしこのキャンペーン内容は2~3年などある程度の期間契約し続けていなければ無料にはならず、途中で解約した場合は工事費の残債というものが発生してしまい、結局その解約違約金も高額になってしまいます。

このようにWiMAXでは光回線とは違って工事・工事費が不要になることから、お手軽かつ簡単にすぐネットが使えるようになるのが魅力的です。

外出先でも安全にネットを利用できるWiMAX

またWiMAXの場合は、ネットでの利用が自宅内に留まらず、ルーター端末も一緒に持ち運ぶことで、外出先でもネットが使えるようになります。

ただ外出先でもタブレットやノートパソコンなどでネットが使いたい場合は、カフェや飲食店などで無料で利用できるフリーWiMAXサービスを利用すれば事足りると思われます。

しかしフリーWiMAXは、通信が暗号化されていないと第三者によってそのネットの閲覧履歴などが盗聴されてしまう危険性があります。

特にフリーWiMAXを使って通信販売サイトで決済をする際はリスクが大きく、下手をすればパスワードが盗まれて金銭的な被害を被ることも考えられます。

しかしフリーWiMAXではなく、WiMAXを使ってネットを利用する場合は、セキュリティ的にも十分高くて問題なく、外出先でも安心して利用することができます。

WiMAXは料金が安く光回線同様にキャンペーンが充実している

WiMAXの場合は光回線や他のポケットWiMAXに比べても基本月額料金が安いです。

以下WiMAXと他の光回線やポケット型WiMAXとの料金の比較表です。

回線の種類 回線業者 月額料金
ポケット型WiMAX WiMAX 約3,500円
ソフトバンク 4,928円
ワイモバイル 4,158円
docomo 4,950円
光回線 auひかり ・戸建て:5,100円
・マンション:3,800円
nuro光 ・戸建て:5,700円
・マンション:5,700円
ソフトバンク光 ・戸建て:5,200円
・マンション:3,800円
ドコモ光 ・戸建て:5,400円
・マンション:4,200円

このようにWiMAXは月額料金なら、他のポケット型WiMAXはもちろん、光回線と比較しても割安になります。

またキャンペーン内容に関しても、光回線と負けず劣らず充実しているので、このキャンペーンを含めた総合的な料金で考えても、WiMAXは割安でありお得だと言えます。

プロバイダ別の比較表はこちら

契約プロバイダによってはWiMAXの端末代金が無料になる

トルツメ

そのため他のポケット型WiMAXサービスと比べても初期費用が一切かからなくなります。

ちなみに他のポケット型WiMAXサービスである「ソフトバンクエアー」だと、端末代金は分割払いに限り無料にはなりますが、36カ月契約し続けなければ無料にはならず、途中で解約した場合は端末代金の残債が発生します。

光回線の場合は関係ありませんが、同じポケット型WiMAXサービスで比較した場合だと、WiMAXの端末代金は無料になるという点でメリットになります。

auスマホユーザーならWiMAX契約時にスマホ割引が適用される

auスマホユーザーならスマホ割引が適用される

WiMAXを運営するUQコミュニケーションズは、auの子会社であることから、auの携帯・スマホユーザーである場合、WiMAXとセットで契約することで「auスマートバリューmine」が適用され、月額最大1,000円の割引を受けることができます。

そのため特にauスマホユーザーである場合は、WiMAXをお得に利用することができます。

最新WiMAX機種販売でサービス内容の向上が期待される

最新機種販売でサービス内容の向上が期待される

WiMAXの場合は次々と新しい機種が発売されるわけですが、そのたびに機能もアップグレードされ、より便利なものになっていきます。

そのため現在契約している機種から最新機種に変更すれば、通信速度などがより優れたサービスを受けることができます。

ただWiMAXで機種を変える際は機種変更ではなく、解約金が無料になる契約更新月に解約してから再び契約しなおす方が、料金的にお得になります。

WiMAXのデメリット。契約する際はに注意しておきたい点について

WiMAXのデメリット。契約する際はに注意しておきたい点について

逆にWiMAXは、主に下記の点においてデメリットとなるため、契約する際には注意しておきたいところです。

光回線よりも通信速度・安定性が劣る
山間部など一部エリアでは使えない
ギガ放題プランでも実質的にはデータ無制限ではない
ルーター端末も持ち歩かなければならない
auユーザーのスマホ割は一人しか適用されない
充電が切れると使えなくなる

光回線よりもWiMAXは通信速度・安定性が劣る

まずWiMAXのデメリットとなるのが、光回線に比べて通信速度や通信の安定性が劣るということです。

一応最大通信速度はWiMAXでも1Gbps以上と光回線とほぼ同程度まで出せますが、これはあくまで理論値であり、WiMAXの通常モードでの無線接続の最大速度だと500Mbps程度にまで下がります。

WiMAXの場合は、光回線のように光ケーブルで直接回線が来ないので、どうしても通信速度やその安定性が劣るんですね。

そのため高速通信が求められる、対戦型のオンラインゲームをする場合や高画質の動画を長時間視聴する場合などには、WiMAXはあまり向いていません。

対応エリア内でも山間部など一部エリアでは使えない

WiMAXはその電波の性質上障害物に弱く、地下やビルの奥まった場所などではつながりにくいです。

また対応エリア内であっても、障害物に弱いという特徴のため、山間部などでは使えないエリアがあったりします。

そのため山間部など、基地局からの電波が障害物に遮られると思われるエリアで利用する際は、「TryWiMAX」でWiMAXの端末を無料レンタルしてまともに使えるかどうか試すと良いでしょう。

ちなみにこうした電波の繋がりにくい場所でも、WiMAXの通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」にすることでauのLTE回線を使えるのようになるので、山間部などでも通信可能になったりします。

ただしこのハイスピードプラスエリアモードに関しては、データ容量が月間7GBまでしか使えず、それ以上使用すると速度制限がかかってしまうので注意が必要です。

ギガ放題プランでも実質的にはデータ無制限ではない

WiMAXには一応データ無制限で使えると謳われているギガ放題プランなるものが存在していますが、このプランは実のところデータが無制限で利用できるというものではありません。

実際には3日間で10GB以上のデータを使ってしまうと速度制限がかかり、夕方6時から翌日の深夜2時まで通信速度が1Mbpsにまで制限されます。

ただ3日間で10GB以上のデータを利用するには、よほど高画質の動画を長時間見たりしない限り達しませんし。

また制限後の速度が1Mbpsにまで下がっても、youtubeの標準画質の動画程度なら普通に見れたりするので、あまり気にする必要もなかったりします。

ただ上でも触れていますが、通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード(auのLTE回線)」にした状態で、月間7GB以上のデータを使ってしまった場合も速度制限がかかります。

この場合は月末まで通信速度が128Kbpsにまで制限されてしまい、動画はもちろんウェブサイトの閲覧程度でも厳しくなってくるので、ネットがほとんど使えないような状態になってしまいます。

ちなみに7GBというと、youtubeのハイビジョン(720p)の動画を18時間程度再生する程度で達してしまいます。

ハイスピードプラスエリアモードは地下などでは繋がりやすいので便利ですが、利用する際はくれぐれもそのデータ量に注意しておきたいところです。

WiMAXはルーター端末も持ち歩かなければならない

WiMAXの場合はスマホやタブレットに装着して使うというのではなく、WiMAX専用のルーター端末も同時になければなりません。

つまり外出時でもスマホやタブレットなどでネットを使いたい場合は、WiMAXのルーター端末も同時に持ち運ばなければならなくなります。

WiMAXルーター端末自体はスマホよりも少し小さい程度で十分携帯可能ですが、スマホなどの端末とは別にこれも紛失・盗難・水没などに気を付けなければなりません。

また外で使う際は充電が切れたらスマホと同様に使えなくなるので、そのための対策としてモバイルバッテリーも持ち歩く必要があります。

そのためスマホのテザリングと比べると、あまり使い勝手は良くありません。

auユーザーのスマホ割はWiMAX契約時に一人しか適用されない

auスマホとWiMAXとのセット契約で受けられるスマホ割「auスマートバリューmine」は、mineが付いている通り一人に対してしか割引が適用されません。

その反面auスマホと光回線とのセット契約で受けられるスマホ割「auスマートバリュー」であれば、一人だけでなく家族全員に対してスマホ割が適用されるので、家族で利用する場合はauスマートバリューの利く光回線(auひかり)などを契約する方が断然お得になります。

結論として総合的に安くておすすめのWiMAXはカシモWiMAXといえるでしょう。

WiMAXのメリットとデメリットを網羅していきます。

ここでWiMAXのメリットとデメリットを見ていきましょう。

契約台数も多く、たくさんの人が利用しているWiMAXにはメリットもあります、そして、当然ですが、デメリットもないわけではありません。

モバイルルーターは日常的に利用するものですから、メリットとデメリットはしっかりと認識して使い分けていきたいものです。

WiMAXのメリットは工事不要で利用できる

工事不要
プロバイダーが多い
月あたりの制限がない
価格が安い
auユーザーなら安くなる

WiMAXはモバイルルーターでも、据え置き型の端末でも届いたらすぐに工事不要で利用できます。

光回線のような工事は一切不要で、simカードを挿して充電するだけで、すぐに高速インターネットができます。賃貸だから工事をしたくないという方や、今、住んでいる場所に長く住む予定ではないという場合は、とても便利です。また、工事不要ということは工事の日程調整も不要ですから、今すぐにインターネット環境を整えたいという場合にも向いています。

そして、WiMAXはプロバイダーがとても多く、それぞれのプロバイダーがキャンペーンやお得なプランを提供していますので、自分のニーズに合っうプロバイダーを探してお得に利用できるという点もメリットです。

WiMAXのプロバイダーは現時点で20以上

UQ WiMAX
Broad WiMAX
GMOとくとくBB
BIGLOBE
カシモWiMAX
So-netモバイルWiMAX2+
DTI WiMAX
ASAHIネット
hi-ho WiMAX
WIKIWIKI
Vision WiMAX
EX WiMAX
YAMADA WiMAX
BIC WiMAX
KT WiMAX
ワイヤレスゲートWiMAX
au

です。

どのプロバイダーでも対応エリアと通信速度そして、データ制限は同じですが、プロバイダーごとに月額料金・キャンペーン・契約期間などはことなります。ですので、プロバイダーがたくさんあるということは、自分の利用方法にあったプランを探して使えるというメリットになるのです。

契約金が長くても安い方が良いのか、それでも短期間で利用したいのか・・・キャンペーンでお得に契約したいのか・・・それぞれ、希望があるはず。自分にあったプロバイダーを見つけられるのもWiMAXの魅力です。

そして、WiMAXのギガ放題なら3日あたりの通信制限のみで月あたりの通信制限はありません。他のWiMAXは一月あたり100Gなどという上限が設定されているケースもありますが、WiMAXは3日あたりの制限のみです。ヘビーユーザーにとってはこれは大きなメリットです。

また、利用料金もリーズナブルですし、auのユーザーであればセットで安く利用も出来ます。

WiMAXのデメリットは海外利用ができない

海外利用ができない
障害物に弱い

たくさんのメリットがあるWiMAXですが、デメリットもあります。

まずは、海外利用ができないという点です。海外旅行や出張などでWiMAX環境が必要ということもありますが、WiMAXは国内専用のサービスですので、海外利用はできません。

例えば、ゼウスWiMAXやモンスターモバイル、airWiMAXなどは海外利用も可能です。

ゼウスWiMAXであれば、134カ国で利用可能です。

アジア 21地域・・・ベトナム・タイ・台湾・スリランカ・シンガポール・フィリピン・ネパール・モンゴル
ミャンマー・マレーシア・マカオ・ラオス・大韓民国・インドネシア・インド・香港・中華人民共和国・カンボジア・ブルネイ・バングラデシュオセアニア 5地域・・・北マリアナ諸島・ニュージーランド・グアム・フィジー・オーストラリアヨーロッパ 48地域・・・バチカン・イギリス・ウクライナ・トルコ・スイス・スウェーデン・スペイン・スロベニア
・スロバキア・セルビア・ ロシア連邦・ ルーマニア・ポルトガル・ポーランド等北アメリカ 19地域・・・アメリカ合衆国・トリニダード・トバゴ・メキシコ・ ジャマイカ・カナダ・アンギラ・アルジェリア・エジプト・ガーナ・ケニア・ナイジェリア・チュニジア・南アフリカ共和国
など南アメリカ 17地域・・・アルゼンチン・ブラジル・チリ・コロンビア・パナマ・ペルーウルグアイ・ベネズエラ・ボリビア・エクアドル・コスタリカ・ドミニカ共和国・グアテマラ・ニカラグア・エルサルバドル・ガイアナ・スリナム中東 11地域・・・アラブ首長国連邦・バーレーン・イスラエル・ヨルダンなど

他にも海外利用ができるWiMAXやレンタルWiMAXもありますので、海外利用が必須という場合で国内でWiMAXを利用するなら海外利用の際にはレンタルなどで対応する事になりそうです。

レンタルWiMAXで国内向けのUQWiMAXにも対応しているのが、WiMAXレンタルどっとこむです。

国内向けのWiMAX端末はもちろん、海外利用ができるWiMAXもレンタルできます。

データ容量 データ容量 1日1GB
価格 2泊3日1,320円
6泊7日3,080円
13泊14日6,160円30泊31日6,600円受取手数料550円
送料517円~
受け取り方法 空港カウンター(成田空港 第1・成田空港 第2・羽田空港 第2 2階・羽田空港 第3 2階・羽田空港 第3 3階・関西国際空港 第1・伊丹空港・中部空港 第1・中部空港 第2・福岡空港・新千歳空港 国内線・新千歳空港 国際線・那覇空港・小松空港・仙台空港・渋谷ちかみち)

郵送・コンビニ

返却方法 空港カウンター(成田空港 第1・成田空港 第2・羽田空港 第2 2階・羽田空港 第3 2階・羽田空港 第3 3階・関西国際空港 第1・伊丹空港・中部空港 第1・中部空港 第2・福岡空港・新千歳空港 国内線・新千歳空港 国際線・那覇空港・小松空港・仙台空港・渋谷ちかみち)

ポスト・コンビニ

機種の種類 SoftBank E5785・SoftBank 501HW・SoftBank E5383・WiMAX WX06・SoftBank T6・WiMAX 5G SCR01SWU・SoftBank FS030W・SoftBank WN-CS300FR・WiMAX W06・USBドングル Si-L10 6GB・SoftBank E5383 5GB・FS030W 6GB・SoftBank GlocalMe

となっており、こちらでは国内利用向けのWiMAX端末もレンタル可能となっています。そして、海外利用ができる端末をレンタルすれば、以下の国で利用できます。

対応国A

500MB 1日670円日
1GB 1日970円

インド・インドネシア・韓国・カンボジア・バングラデシュ・フィリピン・ベトナム・マカオ・マレーシア・ミャンマー・ラオスシンガポール・香港・スリランカ・タイ・台湾・中国
対応国B

500MB 1日970円
1GB 1日1,270円 日

アイスランド・アイルランド・アメリカ合衆国・アラスカ・アルゼンチン・イギリス・イタリア・ウルグアイ、ドイツ、ニカラグア、ニュージーランド、ノルウェー・バチカン市国、パナマ、ハワイ、ハンガリー・フィンランド、ブラジル、フランス、ブルガリア、ベネズエラ、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、メキシコ、モナコ・ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア連邦・エクアドル・エストニア・エルサルバドル、オーストリア・オーストラリア・オランダ、カナダ・キプロス・ギリシャ・グアテマラ、グアム、クロアチア、コスタリカ・コロンビア、サイパン、サンマリノ・スイス・スウェーデン、スペイン・スロバキア・スロベニア、チェコ・デンマー・タリ
対応国C

500MB 1日1,270円

アラブ首長国連・アルジェリア、アルバニア、アンゴラ共和国・イスラエル・ウクライナ、エジプト、オーランド・サウジアラビア、ザンビア、セルビア共和国、ナイジェリア・ネパール・バーレーン・モーリシャス・モロッコ・モンゴル・ヨルダン、西サハラ、南アフリカ共和国・ガーナ・カザフスタン・カタール、ケニア、パキスタン、フィジー・プエルトリコ・ボリビア、タンザニア、チュニジア・ドミニカ・トルコ

多くの国や地域で利用できるWiMAXをレンタルすることができます。

そして、WiMAXのもうひとつのデメリットが電波が障害物に弱いということです。

WiMAXの電波は障害物に弱く、建物の中や地下などではどうしもて電波が弱いと言われることもあります。

ですが、建物の中でも利用はできますし、次世代通信のWiMAX +5Gは、地下や室内にも強く電波状態は改善されています。

エリアも広くなっていますし、地下街や地下鉄の駅でも利用できるように対策が進められていますので、このデメリットはいずれ解消していくことになりそうです。

WiMAXの解約方法を徹底解説。疑問なことはここでわかる

では、WiMAXの解約の方法をご紹介したいと思います。

便利なモバイルルーターですが、解約したいということも当然あるはず。そして、もっと自分にあったプロバイダーを見つけたので乗り換えたいということもありますよね。

WiMAX解約の際にかかるお金はいくら?日割り計算になるの?

まず解約にかかる費用ですが、これは契約期間によってことなります。

UQ WiMAXは、2年契約・3年契約・4年契約があり契約期間の途中で解約した場合は解約金がかかってしまいます。

UQ WiMAX 2年プラン 解約違約金

0ヶ月~13カ月以内 19,000円
14~25カ月以内 14,000円
26カ月目 0円(更新月)
27カ月目以降 9,500円

UQ WiMAX 3年プラン 解約違約金

0ヶ月~13カ月以内 19,000円
14~25カ月以内 14,000円
26〜37カ月目 9,500円
38カ月目 0円(更新月)
39カ月目以降 9,500円

UQ WiMAX 4年プラン 解約違約金(税別)

0ヶ月~13カ月以内 19,000円
14~25カ月以内 14,000円
26~49カ月以内 9,500円
50カ月以内 0円(更新月)
51カ月目以降 9,500円

となっています。

つまり、基本的にUQWiMAXの場合は、更新月以外に解約をする場合には解約金がかかってしまうということになります。解約金は決して安い金額ではありませんので、解約や乗り換えを検討している場合は、自分の更新月がいつなのかをしっかりと把握しておきましょう。

UQWiMAXは、契約期間は自動更新ですので、更新月を逃してしまうと違約金なしで解約できるのはまた数年後になってしまいます。更新付きは契約した段階でいつなのかが決まっているので、どうすることもできませんが、少しでも「違約金を安くしたい」のでれば、まずは更新月を逃さないことです。

そして、もし、うっかり更新月を逃してしまったという場合で別のプロバイダーやモバイルWiMAXに乗り換えを考えているという場合は、解約違約金負担をしてくれるキャンペーンをしているプロバイダーに乗り換えたり、キャッシュバックキャンペーンを利用しましょう。

そして当然ですが、この解約金や契約プラン期間は、プロバイダーによっても異なりますので注意しましょう。ここではUQmiwaxの解約方法をご紹介したいと思います。ちなみに、UQWiMAXでは、インターネットや店頭での解約はできません

解約したい時にはお客様センターに連絡をして解約の手続きをとります。

お客様センターはインターネットのチャットもしくは、電話での問い合わせとなります。

チャットは公式ホームページから、お客様センターは以下の電話番号です。

0120-929-777
9:00~20:00(年中無休)

ここに電話をして解約したい旨、オペレーターに伝えて解約をしましょう。携帯電話やPHSからてのフリーダイヤルで利用できます。

問い合わせをする時には、契約しているルーターを手元に準備してください。そして以下の情報が必要になります。

契約者
連絡先電話番号
暗証番号

です。

暗証番号が解らないときには契約者の生年月日と住所でも大丈夫です。

そして、気になる日割りですが、UQWiMAXでは、解約時も契約時も日割り計算はしていません。月の途中で解約した場合には

解約の受付が1日から20日は解約の受付をした月末
解約の受付が21日から月末解約は翌月末での解約

となりますので、どのタイミングで解約するかもあらかじめ考えて置いたほうがいいかもしれません。月初めに解約しても1カ月分を支払うことになります。

そして、UQWiMAX以外の主なプロバイダーの解約方法は

GMOとくとくBB オンラインもしくは書面
BIGLOBE 電話
Broad WiMAX 電話
@nifty オンライン
So-net オンライン
CP WiMAX 電話もしくはメール
DTI オンラインもしくは書面
KT WiMAX 書面もしくはFAX

となっています。

オンラインで解約できるプロバイダーもありますが、電話で解約するところが多い印象です。

解約電話が繋がらない!WiMAXが解約出来ない場合の対処方法

解約をしようとして電話をしているのになかなか電話がつながらない!という時には書類での解約手続きという方法もあります。

ですが、郵送は面倒という場合は混み合う時間をさけて電話をするようにしましょう。一般的に、サポートセンターは午前や受付終了の直前に混み合うケースが多いともいわれていますので、午後を狙って電話してみるのもいいかもしれません。

この方法は書類を郵送して、解約手続きをするという方法です。まずは、UQWiMAXのホームページから書類をダウンロードします。そして、必要事項を記入して郵送すればOKです。

もちろん、、この方法がUQWiMAXで契約している場合のみで、同じWiMAXでもプロバイダーが違う場合には契約しているプロバイダーが定めている方法での解約が必要になります。

WiMAXを解約した場合はルーターの返却はどうする?

さて、解約手続きが済んだ後、手元にある今まで使っていたルーターはどうしたらいいのでしょうか。

WiMAXの場合、自分で契約していたのであればルーターの自分のものです。(WiMAXのルーターをレンタルしている場合は別)ですので、ルーターを返却する必要はありません。simカードも返却の必要はありませんが、処分する際にははさみを入れて個人情報を守った方がいいかもしれません。

解約したあとのルーターは自分のものですから、どのように処理しても構わないのですが、長く利用していた場合には、すでに端末が全世代のスペックになっているというケースもあります。必要ない場合は自分で処分しましょう。

そして、ここは抑えておきたいポイントなのですが、1度、UQWiMAXを解約して再度契約する場合に手持ちのルーターを利用することはできません。もちろん、プロバイダーが違えば手持ちのルーターだ再契約ができるケースもあるかもしれませんが、UQWiMAXでは手持ちのルーターでの再契約は不可能ですので注意しましょう。

ルーターを再利用する方法としては

売却

が上げられます。

もちろん、機種にもよりますが1000円程度で買い取ってくれることもあるので捨てるよりはマシかもしれません。

ところでWiMAXってなに?どんな通信技術?

WiMAXとは、通信技術の名称のことです正式には「Worldwide Interoperability for Microwave Access」といいます。

サービス名だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は通信技術の名前の頭文字だったんです。つまり、大手キャリアの通信とはまた別の通信なんです。

2013年に登場したWiMAX2は、通信速度も速く快適なインターネットができることで知られており、今では3500万契約を突破するほどの人気のサービスとなっています。

UQWiMAXだけでなく、他にも20社以上のプロバイダーがあり、料金プランやキャッシュバックなど独自のサービスを展開しています。プロバイダーが変わっても利用している電波は同じですから、通信速度や通信制限は変わりません。ですが、プロバイダーが変われば料金が変わったり、契約期間が変わったり、各プロバイダーのキャンペーン特典を受けられるのもWiMAXの特徴です。

2020年3月で従来のWiMAXのサービスは終了し、すべてWiMAX2に以降しています。

よく「WiMAXとポケット型WiMAXは違うの?」という疑問を耳にしますが、できることはほぼ同じでどちらも無線を利用したインターネット接続サービスです。

ただ、利用している電波が違うということ・・・。WiMAXどもポケット型WiMAXでもスマホやPCでインターネットを楽しむためのルーターであるのは同じです。

ただ、ポケット型WiMAXは大手キャリアの電波を利用したものやクラウドsimが多いのですが、WiMAXは独自の電波を利用しているという違いがあるだけです。

WiMAXの特徴として

高速通信
ギガ放題

があります。

WiMAX2はとても通信速度が速く最大で下り1,237Mbpsという高速通信が可能です。もちろん、固定の光回線には及びませんが、これだけの速度があれば動画視聴はもちろん、オンラインゲームなども十分に楽しむことができます。

そして、WiMAXにはひとつきあたりの通信制限がないギガ放題というプランがあるのも魅力です。

3日あたりの制限のみで高速インターネットを楽しめるとあって人気です。

さて、WiMAXの通信技術についてですが、WiMAXは8つの変調方式をサポートしています。

OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)
OFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiplexing Access)
SOFDMA(Scalable OFDMA)
MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)
QPSK(Quadrature Phase Shift Keying)
QAM(Quadrature Amplitude Modulation)
TDD(Time Division Duplex:時分割複信)
FDD(Frequency Division Duplex:周波数分割複信)

です。

そして、セキュリティには、Advanced Encryption Standardを採用しています。

WiMAXのルーターを持っていれば、安全な高速インターネットをエリア内のどこでも使える大人気のサービスです。

WiMAXに関するよくある質問

質問です WiMAXはいろんなところがありますがどうしてですか?
回答です。WiMAXにはプロバイダーがあり、それぞれのプロバイダーごとに料金や特典、契約プランや取り扱っている機種が違います。テレビコマーシャルでおなじみのUQ mobileのWiMAXなどが一般的には有名ですが、家電量販店のものや、BIGLOBEやNIFTYといった昔からあるプロバイダーもWiMAXを取り扱っています。どこのWiMAXを契約するかで料金が変わるのでプロバイダー選びはとても重要です。
質問です WiMAXってそもそもなに?
回答です。WiMAXとは”Worldwide Interoperability for Microwave Access”の略で実は商品名ではなく通信規格のことです。固定回線に適したWiMAXとモバイルルーターのモバイルWiMAXがありますが、日本ではあまり差がないのが現状です。
質問です WiMAXの料金はどこが安いの?
回答です。WiMAXも料金や得点はプロバイダーによって変わります。契約のタイミングなどもありますので一概には言えませんが、カシモWiMAXはとてもお得度が高いといえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゆび
【wimax端末無料】安いwimaxはこちら