総量規制対象外のカードローン。年収の3分の一を超えるとお金が借りられない/メディアベスト

カードローンを利用する場合に、いくらでも自由にお金が借りられるわけではありません。

一定のラインを越えてしまうとお金が借りられなくなってしまいます。

その借りられるお金の上限を総量規制といいますが、中には総量規制の対象外のカードローンも存在します。

そこで今回は、総量規制対象外のカードローンを利用したい方に向けて、カードローンの総量規制の例外の内容や総量規制対象外のおすすめのカードローンなどについて解説していきます。

この記事を読むことで以下の3つがわかります。

  • カードローンの総量規制とその例外について
  • 総量規制の例外となる貸付の条件
  • 総量規制対象外のおすすめのカードローン

カードローンの総量規制とその例外について

カードローンに設けられている総量規制とはそもそもどういった意味なのか、またその例外とはどういうことなのかについて解説していきます。
お金を借りる今すぐ即日で借りる方法

総量規制とは

総量規制は賃金業法で定められている「年収の3分の1以上はお金が借りられない」というルールのことを指しています。

カードローンも賃金業にあたるのでこの法律が適用されます。

例えば、年収が600万円の方が借り入れをしようとすると200万円までしかお金が借り入れられず、すでに150万円を借りているような場合だと残り50万円までしかお金が借りられません。

1回1回借り入れる時に年収の3分の1以上しか借りられないのではなく、複数社で借り入れたお金の合計が年収の3分の1以上になると借り入れができなくなるという点を押さえておきましょう。

総量規制は過剰貸付を規制する目的もありますが、多重債務の返済に苦労している方たちを救済する目的でも用意されているものです。

お金を借りすぎて困ってしまわないためのストッパーとして設けられているものなので、できる限り総量規制のルールを守ってカードローンを利用してください。

総量規制の例外とは

総量規制は必ず必要なルールであるのは間違いありませんが、借り入れの目的によってはその規制が不利に働いてしまうことがあります。

そのため、総量規制の例外というものが設けられていて、決められた目的の範囲内でのカードローンの利用なら総量規制に引っかからずに自由にお金が借りられます。

主に個人の私的な目的での利用なら分割払いが基本で返済が長期にわたるような目的や事業者側が緊急性が高いと判断した目的がこれに該当します。

一方で、個人で借り入れる場合より企業や個人事業主としてカードローンを利用する場合は、総量規制の例外として扱われることが多いです。

<h2>総量規制の例外となる貸付の条件(2,700字)

具体的には以下のような目的での借入が総量規制の例外にあたります。

  • 顧客に一方的に有利となる借り換えローン
  • 借入残高を段階的に減少させるための借換え(おまとめローン)
  • 自分や家族のため、緊急に必要な医療費を支払うための借入
  • 社会通念上 緊急に必要と認められる借入(10万円以下3か月以内の返済などが要件)
  • 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付(配偶者貸付制度※配偶者の同意が必要)
  • 個人事業者の事業資金の借入(事業計画により返済能力を超えないことが条件)
  • 新規事業のために個人事業主がおこなう借入
  • 預金取り扱い金融機関からの融資を受けるまでの「つなぎ資金融資」(1ヶ月以内の返済であることが要件)

1つずつみていきます。

顧客に一方的に有利となる借り換えローン

借り換えとは、新しくカードローンの契約をしてお金を借り、別のカードローンですでに借りているお金を精算することです。

借り換えをすることで毎月の返済額や返済総額が下がる場合には借り入れが認められます。

この時、追加担保や保証は必要ありません。

ちなみに、残価スライド方式というローンの残高に応じて各回の返済額が決まるような方式で返済をしていたり、意図的に返済期間を延ばしたりするとかえって返済総額が増えてしまうこともあります。

そういった場合も「段階的に債務を減らす借り換え」という扱いになるので、無理のない返済計画を立てることが可能です。

他にも、顧客とって借り入れ前よりも有利になる借り換えローンはすべてこれに該当します。

借入残高を段階的に減少させるための借換え(おまとめローン)

おまとめローンとは複数社の借り入れを1社にまとめる借り入れ方のことを指しています。

借り換えは1社での借り入れを別の借入先に変更することを指しているので、この2つは似ているようで若干異なります。

とはいえ、どちらも金利の低い方へ乗り換えるという意味ではどちらも同じです。

借り換えは新しい借入先でお金を借りてから、それまで利用していた借入先で返済処理を行うため、一時的に総量規制の上限を超えてしまう可能性があります。

しかし、それはあくまで一時的なものだと考えられているので、総量規制の例外として認められています。

それに加えて、おまとめローンは複数社の借入を1社にまとめることができて、信用情報の整理を行うことができるので、将来ライフイベントに関わるローンの申し込みに影響が出てしまわないように、おまとめローンをしておいたほうがいいです。

自分や家族のため、緊急に必要な医療費を支払うための借入

緊急性の高い借り入れの場合は、総量規制に関係なく借り入れることが可能とされています。

どういったものが緊急性の高い借り入れになるのかというと、自分や家族に対する高額な医療費などが挙げられます。

急な手術が決まっても元々資金力がなければ用意することは簡単ではありません。

かといってお金がないからと手術を断るわけにもいかないので、総量規制に関係なく医療費分が借り入れられるようになっています。

手術とはいえど無償になるわけではないので、あとでしっかりと返済していかなければなりません。

社会通念上 緊急に必要と認められる借入(10万円以下3か月以内の返済などが要件)

高額な医療費以外にも、緊急性のある要件であれば総量規制の例外として認められることもあります。

例えば、海外旅行に出かけていて窃盗被害にあって現金がないと帰国できないような状態になってしまったり、自然災害の被害にあって生活費が必要だというような場合が挙げられます。

とはいえ、これに関しては一時的なトラブルであったり、国や政府が資金援助をしてくれたりすることを加味して、融資金額10万円以内で返済期間3ヶ月以内という条件で総量規制の例外として扱われます。

その条件に反してしまうと、どこの借り入れ先であろうとなかなかお金は貸してもらえなくなるので注意してください。

配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付(配偶者貸付制度※配偶者の同意が必要)

配偶者貸付制度も総量規制の例外として扱われています。

これは配偶者と合わせた年収の3分の1以下の借り入れを行う契約のことで、配偶者の同意を得ることでそれが認められています。

その証明として、配偶者の同意書の提出が義務付けられています。

もし申込者の年収が100万円、配偶者の年収が350万円だとすると、年収の3分の1は150万円で、総量規制に関係なくそれ以下の金額であれば自由に借り入れができます。

個人事業者の事業資金の借入(事業計画により返済能力を超えないことが条件)

私的な利用以外に、個人事業主の事業資金としての借入であれば、どういった目的であっても総量規制に引っかかることはありません。

ただ、その事業の内容と事業計画をある程度まとめたものが証明として必要となってきます。

ある程度事業が波に乗っていて、安定性が確保されている中での追加資金として借り入れるのであれば問題ありませんが、事業がうまく成長していない中で借り入れるとなると、貸し付けてくれる事業者側としてはリスクが伴うため、少しハードルが高くなってしまいます。

事業としての借り入れは金額が大きくなる分、慎重に判断するようにしましょう。

新規事業のために個人事業主がおこなう借入

新規事業を立ち上げるために個人事業主が借り入れる場合も総量規制の例外として認められています。

事業に対する資金は必然的に金額が大きくなり、総量規制の範囲で補うことはほぼ不可能であるために、総量規制の例外とされています。

しかし、事業がうまく成長していない場合と同じように、持続性のある事業からの借り入れと比べると高いリスクがあります。

この場合も事業計画により返済能力を超えないことが条件とされていますが、ざっくりとした事業計画ではなく、緻密にしっかりと練り上げられた再現性の高い事業計画を時間をかけてまとめて、それを提出するように心掛けてください。

預金取り扱い金融機関からの融資を受けるまでの「つなぎ資金融資」(1ヶ月以内の返済であることが要件)

つなぎ資金融資とは一定期間や一時的な借り入れのことを指していて、個人向けと事業者向けの2種類があります。

例えば、マンションを建てたり、土地を購入したり、自宅をリフォームしたりするために特定の金融機関から融資を受けるとして、その融資を実際に受けられるようになるまでに時間が少しかかることがあります。

数日や数週間待ったりすることがないように、その期間をつなぐためのものとしてつなぎ資金融資が使われ、これも一時的な資金に過ぎないので総量規制の例外として認められます。

その代わり、1ヵ月以上も融資に時間がかかることはそうそうないので、つなぎ資金融資の返済は1ヵ月以内に行わなければなりません。

個人向けのつなぎ資金融資ならともかく、事業者向けの資金融資はそこで必要とする資金も総量規制の例外として認められることを踏まえると、事業に必要な資金とつなぎ資金融資の両方が総量規制の例外として借り入れられます。

それだけ一気に借り入れる金額が大きく膨らむので、そこで借り入れる資金は厳重に管理するようにしましょう。

総量規制対象外でも借りれるカードローンに関する注意点

総量規制対象外でも借りられるカードローンを利用する際には、以下の3つの点に注意する必要があります。

  • 銀行カードローンは総量規制を超えると借り換えが難しくなる
  • 消費者金融なら借り入れるチャンスがある
  • クレジットカードのキャッシングは総量規制が適用される

1つずつみていきます。

そして、ここからはカードローンと消費者金融を区別するために、カードローンを銀行カードローンという呼び方で解説を進めていきます。

銀行カードローンは総量規制を超えると借り換えが難しくなる

銀行のカードローンは総量規制を超えてしまうと借り換えが難しくなる場合があります。

消費者金融のおまとめローンは消費者金融のみを借り換えの対象としているところが多く、消費者金融での借り換えのみを対象としています。

消費者金融でも借り換えができるのは銀行傘下に入っている消費者金融だけです。

そして、消費者金融同士の借り換えがしやすいということを加味すると、「銀行のカードローンから銀行のカードローンへの借り換え」にはあまり大きなメリットはないということがわかります。

借り換え自体はできますが、銀行カードローン同士の借り換えに強いこだわりでもない限りは、消費者金融に流れていったほうがうまく立ち回りやすいです。

消費者金融なら借り入れるチャンスがある

銀行カードローンでの総量規制を超えた借り入れが認められない場合でも、消費者金融であれば借り入れられるチャンスがあります。

実際、カードローンと消費者金融とでは実績の大きさが異なり、消費者金融はあらゆる目的での借り入れ対応や返済状況などの過去のデータが豊富で、昔から消費者金融はお金が借りやすい傾向にありました。

法律やルールで定めたりしない限りは、過去に融資を認めた条件と同じなら差異を生まないために貸し出してくれやすいので、銀行カードローンでは認めてもらえなくても、消費者金融なら認めてもらえるということも少なからずあります。

銀行カードローンはやや厳格な姿勢で対応するところが多い傾向なので、それでも銀行カードローンの方がリーチしやすいという場合に銀行カードローンを利用するようにしてみてください。

クレジットカードのキャッシングは総量規制が適用される

中には、総量規制対象外の目的に該当しない目的で、総量規制を気にせずにお金を借りようとして、クレジットカードのキャッシング機能を利用する方がいます。

しかし、クレジットカードのキャッシングも総量規制が適用されるので注意が必要です。

クレジットカードのキャッシングは事前に審査を済ませていればいつでも審査なしに借り入れられる仕組みとなっています。

それでも借り入れられるからといって総量規制が適用されないわけではありません。

銀行カードローンや消費者金融での借り入れをしている方は、借り入れ残高を意識していないとクレジットカードのキャッシングによって総量規制を超えていたということが起こり得るので、念入りにチェックする意識を持つようにしましょう。

総量規制対象外となるカードローン7選

総量規制対象外のカードローンで借りたい方は、以下の4つの方法を利用するのがベストです。

  • おまとめローンを利用する
  • 住宅ローンや自動車ローンを利用する
  • 賃金業者に該当しない銀行のカードローンを利用する
  • 事業目的で利用する

それらを踏まると、以下の7つのカードローンの利用がおすすめです。

  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • アイフルビジネスファイナンス
  • ライフティ
  • フクホー
  • アロー

1つずつ特徴をみていきます。

アイフル

おまとめローン
住宅ローン、自動車ローン ×
賃金業者に該当するか
事業目的での利用 ×
貸付利率 3.0%~17.5%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~800万円
返済方式 元利定額返済方式
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)

アイフルは消費者金融で有名なところの1つで、「おまとめMAX」や「かりかえMAX」といった色々な形でサービスを展開しています。

どんな内容でも最短30分の即日融資に対応していて、借り入れに対して不安に感じている方に向けてLINEのチャットで気軽に相談しやすい仕組みが作られています。

ただ、アイフルは消費者金融の中でも銀行傘下にない独立系なので、銀行カードローンとどちらがいいのかを判断してから視野に入れてみてください。

ちなみに、事業者用のローンと不動産担保のローンはそれぞれ別のところでサービスを展開しています。

プロミス

おまとめローン
住宅ローン、自動車ローン ×
賃金業者に該当するか
事業目的での利用
貸付利率 4.5%~17.8%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~500万円
返済方式 元利定額返済方式
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)

プロミスは「安心・便利・早い」をキャッチコピーとしている消費者金融で、Web完結・カードレスの仕組みに対応しています。

初回利用者については利用から30日間は利息が0円で、ちょっとだけお金を借りたいという方にとってかなり使いやすいサービスとなっています。

しかし、利率はそこまで安いとはいえず、借り入れの上限はアイフルほど高くはない点はしっかり押さえておきましょう。

ちなみに、三井住友銀行で知られるSMBCグループの傘下にあるので、銀行カードローンからの借り換えにも対応しています。

アコム

おまとめローン
住宅ローン、自動車ローン ×
賃金業者に該当するか
事業目的での利用
貸付利率 3.0%~18.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~800万円
返済方式 元利定額返済方式
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)

アコムはアイフル・プロミスに続く3つ目の人気の高い消費者金融で、かつプロミス同様に銀行傘下の消費者金融です。

アコムは審査スピードの速さに優れていて、年齢と年収、カードローン他社借り入れ状況の3つを入力すればものの3秒で診断ができ、本審査も最短30分で完了できるという特徴が見られます。

そのため、急いでお金が欲しいという方におすすめです。

ただ、他の2つより少し金利の上下幅が広いため、500万円以上の大きな額を借りる方にとっては金利が安くなって使いやすいのですが、少額のみ借りる方にとっては金利が高くなってやや不便だといえます。

一長一短な部分をどう考えるかで良し悪しが変わってきます。

アイフルビジネスファイナンス

おまとめローン ×
住宅ローン、自動車ローン ×
賃金業者に該当するか
事業目的での利用
貸付利率 3.1%~18.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~1,000万円
返済方式 元利定額返済方式
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)

アイフルビジネスはアイフルの事業者向けのビジネスローンを提供していて、原則無担保・無保証で自由に借り入れることができます。

年会費や保証料は無料で、使用用途も事業資金の範囲内なら自由に使っていいという使い勝手の良さがあります。

個人向けの消費者金融のように即日融資とまではいかないものの、翌日には1,000万円であっても融資してもらえます。

事業規模によっては1,000万円では足りないという場合もあると思われますが、そういった場合は複数社で借り入れるしかありません。

その点に注意してください。

ライフティ

おまとめローン
住宅ローン、自動車ローン ×
賃金業者に該当するか
事業目的での利用 ×
貸付利率 8.0%~20.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~500万円
返済方式 元金自由返済方式または元利定額返済方式
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)

ライフティは個人向けに展開している消費者金融サービスで、初めての利用で35日間利息0円で利用できたり、0.3秒で借入の診断ができたりする利便性に優れた消費者金融です。

個人向けなので事業目的で利用することはできませんが、カードレスでやり取りが完結するというのもあり、始めやすさや使いやすさにかなり長けています。

ただ、利率が大手消費者金融と比べるとやや高めな部分は気になるところです。

また、大手の消費者金融は他人に内緒で借りれるところが多いですが、ライフティでは自宅や職場に連絡が入ってしまう可能性もある点についてよく考えた上で利用するかどうか判断するようにしましょう。

フクホー

おまとめローン
住宅ローン、自動車ローン ×
賃金業者に該当するか
事業目的での利用 ×
貸付利率 7.3%~20.0%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~500万円
返済方式 元金自由返済方式または元利定額返済方式
返済期間及び返済回数 最長5年(60回)

フクホーは審査が通りやすく、安心安全に利用できる個人向け中小消費者金融の1つです。

フクホーは金融事故がある場合でも借りられるという審査の通りやすさがあります。

かといって闇金というわけではなく、収入の安定性に欠ける可能性があるという理由で、個人事業主には絶対に貸さないという方針を固めていて、それが経営不振にならない安心感として評価されています。

とはいえ、中小消費者金融の金利の高さはどうしても引っかかってしまう部分といえます。

アロー

おまとめローン
住宅ローン、自動車ローン ×
賃金業者に該当するか
事業目的での利用 ×
貸付利率 15.0%~19.94%(実質年率)
契約限度額又は貸付金額 1万円~200万円
返済方式 元利定額返済方式
返済期間及び返済回数 最長15年(180回)

アローはカードレスで全て完結する個人向け中小消費者金融の1つです。

返済期間が最長15年と時間をかけて無理のないペースで返済していけるのが特徴的です。

しかし、返済期間があまりに長くなってしまうと、それだけ金利がかかって総額費用が大きくなってしまいます。

そこに注意する必要があります。

それ以外の金利や借り入れ可能な上限額などは、他の中小消費者金融と比較しても条件はあまりよくないといえます。

そのため、ゆっくり返済をしていきたい方以外にはあまりおすすめはできません。

まとめ

総量規制が設けられたことで、それまで何も気にせずお金を借り続けて過ごしてきた人たちの動きを止めて、上限のある中で程よくお金を借りて様々なことに役立ててもらう仕組みに移り変わりました。

しかし、全ての利用目的に総量規制をかけてしまうと、どうしても私生活や仕事の中で大きな金額のかかる目的が果たせないということがわかり、それらを総量規制の例外として扱うようになりました。

総量規制の例外を設けたことで柔軟に借り入れがしやすくなりましたが、銀行カードローンで借りるのか消費者金融で借りるのかで借りやすさが変わってきたり、中小企業で借りるのか大手企業で借りるのかでも利便性はかなり変わってきます。

まずは自分の借り入れの目的が総量規制に引っかかるのかどうか、それからどこであれば自分にとって借り入れして返済しやすいのかを比較検討して借り入れ先を決めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です