専業主婦がお金を借りる。家族にバレない方法はある?

使途が自由であり、お手軽にお金を借りることができることで便利なカードローン。

ただお金を借りる目的が趣味や娯楽であったりする場合、なるべく夫や家族にバレずに借り入れしたいですよね?

そこでこの記事では、専業主婦がお金を借りるときに、できる限り家族に内緒で借り入れする方法や、おすすめのカードローンについて紹介していきますので、気になる方はぜひご覧ください!

専業主婦でもお金を借りることは可能?

専業主婦がお金を借りることは可能?

金融機関からお金を借りる際は審査というものがあります。これは主に申し込み者の収入などでその可否が決まるわけですが、専業主婦の場合はお金を借り入れすることができるのでしょうか?

結論からから言えば可能です。まったく収入がなくとも借り入れることができます。
ただし専業主婦の場合、すべての金融機関において融資を受けられるわけではありません。

専業主婦がお金を借りることができるのは、銀行カードローンのみになります。
ただ銀行カードローンとは言っても、その中には様々なものがあり、審査難易度もまた違っていたりします。

ここで審査難易度が高い金融機関に短期間のうちに申し込んですべて審査に落ちると、信用情報に傷がつきます。こうなると以後カードローンの申し込みをしても審査に受かりにくくなってしまうのです。

こうならないようにするためにも銀行カードローンを申し込む際は、専業主婦でも比較的容易に借りれそうなところを慎重に選ぶと良いでしょう。
なお、専業主婦向けの銀行カードローンについては、下記で詳しく紹介しています。

専業主婦の場合基本的に消費者金融での借り入れは難しい

専業主婦の場合、一部の銀行カードローンであればお金を借りることができますが、以下のような消費者金融カードローンでの借り入れはできません。

主な消費者金融カードローン

  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • レイクALS
  • SMBCモビット

消費者金融とは?
「賃金業法」と呼ばれる法律に則して貸し付けを行っている金融機関のこと。
銀行カードローンとは違い即日融資可能といったように融資スピードが速く、利便性に優れている。その反面金利が比較的高いのが特徴。

消費者金融カードローンは、銀行カードローンとは違い貸金業者なので、対象となる法律が「銀行法」ではなく「賃金業法」となります。

この「銀行法」と「賃金業法」の決定的な違いは、「総量規制」があるかないかという点です。
総量規制というのは、消費者を守るための法律で「年収の3分の1以上の貸し付けは原則として禁止」という規定です。

つまり消費者金融カードローンの場合、総量規制があることによりそもそも前提として契約者に収入があることが必須です。そのため収入がない専業主婦は消費者金融カードローンで借り入れできません。

ちなみに信販系カードローンも、消費者金融と同様に賃金業法の総量規制がかかるため、無収入の専業主婦は借り入れ不可となります。

場合によっては専業主婦でも消費者金融カードローンを利用できる

専業主婦は基本的に消費者金融カードローンで借入することができませんが、以下の場合であれば利用することが可能です。

  • 副業などで収入がある場合
  • 配偶者貸付を行っている消費者金融を利用する場合

副業などで収入がある場合

ネットショップ運営などといった副業で収入がある場合は、専業主婦であっても消費者金融カードローンでお金を借り入れすることができます。

このとき借り入れできる金額としては、総量規制により年収の3分の1までであればOKです。

配偶者貸付を行っている消費者金融を利用する場合

消費者金融の中には配偶者貸付を行っているところがあります。
配偶者貸付というのは、配偶者に年収がある場合に借り入れすることができる制度のことです。

この制度を利用できる消費者金融であれば、年収がない専業主婦であっても消費者金融カードローンでお金を借りることができます。

このとき借り入れできる金額としては、配偶者と合算した年収の3分の1までとなります。
ただしこの場合、配偶者の合意が必要になるので、「夫には内緒でお金を借りたい」という場合は注意が必要です。

専業主婦がお金を借りるときに家族にバレない方法はある?

収入がない専業主婦だけれども、夫や家族にはバレずにお金を借りたい方もいるでしょう。そういった誰にも知られずに融資を受ける方法はあるのでしょうか?

銀行カードローンであれば家族にバレずに借り入れ可能

銀行カードローンの場合は、専業主婦でも申し込みをした本人の名義で借り入れすることが可能です。また、配偶者の年収などの個人情報を提出する必要がなく、配偶者である夫の勤務地に在籍確認の連絡が来ることはありません。

連絡が来るのは自宅や自分の携帯電話になるため、バレずに借り入れすることができます。

利用するうえで家族にバレないようにするためのコツ

銀行カードローンは基本的に利用していることがバレにくいですが、どうしても内密にしたいのであれば、下記のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 家族にバレにくいカードローンを選ぶ
  • 郵送物は自分で受け取る
  • ローンカードを見られないようにする
  • 返済は遅れないように心がける

家族にバレにくいカードローンを選ぶ

銀行カードローンを家族にバレずに利用するうえでまず気を付けておきたいのが、「家族にバレにくい銀行カードローン」を選ぶことです。

「ネット銀行系のカードローン」であれば、申し込み~借り入れまですべてWEB上で完結するため、カードローンを利用していることが気づかれにくいです。

その中でも下記のネット銀行系のカードローンは、郵送物なしで契約できるので、内緒で借り入れしたい場合には大変おすすめです。

  • イオン銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン
  • PayPay銀行カードローン

そのため「とにかくカードローンを利用しているのが知られたくない!」というのであれば、上記のようなネット銀行系のカードローンを選ぶようにすると良いでしょう。

郵送物は自分で受け取る

カードローンを契約したら、ローンカードが自宅に郵送されてきます。
この郵送物はローンカードとは分からないように配慮されていますが、もし確実に家族にバレたくないようであれば、郵送物を自分で受け取るようにするか、「イオン銀行カードローン」などの郵送物なしで契約できるカードローンを利用すると良いでしょう。

ローンカードを見られないようにする

銀行カードローンを家族にバレずに利用するうえでまず気を付けておきたいのが、通帳やローンカードの扱いについてです。これらを見られてしまうと、カードローンでお金を借りていることが知られるため、なるべく厳重に保管しておきたいところです。

返済は延滞しないように心がける

カードローンの返済が遅れてしまうと、その会社から電話が来ます。最初は本人の携帯・スマホの方へ催促の連絡が来るわけですが、ここで電話に出なければ自宅の固定電話や配偶者の勤務先にまで電話連絡が来ます。

こうなるとカードローンの利用がバレてしまうでしょう。また、家族にも迷惑をかけることになりかねないので、支払いの延滞だけは絶対に避けたいところです。

家族にバレない!専業主婦向けおすすめのカードローン

専業主婦におすすめのカードローン

上でも説明した通り、家族に内緒で借り入れしたいのであれば、申し込みから融資を受けるまですべてネット上で完結する「ネット銀行系のカードローン」が向いています。

ここからはそのような、専業主婦向けのおすすめの銀行カードローンを紹介していきたいと思います。

イオン銀行カードローン

基本情報 詳細
金利(実質年率) 3.8~13.8%
利用限度額 50万円(専業主婦の場合)
融資スピード 最短5日
借り入れ条件 ・満20歳以上、満65歳未満
・本人に収入のない場合、配偶者に安定した収入がある
WEB完結
カードレス

家族にバレたくない専業主婦向けの銀行カードローンとしてまずおすすめなのが、イオン銀行カードローンです。

このカードローンでは、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも審査に通りやすく、申し込みから借り入れまでWEBで完結するため内緒で利用しやすいのがメリット。

また、金利に関しては、銀行カードローンの中でもかなり安い部類に入るので、返済もしやすいでしょう。限度額に関しても専業主婦が使えるカードローンの中では50万円というように比較的高いのもポイントです。

イオン銀行カードローンの特徴・おすすめポイント

  • 金利が最低クラスに低い
  • 限度額が比較的高い

セブン銀行カードローン

基本情報 詳細
金利(実質年率) 15.0%
利用限度額 10/30/50万円
融資スピード 最短2日
借り入れ条件 ・満20歳以上満70歳未満
・セブン銀行口座を持っている
・本人に収入のない場合、配偶者に安定した収入がある
WEB完結
カードレス

セブン銀行カードローンも比較的審査が緩く、専業主婦でも借り入れすることができたということで人気のカードローンです。ここも配偶者に安定した収入さえあれば審査に通ると評判ですね。

申し込み時はスマホからアプリを使うだけで契約でき、郵送物なしで利用できるので、お金を借ることが誰かに知られる可能性も低いでしょう。

借り入れ・返済をする際は、最大手のコンビニであるセブンイレブンなどにあるセブン銀行ATMからATM手数料・返済手数料で行えます。もちろんネットバンキングでの利用も可能。

1000円単位で借りれるので、気軽に利用できるでしょう。

なお、利用限度額は10/30/50万円から選ぶことができ、その限度額に応じて審査難易度が変わります。確実に受かりたければ希望限度額を低めにすると良いでしょう。

セブン銀行カードローンの特徴・おすすめポイント

  • 全国のセブン銀行ATMでATM手数料・返済手数料で利用可能
  • 利用限度額を選べるので低い額を選ぶなりすれば審査に通りやすい

PayPay銀行カードローン(ネットキャッシング)

基本情報 詳細
金利(実質年率) 1.59~18.0%
利用限度額 10~1,000万円
融資スピード 最短翌日
借り入れ条件 ・満20歳以上、満65歳未満
・本人に収入のない場合、配偶者に安定した収入がある
WEB完結
カードレス

PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)カードローン(ネットキャッシング) も、パソコンやスマホからWEB上で申し込み~借り入れまで完結して行えます。

PayPay銀行のネットキャッシングの最大の特徴は、初回利用であれば最初の30日間は無利息で利用できるという点です。申し込みから融資までも最短翌日とスピーディなのもメリット。

また、キャッシュカード機能が一体となっているため、普通預金口座の残高が足りない時は自動で借り入れできたりします。これにより、給料日前でも残高を気にせずにショッピングを楽しむことが可能に。

返済日は自由に選べるので、余裕がある時は追加で返済したりといった使い方ができますよ。

ただし100万円未満の借り入れ時には、金利が18.0%とカードローンの中では高いのが少々ネックです。

30日以内に完済できそうな場合や、直ちに借り入れしたい場合におすすめです。

PayPay銀行カードローン(ネットキャッシング)の特徴・おすすめポイント

  • 最初の30日間は無利息で利用できる
  • 融資スピードが速い
  • 預金残高が足りない場合は自動で借り入れ可能
  • 返済日を自由に選べる

新生銀行スマートカードローン プラス

基本情報 詳細
金利(実質年率) 4.5%~14.8%
利用限度額 最大500万円
融資スピード 最短翌営業日
借り入れ条件 ・満20歳以上、満70歳未満
・本人に収入のない場合、配偶者に安定した収入がある
WEB完結
カードレス 〇(新生銀行の口座を開設している場合)

新生銀行スマートカードローン プラスも、スマホなどからWEB完結で申し込み~借り入れ可能なカードローンです。

利用するにあたり、新生銀行の口座を持っている必要がありませんし、17:00までに契約手続きを完了させていれば最短翌営業日に融資を受けることができるというように利便性に優れています。

ただし新生銀行の口座がない場合は、自宅にローンカードが送られます。そのため、家族にバレたくないのであれば新生銀行の口座を開設し、「新生パワーダイレクト」を利用できるようにしておくと良いでしょう。

新生銀行スマートカードローン プラスの特徴・おすすめポイント

  • 新生銀行口座を持っていなくても申し込みできる(利用がバレたくない場合は口座開設推奨)
  • 新生銀行ネットバンクを利用することでカードレスで契約&利用可能
  • 融資スピードが速い

少しでも収入がある専業主婦におすすめのカードローン

ネットショップ運営などで毎月少しでも安定した収入があり、「内緒でお金を借りたい」「即日で融資を受けたい」といった場合であれば、少々金利は高くつきますが下記の消費者金融系カードローンが便利でおすすめです。

  • SMBCモビット
  • プロミスのアプリローン

SMBCモビット

基本情報 詳細
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
融資スピード 最短即日
借り入れ条件 ・満年齢20才~69才で安定した収入がある場合
WEB完結
カードレス

「とにかく家族にバレずに借り入れしたい」のであればSMBCモビットがおすすめです。
SMBCモビットなら、WEB完結で申し込みをすることで、自宅に郵送物が届くことなく借り入れすることができるので、身内にも内緒で利用しやすいでしょう。

ただ、他の消費者金融カードローンのように、30日間無利息といたキャンペーンはありません。その代わり「返済した分の利息でTポイントが貯まる」という特典があるので、これによりお得利用できたりします。

消費者金融カードローンなので銀行カードローンと比べて金利が高いですが、即日融資が可能なことや返済日が5日、15日、25日、末日から選べたりと使い勝手が良いのがメリットです。

SMBCモビットの特徴・おすすめポイント

  • 即日融資可能
  • 返済した分の利息でTポイントが貯まる
  • 返済日を5日、15日、25日、末日から都合に合わせて選べる

プロミスのアプリローン

基本情報 詳細
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
利用限度額 最大500万円
融資スピード 最短即日
借り入れ条件 年齢20才~69才で安定した収入がある場合
WEB完結
カードレス

プロミスのアプリローンは、専用アプリをダウンロードするだけでお金を借りることができるキャッシングサービスです。
SMBCモビットと同様に、郵送物なし&カードレスでATMで借り入れ・返済することができるため、家族にバレずに融資を受けることができるでしょう。

また、プロミスのアプリローンの場合は、30日間無利息キャンペーンというものが実施されており、初回利用から30日間は利息なしで利用可能です。

その他スマホ画面を見せるだけで対象店舗で割引が適用される「アプリdeクーポン」により、お得に買い物がすることもできます。ちなみにスマホ画面には「プロミス」の表示はないので安心して利用することができますよ。

プロミスのアプリローンの特徴・おすすめポイント

  • 即日融資可能
  • 最初の30日間は無利息で利用できる
  • プロミス会員優待サービス「アプリdeクーポン」が使える
  • 返済日を5日、15日、25日、末日から都合に合わせて選べる

地方銀行カードローン

専業主婦は、ネットバンクの他にも地方銀行のカードローンで借り入れすることができます。「郵送物はさほど気にしなくて良い」というのであれば、地方銀行のカードローンを利用するのも手です。

なお、専業主婦でも借り入れ可能な地方銀行カードローンは下記の通りです。

銀行名 WEB完結 金利 限度額 審査時間 全国対応
北海道銀行カードローン 1.9%~14.95% 800万円 最短翌日 ×
青森銀行カードローン 2.4%~14.5% 1,000万円 2~3営業日 ×
みちのく銀行カードローン 4.9%~14.0% 500万円 2~3営業日 ×
秋田銀行カードローン 5.8%~14.8% 500万円 最短翌日
北都銀行カードローン 6.5%~14.6% 10万円 3~4営業日 ×
荘内銀行カードローン 3.5%~14.6% 50万円 最短2営業日
山形銀行カードローン 4.5%~14.6% 500万円 最短2営業日 ×
岩手銀行カードローン 1.8%~14.6% 1,000万円 最短翌日 ×
東北銀行カードローン 4.8%~14.0% 500万円 10日以上 ×
北日本銀行カードローン 3.0%~14.8% 500万円 最短翌日
常陽銀行カードローン 2.5%~14.8% 800万円 最短翌日
山梨中央銀行カードローン 5.0%~13.5% 40万円 4営業日以内
富士山第一銀行カードローン 13.8% 30万円 3~4営業日
静岡銀行カードローン 4.0%~14.5% 50万円 最短翌日
大垣共立銀行カードローン 4.5%~12.0% 1,000万円 最短翌日
南都銀行カードローン 14.95% 300万円 最短翌日
広島銀行カードローン 14.6% 1,000万円 3~4営業日
伊予銀行カードローン 2.0%~14.5% 1,000万円 最短翌日
愛媛銀行カードローン 4.4%~14.6% 50万円 最短翌日
高知銀行カードローン 4.8%~14.5% 500万円 最短翌日 ×
西日本シティ銀行カードローン 西日本シティ銀行カードローン 300万円 最短翌日 ×

WEB完結で契約する場合、大抵その銀行の口座を開設する必要があります。
こうした地方銀行の口座を持っているのであれば、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか?

専業主婦がカードローンを利用するときの注意点

専業主婦がカードローンを利用するときには、主に下記の点に注意しておきたいところです。

  • 利用限度額が希望よりも低めに設定される
  • 基本的に即日での借り入れができない
  • 支払いを延滞すると家族にバレる
  • 何回も審査に落ちると信用情報に傷が付く

利用限度額が希望よりも低めに設定される

専業主婦の場合は、利用限度額が低めに設定されます。
配偶者の年収を問わず限度額が小さいので、希望する借入額が大きい場合は注意が必要です。

基本的に即日での借り入れができない

専業主婦は、安定した収入がない限りは基本的に銀行カードローンでしか借り入れできません。そして銀行カードローンは即日融資に対応していないので、基本的に即日での借り入れができません。

支払いを延滞すると家族にバレる

支払いを延滞してしまうと、その金融機関から催促の電話がかかります。このとき直ちに応じなければ固定電話や夫の勤務先に連絡が来るようになるため、借り入れしていることがバレてしまいます。

カードローンを利用していることを知られたくなければ、くれぐれも返済期日は遵守するようにしましょう。

何回も審査に落ちると信用情報に傷が付く

専業主婦の場合は、利用限度額が低めに設定されるため、大きな額を借り入れしたいなどの場合は、複数社から申し込みを行うことになるでしょう。

しかし同じような時期に何回もカードローンの審査に落ちてしまうと、信用情報に傷が付きます。こうなると他の金融機関でもますます借り入れすることが難しくなってしまいます。

そのため、カードローンに申し込む際は、専業主婦でも借り入れできそうな金融機関を選ぶようにしておきましょう。こうした金融機関は、カードローンであればイオン銀行などのネット銀行や地方銀行があります。

カードローンを利用する前に知っておきたい審査で受かるためのポイント

カードローンの審査で受かるためのポイントとしては、主に「申込内容に不備がないこと」「他社での借り入れがないこと」や「他社での支払いを延滞していないこと」が挙げられます。

カードローンの審査で受かりたいのであれば、申し込み内容に不備がないかどうかをしっかり確認し、現在借り入れしているところがあれば、まずはそこで完済してから新たなカードローンを申し込むようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です