司法書士穗の口コミと評判。費用や営業時間も調査

借金の返済にお困りでいつまで経っても完済というゴールが見えないという場合には、法律のプロに相談をして債務整理をするのがおすすめです。

現実的に完済が困難な債務を抱えている場合には、債務整理を行って債務額を減額したり、月々の返済額を減らしたりすることで、負担を軽減し、現実的な完済プランも立てることができるでしょう。

また、高い金利で利息を払いすぎていた方の場合は、過払金の請求が可能になるので、こういった場合にも法律のプロに相談してみるのがおすすめです。

しかし、債務整理はそう何度もやる機会があるわけではないため、どこに依頼すればいいか迷ってしまいますよね。

依頼費用がどれぐらいなのかもイメージしにくいですし、弁護士や司法書士の違いといった部分でも曖昧になっています。

どのサービスも似たり寄ったりに見えてくるため、利用者のリアルな口コミを参考にしながら選んでいくのがいいでしょう。

そこで今回は司法書士穂の口コミや評判について紹介していきます。

債務整理にかかる費用や手続きの流れ、細かい疑問などにも答えているので、是非参考にしてみてください。

1.司法書士穗の基本情報

司法書士穗の基本情報

では、まず最初に司法書士穂の基本情報をまとめていきます。

以下の表をご覧ください。

会社名 司法書士法人 穂
住所 〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
アクセス 東池袋駅から徒歩1分
代表 山中 健太郎
電話番号 0120-990-140
FAX 03-6745-1215

次に、以下の3つの項目に分けて、司法書士穂の細かい内容を解説していきます。

  • ①取扱業務
  • ②各オフィスについて
  • ③所属司法書士一覧

それぞれの項目を把握しながらどのような司法書士事務所なのかみていきましょう。

①取扱業務

司法書士穂では、以下の業務を取り扱っています。

  • 不動産登記
  • 商業登記・法律法務
  • 相続
  • 債務整理

弁護士事務所ではないため、扱う業務の範囲はそこまで広いわけではありませんが、その分、各分野にリソースを集中して、スピード感のある手続きで的確な問題解決を行ってくれるでしょう。

②各オフィスについて

司法書士穂のオフィス情報について以下にまとめておきます。

事務所名 司法書士法人 穂
所属弁護士会 東京司法書士会
所長 山中 健太郎
電話番号 0120-990-140
FAX番号 03-6745-1215
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル6階
アクセス 東池袋駅から徒歩1分

事務所は東京のみにしかありませんが、債務整理の相談や電話やメールで行えますし、オンラインによる面談も可能なので、場所に関係なく依頼することができるでしょう。

③所属司法書士一覧

司法書士穂に所属している司法書士の方を紹介します。

公式サイトで紹介されている司法書士の方は以下の通りです。

弁護士名 所属司法書士会 主な実績
山中 健太郎 東京司法書士会
  • 2019年5月30日
    「地域で考える終活~きっかけとしてのエンディングノート~」
  • 2019年9月28日
    「おひとりさまの勉強会~きっかけとしてのエンディングノート~」
  • 2019年11月16日
    「おひとりさまの勉強会~きっかけとしてのエンディングノート~」

2.司法書士穗の口コミ・評判

司法書士穗の口コミ・評判

次に、司法書士穂の口コミや評判を紹介していきます。

実際に司法書士穂を利用した方のリアルな声を参考にしながら、どういった点に優れていて、何が良くなかったのかなどを把握してみてください。

債務整理でかかった費用や手続きのスピード感、対応の丁寧さなど、サービス全体を通じて司法書士穂の評価を見ていきましょう。

司法書士穂の良い評判・悪い評判について以下のようになっています。

【良い評判】

  • 不安で大変な思いをしている中依頼をしたのですが、相談中ずっと自分に寄り添って話を聞いてくれたので嬉しかったです。依頼後も迅速かつ丁寧な対応をしてくれました。
  • 話しやすい先生でこちらの話をしっかりと聞いてくれる。駅近でアクセスが良い

【悪い評判】

  • スタッフの方によって対応にばらつきがあった
  • 電話中に他のスタッフの笑い声が聞こえて不快だった

実際に依頼した方の口コミを眺めてみると、真摯で丁寧な対応をしてくれたという声が数多く見られました。

一部ネガティブな口コミもありましたが、それでも良い評判が中心となっているので、安心して依頼することができるでしょう。

3.司法書士穗を利用するメリット

司法書士穗を利用するメリット

司法書士穂を利用するメリットとしては以下の4点が挙げられます。

  • ①借金問題に特化した専門チームがサポートしてくれる
  • ②交渉から和解まで全てを任せられる
  • ③相談だけなら無料でできる
  • ④女性専用の相談窓口が用意されている

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

①借金問題に特化した専門チームがサポートしてくれる

司法書士穂では、借金問題に特化したチームが在籍しているので、的確かつ迅速な対応によって利用者の借金問題を解決することができます。

金融機関との交渉や書類の作成など、自分1人ではまずできないような専門的な手続きについても全て任せることができますし、相談から解決まで一貫したサポートが受けられるのも魅力です。

利用者は基本的に自分の今現在の状況を伝えた上で、言われた書類を揃えるだけであとは全て司法書士穂におかませとなります。

債務整理にかかる負担は少なく済みますし、精神的にも追い詰められることがなくなるので、借金問題を確実に解決したいと思っているのであれば、司法書士穂に頼ってみるのがおすすめです。

②交渉から和解まで全てを任せられる

債務整理を行うためには債権者と直接交渉をして、金利を下げてもらったり、借金を1本にまとめて月々の返済負担を減らしたりといった対応を取ります。

こういった交渉は法的な手続きにも該当するため、素人が気軽にできるわけではありません。

基本的に債務整理は法律の専門家に依頼する形になるのですが、司法書士穂であれば債権者との交渉や和解に至るまで全てを任せることができます。

こちらの状況と希望を伝えれば、それに合わせて債権者と交渉を行ってくれますし、利用者はその間末だけで済みます。

もちろん全ての要望が通って、問題が解決するかどうかはケースバイケースですが、利用者側の負担を極力少なくした形で依頼ができます。

「債務整理って大変そう…」というイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、司法書士穂であれば最初から最後まで全てお任せで、債務整理を楽々とできてしまいます。

③相談だけなら無料でできる

債務整理の依頼をするときは、まず最初に相談を行って今の借金の状況や収入、資産などを伝えた上で、どういった解決先があるのかを明らかにしていきます。

司法書士穂では、上記の相談については全て無料で行えるため、気軽に頼ることができるでしょう。

「問い合わせたらお金払わなければならなくなる…」と思っている方もいるかもしれませんが、基本的に相談だけなら無料ですし、提示された解決策に納得がいかなければ、その場で断ってしまっても構いません。

借金問題で行き詰まっている場合には、とにかく法律のプロに相談をして、問題の解決が可能かどうか、可能としてどういった解決策があるのかを明らかにするだけでも有益です。

契約する/しないに関わらず相談だけなら無料なので、借金問題にお悩みの方は司法書士穂に相談をしてみてください。

④女性専用の相談窓口が用意されている

司法書士穂には、女性専用の借金の相談窓口が用意されています。

借金問題を抱えている人のうち、その半数が女性である中で司法書士穂では、女性の借金問題を専門に取り扱っています。

周囲にバレにくいノウハウも持っていますし、女性スタッフが対応してくれるので安心して依頼することもできます。

相談費用や初期費用が無料になっていますし、郵便物を局留めにしたり、電話番号を携帯電話で登録したりすることで、家族や友人などにバレる心配もありません。

女性の借金問題特有のデリケートな内容でも安心して依頼できますし、より細やかな対応によって的確な問題解決を行うことができるでしょう。

4.司法書士穗を利用する際のチェックポイント

司法書士穗を利用する際のチェックポイント

司法書士穂を利用する際にチェックしておくべきポイントについて解説してきます。

以下の3点について意識してみてください。

  • ①着手金・成功報酬をチェックする
  • ②相談内容を整理しておく
  • ③弁護士事務所と司法書士事務所の違いは?

では、それぞれのポイントについて詳しくみていきましょう。

ライズ法律事務所の口コミはこちら

①着手金・成功報酬をチェックする

債務整理を依頼する上でチェックしておくべきなのが「費用面」です。

費用には大きく分けて「着手金」「成功報酬」の2種類があり、それぞれの金額を確認しておく必要があります。

着手金は債務整理を行うにあたって債権者と交渉する場合など、業務に取り掛かった段階で発生する費用で、一般的には「1社◯◯円〜」といった形で表記されています。

成功報酬は債務整理によって債務が減額された場合や過払金の請求で戻ってきた金額のうち、一定の割合が請求されます。

債務整理を依頼する際には、着手金と成功報酬がそれぞれどれぐらいなのかを確認し、相談を行う際にも手続き内容に応じて具体的な金額を明らかにするようにしてください。

もし弁護士費用の方が高くなってしまう場合には、債務整理自体を考え直す必要があるかもしれないので注意してください。

②相談内容を整理しておく

債務整理にも任意整理から自己破産までさまざまな手続きが存在するので、より的確な解決先を導き出すためにも自身の状況を整理して話せるようにしておきましょう。

法的な用語を理解しておく必要はありませんが、借金の総額や返済期間、毎月の返済額や金利といった情報から自分の年収、手持ちの資産といったさまざまな情報を伝えることができれば、速やかに対処法を提示してくれるでしょう。

具体的な情報が不十分な中で解決策を見つけ出すのは困難なので、問い合わせをする前に簡単に相談内容をクリアにしておくのがおすすめです。

公式サイトから情報を入力するだけで過払金がいくら戻ってくるのかをシミュレーションするサービスもありますし、無料相談ができる事務所も多いので、それらを通じて相談内容を整理してみてください。

③弁護士事務所と司法書士事務所の違いは?

債務整理の依頼は主に「弁護士事務所」や「司法書士事務所」で行うことができます。

弁護士と司法書士はそれぞれ異なる資格なのですが、債務整理については以下のような違いがあります。

債務整理の内容 弁護士 司法書士
任意整理 ◯(訴額上限140万円まで)
個人再生 ×
自己破産 ×
過払金請求 ◯(訴額上限140万円まで)

このように個人再生や自己破産といった手続きを司法書士が行うことはできません。

さらに、任意整理や過払金請求に関しても、司法書士には訴額の上限が設定されています。

上記の違いを理解した上で自分の状況に合った方に依頼をしてみてください。

5.司法書士穗でできる債務整理の種類

司法書士穗でできる債務整理の種類

司法書士穂で依頼できる債務整理の種類は以下の2つです。

  • ①任意整理
  • ②過払い金返還請求

では、それぞれどのような手続きなのか見ていきましょう。

①任意整理

任意整理は、債権者との交渉を通じて、将来的な返済にかかる金利を減らしたり、借金を一本化するなどして利息を減らし、月々の返済額を減らすことで負担を軽減したりするという手続きです。

例えば、複数社から少額の借金をしている場合よりも、1社からまとめて借りる方が、借金の総額は同じでも金利を低く抑えられるため、返済総額を減らすことが可能です。

さらに、債権者と交渉を通じて金利を減らすことで、現実的な完済までのプランを立てることもできるでしょう。

借金の状況に応じて必要な解決策を行い、債権者と和解することで返済が行き詰まる状況を回避して、借金問題の解決につなげることができます。

②過払い金返還請求

過払い金請求は、消費者金融などに対して支払いすぎた利息の返還請求をするという手続きです。

法定金利よりも高い利率で借金をしていた場合に、規定よりも多く支払っていた利息を返してもらうことができます。

完済済みであっても過払金の請求は可能なので、過去に著しく高い金利で借金をしたことがある人は、過払金の返還請求でいくら戻ってくるのか相談してみてください。

6.司法書士穗で債務整理をすると費用はいくら?

司法書士穗で債務整理をすると費用はいくら?

司法書士穂で債務整理をした場合の費用を紹介していきます。

依頼内容に応じて着手金、成功報酬はそれぞれ以下の通りです。

依頼内容 着手金 成功報酬
任意整理 1業者あたり 22,000円~(税込) 減額報酬:債務を減額した額の11%相当額(税込)
個人再生
自己破産
完済過払い 無料 1業者あたりの成功報酬 22,000円 (税込)
過払金返還報酬:返還額の22%相当額(税込)。※訴訟の場合は27.5%相当額(税込)

着手金に関しては他の事務所よりも安い傾向にあると言えるでしょう。

成功報酬に関しては相場通りといった印象です。

司法書士穂に債務整理の依頼をする際は、参考にしてみてください。

7.司法書士穗で債務整理をするときの流れ

司法書士穗で債務整理をするときの流れ

司法書士穂で債務整理をするときの流れを解説していきます。

大まかな流れとしては以下のようになっています。

  1. 問い合わせ:電話またはメールにて現在の状況や、検討されているご依頼内容を伝える
  2. 委任契約:相談内容から解決方法を提案、費用の案内を行い納得したら契約を締結する
  3. 債権債務額の計算:各業者から取引履歴を取り寄せ、現在の債務額を法定利息に沿って再計算を行う
  4. 交渉開始:債権者と交渉を行う
  5. 和解締結:債権者との話がまとまったら和解書を作成して、和解を完了させる

もちろん依頼内容によって上記の手順が異なるケースもあります。

解決までの詳しい手順や手続きについては、無料でできる相談にて説明がされるので、気になる方は問い合わせてみてください。

8.司法書士穗に関するQ&A

司法書士穗に関するQ&A

司法書士穂を利用する上での疑問をまとめました。

気になる点がある人はこちらを参考にしてみてください。

①債務整理の依頼をすると取り立てはストップする?

債務整理の契約を締結すると、司法書士事務所から債権者に対して「受任通知」と呼ばれる書類が発送されます。

受任通知が送られると債権者は債務者に対して、それ以上の取り立てや督促ができなくなります。

そのため、債務整理の依頼をした段階で取り立てはストップします。

借金の返済についても一時的にストップできるので、弁護士費用の支払いをしたり、生活を再建したりすることもできるでしょう。

金融会社からのしつこい取り立てにお悩みの方についても、司法書士事務所に依頼をしてみるのがおすすめです。

②相談の受付窓口は?

相談の受付は電話またはメールにて行っています。

電話は「03−6891−0575」、メールについては公式サイト上にあるメールフォームから問い合わせが可能です。

また、女性専門の借金の相談窓口に関しては「0120−567−054」から問い合わせてください。

LINEによる相談にも対応しているので、気軽に頼ることができます。

③相談をする際には何を話せばいい?

債務整理の相談を行う際は、現在の状況や希望する依頼内容などを伝えてください。

具体的には、借金の総額や返済期間、毎月の返済額、金利といった債務の情報や、ご自身の年収や家や車といった資産に至るまで、細かい情報があるほど、より的確な解決策を提案することができます。

法律的な用語や手続きの内容を詳しく把握しておく必要はありません。

自分自身の置かれている状況を1つ1つ説明すれば、借金問題のプロが最適な解決策を導き出してくれます。

④司法書士に相談した方がいいケースは何?

弁護士と司法書士では、取扱うことができる業務に違いがあります。

債務整理の内容 弁護士 司法書士
任意整理 ◯(訴額上限140万円まで)
個人再生 ×
自己破産 ×
過払金請求 ◯(訴額上限140万円まで)

このような違いがあるため、司法書士に依頼する内容としては「任意整理」または「過払金請求」の2つと言えるでしょう。

さらに、訴額が140万円までという上限も設定されているので、比較的少額の依頼で司法書士に依頼するのがおすすめとなっています。

⑤債務整理をすると家族にバレる?

司法書士穂では、依頼内容が家族や職場にバレないような配慮を徹底しているので、債務整理の依頼をしたからといってすぐにバレるわけではありません。

送付される郵便物を局留めにしたり、登録する電話番号を固定電話ではなく携帯電話にすることで、家族にバレるのを回避することができるでしょう。

しかし、逆に登録番号が固定電話で司法書士事務所からかかってきた電話を家族が取ってしまうという可能性もあるので注意が必要です。

司法書士穂の女性専門の窓口では、家族や友人、職場に債務整理についてバレないための配慮を積極的に行っているので安心して依頼することができるでしょう。

⑥債務整理をした方がいいのはどんな人?

債務整理をした方がいいのは主に以下のような人です。

  • ①複数社から借金をしており残高がなかなか減らない人
  • ②金融会社から取り立てを受けている人
  • ③債務整理をしたいけど費用面が不安な人
  • ④過払金の請求がしたい人

少額の債務であれば、現実的に返済が可能と考えられますし、依頼費用を考慮してもわざわざ債務を整理する必要はないでしょう。

債務額が大きい人や金融機関からの取り立てにお悩みの人など、借金問題で行き詰まっている人ほど、債務整理の依頼がおすすめです。

⑦依頼費用が払えるか不安…

確かに債務整理の依頼をすると、10万円単位の費用がかかるケースも珍しくないため、依頼費用が支払えるか心配になっている人も多いでしょう。

弁護士・司法書士事務所では、依頼費用を分割で支払えるサービスも提供していますし、債務整理の依頼をしている間は債務の返済が一時的にストップされるため、その分のお金を依頼費用に充てることもできます。

また、成功報酬に関しては戻ってきた金額や減らせた債務額の一部を支払う形になるため、デメリットがメリットを上回ることはないでしょう。

着手金の金額を必ずチェックした上で、相談を通じて依頼費用と債務整理によって得られるメリットを比較してみてください。

⑧債務整理をするデメリットは?

債務整理の手続き内容によっても異なりますが、司法書士に依頼をして債務を整理すると以下のようなデメリットが発生します。

  • 新たな借入ができない
  • クレジットカードが発行できない
  • 住宅ローンが組めない

債務整理をすると信用情報機関に履歴が保存されてしまい、新たにローンを組むときやクレジットカードを発行するときの審査に落ちる原因になってしまいます。

生活内でさまざまな制約が課せられるので、これらのことを頭に入れた上で債務整理を依頼するようにしてください。

ただし、上記の信用情報は3~5年といった期間しか保存されないため、債務整理後に健全な生活を送っていれば、元に戻すことが可能です。

⑨債務整理の対象にならない借金ってある?

債務整理の対象外になる債務については、さまざまな種類があります。

例えば、金利の低いタイプの債務については、それ以上金利を下げることができないため、任意整理を行うことができません。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 奨学金

その他にも、税金や社会保険料といった公的な性質の高い債務についても、債務整理の対象外になっています。

また、非免責債権に該当する債務についても債務整理の対象外となっているので注意してください。

  • 損害賠償
  • 婚姻費用
  • 養育費
  • 罰金

自身の債務がどれに該当するのかを把握した上で、債務整理ができるかどうかを判断して、相談・依頼をしてみるのがおすすめです。

全国の債務整理

北海道
札幌の債務整理

東北
岩手の債務整理
秋田の債務整理
青森の債務整理

関東
東京の債務整理
新宿の債務整理
渋谷の債務整理
横浜の債務整理
栃木の債務整理
茨城の債務整理
川崎の債務整理
群馬の債務整理

北陸・甲信越
山梨の債務整理
長野の債務整理

東海
名古屋の債務整理
静岡の債務整理
三重の債務整理
岐阜の債務整理

関西
大阪の債務整理
京都の債務整理
和歌山の債務整理

四国
高知の債務整理

中国
岡山の債務整理
島根の債務整理
広島の債務整理
鳥取の債務整理

九州・沖縄
沖縄の債務整理
佐賀の債務整理

お金を借りるおすすめの今すぐ即日で借りる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゆび
借金の減額診断についてはこちらad