生命保険でお金を借りる方法

生命保険でお金を借りる方法

 

お金を借りるというと、銀行や消費者金融をイメージしますが、実は、生命保険からお金を借りることができるケースがあります。

今回は、生命保険からお金借りる方法や制度についてご紹介したいと思います。

 

生命保険からお金を借りる制度は”契約者貸付”

生命保険からお金を借りる制度のことを「契約者貸付」といいます。

自分が書けている生命保険の積み立て金を担保にするような形でお金を融資して貰うというもので、生命保険に加入している人は利用できる制度です。

加入している生命保険には、自分が積み立てているお金を担保にするというものですが、すでに支払っているお金で将来的にいつかは受け取るお金を担保にしているということもあって、金利や審査面でメリットがある借り入れの方法です。

使用しやすいという面はありますが、制度があまり知られておらず、システムがちょっと複雑ではあるのですが、理解をした上で計画的に利用すれば、とてもいい制度でもあります。

お金が急に必要になることは誰にでも想定されることですから、覚えておいて損はないのが契約者貸付制度です。

契約者貸付制度とは

契約者貸付制度とは、生命保険を担保にしてお金を前借りするというものです。生命保険で満期時などに貰えるお金を「解約返戻金」というのですが、これを担保にして融資を受けるというものです。

この契約者貸付制度は、融資を受けても、保険が解約されないというのがポイントになります。生命保険を解約した場合は予定していた返戻率を下回ってしまう可能性もありますが、契約者貸付制度を利用した場合は返戻率はかわりませんし、特約などでつけている保証もそのまま継続されます。

「借りるくらいならいっそ、生命保険を解約すればいいじゃない」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、状況によっては返戻金を担保に融資を受けて、保険契約は継続していたほうが有利というケースもあります。生命保険を解約してしまうと、再加入がしにくくなったり返戻率が下がってしまうというリスクがありますが、契約者貸付制度ならそのリスクがないのです。

また、契約者貸付制度はすでに支払っているお金が担保ですので、審査がなく書類の用意などもシンプルなものが多くなっているので利用しやすいという点もあります。

貯蓄型の生命保険が対象

 

ここまで説明を聞いて「あっ」とおもった方もいらっしゃると思いますが、生命保険からお金借りる契約者貸付制度の対象は掛け捨て型ではなく貯蓄型・・・つまり積み立て型の生命保険に加入している場合です。

掛け捨て型の場合は解約返戻金がありませんので、契約者貸付制度の利用もできません。例えば、死亡保証をつけることが出来る都道府県民共済は掛け捨て型ですので、契約者貸付制度は利用できません。ですが、一般の生命保険会社の積み立て型の生命保険は、契約者貸付制度を利用することができるということになります。

すべての死亡保証に契約者貸付制度が利用できるわけではなく、あくまでも解約返戻金がある積み立て型の保険のみが対象ですので、覚えておきましょう。

 

即日で借りられる生命保険会社

銀行や消費者金融のカードローンの場合、条件はあるものの即日対応で融資を受けることができますが、生命保険からお金借りる契約者貸付制度でも、即日対応が可能な保険会社があります。

即日対応している保険会社で代表的なところは以下のとおり

明治安田生命 即日
大樹生命 即日
大同生命 即日
住友生命 即日 スミセイDSカードが必須
第一生命 即日 第一生命カードもしくは第一生命サービスパスポート必須

となってます。

他の大手生命保険会社は

オリックス生命 3営業日 ゆうちょ銀行に振り込む場合はプラス1営業日
日本生命 平日 8時~14時30分までは当日 14時31分以降は翌営業日
土日祝日は翌営業日
SOMPOひまわり生命 最短で2営業日
メットライフ 最短で3営業日
アクサ生命 最短で3営業日
アフラック 1週間程度

と、2~3営業日は必要なところがほとんどです。

保険会社ごとの貸付方法。電話?店舗?

契約者貸付制度を利用する場合には、どのように手続きを進めれば良いのでしょうか。まず、生命保険に個別の担当者がついているのであれば、担当者に電話などで問い合わせるのがオススメです。

また、インターネットや電話で申し込みができる保険会社もあれば、窓口のみという保険会社もあります。

そして、例え電話であっても契約者貸付制度は契約している本人しか申し込みができません。家族などでは申し込み不可ですので、注意してください。

アクサ生命 電話、インターネット
メットライフ生命 電話、インターネット
住友生命 電話、インターネット、提携ATM
オリックス生命 電話
あいおい生命 電話、代理店経由
明治安田生命 電話、窓口
かんぽ 郵便局窓口
SOMPOひまわり生命 電話
アフラック 電話
大樹生命 電話、提携ATM

生命保険の金利

生命保険からお金借りる契約者貸付制度は保険会社ごとに金利が異なります。

低金利が魅力の契約者貸付制度ですが、保険会社によってかなり金利が違うのでここもチェックしておきましょう。

メットライフ生命 1.0から6.25パーセント
アクサ生命 1.25から4パーセント
住友生命 1.55から5.75パーセント
三井住友海上あいおい生命 1.75から3.00パーセント
明治安田生命 2.15から5.75パーセント
かんぽ生命 2.25から6.36パーセント
SOMPOひまわり生命 2.75から3.75パーセント
アフラック 2.75から4パーセント
第一生命 3.0から5.75パーセント
大樹生命 3.0から5.75パーセント
日本生命 3.00から3.75パーセント

一番安いのが1パーセント、高くても7パーセントを超える金利はありませんので、銀行や消費者金融のカードローンよりかなり低金利といっていいでしょう。

契約者貸付制度とカードローンの違い

ではここで、契約者貸付制度とカードローンの違いを見て行きましょう。

まず、契約者貸付制度に関しては

  • 担保は解約返戻金
  • 低金利
  • 審査がない

です。

すでに支払っている積み立て金から支払われる解約返戻金を担保にするため、低金利で審査がなく所定の手続きさえ済ませれば借りることができるのが契約者貸付制度です。

契約者貸付制度そのものが保険会社の主な利益ではありませんので、低金利ですし、そもそもすでに支払っているお金ですから低金利になりますし、審査もありません。

一方でカードローンは

  • 担保はない
  • 金利は高め
  • 審査も厳しい

となります。

カードローンには担保がありませんので、金利が高く設定されていますし、審査も厳しいものになります。これは、貸金業者は営利目的でお金を貸しているというのも理由の一つですが、やはり不良債権になるリスクを軽減するために審査が厳しくなりますし、金利も高くなってしまうのです。

もちろん、違法な金利を課すことは出来ませんが、それでも上限ぎりぎりの金利を課すこともあるため、返済時に金利で大変・・・ということも起こりえます。

また、カードローンは借金ですが、契約者貸付制度についてはすでに積み立てているお金がそこにあるわけですから、借金ではあるものの自分が将来貰えるお金を前借りしているというのが正しい表現となるでしょう。

契約者貸付制度にもそして、銀行や消費者金融のカードローンにもそれぞれのメリットとデメリットがありますが、もし、契約者貸付制度を利用できる生命保険があるのであれば、銀行や消費者金融より前に利用を検討してみてもいいでしょう。

生命保険の契約者貸付制度の流れ

生命保険からお金借りる”契約者貸付制度”ですが、利用する際の流れはどうなるのでしょうか。

まず、加入している生命保険に連絡をして「契約者貸付制度を利用したい」と伝えましょう。ここで、どのくらい借りられるのかなどが解ってくるはずです。

そして、申込書書類が届きますので、その書類に必要事項を記入して返送します。返送した書類に不備がなければ、お金が銀行口座に振り込まれることになります。

お金が振り込まれるのは最短だと当日(インターネットで申し込みしている場合など)です。

契約者貸付制度で借りることができる金額は解約返戻金の7~8割程度で、金利もかかります。

契約者貸付制度では、借り入れたお金の返済日は決まっていません。これは、契約者貸付制度で借りているお金はもともとは解約返戻金だからです。ただし、元金と利息が契約者貸付制度の融資額を超えた場合は、自動解約となってしまうので注意が必要です。

返済については、毎月の返済もできますし一括返済も可能です。このあたりの自由度の高さも契約者貸付制度の魅力です。

契約者貸付制度のメリットとデメリット

通常の融資やカードローンとはまったく違う契約者貸付制度・・・ちょつとまだわかりにくい部分があると思いますので、ここで、メリットとデメリットをそれぞれ確認していきましょう。

メリット

まず、契約者貸付制度のメリットは

  • 低金利
  • 審査がない
  • 即日融資が可能なケースもある
  • 返済日が決まっていない
  • 生命保険を解約しなくていい
  • 無職でも学生でも本人なら借りられる
  • 返済できなくても信用情報機関に登録されない

です。

契約者貸付制度は低金利でお金借りられるのが最大のメリット。

銀行や消費者金融のカードローンが15パーセントから18パーセントという金利が多い中、契約者貸付制度は1パーセントから6パーセント程度の間というところが多く、金利がとても低く設定されています。

お金を借りるときには「貸してくれるなら金利なんて」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、金利はできれば安い方がいい出費です。特に、元金が大きい場合は、1パーセントの金利の差でも大きな金額になることもあります。契約者貸付制度は、銀行や消費者金融のカードローンなどより低金利ですので、余計な出費をせずにお金を用意することができる制度です。

そして、契約者貸付制度で返戻金を担保にお金借りても生命保険を解約しなくても良いので、生命保険の保証は受けられるという点もメリットですし、しっかり返済していけば、自動解約もなく、そして、返戻率が下がることもありません。

また、最近では、契約者貸付制度の申し込みをインターネットでできるというケースも多くなっています。そのような保険会社の契約者貸付制度では、即日融資も可能というケースがあります。当然、契約者本人が手続きをする必要がありますが、今すぐに必要!というニーズにも答えてくれるのです。

契約者貸付制度の場合、審査がなく申し込みをすれば解約返戻金の7~8割は借りることができるので、即日対応もできるんです。

そして、返済日が決まっていないので「いますぐにお金を返せない」という場合でも契約者貸付制度を利用できます。まとまったお金が必要だけど、返せるのは何ヶ月か先になりそう・・・という場合でも契約者貸付制度なら返済日が決まっていないので利用可能。

契約者貸付制度を利用しても生命保険が解約されるわけではないので、この点もメリットになります。

また、契約者貸付制度は審査がないので本人の収入などは一切関係なく「契約者本人」であれば制度を利用できます。無職でも学生でも関係なく、解約返済金の一部を契約者貸付制度で借りることができます。

契約者貸付制度の利用は信用情報機関に登録されませんし、万が一、返済できなくて自動解約になったとしても信用情報機関に登録されることがありません。

デメリット

メリットが多いように思える契約者貸付制度ですが、では、デメリットはあるのでしょうか。

  • 即日対応している保険会社が少ない
  • 自動解約になってしまうケース
  • 初回貸付金額があらかじめ設定されていることもある

です。

まず、メリットのところでご紹介した即日対応ですが、もちろん、対応している保険会社はあります。ですが、即日対応ができる保険会社がそれほど多くないのも現実で、申し込みから2営業日程度かかることも珍しくありません。

何週間もかかる・・・ということはほぼないでしょうが「いますぐに必要」というニーズにいつでも契約者貸付制度が答えてくれるかと言われるとまだまだ、対応が遅いところもあります。

そして、契約者貸付制度で借りたお金を返済できなくなった場合には生命保険が自動解約になったり、解約返済金が減額されたりすることがあります。コツコツと積み立ててきた返戻金が減ってしまったり、解約されてしまうことがあるのでこは要注意です。

最後に、返戻金の7~8割程度を借りられる契約者貸付制度ですが、初回の貸付の金額があらかじめ設定されているケースがあります。例えば、某生命保険会社では初回の借り入れ金額が5万円からとなっており、それ以下の少額の借り入れができないのです。

1万円とか2万円という単位でお金を用意したいという場合に、契約者貸付制度はちょっと利用しにくくなってしまいます。

 

契約者貸付制度が利用できないときは

生命保険からお金借りる契約者貸付制度は、低金利が魅力ではありますが、少額の借り入れができなかったり即日対応が難しいケースも出てきます。

また、掛け捨て型の生命保険しか入っていないという方もいらっしゃることでしょう。

そのような場合には、銀行や消費者金融のカードローン等を利用するのがオススメです。

契約者貸付制度と比較すると銀行や消費者金融のカードローンは金利が高いのですが、会社によって少額の借り入れの場合は一定期間無利息というサービスをしているころもあります。大手消費者金融では、初回の利用で30日間無利息というところもあります。

そして、銀行や消費者金融は最短でその場で融資ができる無人契約機などもありますし、少額の借り入れにも対応しています。契約者貸付制度はお金借りる制度として魅力がありますが、個別の事情に合っていない場合には、銀行や消費者金融のカードローンなどを美味く利用するというのも悪くない選択肢です。

銀行や消費者金融のカードローンでもケースによっては低金利になることもありますし、即日対応に関してはやはり銀行や消費者金融の方が現時点では便利さに利があります。

 

両方をうくま計画的に利用していくのもいいかもしれません。

まとめ

 

今回ご紹介したのは、生命保険がお金借りる”契約者貸付制度”です。契約者貸付制度は積み立て型の生命保険をかけている人が利用できる制度で、解約返戻金を担保にしてお金借りるというものです。低金利で返済日が決まっておらず、審査なしで借りることができるという便利な制度です。

対象になるのは、積み立て型の生命保険のみで、掛け捨て型の生命保険や入院保険などについている死亡補償などは対象ではありません。

自動解約のリスクなどもありますが、計画的に利用すればとてもいい制度です。積み立て型の生命保険をかけている人はいざというときに契約者貸付制度を利用できることを知っておいて損はなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です