浪人生がお金を借りる。教育ローン制度

浪人生がお金を借りる。教育ローン制度

浪人生がお金を借りる。教育ローン制度

浪人していてお金が必要・・・予備校の学費や交通費、受験料など出費がかさむこともありますよね。

浪人生がお金を借りるとき、どのような方法があるのでしょうか。

親や親戚から借りるという方法ももちろんありますが、銀行や消費者金融、そして、教育ローンを借りることはできるのでしょうか。

まず、浪人生でも条件を満たしていれば、お金借りることはできます。浪人生は、まず、未成年と20歳以上の場合で対応が分かれます。

未成年の場合は、銀行や消費者金融のローンの利用は難しいケースが多くなりますが、成人していてアルバイトをしている場合などは借りることができるカードローンなども増えてきます。

そして、教育資金の場合は国の教育ローンの利用もできます。

結論から申し上げると、未成年で予備校にも通っておらず、アルバイトもしてしないという浪人生の場合は、自分の名前でお金借りることはほぼ不可能です。

ですが、アルバイトをしていて安定した収入があれば、未成年でも申し込みができるローンは存在しています。もちろん、浪人生でも安定した収入があれば大丈夫。浪人生であることを審査で聞かれることはありませんので、扱いはフリーターということになります。

そして、予備校に通っている場合は国の教育ローンの利用もできますし、20歳以上でアルバイトなどをしていて安定した収入があれば、銀行や消費者金融のカードローンの申し込みも可能になってきます。

いずれにしても、問題になるのは浪人生かどうかより、年齢や収入の状態、そして、予備校に通っているかです。

まず、成人と未成年では法的な扱いが全く異なりますし、アルバイトなどをしていて安定した収入も必須。そして、教育ローンは予備校の学費も対象になっているので予備校に通っていれば、授業料を国の教育ローンで借り入れができます。

つまり、何もない状態でお金借りることはできませんが、条件がそろっていれば、浪人生でもお金借りることができるケースはあります。

浪人生は本人がお金を借りられるのか?

浪人生とはいえども、お金は必要。進学にもそして、予備校にもお金がかかりますよね。

予備校の授業料は決して安くありませんし、受験料も高額です。浪人生ですからアルバイトばかりしているというわけにも行きませんし、どうやって費用を捻出するかにあたまを悩ませているという人も多いのではないでしょうか。

まず、浪人生が自分の予備校の学費や進学の費用などを借り入れしたいという場合には、国の教育ローンという選択肢があります。

浪人生がお金を借りるときに真っ先におすすめされることが多いんですが、これ、政策金融公庫の教育一般貸付といいます。とても、金利が低く就学支援が目的なので利用しやすいローンですが、実は、浪人生本人が借りるのは難しいと言わざるを得ません。

もちろん、浪人生でも自立しているという人もいますし、アルバイトをしながら受験しているという人もいますが、このような場合でも本人名義での契約は困難といわれています。

ですので、多くの場合、親名義で借りてもらうことになるでしょう。

ですが、もちろん本人だと申し込みができないというわけではありませ。本人が借りられる可能性があるケースとしては

  • 成人していること
  • 安定収入があること
  • 独立生計をしていること

のすべてを満たしている場合のみとなっています。

浪人生は、未成年の方も多いですし、未成年の場合は政策金融公庫の教育一般貸付はもちろん、銀行や消費者金融のカードローンもクレジットカードの契約も難しいのが現状です。

ですので、原則として浪人生が自分の名義でお金を借りるのは、決して簡単ではないのです。

 

それは政策金融公庫の貸付制度でも同じ。親の名義で借りて後で自分で返済していくという方法をとるのか最も融資を受けやすいほうほうです。

とは言う者の、親がこの制度の利用に協力してくれなければならないので「無理だ」というケースもあるでしょう。たもちろん、条件はありますが、浪人生は絶対にお金借りることができない・・・というわけではありません。例えば、成人していてアルバイトをしている場合などは借りられるローンは増えてきます。

国の教育ローン

浪人生が進学のためにお金を借りるという場合に利用できるのが、国の教育ローンです。

国の教育ローンは、一般の銀行ではなく政策金融公庫という銀行で受け付けています。政策金融公庫・・・聞いたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。ここは、営利を目的とした普通の銀行とはちょっと性質がことなる特殊な融資をしている銀行です。

教育ローンの他に、事業資金や最近では新型コロナウイルス感染症の支援の融資などもしていて、全体的に金利などの面でとても有利です。

お金を借りるというと、ぱっと思い浮かぶのが、銀行や消費者金融のカードローンという方も多いでしょう。このような営利目的の融資は、有名タレントを起用しコマーシャルをバンバンしていて、とても知名度も高いですよね。なんとなく明るい雰囲気でコマーシャルしていますし、審査も「大丈夫なのでは?」と思ってしまいますが、貸金業法の制限もありますし、審査も厳しく行われています。

そして、営利目的ですので、金利は法定金利の上限に近いことも多く高めに設定されています。ですので、収入がない浪人生はまず、審査をパスできません。そして、限度額も低いため、教育資金の借り入れには向いていません。

ですので、やはり少しでも有利にお金を借りることができる国の教育ローンが選択肢の第1候補といってもいいでしょう。

「だけど、浪人生でもいいの?」と思うかもしれません。実は、浪人生でも予備校に通っている場合は、国の教育ローンで予備校の費用も借り入れが可能となります。もちろん、大学への進学費用にもあてることができます。

一般的な銀行にも教育ローンはありますが、予備校が対象になっていないこともありますが、国の教育ローンは予備校も対象。つまり浪人生でも予備校に通っていれば、借り入れ可能です。

日本政策金融公庫が融資する教育ローンは営利が目的ではないため、金利が低く有利です。年間50万円以上のお金がかかる予備校の学費の支払いにも使えてとても便利です。

ですが、先ほども申し上げましたが、政策金融公庫の貸付制度は、本人名義では借り入れが難しいので、保護者の方にお願いして代わりに借りてもらうのが前提となります。

 

政策金融公庫の教育一般貸付

浪人生がお金借りる目的が、入学金などの場合は国の教育ローンという選択肢があります。

国の教育ローンは、政策金融公庫で申し込みができます。一般的な銀行などでは取り扱っていないので注意してください。この教育ローンを「教育一般貸付」といいます。ちょっと堅苦しい名前ですが、教育ローンだと思っていだだいて大丈夫です。

金利と借り入れ金額の上限は次の通りです。

借り入れ上限 350万円
金利 固定金利年率1.66%

となっています。

最大で350万円ですから、大学の進学の際の費用までカバーできるケースもあるでしょう。金利もとても低く、銀行や消費者金融のカードローンが17~18パーセントが多いのに対して、政策金融公庫の教育一般貸付は1.6パーセントとかなりの低金利です。

これだけの金額のお金を1.6パーセントの金利で借りられるのはやはり国の教育ローンならではです。これ、実は就学支援が目的なので、条件がかなり優しくなっているんです。

また、政策金融公庫の一般教育貸付けは誰でも利用できる制度ではなく世帯年収が決まっています。下限ではなく上限が定められており、これを超えた場合には政策金融公庫の教育一般貸付は利用できません。

「え?世帯年収が多いとだめなの?」と思ってしまいますが、これも政策金融公庫の教育一般貸付だからです。普通はたくさん年収があるほうがお金は借りやすいのですが、就学支援が目的なので経済的に苦しい家庭を助けるという意味もあって、世帯年収の上限が設定されているんです。

1人 790万円(600万円)
2人 890万円(690万円)
3人 990万円(790万円)
4人 1090万円(890万円)
5人 1190万円(990万円)

通常の審査では、年収が高い人の方が審査に通りやすいのですが、政策金融公庫の教育ローンは、上記以下の水準でなければ融資を受けることができません。

富裕層に貸し付ける目的ではなく、子供の教育資金という目的なので銀行や消費者金融のローンとは全く違う基準が設けられています。

所得が一定以上だと利用できないという珍しいタイプのローンです。これは、就学支援が目的だから・・・お金がなくて進学や予備校に通うことが難しい人を助けるための制度です。

 

対象になる学校は?

政策金融公庫の教育一般貸付は、どんな学校でも対象というわけではありません。

教育一般貸付の対象になっているのは

  • 大学、大学院、短期大学
  • 専修学校
  • 予備校
  • 高等学校

です。

インターネット講座や資格講座などは対象ではありません。

上記の学校に進学するもしくは在籍している場合には、政策金融公庫の教育一般貸付の利用が可能です。もちろん審査はありますが、ローンの目的が営利ではなく就学支援ですので、普通のローンとは基準が異なります。(基準は公開されていません)

予備校の学費にも教育ローンが利用できるということは、浪人生で予備校に通っていれば申し込みができるということです。もちろん、審査はありますから申し込めば必ず低金利で融資して貰えるというわけではありません。ですが、とても条件のよいローンですし、予備校生は日本学生支援機構の奨学金の対象にならないので、低金利で計画的に学費を借り入れたいという場合には、政策金融公庫の貸付制度を利用するのもいいでしょう。

使い方は指定されている?

政策金融公庫の教育一般貸付で借りたお金は使用用途が定められています。

利用できるのは

 

  • 学校納付金
  • 受験費用(受験料、交通費、宿泊費)
  • 在学のための住居確保にかかる費用(敷金等)
  • 教科書代
  • 教材費

などです。

また、学校に通うための交通費としても利用できます。

ざっくり言ってしまうと、学校に通うために勉強のために必要なものにしか使えないということです。ですので、ゲーム機を購入したり、車を購入する費用としては利用できませんし、もちろん、他の消費者金融などで借りているリテイルお金をこのローンで返すというのはしてはいけないことです。おまとめや借り換えにも使うませんので、この点は留意が必要になります。

政策金融公庫の貸付制度は、あくまでも進学や勉学のための費用と決められています。遊興費には使えないのでここは要注意です。

ただし、通学するためにひとり暮らしをする場合などはその住居の確保にかかる費用はこの教育ローンの借り入れ分から捻出することができます。アパートの敷金や礼金、引っ越し費用などは借り入れができるということですね。

他にも通学にかかる費用や勉強に必要なパソコンの購入費用も政策金融公庫の貸付で賄うことが可能です。

浪人生本人がお金を借りる場合

浪人生本人がお金を借りる場合

低金利で有利な条件がそろっている国の教育ローンですが、これは本人が申し込むのは難しく親が代わりに申し込むというのが一般的な方法です。

ですが、親などの保護者がお金借りることが出来ない場合や、協力して貰えない場合などはどうすればいいのでしょうか。そのような場合は、自分でお金借りるしかありませんが果たして方法はあるのでしょうか。

浪人生本人がお金を借りる場合には、どのような選択肢があるのかをみていきましょう。

ここでは、考えられる方法をご紹介していきます。

親や親戚にお願いする

やはり、最もシンプルな方法は、やはり個人間融資。親や親戚などに事情を説明してお金を貸して貰えないかをお願いしてみるというものです。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんし、言いにくいかもしれませんが、親や親戚などからの融資であればほとんどの場合、無金利ですし返済に関しても金融機関ほど厳しいものはないでしょう。信用情報機関も関係ありませんし、どう考えても一番よい方法です。

もちろん、家庭の事情もありますので、無理だという方もいらっしゃると思いますが、親や親戚などに事情を話せる状態であれば、まずは真っ先に相談をしてみましょう。

特に未成年の場合は、自分名義での借金は銀行や消費者金融、政策金融公庫などではできませんので、親や親戚などに相談するほか方法はありません。

 

クレジットカードのキャッシング枠

親や親戚などに事情を説明してもだめ・・・政策金融公庫も教育一般貸付も無理・・・教育一般貸付の審査の間待てないという場合は、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法があります。

クレジットカードを持っている人、もしくはクレジットカードの契約ができる人(20歳以上でアルバイトをしている)という場合は、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠でお金を借りることができます。

クレジットカードは、もともと、商品を購入するためのものですが、お金を借りる枠がついていることがあるんです。それがキャッシング枠。キャッシング枠はショッピング枠の一部を現金で利用できるというものですので、例えばショッピング枠が30万円でキャッシング枠が10万円の場合、ショッピング枠の利用が20万円以下でなければ10万円の融資は受けられません。

クレジットカードのキャッシング枠の金利は以下の通り

 

エポスカード 18%
イオンカード 7.8~18.0%
楽天カード 18%
Yahoo! JAPANカード 15~18%
JCBカード 15~18%
ライフカード 15~18%
オリコカード 15~18%
セディナカード 18%
ジャックスカード 18%
セゾンカード 12.0~18.0%

決して安い金利ではありませんが、コンビニATMなどで利用できるカードも多く、今ずくにお金を借りたいという緊急の場合にはとても便利であることは事実です。

クレジットカードをすでに持っているという人は、緊急時にはクレジットカードのキャッシング枠を利用するというのも一つの方法です。

20歳以上でアルバイトをしていれば消費者金融も利用できる

20歳以上でアルバイトなどをしていて月に3万円以上の収入があるという方は、消費者金融のカードローンの申し込みが可能です。

消費者金融のカードローンの金利は次のようになっています。

 

SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
レイクALSA 4.5%~18.0%
三井住友カードカードローン 1.5%~15.0%
LINEポケットマネー 3.0%~18.0%

教育ローンなどと違ってかなり金利は高くなりますが、デメリットばかりではなく、即日対応をしてくれるケースがあることや、無金利の期間があるカードローンもあります。当然、計画的な利用が絶対条件ではありますが、どうしても今すぐに現金が必要という場合には、消費者金融の利用も選択肢のひとつに入ってくる事になるでしょう。

消費者金融の学生ローン

消費者金融の学生ローン

一部の消費者金融には、学生ローンがあります。

消費者金融の学生ローンについてみてみましょう。

例えば、レイクアルサでは、180日間5万円以下無利息です。これは学生だけの特典で他の消費者金融にはないサービスです。

つまり、借入額が5万円であれば、180日間金利0%ですから5万円を180日以内に返金すれば、金利はゼロです。10万円借りた場合は5万円の部分にだけ金利が発生します。

ちなみに、消費者金融で学生が契約した場合、借り入れの限度額は10万円になることが多くなっています。

レイクアルサは、24時間振込やインターネット返済対応していてとても使い勝手がよいサービスを展開しています。そして、注目したいのが来店なし+郵送物なしというWeb完結契約が可能という点です。

これ、審査のために来店しなくていいし、自宅に書類が届くことがないんです。ということは、親と同居していてもばれる可能性がかなり低くなるということです。

そして、気になる在籍確認ですが、事前の申し出と書類の提出で回避できる可能性もあります。

在籍確認とは、申し込み後の審査で、レイクALSAからアルバイト先に電話があるというものです。申し込み時には必ずアルバイト先を書くことになります(無職だと申し込みが難しいです)。嘘を書いていないか・・・を調べるためで、担当者の個人名であなた当ての電話があるというもの。

別にバイト先に「レイクアルサです。在籍確認です。」なんて言うわけではありませんが、それでも「イヤだ」という人もいらっしゃるはず。「バイト先に個人宛の電話はちょっと・・・」という場合は

申込直後の電話相談と、追加書類提出で在籍確認もパスできます。

レイクアルサの学生ローンに予備校が含まれるかは、不明ですが、浪人生で予備校に通っていてアルバイトをしているという場合は、一度、問い合わせてみてもいいかもしれません。

他にも学生専門の消費者金融もあります。

学生専門の消費者金融というのはあまり聞いたことがないかもしれませんが、これは学生でないと利用できないローンです。ローンの担保や保証人は不要で、学生の定義については会社ごとに対応がことなります。

アイシーローン 10.%~20.% 1万円~50万円
学生ローンカレッジ 17.00% 50万円

※未成年は10万円

ここで注目したいのが、学生ローンカレッジです。未成年でも18歳以上なら10万円まで借り入れが可能です。

テレビコマーシャルなどで有名な大手消費者金融のほとんどが未成年では契約ができませんが、学生ローンカレッジは18歳以上なら対応してくれます。

ただし、未成年で学生ローンを契約する時には、親権者の同意がいるので親にバレずにお金借りることは不可能です。そして、学生専門ローンでも運転免許証などの身分証明書やアルバイト先の記入は必須となりますのでここも留意してください。

ただし、学生ローンといっても金利は高く設定されており、大手消費者金融とあまり変わりません。金利はそのまま返済の時に負担になってしまいますので、そのあたりはよく考えて利用した方がいいでしょう。また、学生ローンには、一部の消費者金融がサービスしているような、無利息期間はありませんので、金利までしっかりと計算した上で、利用する必要があります。

また、貸金業法の総量規制にも引っかかってくるので、注意しましょう。

 

対象年齢

消費者金融の学生ローンは各消費者金融が提供しているサービスで、対象年齢はとくに定められていません。

会社によって対応がことなるため、個別の問い合わせがオススメです。学生ローンの対象年齢は、おおむね18歳以上です。ただし、20歳以上としている消費者金融もあるので、個別に確実をオススメします。

消費者金融のカードローンや銀行のカードローンは20歳以上でなれば借りることができませんが、学生ローンなら18歳以上で申し込みが可能です。

となっています。

こうしてみてみると、やはり20歳以上かが大きな壁にってくることが解るのではないでしょうか。その上で、アルバイトなどで安定した収入が必要となります。

つまり、未成年でアルバイトもしておらず、予備校に通っていないという場合は、まず自分名義での借り入れは厳しいと言わざるを得ません。

たたじ、18歳未満でもアルバイトをしている場合などは申し込みができるケースもあるので、自分の条件をよく考えて利用できそうなローンを見つけていきましょう。

エポスカードでお金を借りる

エポスカードもキャッシング枠が設定されていれば、お金を借りることができます。

ちなみに概要はこんな感じ

年会費 無料
ポイント還元 0.5%
ブランド VISA

エポスカードの限度額は1万円から50万円でこれ以上の枠はありません。

また、キャッシング枠は20歳以上のかたのみ利用できますので、未成年の浪人生の方は利用できません。

金利 実質年率18.0%
利用限度額 50万円まで
貸付条件 20歳以上
返済方法 1回払いorリボ払い
遅延損害金 年率20.0%
無利息期間 なし

エポスカードでお金を借りるときの方法は

  • ATM
  • インターネット
  • 電話
  • 海外

です。

インターネットはATMはもちろん、電話や海外でもキャッシングを利用できるのはとても便利です。

ATMでのキャッシングは、エポスカード対応のATMからお金を引き出すという方法です。

そして、インターネットでの借り入れは、Netキャッシングというもので、インターネットで申し込みをして所定の口座に振り込んで貰うというもの。銀行の営業日かどうかにもよりますが、営業日で営業時間内であれば、数分で融資を受けることができます。

インターネットではなく電話で申し込んで口座に振り込んで貰うのが電話のキャッシング、そして、海外キャッシング「VISA」や「PLUS」に対応している機械でキャッシングする方法です。手数料は発生しますが、これも便利な方法です。

お金を借りるときの注意点

浪人生がお金を借りる・・・進学の費用や生活費など、どうしてもお金が必要だけど浪人生ですからアルバイトばかりしているというわけにも行きません。

どうしようもなくお金を借りるなら、まずは、政策金融公庫の教育一般貸付がいいでしょう。これは金利が低いからです。「金利なんて気にしていられない」と思うかもしれませんが、いざ、返済をするときになると、高金利になると、支払いがボディーブローのように効いてきます。

払っているのに、元金がなかなかな減らない・・・という減少が起こるのも金利があるからです。

もちろん、政策金融公庫の教育一般貸付も無金利ではありません。

ですが、銀行や消費者金融のカードローンが17~18パーセント程度の金利なのに対して、教育一般貸付は1.6パーセントですから、この差は大きくなります。

ですので、まずは、少しでも金利が低いところでお金を借りることが大切です。

浪人していたら、合格にしか頭が行かないところもあるかもしれません。ですが、借りたお金は必ず返さなくてはならないので、返済のことをわすれずに計画的な利用をしましょう。せっかく、希望の大学に入れても、在学時から借金返済に追われる・・・なんてイヤですよね。

ですから、返済のことをしっかり考えて計画的に利用しましょう。

 

合格すれば奨学金を借りることができる

浪人生の段階では奨学金の借り入れはできませんが、合格すれば日本学生支援機構などの奨学金を借り入れることができます。

日本学生支援機構の奨学金は、無金利・もしくは低金利で長期間に返済が可能な制度です。営利目的ではなく支援が目的の奨学金ですので、利用しやすく返済のさいにも無理が生じにくくなっています。

もちろん、返済はしなければならならい奨学金にはなりますが、学費の借り入れとしてはとてもよい制度といっていいでしょう。

 

まとめ

今回は、浪人生がお金借りる方法についてご説明しました。

浪人生でも、成人していてアルバイトなどをしていて安定した収入がある場合は申し込みができるローンは多くなりますが、そうではない場合は選択肢が少なくなります。

予備校の学費にも利用できる国の教育ローンなどを美味く活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です