nuroモバイルの口コミと評判。料金やキャンペーン


目次

新プランの情報まで丸わかり!nuroモバイルって実際どうなの?

nuroモバイルって実際どうなの?

前・菅義偉首相が看板政策の一つとして力をを入れた結果、NTTドコモを始めとする大手キャリア3社がこぞって携帯電話料金の大幅値下げを敢行、データ通信料20GBながら2000円台というahamo・pavo・LINEMOといった低料金プラン型手続きに登場しました。

私たち消費者にとってはありがたいことですが、新・旧・大・小問わず既存の格安SIM各社を巻き込み熾烈な顧客獲得競争が繰り広げられているため、どの会社を利用するのが安くてお得か全くわからない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、格安SIMと呼ばれる中でも、その低価格な料金設で多くのユーザーからの支持を集めている、「nuroモバイル」について、その概要やメリットデメリットはもちろん、実際に使ってみて感じたリアル意見や現在展開中のキャンペーンに至るまで丸ごと総まとめしてみたいと思います。

2021年11月にスタートしたばかりの「新プラン」についても詳しく解説しますので、最後までお見逃しなく!

nuroモバイルはこちら

おすすめの格安simについてはこちらです。

nuroモバイルの料金

nuroモバイルの料金

nuroモバイルの概要や運営会社などについて詳しく説明する前に、多くのユーザーが最も知りたがっているだろう、nuroモバイルの月額料金を一覧表にまとめてみました。

プラン名 データ専用 データ+SMS
(ドコモ・au回線のみ提供)
音声通話付き
【新登場!】NEOプラン20GB NEOデータフリー 2,699円
VSプラン3GB 627円 792円 792円
VMプラン5GB Giga+ 825円 990円 990円
VLプラン8GB Giga+ 1,320円 1,485円 1,485円
お試しプラン0.2GB 330円 495円

nuroモバイルには、ユーザーニーズにこたえる形で新規に追加された、データ容量20GBまでたっぷり使えて、余った分はよく付き繰り越しできる「NEOプラン」と、データの使い方に合わせ3GB・5GB・8GBから選べる「バリュープラン(S/M/L)」、それにnuroモバイルの特徴と言える「お試しプラン」の3本立てになっています。

NEOプランは「音声通話付き」のみですが、バリュープランはそれに加え「データ専用」「データ+SMS」と、3つのSIMタイプから好きなタイプを選択でき、当然ですが同じデータ容量の場合、「データ専用」SIMの方が他の2つのタイプより安く利用できます。

つまり、タブレットでインターネット検索や動画・音楽視聴などは良くするけれど、音声通話は必要ないというケースの場合、自分の月間使用データ量に合ったバリュープランを選んだうえで「データ専用」をチョイスすれば、よりお得に利用できるという訳です。

また、その名の通り格安SIMであるnuroモバイルの使い心地をリアルに試すことができる「お試しプラン」は、0,2GBとデータ容量こそわずかですが、月間500円程度で最低利用期間も設定されていない上、他プランと通信速度は変わらない(※)ため、格安SIM初心者でも気軽に試せると評判になっています。

※他のプランの様に余ったデータの翌月くりこしはないので注意。

諸費用

ご覧いただいたように、利用状況やモバイル機器に併せてピッタリのプランを選ぶことができ、なんといってもそれぞれの月額料金がリーズナブルなnuroモバイルですが、こうなると「反対に音声通話料や手数料が高いのでは?」と心配する方も多いはず。

そこでこの項では、nuroモバイルの主な「諸費用」についてもまとめてみました・

音声通話料 NUROモバイルでんわの通話料  11円/30秒
上記以外の通話料 22円/30秒
SIMカード準備料 440円
SIM切替手数料 3,300円
SIM損害金 3,300円
SIM有償交換手数料 3,300円
SMS送信料 3円~/通
国際SMS 50円~/通(不課税)
登録事務手数料 3,300円

一見すると、やたらいろいろな手数料が発生するように感じられますが、新規契約時に必要となるのはこのうち「SIMカード準備料」と「登録事務手数料」で合計3,720円だけですし、nuroモバイルでは現在「顧客満足度No.1受賞記念特典」として、通常3,300円かかる登録事務手数料が0円になるキャンペーンを展開しています(※)。

※音声通話付きのVS(3GB)・VM(5GB)・VL(10GB)プランが対象。

また、nuroモバイルのSIMは「購入」するのではなく、あくまで「貸与(レンタル)」されるため、解約する場合はその翌月までにSIMカードを返送する必要があり、返送を忘れたり返送時にSIMがキズや割れなどの破損や故障している場合、SIM損害金として3,300円が発生します。

しかし、定められた期限内に貸与されたSIMカードを正常な状態で返送すれば、当然このSIM損害金はかかりませんので、SIMの取り扱いにさえ気をつければ問題ないでしょう。

唯一、音声通話時の通話料には注意が必要で、「30秒/21円」と格安SIMとしでは一般的な料金ではあるものの、かけ放題プランなどが充実しているドコモ・ソフトバンク・auといった3大キャリアと比較するとかなり高めです。

とはいえ、申し込み不要ですぐに使える「nuroモバイルでんわ」を活用すれば、通常30秒/22円の通話料が半額の30秒/11円になるのでお得です。

ちなみに、nuroモバイルでんわは専用アプリを無料インストールしてそこから発信する、もしくは発信先の電話番号の前に「0037-692」を付けて発信するだけで割引料金が適用されるのため、音声通話を頻繁に長い時間使用するという方はぜひ活用してください。

nuroモバイルとは?3大キャリアとどう違う?

nuroモバイルとは?3大キャリアとどう違う?

nuroモバイルは、格安SIMと呼ばれている通り3大キャリアの同データ容量プランより、月額料金が割安なのが最大の特徴にして違いと言えますが、アクセス回線にはNTTドコモ・ソフトバンク・auの携帯電話回線を、ネット接続回線にはその速さで定評のある「NUROネットワーク」を使用しています。

そのため、旧型から最新型まで、あらゆるタイプのスマホに適合しますし、契約後に届けられるSIMカードを差し込むだけで、使い慣れたスマホを使って今まで通り通話できますし、通信速度や安定性において3大キャリアに劣ることはありません。

また、NUROモバイルのような格安SIM各社は、別名「「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と呼ばれていますが、3大キャリアの回線を借りているだけですし、仮想という名前の通り基本的に店舗を構えず、インターネットでの集客・手続きをメインに運営されています。

そのため、通信インフラの設置費や維持費、店舗管理費や人件費などを大幅に削減しているため、その分月額利用料を3大キャリアより安く設定したり、割引やキャッシュバックなどといったお得なキャンペーンを積極的に展開できるのです。

nuroモバイルを運営しているのはあの有名大企業グループ!

ここまで、nuroモバイルのお得な料金プランを中心に紹介してきましたが、「nuroモバイルなんて知らないけど信頼できるの?」と心配している方も結構いるはず、しかし、nuroモバイルは数ある格安SIMやMVNOの中でも、最も信頼性が高いモバイル会社と言って過言ではありません。

なぜなら、nuroモバイルを運営しているのは、インターネット事情に詳しい方なら当然知っている大手プロバイダの「So-net」や、人気俳優・大泉洋さん出演のテレビcmで有名な「nuro光」を運営しているソニーネットワークコミュニケーションズ、つまり母体は押しも押されぬ世界的大企業グループ「SONY」だからです。

SONYと言えば、大人気スマホ・タブレット端末である「Xperiaシリーズ」をリリースしており、別会社のSIMで既に利用しているという方も多いと思いますが、今差し込まれている別会社のSIMカードとnuroモバイルのSIMカードを差し替えるだけで、操作の慣れた端末をそのまま使い続けることもができます。

ちなみに、iPhoneやgalaxyなど他社がリリースしているスマホにも対応していますが、SIMロックがかかっている端末を利用する場合は、SIMロックの解除と機器へのAPN設定が必要となるので注意しましょう。

格安と大評判!nuroモバイルの各プランを徹底解剖してみた

nuroモバイルの各プランを徹底解剖してみた

ここまでの解説で、nuroモバイルが格安SIMという名に恥じずリーズナブルで、しかも信頼できる企業が運営しているとお分かりいただけたと思いますが、なにぶん有人店舗がほとんどと言っていいほど存在しないため、「お得だから乗り換えたい!」と思っても、どのプランを選ぶのが正解かわからないという方もおられるはず。

そこでこの項では、NUROモバイルが用意している各プランの特徴を1つずつ詳しく紹介していきましょう。

2021年11月に新登場した「NEOプラン」

「NEOプラン」

まずは、登場して間もないものの既に多くにユーザーを集め始めている「NEOプラン」の概要と持ち味、それにストロングポイントが一目で理解できるよう、同じnuroモバイルの「バリュープラン」との比較表を作成してみました。

プラン名 NEOプラン バリュープラス
データ容量 20GB 3~10GB
月額基本料金(音声プラン) 2,699円 792円~1,485円
回線 ドコモのみ ドコモ/au/ソフトバンク
初期費用 なし 3,740円
NEOデータフリー あり なし
Gigaプラス 15GB 3GB/6GB
通信品質 高品質 標準
制限後速度 最大1Mbps 最大200Kbps
SIMタイプ 音声通話付きのみ 音声通話付き/
データ付き/SMS
比較表の中で注目すべき点は主に3点、まずNEOプランのみに無料オプションで付属する「NEOデータフリー」ですが、これはLINE・Twitter・Instagramといった、ネットユーザーが頻繁に使うSNSのデータ通信量が、基本である月間20GBにカウントされないという画期的でうれしいサービス。
外部リンクへ接続するとデータが加算されるので注意が必要ですが、LINEにおける通話の利用や、Twitter・Instagramでの動画・画像の投稿などは全てノーカウントで行えるため非常に役立ちます。
次に、3か月毎にデータ容量がプレゼントされる「Gigaプラス」は以前「バリュープラス」でのみ利用可能な機能でしたが、今年12月1日からはNEOプランも対象プランとなり、受け取り手続きをすれば15GBが3か月毎にプレゼントされます。
また、プランごとに定められた月間データ量を超えると、通信制限がかかって速度がガクンと落ちますが、nuroモバイルのNEOプランにおける通信制限時の速度は最大1Mbpsとバリュープランの4倍、1Mbpsあれバテキストデータはもちろん、画像や動画あたりでもそれほどイライラせず閲覧できるレベルです。
ちなみに、YouTubeを低画質で1時間視聴するときの総データ量を、1Mbpsで送信するのに要する時間は16分、標準画質に上げても約43分といずれも1時間の視聴時間を切っていますから、視聴中に動画化止まったりせずスムーズに見終えることができると考えられます。
加えて、これは比較表には載っていない要素ですが、NEOプランにはバリュープランとは違う専用の電波帯域があてがわれるため、高品質で快適な通信環境が常にキープされると運営元はアピールしています。
さらに、新プランの追加を記念し、他社からのMNPで申し込むことを条件(※)に、利用開始月を除く12カ月間、550円割引する乗り換え特典も展開されているので、よりお得に利用を始めることができます。
※お試しプラン、及びバリュープラスの各種プラン、エントリーパッケージを購入しての申し込みは対象外。

3つのコースから選べてお得な「バリュープラス」

「バリュープラス」

バリュープラスは、毎月の通信量(ネットの使い方)や音声通話の必要性に併せ、自由に好みに契約方式を組み合わせることで、お得にスマホを使えるNUROモバイルが2021年4月から開始した人気のプランです。

ベースとなるのは、SNSやメッセージがメインでさほどデータは多くてなくてOKという方向きの「VSプラン(3GB)」と、動画や音楽も楽しみたいという方におすすめの「VMプラン(5GB )」、ゲームやアプリをガンガン使うという方でも満足できる「VLプラン(10GB)」の3パターン。

この3つのベースプランに、「データ専用」「データ+SMS」「音声通話付き」のいずれか1つを組み合わせることができ、最小プランとなる「VSデータ専用」なら月額627円(税込)、最大プランである「VL音声通話付き」でも、月額1,485円(税込)という抜群のリーズナブルさが魅力です。

また、どのプランでもその月の余ったデータ容量を翌月に繰り越しできるほか、同じnuroモバイルユーザー同士なら、「余る予定」のデータ容量をプレゼントできるため、データ容量を無駄なく有意義に使いきることが可能です。

さらに、バリュープラスのプランうちVM・VLプランは、3ヶ月毎にデータ容量がプレゼントされる「Gigaプラス」対象、VMプランは3GB・VLプランは5GBのデータ容量が3ヶ月ごとに付与され、付与されたデータ容量は付与付きの翌々月まで分けて使ってもOK。

つまり、Gigaプラスでプレゼントされるデータを含めると、VMプランは毎月6GB・VLプランは毎月12GBのデータを実質使い続けられることになります。

他の格安SIM各社のセット割りはどうなってる?

格安SIMあるいはMVNOと呼ばれる業者は、3大キャリアのネットワークを借りて通信事業を展開、光やwifiなどのネット通信と共に音声通話サービスも提供していますが、その多くは下表のとおり、ネット通信と音声通話サービスを同じ会社で契約することを条件に、毎月の利用料金を割引する「セット割り」を準備しています。

格安SIM名 セット割名 毎月の最大割引額 光回線、またはWiFi回線
OCNモバイルONE OCN光モバイル割 220円 OCN光
UQモバイル ギガMAX月割 550円 UQ WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX
ビッグローブ光など
BIGLOBEモバイル 光☆SIMセット割 330円 ビッグローブ光
ワイモバイル おうち割 光セット 1,188円 ソフトバンクエアー

ソフトバンク光

全ての通信業者がセット割りを準備しているわけではありませんが、格安SIMやMVNO業者の利用を計画しているユーザーは、できるだけ安くネット&音声通話を契約したいとアンテナを張っているため、セット割りの有無はそういったユーザーにとって大きな選択肢の1つになっているのは事実です。

じゃあnuroモバイルとnuro光のセットプランなんてもあるの?

上記したとおり、nuroモバイルの運営母体はあのSONY、SONYと言えば数ある光ファイバー通信提供業者の中でも、有数の知名度と人気を誇る「nuro光」も運営しているため、UQモバイルとUQWiMAX、ワイモバイルとソフトバンク光などと同様に、セット割りがあっても良さそうなものです。

しかし、結論を言うと、残念ながら現時点でnuroモバイルとnuro光との間にセット割りは存在しません。

とはいえ、全く同じ運営母体を持つ2つのサービスに過去全くセット割りのようなお得なサービスがなかったわけではなく、2017年11月に期間限定ではありましたが、nuro光ユーザーに対し330円×11ヶ月の割引キャンペーンを実施していたことも。

このことから考えると、今後も似たようなセット割りキャンペーンを打ってくる可能性はありますが、nuroモバイルはここまで紹介してきたとおり、各プランの月額料金設定がリーズナブルなため、セット割りを常設していませんし、キャンペーンを不定期で実施したとしても、それほど大きな割引額を出してこないと思われます。

ただ、セット割りなどによる割引額を考慮しなくても、nuroモバイルの価格は十分業界最安レベルなので、少しでも安い通信会社を探している場合は、選択の1つに加えておくべきでしょう。

使ってみなきゃわからない!「お試しプラン」

「お試しプラン」

「携帯料金や通信料を安くしたい!」といつも考えている方は、nuroモバイルについて知らなくとも1度や2度は「格安SIM」と契約することを検討したことがあるはず、しかし音声通話時の音質や通信速度、それぞれの安定性などといった使い心地に不安を感じ、契約に二の足を踏んでいるケースも多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、先程紹介したバリュープランとほぼ同じ条件下で、nuroモバイルの使い心地をリアルに体感できる「お試しプラン」で、月間0,2GBとデータ容量は限られていますが、330円(税込)~というリーズナブルな料金でnuroモバイルのことがしっかり理解できます。

また、3大キャリアそれぞれのサービス提供エリアには地域によって差がありますが、nuroモバイルの場合はドコモ・au・ソフトバンクすべての回線に対応しているため、3大キャリアのうちどこが自分とベストマッチなのか正確に調べることができます。

nuroモバイルのメリット・デメリットを総ざらい

ここまでの解説で十分伝わっているとは思いますが、nuroモバイル最大のメリットは業界屈指と言えるリーズナブルな価格設定ですが、数多くのライバルたちが乱立している今、「ただ安い」というだけではユーザーを惹きつけ契約数シェアを獲得することはできません。

そこでこの項では、nuroモバイルを契約することで得られる、価格の安さ以外のメリットについて紹介していきます。

nuroモバイルのメリット

まず、nuroモバイルの主なメリットとしては、以下の5つを挙げることができます。

  1. ワンコイン以下から利用できるお試しプランの契約期限がない・・・通常、3大キャリアなどでスマホを契約すると1年や2年など最低契約期間が発生し、その間に解約すると違約金が請求される。しかし、nuroモバイルのお試しプランには最低契約期間が設けられていないため、極端な話1日で解約しても違約金などがかからない。
  2. au・ソフトバンク・ドコモの好きな回線から選べる・・・一部選べないプランはあるが、通信速度や安定性など3大キャリアの実力を肌で感じたうえで、自分に合った回線を厳選できる。
  3. データ容量の前借り・繰越し・プレゼントサービスがある・・・プランごとに割り当てられたデータ容量を無駄にすることなく使い切れる。
  4. 契約開始月の月額基本料が無料・・・通話料や有料オプションが発生しない場合は完全0円。
  5. 格安SIMとしては珍しく端末買取サービスがある・・・不要になったスマホを査定価格+3,000円で買い取り。(nuroモバイルで購入した端末居合でもOK。)

nuroモバイルのデメリット

一方、多くのメリットがあることと反比例するかのように、ネット上で確認できる評判や口コミを確認していくと、いくつかデメリットと言える点があるのも否定できません。

  1. 通信速度が不安定(速いか遅いか評価しずらい)・・・3大キャリアと比べると混雑に影響されやすく、時間帯や時期によって通信速度がコロコロと変わる。
  2. 「Gigaプラス」の使い勝手が悪い・・・3ヶ月ごとに一定のギガがプレゼントされるお得なサービスだが、付与月にイチイチプレゼントをもらう手続きをする必要がある。(手続きを怠るとプレゼントがもらえない。)
  3. キャンペーンの豪華さがイマイチない・・・常時なんらかのキャンペーンを実施しているが、他の格安SIM各社の方が、高額のキャッシュバックや大幅割引などのお得なキャンペーンを展開している。
  4. 契約後の回線変更ができない・・・nuroモバイルは確かに3大キャリアのすべてに対応しているが、契約後の変更はできない。
  5. アプリを使わないと電話代がすごく高い・・・通常の電話アプリで電話をすると22円/30秒という高めの通話料がかかってしまう。
  6. サポートしてくれる実店舗が存在しない・・・nuroモバイルは人件費や店舗維持費などの経費を削減することで格安料金を維持しているため、3大キャリアのようにどこでも実店舗があるわけではない。

プラン・速度などnuroモバイルを契約してみて感じたこと

たった今、nuroモバイルのメリットとデメリットを紹介しておいてなんですが、これらはあくまでネット上にある口コミや評判、そして当サイト独自のリサーチなどを総合した結果を列挙したにすぎません。

そこで、nuroモバイルの本当のところを知るため、実際に「お試しプラン」を契約して使い心地を体験してみました。

ここからは、あくまで個人的な感想「心の声」になりますので、参考程度に留めてください。

「nuroモバイルを実際に使ってみてまず思ったのは、ahamo・povo・LINEMOといった大手キャリア傘下には若干及ばないものの、その通信速度や品質・安定性の高さに関しては、数多い格安SIMの中でもトップクラス。私は、動画配信などをバリバリやっているヘビーユーザーという訳ではなく、気になることをスマホでググったり、YouTubeを視聴する程度なので、正直nuroモバイルが出している通信速度で不自由を感じることはありませんでした。一方、音声通話に関しては通常通話はもちろん、専用アプリを使った時の11円・30秒もはっきり言って高い、ですがLINE電話を使えばそもそも無料なので、これも大して困りませんね。あと、今回は「お試しプラン」しか体験していませんが、最上位プランである「NEOプラン」は専用回線を使っているそうなので、もっと快適にネットを楽しめそうですし、人気SNSがノーカウントで使える「NEOデータフリー」が無料でついてくるので、休憩時間や通勤・通学中にしょっちゅうインスタやTwitterを開いているような方は、データ量を一切気にせずに済むので良いかもしれません。」

nuroモバイルがおすすめな人

nuroモバイルのメリットとデメリット、そして実際に使ってみた感想を加味すると、nuroモバイルがおすすめの方は以下のようなケースだと考えられます。

  • 通信料をできるだけ安く済ませたい方・・・格安SIMはたくさんありますが、その中にあっても5GBで990円、10GBで1,320円という価格帯は最安レベルですし、VM・VLプランには3ヶ月に1回データがプレゼントされる「Gigaプラス」まで付いているので、コスパは抜群だと言えます。
  • スマホの「超」ヘビーユーザーではない方・・・以前、nuroモバイルには3・5・8GB プランしかなかったため、毎日何時間もスマホでネットをしているヘビーユーザーには物足りなかったはずです。しかし、今年11月から追加された「NEOプラン」ではデータ容量が20GBまで増量されたため、常時デザリングを使ってパソコンをネット接続しているような「超」が付くほどのヘビーユーザーでない限り、めったなことで通信制限がかかる(月間データ量が20GBをオーバーする)ことはないでしょう。
  • 気軽に契約・解約できる格安SIMを求めている方・・・格安SIMは安い月額料金が魅力ですが、その代わりに契約期間が定められていることも多く、期間内に解約すると高額な解約金・違約金などを請求されることがあります。しかし、nuroモバイルには契約期間の定めがないため、解約金などを気にすることなく契約・解約することができます。

nuroモバイルをおすすめできない人

一方、nuroモバイルをおすすめできない、不向きだと思われるのは次のような方々でしょう。

  • 料金うんぬんよりとにかく品質重視の方・・・nuroモバイルの料金設定は業界最安水準ですが、通信速度や安定性では3大キャリアとその傘下であるahamo・povo・LINEMO、加えて新規参入組の楽天モバイルと比べてしまうと若干見劣りします。ですので、価格は少々高くついてもいいから、とにかく通信環境を充実させたい!という方には不向きです。とはいっても、他の格安SIMに劣るわけではありません。
  • 現在セット割りの恩恵を受けている方・・・nuroモバイルには残念ながらセット割りが現在存在しません。そのため、セット割りを受けている特に割引額が非常に大きい、「ワイモバイル+ソフトバンク光」の組み合わせで利用している方が、わざわざnuroモバイルに乗り換えるメリットは少ないかもしれません。
  • 実店舗でしっかりフォローを受けたい方・・・これは、nuroモバイルに限らず格安SIM各社に言えることですが、実店舗がほとんど存在しないため、スマホはスタッフに直接確認しながら契約したいという慎重派の方には不向きです。

nuroモバイルにお得なキャンペーンってあるの?

nuroモバイルにお得なキャンペーンってあるの?

格安の月額料金が持ち味のnuroモバイルにですが、他社の様にお得なキャンペーンや特典などはあるのでしょうか。

NEOプランお乗り換え特典

NEOプランお乗り換え特典

これはその名の通り、今年11月に登場したNEOプラン限定のキャンペーンになりますが、他社からNEOプランに乗り換え(MNP)すると、元々安い月額基本使用料がさらに12ヶ月間 550円割引されるキャンペーンが現在実施されています。

エントリーパッケージを入手して申し込んだ場合は対象外となりますが、今KKジャンペーンを適応した時の割引総額は550×12で6,600円。エントリーパッケージで無料になる登録事務手数料3,300円よりお得なので、こちらを活用したほうが良いでしょう。

Xperia™ ご購入特典

Xperia™ ご購入特典

こちらもNEOプランのみが対象となりますが、NEOプランを申し込み(新規・乗り換えどちらでもOK)する際、運営元であるSONYが販売している「Xperia 10 III Lite」を一緒に購入すると、20,000円がキャッシュバックされるキャンペーンです。

「Xperia 10 III Lite」はハイレゾ音源&HDR対応有機ELディスプレイで5Gにも対応しており、通常なら5万円程度するSONY自慢の最新機種。それが実質2万円OFFで購入できるうえ、前出した「NEOプランお乗り換え特典」との併用もOKとあって、多くのユーザーから申し込みが集まっているようです。

顧客満足度No.1受賞記念特典

続いてのこちらは、音声通話付きのVS(3GB)・VM(5GB)・VL(10GB)プランが対象となりますが、数多くの商品・サービスを格付けしている「2021年オリコン顧客満足度調査」の格安SIM部門で「総合1位」を獲得したことを記念し、通常3,300円かかる登録事務手数料を、「0円」にするキャンペーンが実施されています。

他社からの乗り換えはもちろん新規契約でもOKで、他の特典・キャンペーンとの併用はできませんが、「Xperiaご購入特典」に限り併用が可能です。(ただし、バリュープラスの場合は、キャッシュバック金額が4,000円になる。)

事務手数料が0円になるエントリーパッケージって何?

nuroモバイルと他simの比較

ここまで長々とnuroモバイルについて解説してきましたが、nuroモバイル最大の特徴にして長所なのはリーズナブルな料金設定、ということでここでは、他の格安SIMとの料金的な差を一目でご理解いただくため、比較表を作成してみました。

格安SIM名 音声通話+データ容量20GBの場合 備考
NUROモバイル 2,699円
  • 解約時の違約金などが0円。
  • SNSの-カウント&3ヶ月ごとに15GB プレゼント。
LinksMate 2,970円 人気スマホゲームとの連携特典あり
BIGLOBEモバイル 5,720円 ビッグローブ光とのセット割りあり
y.u mobile 4,378円 U-NEXTの⽉額プラン料⾦が込み

今回は公平を期すため、比較するプランを「音声通話+データ容量20GB」に限定しましたが、格安SIMの中には25GBのところや無制限のところもあるため、この表でnuroモバイルが最安だからと言っても相対的に一番お得とは言い切れません。

ただし、nuroモバイルには3ヶ月に1度データ容量がプレゼントされるGigaプラスが無料でついており、月間20GBまで使えるNEOプランの場合は15GBが付与されるため、実質1ヶ月25GBの他車プラント条件は同じ、そう考えるとよりnuroモバイルのコスパの良さが際立ってきます。

nuroモバイルの利用開始から解約

さて、ここまでの解説で「ぜひnuroモバイルを利用したい!」と感じてくれた方も多いはず、そこでnuroモバイルの契約方法について、順を追って整理しておきたいと思います。

申し込みに必要なものを準備する

まず、運転免許証やパスポート、健康保険証などの身分証明書と、決済用のクレジットカードが必要です。(nuroモバイルは口座振替がありません。)

加えて、現在使っている電話番号のままでnuroモバイルに乗り換えたい場合は、MNP(ナンバーポータビリティ)での申し込みになるため、利用中の通信会社にMNPを希望する旨を連絡し、「MNP予約番号」を入手しておきましょう。

なお、「MNP予約番号」には有効期限があり、乗り換え契約時には有効期限が10日以上必要です。

公式HPから申し込みをする

必要なものをすべて準備したら、こちらのnuroモバイル公式HPにある「お申込み」ボタンをタップし、使用する回線や希望プラン、利用端末(SIMのみor端末同時購入)、利用する端末のSIMカードサイズ、追加オプションなどを選択し、氏名・住所などの顧客情報を入力していきましょう。

その後決済先であるクレジットカードの情報を入力し内容を確認すれば、5分程度の申し込みは完了できます。

申し込みが完了したら最短即日発送!

前項の申込み手続きを午後2時までに完了した場合、指定した端末及びSIMカードは最短で当日中に発送されるため、年末年始を除くと概ね2~3営業日中には、手元にSIMカードと端末が届くはずです。

端末にSIMカードを挿入し初期設定をする

nuroモバイルの様な格安SIMの場合、店舗が他の大手キャリアと違って届いたSIMカードを今使っている端末もしくは新規で購入した端末に自分で差し込み、以下の手順に沿って「初期設定」をする必要があります。

  1. 台紙から丁寧にSIMカードを外す。
  2. 端末の電源がOFFであることを確認し、SIMカードを既定の位置に挿入する。
  3. 各端末やOSに併せてAPNを設定する。

【Androidの場合】

Wi-Fiをオフ→「設定」をタップ→「ネットワークとインターネット」をタップ→「モバイルネットワーク」をタップ

→「詳細設定」をタップ→「アクセスポイント名」をタップ→APNの一覧から「So-net LTE(※)」をタップし設定終了。

※端末によっては、「nuromobile」などと表示されている場合もあります。

【iPhoneの場合】

Wi-Fiに接続→Safariを起動して、構成プロファイルのURL(https://mobile.nuro.jp/r/download/apn/)にアクセス→構成プロファイルのダウンロード許可を求められたら、「許可」をタップしダウンロード→ 「プロファイルがダウンロード済み」と表示されたら、「閉じる」をタップ→ホーム画面に戻り、「設定」をタップ→ 「プロファイルがダウンロード済み」をタップ→プロファイル画面が表示されたら、「インストール」をタップ→承諾画面で「次へ」をタップ→警告画面を確認し、「インストール」をタップ→ 「完了」をタップ→再度ホーム画面に戻り、「設定」をタップ→ 「一般」をタップ→「プロファイル」をタップし、インストールした構成プロファイルが表示されていることを確認。

使用開始後のデータ追加・プラン変更などについて

nuroモバイルの公式HPに、「ご利用者向けページ」が準備されており、そこにアクセス・必要事項を入力すれば、いつでもデータ容量のチャージ、プラン変更、ユーザ情報の変更などが可能です。

nuroモバイルの解約方法

nuroモバイルには再三述べてきたとおり最低契約期間が設けられていないため、いつでも解約金を気にせず気軽に解約できますが、通常解約(※)の場合は解約手続きをした月の最終日が解約日となり、日割りでの料金精算制度もないため、例えば4月1日に解約手続きを済ませたとしても、4月いっぱいの料金が翌月請求されます。

※MNP転出の場合は、他事業者への転入日がNUROモバイルの解約日となります。

なお、端末を月割り支払いしている場合は、当然ながら残債分を一括請求されますし、現在新規契約を停止している旧プランには12か月間の最低契約期間が設定されており、最大12000円の解約金が発生するので注意が必要です。

nuroモバイル・格安SIMに関するQ&A

質問です。Q:初歩的な質問になりますが、そもそもSIMって何のことですか?
回答です。A:店舗にいるスタッフが手続きや設定のほとんどを代行する大手キャリアとしか契約したことがない方はあまり目にする機会もないと思いますが、SIMとは通信会社が発行している小さな電子記憶カードであり、スマホを通信機器として使うために必要な情報(電話番号やメールアドレス、加入者の情報や識別番号など)がびっしりと詰め込まれています。つまり、スマホの端末がいくら変わっても電話番号やメールアドレスなどを変えなくて良いMNPは、SIMに記録されている様々な情報を書き換える作業を、オタ違う通信会社間でやっているということです。
質問です。Q:新しいスマホ端末を買って、それにSIMカードを入れれば自分で機種変更できるってこと?
回答です。A:その通りです。各メーカーから新発売された機種はもちろん、リサイクルショップなどで購入した中古のスマホ端末であっても、「生きているSIMカード」を挿入し初期設定をきちんとすれば、すぐに通話やネットを利用できます。ちなみに、「生きているSIMカード」とは、現在契約続行中の通信会社が発行しているSIMカードのことで、契約が終了していたり、支払いが滞って契約がストップしているSIMにはロックがかけられているので、違う端末に差し替えても当然通話やネットは使えません。
質問です。Q:nuroモバイルの様な格安SIMはどうして月額料金を安くできるの?
回答です。A:格安SIMやMVNOが格安でサービス提供できる理由は、大手の携帯電話事業者が管理している、基地局やアンテナ・送電設備などの通信インフラを借りることで、莫大な額になる設備投資費を大幅にカットしているからです。また、格安SIMやMVNOは実店舗を持っていないため、店舗維持費や人件費などといったランニングコストも節約し、その分を月額料金の値上げやキャンペーンなどに流用しているのです。
質問です。Q:格安SIMは大手キャリアより通信速度がずいぶん遅いって聞くけど?
回答です。A:先ほども述べた通り、格安SIMと呼ばれている業者は、大手キャリアの通信インフラをそっくり借りて営業しているため、大手キャリアを自動車製造・販売メーカーとするなら、格安SIMはいわば「レンタカー業者」のようなものです。新車であろうがレンタカーであろうが、同じ車種ならそれぞれのスペックに大差はありませんが、アナタが道路(通信回線)を管理している大手キャリアだとしたら、自社のクルマ(電波)とレンタカー会社のクルマ(電波)のどちらを優先して通行許可を出すでしょうか。当然「自社のクルマの方だ」と答えるはずです。ネット利用時の通信速度にも同じことが言え、混雑していない時はまだしも、渋滞しているようなときはやはり大手キャリア直系の電波がスムーズに走れるよう調整してしまうものです。つまり、れんたーか―業者の過ぎない格安SIM同士に通信速度の差は出ないでしょうが、大手キャリア及びその直系であるahamo・povo・LINEMO辺りに比べると、混雑時の通信速度に関しては、若干遅くなってしまうのが現実と考えられます。ただ、格安SIMだからと言って極端に通信速度が遅くなるということはありませんし、空いている時間は大手キャリアと損速の無いレベルの通信速度を期待できます。また、今回紹介したnuroモバイルは3大キャリア全ての回線に対応しているので、次世代通信システムで数段早い通信速度が望める5Gのサービス提供エリアに併せ、自分の活動エリアがサービス提供エリアに入っているかどうかで選択するという方法も使えます。
質問です。Q:nuroモバイルのSIMカードをうっかり紛失してしまいました。一体どうしたらよいでしょうか?
回答です。A:SIMカード、特に契約が「生きているSIMカード」はそれを端末に差し込めば基本どんな端末でも電話やネットが使えるようになる非常に重要なパーツです。しかも、どこの誰がそのSIMカードを差し込んだ端末で好きなだけ電話しても、ネットを利用したとしても、その料金はSIM本来の持ち主に請求されてしまいます。さらに、小さなSIMカードの中には、各種暗証番号や知人の電話番号やメルアド、SNSのIDなどなど契約者の個人情報が目いっぱい詰まっており、それらが流出・悪用されてしまう可能性まであります。ですので、SIMカードは機種変更時などのやむを得ない場合を除いて端末からむやみに取り外すべきではありませんが、万が一SIMを紛失してしまった場合は、まずSIMカードを発行した契約先の通信会社のサービスセンターなどに連絡し、その使用を停止してもらうようにしましょう。利用を停止さえしておけば、覚えのない通話料や通信料を請求されてしまうことも、SIM内の用法が漏洩する心配も少なくなるので、とるものもとりあえず早急に利用停止手続きを進めてください。ちなみに、nuroモバイルの場合は「NURO SIMサービスサポート」にてSIMの利用停止及び再発行に関する相談を受け付けているようです。
質問です。Q:nuroモバイルの有料オプションにはどんなものがありますか?
回答です。A:nuroモバイルは、シンプルかつリーズナブルな月額慮金を売りにしているため、メインとなるプランのほかに、有料のオプションをいくつか準備しています。まず、音声通話に関しては、通話料が約半額になる専用アプリのほかに、月額基本料金880円で10分以内であれば何度でも通話可能な「10分かけ放題オプション」を用意しています。また、各プランで提供されるデータが不足しそうな場合、1GB 550円でそれを補給できる「容量チャージ」というオプションもあるため、自分のスマホの使い方に合わせて自由にアレンジすることができます。また、月550円で追加できる端末補償オプションは、nuroモバイルで購入した端末はもちろん、その他の業者で購入した端末も対象となるので、格安SIMユーザーとしてはうれしいところ。ちなみに、nuroモバイルの代名詞ともいえるNEOデータフリーやGigaプラスなどのオプションは、自動で付属されますし料金も一切発生しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です