光回線おすすめ14選。


目次 表示

安い光回線おすすめ比較ランキング。インターネットプロバイダはこれを選べ!アパート・マンション編

安い光回線おすすめ比較ランキング。インターネットプロバイダはこれを選べ!アパート・マンション編
アパートやマンションで光回線を導入する場合、一番安い光回線は一体どこの会社なのでしょうか?

下記ではフレッツ光のように別途プロバイダ料金の支払いも必要なく、プロバイダの分の料金も込みで使えるような便利で人気でかつ優良だと評判の光回線業者を月額料金順にランキングとしてまとめてみました。

工事費用などをまとめた比較一覧です。

この中で速度も最も速いのもnuro光です。 他の回線は何処も1000Gps前後(動画などを見るのに全く問題のない速度)ですがnuroのみ2000Gpsと倍の速度でインターネットをご利用頂けます。
各プロバイダのロゴをクリックすると公式ページで詳細を確認可能です。
速度的には光回線の平均速度は1000Mbpsです。

nuro光のみがその倍の速度である2000Mbpsを誇ります。

速度が気になる方はnuro光を選択するのをおすすめします。
光回線は全て工事があります。
工事が嫌だという事は置くだけwifiを使用しましょう。

置くだけwifiであれば工事がなく、即日に端末が送られてくるので、申し込んだら即日でネット回線を利用可能です。

置くだけwifiの速度は1237Mbpsでnuro以外の光回線よりは速いです。【現在は5Gプランもあります。】

最大速度2700Gbpsの5G L11はnuro光より早いです。

選択肢に置くだけwifiを選ぶのもありでしょう。

ポケットWiFiおすすめ人気会社を比較!

戸建ての場合の光回線料金比較表

値段だけ見るとsonet光の料金が安いです。

速度で見るとnuro光が一番早いです。

光回線 月額料金 工事費用 キャッシュバック額 スマホ割

auひかり
ずっとギガ得プラン(契約期間:3年間)
1年目5,610円(税込)
2年目5,500円(税込)
3年目5,390円(税込)
最大61,000円キャッシュバック
工事費実質無料!
61,000円 au(スマートバリュー)最大1100円割引

So-net光
ずっとギガ得プラン
35ヵ月3,980円(税込)
実質工事費無料 70,000円

softbank光
5,720円(税込) 税込26,400円(乗り換えの場合工事費無料) 37,000円 SoftBank 最大1100円割引

BIGLOBE光
2年プラン:5,698円(税込)
3年プラン:5,478円(税込)
0円 26,000円 au(スマートバリュー)最大1100円割引

ドコモ光
5,720円(税込) 新規工事料無料 20,000円 docomo ギガホまたはギガホライトの場合
最大1100円割引

NURO光
2年契約:5,700円
3年契約:5,200円
44,000円 (実質工事費無料) 45,000円 SoftBank 最大1100円割引

マンションの場合の光回線料金比較表

こちらも
sonet光
が一番安いです。

auユーザー、ソフトバンクユーザーは各種割引があるので、ご自身にとって一番お得なプランを選択し、ご利用下さい。

光回線 月額料金 工事費用 キャッシュバック額 スマホ割

auひかり
タイプV16契約以上
4,180円(税込)~
最大61,000円キャッシュバック
工事費実質無料!
61,000円 au(スマートバリュー)最大1100円割引

So-net光
マンションV16プラン
23ヵ月2,200円(税込)
実質工事費無料 70,000円

softbank光
4,180円(税込) 税込26,400円(乗り換えの場合工事費無料) 37,000円 SoftBank 最大1100円割引

BIGLOBE光
2年プラン:4,488円(税込)
3年プラン:4,378円(税込)
0円 26,000円 au(スマートバリュー)最大1100円割引

ドコモ光
4,400円(税込) 新規工事料無料円 20,000円 docomo ギガホまたはギガホライトの場合
最大1100円割引

NURO光
2年契約:5,700円
3年契約:5,200円
44,000円 (実質工事費無料) 45,000円 SoftBank 最大1100円割引

※実質費用(2年)は、月額料金×24カ月+事務手数料+工事費-キャッシュバック額で算出しています。(スマホ割は利用プランなどによりそれぞれのキャリアで割引額が異なるので除外しています。)
工事費用やキャッシュバック額・キャンペーンなども含めたトータルの実質費用で考えれば2年契約だと


  1. So-net光(36カ月大幅割引キャンペーン価格)
  2. auひかり
  3. NURO光

がお得だと思います。

《おススメ第1位》nuro光

nuro光forマンションは階数制限がなくなりました。

速度も最速なので一番使い勝手のいい光回線です。
NURO光 for マンションは通信速度が最も速く、月額料金の安さからやはり長年利用する場合だとお得になります。
NURO光公式サイトは以下からどうぞ。

NURO光公式サイトはこちら

nuro光のキャンペーンと評判や口コミ。工事が二回もなくても大丈夫なの?

《おススメ第2位》ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」

ソフトバンクユーザーの方向けに、「ソフトバンク光」をご紹介しましょう。

ソフトバンク光も他社同様、プロバイダで契約する方法と代理店を使う方法があります。
ソフトバンク光公式サイトは以下からどうぞ。


ソフトバンク光公式サイトはこちら

《おススメ第3位》プロバイダはYahoo!BBのみ。お得な代理店を選ぶのがコツ

プロバイダはYahoo!BBのみ。お得な代理店を選ぶのがコツ
実はソフトバンク光のプロバイダはYahoo!BBのみなのです。そのためキャッシュバック等を利用してお得に契約するためには、代理店を利用するのが最も賢い方法といえるでしょう。
ソフトバンク光を扱っている主な代理店は下記3社です。

月額料金(戸建て) 月額料金(マンション) キャンペーン
Life bank 5,200円〜 3,800円〜 キャッシュバック最大37,000円
STORY 3,620円〜 2,080円〜 キャッシュバック最大80,000円
NEXT 5,200円〜 3,800円〜 キャッシュバック最大37,000円

キャッシュバックが高額の「Life bank」「STORY」は、受け取るための条件が厳しく、時間もかかるため、最短でそれなりの額がもらえる「NEXT」が最も手頃ですね。

手間暇を惜しまなければ、「Life bank」「STORY」はメリットも大きいです。

ソフトバンク光公式サイトは以下からどうぞ。


ソフトバンク光公式サイトはこちら

ソフトバンクユーザーはNURO光でもセット割の対象に
「10GBps」の超高速通信を売りにしているNURO光。

対応しているのは関東・東海・関西の一部エリアのみですが、月額料金が3,688円〜と光回線にしてはかなりリーズナブルなのもひとつの大きなメリットです。
実はNURO光はソフトバンクとのセット割にも対応しています。

スマホの月額料金が安くなるだけでなく、工事費も無料なのでエリア内の方は選択肢に入れてもいいかもしれません。

NURO光公式サイトは以下からどうぞ。


NURO光公式サイトはこちら

《おススメ第4位》マンション居住者はリスク高?NURO光の落とし穴

マンション居住者はリスク高?NURO光の落とし穴
大きなメリットがあるように見えるNURO光ですが、ひとつ注意したい点も。

マンションに住んでいる方は、同マンションの居住者が4人以上いないとNURO光の導入ができません。

もし人数が集まって導入されたとしても、3人以下になってしまった場合は、強制解約となってしまうのです。

その上、強制解約時に工事費の割賦が残っていた場合は、3人で残金を払う必要があります。いつ誰が引っ越すかわからないマンションでNURO光を契約するのはなかなかのリスクが伴うといえるでしょう。

ちなみに同マンションの居住者が多ければ多いほど、月額料金が安くなります。言い換えれば、最小人数で使う場合は割高になる可能性があるということです。

このような理由から、戸建ての方以外にはあまりオススメできません。

ソフトバンク光の評判とキャンペーン。softbank光の口コミや料金が最悪

《おススメ第5位》auユーザー向け「auひかり」

auユーザー向け「auひかり」

次はauを使っている方向けに「auひかり」についてご説明しましょう。

2003年にKDDIがサービスをスタートした「ブロードバンドDION “F”with「Bフレッツ」ファミリー」が前身です。
電力会社系を中心に、最も数多くのプロバイダがauひかりを取り扱っているため、キャッシュバック等のキャンペーンが1番多い光回線とも言えるでしょう。
au光公式サイトは以下からどうぞ。

こちらはGMO版です。

auひかり公式サイトはこちら

こちらはsonet版です。
auひかり公式サイトはこちら

auひかりは申し込み窓口が多い!吟味が必要

auひかりは申し込み窓口が多い!吟味が必要
前述した通り、現在、auひかりの契約窓口となっている会社は数多く存在します。auひかりを契約できる会社は大きく分けて2つです。

  1. プロバイダ
  2. 代理店

固定回線を使うためには、プロバイダ契約が必須です。直接プロバイダと契約する方法と、販売代理店を通して契約する方法のいずれかを選ぶ必要があります。

プロバイダ経由で経由するなら選択肢は4つ
プロバイダ経由で経由するなら選択肢は4つ
高額キャッシュバックはそう多くないものの、一定期間リーズナブルな月額料金になるキャンペーンを多く実施しているのがプロバイダ経由での契約です。
だいたい契約月から3ヶ月〜1年は、月額料金から数千円引きで提供している会社が多いようですね。
auひかりを取り扱っている主だったプロバイダをご紹介します。

《おススメ第6位》代理店で契約するならGMO

代理店は「1契約につき◯円」の代理販売手数料をもらっています。より多くの契約を結び、自社の利益に繋げるため、高額キャッシュバックを頻繁に行う代理店もあります。
auひかりを取り扱っている代理店で代表的なものは以下の6社です。

月額料金(戸建て) 月額料金(マンション) キャンペーン
GMO 4,000円〜 2,600円〜 キャッシュバック最大50,000円
S&Nパートナー 5,100円〜 3,400円〜 キャッシュバック最大45,000円
25 5,610円〜 4,180円〜 キャッシュバック最大61,000円
フルコミット 4,383円〜 3,467円〜 キャッシュバック最大53,000円〜73,000円
レジェンド 4,466円〜 3,591円〜 キャッシュバック最大50,000円〜70,000円
パイオン 4,605円〜 3,591円〜 キャッシュバック最大20,000円〜35,000円

※キャッシュバックの金額は戸建て、マンションによって異なります。
圧倒的にGMOの代理店が一番安くauひかりを利用出来ます。
au光公式サイトは以下からどうぞ。

auひかり公式サイトはこちら

要注意!auひかりは一部地域のみの提供
要注意!auひかりは一部地域のみの提供

料金面でも大きなメリットがあるauひかりですが、ひとつ注意したいのが、一部エリアのみの提供であるということです。
東日本はカバーしていますが、中部(静岡県・愛知県・岐阜県)、近畿(三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県)の戸建てが対応されていません。
このエリア内の方は残念なことにauひかりは使えないため、別の方法を考えましょう。

auひかりの評判と口コミが知りたい!料金や解約方法も徹底解説

《おススメ第7位》ドコモユーザー向け「ドコモ光」

ドコモユーザー向け「ドコモ光」

スマホとセットで使う方向けに、携帯各社の料金とサービスについて、より詳しく掘り下げてみます。

docomoのスマホを使っている方は、セット割が適用されるのが「ドコモ光」のみです。新規契約や他社からの乗り換え時の同時契約でさらにお得になるケースがあります。
ドコモ光公式サイトは以下からどうぞ。


ドコモ光公式サイトはこちら

主なメリットについてご紹介しましょう。

キャッシュバックも!ドコモユーザーならお得に使える
キャッシュバックも!ドコモユーザーならお得に使える
セット割も魅力的なキャンペーンではありますが、ドコモユーザーにとって最もお得なメリットが、ドコモポイント最大10000ptが付与されることです。
ドコモポイントとは、支払い料金・契約期間によってユーザーに還元されるポイントです。機種変更時の支払いや月額料金に充当できるだけでなく、提携している飲食店などでも使用可能です。
最新機種のスマホは50000円以上するのもザラ。ドコモポイントで10000円も安くゲットできるのはかなり大きいのではないでしょうか。
ドコモ光を使うならこのプロバイダがオススメ
ドコモ光を使うならこのプロバイダがオススメ
ドコモ光で光回線を使うためには、プロバイダを通じての契約が必要です。現在、20社以上のプロバイダがドコモ光を取り扱っています。
実際のところ回線速度などの使い勝手はほとんど変わらないため、料金面で決めるのがいいでしょう。
特にオススメの3社はこちらです。

月額料金(戸建て) 月額料金(マンション) キャンペーン
ドコモGMO 5,750円〜 4,400円〜 ・最大20,000円キャッシュバック。工事費無料
・ルーター無料レンタル
ぷらら 5,280円〜 3,960円〜 ・最大55,000円キャッシュバック。
・ルーター無料レンタル
So-net 5,200円〜 4,000円〜 ・工事費無料
・ドコモポイントプレゼント

月額料金に差はないため、キャンペーンに重きを置いて検討するのがベストですね。
工事費無料。キャッシュバック最安のドコモ光のGMOが一番安くご利用頂けます。
ドコモ光公式サイトは以下からどうぞ。


ドコモ光公式サイトはこちら

わかりにくい…シェアパックに注意
例えば家族全員ドコモユーザーで、ドコモ光を契約する場合、「シェアパック」への切り替えを勧められることがあります。家族で100GBのデータ通信量をシェアできるプランなのですが、ドコモ光の契約と併せてスマホもシェアパック切り替えることで高額キャッシュバックが受けられたり、月額料金が安くなることがあります。
しかしシェアパックのセット割が受けられるのは主回線のみです。家族全員が安くなるわけではなく、契約者1名のみの適用なのです。
契約者以外はあまりスマホを使わないのであれば問題はないかもしれませんが、トータルで見るとあまりお得ではない場合もあるので慎重になったほうが良さそうです。

ドコモ光GMOの評判と口コミの悪さとデメリットを完全解剖

《おススメ第8位》高額キャッシュバックが特徴「BIGLOBE光」

高額キャッシュバックが特徴「BIGLOBE光」

初期費用をぐっとおさえたいなら、「BIGLOBE光」がオススメです。

キャンペーン期間中であれば、工事費無料で光回線を開通させることができます。無線LANルーターも6ヶ月無料なので、新生活を始める方向けかもしれませんね。
さらに高額なキャッシュバックも活用したいところです。ネット申し込みで最大40,000円キャッシュバックが受けられるので、「BIGLOBE光」を契約したい方はネット申し込み一択ですね。

BIGLOBE光公式サイトは以下からどうぞ。


BIGLOBE光公式サイトはこちら

BIGLOBE光は遅いと評判。口コミの実態。夜に光回線をスマホで使うと遅くなる?

《おススメ第9位》1,870円~!「So-net光」は月額料金が安い

1,870円~!「So-net光」は月額料金が安い

auユーザーであれば、「So-net光」を候補にいれてもいいでしょう。

「So-net光」を使えば、月々の料金を抑えられます。マンションタイプの場合ですが、月額1,980円から光回線を使うことができます。戸建てタイプも比較的安価な3,088円〜。
いずれも「auスマートバリュー」加入者が対象です。最大1Gbpsの光回線を2,000円以下で契約できるのは魅力ですね。

So-net光公式サイトは以下からどうぞ。


So-net光公式サイトはこちら

《おススメ第10位》東海地方に住んでいるなら「コミュファ光」

東海地方に住んでいるなら「コミュファ光」
地域が限られますが、月額料金・初期費用ともに安いのが「コミュファ光」です。
光回線にも関わらず、月額料金2,280円〜と、かなりお得です。にも関わらず、速度も下り最大1Gbpsと高速。東海地方に住んでいる方なら選択肢に入れてもいいかもしれません。

コミュファ光公式サイトは以下からどうぞ。


コミュファ光公式サイトはこちら

《おススメ第11位》乗り換える方にオススメ「エキサイト光」

乗り換える方にオススメ「エキサイト光」
「エキサイト光」では、今年春に光回線で乗り換え契約をする方向けのキャンペーンを実施していました。
初期費用・工事費・ルーター代が全て無料!実質最大33,000円が無料になるかなりお得なキャンペーンでした。
現在は終了していますが、「エキサイト光」は頻繁にこういったキャンペーンを実施するので要チェックですね。

エキサイト公式サイトは以下からどうぞ。


エキサイト光公式サイトはこちら

《おススメ第12位》近畿地方に住んでいるなら「eo光」

近畿地方に住んでいるなら「eo光」
また地域限定になってしまいますが、近畿地方在住の方なら「eo光」という選択肢もあります。
「v6プラス」という回線にも対応し、混雑する時間帯でも快適にデータ通信を行うことが可能です。有料オプションにはなりますが、それもたった180円。お財布に優しいのが最大のメリットです。

eo光公式サイトは以下からどうぞ。


eo光公式サイトはこちら

《おススメ第13位》工事費が無料になる「DMM光」

工事費が無料になる「DMM光」
DMMが運営している「DMM光」は、工事費が無料になります。他社だと10,000円〜20,000円ほどかかるので、初期費用を抑えたい方にオススメです。
要注意なのが、土日祝日の工事は”有料オプション”扱いであるということ。3,000円が加算されるのは少々痛いですね。光電話の開通工事も4,500円の工事費が必要です。
初期費用を浮かせられるのは、平日で工事が可能、光電話も使わない方に限定されるでしょう。

《おススメ第14位》メジャーだけど高いのが気になる…「フレッツ光」

メジャーだけど高いのが気になる…「フレッツ光」
NTTが提供している「フレッツ光」は、いち早く一般に普及した光回線です。一時期TVCMなども多く放映されていたため、知っている方も多いかと思います。
そのため最もメジャーな光回線と言えますが、月額料金・初期費用ともに高額。初期費用は20,000円以上、月額料金は毎月5,100円です。速度は他社と同様下り最大1Gbps。使い勝手が同じであれば、より安い方を選びたいですね。
料金だけで比較してみると一番安いのはau光になります。
またauの携帯ユーザーはお得です。

auひかり公式サイトはこちら

ソフトバンク光はソフトバンクユーザーであれば家族全員が毎月1000円安くなるという事です。ただこちらはnuro光でも適用されます。
特にソフトバンクユーザーにはおすすめです。
ソフトバンク光については以下からどうぞ。

ソフトバンク光公式サイトはこちら

光回線ではありませんが安く使用したいのであればwimaxもありです。
光回線以上に安くインターネットを使用する事が可能です。
気になる速度も最近では光回線に引けを取りません。(nuro光には負けてしまいます)
速度の比較表は以下となります。
最速はnuroですが動画の視聴に必要な平均的な速度は100Mbps程度なので1000Mbpsもあれば充分でしょう。
最重要で比較すべき箇所は料金かと思われます。

プロバイダ名 速度
nuro光 2000Mbps
GMOとくとくbb 1237Mbps
ソフトバンク光など他の光回線 1000Mbps

wimaxのもう一つのメリットは工事がなく、即日でインターネットを使用する事が出来る事です。
光回線以上に安く使用出来、速度も申し分ないのであればwimaxも悪くないと思います。
wimaxの中でもっとも安く、工事も不要なGMOとくとくBBは以下からどうぞ。

先ほどの速度の比較表でも分かるように他の回線の二倍の速度を誇るのがnuro光です。

とにかく速度を早くしたいと言う方にぴったりな光回線です。

nuro光公式サイトはこちら

auひかりであればauユーザーは毎月1000円携帯料金が安くなる。

auひかりはauの携帯回線を使用している人にとってはお得です。
家族4人で使用している方であれば4000円携帯が割引になるという事です。
auユーザーでないのであれば先ほど紹介したGMOやソフトバンク光の方がお得です。

auひかり公式サイトはこちら

ドコモ光はドコモユーザーなら携帯料金が1000円安くなる。
ドコモ光も他の3キャリアの光回線と同様に携帯料金も安くなる光回線です。
ドコモ光公式サイトは以下からどうぞ。


ドコモ光公式サイトはこちら

それぞれいいところと悪いところがありますが、どの回線が一番おすすめかというと当サイト的には速度で選ぶならnuro 光、安く使用したいのであればGMOをおすすめします。

安い光回線おすすめ比較ランキング。戸建編

安い光回線おすすめ比較ランキング。戸建編
続いて戸建の場合における、安い光回線おすすめ比較ランキングについて見てみましょう。
下記はアパート・マンション編と同様に、 月額料金順にランキングとして並べたものになります。

順位(月額料金順) 光回線 月額料金 事務手数料 工事費用 キャッシュバック額 実質費用(2年) スマホ割
1 So-net光 ずっとギガ得プラン
35ヵ月3,980円(税込)
3,300円 26,400円 61,000円 64,220円
2 auひかり ずっとギガ得プラン(契約期間:3年間)
1年目5,610円(税込)
2年目5,500円(税込)
3年目5,390円(税込)
3,300円 41,250円 (実質工事費無料) 61,000円 100,420円 au(スマートバリュー)最大1100円割引
3 NURO光 2年契約:5,700円
3年契約:5,200円
3,300円 44,000円 (実質工事費無料) 45,000円 127,100円
(3年契約の場合)
SoftBank 最大1100円割引
4 BIGLOBE光 2年プラン:4,488円(税込)
3年プラン:4,378円(税込)
3,300円 キャンペーンで工事費無料 26,000円 82,372円
(3年プランの場合)
au(スマートバリュー)
5 OCN光 ワンコインキャンペーン
1-3か月目 100円(税込)
4-11か月目 3,390円(税込)
12か月- 5,610円(税込)
3,300円 キャンペーン中で新規、税込19,800円まで無料 0円 96,960円 OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)
6 ソフトバンク光 5,720円(税込) 3,300円 税込26,400円(条件付きで工事費無料) 37,000円 126,680円 SoftBank 最大1100円割引
7 ドコモ光 5,720円(税込) 3,300円 新規工事料無料 20,000円 117,280円 docomo ギガホまたはギガホライトの場合
最大1100円割引

※実質費用(2年)は、月額料金×24カ月+事務手数料+工事費-キャッシュバック額で算出しています。(スマホ割は利用プランなどによりそれぞれのキャリアで割引額が異なるので除外しています。)
これも月額料金だけで言えば 「OCN光」「So-net光」「BIGLOBE光」といった順番に安くなりますが、総合的に考えると So-net光やBIGLOBE光の方が若干安くなります。
なので安さだけで言えば戸建ての場合だと

  1. So-net光
  2. BIGLOBE光
  3. OCN光

といった光回線が良いでしょう。
これ以外だと

auひかり

あとはその時に実施されているキャンペーンなどで一番安いものを選びようにしておきたいところですね。

ゲームに使える光回線

オンラインゲームは今、人気のエンターテインメントです。

おうち時間が増えた影響で、オンラインゲームを始めたという方もいらっしゃるかもしれません。

オンラインゲームはりあるたいむで世界中の人とプレイができるとあって、とても人気・・・家庭用ゲーム機やゲーミングPCなどで気軽にプレイできるオンラインゲームをしたくて光回線検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ゲームをするのであれば、以下のような通信速度が適しています。

・4Kなど高画質動画の視聴
・オンラインゲーム(FPSなど)
など
60Mbps 高画質動画の視聴やFPSなどのゲーム、大容量ファイルのダウンロード、アップロードが快適にできる速さ

です。

オンラインゲームは、通信速度が速くないと快適にプレイすることができません。オンラインゲームで速度が遅いと、ゲーム内の情報が自分の端末に表示されるのが遅くなってしまいますし、回線が安定していないとゲームプレイ中に落ちてしまったりすることもあります。

ですので、オンラインゲームをするのであれば、やはり速度が速く安定した回線を維持できる固定の光回線がオススメです。

速度の単位は

kbps 最小の単位
Mbps 1000kbps=1Mbps
Gbps 1000Mbps=1Gbps

となっており、当然、早いほうがよりいいということになります。kbpsの単位だと、動画やオンラインゲームはおろか、インターネットのホームページ閲覧もできないレベルです。そして、通信速度には上りと下りの2種類があります。

下りは読み込みこむときの速度、上りはアップロードするときの速度のことです。

オンラインゲームの場合は、下り30~100 Mbps程度が必要。そして、回線が安定している必要がありますので、固定の光回線はとても適しています。

ゲームにオススメの光回線は

プロバイダ マンション料金 戸建て料金 キャッシュバック 速度
softbank光はこちら ¥2,800 ¥2,800 ¥54,000 1Gbps
docomo光はこちら ¥3,800 ¥5,000 ¥25,000 1Gbps
nuro光はこちら ¥4,743 ¥4,743 ¥35,000 2Gbps
sonet光はこちら ¥2,980 ¥3,980    なし 1Gbps
au光はこちら ¥3,800 ¥5,100 ¥50,000 1Gbps

などです。

そして、回線の早さだけでなく

  • 混雑しにくい回線
  • ルーターの速度

なども重要なポイントとなります。

光回線の最大速度が1Gだったとしてもルーターが対応していなければ、最大速度での通信は当然ですが、できなくなってしまいます。

Apexなどのゲームに光回線は最適?

Apexなどのゲームに光回線は最適です。

オンラインゲームの場合、安定した回線と速い速度が必要なので、固定の光回線は非常に適しています。

オンラインゲームに向いている光回線のプロバイダーは以下のとおりです。

プロバイダ名 NURO光 ドコモ光 SoftBank光 auひかり eo光
月額料金 5,200円(税込) 5,720円(税込) 5,720円(税込) 6,160円(税込) 1年目:3,248円(税込)
2年目以降:5,448円(税込)
初期費用 3,300円(税込) 3,300円(税込) 3,300円(税込) 3,300円(税込) 0円
工事費用 44,000円(税込) 19,800円(税込) 26,40円(税込) 41,250円(税込) 13,200円(税込)
最大通信速度 下り最大2Gbps 下り最大1Gbps 下り最大1Gbps 下り最大1Gbps 下り最大1Gbps
キャッシュバック 43,000円(税込) 39,200pt(ドコモポイント) 24,000円(税込) 41,250円(税込) 29,700円(税込)
契約期間 3年/2年/縛りなし 2年/縛りなし 2年/5年 3年/2年/縛りなし 2年
解約金 10,450円(税込) 14,300円(税込) 10,450円(税込) 16,500円(税込) 13,200円(税込)

となっています。

他にも、

楽天光

月額料金 5,280円(税込)
初期費用 880円(税込)
工事費用 19,800円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 0円
スマホセット 楽天
契約期間 3年
解約金 10,450円(税込)

なども最近では有力な候補になってきそうです。

北海道、青森、秋田、山形、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、東京、群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟、山梨、長野
、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、富山、石川、福井、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

楽天ひかりはIPv6に対応しており、通信速度が速く夜間なども回線が混み合いにくくなっています。対応エリアはNTTフレッツ光と共通となっていますので、全国で利用可能です。

工事費用は

戸建住宅 550円×36回(総額19,800円)
集合住宅 458円×36回(総額16,500円)

です。

そのほか、光回線を契約している人が楽天市場で買い物をした場合には、ポイント付与率がアップしますので、日常的に楽天市場で買い物をしているという方にとってはお得です。

Apexにおすすめの回線は?

Apexとは、Respawn Entertainmentが開発したオンラインゲームで、無料でもプレイできるオンラインゲームです。配信は、エレクトロニック・アーツとなっており、対応しているプラットフォームは、

  • Microsoft Windows(Origin / Steam)
  • PlayStation 5
  • PlayStation 4
  • Xbox One
  • Xbox Series X/S
  • Nintendo Switch

です。

とても人気があるオンラインゲームです。

このApexをプレイするのにオススメなのもやはり光回線です。

光回線であれば、通信速度も速く安定しているため、快適なプレイが可能です。他にもオンラインゲームとして人気があるモンスターハンターライズなどもやはり光回線でのプレイが安定しています。

ゲームに使えるドコモ光

ではまず、docomo光を見てみましょう。
docomo光はこちら

月額料金(戸建て) 5,720円(税込)
月額料金(マンション) マンション 5,720円~
事務手数料 3,300円
工事費用 19,200円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 39,200pt(ドコモポイント)
スマホセット ドコモ
契約期間 2年/縛りなし
解約金 14,300円(税込)
オプション料金 ドコモ光電話:550円

です。

提供エリアは全国となっています。

docomo光はこちら

ゲームに使えるnuro光

nuro光は通信速度がとてもはやくゲームにもオススメです。

固定の光回線の中でも下り最大2Gbpsという最大値はとても魅力があります。auひかりなどの他の回線の2倍程度の速度ですから、オンラインゲームをしている人にとってはポイントになりそうです。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(So-net)が提供しているサービスで、通常プランでも通信速度が2Gbps。「G-PON」という接続方式だから実現したのがこの速度です。

  • NURO光G2V(戸建て向け)
  • NURO光G2(NURO光G2Vの契約縛りなしプラン)
  • NURO光forマンション(マンション向け)

などがあります。
nuro光はこちら

プラン 月額基本料金 基本工事費 契約事務手数料 契約期間 契約解除料 キャッシュバック
NURO光G2V 4,743円 40,000円(キャンペーンで実質無料) 3,000円 2年 9,500円 35,000円
NURO光G2 7,124円 40,000円(30ヶ月の分割払い) なし なし なし
NURO光 for マンション 1,900円~ 40,000円(キャンペーンで実質無料) 2年 9,500円 10,000円
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 44,000円(税込)
通信速度 下り最大2Gbps
キャッシュバック 43,000円(税込)
スマホセット ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 10,450円(税込)
公式キャンペーン
おうち割光セット
基本工事費実質無料
設定サポート1回無料

提供エリアは北海道関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県茨城県、栃木県、群馬県、東海:愛知県、静岡県岐阜県、三重県関西:大阪府、兵庫県、京都府滋賀県、奈良県中国:広島県、岡山県九州:福岡県、佐賀県です。

となっています。

速度がとても速く固定回線の光野中ではもっともオンラインゲームに向いているといってもいいのがNURO光です。

nuro光はこちら

ゲームに使えるau光

au光もオンラインゲームに向いている光回線です。特にauのスマートフォンを使用しているという方には割引もあってオススメです。
au光はこちら

月額料金(戸建て) 6,160円(税込)
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 41,250円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 41,250円(税込)
スマホセット auのスマホで割引
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 16,500円(税込)

となっています。

月額料金は高めですが、auのスマホを使っているならオススメできる回線です。
au光はこちら

ゲームに使えるソフトバンク光

ソフトバンク光もゲームに使える光回線の一つです。
softbank光はこちら

戸建て マンション
契約期間 2年間
エリア 全国
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円
公式特典 ・乗り換えると初期工事費用実質無料
・安心乗り換えキャンペーン
・接続機器無料レンタル
セット割 ソフトバンクのスマホの料金最大1,100円
ワイモバイルのスマホの料金最大1,188円/

となっています。

softbank光はこちら

ゲームに使えるBIGLOBE光

BIGLOBE光もゲームに向いている光回線のひとつです。

初期費用は

<集合住宅の場合> 1.初期費用申し込み手数料3000円工事費(一括)27000円工事費(分割)675円

<戸建ての場合>1.初期費用申し込み手数料3000円工事費(一括)30000円工事費(分割)750円*40回※申し込み時期により工事費無料特典あり初期費用合計33000円

となっており、マンションや戸建てかで初期費用がことなります。
biglobe光はこちら

運営会社 ビッグローブ株式会社
スマホセット割 au
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
契約事務手数料 3,300円
工事費用 19,800円(実質無料となるケースもある) 16,500円(実質無料となるケースもある)
キャンペーン ・33,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・.ルーター6ヶ月無料
オプション 高速接続サービス(IPoE)7か月目以降500円/月

ビッグローブ光電話500円

ビッグローブ光テレビ660円

biglobe光はこちら

PS5に使える光回線

大人気ゲーム機のPlayStation5ですが、オンラインゲームをする場合にはやはり光回線でプレイしたいですよね。

PlayStation5は、、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2020年11月12日に発売したゲーム機で、今、品薄だとも言われているゲーム機です。

オンラインゲームをするにのも向いているPlayStation5ですが、必要な速度などを見ていきましょう。

ps5を使う際の光回線の通信速度はどのくらい?

PS5でオンラインゲームを快適に遊ぶためポイントになるのが、回線の通信速度です。

必要な通信速度ですが、これは「できるだけ早いほうがいい」のは確かです。ちなみにオンラインゲームをするのであれば、以下のと通信速度が目安と言われています。

オンラインゲーム 100Mbps~
4K動画視聴 25Mbps~

と、動画視聴よりオンラインゲームの方が早い通信速度が必要です。

オンラインゲームで通信速度が遅いと快適なプレイができませんし、他のプレイヤーとのタイムラグが発生してしまうこともあります。そして、もちろん、回線が安定していることものその条件のひとつです。

ちなみに、自宅の固定回線の光回線の通信速度は下り最大1Gbpsが多いので、光回線であれば問題なくPlayStation5でオンラインゲームができるでしょう。

ちなみに、光回回線のwifiには2種類規格があります。

「g」の電波
・2.4GHz
・障害物に強い
・電波が遠くまで届く
・家電で干渉する接続が不安定

「a」の特徴
・5GHz
・障害物に弱い
・干渉のしにくく安定している
・遠くまで届かない

です。

ルーターをおいてある場所と、自分がオンラインゲームをする場所との位置関係などを把握して適している方の電波で接続しましょう。

ps5に最適なのはnuro光

PlayStation5でのオンラインゲームに向いているのは、NURO 光です。

他の光回線は下り最大1Gbpsですが、NURO 光は速度が倍の下り最大2Gbpsとめちゃくちゃ高速なんです。

もちろん、下り最大1Gbpsの速度があればオンラインゲームは可能ですし、PlayStation5でも快適にプレイできます。ですか、オンラインゲームはデータ量が多いため、通信速度は早ければ早いほうがいいんです。

ですので、PlayStation5に最も適しているのは、下り最大2Gbpsのnuro光ということになります。

nuro光はこちら

nuro光の概要

nuro光運営会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(So-net)
公式サイト nuro光はこちら
最大通信速度(下り) 2Gbps
月額料金 4,743円
基本工事費 40,000円(実質無料)
契約事務手数料 3,000円
契約期間 2年
契約解除料 9,500円
対応エリア 北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、広島、岡山、福岡、佐賀
スマホ割 ソフトバンクのスマートフォン

となっています。

ソフトバンクとのスマホ割を利用すれば、お得に利用できます。

利用料金は以下の通り

プラン 月額基本料金 基本工事費 契約事務手数料 契約期間 契約解除料 キャッシュバック
NURO光G2V 4,743円 40,000円(キャンペーンで実質無料) 3,000円 2年 9,500円 35,000円
NURO光G2 7,124円 40,000円(30ヶ月の分割払い) なし なし なし
NURO光 for マンション 1,900円~ 40,000円(キャンペーンで実質無料) 2年 9,500円 10,000円

そして、nuro光のマンション向けのプランである「NURO光forマンション」nuro光の契約者の数によって料金が変わります。

マンション内の契約者数 月額料金
3人以下 契約不可
4~6人 2,500円
7人 2,400円
8人 2,300円
9人 2,200円
10人以上 1,900円

となっています。「ひかりTV for NURO」オプションの料金は

プラン 月額料金 視聴可能チャンネル
お値うちプラン 2,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[テレビサービス]
ベーシックチャンネル
・[ビデオサービス]
ベーシック見放題
テレビおすすめプラン 1,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[テレビサービス]
ベーシックチャンネル
ビデオざんまいプラン 1,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[ビデオサービス]
ベーシック見放題
基本放送プラン 1,000円 ・基本サービス
・地デジ
・BS

です。

様々なオプションを追加することでいろいろなエンタテインメントを楽しむことができます。

nuro光の対象エリア

エリア 都道府県
関東エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県
関西エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県
東海エリア 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
九州エリア 福岡県・佐賀県

となっています。

光回線を契約する際にps5が付いてくるキャンペーンのある特典もある?

nuro光では様々なキャンペーンを実施しています。

大人気で品薄のPlayStation5ですが、貰えるというわけではないのですが、nuro光では2021年9月30日から、NURO オプションで「PlayStation®5 月額オプション」を選択できるようになっています。

「PlayStation®5」「PlayStation®5デジタル・エディション」のいずれかをレンタルできるというものです。

機種 月額
PlayStation5 1,320円
PlayStation5デジタル・エディション 990円

NURO 光の月額料金に追加すれば、PlayStation5を利用できます。

対象プランは

G2N 6,100円 なし/なし
G2D 5,700円 2年間/2年間
G2T 5,200円 3年間/2年間

です。G10・G10T・20GsやNURO 光 for マンション、法人向けプランはPlayStation5のレンタルには対応していません。

開通の翌月上旬ににPlayStation5が自宅に配送されます。

また、nuro光の公式サイトでは現在、このようなキャンペーン・特典があります。

  • 1年間月額980円キャンペーン
  • ワンコインキャンペーン
  • ひかりTVセット割引
  • 33,000円キャッシュバックキャンペーン

uro光のオプションとしては、主に下記の3つのサービスがあります。

  • ひかりTV for NURO(光テレビサービス)
  • NURO光でんわ(IP電話サービス)
  • NURO光でんき(電力サービス)

そのほか、キャッシュバックもあります。

光回線 料金 キャッシュバック(戸建ての場合)
戸建て マンション
nuro光 4,743円 1,900円~ 35,000円
auひかり 5,100円 3,800円 52,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 30,000円
ドコモ光 5,200~5,400円 4,200円 15,000円
フレッツ光 5,800円 3,550円~ 30,000円~40,000円

このように光回線を契約するとキャッシュバックが発生することは決して珍しいことではありません。

光回線の契約特典でキャッシュバックやゲーム機が現在貰える理由

ですが、どうして光回線の契約でキャッシュバックやゲーム機が貰えるのでしょうか。

まず、キャッシュバックに関しては、多くの場合、利用期間が固定されているいわゆる縛りがある場合についているものがおおく、一定期間利用するという前提だからこそ、キャッシュバックがあるというものです。

そして、ゲーム機ですが先ほど、PlayStation5をご紹介しましたが、あれは、PlayStation5が貰えるというわけではなくオプションでつけられるというものです。

キャッシュバックの金額はキャンペーンなどで変わりますが、参考までに見てみましょう。

光回線 キャシュバック
ビッグローブ光 55000円
nuro光 35000円
ドコモ光 35000円
au光 10000円
ソフトバンク光 33000円

です。

他にも、wimaxやモバイルwifiでも条件によって、キャッシュバックが発生するものがあります。決して少額ではないキャッシュバックですから、このあたりのインターネット通信環境を選ぶ基準となりそうです。

光回線を使えるエリアの確認方法

光回線を使えるエリアに自分の自宅などが入っているかどうかを知りたいという方もいらっしゃるでしょう。光回線のエリアは広く人口カバー率も高いのですが、中にはエリアではない土地もあります。

もちろん、対象エリアは各会社ごとに異なります。詳細な対象エリアに関しては各通信会社のホームページにあるエリア確認に住所を入力して調べてみましょう。

東日本では光回線が使える?

東日本でも多くのエリアが光回線を使えます。対象エリアは以下の通りです。

光回線 対応エリア 対応していないエリア
au光はこちら 鳥取、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県
沖縄県
sonet光はこちら 京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、島根、鳥取、岡山、山口、香川、徳島、愛媛、高知、沖縄、福岡、宮崎、熊本、大分、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄 一部エリア
softbank光はこちら

西日本の提供エリア

石川県、富山県、福井県、 愛知県、静岡県、岐阜県、 大阪府、京都府、滋賀県、
奈良県、兵庫県、三重県、和歌山県、岡山県、島根県、鳥取県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、高知県、徳島県、大分県、鹿児島県、熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県、宮崎県、沖縄

一部エリア
docomo光はこちら 10ギガプランの対応エリア

大阪府、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、島根、鳥取、岡山、山口、香川、徳島、愛媛、高知、沖縄、福岡、宮崎、熊本、大分、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄

一部エリア
nuro光はこちら 大阪府、兵庫県、京都府滋賀県、奈良県中国:広島県、岡山県九州:福岡県、佐賀県

です。

西日本では光回線が使える?

そして、西日本でも広いエリアが光回線の対象エリアとなっています。

光回線 対応エリア 対応していないエリア
au光はこちら 北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、新潟、長野山梨、石川、富山、 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県
沖縄県
sonet光はこちら 北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、甲信越、新潟、長野、山梨、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、石川、富山、福井、
静岡、愛知、三重、岐阜、滋賀
一部エリア
softbank光はこちら ソフトバンク光の東日本

北海道、 青森県、宮城県、岩手県、
山形県、秋田県、福島県、 新潟県、長野県、山梨県、東京都、茨城県、神奈川県、栃木県、千葉県。群馬県、埼玉県

一部エリア
docomo光はこちら 10ギガプランの対応エリア

東京都、愛知県

北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、甲信越、新潟、長野、山梨、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、石川、富山、福井、静岡、愛知、三重、岐阜、滋賀

一部エリア
nuro光はこちら 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、広島、岡山、福岡、佐賀

となっています。

光回線が来ない地域でインターネットを使う方法

光回線がない場所では、モバイルwifiやWiMAXを使うのがオススメです。

MVNO回線のポケット型wifiは

サービス名 一月あたりの制限 料金
それがだいじWiFi 100GB 3,821円
MONSTER MOBILE 100GB 3,388円
縛りなしWiFi 100GB 3,410円
Mugen wifi 100GB 3,718円
hi-ho Let’s WiFi 210GB 4,286円
AiR-WiFi 100GB 3,278円
THE WiFi 100GB 3,403円
ZEUS WiFi 100GB 3,782円
FUJI WiFi 200GB 5,995円
ギガゴリWiFi 200GB 6,050円
どこよりもWiFi 100GB 4,400円

などがあります。

そして、wimaxもエリア内であれば、選択肢に入ってくるでしょう。

WiMAXとは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略です。

そして、wimaxはプロバイダーがた20社以上あり、それぞれ料金が異なります。

  • BroadWiMAX
  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • Vision WiMAX
  • UQWiMAX
  • BIGLOBE
  • au
  • ワイヤレスゲート(ヨドバシ)
  • hi-ho
  • Yamada Air Mobile(ヤマダ電機)
  • BIC WiMAX(ビックカメラ)

などがwimaxのプロバイダーです。

WiMAXプロバイダ 端末代金 キャッシュバック 月額料金 事務手数料 契約期間 解約金
GMOとくとくBB
WiMAX
0円 13,000円
乗り換えの場合は20,000円
2,079円~4,444円 3,300円 3年 10,450円~20,900円
Vision WiMAX 0円 15,000円 4,400円~4,950円 0円 3年 14,300円~28,050円
BIGLOBE WiMAX 21,912円 15,000円 4,378円~4,928円 3,300円 1年 1,100円
カシモWiMAX 0円 なし 1,408円~4,455円 3,300円 3年 10,450円~20,900円
UQ WiMAX 21,780円 10,000円 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
Broad WiMAX 21,780円 なし 2,090円~4,708円 3,300円 3年 10,450円~20,900円
エディオンネット
WiMAX
21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
BIC WiMAX 21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
ワイヤレスゲート
WiMAX
21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
KT WiMAX 21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
YAMADA air mobile
WiMAX
21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
au WiMAX 21,780円 なし 4,721円~5,271円 3,300円 2年 1,100円

速度と安定を求めるなら光回線、移動をしたい場合や工事不要で使いたい場合はwimaxがいいでしょう。

など、プロバイダーによって価格が異なります。エリアや速度制限に関しては、どのプロバイダーを選んでも同じです。

光回線とポケット型wifiのどちらが優秀かについては、利用する方法や場所などの要素で異なります。

光回線は

  • 速度制限がue
  • 持ち運びできい
  • 工事ができる

という人に向いていますし

ポケットはwifiは

  • 工事したくない
  • 持ち運びしたい

という人にむいています。

で利用できます。ですので、光回線が使えない場合は、wimaxも選択式としてはありです。

また、wimaxにはオプションもあります。

  • UQ Wi-Fiプレミアム 無料
  • 端末あんしん補償 500円
  • 端末補償サービス 380円
  • グローバルIPアドレスオプション 96円
  • 請求書発行 100円
  • おまかせサポート 350円
  • フィルタリングフトウェア→ アルプスシステムインテグレーション株式会社のInterSafe Personalとデジタルアーツ株式会社のi-フィルター
  • music.jp store 500円
  • RecMusic 891円
  • U-NEXT 1,990円
  • OPTiM 500円
  • eBook図書券 762円〜
  • ハンゲーム 200円〜

などです。

オプションはプロバイダーによって違いますが、通信制限や通信速度、エリアはどのプロバイダーでも同じです。

田舎や離島で光回線が使えない場合はwimaxやWi-fiを使うべき?

wimaxやクラウドsimのwifi、そして、モバイルwifi、光回線にはそれぞれの良さがあります。

もちろん、対象エリアの関係で選択肢がないという場合もあるかもしれませんが、複数の選択肢がある場合はどうしたらいいのでしょうか。

まず、wimaxのモバイルwifi、そして、光回線を比較してみましょう。

回線の種類 回線業者 月額料金
ポケット型wifi WiMAX 約3,500円(プロバイダーによって異なる)
ソフトバンク 4,928円
ワイモバイル 4,158円
docomo 4,950円
光回線 auひかり ・戸建て:5,100円
・マンション:3,800円
nuro光 ・戸建て:5,700円
・マンション:5,700円
ソフトバンク光 ・戸建て:5,200円
・マンション:3,800円
ドコモ光 ・戸建て:5,400円
・マンション:4,200円

と、料金に関してはモバイルwifiやwimaxの方が安い傾向があります。ですが、モバイルwifiやwimaxには通信制限がありますが、固定の光回線にはそれがありませんので、価格だけで比較することができない部分もあります。

そして、気になる通信速度ですが

WiMAX2+ 下り最大440Mbps

5G対応端末の最大通信速度 2.7Gbps

auひかり 上下最大1Gbps
ドコモ光 上下最大1Gbps
NURO光 上下最大2Gbps

です。

回線の速度に関しては、固定回線が速いようです。ですが、wimaxも5Gであれば、光回線並みの速度がでます。ただ、離島や田舎では、また、5Gに対応していないところが多くなっています。

ただし、WiMAX+5G対応端末の最大通信速度は2.7Gbpsですので、固定回線並み通信速度があります。

回線の種類 回線業者 月額料金
ポケット型wifi WiMAX 約3,500円
ソフトバンク 4,928円
ワイモバイル 4,158円
docomo 4,950円
光回線 auひかり ・戸建て:5,100円
・マンション:3,800円
nuro光 ・戸建て:5,700円
・マンション:5,700円
ソフトバンク光 ・戸建て:5,200円
・マンション:3,800円
ドコモ光 ・戸建て:5,400円
・マンション:4,200円

となっています。

速度と安定を求めるなら光回線、移動をしたい場合や工事不要で使いたい場合はwimaxがいいでしょう。

また、wimaxではなくモバイルwifiを利用するという方法もあります、クラウドSIMであれば、wimaxがつながらないところでも利用できる可能性があります。

MVNO回線のポケット型wifiは

サービス名 一月あたりの制限 料金
それがだいじWiFi 100GB 3,821円
MONSTER MOBILE 100GB 3,388円
縛りなしWiFi 100GB 3,410円
Mugen wifi 100GB 3,718円
hi-ho Let’s WiFi 210GB 4,286円
AiR-WiFi 100GB 3,278円
THE WiFi 100GB 3,403円
ZEUS WiFi 100GB 3,782円
FUJI WiFi 200GB 5,995円
ギガゴリWiFi 200GB 6,050円
どこよりもWiFi 100GB 4,400円

などです。例えば、ゼウスwifiは会が利用も可能です。

光回線はもちろんwimaxも国内のみの使用ですが、ゼウスwifiは134カ国で利用可能です。

国・地域 300MB/1日 1GB/7日 3GB/30日
オーランド諸島 430円 968円 2,420円
アルバニア 699円 1,774円 4,409円
アルジェリア 484円 1,290円 3,226円
アンゴラ 968円 2,634円 6,560円
アルゼンチン 430円 1,130円 2,796円
オーストラリア 377円 968円 2,420円
オーストリア 377円 968円 2,420円
バーレーン 377円 968円 2,420円
バングラディッシュ 592円 1,452円 3,603円
ベルギー 377円 968円 2,420円
ボリビア 699円 1,828円 4,570円
ブラジル 430円 1,130円 2,849円
ブルガリア 377円 968円 2,420円
カンボジア 269円 646円 1,613円
カナダ 377円 968円 2,420円
チリ 592円 1,559円 3,924円
中国 161円 430円 1,076円
中国(VPN) 476円 951円 2,376円
コロンビア 377円 968円 2,420円
コスタリカ 699円 1,828円 4,570円
クロアチア 377円 968円 2,420円
キプロス 377円 968円 2,420円
チェコ 377円 968円 2,420円
デンマーク 377円 968円 2,420円
エクアドル 753円 1,936円 4,839円
エジプト 377円 968円 2,420円
エルサルバドル 915円 2,474円 6,183円
エストニア 377円 968円 2,420円
フィジー 377円 968円 2,420円
フィンランド 377円 968円 2,420円
フランス 377円 968円 2,420円
ドイツ 377円 968円 2,420円
ガーナ 430円 1,130円 2,849円
ギリシャ 377円 968円 2,420円
グアム 430円 1,022円 2,528円
グアテマラ 915円 2,474円 6,183円
香港 161円 430円 1,076円
ハンガリー 430円 1,130円 2,849円
アイスランド 377円 968円 2,420円
インド 430円 1,130円 2,849円
インドネシア 161円 430円 1,076円
アイルランド 377円 968円 2,420円
イスラエル 377円 968円 2,420円
イタリア 377円 968円 2,420円
日本 161円 430円 1,076円
ヨルダン 484円 1,236円 3,118円
カザフスタン 377円 968円 2,420円
ケニア 377円 968円 2,420円
韓国 161円 430円 1,076円
ラオス 269円 699円 1,774円
ラトビア 377円 968円 2,420円
リヒテンシュタイン 430円 968円 2,420円
リトアニア 377円 968円 2,420円
ルクセンブルク 538円 1,344円 3,387円
マカオ 269円 699円 1,774円
マレーシア 161円 430円 1,076円
マルタ 699円 1,774円 4,462円
モーリシャス 699円 1,774円 4,462円
メキシコ 377円 968円 2,420円
モナコ 430円 968円 2,420円
モンゴル 484円 1,236円 3,011円
モロッコ 377円 968円 2,420円
ミャンマー 377円 968円 2,420円
ネパール 430円 1,130円 2,849円
オランダ 377円 968円 2,420円
ニュージーランド 430円 1,130円 2,796円
ニカラグア 915円 2,474円 6,183円
ナイジェリア 699円 1,774円 4,409円
ノルウェー 538円 1,344円 3,387円
パキスタン 377円 968円 2,420円
パナマ 484円 1,236円 3,118円
ペルー 592円 1,452円 2,528円
フィリピン 215円 538円 1,344円
ポーランド 377円 968円 2,420円
ポルトガル 377円 968円 2,420円
プエルトリコ 430円 1,130円 2,796円
カタール 538円 1,344円 3,387円
ルーマニア 377円 968円 2,420円
ロシア 377円 968円 2,420円
サイパン(北マリアナ諸島) 430円 1,022円 2,528円
サンマリノ 430円 968円 2,420円
サウジアラビア 269円 592円 1,505円
セルビア 538円 1,344円 3,387円
シンガポール 215円 592円 1,505円
スロバキア 377円 968円 2,420円
スロベニア 377円 968円 2,420円
南アフリカ 430円 1,130円 2,796円
スペイン 377円 968円 2,420円
スリランカ 377円 968円 2,420円
スウェーデン 377円 968円 2,420円
スイス 377円 968円 2,420円
台湾 215円 484円 1,236円
タンザニア 699円 1,774円 4,462円
タイ 215円 538円 1,344円
ドミニカ共和国 915円 2,474円 6,183円
チュニジア 699円 1,774円 4,409円
トルコ 377円 968円 2,420円
アラブ首長国連邦 484円 1,184円 2,957円

ほかにも海外利用できるwifiはあります。

このような利用方法ができるのは、光回線はwimaxにはない魅力といえそうです。

ゼウスwifiの詳細はこちら

そして、料金は

データ容量 20・40・100GB
通信速度 下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
月額料金 ・20GBプラン
1~6ヶ月:980円
7ヶ月~:2,178円・40GBプラン
1~6ヶ月:1,680円
7ヶ月~: 2,948円・100GBプラン
1~3ヶ月:3,278円
4ヶ月~:3,828円
事務手数料 3,300円
プラン 20G・40G・100Gの3プラン
契約期間 なし

です。

光回線もwimaxもエリア外という場合や、もちはこびできて、海外利用もしたい場合などは、ポケット型wifiも検討しましょう。

他にも、

縛りなしプランがあるどこよりもwifi

月額料金 900円〜3,900円
データ容量 0GB~無制限
速度制限 1日4GB
契約期間 2年or縛りなし
端末代金 0円(レンタル)
契約事務手数料 3,300円
契約解除料 10,450円
オプション 機器補償サービス

月額料金440円

破損時に新品、または状態のよい中古品に代替機貸し出し

月額2508円かに利用できるKurashi-mo Wi-Fi

公式 Kurashi-mo Wi-Fi
料金プラン 90GBプラン (2年契約)
違約金・解約金 10,450円
お試しプラン 要問い合わせ
契約期間なしオプション 月額2,280円~(税込2,508円)
※8ヵ月目から:3,280円(税込3,608円)
安心オプション 600円
海外利用 【アジアの一部の国(韓国・台湾・香港など)】
850円/日
【その他の国】
1,250円/日

最大500GB大容量の通信が出来る大容量wifi

月額料金 2,900円~
データ容量 100GB~500GB
速度制限 プランにより異なる 最大500GBまで無制限
契約期間 2年
端末代金 0円
契約事務手数料 3,300円
契約解除料 19,800円
オプション メガチャージオプション

月額550円通信制限がかかっても1Mbps

などもそれぞれ特徴があって利用しやすいモバイルwifiです。

光回線が利用できないエリアであれば、このようなモバイルwifiやwimaxを検討するのもいいでしょう。


光回線を使うエリアは郵便番号で調べることも可能

光回線のエリアに自分が使いたい場所が入っているかは、各、光回線の会社のホームページから見ることができます。

住所を入れれば対象エリアかどうかを確認できるので、まず、確認されることをオススメします。

光回線を使えるエリアの拡大予定はある?

光回線のエリアは現時点でもとても広いのですが、対象になっていにいエリアは順次拡大しています。

今、対象エリアではなくてもいずれ対象エリアになる可能性はありますので、確認されることをオススメします。

安い光回線おすすめ比較ランキング戸建編

ここでは、戸建てタイプの光回線をまとめてご紹介します。

光回線 月額料金 工事費用 キャッシュバック額 スマホ割

auひかり
ずっとギガ得プラン(契約期間:3年間)
1年目5,610円(税込)
2年目5,500円(税込)
3年目5,390円(税込)
最大61,000円キャッシュバック
工事費実質無料!
61,000円 au(スマートバリュー)最大1100円割引

So-net光
ずっとギガ得プラン
35ヵ月3,980円(税込)
実質工事費無料 70,000円

softbank光
5,720円(税込) 税込26,400円(乗り換えの場合工事費無料) 37,000円 SoftBank 最大1100円割引
BIGLOBE光 2年プラン:5,698円(税込)
3年プラン:5,478円(税込)
0円 26,000円 au(スマートバリュー)最大1100円割引
ドコモ光 5,720円(税込) 新規工事料無料 20,000円 docomo ギガホまたはギガホライトの場合
最大1100円割引

NURO光
2年契約:5,700円
3年契約:5,200円
44,000円 (実質工事費無料) 45,000円 SoftBank 最大1100円割引

です。

ではマンションタイプと料金を比較してみましょう。

月額料金(戸建て) 月額料金(マンション)
エキサイト光 4,360円 3,360円
フレッツ光 5,200円 3,800円
auひかり 5,100円 3,800円
NURO光 4,743円 4,743円
So-net光 4,510円 3,490円
OCN光 5,100円 3,600円

このように、戸建てタイプよりマンションタイプの方が料金は割安という傾向があります。

戸建のnuro光なら1年間お得ソフトバンク光なら戸建でオンライン授業にも使える

戸建のnuro光なら1年間お得に利用できますし、何より、通信速度が速く動画視聴はもちろん、オンラインゲームやオンライン授業にも利用できます。

nuro光はこちら

月額料金(戸建て) 5,200円(税込)
月額料金(マンション) NURO光forマンション2,090円~2,750円
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 44,000円(税込)
通信速度 下り最大2Gbps
キャッシュバック 43,000円(税込)
スマホセット ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 10,450円(税込)
公式キャンペーン
おうち割光セット
基本工事費実質無料
設定サポート1回無料

提供エリアは北海道関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県茨城県、栃木県、群馬県、東海:愛知県、静岡県岐阜県、三重県関西:大阪府、兵庫県、京都府滋賀県、奈良県中国:広島県、岡山県九州:福岡県、佐賀県です

au光なら戸建でもゲームがスムーズに使える

au光はKDDIが提供している光通信です。

概要は次の通り

au光はこちら

月額料金(戸建て) 6,160円(税込)
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 41,250円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 41,250円(税込)
スマホセット auのスマホで割引
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 16,500円(税込)

となっています。

auのスマートフォンを使用している場合は、お得に利用できます。

au光の詳しい料金は

戸建てタイプ 標準プラン 6,300円
ギガ得 5,200円
ずっとギガ得 4,900~5,100円
マンションタイプ マンションミニ (光配線) 5,000円
マンションギガ (光配線) 4,050円
VDSL8契約以上 4,100円
VDSL16契約以上 3,800円
LAN配線8契約以上 3,700円
LAN配線16契約以上 3,400円

と細かく料金が設定されているのが特徴です。

戸建で家でも外でも映像が楽しめるドコモ光

docomo光はこちら

NTTdocomoが提供している光回線がドコモ光です。

月額料金(戸建て) 5,720円(税込)
月額料金(マンション) マンション 5,720円~
事務手数料 3,300円
工事費用 19,200円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 39,200pt(ドコモポイント)
スマホセット ドコモ
契約期間 2年/縛りなし
解約金 14,300円(税込)
オプション料金 ドコモ光電話:550円

ドコモの光電話のオプションがあります。

BIGLOBE光なら戸建でも高速で高品質な映像が楽しめる

ビックローブ光は戸建てタイプでもマンションタイプでも高速インターネットを楽しむことができます。キャッシュバック金額も高めに設定されていますし、工事費用もキャンペーンで無料になることがあります。

biglobe光はこちら

運営会社 ビッグローブ株式会社
スマホセット割 au
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
契約事務手数料 3,300円
工事費用 19,800円(実質無料となるケースもある) 16,500円(実質無料となるケースもある)
キャンペーン内容 ・33,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・.ルーター6ヶ月無料

セキュリティーやサポートサービスが充実している戸建で使えるSo-net光

sonet光はこちら

So-net光は無料のセキュリティなどのサポートが充実している光回線です。

キャッシュバックの金額も大きく、工事費も同額割引で実質無料キャンペーンをしていることもありますので、初期費用を抑えて利用できます。

月額料金 一戸建て:6,138円
マンション:4,928円
初期費用 3,300円
工事費用 一戸建て・マンション共通:26,400円 実質無料キャンペーン
通信速度 1Gbps
キャッシュバック 新規:60,000円
乗り換え:40,000円
スマホセット セット割引き
契約期間 3年
解約金 20,000円

コミュファ光は戸建でも利用ができ豊富なオプションで暮らしをもっと楽しめる

コミュファ光はオプションやキャンペーンが多いのが特徴です。

月額料金 戸建てタイプ3980円~4980円

マンションタイプ3380円~4980円

初期費用 契約事務手数料(770円)
光電話工事費(3,300円)
番号ポータビリティ工事費(2,200円) 
工事費用 光テレビ工事費(20,570円) 無料キャンペーンあり
通信速度 1Gbps
キャッシュバック 20000円

その他 選べる家電プレゼントキャンペーンやポイントプレゼントなど

スマホセット 不明
契約期間 2年
解約金 29,700円

エキサイト光は戸建の中でも安心快適なネット環境がある

エキサイト光も戸建てタイプもマンションタイプも対応していて、快適なネット環境で利用できます。

月額料金 月額料金(戸建て)3,360円

月額料金(マンション)4,360円

初期費用 事務手数料1,000円(新規申し込み)2,000円(転用)工事費
工事費用 (ホームタイプ)18,000円工事費(マンションタイプ)15,000円工事費(土日祝日加算)3,000円
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 不明
スマホセット なし
契約期間 なし
解約金 不明

フレッツ光は戸建でのお得なサービスがある

そして、フレッツ光についても紹介したいと思います。

フレッツ光は他の光回線よりやや体系が複雑です。

回線 ファミリー戸建て マンション
フレッツ光 NTT東日本 6100円 3850円~4850円
NTT西日本 5900円 3700円~5000円

と、東日本に西日本で料金が異なります。

そして、料金とキャンペーンの詳細は以下の通り

回線 ファミリー戸建て マンション セット割 キャンペーン
フレッツ光 NTT東日本 6100円 3850円~4850円 ギガ推し割、にねん割、マンスリーポイント、単身&かぞく応援割
NTT西日本 5900円 3700円~5000円 docomo 光はじめ割、グループ割、移行工事費割、(リモートサポート1カ月無料)、セキュリティ機能ライセンス、プラス1カ月無料、セキュリティ機能見張り番1カ月無料、セキュリティ機能WEBフィルター1カ月無料

です。

そして、プレッツ光はプロバイダー契約があり、プロバイダーの料金は以下のようになっています。

フレッツ光のプロバイダーごとの毎月の料金です。各社で値段が違うので価格を抑えたい人は注意が必要です。

プロバイダー ファミリー マンション
BBエキサイト 500円 500円
ASAHIネット 780円 550円
WAKWAK 950円 600円
DTI 951円 680円
plala 1000円 800円
hi-ho 1200円 890円
BIGLOBE 1200円 900円
So-net 1000円 900円
nifty 1000円 900円
OCN 1100円 900円

です。

解約の際には、フレッツ光の解約金だけでなくプロバイダーの解約金がかかることがあるので、注意しましょう。そして、フレッツ光の対応エリアは以下の通りです。

フレッツ光 【NTT東日本】北海道、青森、秋田、山形、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、東京、群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟、山梨、長野
【NTT西日本】岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、富山、石川、福井、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
nuro光 【北海道】北海【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良【東海】愛知、静岡、岐阜、三重【九州】福岡、佐賀(一部エリアを除く)
auひかり 北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、石川、福井、鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
SoftBank光 【NTT東日本】北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野
【NTT西日本】富山、石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

となっています。

そして、注意したいのが、フレッツ光は西日本と東日本でそれぞれ問い合わせ窓口ことなるという点です。サポートが充実しているのもフレッツの魅力です。

TEL
対応時間
NTT東日本
サービスの問い合わせ:0120-116116
故障:0120-000113
サービスの問い合わせ:午前9時~午後5時(年末年始除く)
故障:24h対応、故障修理の対応は午前9時~午後5時
NTT西日本
料金関連:0120-747488(NTT西日本から請求の場合)、0800-333-5550(NTTファイナンスから請求の場合)
故障・設定:0120-248995
料金関連:午前9時~午後5時(年末年始除く)
故障・設定:24h、故障修理の対応は午前9時~午後5時

そして、契約期間ですがこれも東日本と西日本でことなります。

契約プラン 住居タイプ 解約金発生条件 割引適用期間 解約金
にねん割
(NTT東日本)
戸建て 割引適用期間内で更新月以外に解約 2年毎に自動更新 9,500円
集合住宅 1,500円
どーんと割
光もっともっと割
(NTT西日本)
戸建て 初回は2年、更新後は3年毎に自動更新 10,000~30,000円
集合住宅 3,500~10,500円
光はじめ割
(NTT西日本)
戸建て 2年毎に自動更新 10,000円
集合住宅 7,000円

そして、プロバイダーによっては以下の解約料金が発生するので注意してください。

プロバイダ名 利用期間 解約金
Toppa! 3年未満~3年未満 5,000円~30,000円
@nifty 2年未満 3,000円
BIGLOBE 2年未満 5,000円
OCN 2年未満 5,000円
Yahoo BB 2年未満 5,000円
Asahi Net 1年未満 2,000円
DTI 制限なし なし
plala(ぷらら) 制限なし なし
So-net 制限なし なし

法人おすすめ光回線

光回線は個人の自宅だけでなく法人で契約することもあります。オフィスや飲食店などで、光回線を法人契約することももちろん可能です。

法人で光回線は契約できる?

法人契約ができる光回線はあります。

法人で契約する場合のポイントは

  • 法人名義で契約できるか
  • 複数の固定IPアドレスの対応しているか
  • セキュリティ

です。

まずは、対応エリアと法人契約の可否。これはとても大切です。そして、複数のIPアドバイスを固定で持てるかどうかやセキュリティのサポートも確認しておきましょう。

  • フレッツ光
  • OCN光
  • ソフトバンク光
  • auひかり
  • NURO光(G2TまたはBiz)

などは法人契約が可能となっています。

フレッツ光

(NTT東日本)

5,087.5円+プロバイダ利用料 4,400円+プロバイダ利用料~ 2年 戸建て:10,450円

集合住宅:1,650円

フレッツ光

(NTT西日本)

2年間:4,730円+プロバイダ利用料

3年目以降:4,521円+プロバイダ利用料

4,345円+プロバイダ利用料~ 2年 戸建て:11,000円

集合住宅:7,700円

OCN光 5,610円 3,960円 2年 11,000円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円 2年 10,450円
auひかり 1年目:5,610円

2年目:5,500円

3年目以降:4,390円

3,740円〜5,500円 戸建て:3年

集合住宅:2年

戸建て:16,500円

集合住宅:10,450円

NURO光(G2Tプラン) 5,200円 5,200円 3年 10,450円
NURO光 Biz 20,735円 最低利用期間
13ヵ月目の末日まで

などです。

対応エリアは

フレッツ光 【NTT東日本】北海道、青森、秋田、山形、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、東京、群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟、山梨、長野
【NTT西日本】岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、富山、石川、福井、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
nuro光 【北海道】北海【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良【東海】愛知、静岡、岐阜、三重【九州】福岡、佐賀(一部エリアを除く)
auひかり 北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、石川、福井、鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
SoftBank光 【NTT東日本】北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野
【NTT西日本】富山、石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

となっています。

対応エリア内でも利用できない場所もあるので、注意されてください。

法人で使えるNURO Bizはテレワークサポートが充実

nuro光はこちら

NURO Bizはテレワークサポートが充実しており、オンラインでの作業がスムーズです。

NURO光(G2Tプラン) 5,200円 5,200円 3年間 10,450円
NURO光 Biz

※NUROアクセス スタンダード

20,735円 最低利用期間
13ヵ月目の末日まで
最低利用期間内の解約は残月数分の月額料金を一括請求

法人で使えるドコモ光は回線速度が早く充実したサポートが付いている

docomo光はこちら

ドコモ光は回線速度が速く、充実したサポートがあるのが魅力です。光回線を導入したいけど、専門的なことがよく解らないという場合でも丁寧なサポートで安心です。

月額料金(戸建て) 5,720円(税込)
月額料金(マンション) マンション 5,720円~
事務手数料 3,300円
工事費用 19,200円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 39,200pt(ドコモポイント)
スマホセット ドコモ
契約期間 2年/縛りなし
解約金 14,300円(税込)
オプション料金 ドコモ光電話:550円

法人で使えるビッグローブ光は困った時のサポートが充実している

biglobe光はこちら

ビッグローブ光もサポートが充実している光回線です。NTT東西と同じ光回線を使用しており、ビジネスで使えるインターネット回線です。

通信速度も速く安定しており、テレワークにも適しています。申し込みはWebで完結できますし、個人事業主や任意団体の方でも契約が可能です。

運営会社 ビッグローブ株式会社
スマホセット割 au
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
契約事務手数料 3,300円
工事費用 19,800円(実質無料となるケースもある) 16,500円(実質無料となるケースもある)
キャンペーン内容 ・33,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・.ルーター6ヶ月無料

法人で使える光ビジネスアクセスNEXTは24時間365日の現地対応サービスが付いていて安心

光ビジネスアクセスNEXTは24時間365日のサービスが特徴です。

料金 IP1 1個 上り500Mbpsコース26,000円 上り1Gbpsコース42,000円
IP8 5個 上り500Mbpsコース36,000円 上り1Gbpsコース60,000円
IP16 13個 上り500Mbpsコース56,000円 上り1Gbpsコース96,000円
IP32 29個 上り500Mbpsコース73,000円 上り1Gbpsコース145,000円
IP64 61個 上り500Mbpsコース96,000円 上り1Gbpsコース195,000円
IP128 125個 上り500Mbpsコース126,000円 上り1Gbpsコース265,000円
IP256 253個上り500Mbpsコース 166,000円 上り1Gbpsコース345,000円
事務手数料 3,000円 初期費用50000円
工事費用 実費
通信速度 最大1Gbps
キャッシュバック 不明
スマホセット 不明
契約期間 不明
解約金 不明
オプション オプション
トラフィック観測ツール
死活監視サービス
ドメイン取得代行サービス
DNSホスティングサービス

光回線おすすめルーター

光回線を使用するために必要なオプションをご紹介したいと思います。

WSR-2533DHPLは設置場所を選ばないコンパクトサイズ

WSR-2533DHPLは、バッファローのルーターです。

  • 11ac(5GHz)に加え、2.4GHzの256QAMに対応
  • ビームフォーミングに対応

IPv6対応, ギガビットイーサネットで安定した通信速度のルーターです。

データ転送速度 800 MBps
無線LANインターフェース 伝送方式 CCK、DSSS、OFDM、MIMO
周波数範囲(チャンネル) IEEE802.11a:5.2〜5.7GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch )
IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz(1〜13ch)
準拠規格(最大転送速度) IEEE802.11ac(1733Mbps)
IEEE802.11a/g(54Mbps)
IEEE802.11b(11Mbps)
IEEE802.11n(800Mbps)
セキュリティー WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(TKIP/AES mixed)、WEP(128/64bit)、Any接続拒否、プライバシーセパレーター、MACアクセス制限(最大登録許可台数:64台)
アンテナ 5GHz/2.4GHz 4本(内蔵)
アクセスモード インフラストラクチャーモード、中継機能
有線LANインターフェース 端子形状 RJ-45型 8極
WAN側IP取得方法 手動 / DHCP / PPPoE
セキュリティー ステートフルパケットインスペクション(SPI)、パケットフィルタリング、VPNマルチパススルー(PPTP)
伝送速度 LANポート:最大1000Mbps×4
INTERNETポート:最大1000Mbps×1
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 12.6W(最大)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 36.5x160x160mm
質量 約400g(製品本体のみ)
インターフェース LAN: 10Base-T/100Base-TX/1000Base-T x 4 – RJ-45 | WAN: 10Base-T/100Base-TX/1000Base-T x 1 – RJ-45
無線規格 無線-AC, 無線-G, 無線-N
動作保証環境  温度 0〜40℃
湿度 10〜85%
保証期間 1年間
対応OS
Apple MacOS X 10.5以降, Microsoft Windows 7 (32/64ビット), Android 2.2以降, Apple iOS 5.0以降, Windows 8.1 (32/64ビット), Windows 10
主な付属品 スタンド、LANケーブル(0.5m)、ACアダプター、取扱説明書
※保証書はパッケージに記載

Aterm WG2600HP3はゲストを分けてWI-FI制御ができるので安心して利用可能

  • ゲストを分けてWI-FI制御
  • IPv6対応,
  • ギガビットイーサネット

Aterm WG2600HP3は4ストリームプレミアムモデルです。

[Wi-Fi 5(11ac)対応]同時利用タイプで回線がしても安定しています。

無線規格 無線-AC, 無線-G, 無線-N
寸法&重量 幅3.8 cm
奥行12.95 cm
高さ17 cm
重量600 g
物理LANインターフェース 物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×1
インタフェース 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度 1000Mbps/100Mbps
全二重/半二重 全二重/半二重
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック×4(スイッチングHUB ×4)
インタフェース 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X)
伝送速度 1000Mbps/100Mbps
無線LAN
インタフェース
IEEE802.11ac 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 [VHT20] 56、 [VHT40] 114、 [VHT80] 242
MIMO(空間多重)方式
伝送速度 5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大1733Mbps(VHT80の場合)
IEEE802.11n 周波数帯域
/チャネル
2.4Ghz帯(2,400~2,484MHz) : 1~13ch
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 直交周波数分割多重方式 / 搬送波数空間多重方式
通信速度 2.4GHz 帯
最大600Mbps(HT40 の場合)
5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大600Mbps(HT40 の場合)最大800Mbps
IEEE802.11a 周波数帯域 [W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数52
伝送速度 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11g 周波数帯域 2.4GHz帯(2,400~2,484MHz) / 1~13ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 52
伝送速度 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11b 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2,400~2,484MHz) / 1~13ch
伝送方式 DS-SS(スペクトラム直接拡散)方式
伝送速度 ※1 11/5.5/2/1Mbps(自動フォールバック)
アンテナ 5GHz :送信4 ×受信4
2.4GHz :送信4 ×受信4
(内蔵アンテナ)
セキュリティ SSID、MAC アドレスフィルタリング、ネットワーク分離機能、
WEP(128bit)
WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(AES)、
WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
* IEEE802.11ac、IEEE802.11nは対向機とAESで接続された場合のみ使用可能
ヒューマン
インタフェース
状態表示ランプ POWER 電源通電状態表示
ACTIVE 親機モード時ネット通信状態表示
子機(CONVERTER)モード時Wi-Fi接続状態表示
2.4GHz 2.4GHz モード Wi-Fi通信状態表示
5GHz 5GHz モード Wi-Fi通信状態表示
TV TV モード通信状態表示
CONVERTER 親機・子機状態表示
WAN リンク確立状態表示
LAN リンク確立状態表示
スイッチ らくらくスタートボタン× 1
RESET スイッチ× 1
RT/BR/CNV(CONVERTERモード)切替スイッチ×1
利用プロトコル TCP/IPプロトコル

Orbi WiFiシステム(RBK50)は初期設定をスマホで数分で登録できて面倒な作業が省ける

  • 家全体をカバー
  • Wi-Fi6テクノロジーを搭載
  • Orbiアプリでかんたんセットアップ

1台で175平米をカバーする自己組織化のルーターです。Orbiアプリという専用のアプリでセットアップできます。

見た目もとてもお洒落でかわいいルーターです。

無線LAN
802.11ac/n/a/b/gトライバンド対応 最大1733Mbps(5GHz-1)+866Mbps(5GHz-2)+450Mbps(2.4GHz)
有線LAN ルーター: ギガビットLANポート×4/2.5Gマルチギガ対応インターネットポート×1 サテライト:ギガビットLANポート×4 ギガビットイーサネットポート (10/100/1000Mbps) ルーター:インターネットポート x 1 / LAN x 3 サテライト:LAN x 2 ギガビットイーサネットポート (10/100/1000Mbps) ルーター:インターネットポート x 1 / LAN x 3 サテライト:LAN x 4 ギガビットイーサネットポート (10/100/1000Mbps) ルーター: インターネットポート x 1 / LAN x 3 サテライト: LAN x 4
内蔵アンテナ 8本 6本 6本 6本
同時接続 30台
セキュリティ 802.11i, 128-bit AES encryption with PSK/ゲストネットワーク 802.11i, 128-bit AES encryption with PSK/ゲストネットワーク WPA/WPA2-PSK WPA/WPA2-PSK / ゲストネットワーク
カバー範囲 175㎡ 175㎡ 175㎡ 175㎡
本体寸法
170.3×78.9×225.8 mm
保証 3年

WSR-300HP/Nは多彩なレイアウト可能なスタンドが付属するので設置場所に困らない

WSR-300HP/Nはバッファローのルーターです。

  • アプリでガイド
  • Wi-Fi接続と「Giga」対応有線接続
  • レイアウトフリー
  • コンパクト
無線LANインターフェース 伝送方式 直接拡散型スペクトラム拡散、直交波周波数分割多重変調、単信(
周波数範囲 IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz(1~13ch)
セキュリティー WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(AES)、WEP(128/64bit)、Any接続拒否
アンテナ 2.4GHz 2本
準拠規格 IEEE802.11n / IEEE802.11g / IEEE802.11b
転送速度 最大300Mbps(IEEE802.11n)、最大54Mbps(IEEE802.11g)、最大11Mbps(IEEE802.11b)
有線LAN  規格 IEEE802.3ab(1000BASE-T)、IEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3準拠(10BASE-T)
対応プロトコル TCP/IP
伝送路符号化方式 8B1Q4/PAM5(1000BASE-T)、4B5B/MLT-3(100BASE-TX)、マンチェスターコーディング(10BASE-T)
伝送速度 10M / 100M / 1000Mbps(オートセンス)
アクセス方式 CSMA/CD
WAN部IP取得方法 手動 / DHCP / PPPoE
セキュリティー ステートフルパケットインスペクション(SPI)、パケットフィルタリング、VPNマルチパススルー(PPTP)
端子数 1(AUTO-MDIX対応)
端子形状 RJ-45型8極
有線LAN : スイッチングHub 規格 IEEE802.3ab(1000BASE-T)、IEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3準拠(10BASE-T)
対応プロトコル TCP/IP
伝送路符号化方式 4B5B/MLT-3(100BASE-TX)、マンチェスターコーディング(10BASE-T)
アクセス方式 CSMA/CD
伝送速度 10M / 100M / 1000Mbps(オートセンス)
スイッチングデータ転送方式 ストア&フォワード
端子数 3(AUTO-MDIX対応)
端子形状 RJ-45型8極
電源 AC100V 50/60Hz
最大消費電力 5.8W
外形寸法(幅×高さ×奥行) 140×140×31mm
質量 約232g

WRC-300FEBK-Rはボタンワンタッチで設置可能

WRC-300FEBK-Rはエレコムのルーターです。

  • 電波を中継
  • WPS対応の無線ルーター
対応OS Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
対応OS(Mac) macOS 10.13/10.12、Mac OS X 10.11/10.10/10.9/10.8/10.7/10.6/10.5
対応ブラウザ Internet Explorer 11、Chrome for Android、Safari for Mac OS、Safari for iOS、Safari for iPadOS
有線規格 IEEE802.3u(100Base-TX)、IEEE802.3(10Base-T)
無線規格 IEEE802.11n、IEEE802.11b、IEEE802.11g
無線伝送方式 IEEE802.11n : MIMO-OFDM方式、IEEE802.11g : OFDM方式、IEEE802.11b : DS-SS方式
無線伝送速度(理論値) IEEE802.11n : 最大300Mbps、IEEE802.11g : 最大54Mbps、IEEE802.11b : 最大11Mbps
周波数帯域 2.4GHz(2,400~2,484MHz)
チャンネル 2.4GHz帯 : 1~13ch
無線セキュリティ SSID(ステルス設定可)、WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP)、WEP(64bit/128bit)
設定方式 WPS
多段接続台数 2台
アンテナ(本数) 内蔵アンテナ 2本 (2.4GHz帯 : 送受信2本)
対応プロトコル TCP/IP
入力電圧 AC100-240V 50/60Hz 0.2A
消費電力(最大) 2.9W
省電力機能 LED省電力
外形寸法(幅×奥行き×高さ) (W)約107 × (D)約72 × (H)約25mm
質量 約86g (ACアダプター含まず)

ちびファイ3 MZK-DP150Nは持ち運びもできて便利に使用可能

ちびファイ3 MZK-DP150Nはプラネックスのルーターで、コンセントにつないで使うものです。

  • コンパクト
  • 11n/g/b対応
周波数帯域
チャンネル数
2.4GHz帯:1~13ch(自動)
チャンネル帯域 20/40MHz(自動切替)
伝送速度 IEEE802.11n:最大150Mbps
IEEE802.11g:54、48、36、24、18、12、9、6Mbps(自動認識)
IEEE802.11b:11、5.5、2、1Mbps(自動認識)
伝送方式 IEEE802.11n:直交波周波数分割多重変調(OFDM方式)
IEEE802.11g:直交波周波数分割多重変調(OFDM方式)
IEEE802.11b:直接拡散型スペクトラム拡散(DSSS方式)
セキュリティ WPA2-PSK(暗号化方式:AES)
WPA-PSK(暗号化方式:AES)
有線部仕様
対応規格 IEEE802.3u(100BASE-TX)
IEEE802.3i(10BASE-T)
インターフェース RJ-45 UTPポート×1(Internetポート、AutoMDI/MDI-X対応)
電圧 AC100~240V、 50/60Hz
消費電力 最大 約2W
寸法 約 30(W)×45(H)×55(D)mm
重さ 約 55g

Aterm WG1200CR2つの周波数帯で同時接続可能もできてストレスなし利用可能

Aterm WG1200CRはNECのルーターです。2つの周波数帯で同時接続可能です。

  • 2つの周波数帯で同時接続可能
WAN
インタフェース
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×1
インタフェース 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度 1000Mbps/100Mbps
LAN
インタフェース
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×1
インタフェース 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度※1 1000Mbps/100Mbps
無線LAN
インタフェース
IEEE802.11ac 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5150~5250MHz) : 36/40/44/48ch
[W53] 5.3GHz帯(5250~5350MHz) : 52/56/60/64ch
[W56] 5.6GHz帯(5470~5725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送速度※1、※2 5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大867Mbps(VHT80の場合)
IEEE802.11n 周波数帯域
/チャネル
2.4Ghz帯(2400~2484MHz) : 1~13ch
[W52] 5.2GHz帯(5150~5250MHz) : 36/40/44/48ch※屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5250~5350MHz) : 52/56/60/64ch※屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5470~5725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送速度 2.4GHz 帯
最大300Mbps(HT40 の場合)
5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大300Mbps(HT40 の場合)
(自動フォールバック)
IEEE802.11a 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5150~5250MHz) : 36/40/44/48ch
[W53] 5.3GHz帯(5250~5350MHz) : 52/56/60/64ch
[W56] 5.6GHz帯(5470~5725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数52
伝送速度 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11g 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2400~2484MHz) / 1~13ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 52
伝送速度 ※1 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11b 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2400~2484MHz) / 1~13ch
伝送方式 DS-SS(スペクトラム直接拡散)方式
伝送速度 ※1 11/5.5/2/1Mbps(自動フォールバック)
アンテナ 2.4GHz :送信2 ×受信2
5GHz :送信2 ×受信2
(内蔵アンテナ)
セキュリティ SSID、MAC アドレスフィルタリング、ネットワーク分離機能、
WEP(128bit)
WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(AES)、
WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
※ 11ac及び11nではWPA2-PSK(AES)のみ対応
外形寸法 約40.5(W)×116.5(D)×110(H)mm
質量 約0.2kg

Aterm WG1900HP2 PA-WG1900HP2は18台まで接続可能で大人数で利用しても安心

  • 18台まで接続可能
  • Wi-Fi 5(11ac)対応
  • ビームフォーミング対応
WAN
インタフェース
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×1
インタフェース 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度※1 1000Mbps/100Mbps
全二重/半二重 全二重/半二重
LAN
インタフェース
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×4
インタフェース 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度※1 1000Mbps/100Mbps
全二重/半二重 全二重/半二重
無線LAN
インタフェース
IEEE802.11ac 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch*屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch*屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 [VHT20] 56、 [VHT40] 114、 [VHT80] 242、MIMO(空間多重)方式
伝送速度※1、※2 5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大1300Mbps(VHT80の場合)
(自動フォールバック)
IEEE802.11n 周波数帯域
/チャネル
2.4Ghz帯(2400~2484MHz) : 1~13ch
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch*屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch*屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 [HT20] 56 [HT40] 114、MIMO(空間多重)方式
伝送速度 ※1、※3 2.4GHz 帯
最大450Mbps(HT40 の場合)
デジタル変調方式の256QAM使用時は、最大600Mbps ※4
5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大450Mbps(HT40 の場合)
(自動フォールバック)
IEEE802.11a 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch*屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch*屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数52
伝送速度 ※1 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11g 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2,400~2,484MHz) / 1~13ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 52
伝送速度 ※1 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11b 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2,400~2,484MHz) / 1~13ch
伝送方式 DS-SS(スペクトラム直接拡散)方式
伝送速度 ※1 11/5.5/2/1Mbps(自動フォールバック)
セキュリティ SSID、MAC アドレスフィルタリング、ネットワーク分離機能、
WEP(128bit)
WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2-PSK(AES)、
WPA/WPA2-PSK(TKIP/AES)
*IEEE802.11ac、IEEE802.11nは対向機とAESのみ使用可能
利用プロトコル※6 TCP/IPプロトコル
外形寸法 約33(W)×110(D)×169.5(H)mm
質量 400g
消費電力 16W

ルータ機能としてとてもすぐれており

  • アドバンスドNAT
  • ポートマッピング
  • IPv4IPv6パケットフィルタリング
  • ダイナミックポートコントロール機能(SPI)
  • DHCPサーバ機能
  • DNSフォワーディング
  • 不正アクセス検出機能
  • ブリッジモード
  • ユニバーサルプラグアンドプレイ
  • IPv4 PPPoEブリッジ機能・PPPoEルータモード
  • IPv6ブリッジ機能・ High Speed機能
  • VPNパススルー機能

を搭載しています。

wifi機能は

  • クワッドチャネル
  • デュアルチャネル
  • 5GHz/2.4GHz優先接続切替設定機能
  • ネットワークスキャンとSSID指定による無線接続
  • 無線クライアントモード機能
  • 送信出力設定
  • ビームフォーミング
  • こども安心ネットタイマー

に対応しています。

Aterm WG1200HS3は端末ごとに利用制限を儲けることができるので安心して利用可能

  • 2ストリーム
  • 11ac対応、867Mbpsの高速Wi-Fiルータ
  • こども安心ネットタイマー
WAN
インタフェース
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×1
インタフェース 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度※1 1000Mbps/100Mbps
全二重/半二重 全二重/半二重
LAN
インタフェース
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×3(スイッチングHUB ×3)
インタフェース※1 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度※1 1000Mbps/100Mbps
全二重/半二重 全二重/半二重
無線LAN
インタフェース
IEEE802.11ac 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch*屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch*屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 [VHT20] 56、 [VHT40] 114、 [VHT80] 242、MIMO(空間多重)方式
伝送速度 5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大867Mbps
IEEE802.11n 周波数帯域
/チャネル
2.4Ghz帯(2400~2484MHz) : 1~13ch
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch*屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch*屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 [HT20] 56 [HT40] 114、MIMO(空間多重)方式
伝送速度 ※1、※3 2.4GHz 帯
最大300Mbps(HT40 の場合)
5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大300Mbps(HT40 の場合)
(自動フォールバック)
IEEE802.11a 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch*屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch*屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,725MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数52
伝送速度 ※1 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11g 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2400~2484MHz) / 1~13ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 52
伝送速度 ※1 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11b 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2400~2484MHz) / 1~13ch
伝送方式 DS-SS(スペクトラム直接拡散)方式
伝送速度 ※1 11/5.5/2/1Mbps
大きさ 約33(W)×97(D)×146(H)mm
重さ 約0.2kg

WG1200HS4は標準的な価格で使いやすく一人暮らしの人にもおすすめ

  • 電波強度をアップ
  • 価格が安い

WG1200HS4はNECのルーターです。

インタフェース 物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×1
インタフェース 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度 1000Mbps/100Mbps
全二重/半二重 全二重/半二重
LAN
インタフェース
物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×3(スイッチングHUB ×3)
インタフェース※1 1000BASE-T/100BASE-TX(Auto MDI/MDI-X対応)
伝送速度※1 1000Mbps/100Mbps
全二重/半二重 全二重/半二重
無線LAN
インタフェース
IEEE802.11ac 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,730MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140/144ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 [VHT20] 56、 [VHT40] 114、 [VHT80] 242、MIMO(空間多重)方式
伝送速度※1 5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大867Mbps(VHT80の場合)※2
(自動フォールバック)
IEEE802.11n 周波数帯域
/チャネル
2.4Ghz帯(2400~2484MHz) : 1~13ch
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch*屋内限定
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch*屋内限定
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,730MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140/144ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 [HT20] 56 [HT40] 114、MIMO(空間多重)方式
伝送速度 2.4GHz 帯
最大300Mbps(HT40 の場合)
5.2GHz 帯(W52)
5.3GHz 帯(W53)
5.6GHz 帯(W56)
最大300Mbps(HT40 の場合)
(自動フォールバック)
IEEE802.11a 周波数帯域
/チャネル
[W52] 5.2GHz帯(5,150~5,250MHz) : 36/40/44/48ch
[W53] 5.3GHz帯(5,250~5,350MHz) : 52/56/60/64ch
[W56] 5.6GHz帯(5,470~5,730MHz) : 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140/144ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数52
伝送速度 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11g 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2400~2484MHz) / 1~13ch
伝送方式 OFDM(直交周波数分割多重)方式 / 搬送波数 52
伝送速度 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps(自動フォールバック)
IEEE802.11b 周波数帯域
/チャネル
2.4GHz帯(2400~2484MHz) / 1~13ch
伝送方式 DS-SS(スペクトラム直接拡散)方式
伝送速度 11/5.5/2/1Mbps(自動フォールバック)
利用プロトコル TCP/IPプロトコル
外形寸法 約33(W)×97(D)×146(H)mm
質量 約0.2kg

です。

価格がリーズナブルですので初期費用をかけたくないという方や、ひとり暮らしの方にもオススメです。

WN-DEAX1800GRは外付けタイプのアンテナ付きで二人暮らしの方にもおすすめ

  • 外付けアンテナ
  • 可動式アンテナを搭載
対応OS Windows 10、macOS 10.15~11、iOS 13.0~14.0、iPadOS 13.0~14.0、Android 8.0~11.0
Chrome
対応ブラウザ Internet Explorer 11、Edge、Chrome for Android、Safari 13 for Mac OS、Safari for iOS、Safari for iPadOS、Chrome for ChromeOS
有線規格 IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
IEEE802.3i(10BASE-T)
速度 1000Mbps、100Mbps、10Mbps
無線LAN規格 IEEE802.11ax Draft、IEEE802.11ac、IEEE802.11n、IEEE802.11a、IEEE802.11g、IEEE802.11b
通信周波数 2.4GHz帯、5GHz帯(W52/W53/W56)
使用チャンネル 2.4GHz帯:1-13ch
5GHz帯:36,40,44,48,52,56,60,64,100,
104,108,112,116,120,124,128,132,136,140,144ch
伝送方式 IEEE802.11ax:直交周波数分割多元接続(OFDMA)
IEEE802.11ac/11n/11a/11g:直交周波数分割多重(OFDM)
IEEE802.11b:直接拡散スペクトラム拡散方式(DS-SS)
アンテナ方式 外付けアンテナ×2(2.4GHz&5GHz送受信用×2)
対応プロトコル TCP/IP(IPv6/IPv4)
無線LANセキュリティ WPA2-PSK(AES)、WPA3-SAE、WPA3-SAE Transition
無線LAN機能 MACアドレスフィルタリング(最大24エントリー)、SSID通知のON/OFF、マルチSSID設定、 自動チャンネル設定(オートチャンネル)、送信出力制限、WPS、WMM、Wi-Fi設定コピー、MU-MIMO(※1)、 ビームフォーミング、バンドステアリング
※1 子機もMU-MIMOに対応している必要があります。
最大接続台数 推奨20台
外形寸法 縦置き専用:約70(W)×145(D)×245(H)mm
質量(本体のみ) 約340g (スタンド含む)

WSR-3200AX4S-BKは混雑しても遅くなりにくいので大家族におすすめ

  • 大家族むき
  • 遅くなりにくい
無線LANインターフェース 伝送方式 CCK、DSSS、OFDM、OFDMA、MIMO
周波数範囲 5GHz:
W52 36/40/44/48ch (5180~5240MHz)
W53 52/56/60/64ch (5260~5320MHz)
W56 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch(5500~5720MHz)
W56(新電波法対応) 144ch
2.4GHz:
1~13ch (2412~2472MHz)
準拠規格(最大転送速度) 5GHz:
IEEE 802.11ax:2401Mbps (80MHz 4×4)
IEEE 802.11ac:1733Mbps (80MHz 4×4)
IEEE 802.11n:600Mbps (40MHz 4×4)
IEEE 802.11a:54Mbps
2.4GHz:
IEEE 802.11n:800Mbps (40MHz 4×4)
IEEE 802.11g:54Mbps
IEEE 802.11b:11Mbps
※表示の数値は理論上の最大値であり、実際の転送速度を示すものではありません。
セキュリティー WPA3 Personal
WPA2 Personal
WPA2/WPA3 Personal
WEP(128-bit / 64-bit)
Any接続拒否
プライバシーセパレーター
MACアクセス制限 (最大登録許可台数:64台)
有線LANインターフェース 伝送速度 LANポート:最大1Gbps×4
INTERNETポート:最大1Gbps×1
端子形状 RJ-45型 8極
WAN側IP取得方法 手動 / DHCP / PPPoE / DHCPv6-PD / IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)※
※IPv4 over IPv6での通信はOCNバーチャルコネクト、v6プラス、IPv6オプション、transix、クロスパスに対応しています。
セキュリティー ステートフルパケットインスペクション(SPI)、パケットフィルタリング、VPNマルチパススルー(PPTP)
電源 AC100V
消費電力 15W(最大
大きさ 37.5×160×160mm ※アンテナおよび突起部を除く
重さ 約390g ※本体のみ

TUF-AX3000はラグを軽減するゲーム専用LANポート付きでよくゲームを利用する人にもおすすめ

  • ラグを軽減するゲーム専用LANポート
  • メッシュWi-Fiシステム機能「AiMesh」
  • 次世代の無線LAN規格802.11AX (Wi-Fi 6)に対応
  • 接続台数64台
通信方式 IEEE 802.11a・IEEE 802.11b・IEEE 802.11g・IEEE 802.11n・IEEE 802.11ac・IEEE 802.11ax
データ帯域 802.11a:最大54Mbps/802.11b:最大11Mbps
/802.11g:最大54Mbps/802.11n:最大300Mbps
/802.11ac (1024QAM):最大1733Mbps/802.11ax (2.4GHz):最大574Mbps/802.11ax (5GHz):最大2402Mbps
対応周波数 2.4 GHz / 5 GHz
ポート RJ45 for Gigabits BaseT for WAN x 1, RJ45 for Gigabits BaseT for LAN x 4
USB 3.1 Gen 1 x 1
対応ワイヤレス IPv6
MU-MIMO
Wi-Fi Encryption:WPS support, WPA/WPA2/WPA3-Personal, WPA/WPA2-Enterprise
UTF-8 SSID
Guest Network
Maximum Guest Network rule:2.4GHz x3, 5GHz x3
WPS
Wi-Fi MAC address filter
Maximum MAC filters:64
Wireless scheduler
Airtime fairness
RADIUS Server
Universal beamforming
Explicit beamforming
IGMP snooping
AiProtection AiProtection
Router Security Assessment
Malicious site blocking
Two-Way IPS
Infected Device Prevention and Blocking
VPN VPN Client L2PT
VPN Client OVPN
VPN Client PPTP
VPN Server IPSe
VPN Server OVPN
VPN Server PPTP
VPN Fusion
使用電源 AC Input : 110V~240V(50~60Hz)
DC Output : 19 V with max. 1.75 A current
重さ 675 g

11ac/n/a/g/bは手のひらサイズで価格帯も安く購入可能

  • 手のひらサイズ
  • リーズナブルな価格
  • 高感度アンテナ(ハイゲイン)&可動式機構
対応情報
Windows 10・Windows 8.1 ・Windows 7・Windows Vista ・macOS 10.15 ・macOS 10.14 ・macOS 10.13 。macOS 10.12 ・OS X 10.11?・OS X 10.10・OS X 10.9 ・OS X 10.8
規格 IEEE802.11ac /IEEE802.11n / IEEE802.11a / IEEE802.11g / IEEE802.11b準拠
ARIB STD-T71(5GHz帯)/ARIB STD-T66(2.4GHz帯)
周波数範囲(チャンネル) IEEE802.11ac / IEEE802.11a:5.2GHz / 5.3GHz / 5.6GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch )
IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz (1~13ch)
通信速度 IEEE802.11ac 最大433Mbps
IEEE802.11a 最大54Mbps
IEEE802.11n 最大150Mbps
IEEE802.11g 最大54Mbps
IEEE802.11b 最大11Mbps
セキュリティー WPA3 Personal、WPA2 Personal、WPA Personal、WEP(128/64bit)
インターフェース USB 2.0
アクセス方式 インフラストラクチャーモード
電源 5V
最大消費電力 2.5W
大きさ 19×186×15mm
重さ 約20g

賃貸で勝手に光回線を導入できる?

賃貸だけど、光回線を導入したいという場合もあるでしょう。では、賃貸の場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

賃貸で光回線契約は可能だがNGな場合もある

賃貸物件でも、光回線の導入はエリア内であれば可能です。光回線のサービスを提供している会社が「賃貸だからだめ」だということはまずないと考えて良いでしょう。

ただし、NGというケースもあります。

それは、大家が工事を許可しない場合や、マンションタイプの光回線で他の住人が光回線の導入を希望しておらず、必要な契約者の人数が集まっていないという場合などです。

このような場合は、光回線の導入が難しくなってしまいます。

賃貸物件の種類によって誰に許可を取るかは異なる

賃貸でもエリア内であれば、光回線の導入は可能ですが、工事をするにあたつては必ず、許可をとる必要があります。工事を勝手にしてしまうと、トラブルになるともあります。

賃貸物件は自分の持ち物ではありませんので、工事の際には許可が必要です。

どんな賃貸かによって誰の許可が必要かが変わってきますが、多くの場合、大家さんや管理会社の許可が必要です。また、周辺住民に対しても音がするのであれば、事前に連絡をしておく方がいいでしょう。

集合住宅や戸建の場合は管理会社に確認する必要がある

集合住宅や戸建て住宅の賃貸の場合、光回線の工事をする歳には、大家さんはもちろん、管理会社にも連絡が必要となるケースがあります。

賃貸の場合は、自分で勝手に工事をすることはできませんので、大家さんと管理会社には必ず確認をしてください。勝手に工事をしてしまうと、トラブルの元になってしまうので注意してください。

市営住宅やUR賃貸は専門機関に連絡が必要になる

市営住宅やUR賃貸の場合は、専門機関に連絡が必要となります。

市営住宅やUR賃貸は集合住宅となりますが、勝手に申し込んで工事をするようなことがないようにしましょう。

ahamoにおすすめの光回線は?

ahamoとは、NTTドコモのスマートフォンの廉価版料金プランのことです。月額2,700円でシンプルなりょぅきんたいけいが魅力です。

ます、ahamoの概要はこちらです。

月額料金 2970円
制限 20GB
事務手数料 なし
契約期間 なし
違約金 なし
対応回線 5G/4G
割引 ドコモ光セット割:対象外
みんなドコモ割:対象外
ファミリー割引:対象外

です。

スマホとのセット割を含まない光回線の基本料金を比較

スマホとのセット割を含まない光回線の料金と比較してみましょう。

まず、ahamoは

月間データ量 月額料金
ahamo 20GB 2,970円
5G ギガホプレミア 〜3GB 5,665円
無制限 7,315円
ギガホ プレミア 〜3GB 5,555円
60GB 7,205円
ギガライト/5Gギガライト ステップ1 ~1GB 3,465円
ステップ2 ~3GB 4,565円
ステップ3 ~5GB 5,665円
ステップ4 ~7GB 6,765円

です。

そして光回線の料金は

光回線 月額料金(税込) 工事費(税込) 最大速度 キャッシュバック
auひかり 戸建て:5,610円
マンション:4,180円
33,000円 1Gbps 60,000円
So-net光 戸建て:3,828円~
マンション:2,728円~
26,400円(実質無料) 1Gbps なし
ソフトバンク光 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
26,400円 1Gbps 36,000円
楽天ひかり 戸建て:3,080円~
マンション:1,980円~
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
1Gbps なし
NURO光 5,217円 44,000円(実質無料) 2Gbps 45,000円
ビッグローブ光 戸建て:5,478円~
マンション:4,378円~
19,800円(実質無料) 1Gbps 37,000円
ドコモ光 戸建て:5,720円
マンション4,400
無料(キャンペーン) 1Gbps 20,000円
@nifty光 戸建て:5,060円~
マンション:3,828円~
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
1Gbps 15,000円
eo光 3,248円~ 29,700円(実質無料) 1Gbps 10,000円
hi-ho光 戸建て:5,445円~
マンション:4,125円~
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
1Gbps

契約数15年No.1のahamoに合う光回線OCN光

契約数No1の光回線OCNもahamoに向いています。

月額料金 戸建てタイプ:5,610円~
マンションタイプ:3,960円~
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費用 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
通信速度 最大1Gbps
キャッシュバック 不明
スマホセット OCN光モバイル割
契約期間 2年(自動更新)/縛りなし
解約金 11,000円

家族同時に使ってもお得なahamoに合う光回線ソフトバンク光

softbank光はこちら

戸建て マンション
契約期間 2年間
エリア 全国
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円
公式特典 ・乗り換えると初期工事費用実質無料
・安心乗り換えキャンペーン
・接続機器無料レンタル
セット割 ソフトバンクのスマホの料金最大1,100円
ワイモバイルのスマホの料金最大1,188円/

となっています。

ポイントも貯めることができるahamoに合う光回線楽天ひかり

楽天ひかりは利用者は楽天市場でポイントアップがあるため、お得にお買い物ができます。

月額料金 5,280円(税込)
初期費用 880円(税込)
工事費用 19,800円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 0円
スマホセット 楽天
契約期間 3年
解約金 10,450円(税込)

サクサク繋がる高速インターネットahamoに合う光回線BIGLOBE光

BIGLOBE光はサクサク繋がる高速インターネットです。

通信速度も早く、大手プロバイダーなので安心感もあります。

biglobe光はこちら

運営会社 ビッグローブ株式会社
スマホセット割 au
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
契約事務手数料 3,300円
工事費用 19,800円(実質無料となるケースもある) 16,500円(実質無料となるケースもある)
キャンペーン ・33,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・.ルーター6ヶ月無料
オプション 高速接続サービス(IPoE)7か月目以降500円/月

ビッグローブ光電話500円

ビッグローブ光テレビ660円

高速で高品質なahamoに合う光回線@nifty光

@nifty光は、高速回線でオプションも豊富です。

月額料金(戸建て) ホームタイプ5,060円~
月額料金(マンション) マンションタイプ 3,828円~
事務手数料 3300円
工事費用 戸建て19,800円(825円×24回)マンション16,500円(687.5円×24回)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 新規申し込みキャッシュバック:30,000円(3年プラン)、5,000~7,000円(2年プラン)
スマホセット なし
契約期間 3年プラン・2年プラン
解約金 解除手数料9,500円
オプション料金 nifty光電話

nifty光テレビ

ひかりTV for nifty

コンテンツが使い放題なahamoに合う光回線ドコモ光

docomo光はこちら

月額料金(戸建て) 5,720円(税込)
月額料金(マンション) マンション 5,720円~
事務手数料 3,300円
工事費用 19,200円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 39,200pt(ドコモポイント)
スマホセット ドコモ
契約期間 2年/縛りなし
解約金 14,300円(税込)
オプション料金 ドコモ光電話:550円

ルーターが永久無料で使えるahamoに合う光回線So-net光

So-net光はルーターが永久無料で使える光回線です。

sonet光はこちら

月額料金 一戸建て:6,138円
マンション:4,928円
初期費用 3,300円
工事費用 一戸建て・マンション共通:26,400円 実質無料キャンペーン
通信速度 1Gbps
キャッシュバック 新規:60,000円
乗り換え:40,000円
スマホセット セット割引き
契約期間 3年
解約金 20,000円

実質費用が安く使えるahamoに合う光回線auひかり

実質費用が安く使える光のau光もオススメです。

au光はこちら

月額料金(戸建て) 6,160円(税込)
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 41,250円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 41,250円(税込)
スマホセット auのスマホで割引
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 16,500円(税込)

となっています。

映像コンテンツも見れるahamoに合う光回線フレッツ光

映像コンテンツも見れる光回線フレッツ光もahamoとの組み合わせがしやすい光回線です。

月額料金 NTT東日本ファミリー戸建て6100円マンション3850円~4850円

NTT西日本ファミリー戸建て5900円マンション3700円~5000円

事務手数料 3,300円
工事費用 一戸建て 工事費:19,800円

集合住宅 工事費:16,500円

通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック プロバイダーによる
スマホセット なし
契約期間 2年/縛りなし
解約金 にねん割(NTT東日本)戸建て割引適用期間内で更新月以外に解約2年毎に自動更新9,500円集合住宅1,500円どーんと割光もっともっと割(NTT西日本)戸建て初回は2年、更新後は3年毎に自動更新10,000~30,000円集合住宅3,500~10,500円光はじめ割(NTT西日本)戸建て2年毎に自動更新10,000円集合住宅7,000円
オプション料金 不明
回線 ファミリー戸建て マンション
フレッツ光 NTT東日本 6100円 3850円~4850円
NTT西日本 5900円 3700円~5000円

一人暮らしにおすすめの光回線

一人暮らしの方にオススメの光回線やモバイルルーターをご紹介します。

一人暮らしで光回線を開通する場合どうしたらいい?

一人暮らしで光回線を開通する場合で、賃貸物件ならまずは大家さんと管理会社に連絡をしましょう。

どのくらいの通信速度が必要か、契約期間の有無などをしつかりと検討するのがオススメです。

一人暮らしの光回線の工事はどう対応したらいい?

一人暮らしの光回線の工事ですが、特に工事の際にすることはないので、申し込みをして工事日をまではOKです。

光回線もいいけど一人暮らしの場合WIMAXも検討するべき?

一人暮らしの場合WIMAXやモバイルwifiを検討するのもひとつの手です。

回線の種類 回線業者 月額料金
ポケット型wifi WiMAX 約3,500円
ソフトバンク 4,928円
ワイモバイル 4,158円
docomo 4,950円
光回線 auひかり ・戸建て:5,100円
・マンション:3,800円
nuro光 ・戸建て:5,700円
・マンション:5,700円
ソフトバンク光 ・戸建て:5,200円
・マンション:3,800円
ドコモ光 ・戸建て:5,400円
・マンション:4,200円

wimax5Gを取り扱う主なプロバイダは下記の通りです。

  • BroadWiMAX
  • カシモWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • Vision WiMAX
  • UQWiMAX
  • BIGLOBE
  • au
  • ワイヤレスゲート(ヨドバシ)
  • hi-ho
  • Yamada Air Mobile(ヤマダ電機)
  • BIC WiMAX(ビックカメラ)
WiMAXプロバイダ 端末代金 キャッシュバック 月額料金 事務手数料 契約期間 解約金
GMOとくとくBB
WiMAX
0円 13,000円
乗り換えの場合は20,000円
2,079円~4,444円 3,300円 3年 10,450円~20,900円
Vision WiMAX 0円 15,000円 4,400円~4,950円 0円 3年 14,300円~28,050円
BIGLOBE WiMAX 21,912円 15,000円 4,378円~4,928円 3,300円 1年 1,100円
カシモWiMAX 0円 なし 1,408円~4,455円 3,300円 3年 10,450円~20,900円
UQ WiMAX 21,780円 10,000円 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
Broad WiMAX 21,780円 なし 2,090円~4,708円 3,300円 3年 10,450円~20,900円
エディオンネット
WiMAX
21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
BIC WiMAX 21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
ワイヤレスゲート
WiMAX
21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
KT WiMAX 21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
YAMADA air mobile
WiMAX
21,780円 なし 4,268円~4,818円 3,300円 2年 1,100円
au WiMAX 21,780円 なし 4,721円~5,271円 3,300円 2年 1,100円

そして、wimaxは固定回線と違ってモバイルルーターがあるため、持ち運びが可能です。地下でも利用できるところが増えており、一人暮らしの方で持ち運びをしたいという方にもオススメです。

wimaxが対応している地下街

  • さっぽろ地下街( B1Fオーロラタウン、ポールタウン、JRタワー 、札幌ステラプレイスB1F、ウエストアベニュー、イーストアベニューダイアナ前付近 、アピアB1Fみのりの広場、ウエストアベニュー 、B1F大食品街、フードコート、パセオB1F、テルミヌス広場、ウエストアベニュー)
  • 札幌 JRタワー地下街
  • 八重洲地下街(B1F商業フロアー店舗、通路全域B2F貸会議室フロアー(八重洲倶楽部))
  • 渋谷地下街しぶちか B1F通路
  • 京急ショッピングプラザウィング新橋 共用通路、店舗内
  • 池袋東武ホープセンター B1F通路、店舗内
  • 小田急エース B1F通路、店舗内
  • 新宿サブナード B1F通路
  • 相鉄ジョイナス B1F、B2F通路、店舗内
  • 横浜ポルタ B1F通路
  • 川崎アゼリア B1F通路、店舗内
  • セントラルパーク地下街 B1F通路、店舗内 、B1Fパークスクウェア アンド インフォーメーション
  • ミヤコ地下街 B1F通路、店舗内
  • エスカ地下街 B1F通路、店舗内
  • ユニモール地下街 B1F通路、店舗内
  • メイチカ B1F通路、店舗内
  • 地下鉄 栄 森の地下街 B1F通路、店舗内
  • クリスタ長堀 B1F店舗内 、B1F公共地下歩道
  • ホワイティうめだ B1F通路、店舗内
  • ドージマ地下センター B1F通路、店舗内
  • なんばCITY B1F本館・南館、B2F本館
  • なんばウォーク B1F通路、店舗内
  • NAMBAなんなん B1F通路、店舗内
  • あべちか B1F通路、店舗内
  • 京都 ゼスト御池 B1F通路、店舗内
  • 神戸 さんちか B1F通路、店舗内
  • 神戸 デュオこうべ B1F通路、店舗内
  • 広島 紙屋町シャレオ B1F通路、店舗内
  • 福岡 博多駅地下街  B1F通路、店舗内

と、主要都市の地下街の多くが対応しています。そして地下鉄にも対応していて

北海道 札幌市営地下鉄・南北線(麻生駅・N02 北34条駅 対策完了・N03 北24条駅 ・N04 北18条駅 ・N05 北12条駅 ・N06 さっぽろ駅 ・N07 大通駅 ・N08 すすきの駅 ・N09 中島公園駅 ・N10 幌平橋駅 ・N11 中の島駅・N12 平岸駅 ・N13 南平岸駅・N14 澄川駅・N15 自衛隊前駅・N16 真駒内駅)
東豊線(栄町駅H02 ・新道東駅・H03 元町駅 ・H04 環状通東駅 ・H05 東区役所前駅 ・H06 北13条東駅 ・H07 さっぽろ駅・H08 大通駅・H09 豊水すすきの駅・H10 学園前駅 ・H11 豊平公園駅 ・H12 美園駅・H13 月寒中央駅・H14 福住駅)
東西線(宮の沢駅 ・T02 発寒南駅・T03 琴似駅・T04 二十四軒駅 ・T05 西28丁目駅・T06 円山公園駅・T07 西18丁目駅 ・T08 西11丁目駅・T09 大通駅・T10 バスセンター前駅・T11 菊水駅 ・T12 東札幌駅・T13 白石駅・T14 南郷7丁目駅 ・T15 南郷13丁目駅・T16 南郷18丁目駅・T17 大谷地駅・T18 ひばりが丘駅 ・T19 新さっぽろ駅)
東北 仙台市地下鉄 南北線(N01 泉中央駅・ N02 八乙女駅・N03 黒松駅 ・N04 旭ヶ丘駅 ・N05 台原駅 ・N06 北仙台駅 ・N07 北四番丁駅・N08 勾当台公園駅・N09 広瀬通駅・N10 仙台駅・N11 五橋駅 ・N12 愛宕橋駅・N13 河原町駅・N14 長町一丁目駅 ・N15 長町駅・N16 長町南駅 ・N17 富沢駅)

東西線(八木山動物公園駅・T02 青葉山駅 ・T03 川内駅 ・T04 国際センター駅 ・T05 大町西公園駅・T06 青葉通一番町駅・T07 仙台駅・T08 宮城野通駅・T09 連坊駅・T10 薬師堂駅・T11 卸町駅・T12 六丁の目駅 ・T13 荒井駅)

関東 小田急電鉄・京王電鉄・ 京成電鉄・ 京浜急行電鉄・ 埼玉高速鉄道 ・相模鉄道 ・新京成電鉄 ・西武鉄道・ つくばエクスプレス ・東急電鉄・ 東京メトロ・ 東京モノレール・ 東京臨海高速鉄道 ・東武鉄道 ・東葉高速鉄道・ 都営地下鉄・ 北総鉄道 ・横浜市営地下鉄・ 横浜高速鉄道
中部 名古屋市営地下鉄(東山線・名城線・名港線・鶴舞線・桜通線上飯田)
関西 大阪メトロ(御堂筋線・谷町線・四つ橋線・中央線・千日前線・堺筋線・長堀鶴見緑地線・今里筋線・南港ポートタウン線)・北大阪急行電鉄 ・京都市営地下鉄・ 神戸市営地下鉄 ・京阪電気鉄道 ・近畿日本鉄道・ 山陽電気鉄道・ 泉北高速鉄道 ・阪神電車 ・阪急電車
九州 福岡市営地下鉄

空港線( 姪浜駅地上駅・K02 室見駅・K03 藤崎駅・K04 西新駅・K05 唐人町駅・K06 大濠公園駅・K07 赤坂駅・K08 天神駅・K09 中洲川端駅 ・K10 祇園駅・K11 博多駅・K12 東比恵駅・K13 福岡空港駅)

七隈線(橋本駅・N02 次郎丸駅・N03 賀茂駅・N04 野芥駅 ・N05 梅林駅・N06 福大前駅・N07 七隈駅・N08 金山駅・N09 茶山駅・N10 別府駅・N11 六本松駅 ・N12 桜坂駅 ・N13 薬院大通駅・N14 薬院駅・N15 渡辺通駅・N16 天神南駅)

箱崎線(中洲川端駅・H02 呉服町駅 ・H03 千代県庁口駅
・H04 馬出九大病院前駅・H05 箱崎宮前駅・H06 箱崎九大前駅・H07 貝塚駅)

で利用可能。そして、他にも以下の場所が対応しています。

  •  新千歳空港 地下コンコース、地下ホーム
  •  仙台駅 地下仙石線ホーム、地下南改札
  •  大宮駅 地下埼京ホーム
  •  成田空港駅 地下コンコース、地下ホーム
  • 成田空港第二ビル駅 地下コンコース、地下ホーム
  • 東京都 東京駅 地下京葉線ホーム、地下総武線ホーム、地下銀の鈴付近、地下中央地下コンコース
  • 新宿駅 地下アルプス広場、中央地下通路
  • 池袋駅 地下中央通路、南通路、北通路
  • 上野駅 地下新幹線ホーム、地下1Fコンコース
  • 馬喰町駅 地下東口改札コンコース、地下西口改札コンコース、ホーム
  • 新日本橋駅 地下コンコース(改札付近)、ホーム
  • 八丁堀駅 地下コンコース(改札付近)、ホーム
  • 越中島駅 地下コンコース(改札付近)、ホーム
  • 神奈川県 横浜駅 地下南側コンコース、北側コンコース

です。

都会で一人暮らしをしている方や、移動中にも利用したいという方にむいています。

光回線とwimaxで迷っている場合は、移動したいかどうかで選んでもいいでしょう。

ではここで、wimaxとモバイルwifiの料金や契約期間をまとめてみましょう。

データ制限 契約期間 月額料金 初期費用
ゼウスWiFi 20GB 2年 0~2か月目:
980円
3か月目~:
2,178円
3,300円
どこよりも
WiFi
20GB 2年 1,900円 3,300円
MONSTER
MOBILE 
20GB 1年 2,090円 3,300円
どこよりもWiFi 20GB なし 2,400円 3,300円
ゼウスWiFi 40GB 2年 0~2か月目:
1,680円
3か月目~:
2,178円
3,300円
クラウドWiFi 20GB 3,300円 2,580円 3,300円
MONSTER
MOBILE 
20GB
50GB

1年
2,640円
2,640円
3,300円
どこよりも
WiFi
50GB 2年 2,900円 3,300円
クラウドWiFi 50GB なし 2,980円 3,300円
Rakuten
WiFi
Pocket
なし なし 3,278円 0円
THE WiFi  100GB 2年 0~3か月目:
0円
4か月目~:
3,828円
2,200円
MONSTER
MOBILE 
50GB なし 3,190円 3,300円
Mugen
WiFi
100GB 2年 3,718円 3,300円
それがだいじWiFi 100GB 2年 3,718円 3,300円
どこよりも
WiFi
120GB 2年 3,400円 3,300円
縛りなし
WiFi
60GB 1年 3,300円 3,300円
限界突破WiFi 150GB 2年 3,850円 0円
GMOとくとくBB
WiMAX
実質無制限

3日で15G

3年 0~2か月:2,079円
3~36か月:4,389円
37か月~:4,444円
3,300円
クラウドWiFi 100GB なし 3,718円 3,300円
hi-ho
Let’s
Wi-Fi 
210GB 2年 0~11か月目:
3,278円
12か月目~:
4.730円
0円
どこよりも
WiFi
120GB なし 3,900円 3,300円
Broad
WiMAX
3日で15G 3年 >0~2か月目:
2,090円
3~24か月目:
3,894円
25か月目~:
4,708円
25,080円
Vision
WiMAX
3日で15G 3年 0か月:0円
1~12か月:4,400円
13か月~:4,950円
3,300円
カシモ
WiMAX
3日で15G 3年 0か月目:
1,408円
1か月目~:
4,455円
3,300円
UQ WiMAX 3日で15G 2年 0~24か月:4,268円
25か月~:4,818円
25,080円
BIGLOBE
WiMAX
3日で15G 1年 0か月:0円
1~24か月:4,378円
25か月~:4,928円
25,212円
縛られないWiFi
(WiMAXプラン)
3日で15G なし 4,290円 3,300円
Chat WiFi 200GB なし 4,928円 4,378円

となっています。

wimaxとモバイルwifiはどちらもインターネット接続がてきる端末ですが、使用している電波が異なるため、自分にあったものを選択するしましょう。

もちろん、一人暮らしの人にオススメできる固定の光回線もあります。

オンラインゲームなどを使用する一人暮らしの人におすすめの光回線はnuro光

他の光回線は下り最大1Gbpsですが、NURO 光は速度が倍の下り最大2Gbpsです。

もちろん、下り最大1Gbpsの速度があればオンラインゲームも快適にプレイできます。

nuro光はこちら

nuro光の概要

nuro光運営会社 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(So-net)
公式サイト nuro光はこちら
最大通信速度(下り) 2Gbps
月額料金 4,743円
基本工事費 40,000円(実質無料)
契約事務手数料 3,000円
契約期間 2年
契約解除料 9,500円
対応エリア 北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、広島、岡山、福岡、佐賀
スマホ割 ソフトバンクのスマートフォン

となっています。

ソフトバンクとのスマホ割を利用すれば、お得に利用できます。

利用料金は以下の通り

プラン 月額基本料金 基本工事費 契約事務手数料 契約期間 契約解除料 キャッシュバック
NURO光G2V 4,743円 40,000円(キャンペーンで実質無料) 3,000円 2年 9,500円 35,000円
NURO光G2 7,124円 40,000円(30ヶ月の分割払い) なし なし なし
NURO光 for マンション 1,900円~ 40,000円(キャンペーンで実質無料) 2年 9,500円 10,000円

そして、nuro光のマンション向けのプランである「NURO光forマンション」nuro光の契約者の数によって料金が変わります。

マンション内の契約者数 月額料金
3人以下 契約不可
4~6人 2,500円
7人 2,400円
8人 2,300円
9人 2,200円
10人以上 1,900円

となっています。「ひかりTV for NURO」オプションの料金は

プラン 月額料金 視聴可能チャンネル
お値うちプラン 2,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[テレビサービス]
ベーシックチャンネル
・[ビデオサービス]
ベーシック見放題
テレビおすすめプラン 1,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[テレビサービス]
ベーシックチャンネル
ビデオざんまいプラン 1,500円 ・基本サービス
・地デジ
・BS
・[ビデオサービス]
ベーシック見放題
基本放送プラン 1,000円 ・基本サービス
・地デジ
・BS

です。

様々なオプションを追加することでいろいろなエンタテインメントを楽しむことができます。

nuro光の対象エリア

エリア 都道府県
関東エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県
関西エリア 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県
東海エリア 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
九州エリア 福岡県・佐賀県

となっています。

そして、一人暮らしでゲームをする人にオススメのオプションがPlayStation5のオプションです。

「PlayStation®5」「PlayStation®5デジタル・エディション」以下の料金でレンタルできます。

機種 月額
PlayStation5 1,320円
PlayStation5デジタル・エディション 990円

対象プランは

G2N 6,100円 なし/なし
G2D 5,700円 2年間/2年間
G2T 5,200円 3年間/2年間

となっています。

高速通信が可能な一人暮らしむけ光回線はフレッツ光

フレッツ光は、高速通信が可能でオンラインゲームにも向いています。

月額料金 NTT東日本ファミリー戸建て6100円マンション3850円~4850円

NTT西日本ファミリー戸建て5900円マンション3700円~5000円

事務手数料 3,300円
工事費用 一戸建て 工事費:19,800円

集合住宅 工事費:16,500円

通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック プロバイダーによる
スマホセット なし
契約期間 2年/縛りなし
解約金 にねん割(NTT東日本)戸建て割引適用期間内で更新月以外に解約2年毎に自動更新9,500円集合住宅1,500円どーんと割光もっともっと割(NTT西日本)戸建て初回は2年、更新後は3年毎に自動更新10,000~30,000円集合住宅3,500~10,500円光はじめ割(NTT西日本)戸建て2年毎に自動更新10,000円集合住宅7,000円
オプション料金 不明

一人暮らしでどれだけ使っても利用制限にならない光回線はドコモ光

docomo光は、一人暮らしでどれだけ使っても利用制限になりません。docomoのスマートフォンを利用しているならお得に契約できます。

docomo光はこちら

月額料金(戸建て) 5,720円(税込)
月額料金(マンション) マンション 5,720円~
事務手数料 3,300円
工事費用 19,200円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 39,200pt(ドコモポイント)
スマホセット ドコモ
契約期間 2年/縛りなし
解約金 14,300円(税込)
オプション料金 ドコモ光電話:550円

光回線を選ぶうえでまず最初に押さえておきたいお得ポイントについて

光回線を契約するときには、まず、最初に抑えておきたいポイントがあります。それがキャッシュバックです。契約時にお金か貰えるとあって、キャッシュバックを基準にして回線を選ぶ人もいます。

キャッシュバックされる金額を比較

では、まず光回線の契約でキャッシュバックされる金額を確認してみましょう。

キャッシュバック額
nuro光 43,000円
au光 41,250円
GMOとくとくBB 61,000円
BIGLOBE 50,000円
DTI 38,000円
@nifty 30,000円
au one net 10,000円
So-net なし
AsahiNet なし
TCOM なし

光回線キャッシュバックなぜ起こる?

光回線のキャッシュバックは、光回線を提供している各事業所が、報奨金や紹介手数料という形で代理店に報酬を支払っているからです。特に、正規代理店はたくさんの顧客との契約をしている業者ですので、光回線を提供している会社にとってはお得意様でもありますので、報酬を支払っているのです。

また、インターネットから申し込みをしてキャッシュバックが貰えるというケースでは、インターネットでの申し込みをすることでコストカットができるという利点が企業側にもあるというりも一つの理由です。

そのような理由で、契約時にキャッシュバックが発生します。

wifiのキャッシュバックの方が早い?光回線のキャッシュバックタイミングは即日?

まず、光回線のキャッシュバックを見てみましょう

光回線 キャッシュバック金額
フレッツ光 西日本:45,000円

東日本:35,000円

フレッツ光と新規契約でプロバイダを同時加入
ドコモ光 15,000円 新規契約
ソフトバンク光 25,000円 新規契約
So-net光 60,000円 新規契約
OCN光 5,000円 新規契約
ぷらら光 40,000円 新規契約
ビッグローブ光 20,000円 新規契約
ニフティ光 3年プラン:22,000円

2年プラン:17,000円

新規契約
auひかり 50,000円 新規契約
NURO光 45,000円 キャッシュバック専用ページ新規申し込み

そして、wimax

のキャッシュバックは

実質料金
(契約期間)
キャッシュバック 振込時期
Broad
WiMAX
月額料金から割引
違約金負担

6か月後
GMOとくとくBB
WiMAX
月額料金から割引
Vision
WiMAX
月額料金から割引
2か月後
カシモ
WiMAX
月額料金から割引
BIGLOBE
WiMAX
10,000円
1か月後
UQWiMAX
10,000円
4か月後
エディオンネット
WiMAX
月額料金から割引
YAMADA
air mobile
月額料金から割引
DIS mobile
WiMAX
月額料金から割引
KTWiMAX
月額料金から割引

です。

やはりキャッシュバックはwimaxより固定の光回線の方が金額が大きいようです。

そして、モバイルwifiもキャッシュバックがあります。

契約期間 キャッシュバック額 振込時期
ゼウスWiFi 2年 5,000円 1年後
それがだいじWiFi 2年 10,000円 ・12か月目
・22か月目
Mugen
WiFi
2年 10,000円 ・14か月目
・23か月目

などです。

では、光回線でキャッシュバックをしている回線を見てみましょう。

利用から6ヶ月でキャッシュバックを現金でもらうことができるnuro光の光回線

nuro光はこちら

nuro光は開通してから半年でキャッシュバックを受け取ることができます。

通信速度も速く、動画はもちろん、オンラインゲームも楽しめます。

月額料金(戸建て) 5,200円(税込)
月額料金(マンション) NURO光forマンション2,090円~2,750円
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 44,000円(税込)
通信速度 下り最大2Gbps
キャッシュバック 43,000円(税込)
スマホセット ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 10,450円(税込)
公式キャンペーン
おうち割光セット
基本工事費実質無料
設定サポート1回無料

提供エリアは北海道関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県茨城県、栃木県、群馬県、東海:愛知県、静岡県岐阜県、三重県関西:大阪府、兵庫県、京都府滋賀県、奈良県中国:広島県、岡山県九州:福岡県、佐賀県

そして、キャッシュバックは金額45,000円です。受け取り時期は開通から6か月後となっており、受け取り方法は現金で、条件として開通から6か月後中旬に届くメールから手続きをする必要があります。

webからの申し込みでキャッシュバックを受け取れるフレッツ光の光回線

フレッツ光のキャッシュバックはプロバイダーによって異なります。

月額料金 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ 6,270円~

フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ3,685円~

フレッツ 光ネクストマンションタイプ  2,640円~

初期費用 不明
工事費用 不明
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック プロバイダーによる
スマホセット 不明
契約期間 契約内容によってことなる
解約金 契約内容によってことなる
対応エリア 東日本エリア 北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/山梨県/新潟県/長野県
西日本エリア 富山県/石川県/福井県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

です。

キャッシュバックは個人契約の場合は最大5,000円ですが、法人契約の場合はキャッシュバック金額が多くなります。

月々の料金からキャッシュバック分を引いてもらうことができる光回線のソフトバンク光

ソフトバンク光は、月々の料金からキャッシュバック分を引いてもらうこともできます。

softbank光はこちら

戸建て マンション
契約期間 2年間
エリア 全国
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円
公式特典 ・乗り換えると初期工事費用実質無料
・安心乗り換えキャンペーン
・接続機器無料レンタル
セット割 ソフトバンクのスマホの料金最大1,100円
ワイモバイルのスマホの料金最大1,188円/

です。料金プランも解りやす苦なっています。

金額 36,000円(+24,000円)のキャッシュバックがあります。受け取り時期 は開通から2か月後  受け取り方法 は現金振り込みとなっています。

同時申し込みでキャッシュバック分を入れて利用料が無料になる光回線楽天ひかり

楽天ひかりは同時申し込みでキャッシュバックがあります。また、楽天のポイント付与率も良くなります。

月額料金 5,280円(税込)
初期費用 880円(税込)
工事費用 19,800円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 0円
スマホセット 楽天
契約期間 3年
解約金 10,450円(税込)

携帯キャリア別おすすめ光回線

携帯キャリア別おすすめ光回線
上記ではアパート・マンションと戸建てのそれぞれの場合における最も安い光回線についてピックアップしていきましたが、光回線を選ぶうえでは月額料金などの安さ云々以前に、携帯キャリア(au・ソフトバンク・ドコモ)がその回線業者に合っているかどうかが重要になってきます。
携帯・ スマホ割の割引額は、携帯キャリアやプランにもよりますが、月額500円~1,200円程度、最大で2,000円割引されます。
そしてauやソフトバンクに関しては、一人だけでなく家族全員が割引対象になるので、例えば4人家族で暮らしている場合だと、一人につき1,200円の割引されるプランで契約しているのであれば、1,200円 × 4人 =月々6,000円、2年だと6,000円×24カ月=144,000円もお得になります。
このように光回線に契約する際は、スマホ割が適用されるかされないかで利用料金が全然変わってくるので、光回線を選ぶ際は携帯キャリアが対応しているのか(スマホ割がきちんと適用されるのか)が重要です。
こうしたことを踏まえたうえで、各携帯キャリアにおける光回線業者を見ていきましょう。

auでおすすめの光回線
auでおすすめの光回線
au携帯・スマホを利用している場合でのおすすめの光回線は、auスマートバリューが適用され、なおかつ総合的な料金の安さやサービス内容を考えると下記の通りになります。
auひかり公式サイトはこちら【無料】

  1. auひかり
  2. BIGLOBE光

ソフトバンクでおすすめの光回線

ソフトバンク携帯・スマホを利用している場合であれば、スマホ割の利く下記の光回線がおすすめです。
ソフトバンク光公式サイト以下からどうぞ。
ソフトバンク光公式サイトはこちら【無料】

  1. NURO光
  2. SoftBank光

NURO光に関しては戸建ての場合だと、ソフトバンク光よりも割安であるうえに通信速度が他社に比べてもダントツに速いです。

ソフトバンク光はソフトバンク携帯・スマホ割(おうち割)に対応している光回線の中でもNURO光に負けず劣らず料金が安くて人気がありますし、フレッツ光の回線を借りた光コラボなのでNURO光よりも対応エリアが広いです。

ちなみに集合住宅だとNURO光がキャンペーンをやっていなければ、ソフトバンク光の方が安いです。

ドコモでおすすめの光回線
ドコモでおすすめの光回線
ドコモ携帯・スマホを利用している場合であれば、ドコモの携帯・スマホ割が適用されるドコモ光が一強・一択になります。
ドコモ光公式サイトはこちら【無料】
ドコモ光は25社ものプロバイダ会社から好きなところを選ぶことができますし、ドコモ光セット割とDocomo with(特定のスマホを購入することで受けられる割引)の併用で更にお得に利用できるので、 ドコモ携帯・スマホを使っている場合は是非光回線をドコモ光にしておきたいところですね。

その他格安スマホ・SIMでおすすめの光回線

その他格安スマホ・SIMでおすすめの光回線
上記3大キャリア以外のその他格安スマホ・SIMでおすすめの光回線は、安さだけで言えば実質費用の安いauひかりや、戸建てならばNURO光が良いでしょう。
ただ格安スマホとのセット割に対応している光回線であれば、安さではauひかりなどに及ばないものの月額料金の割引が適用されるうえに、光回線とスマホ代がまとめて請求されるので会計が楽で便利です。
格安スマホとのセット割に対応している光回線には、下記の業者があります。

格安スマホ 光回線 月額割引
mio SIM IIJmioひかり 660円
OCNモバイル OCN光 770円(2022年3月まで)

いずれもスマホ割引き額やキャッシュバック額が少ないことから、auひかりやNURO光などよりは2~3年契約とかだと実質費用の面で見劣りします。
ただ格安スマホの場合は、携帯・スマホ料金がとにかく安いので、光回線代+携帯・スマホ代で考えると料金的にはさほど差がなくなります。

速さで選ぶならこれ!光回線おすすめ比較速度ランキング

速さで選ぶならこれ!光回線おすすめ比較速度ランキング
「動画を快適に見たい」「FPSなど瞬間的な判断が求められるゲームをする機会が多い」といった場合では、通信速度の速い光回線を選ぶのがおすすめです。
下記は通信速度の速い光回線ランキングとなります。

順位 光回線 通信速度(最高速度)
1位 NURO光 2Gbps
2位 auひかり回線 1Gbps
2位 v6プラス対応の光回線
・So-net光
・BIGLOBE光
・ドコモ光
・ソフトバンク光
・@nifty光
・DMM光
・メガエッグ光
1Gbps

通信速度だけで言えばNURO光が最大2Gbpsと他社に比べて圧倒的に速いです。
その他auひかりに関してもNURO光と同様に独自回線を使用しており、実際には1Gbps以上出ているとも言われているのでおすすめです。
またSo-net光・BIGLOBE光・ドコモ光・ソフトバンク光・@nifty光・DMM光・メガエッグ光では、「v6プラス」という通信速度が速くて安定している接続方式に対応しているので、速度で選ぶ場合はこれらの光回線も良いでしょう。
その他コミュファ光、eo光、メガ・エッグなどの電力系事業者回線に関しては利用者が少ないことから、これも安定していると評判です。
結局動画をサクサク見たい場合や、競技性の高いオンラインゲームなどを頻繁にプレーするといった場合で通信速度を重視する場合は、基本的にNURO光一択になります。
そしてNURO光がエリア対応外であれば、安定性からauひかりやv6プラスに対応した光回線、コミュファ光などの電力系事業者回線(各地方限定で使える格安光回線)を利用するのが良いでしょう。

最大1Gbpsの世界最速の通信速度で使えるauひかり

auひかりは最大1Gbpsの世界最速の通信速度で利用できます。

au光はこちら

月額料金(戸建て) 6,160円(税込)
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 41,250円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 41,250円(税込)
スマホセット auのスマホで割引
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 16,500円(税込)

下り最大1.3Gbpsの速度で使えるnuro光

nuro光は光回線の中でも通信速度が速くオンラインゲームにも最適です。

nuro光はこちら

月額料金(戸建て) 5,200円(税込)
月額料金(マンション) NURO光forマンション2,090円~2,750円
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 44,000円(税込)
通信速度 下り最大2Gbps
キャッシュバック 43,000円(税込)
スマホセット ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 10,450円(税込)
公式キャンペーン
おうち割光セット
基本工事費実質無料
設定サポート1回無料

提供エリアは北海道関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県茨城県、栃木県、群馬県、東海:愛知県、静岡県岐阜県、三重県関西:大阪府、兵庫県、京都府滋賀県、奈良県中国:広島県、岡山県九州:福岡県、佐賀県

上り・下り最大1Gbpsに対応しているeo光

「株式会社 縁人(えんじん)」が展開しているサービスがenひかりです。

月額料金 月3,520円~
初期費用 事務手数料3,300円
工事費用 無派遣工事 2,200円
訪問工事あり、屋内配線新設なし 8,360円
訪問工事あり、屋内配線新設あり 16,500円
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック なし
スマホセット UQモバイル・ahamoユーザーなら「勝手に割り」
契約期間 なし
解約金 なし

です。

オプションも充実しており

サービス名 料金
enひかり電話 550円/月
enひかりテレビ 825円/月
enひかりリモートサポート 550円/月
enひかり固定IP 770円/月
IPv6+IPoE 198円/月
フレッツウイルスクリア 440円/月(端末3台まで)
フレッツあずけーる 5GBまで無料
以降110円~5,500円/月

です。

東海地区限定で使用することができ通信速度は最大1Gbpsのコミュファ光

コミュファ光は東海地区限定で申し込みができる光回線です。

月額料金 戸建てタイプ3980円~4980円

マンションタイプ3380円~4980円

初期費用 契約事務手数料(770円)
光電話工事費(3,300円)
番号ポータビリティ工事費(2,200円) 
工事費用 光テレビ工事費(20,570円) 無料キャンペーンあり
通信速度 1Gbps
キャッシュバック 20000円

その他 選べる家電プレゼントキャンペーンやポイントプレゼントなど

スマホセット 不明
契約期間 2年
解約金 29,700円

下りで最大1Gbps・上りで500Mbpsの光コラボで契約できOCNモバイルONEとのスマホセット割も適用ができる光回線のOCN光

OCN光は、下りで最大1Gbps・上りで500Mbpsの高速通信が可能です。OCNモバイルONEとのスマホセット割もありますので、お得です。

プラン 基本料金 2年割適用後の価格 最大通信速度
マンションタイプ 4,700円 3,600円(1,100円割引) ・100Mbps
・200Mbps
・1Gbps
戸建てタイプ 6,200円 5,100円(1,100円割引) ・100Mbps
・200Mbps
・1Gbps

OCN光2段階定額というタイプの契約では、半従量制のプランとなり一定の基準を超えると、課金されるというプランもあります。データ量と料金の目安はこちらの表の通りです。

基本料金プラン 2年割適用後の価格
3,040MBまでの利用 5,000円 3,900円
上限(10,040MB)を超えた場合 6,700円 5,600円

そして、初期費用は

  • 戸建てタイプで18,000円
  • マンションタイプで15,000円

となっています。

事務手数料 3,000円
工事費(新規) ・ホームタイプ 18,000円
・マンションタイプ 15,000円
工事費(プラン変更) 7,600円
工事費(フレッツ光からの転用) 0円

オプションとしてOCNひかり電話があります。

アドバンスプランという

・電話番号の表示
・キャッチホン機能
・固定電話の着信をスマホで受けられる転送機能
・非通知からの着信を拒否
・迷惑電話の着信を拒否
・不在着信があったらメールで通知する

という追加機能も有料で選択できます。

チューナーにテレビを接続するだけで、BS/CS放送を見られるひかりテレビ

  • おねうちプラン(50チャンネル以上)BS/CS放送の他にVODコンテンツ17,000本見放題2,500円
  • テレビおすすめプラン(50チャンネル以上)1,500円
  • ビデオざんまいプラン(10チャンネル以上)BS/CS放送の他にVODコンテンツ17,000本見放題1,500円

最大1Gbpsで使えてドコモユーザーならお得に使えるドコモ光

docomo光はdocomoユーザーなら割引でお得に利用できます。

docomo光はこちら

月額料金(戸建て) 5,720円(税込)
月額料金(マンション) マンション 5,720円~
事務手数料 3,300円
工事費用 19,200円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 39,200pt(ドコモポイント)
スマホセット ドコモ
契約期間 2年/縛りなし
解約金 14,300円(税込)
オプション料金 ドコモ光電話:550円

となっています。

ドコモ光のキャッシングバックは最大で20000円程度が多くなっています。

最大1Gbpsの高速通信を提供しているソフトバンクとワイモバイルユーザーならお得に使用することができるソフトバンク光

ソフトバンク光は、最大1Gbpsの高速通信を提供しています。ソフトバンクとワイモバイルユーザーであれば、お得に利用できます。

softbank光はこちら

戸建て マンション
契約期間 2年間
エリア 全国
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円
公式特典 ・乗り換えると初期工事費用実質無料
・安心乗り換えキャンペーン
・接続機器無料レンタル
セット割 ソフトバンクのスマホの料金最大1,100円
ワイモバイルのスマホの料金最大1,188円/

となっています。

光コラボで利用できるプロバイダの中でも通信速度が速くセット割が適用できるGMOとくとくBB

NTT東日本・NTT西日本フレッツ光回線とGMOとくとくBBプロバイダーをまとめたものがとくとくBBです。Wi-Fiルーターレンタルサービスもあります。

月額料金 ミニ(光配線方式) 583円(税込) 4,779円(税込)
プラン1 (光配線方式) 3,932円(税込)
プラン2 (光配線方式) 3,448円(税込)
初期費用 事務手数料3,300
工事費用 19,800円
キャッシュバック 不明
スマホセット あり
契約期間 なし
解約金 なし

最大1Gbpsの回線速度がでる楽天ひかり

楽天ひかりは、最大1Gbpsの回線速度で利用できます。

利用者は楽天市場で買い物をするときのポイント付与率がアップするという得点もあります。

月額料金 5,280円(税込)
初期費用 880円(税込)
工事費用 19,800円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 0円
スマホセット 楽天
契約期間 3年
解約金 10,450円(税込)

契約に縛りのない光回線

契約期間があると「解約する時にお金がかかる」という心理的な負担がかかります。

突然、転勤や引っ越しになったときに予想外の「違約金」はできれば避けたい物です。ここでは、契約期間の縛りがなくいつても解約できる光回線をご紹介します。

月額料金
マンション 戸建て
エキサイトMEC光 3,850円 4,950円
GMO光アクセス 3,773円 4,818円
enひかり 3,520円 4,620円
エキサイト光Fit 2,640円~
(段階制プラン)
3,520円~
(段階制プラン)
ぷらら 3,960円 5,280円
DTI光 3,960円 5,280円
エキサイト光 3,696円 4,796円

いつ解約しても違約金が実質無料になるGMOとくとくBB

GMO光アクセスはプロバイダ大手のGMOとくとくBBは、契約期間がなくいつ解約しても違約金がかかりません。次世代の通信方式IPv6を採用しており、工事費も実質無料となります。

月額料金 ミニ(光配線方式) 583円(税込) 4,779円(税込)
プラン1 (光配線方式) 3,932円(税込)
プラン2 (光配線方式) 3,448円(税込)
初期費用 事務手数料3,300
工事費用 19,800円
キャッシュバック 不明
スマホセット あり
契約期間 なし
解約金 なし

最低利用期間・解約事務手数料がないexcite光

初期費用・工事費無料で利用できるexcite光も契約期間がありません。

月額料金 戸建て 4,796円
マンション 3,696円
最大通信速度 1Gbps
契約期間 なし
キャッシュバック なし
セット割り なし

初月の月額料金が無料で違約金が無料のDTI光

最低利用期間がないため、いつ解約しても違約金がかかりません。

月額料金 ファミリープラン5,280円

マンションプラン
3,960円

通信速度 1Gbps
工事費用 ファミリープラン
19,800円
マンションプラン
16,500円
セット割り あり
契約期間 なし
対応エリア 東日本

北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、新潟、長野、静岡(一部地域を除く)
西日本

富山、石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄(一部地域を除く)

高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできいつ解約しても違約金が無料のぷらら光キャンペーン中工事

ぷらら光は高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできます。いつでも解約できる上に工事費用もキャンペーンで無料になることがあります。

月額料金 戸建て(ホームタイプ)5,280円 

集合住宅(マンションタイプ)3,960円

通信速度 1Gbps
工事費用 戸建て(ホームタイプ)
屋内配線を新設する 19,800円
屋内配線を新設しない 8,360円集合住宅(マンションタイプ)屋内配線を新設する16,500円
屋内配線を新設しない 8,360円工事費用(工事担当者が伺わない) 2,200円
土日祝日の工事 +3,300円
セット割り なし
契約期間 なし
対応エリア 全国

費用が無料になりいつ解約しても違約金がかからないおでがる光

おてがる光は、いつ解約しても違約金がかからない光回線です。

基本料金
3,608円(税込)
対応エリア 東日本

北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、栃木、群馬、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨、新潟、長野、静岡(一部地域を除く)
西日本

富山、石川、福井、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄(一部地域を除く)

契約期間
なし
違約金 なし
通信速度
1Gbps
初期費用
事務手数料2,000円(税込)
工事費2,200円(税込)~19,800円(税込)
セット割
なし

契約期間満了月から3ヶ月の間に解約すると違約金がかからないnuro光

nuro光は、契約期間満了月から3ヶ月の間に解約すると違約金はかかりません。高速インターネットが可能でオンラインゲームもできる光回線です。

nuro光はこちら

月額料金(戸建て) 5,200円(税込)
月額料金(マンション) NURO光forマンション2,090円~2,750円
初期費用 3,300円(税込)
工事費用 44,000円(税込)
通信速度 下り最大2Gbps
キャッシュバック 43,000円(税込)
スマホセット ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
契約期間 3年/2年/縛りなし
解約金 10,450円(税込)
公式キャンペーン
おうち割光セット
基本工事費実質無料
設定サポート1回無料

提供エリアは北海道関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県茨城県、栃木県、群馬県、東海:愛知県、静岡県岐阜県、三重県関西:大阪府、兵庫県、京都府滋賀県、奈良県中国:広島県、岡山県九州:福岡県、佐賀県

地域別の光回線

地域別の光回線
光回線業者の中には電力系事業者回線のような、その地域でしか利用できないところがあったりします。
そしてこうした地域限定で利用できる光回線の中には、NURO光やauひかりなどの全国区の人気回線業者に匹敵するくらいに安くてサービスが良いところもあったりします。
これまでご紹介してきた光回線業者は、基本的にどこの地域でも使えるような対応エリアが広い大手の有名な会社でしたが、ここではそうした地域限定の業者も含めて、戸建てにおける各地方別に安くて評判の良い光回線業者をピックアップしていきます。

関東地方で安いおすすめの光回線

関東地方で安いおすすめの光回線
関東地方で安いおすすめの光回線としては、下記のようなところがあります。
※表中の「CB」はキャッシュバック額になります。

順位 光回線 実質費用(2年) スマホ割
1位 So-net光 64,220円 (CB61,000円で算出)
2位 BIGLOBE光 82,372円(CB26,000円で算出)
3位 OCN光 96,960円 (CB0円で算出) OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)
4位 auひかり 100,420円 (CB61,000円で算出) au(スマートバリュー)最大1100円割引
5位 ドコモ光 117,280円 (CB20,000円で算出) docomo ギガホまたはギガホライトの場合
最大1100円割引

つまり関東地方であれば2年契約で考えると

  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • ドコモスマホ:ドコモ光

がそれぞれがおすすめです。

東京

固定の光回線には複数の会社があります。まず、各社の東京での対応エリアはこちらです。

光回線 対応エリア 対応していないエリア
au光はこちら 北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、東京都、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、新潟、長野山梨、石川、富山、福井、鳥取、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、大分、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県
沖縄県
sonet光はこちら 北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、甲信越、新潟、長野、山梨、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、石川、富山、福井、
静岡、愛知、三重、岐阜、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、島根、鳥取、岡山、山口、香川、徳島、愛媛、高知、沖縄、福岡、宮崎、熊本、大分、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄
一部エリア
softbank光はこちら ソフトバンク光の東日本

北海道、 青森県、宮城県、岩手県、
山形県、秋田県、福島県、 新潟県、長野県、山梨県、東京都、茨城県、神奈川県、栃木県、千葉県。群馬県、埼玉県

西日本の提供エリア

石川県、富山県、福井県、 愛知県、静岡県、岐阜県、 大阪府、京都府、滋賀県、
奈良県、兵庫県、三重県、和歌山県、岡山県、島根県、鳥取県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、高知県、徳島県、大分県、鹿児島県、熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県、宮崎県、沖縄

一部エリア
docomo光はこちら 10ギガプランの対応エリア

東京都、大阪府、愛知県

北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、甲信越、新潟、長野、山梨、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、石川、富山、福井、
静岡、愛知、三重、岐阜、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、広島、島根、鳥取、岡山、山口、香川、徳島、愛媛、高知、沖縄、福岡、宮崎、熊本、大分、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄

一部エリア
nuro光はこちら 北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、広島、岡山、福岡、佐賀

とっなっています。

東京は多くの場所がエリア内となりますが、離島など対象とならない場所もあります。また、対象エリア内でもエリア外となってしまうケースもあります。

詳細については、各プロバイダーのホームページの確認画面で住所を入力して確認してください。

宇都宮

宇都宮は上記でご紹介したすべての光回線で対象エリア内となっています。

光回線 宇都宮
au光はこちら 対象エリア
sonet光はこちら 対象エリア
softbank光はこちら 対象エリア
docomo光はこちら 対象エリア
nuro光はこちら 対象エリア

関西地方で安いおすすめの光回線

関西地方で安いおすすめの光回線
関西地方で安いおすすめの光回線としては、下記の通りです。
※表中の「CB」はキャッシュバック額になります。

順位 光回線 実質費用(2年) スマホ割
1位 So-net光 64,220円 (CB61,000円で算出)
2位 BIGLOBE光 82,372円(CB26,000円で算出)
3位 OCN光 96,960円 (CB0円で算出) OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)
4位 eo光 96,252円(1ギガコース) (CB15,000円で算出)
5位 auひかり 100,420円 (CB61,000円で算出) au(スマートバリュー)最大1100円割引

つまり関西地方であれば2年契約で考えると

  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • ドコモスマホ:ドコモ光

がそれぞれがおすすめです。

大阪

大阪では、au光のマンションタイプは非対応となっています。

光回線 対象エリア
au光はこちら auひかりのホームタイプ 対象外

auひかりのマンション 対象内

sonet光はこちら 対象エリア
softbank光はこちら 対象エリア
docomo光はこちら 対象エリア
nuro光はこちら 対象エリア

となっています。au光のホームタイプに関しては、大阪は対象外となっています。戸建てタイプは大阪では利用できません。

東海地方で安いおすすめの光回線

東海地方で安いおすすめの光回線
東海地方で安いおすすめの光回線としては、下記の通りです。
※表中の「CB」はキャッシュバック額になります。

順位 光回線 実質費用(2年) スマホ割
1位 So-net光 64,220円 (CB61,000円で算出)
2位 BIGLOBE光 82,372円(CB26,000円で算出)
3位 OCN光 96,960円 (CB0円で算出) OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)
4位 auひかり 100,420円 (CB61,000円で算出) au(スマートバリュー)最大1100円割引
5位 ドコモ光 117,280円 (CB20,000円で算出) docomo ギガホまたはギガホライトの場合
最大1100円割引

つまり東海地方であれば2年契約で考えると

  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • ドコモスマホ:ドコモ光

がそれぞれがおすすめです。

四国地方で安いおすすめの光回線

四国地方で安いおすすめの光回線
四国地方で安いおすすめの光回線としては、下記の通りです。
※表中の「CB」はキャッシュバック額になります。

順位 光回線 実質費用(2年) スマホ割
1位 So-net光 64,220円 (CB61,000円で算出)
2位 BIGLOBE光 82,372円(CB26,000円で算出)
3位 ピカラ光 88,800円 (CB30,000円で算出)
4位 OCN光 96,960円 (CB0円で算出) OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)
5位 auひかり 100,420円 (CB61,000円で算出) au(スマートバリュー)最大1100円割引

つまり四国地方であれば2年契約で考えると

  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • ドコモスマホ:ドコモ光
  • ピカラ光

がそれぞれがおすすめです。

香川

香川県の対象エリアは以下の通りです。

離島などの場合は、個別に検索をしてエリアを確認されることをオススメします。

光回線 香川
au光はこちら 対象エリア
sonet光はこちら 対象エリア
softbank光はこちら 対象エリア
docomo光はこちら 対象エリア
nuro光はこちら 対象エリア

中国地方で安いおすすめの光回線

中国地方で安いおすすめの光回線
中国地方で安いおすすめの光回線としては、下記の通りです。
※表中の「CB」はキャッシュバック額になります。

4位メガエッグ99,180円 (CB15,000円で算出)

順位 光回線 実質費用(2年) スマホ割
1位 So-net光 64,220円 (CB61,000円で算出)
2位 BIGLOBE光 82,372円(CB26,000円で算出)
3位 OCN光 96,960円 (CB0円で算出) OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)
5位 auひかり 100,420円 (CB61,000円で算出) au(スマートバリュー)最大1100円割引

つまり中国地方であれば2年契約で考えると

  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • ドコモスマホ:ドコモ光

がそれぞれがおすすめです。

他の地方で安いおすすめの光回線

他の地方で安いおすすめの光回線
上記以外での他の地方で安いおすすめの光回線としては、下記の通りです。
※表中の「CB」はキャッシュバック額になります。

順位 光回線 実質費用(2年) スマホ割
1位 So-net光 64,220円 (CB61,000円で算出)
2位 BIGLOBE光 82,372円(CB26,000円で算出)
3位 OCN光 96,960円 (CB0円で算出) OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)
4位 auひかり 100,420円 (CB61,000円で算出) au(スマートバリュー)最大1100円割引
5位 ドコモ光 117,280円 (CB20,000円で算出) docomo ギガホまたはギガホライトの場合
最大1100円割引

つまりその他の地方であれば2年契約で考えると

  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • ドコモスマホ:ドコモ光

がそれぞれがおすすめです。

北海道

北海道が対象エリアの光回線は以下のとおりです。

離島などの場合は、個別に確認されることをオススメします。

光回線 北海道
au光はこちら 対象エリア
sonet光はこちら 対象エリア
softbank光はこちら 対象エリア
docomo光はこちら 対象エリア
nuro光はこちら 対象エリア

熊本

熊本県の対象エリアは以下の通りです。

光回線 熊本
au光はこちら 対象エリア
sonet光はこちら 対象エリア
softbank光はこちら 対象エリア
docomo光はこちら 対象エリア
nuro光はこちら 対象エリア

福岡

福岡県の対象エリアは以下のようになっています。離島などの場合は、個別に確認されることをオススメします。

光回線 福岡
au光はこちら 対象エリア
sonet光はこちら 対象エリア
softbank光はこちら 対象エリア
docomo光はこちら 対象エリア
nuro光はこちら 対象エリア

集合住宅(マンションやアパート)における地域別おすすめ光回線は?

集合住宅(マンションやアパート)における地域別おすすめ光回線は?
上記の地域別おすすめ光回線業者は戸建てでの話ですが、マンションやアパートといった集合住宅での場合はどうなのでしょうか?
この場合は割と簡単で、まずauスマホから考えると、auひかりが全国対応しているうえにeo光などの地方限定の格安光回線業者よりも基本的に実質費用が安くなるので、マンション・アパートだと沖縄以外であればau携帯・スマホユーザーは共通してauひかり一択になります。
ただし四国だと四国限定で使えるピカラ光が、選択するプランやキャンペーンによりauひかりよりも僅かに安くなります。
またソフトバンクの場合は、マンションだとNURO光よりソフトバンク光の方が安いので、安さを重視するならばソフトバンクがおすすめです。
このことから集合住宅での地域別おすすめ光回線業者は2年契約で考えると、下記のようになります。

関東 ・auスマホ:So-net光(キャンペーン中の場合)、auひかり
・ソフトバンクスマホ:NURO光(安さ重視ならソフトバンク光)
・ドコモスマホ:ドコモ光
・格安スマホ:So-net光(キャンペーン中の場合)、auひかりまたはスマホ割に対応した格安スマホ
関西
東海
四国 ・auスマホ:So-net光(キャンペーン中の場合)、ピカラ光
・ソフトバンクスマホ:ソフトバンク光
・ドコモスマホ:ドコモ光
・格安スマホ:So-net光(キャンペーン中の場合)、ピカラ光またはスマホ割に対応した格安スマホ
沖縄 ・auスマホ:So-net光(キャンペーン中の場合)、BIGLOBE光
・ソフトバンクスマホ:ソフトバンク光
・ドコモスマホ:ドコモ光
・格安スマホ:So-net光(キャンペーン中の場合)、ソフトバンク光またはスマホ割に対応した格安スマホ
上記以外の地域 ・auスマホ:So-net光(キャンペーン中の場合)、auひかり
・ソフトバンクスマホ:ソフトバンク光
・ドコモスマホ:ドコモ光
・格安スマホ:So-net光(キャンペーン中の場合)、auひかりまたはスマホ割に対応した格安スマホ

マンションだとソフトバンク光がやっぱり安くておすすめ

マンションだとソフトバンク光がやっぱり安くておすすめ
ソフトバンク携帯・スマホをお使いの方であれば、 おうち割が適用されるソフトバンク光かNURO光の2択になりますが、マンションの場合はソフトバンク光の方が安くておすすめです。
またNURO光とは違い、マンションや戸建てに関らず、どこの地域に住んでいても大体使えるのも魅力的ですね。
ドコモのスマホ使いならドコモ光
ドコモのスマホ使いならドコモ光
ドコモ携帯・スマホをお使いの方であれば、ドコモスマホ割引が適用されるドコモ光一択になります。
またドコモ光には、25社のプロバイダの中から自分に合ったところを選ぶことができますし、そのうち12社に関してはv6プラスに対応していたり、Docomo withとの併用で更に料金がお得になるのが魅力的です。
auスマホを近畿で使用するならeo光
auスマホを近畿で使用するならeo光
現在はキャンペーンによりSo-net光が一強になっていますが、このSo-net光のキャンペーンが終了した場合、auスマホを近畿で使用するならeo光が安くておすすめです。
eo光ならばauスマートバリューにより割引が適用されますし、通信速度にも定評があり、過去に「RBB SPEED AWARD 2015」という通信速度の速いサービスを表彰する賞に近畿エリアで最優秀受賞されていたりもします。
ちなみに戸建てではなくマンションなど集合住宅ならば、2年契約で考えるとauひかりの方が実質費用が安いです。
auスマホを東海で使用しているならコミュファ光
auスマホを東海で使用しているならコミュファ光
eo光と同様にSo-net光のキャンペーンが終了した場合、 auスマホを東海エリアで使用するならコミュファ光がおすすめです。
コミュファ光は中部地方で利用できる光回線の中でも戸建てならば基本月額利用料が最安クラスですし、 auスマートバリューにより au携帯・スマホの割引が適用されます。
ただしマンションであれば1ギガマンションFで月額5,250円と、他社に比べて非常に割高になります。
なのでマンションだとキャンペーン価格中であるSo-net光を選ぶか、 auひかりを検討すると良いでしょう。
auスマホを四国で利用ならピカラ光がおすすめ
auスマホを四国で利用ならピカラ光がおすすめ
これもeo光やコミュファ光と同様に、 So-net光のキャンペーンが終了した場合、 auスマホを四国で利用するならピカラ光がおすすめです。
ピカラ光は四国で利用できる光回線の中では最も安い部類であり、auスマートバリューによる割引が利きます。
また戸建てと同様にマンションの場合でも、2年契約ならばauひかりよりもピカラ光の方がわずかながら費用が安く、更にこちらはセキュリティソフトである「カスペルスキー」が最大3台分の機器で、通常5,000円相当するものが無料で利用できるというメリットがあります。
auスマホを沖縄で利用している人はこれ!ビッグローブ光
auスマホを沖縄で利用している人はこれ!ビッグローブ光
沖縄の場合はauひかりが対応エリア外になるので、現在キャンペーン中である So-net光か、So-net光のキャンペーンが終了した場合は同様にauスマートバリューによる割引が適用あれるビッグローブ光も良いです。
ビッグローブ光の強みは、サポートが体勢しっかりしていたり、通信速度が速くなるIPv6接続対応の無線LANルーターを無料でレンタルすることができりするといった点が挙げられます。
またau携帯・スマホの割引だけでなく格安SIMとのセット割、電気とのセット割、格安SIM+電気とのトリプル割もあったりするのも魅力的なので、沖縄のauユーザーの方はチェックしておきたいところですね。

auスマホを東海や近畿、四国、沖縄以外で利用している人はauひかり

auスマホを東海や近畿、四国、沖縄以外で利用している人はauひかり
東海・近畿・四国・沖縄以外の地域にお住まいの方で、auユーザーであるという場合は、 現在キャンペーン中である So-net光か、このキャンペーンが終わればauひかりが視野に入ってくるでしょう。
ただauひかりを利用する場合は、申し込みを行う窓口によりキャッシュバック額が大きく変わってくるので、なるべくキャッシュバックが多くもらえる代理店で契約するようにしましょう。
下記の代理店ならば、キャッシュバック額が高く、その受け取り手続きが簡単ですぐにもらえるのでおすすめです。
NNコミュニケーションズ
仮にauの公式サイトから申し込みをしてしまった場合は、キャッシュバックが1万円しか受けられません。
これだとかなり損をしてしまうので、申し込みを行う窓口はキャッシュバックが多くもらえるところを選ぶようにしておきたいところです。

関東近畿東海で利用中の方にはNURO光

関東近畿東海で利用中の方にはNURO光
ソフトバンク携帯・スマホユーザーの方で、関東・近畿・東海エリアに住んでいる場合であれば、NURO光が良いでしょう。
ただマンションであれば月額料金は比較的高めです。
また対応エリア内でも導入できないケースがあったりするので、この場合はソフトバンク光にしておくと良いでしょう。
戸建の場合だと月額料金が比較的安くて実質費用も最安クラスになるうえに、戸建て・集合住宅問わず通信速度も他社と比べても群を抜いています。
しかも現在はキャンペーン中につき初年度における月額料金が980円と大変お得です。
なので関東近畿東海に住んでおり、かつソフトバンクスマホユーザーである場合は、特に戸建てだとNURO光一択で良いといっても過言ではないでしょう。

月額基本料金工事費と解約金の比較

月額基本料金工事費と解約金の比較
以下では光回線の中でも月額料金やキャッシュバック額の大きさなど実質費用が安くてサービスの質も良く、口コミでも定評のあるおすすめの光回線業者の「月額料金」「工事費」「事務手数料」「解約金」についてそれぞれ比較したものをまとめました。

人気光回線の月額料金比較

人気光回線の月額料金比較

光回線 料金 スマホ割
戸建て マンション
So-net光 ・3,980円 ・2,200円
NURO光 5,720円 5,720円 SoftBank
auひかり 5,610円~ 4,180円~ au
ソフトバンク光 5,720円 4,180円 SoftBank
ドコモ光 5,720円 4,400円 docomo
BIGLOBE光 5,478円~ 4,378円~ au
@nifty光 4,895円~ 3,690円~ au
ぷらら光 5,280円~ 3,600円~
OCN光 5,610円 3,960円 OCNモバイル
U-NEXT光 3,278円
DMM光 3,542円~ 3,608円
IIJmioひかり 5,456円 4,356円 mio SIM

価格重視で選ぶ場合は、基本料金の他にも初期費用やキャッシュバック額なども含めた実質費用も抑えておきたいところですが、長年利用するとなるとやはり基本となる月額料金の安さは重要になってきます。
なので長期での契約を検討している場合は、所持している携帯・スマホが割引に対応しているかどうかはもちろん、月額料金がなるべく安いところを選ぶと良いでしょう。

人気光回線の工事費比較

人気光回線の工事費比較
基本料金を含めた実質費用を考える際には、初期費用の大半を占める工事費についても軽く押さえておきたいところです。

光回線 工事費 備考
戸建住宅 集合住宅
So-net光 26,400円 26,400円 実質無料
NURO光 44,000円 44,000円 実質無料
auひかり 41,250円 34,434円 実質無料
ソフトバンク光 26,400円 26,400円 乗り換えの場合工事費無料
ドコモ光 19,800円 16,500円 新規工事料無料
BIGLOBE光 19,800円 19,800円 実質無料
@nifty光 18,000円 15,000円 工事費負担
ぷらら光 19,800円 16,500円 工事費負担
OCN光 19,800円 16,500円 実質無料
U-NEXT光 24,000円 24,000円 工事費負担
DMM光 19,800円 19,800円 実質無料
IIJmioひかり 19,800円 16,500円 工事費負担

@nifty光、ぷらら光、 U-NEXT光、IIJmioひかりに関しては月額料金が安く済むものの工事費用が発生するので注意が必要です。
また工事費用が無料の光回線業者の中でも、工事費無料キャンペーンが期間限定であることから、タイミングによっては工事費が無料にならないことも考えられます。
なので実際に契約を検討する際には、こうしたキャンペーンにより工事費が無料になるのかどうか確認しておくと良いでしょう。

人気光回線の解約金の比較

人気光回線の解約金の比較

光回線 解約金
戸建住宅 集合住宅
So-net光 20,000円 20,000円
NURO光 10,450円 10,450円
auひかり 16,500円 7700円
ソフトバンク光 10,450円 10,450円
ドコモ光 14,300円 8,800円
BIGLOBE光 20,000円 20,000円
@nifty光 10,450円 10,450円
ぷらら光 0円 0円
OCN光 11,000円 11,000円
U-NEXT光 11,000円 11,000円
DMM光 10,450円円 10,450円円
IIJmioひかり 5,000円 5,000円

現在「36カ月大幅割引キャンペーン」を実施しており、料金的にも最もお得なSo-net光ですが、解約違約金に関しては上記光回線の中でも戸建て・集合住宅共に最も高くなります。
なおソフトバンク光では転用の際に、こうした解約金や回線撤去費用を最大10万円まで負担してくれたりします。
なので光回線を契約途中で解約する場合で、高額な解約金や回線撤去費用を支払わなければならない場合は、乗り換え先にソフトバンク光など解約時にかかる料金を負担してくれる光回線を選ぶのも手です。

光回線の開通工事は何をする?

光回線を使用する場合には、開通工事が必要です。

どんな工事が必要になるのでしょうか。

マンションで光回線の開通工事をする場合

マンションで光回線の開通工事をする場合は、まず、管理会社に相談をして見ましょう。

そのマンションに光回線が入っているか、そして、契約者がどのくらいいるのかなどはすべて管理会社を通しての手続きとなります。マンションの光回線を勝手に導入することはできませんので、注意してください。

光回線の開通工事をする場合はどのくらいの費用がかかる?

光回線の開通工事には費用がかかります。

ただし、キャンペーンで実質無料となるケースもあるため、個別に確認をしましょう。

事務手数料 戸建て マンション
フレッツ光 880円 19,800円

東日本(初回3,300円・2回目以降 687円×23回・最終月 699円)
西日本(初回 3,300円・2回目以降 717円×22回・最終月 726円)

16,500円

東日本(初回 3,300円・2回目以降 550円×24回)
西日本(初回 3,300円・2回目以降 573円×22回・最終月 594円)

ドコモ光 3,300円 19,800円

(12回・24回・36回・48回・60回の分割可)

16,500円

(12回・24回・36回・48回・60回の分割可)

ソフトバンク光 3,300円 26,400円

(24回・36回・48回・60回の分割可)

26,400円

(24回・36回・48回・60回の分割可)

So-net光 3,300円 26,400円

(初回 990円・2回目以降 726円×35回)

26,400円

(初回 990円・2回目以降 726円×35回)

OCN光 3,300円 19,800円

(990円×20回)

16,500円

(825円×20回)

ぷらら光 3,300円 19,800円

(650円×30回)

16,500円

(550円×30回)

ビッグローブ光 3,300円 19,800円

(550円×36回)

16,500円

(初回715円・451円×35回)

ニフティ光 2,200円 19,800円

(825円×24回)

16,500円

(687.5円×24回)

auひかり 3,300円 41,250円

(初回 1,194.6円・2回目以降 1,178.1円×34回)

33,000円

(初回 1,443.2円・2回目以降 1,434.4円×22回)

NURO光 3,300円 44,000円

(1,222円×36回)

44,000円

(1,222円×36回)

となっています。

工事費用は分割で対応してくれるところもありますので、分割可能かなどは個別に確認されることをオススメいたします。

光回線の開通工事を頼む場合どのくらいの時間がかかる?

まず、回線工事の時間ですが、住宅の種類によって光回線の工事内容が異なるため、工事期間も変わってきます。

戸建ての場合はですが、屋内工事と屋外工事が必要になります。まずは、電柱から光ケーブルを自宅に引き込む工事が必要です。壁に穴をあけてケーブルを引き込むということもあります。そして、回線終端装置との接続などを行っていきます。工事期間は1~2時間程度ですが、場合によっては1日で終わらないこともあります。

そして、マンションタイプの場合ですが、すでに回線が導入されている場合は室内の工事のみで終了します。マンションそのものに回線が導入されていない場合は、マンションそのものに回線を引き込む作業からスタートするので数日以上かかることもあります。

  • 光ケーブルを電柱から建物に引き込む
  • 光ケーブルの室内工事
  • ケーブルとONUを接続する
  • 確認

室内工事のみであれば、2時間程度が目安ですが、ケースバイゲースですので業者に確認をしましょう。

一般的には、申し込みから開通までは3週間ほどが目安といわれています。また、光回線の工事期間は春などの申し込みが多い季節はより時間がかかることがあるので、その点にも留意しましょう。

光回線の工事をする場合にどのようなトラブルが想定される?

光回線の工事をする場合に想定されるトラブルは

大家さんとのトラブル 事前に連絡をしていない、壁に穴をあける
近隣住民とのトラブル 騒音など

です。

まず、大家さんとのトラブルですが、これは、事前に連絡をしておらずトラブルになるケースがあります。そして、事前に連絡をしていたけれど、大家さんが工事の内容をよく理解しておらず、壁に穴を開ける工事などでトラブルになるケーブルもあります。

また、近隣住民からの騒音の苦情や、工事車両の駐車トラブルなども想定されます。

せっかく光回線を引くのですから、トラブルなくスムーズに工事を終えられるように

  • 大家さんと管理会社への事前に連絡と許可
  • 工事内容を詳細に説明する
  • 近隣住民に事前に連絡

をしておくといいでしょう。

光回線の工事をする際に穴あけをする必要がある?

光回線の工事をする際には、場合によっては穴あけをする必要がある場合があります。ですが、必ず穴を開けるというわけではなく、エアコン用の穴を代用できる場合もありますし、その建物にすでに回線が導入されている場合は、室内の工事だけで済む場合もあります。

どのような工事が必要かは、建物によって異なります。

光回線の工事は自分でできる?

光回線の工事を自分ですることはできません。

専門的な技術も必要ですし、どのような工事が必要かは物件事に異なりますので、そのような判断はすべて専門の業者に任せましょう。

どのような光回線でも、自分で工事してくださいということはありません。専門業者による工事が必要です。

場合によっては壁に穴を開ける工事を必要とすることもありますし、引き込み工事などを自分ですることは不可能です。

マンションで光回線の開通工事をする場合管理会社に確認は必須?

マンションで光回線の開通工事をする場合は、管理会社に確認が必要です。勝手に工事をすることはできませんし、もしも勝手に工事を申し込んでしまったら、管理会社とも工事業者ともトラブルになりかねません。

必ず、管理会社に許可を取ってから工事をしましょう。

nuro光の開通工事までの期間は1ヶ月〜

nuro光の開通工事までの期間は1ヶ月程度となっています。

NURO光 3,300円 44,000円

(1,222円×36回)

44,000円

(1,222円×36回)

ビッグローブ光の開通工事費用は分割払いも可

ビッグローブ光の開通工事費用は、分割払でも対応可能です。

ビッグローブ光 3,300円 19,800円

(550円×36回)

16,500円

(初回715円・451円×35回)

ソフトバンク光の開通工事までの期間は2週間〜

ソフトバンク光の開通工事までの期間は2週間程度となっています。工事費用は分割での支払いにも対応しています。

ソフトバンク光 3,300円 26,400円

(24回・36回・48回・60回の分割可)

26,400円

(24回・36回・48回・60回の分割可)

OCN光の開通工事費用は2,200円〜

OCN光の開通工事費用は一番安い場合は、2,200円ですが、建物の状態によって異なりますので、個別に確認をされてください。

OCN光 3,300円 19,800円

(990円×20回)

16,500円

(825円×20回)

@nifty光の開通工事の日程予約は2週間先から可能

@nifty光の開通工事の日程予約は2週間先からとなっていますので、開通までに最低でも2週間は必要です。

ニフティ光 2,200円 19,800円

(825円×24回)

16,500円

(687.5円×24回)

So-net光の開通工事までの期間は2ヶ月〜

So-net光の開通工事までの期間は2ヶ月となっています。

So-net光 3,300円 26,400円

(初回 990円・2回目以降 726円×35回)

26,400円

(初回 990円・2回目以降 726円×35回)

ぷらら光の開通工事の問い合わせは24時間可能

ぷらら光の開通工事の問い合わせは24時間可能となっており、分割払にも対応しています。

ぷらら光 3,300円 19,800円

(650円×30回)

16,500円

(550円×30回)

戸建で光回線の開通工事をする場合

戸建て住宅で光回線の開通工事をする場合どの程度の費用がかかるのでしょうか。

できれば安く抑えたい初期費用ですが、工事をしなければ光回線を利用できません。キャッシュバックや月額の利用料金も気になりますが、初期費用も重要なポイントになりますので、しっかりとチェックしておきましょう。

フレッツ光 880円 19,800円

東日本(初回3,300円・2回目以降 687円×23回・最終月 699円)
西日本(初回 3,300円・2回目以降 717円×22回・最終月 726円)

ドコモ光 3,300円 19,800円

(12回・24回・36回・48回・60回の分割可)

ソフトバンク光 3,300円 26,400円

(24回・36回・48回・60回の分割可)

So-net光 3,300円 26,400円

(初回 990円・2回目以降 726円×35回)

OCN光 3,300円 19,800円

(990円×20回)

ぷらら光 3,300円 19,800円

(650円×30回)

ビッグローブ光 3,300円 19,800円

(550円×36回)

ニフティ光 2,200円 19,800円

(825円×24回)

auひかり 3,300円 41,250円

(初回 1,194.6円・2回目以降 1,178.1円×34回)

NURO光 3,300円 44,000円

(1,222円×36回)

となっています。

費用はキャンペーンで割引や実質無料になることもありますので、都度、家訓されることをオススメします。

nuro光の開通工事期間は短くなる

nuro光の開通工事期間は、季節やタイミンクで変わってきますので、確認されることをオススメします。
nuro光はこちら

NURO光 3,300円 44,000円

(1,222円×36回)

ビッグローブ光の戸建の開通工事費用は月々550円〜

ビッグローブ光の戸建の開通工事費用は月々550円からの分割払にも対応しています。
biglobe光はこちら

ビッグローブ光 3,300円 19,800円

(550円×36回)

16,500円

(初回715円・451円×35回)

ソフトバンク光の戸建の開通工事時間は1時間ほど

ソフトバンク光の戸建の開通工事は一時間程度です。
softbank光はこちら

ソフトバンク光 3,300円 26,400円

(24回・36回・48回・60回の分割可)

OCN光の戸建の開通工事費用は月々825円(税込)〜

OCN光の戸建の開通工事費用は分割も可能です。

OCN光 3,300円 19,800円

(990円×20回)

@nifty光の戸建の開通工事費用は22,000円

ニフティの開通工事は22000円程度となっています。

ニフティ光 2,200円 19,800円

(825円×24回)

16,500円

(687.5円×24回)

So-net光の戸建の開通工事費用は月々の分割払いも可能

So-net光の戸建の開通工事費用は分活払いも可能です。

sonet光はこちら


So-net光 3,300円 26,400円

(初回 990円・2回目以降 726円×35回)

26,400円

(初回 990円・2回目以降 726円×35回)

ぷらら光の戸建の開通工事費用は19,800円で分割払いも可能

ぷらら光の開通工事の問い合わせは24時間可能となっており、分割払にも対応しています。

ぷらら光 3,300円 19,800円

(650円×30回)

16,500円

(550円×30回)

光回線の一覧と種類比較

ではここで光回線の一覧と確認をしましょう。

光回線 キャンペーン 内容
フレッツ光 なし なし
ドコモ光 ドコモ光新規工事料無料特典 工事費実質無料
ソフトバンク光 SoftBank光乗り換え新規でキャッシュバック 他者から乗り換えの場合、開通工事費に応じて最大24回割引もしくは普通為替24,000円キャッシュバック
So-net光 ネット月額料金割引特典 工事費実質無料
OCN光 なし なし
ぷらら光 なし なし
ビッグローブ光 新規工事費実質無料特典 工事費実質無料
ニフティ光 なし なし
auひかり 初期費用相当額割引 工事費実質無料
NURO光 工事費実質無料特典 工事費実質無料

となっています。

上記以外にも、キャンペーンがある場合もありますので、しっかりとかくにんをされてください。

携帯とセットで割引が効くドコモ光

携帯とセットで割引が効くドコモ光は、ドコモのスマートフォンを使用している方にオススメです。

docomo光はこちら

月額料金(戸建て) 5,720円(税込)
月額料金(マンション) マンション 5,720円~
事務手数料 3,300円
工事費用 19,200円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 39,200pt(ドコモポイント)
スマホセット ドコモ
契約期間 2年/縛りなし
解約金 14,300円(税込)
オプション料金 ドコモ光電話:550円

携帯とのセットでおうち割引が適用されるソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクスマートフォンとの割引もあってお得です。

softbank光はこちら

戸建て マンション
契約期間 2年間
エリア 全国
月額料金 5,720円 4,180円
事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円
公式特典 ・乗り換えると初期工事費用実質無料
・安心乗り換えキャンペーン
・接続機器無料レンタル
セット割 ソフトバンクのスマホの料金最大1,100円
ワイモバイルのスマホの料金最大1,188円/

となっています。

縛りなし・低価格・高速通信のエキサイトMEC光

エキサイトMEC光は契約期間の縛りがなくいつでも解約できるという安心感があります。

月額料金 月額料金(戸建て)3,360円

月額料金(マンション)4,360円

初期費用 事務手数料1,000円(新規申し込み)2,000円(転用)工事費
工事費用 (ホームタイプ)18,000円工事費(マンションタイプ)15,000円工事費(土日祝日加算)3,000円
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 不明
スマホセット なし
契約期間 なし
解約金 不明

老舗プロバイダのSo-net光

sonet光はこちら

So-net光は無料のセキュリティなどのサポートが充実している光回線です。

auとのセット割もありますし、v6プラスは標準装備で、しかもセキュリティソフト無料となっています。
キャッシュバックは最大で60000円と高額ですので、初期費用を安くしたい方にもオススメです。

月額料金 一戸建て:6,138円
マンション:4,928円
初期費用 3,300円
工事費用 一戸建て・マンション共通:26,400円 実質無料キャンペーン
通信速度 1Gbps
キャッシュバック 新規:60,000円
乗り換え:40,000円
スマホセット セット割引き
契約期間 3年
解約金 20,000円

サポートが充実しているビッグローブ光

ビックローブ光はサポートが充実しています。
biglobe光はこちら

運営会社 ビッグローブ株式会社
スマホセット割 au
最大速度 1Gbps
提供タイプ 戸建て マンション
月額料金 5,478円 4,378円
契約事務手数料 3,300円
工事費用 19,800円(実質無料となるケースもある) 16,500円(実質無料となるケースもある)
キャンペーン内容 ・33,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・.ルーター6ヶ月無料

となっています。

そして、auスマホの場合は「auマートバリュー」で割安に利用できます。

スマホプラン 割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
1GBまで なし
1GB超~7GBまで 550円/月
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G
1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超〜20GBまで 550円/月
光☆SIMセット割 3ギガプラン(プランD)
6ギガプラン(プランD)
12ギガプラン(プランD)
20ギガプラン(プランD)
30ギガプラン(プランD) 330円/月
スクロールできます
330円引き

です。

auのスマートフォンを使っている方は特にお得です。ビッグローブ株式会社はKDDIグループなのでauの割引が受けられるんです。

ビックローブは、wimaxのサービスも展開していますし、プロバイダーとしても有名です。サポートがとても充実しており、ホームページからチャットでサポートを受けることも出来ます。

シェアNo.1のOCN光

OCN光はシェアNO1の光回線です。

月額料金 戸建てタイプ:5,610円~
マンションタイプ:3,960円~
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費用 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
通信速度 最大1Gbps
キャッシュバック 不明
スマホセット OCN光モバイル割
契約期間 2年(自動更新)/縛りなし
解約金 11,000円

ocn光の料金の詳細を確認して見ましょう。

基本料金 2年割適用後の価格 速度
マンションタイプ 4,700円 3,600円(1,100円割引) ・100Mbps
・200Mbps
・1Gbps
ホームタイプ 6,200円 5,100円(1,100円割引) ・100Mbps
・200Mbps
・1Gbps

となっています。

通信速度もインターネットを利用するにあたって、十分ですし、料金もほかの光回線と比較しても遜色ないレベルといっていいでしょう。老舗の会社なので名前を知っているという方も多いでしょうし、サービスもサポートも充実しています。

毎月のポイントも付与される楽天ひかり

楽天モバイルが提供している楽天ひかりはポイント付与があってお得です。楽天ひかりを利用していれば楽天市場のポイントが+1倍になるため頻繁に楽天を利用する人にオススメです。

月額料金 5,280円(税込)
初期費用 880円(税込)
工事費用 19,800円(税込)
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック 0円
スマホセット 楽天
契約期間 3年
解約金 10,450円(税込)

オプションは

  • 電話設定サポート(開通後60日以内初回無料・電話や専用リモートツールにてサポート)2,200円
  • スーパーセキュリティマルチプラットフォーム版3台まで12カ月間無料
  • メールプラス 506円

などがあります。

違約金などもないenひかり

「株式会社 縁人(えんじん)」が展開しているサービスがenひかりです。

月額料金 月3,520円~
初期費用 事務手数料3,300円
工事費用 無派遣工事 2,200円
訪問工事あり、屋内配線新設なし 8,360円
訪問工事あり、屋内配線新設あり 16,500円
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック なし
スマホセット UQモバイル・ahamoユーザーなら「勝手に割り」
契約期間 なし
解約金 なし

です。

オプションも充実しており

サービス名 料金
enひかり電話 550円/月
enひかりテレビ 825円/月
enひかりリモートサポート 550円/月
enひかり固定IP 770円/月
IPv6+IPoE 198円/月
フレッツウイルスクリア 440円/月(端末3台まで)
フレッツあずけーる 5GBまで無料
以降110円~5,500円/月

です。

月額料金が安いので、オプションをつけてもほかの光回線と同じくらいの料金で利用できるケースもあります。

wi-fiも無料でレンタルができ違約金や解約金もないGMO光

wifiのレンタルも可能で、違約金もないのがGMO光です。

NTTの光回線を使用していますが、こちらは違約金や解約料金がかかりません。ahamoやpovoなどのセット割りがないタイプのスマートフォンを使っているという方に得にオススメです。

月額料金 ファミリー(戸建て)
月額4,480円(税込4,928円)
マンション
月額3,530円(税込3,883円)
初期費用 実質無料
工事費用 一戸建て19,800円
GMO光 16,500円土日祝日の工事:+3,300円
17~22時の工事:+27,610円
22~8時半の工事:+38,610円
通信速度 下り最大1Gbps
キャッシュバック なし
スマホセット 不明
契約期間 2年(自動更新)
解約金 11,000円(税込)
ルーター BUFFALO製WSR-2533DHP2・WSR-2533DHP3-BK・

NEC製PA-WG2600HS・Aterm WG2600HS2

ELECOM製WRC-2533GST2

プロバイダを選択出来る光回線とプロバイダを選ぶ意味

プロバイダを選択出来る光回線とプロバイダを選ぶ意味

プロバイダを選択できる光回線について

プロバイダを選択できる光回線について
例えば光回線がソフトバンク光ならばそのプロバイダは「Yahoo!BB」、NURO光ならばプロバイダはSo-netというように、大抵の光回線業者ではプロバイダ選びが不要になりますが、一部では契約時にプロバイダを選べる光回線業者も存在しています。
プロバイダを選べる光回線業者は、 「auひかり」と「ドコモ光」 になります。

auひかりで選べるおすすめプロバイダ

auひかりで選べるおすすめプロバイダ
auひかりで選べるプロバイダは下記の7社です。

プロバイダ キャッシュバック v6プラス
So-net 最大70,000円
BIGLOBE 最大26,000円
@nifty 30.000円
au one net 10.000円 ×
@T COM 最大50,000円 ×
Asahi Net ×
DTI 最大19,000円 ×

auひかりで選べるおすすめのプロバイダとしては、キャッシュバックが高額であり、かつ高速通信である「v6プラス」に対応しているところで、唯一セキュリティサービス24カ月分無料にある「So-net」がおすすめです。

ドコモ光で選べるおすすめプロバイダ

ドコモ光で選べるおすすめプロバイダ
ドコモ光で選べるプロバイダは下記の26社です。

プロバイダ タイプ キャッシュバック v6プラス
GMO A 20,000円
BIGLOBE A
@nifty A 20,000円
Ic-net A
DTI A ×
ぷらら A 15,000円 ×
OCN B 20,000円 ×
AsahiNet B ×
WAKWAK B ×
ドコモnet A ×
andline A ×
BB.excite A ×
TikiTiki A ×
hi-ho A ×
01光コアラ A ×
@ネスク A ×
@TCOM B ×
TNC B ×
ちゃんぷるネット B ×
U-Pa! A ×
エディオンネット A ×
SYNAPSE A ×
SIS A ×
Tigers-net A ×
Rakuten ブロードバンド A ×

ドコモ光のプロバイダは「タイプA」と「タイプB」に分かれており、タイプAの方が戸建て・マンションのいずれの場合でも月額料金が200円安いです。
このときタイプBの方が少し高いので、サービス内容も若干良いと考えられますが、実はユーザーにとってはこれら両者には特に違いはないようなので、単純にタイプAに分類されるプロバイダの方が月額200円だけお得だということになります。
肝心のドコモ光で選べるおすすめのプロバイダとしては、タイプAに属しており、 かつ高速通信「v6プラス」に 対応している「GMO」「Ic-net」「BIGLOBE」「@nifty」「So-net」の5社がおすすめです。
この中でもキャッシュバックがある分GMO一択かと考えられますが、キャッシュバックを受け取るのに条件があるので注意が必要です。
また同じくキャッシュバックが受けられるDTIも、もらえる額が高額で魅力的ですが、これも条件付きであるうえに v6プラスに対応していないところが少々ネックですね。

プロバイダを選ぶ意味

プロバイダを選ぶ意味
プロバイダに関してはどこも同じであるというように言われたりもしますが、上記でも触れた通り、auひかりとドコモ光のそれぞれの選べるプロバイダの中でも、通信速度の違い(v6プラスに対応しているかどうか)や、キャッシュバック額の大きさ、セキュリティサービスの内容、月額料金など厳密には各々のサービス内容の違いがあったりします。
特にv6プラスに対応しているかどうかという点については、かなり重要になってくるので、プロバイダ選びで迷ったらとりあえずv6プラスに対応しているところで大手の会社を選択すると良いでしょう。
あとはキャッシュバックの有無やセキュリティサービスなどから、自分自身に合ったものを判断していくと良いのではないでしょうか。

地方でのみ利用出来る光回線

地方でのみ利用出来る光回線

地方 光回線 戸建住宅 集合住宅
東海地方 コミュファ光 3,980円 3,380円
近畿地方・福井 eo光 3,248円 3,248円
四国地方 ピカラ光 4,950円 3,740円
中国地方 メガエッグ 4,620円 3,520円
九州地方 BBIQ 5,170円
(1年目のみ4,070円)
4,400円
(1年目のみ3,300円)
沖縄 auひかり ちゅら 5,610円 3,630円

これらはいわゆる電力会社系の光回線で、すべてau携帯・スマホ割に対応しています。
ちなみに東海地方ならコミュファ、関西地方ならeo光、四国地方ならピカラ光、中国地方ならメガエッグがそれぞれ料金が安くておすすめです。
その他地域限定光回線業者として、九州地方のBBIQや沖縄のauひかり ちゅらもあったりしますが、これらはキャッシュバック額が少なかったりするので今のところさほどお得感はありません。
これらの光回線で今後キャッシュバック額が大きな窓口が現れたりすれば、九州・沖縄のそれぞれの地域における光回線の選択肢として視野に入ってくるでしょう。

ちょっとおすすめ出来ない光回線

ちょっとおすすめ出来ない光回線
回線業者の種類としては大まかに下記のようなものが存在しています。

  • NTT東日本・西日本(フレッツ光やソフトバンク光などの光コラボ)
  • 独自回線系(KDDI(auひかり)や So-net(NURO光) )
  • 電力会社系(eo光、コミュファ光、ピカラ光など地方限定の回線)
  • ケーブルテレビ会社系(JCOM)

この中でもあまりおすすめできないのが、NTT東日本・西日本の「フレッツ光」とケーブルテレビ会社系の「JCOMネット」です。

フレッツ光がおすすめできないわけ

フレッツ光がおすすめできないわけ
光回線の中ではもっとも有名だと思われるフレッツ光ですが、様々な理由によりおすすめできません。
おすすめできない理由としては下記のことが挙げられます。

  • 月額料金や実質費用が高くコスパが悪い
  • 携帯・スマホのセット割というものがない
  • フレッツ光の他プロバイダとも別に契約しなければならない

月額料金や実質費用が高くコスパが悪い

月額料金や実質費用が高くコスパが悪い
フレッツ光では月額料金が戸建てで6,500円、マンションで5,000円と人気光回線に比べればかなり割高です。
しかもキャッシュバックというものがないので、実質費用も高くコスパが悪いです。

携帯・スマホのセット割というものがない

携帯・スマホのセット割というものがない
フレッツ光には上記でピックアップしたような人気光回線のように携帯・スマホのセット割というものがありません。
携帯・スマホ割では月額料金が500円~2000円程度と大幅割引されるので、この割引がないのは致命的です。

フレッツ光の他プロバイダとも別に契約しなければならない

フレッツ光の他プロバイダとも別に契約しなければならない
フレッツ光の場合は、回線業者であるフレッツ光はもちろん、これとはまた別にプロバイダと契約しなければインターネットに繋ぐことができません。
またフレッツ光とプロバイダの料金の請求が別々なので、会計や引越し時などにおける住所変更手続きが面倒だったりします。
その点同じフレッツ光の回線を借りたソフトバンク光などの光コラボやauひかり・NURO光といった独自回線では、利用料金の請求もプロバイダとまとめて一元化されているので便利です。

JCOMネットがおすすめできないわけ

JCOMネットがおすすめできないわけ
JCOMネットがおすすめできないのは下記のような理由があります。

  • 通信速度が遅くて不安定
  • 月額料金が高い
  • 点検時に来る営業がしつこい
  • 解約違約金が高い

通信速度が遅くて不安定

通信速度が遅くて不安定
JCOMネットの場合は途中までは光回線で繋いでいますが、各自宅に至るまでに同軸ケーブルに切り替わります。
そのうえ光回線の3分の1程度の速さでしか提供していないことから、通信が不安定である上に通信速度も遅いと言われています。
そしてこの通信速度の遅さや不安定さは、口コミ上でも不満の声が多々上がっています。

月額料金が高い

またJCOMは月額料金がやたらと高くつきます。
例えば JCOM の1ギガプラン(標準的なプラン)の場合だと、月額料金は戸建て住宅並びに集合住宅共通で6,500円もかかります。
戸建てでも十分に高いですが、マンションの場合は人気の光回線よりも遥かに料金が高額になります。
その他点検の際に行われる営業がしつこかったり、解約違約金も戸建ての場合で20,000円と高いです。
このようにコストパフォーマンスが非常に低いことなどから、回線業者としてあえてJCOMに契約するメリットはほぼないので、あまりおすすめすることはできません。

その他おすすめできない光回線について

その他おすすめできない光回線について
その他「キャッシュバックがない、または少ない」「工事費含めた初期費用が高い」「スマホ割に適用していない」といった光回線は、いくら月額料金が安くても実質費用で比較的安くならないためおすすめできません。
例えば月額料金の安い「enひかり」は、戸建てが月額4,300円、マンションが3,300円と業界最安ですが、工事費含めた高額な初期費用がかかるうえにキャッシュバックがなく、そしてスマホ割もないので、実質費用では上記で紹介した人気光回線業者より高くなってしまいます。

光回線を選ぶうえでまず最初に押さえておきたいお得ポイントについて

光回線を選ぶうえでまず最初に押さえておきたいお得ポイントについて
これまでは安さや通信速度の速さ、携帯キャリア別におすすめの光回線業者をご紹介していきましたが、最終的に自分自身の環境に合った光回線を選ぶためにも、その選び方についても是非知っておきたいところです。
そんな光回線業者をお得に選ぶためのポイントとしては、主に下記のようなことが挙げられます。

  • どの携帯キャリアの携帯・スマホを使っているか
  • 利用料金の安さ
  • キャッシュバックされる金額
  • 通信速度の速さ
  • 対応エリア

どの携帯キャリアの携帯・スマホを使っているか

どの携帯キャリアの携帯・スマホを使っているか
まず光回線を選ぶうえで最も重要になってくるのが、どの携帯キャリアの携帯・スマホを使っているのかどうかについてです。
例えば

  • auひかりひかり→auの携帯・スマホだと月額料金が割引
  • ソフトバンク光→ソフトバンク携帯・スマホだと月額料金が割引
  • ドコモ光→ドコモの携帯・スマホだと月額料金が割引
  • DMM光→DMMの携帯・スマホだと月額料金が割引

といったように光回線の中には利用している携帯・スマホにより割引が適用されます。
そして注目すべきはその割引額で、なんと一人につき500円~2,000円程度とかなり大幅に割り引かれます。
更にauやソフトバンクならば家族全員が割引対象になるので、例えばauのスマホ割である「auスマートバリュー」では、使用プランが「データ定額5~20ギガ」の場合だと一人につき月額1,410円の割引が適用されるので、3人家族の場合であれば1,410円×3人=毎月4,230円、年間ならば1,410円×12カ月=50,760円もお得になります。
携帯キャリアの中でも特にau、ソフトバンク、ドコモの3大キャリアに関しては、月額の割引額が高いので、これら3大キャリアの携帯・スマホを使っているのであれば、是非それぞれのスマホ割に対応した光回線業者を選ぶようにすると良いでしょう。

利用料金の安さ

利用料金の安さ
手続きなどが面倒だという理由などから、特に長年使い続けるつもりだという場合であると、月額料金の安さが重要になってきます。
光回線の中でもeo光やコミュファなどの地方限定で使えるような電力会社系のものであれば、5年などの長期プランがあってかつ料金も安くなるので、長期で利用する場合はこうした光回線がおすすめです。
ただし基本的には2~3年利用して乗り換える方が、解約・新規契約手続きなどで面倒ではあるものの、キャッシュバックや乗り換えキャンペーンをフル活用できる分お得ですし、料金面や通信速度の速さなどより質の高い光回線のサービスを受けられることが期待できたりもします。

キャッシュバックされる金額を比較

キャッシュバックされる金額を比較
利用料金の安さ以外にも、重要となるのがキャッシュバック額についてです。
キャッシュバック額に関しては、大体5,000円~10,000円、多くて30,000円~50,000円くらいもらえるところもあります。
このように光回線によって受けられるキャッシュバック額の金額がかなり違うので、例えばもらえるキャッシュバック額の差が30,000円と大きければ、2年契約で利用し続けたとして30,000円÷24カ月=月額1250円相当と大きな差が出てきます。
なので光回線を選ぶ際は、キャッシュバック額がなるべく多くもらえて、かつオプション加入なども不要で簡単に受け取れるような代理店がある回線業者を選ぶと良いでしょう。
ちなみに各人気光回線業者でもらえるキャッシュバックに関しては下記の「光回線の申し込みの窓口と代理店は何処がおすすめ?」の項目で、キャッシュバック額と共に厳選した代理店についてまとめています。
なお代理店の中には極めてキャッシュバック額が高額なところもあったりしますが、こうしたところだと有料オプションに加入しなければならなかったりと条件が厳しくなってくるので、あまりおすすめはできません。
キャッシュバックに関しては確かに高額であれば理想的ですが、あまりにも高額すぎると各種条件により受け取りにくかったりして逆に損をしてしまうことも考えられます。
なのでキャッシュバックの受け取りは素早く簡単にもらえるところであり、かつ多くに金額をもらえる代理店で申し込みをするのが理想的です。

通信速度の速さ

通信速度の速さ
動画を快適に閲覧したい場合や、オンラインゲームを良くするような場合であれば、通信速度の速さにこだわりたいところです。
通信速度の速さで言えばNURO光が2Gbpsと他社と比べても逸脱して速いですが、NURO光の場合は利用できるのが関東・関西・東海エリアだけになります。
これらNURO光が使えない地域以外であれば、通信速度が落ちることも少なく安定する「v6プラス」という接続方式に対応した光回線(プロバイダ)選ぶと良いでしょう。
v6プラスに対応しているおすすめの光回線(プロバイダ)は下記の通りです。

  • au光(プロバイダはv6プラス対応のSo-netがおすすめ)
  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • ドコモ光(プロバイダはv6プラス対応のGMOとくとくBBがおすすめ)
  • ソフトバンク光
  • @nifty光
  • DMM光
  • メガエッグ光

対応エリア

対応エリア
すべての光回線業者は、日本全国のエリアに対応しているわけではなく、特定の光回線が使えるところもあれば使えないところもあります。
またその地域限定でしか使えないという光回線業者もあり、特にeo光(関西限定)やコミュファ光(中部限定)などの電力系事業者回線は戸建てだと安いので、契約を検討する際はこうした光回線も候補に入れて考えると良いでしょう。

料金や通信速度を考えれば光回線を他社に乗り換えるのもあり

料金や通信速度を考えれば光回線を他社に乗り換えるのもあり
時が経てば現在利用している光回線よりも更に料金が安く、通信速度の速いサービスが出てくる可能性が大いに考えられます。
今使っている光回線で満足できればそれでよいのですが、基本料金が高かったり通信速度が遅くて安定性にも欠けていたりして少なからず不満がある・または出てくる場合は、思い切って他社に乗り換えるのがおすすめです。
というのも大抵の大手の人気光回線業者では、乗り換えにかかる費用を負担してくれるサービスやキャンペーンがあったり、キャッシュバックというものがあったりするので、解約→新規契約でかかってくる料金も無料で済むどころか実質プラスになってきたりします。
このように他社への乗り換えで、より良いサービスが受けられるようになるうえに、撤去費無料キャンペーンやキャッシュバックで逆にお金が入ってくることも考えられるので、手続きは面倒ではありますが状況によっては光回線を他社に乗り換えるメリットは十分にあります。

光回線を解約してお得に乗り換えるポイントとは?

光回線を解約してお得に乗り換えるポイントとは?
利用している光回線の通信速度が遅かったり、基本料金が高い場合は、よりサービス内容の良い光回線に乗り換えるとキャッシュバックも受けられて一石二鳥です。
光回線を解約してお得に乗り換えるポイントとしては、「違約金を負担してもらえる光回線を選ぶ」「乗り換え時に解約するタイミングに気を付ける」といったことが言えます。

光回線の中でも乗り換えキャンペーンのある所だと違約金などを負担してもらえる

光回線の中でも乗り換えキャンペーンのある所だと違約金などを負担してもらえる
光回線の中にはソフトバンク光などのように、他社からの乗り換え時にかかる解約違約金や撤去工事費用を負担してくれるキャンペーンを実施しているようなところがあったりします。
こうしたキャンペーンのあるところを乗り換え先として選んでおけば、契約途中で乗り換えても、解約にかかる諸費用を抑えられるか、運が良ければ全額負担してくれます。

乗り換え時に解約するタイミングに気を付ける

乗り換え時に解約するタイミングに気を付ける
2年や3年などといった契約期間のあるプランでは、どの光回線業者でも契約更新期間と呼ばれる時期が訪れます。
契約更新期間に関しては基本的に違約金なしで解約することができるので、こうしたタイミングで解約すれば本来かかる高額な違約金が無料になるのでお得です。
ちなみに契約更新期間は2年プランだと開通してから24ヶ月後・48ヶ月後・・・、3年プランなら36ヶ月後・72ヶ月後・・・といった時期になります。

フレッツ光から乗り換えるデメリット

フレッツ光から乗り換えるデメリット
例えばフレッツ光から、プロバイダと一緒になった光コラボに乗り換える場合は、料金請求が簡素化されたり、料金が安くなったりスマホ割が適用されたりといった様々なメリットがありますが、若干デメリットもあるので注意しておきたいところです。
フレッツ光から乗り換えるデメリットとしては「メンバーズポイントが消える」、「サポートの質が下がる可能性がある」「通信速度が遅くなることもある」といったことがあります。

メンバーズポイントが消える

メンバーズポイントが消える
フレッツのメンバーズポイントは、様々な商品に交換することができるのですが、フレッツ光から乗り換えてしまうとこのメンバーズポイントが消えてしまいます。
なのでこのポイントが貯まっている場合は、使い切らないと損をしてしまうことも考えられるので注意が必要です。

サポートの質が下がる可能性がある

サポートの質が下がる可能性がある
フレッツ光では電話がつながりやすく、問い合わせに対してもきちんと答えてくれるようですが、光コラボの場合は問い合わせの電話がつながりにくかったり、質問にしてもスムーズに答えてくれなかったりと、サポートの対応が悪いという評判が多かったりします。
なので光回線に対する知識があまりなく、手取り足取りサポートしてもらいたい場合には、光コラボなど乗り換え先によってはフレッツ光ほどのサポートが期待されない可能性も十分にあるので注意が必要です。

通信速度が遅くなることもある

通信速度が遅くなることもある
例えばフレッツ光から光コラボに乗り換える場合、光コラボも同じフレッツ光の回線を使用しているので、通信速度的には変わらないと思われます。
しかしネット上の口コミでは、光コラボの方が遅くなったという声もあったりするので、環境によっては速度も遅くなってしまう可能性があるということにも気を付けておきたいところです。

光回線の中でも乗り換え時に工事不要・工事費無料になる場合があるって本当?

光回線の中でも乗り換え時に工事不要・工事費無料になる場合があるって本当?
フレッツ光から光コラボに転用・乗り換えする場合は、光コラボも同じフレッツ光の回線を使用していることから、乗り換え時に本来必要となる工事が不要になるので、工事不要・工事費無料で使うことができます。
またアパートやマンションなどの集合住宅の場合で、前の住人が利用していた配線が残っているのであれば、同じ光回線に限りこれも工事不要・工事費無料で開通できることもあります。
なので集合住宅に引越してきて配線が残っているのであれば、とりあえずそれが使えるかどうかを光回線業者に問い合わせてみると良いでしょう。

光回線の申し込みの窓口と代理店は何処がおすすめ?

光回線の申し込みの窓口と代理店は何処がおすすめ?
主要光回線におけるおすすめの代理店(申し込み窓口)は下記の通りです。
いずれもオプション加入不要でキャッシュバック額も多く、かつ受け取り時の手続きも簡単な優良代理店だけを厳選しています。

光回線 おすすめの代理店(申し込み窓口) キャッシュバック額 備考
NURO光 NURO光公式キャッシュバックページ 45,000円 最短6ヵ月で振り込み
auひかり NNコミュニケーションズ 52,000円 最短1ヵ月で振り込み
ソフトバンク光 アウンカンパニー 37,000円 最短2ヵ月末で振り込み
ドコモ光 GMOとくとくBB 22,000円
(20,000円+dポイント2,000pt)
最短4ヵ月で振り込み
BIGLOBE光 NNコミュニケーションズ 26,000円 最短2ヵ月で振り込み
@nifty光 @nifty光公式サイト 30,000円 最短12ヵ月で振り込み
ぷらら光 ぷらら光公式サイト 35,000円 最短10ヵ月で振り込み
ひかりTV同時申し込みで更に+20,000円
U-NEXT光 株式会社緑人ブロードバンド受付センター 12,000円 最短8ヵ月で振り込み
IIJmioひかり IIJmioひかり公式サイト 10,000円
コミュファ光 株式会社NEXT 75,000円 最短2ヵ月で振り込み
eo光 ライフイノベーション 50,000円 最短4ヵ月で振り込み
ピカラ光 株式会社NEXT 25,000円 最短3ヵ月で振り込み
メガエッグ 株式会社NEXT 20,000円 最短3ヵ月で振り込み

光回線と電気の申し込みで更にお得に

光回線と電気の申し込みで更にお得に
電力自由化に伴い今では民間の電力会社も増えてきた中で、光回線と電気をセットで契約することによりセット割引を受けられるような光回線・電気会社も出てきました。
大手光回線業者における、電気とのセット割が受けられる電力会社は下記のところがあります。

光回線会社 電力会社 月額割引
auひかり auでんき ・電気料金5,000円未満:1%還元
・電気料金5~8,000円:3%還元
・電気料金8,000円以上:5%還元
ソフトバンク光 ソフトバンクでんき 100円~300円
eo光 eo電気 500円
ビッグローブ光 東京ガス電気 200円~300円
So-net光 200円
@nifty光 200円
ぷらら光 100円
OCN光 100円
DTI光 100円~250円
AsahiNet光 300円
BBエキサイト光 110円

このような光回線では、特定の電気会社とセットで契約することでも、いくらかの割引が受けられる分更にお得です。

スマホセット割りがお得。ドコモ、au、ソフトバンク、格安スマホの比較

スマホセット割りがお得。ドコモ、au、ソフトバンク、格安スマホの比較
まずはドコモ、au、ソフトバンク、格安スマホ(格安SIM)のそれぞれのスマホセット割の詳細について見ていきましょう。

ドコモのスマホ割(ドコモ光セット割)

ドコモのスマホ割(ドコモ光セット割)

一人

一人

プラン 月額割引
ベーシックパック(~1GB) 100円
ベーシックパック(~3GB) 200円
ベーシックパック(~5GB) 800円
ベーシックパック(~20GB) 800円

家族

家族

プラン 月額料金
ベーシックシェアパック(~5GB) 800円
ベーシックシェアパック(~10GB) 1,200円
ベーシックシェアパック(~15GB) 1,800円
ベーシックシェアパック(~30GB) 1,800円

auのスマホ割(auスマートバリュー)

auのスマホ割(auスマートバリュー)

プラン 月額割引
auピタットプラン(2GB以下) 500円
auフラットプラン、auピタットプラン(2GB以上) 1,000円
データ定額(4GB以下) 934円
データ定額(5~20GB) 1,410円
データ定額(21GB以上) 2,000円

ソフトバンクのスマホ割(おうち割)

ソフトバンクのスマホ割(おうち割)

プラン 月額割引
データ定額(3GB以下) 500円
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター(通話基本プラン)
データ定額(50GB/20GB/5GB)
1,000円

格安SIMのスマホ割

格安SIMのスマホ割
格安スマホの中で光回線契約とせっと割引が適用されるのは、「U-NEXT光」「IIJmioひかり」「DMM光」「OCN光」になります。

格安スマホ 光回線 月額割引
mio SIM IIJmioひかり 660円
OCNモバイル OCN光 OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)

格安スマホの場合はプランに関らず、このようにスマホ割の割引額が一定になります。

ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMのスマホ割比較

ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMのスマホ割比較
例えば一人の場合でデータ定額5GBに相当するプランを各スマホ会社で選んだ場合の各社のスマホ割引額は下記のようになります。

携帯・スマホ会社 月額割引
ドコモ ギガホまたはギガホライトの場合
最大1100円割引
au 最大1100円割引
ソフトバンク 最大1100円割引
mio SIM 660円
OCNモバイル OCNモバイルONE(OCN光モバイル割で2022年3月まで月額770円割引)

このように格安スマホよりはドコモ・au・ソフトバンクの大手3大キャリアの方が割引額が高く、そして大手3大キャリアの中だと5GBプランではauが最もお得になります。
プランが2~3GB以下だとどの携帯会社でもさほど差はありませんが、5GB以上になるとauの割引額がダントツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。