簡単にお金を借りる人の心理。簡単にお金を貸してはいけない理由とは

あなたの身の回りに「簡単にお金を借りる人」はいないでしょうか。

ちょっとしたことで「お金貸して」と頼んでくる人やお金を借りることに抵抗感のない人っていますよね。

借金をしない人にとってそういった簡単にお金を借りる人の気持ちは理解し難い部分があるかもしれません。

そこで今回は簡単にお金を借りる人の心理について解説していきます。

簡単にお金を貸してはいけない理由についても紹介していきます。

1.お金を借りる人の心理の特徴

お金を借りる人の心理としては主に以下の5つが当てはまります。

  • 見栄を張りたい
  • 計画性に欠ける
  • お金を使うこと自体に満足感を得ている
  • ギャンブルなどの依存症
  • 躊躇なく嘘をつく

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

①見栄を張りたい

お金をよく借りている人は「見栄っ張り」という共通点があることが多いです。

身の丈に合わないブランド品や高級品などを身につけたり、高級な飲食店などで贅沢をしたり、タワーマンションに入居したりなど、実際の収入以上の生活をして、上辺を取り繕うとしています。

そういった自分を大きく見せたい人ほど、浪費・消費が激しく、結果的にお金を借りなくてはならなくなってしまいます。

②計画性に欠ける

自分の収入を用途別に配分して、計画的に使っていくというのは誰しもができるわけではありません。

人によっては刹那的に欲しいものを購入したり、お金の管理が無頓着だったりするため、無計画な支出によって金欠になってしまい、お金を借りなくてはならなくなってしまいます。

収入と支出のバランスを考えることもせず、給料が入った途端に使い切ってしまうような人に当てはまります。

③お金を使うこと自体に満足感を得ている

買い物をして欲しいものを手に入れたり、高級レストランで美味しいものを食べたりといったことに満足感を得るのではなく、お金を払っていること自体に充実感を覚える人がいます。

こういった人はお金を使うことが目的になっており、特に必要のないものでも買ってしまうため、金欠になりやすくなってしまい結果的にお金を借りる羽目になってしまいます。

④ギャンブルなどの依存症

ギャンブルなどの依存症になっている方は、ストレスを解消するために金に糸目をつけずに散財をしてしまいます。

金銭感覚も狂ってしまっているため、金欠の状態などに関係なく、借金をしてでもギャンブルで得られる快感を味わおうとしてしまいます。

⑤躊躇なく嘘をつく

簡単にお金を借りる人ほど躊躇なく嘘をつく傾向にもあります。

「親類が病気になった」や「事故で賠償金が必要になった」など、お金を借りるための都合の良い嘘を平気でついてきます。

こういった嘘を繰り返していると、人間関係も悪化してしまいますし、嘘で借りたお金はなかなか返そうともしないでしょう。

2.簡単にお金を貸さない方がいい理由

簡単にお金を貸さない方がいい理由としては以下の4つが挙げられます。

  • 繰り返し借りようとしてくる
  • 相手との関係性が悪化する
  • 自分の経済的な余裕がなくなる可能性がある
  • 返ってこない可能性がある

頼まれたからといって簡単にお金を貸すのは控えてください。

①繰り返し借りようとしてくる

一度お金を貸すと、その後何度も繰り返し借りようとしてくるので注意が必要です。

借りる側としてみれば「お金を貸してくれる人」とみなされるため、何度も頼られてしまいます。

繰り返しお金を貸していると、積み重なってとんでもない金額になることもあります。

②相手との関係性が悪化する

やはりお金の貸し借りを友人・知人間でしてしまうと人間関係を悪化させてしまう可能性が高いです。

相手がピンチに陥った状況であったり、一世一代の場面だったりでお金を貸す分には問題ありませんが、些細な理由でお金を貸してしまうと、後々トラブルに発展する可能性があります。

大切な人間関係を維持したいのであれば、簡単にお金を貸すのはやめた方がいいでしょう。

③自分の経済的な余裕がなくなる可能性がある

貸した時には大丈夫でもいざというときに余裕がなくなっていることも考えられます。

その時に「貸したお金返してくれないかな」と催促しても、返してもらえるとは限りません。

自分の経済的余裕までなくなってしまうので注意してください。

④返ってこない可能性がある

お金を貸しても必ず返ってくるとは限りません。

仲の良い友人であっても、相手によっては平気で借金を踏み倒そうとしてくる場合もありますし、親しい関係だからこそ期日までに返さなくても許されるだろうという気持ちにもなってしまいがちです。

消費者金融やカードローンのように貸したお金を返させるための仕組みもありませんし、利息なども有耶無耶にされがちなのであまり意味がありません。

3.お金を借りるときは公的機関を利用する

「お金を貸して」と頼まれたときは、簡単に貸すのではなく、公的機関を利用するように促すのがおすすめです。

あまり知られていませんが意外にも数多くの公的機関による貸付が用意されています。

①主な公的貸付

主な公的貸付としては以下の制度があります。

  • 生活支援費:生活再建までの費用を貸付
  • 求職者支援資金:職業訓練受講給付金を受講予定で生活費が足りない場合に利用できる
  • 母子父子寡婦福祉資金:20歳未満で児童を扶養しており、配偶者のいない人が利用できる
  • 年金担保貸付:年金を担保として融資を受ける
  • 緊急小口資金:低所得世帯で緊急かつ一時的に生計維持が難しくなった場合に利用できる
  • 教育一般貸付:国の教育ローン

状況に応じて必要な貸付制度を利用してみてください

②お金を簡単に貸さず公的機関を紹介しよう

お金を貸してと頼まれた時は上記で紹介したような公的貸付を紹介してください。

生活費が足りない場合は「生活支援金」や「緊急小口資金」などが当てはまるかもしれません。

もちろん利用には条件がありますし、申請には時間がかかりますが、個人間で安易にお金の貸し借りをするよりはずっと健全です。

4.まとめ

お金を借りる人の心理やお金を簡単に貸してはいけない理由について解説しました。

やはり個人間でのお金の貸し借りはトラブルの素になってしまうので、どんなに頼まれてもお金は貸さない方がいいでしょう。

個人向け貸付が利用できる公的機関もあるので、そちらを紹介してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です