過払い請求名古屋で人気の弁護士事務所と法律事務所

過払い金請求を取り扱う弁護士事務所・法律事務所はたくさんありますが、その中からどういったところに相談すべきか迷っているという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は名古屋での過払い金請求に強い弁護士事務所・法律事務所についてや、適切な事務所の選び方のポイントについて紹介していきたいと思います。

名古屋で過払い請求を法律事務所に依頼したいと考えている方はぜひ参考にして下さい。

名古屋以外での過払い金請求に強い法律事務所はこちら

目次 表示

過払い請求名古屋で人気の弁護士事務所と法律事務所

過払い請求名古屋で人気弁護士事務所と法律事務所

早速ですがここからは名古屋で過払い金請求に強い弁護士事務所・法律事務所について、主に実績や顧客満足度を元にして紹介していきます。

司法書士法人杉山事務所 名古屋事務所

基本情報 詳細
住所 〒453-0015
名古屋市中村区椿町1-16
IMONビル3F
アクセス 【電車】
・名古屋駅より徒歩2分
・名鉄名古屋駅より徒歩7分
・近鉄名古屋駅より徒歩8分
・亀島駅より徒歩8分
【車】
近辺にリパーク名駅西第17、エスカ駐車場、ウィングスカイパーキング、リパーク名駅西第2などの駐車場あり
【バス】
最寄りのバス停:名古屋駅(太閤通口)、名古屋駅西口(集合場所:ゆりの噴水前)、名古屋駅(新幹線口)、名古屋駅(大阪バス)
問い合わせ電話番号 0120-068-027
営業時間 9:00~19:00(年中無休)
対応エリア 愛知、静岡、長野、岐阜、滋賀、三重
過払い請求費用(税込み) ・着手金:無料
・過払い金報酬:返還額の22%~

司法書士法人杉山事務所は、特に過払い金請求に強い事務所です。
ここでは毎月の相談実績が3,000件以上、過払い金請求総額は毎月5億円以上と実績豊富です。過去に週刊ダイヤモンド誌では「消費者金融が恐れる司法書士No.1」とも取り上げられているほど。

また、相談料や着手金がかからないのはもちろん、無料で出張相談も可能なため、名古屋以外の地域からでも相談しやすいでしょう。

口コミ上では主に相談時の説明の分かりやすさ・丁寧さや、アクセスの良さという点で好評です。

司法書士法人杉山事務所のチェックポイント

  • 相談実績が月間3,000件以上と大変豊富にある
  • 過払い金請求総額は毎月5億円以上の実績を誇る
  • 出張相談料が無料
  • 名古屋駅から徒歩2分とアクセス抜群

片山総合法律事務所

基本情報 詳細
住所 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区
名駅3丁目25−9 堀内ビルディング 2階 第一
アクセス 名古屋駅から徒歩すぐ
問い合わせ電話番号 052-533-3555
営業時間 平日10時~16時
対応エリア 愛知、岐阜、三重、静岡
過払い請求費用(税込み) ・着手金:無料
・過払金報酬金:回収額の22%
・過払金解決金:1社あたり22,000円

片山総合法律事務所は、過払い金請求に特化した法律事務所です。
ここの最大の特徴は、過払い金問題に対して熱心に取り組んでいる所長弁護士である片山木歩弁護士により、直接担当してもらえるという点です。

この方は弁護士登録直後から一貫して過払い金請求に取り組んでおり、金融機関ごとの過払い金請求への対応や、過払い金請求訴訟の争点や裁判例にも精通しています。

そのため、過払い金の回収率にも期待できるでしょう。
また、対応地域も絞っていることから、迅速に解決へと導いてもらえます。スピーディーに解決してもらうことで、債権者側の倒産や時効などの理由により過払い金が回収できなくなるというリスクを抑えることができます。

過払い金請求を有利な条件で和解させたいのであれば、ぜひ一度相談してみると良いでしょう。

片山総合法律事務所のチェックポイント

  • 過払い金請求に特化している法律事務所である
  • 名古屋駅から徒歩すぐとアクセス抜群

みどり法務事務所 名古屋事務所

基本情報 詳細
住所 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目24-5
第2森ビル405号室
アクセス 名古屋駅から徒歩8分
問い合わせ電話番号 0120-923-415
営業時間 9:00~19:00(土日も対応)
対応エリア 愛知県(名古屋市)、静岡県、長野県、
岐阜県、滋賀県、三重県
過払い請求費用(税込み) ・着手金:無料
・過払い金の成果報酬:1社につき、払い戻した額の22~27%程度

みどり法務事務所も過払い金請求・債務整理に強い事務所です。
相談実績としては月間500件以上、返還金額は141億円にものぼり、依頼者の61%に平均98万円の過払い金が発生しています。

また、みどり法務事務所では、過払い金無料診断サービスがあります。
このサービスを使えば、ネット上で簡単にどの程度過払い金が発生するか分かります。スマホやパソコンからいつでも気軽に5分程度で診断できるので、忙しい方や周囲に知られたくない方でも便利に利用できるでしょう。

口コミ上では、対応の親切丁寧さに定評があるので、安心して相談することができるのではないでしょうか。

みどり法務事務所のチェックポイント

  • 相談実績は月間500件以上と豊富
  • 便利な過払い金無料診断サービスあり
  • 対応の良さに定評がある

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

基本情報 詳細
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目20−25
メットライフ名古屋丸の内ビル 6階
アクセス
(名古屋・丸の内事務所)
・地下鉄桜通線・鶴舞線丸の内駅 4番出口より東に徒歩2分
・地下鉄桜通線・名城線久屋大通駅 1番出口より西に徒歩6分
・地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅 地下街連絡通路出入口Eより北に徒歩6分
問い合わせ電話番号 052-231-2601
営業時間 ・受付時間 平日 / 9:00~18:30
・夜間相談【毎週火曜日】/ 17:30~21:00
・土曜相談【毎週土曜日】/ 9:30~17:00
過払い請求費用(税込み) ・着手金:無料
・1社あたり22,000円+返還金額の20.9%

弁護士法人 名古屋総合法律事務所は、 債務整理をはじめ相続、離婚、交通事故、不動産、中小企業の6分野に専門特化した弁護士事務所です。地場の金融業者の実情に精通しており交渉力があることからか、顧客満足度が98%と非常に高いのが特徴ですね。

ここは完全成功報酬制のため、相談料や着手金はかかりませんし、費用も比較的割安です。

また、夜間(毎週火曜日)や土曜日も相談可能なため、平日は仕事で忙しく夜帰宅するのが遅い方でも相談しやすいでしょう。

名古屋・丸の内事務所以外にも金山駅前事務所(南口正面すぐ)、本山駅前事務所(3番出口すぐ)、岡崎事務所(JR岡崎駅徒歩8分)があるので、名古屋以外でも足を運びやすいです。

弁護士法人 名古屋総合法律事務所のチェックポイント

  • 債務整理の実績は2500件と豊富
  • 顧客満足度は98%
  • 丸の内駅から徒歩2分とアクセス良好
  • 夜間(毎週火曜日)や土曜日も相談可能

弁護士法人中部法律事務所

基本情報 詳細
住所 〒450-0002
愛知県名古屋市中村区
名駅3丁目23−6 第二千福ビル 5階
アクセス 名古屋駅から徒歩4分
問い合わせ電話番号 052-562-0775
営業時間 ・平日9時~19時
・土曜13時~18時
対応エリア 愛知、岐阜、三重
過払い請求費用(税込み) ・着手金:無料
・返還金額の22%

弁護士法人中部法律事務所も、主に債務整理などの分野に力を入れている法律事務所です。名古屋事務所は名古屋駅から徒歩4分とアクセス抜群のところにあります。

初回30分であれば相談料無料ですし、着手金もかかりません。
相談の際は自宅からテレビ会議(WEB会議)可能なため、忙しい方や感染症対策したいという方にも良いでしょう。

対応も親切丁寧と評判で、安心して相談できると評判です。
なお弁護士法人中部法律事務所は、名古屋事務所のほか春日井事務所もあります。

弁護士法人中部法律事務所のチェックポイント

  • 名古屋駅から徒歩4分とアクセス抜群
  • 名古屋事務所のほか春日井事務所もあり
  • 対応が親切丁寧と評判

くまざわ法律事務所

基本情報 詳細
住所 〒491-0859
愛知県一宮市本町
3丁目10−15 三栄本町ビル8階
アクセス 名鉄一宮駅より徒歩8分
問い合わせ電話番号 0586-25-5686
営業時間 平日9時から17時まで
(定休日:土日・祝日)
※事前予約で平日夜間・土日相談可能
対応エリア ・愛知:一宮市、稲沢市、江南市、岩倉市、大口町、丹羽郡、扶桑町、犬山市、小牧市、津島市、愛西市、北名古屋市、名古屋市を含む
・岐阜:岐阜市、羽島市、笠松町、各務原市を含む
・三重
(東海三県以外も対応可能な場合あり)
過払い請求費用(税込み) ・着手金:1社あたり22,000円
・報酬金:返還された過払金額の22%

くまざわ法律事務所は一宮市にある事務所です。
ここの弁護士さんである熊澤弁護士は、依頼者の不安を和らげることをモットーに、相談しやすい雰囲気作りというものを意識しています。

そのため、弁護士事務所に相談するのが不安な方でも、安心して利用することができるでしょう。口コミ上でも対応が親切丁寧で話しやすいと評判ですね。

「弁護士というとなんだか怖いイメージがある」といった方でも、気軽に相談したいというのであればぜひ確認してみてください。

くまざわ法律事務所のチェックポイント

  • 依頼者の不安を和らげることをモットーにしており気軽に相談しやすい

ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

基本情報 詳細
住所 〒460-0002
愛知県名古屋市中区
丸の内3丁目20−17
アクセス ・「名古屋駅」から、地下鉄桜通線で5分
・地下鉄桜通線・名城線「久屋大通駅」1番出口スグ
問い合わせ電話番号 052-938-5508
営業時間 ・平日09:00〜20:00
・土日祝日09:00〜17:00
過払い請求費用(税込) 要問い合わせ

ひかり弁護士法人アイリス法律事務所も債務整理(過払い金請求)を取り扱う法律事務所です。
専門性を持つ弁護士と事務局が組み、依頼者の問題を解決へと導きます。

場所は「名古屋駅」から、地下鉄桜通線で5分、地下鉄桜通線・名城線「久屋大通駅」1番出口からすぐとアクセス良好。

名古屋事務所のほか安生にも事務所があります。

ひかり弁護士法人アイリス法律事務所のチェックポイント

  • 地下鉄桜通線・名城線「久屋大通駅」1番出口すぐとアクセス抜群
  • 名古屋事務所のほか安生事務所もあり

弁護士法人心 名古屋法律事務所

基本情報 詳細
住所 〒453-0015
愛知県名古屋市中村区
椿町18−22 ロータスビル4F
アクセス 名古屋駅の太閤通り口から徒歩2分
問い合わせ電話番号 0120-41-2403
営業時間 ・平日:9~21時
・土日祝:9~18時
過払い請求費用 ・着手金:0円
・成功報酬金:過払い金回収額の19.8%

弁護士法人心は全国に15の事務所を構える法律事務所です。
様々な相談に対応していますが、各分野ごとにエキスパートが担当しているため、こと過払い金問題でも頼りになるでしょう。

費用は安いですし、出来高制のため過払い金を回収できなかった場合はお金がかからないので安心です。

また、予約をすることにより夜間・土日祝にも対応しているので、忙しい方にとっても嬉しい限りですね。

場所は名古屋駅の太閤通り口から徒歩2分とアクセス抜群。
ちなみに東海エリアの場合、名古屋法律事務所以外にも、「栄法律事務所」「東海法律事務所」「豊田法律事務所」「津法律事務所」「四日市法律事務所」「松坂法律事務所」「岐阜法律事務所」の8つの拠点があるので、岐阜県や三重県からでも相談しやすいでしょう。

弁護士法人心 名古屋法律事務所のチェックポイント

  • 名古屋駅の太閤通り口から徒歩2分とアクセス抜群
  • 東海エリアに8つ事務所がある

名古屋司法書士事務所

基本情報 詳細
住所 〒453-0013
愛知県名古屋市中村区
亀島2丁目6−16
アクセス ・名古屋駅西口より徒歩7分
問い合わせ電話番号 052-485-4081
営業時間 午前8時~午後10時
(相談により土日祝も可)
過払い請求費用 ・着手金:無料
・基本報酬:金融機関の数×3
・減額報酬:減額金額×10%
・過払い報酬:過払い金額×20%

名古屋司法書士事務所も、過払い金請求など主に債務整理を専門的に行っている評判の良い司法書士事務所です。

口コミ上では対応が親切丁寧で話しやすいと評判ですね。
営業時間は夜の10時までと長く、相談により土日祝も対応しています。

場所は名古屋駅西口より徒歩7分とアクセス良好。
夜の遅い時間帯や土日祝に相談したいという方に好都合です。

東京ロータス法律事務所の口コミはこちら

名古屋司法書士事務所のチェックポイント

  • 名古屋駅西口より徒歩7分とアクセス良好
  • 夜10時までと受付時間が長い

アディーレ法律事務所 名古屋支店

基本情報 詳細
住所 〒 451-6007
愛知県 名古屋市西区
牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー7階
アクセス 地下鉄東山線/桜通線/JR/名鉄/近鉄/あおなみ線「名古屋駅」から徒歩9分、地下道で直結
問い合わせ電話番号 050-5228-2241
営業時間 毎日朝9時~夜10時
過払い請求費用(税込) ・着手金:無料
・基本費用:66,000円+報酬金:回収した「過払い金」の22%
(訴訟が起きた場合は66,000円+報酬金:回収した「過払い金」の27.5%)

全国に60拠点以上の事務所を構える大手アディーレ法律事務所の名古屋支店です。
アディーレ法律事務所は、債務整理にも強く過払い請求の相談にも適しています。

営業時間は平日はもちろん土日祝も朝9時~夜10時まで営業時しているので、時間に都合がつきやすいでしょう。
各線名古屋駅から徒歩で地下道直結で行けるというようにアクセス良好。

無料駐車場もあるので、車での来店もしやすいですね。
託児所・キッズルームを完備しているので、お子さん連れでも気兼ねなく相談できるでしょう。

アディーレ法律事務所 名古屋支店のチェックポイント

  • 名古屋駅から徒歩9分とアクセス良好
  • 無料駐車場や託児所・キッズルーム完備

弁護士法人 鈴木・上野総合法律事務所

基本情報 詳細
住所 〒440-0851
愛知県豊橋市
前田南町1丁目1−1
アクセス JR豊橋駅・豊橋鉄道新豊橋駅から車で5分、徒歩15分
問い合わせ電話番号 0532-53-6764
営業時間 平日9:00~17:30
過払い請求費用 要問い合わせ

豊橋にある過払い金請求など債務整理を取り扱う法律事務所です。

営業時間は平日9:00~17:30と短めですが、予約により時間外の相談も可能です。
名古屋ではなく豊橋近くで過払い金に強い法律事務所を探している方は、一度相談を受けてみてはいかがでしょうか?

弁護士法人 鈴木・上野総合法律事務所のチェックポイント

  • 豊橋駅からのアクセスが良好

過払い請求名古屋で人気の弁護士事務所の比較

上記で紹介した名古屋で過払い金請求を依頼するのに必要な弁護士事務所の費用などについて、下記でまとめてみました。

弁護士・司法書士事務所 費用 アクセス 特徴
司法書士法人杉山事務所 名古屋事務所 ・着手金:無料
・過払い金報酬:返還額の22%(税込み)~
名古屋駅より徒歩2分 ・過払い金の回収日本一の実績があり
・土日祝も営業している
片山総合法律事務所 ・着手金:無料
・過払金報酬金:回収額の22%(税込み)
・過払金解決金:1社あたり22,000円(税込み)
名古屋駅から徒歩すぐ ・過払い金請求のプロである所長弁護士が直接担当する
みどり法務事務所 名古屋事務所 ・着手金:無料
・過払い金の成果報酬:1社につき、払い戻した額の22~27%程度(税込み)
名古屋駅から徒歩8分 ・相談実績は月間500件以上と豊富
・過払い金無料診断サービスがある
弁護士法人 名古屋総合法律事務所 ・着手金:無料
・1社あたり22,000円+返還金額の20.9%(税込み)
地下鉄桜通線・鶴舞線丸の内駅 4番出口より東に徒歩2分 ・債務整理の実績は2500件と豊富
・夜間(毎週火曜日)や土曜日も相談可能
弁護士法人中部法律事務所 ・着手金:無料
・返還金額の22%(税込み)
名古屋駅から徒歩4分 ・名古屋事務所のほか春日井事務所もあり
くまざわ法律事務所 ・着手金:1社あたり22,000円(税込み)
・報酬金:返還された過払金額の22%(税込み)
名鉄一宮駅より徒歩8分 ・依頼者の不安を和らげることをモットーにしており気軽に相談しやすい
ひかり弁護士法人アイリス法律事務所 要問い合わせ ・「名古屋駅」から、地下鉄桜通線で5分
・地下鉄桜通線・名城線「久屋大通駅」1番出口スグ
・名古屋事務所のほか安生事務所もあり
弁護士法人心 名古屋法律事務所 ・着手金:0円
・成功報酬金:過払い金回収額の19.8%
名古屋駅の太閤通り口から徒歩2分 東海エリアに8つ事務所がある
名古屋司法書士事務所 ・着手金:無料
・基本報酬:金融機関の数×3
・減額報酬:減額金額×10%
・過払い報酬:過払い金額×20%
名古屋駅西口より徒歩7分 夜10時までと受付時間が長い
弁護士法人 鈴木・上野総合法律事務所 要問い合わせ JR豊橋駅・豊橋鉄道新豊橋駅から車で5分、徒歩15分 豊橋駅からのアクセスが良好
アディーレ法律事務所 名古屋支店 ・着手金:無料
・基本費用:66,000円+報酬金:回収した「過払い金」の22%
(訴訟が起きた場合は66,000円+報酬金:回収した「過払い金」の27.5%)(税込)
地下鉄東山線/桜通線/JR/名鉄/近鉄/あおなみ線「名古屋駅」から徒歩9分、地下道で直結 ・全国に60拠点以上の事務所を構える大手法律事務所
・無料駐車場や託児所・キッズルーム完備

過払い金請求で重要となるのはその解決スピードや回収額であるため、費用に関してはあくまで参考程度に見ておくと良いでしょう。

過払い金請求を依頼するうえでの弁護士事務所の選び方は?

過払い金請求を依頼する際は、主に下記のポイントを押さえたうえで弁護士事務所を選ぶと良いでしょう。

  • 過払い金請求(債務整理)を専門的に扱っているかどうか
  • 過払い金請求の実績が豊富であるかどうか
  • 弁護士か司法書士かどうか
  • 口コミ・評判が良いか
  • 無料相談での対応がどうなのか
  • 料金体系の説明がきちんとしているか

過払い金請求(債務整理)を専門的に扱っているかどうか

過払い金請求を依頼する際に弁護士事務所を選ぶときにまず確認しておきたいのが、その弁護士・司法書士事務所が過払い金請求(債務整理)を専門的に扱っているのかどうかという点についてです。

弁護士・司法書士事務所の中には、相続に関することを専門的にやっていたり、主に刑事事件に関することを行っていたりするところがあるわけですが、こうした法律事務所に過払い金請求の依頼をしても、相談を受けてもらえなかったりします。

仮に依頼を受けられたにしても、過払い金請求(債務整理)を専門的に扱っているような事務所に比べると、その回収率であったり解決までのスピードという点に劣ります。

こうしたことから、過払い金請求を依頼する際は、そういったことを専門としている事務所に相談するのが良いでしょう。

過払い金請求の実績が豊富であるかどうか

次に過払い金請求で弁護士事務所を選ぶときに確認しておきたいのが、その実績が豊富であるかどうかという点についてです。

過払い金請求の実績が豊富であれば、それまで培われてきた交渉力などのノウハウにより、高い返還率が期待されます。またそういったところは手続きもスピーディーです。そのため、事務所を選ぶ際は実績についても見ておきたいところです。

弁護士か司法書士かどうか

過払い金請求を依頼する際にあたり、弁護士事務所か司法書士事務所かどうかも確認しておきましょう。

この両者のどちらを選ぶべきなのかについては、自身の過払い金の金額によって変わります。

まず、過払い金の金額が140万円未満の場合は、司法書士事務所(法務事務所)で依頼するのが適切です。司法書士事務所であれば、過払い金の金額が140万円未満の案件なら依頼可能ですし、弁護事務所と比べても費用がかからないのがメリットです。

一方で、過払い金の金額が140万円を超える場合は、弁護士事務所に依頼するのが望ましいです。弁護士事務所であれば過払い金の金額が140万円を超える案件でも依頼可能です。また司法書士事務所とは違い、裁判になった場合でも代理人を立てられます。

口コミ・評判が良いか

過払い金請求で弁護士事務所を選ぶ際は、検討している事務所の口コミ・評判についても軽くチェックしておくと良いでしょう。

口コミ・評判はインターネットで簡単に確認することができます。
ただしネット上の情報は、信ぴょう性があるとは限らないため、あくまでも参考程度にしておくと良いでしょう。

相談での対応がどうなのか

また、過払い金請求で弁護士事務所を選ぶ際は、相談時の弁護士・司法書士・スタッフの対応についても見ておきたいところです。

相談時での対応が良くなかったり、契約するように強引に勧誘してくるようなところはあまり信用できませんし、後々トラブルになることも考えられるため避けておいた方が良いでしょう。

また、面談時も事務員ではなく、プロである弁護士や司法書士が最後まで担当するようなところを選ぶべきです。

ちなみに過払い金請求の相談に関しては、基本的にはどこでも無料できるので、そこでの対応を確認したうえで、信頼できそうなところに依頼するのが確実です。

料金体系の説明がきちんとしているか

過払い金請求の料金体系は、その弁護士・司法書士事務所によって異なります。
費用の内訳としては主に、着手金や成功報酬などがありますが、これに加えて裁判があった場合などの際に追加費用がかかるケースも考えられます。

費用に関する説明の際には、こうした追加費用も含めて明確に伝えてくれるような事務所であれば信頼できますし、あとあと費用のことで困ることもないので安心して依頼を受けることができるでしょう。

過払い金請求とは?

過払い金請求というのは、消費者金融などの金融機関に払い過ぎていた利息を請求するということです。

中でも2007年ごろまでに貸金業者に借り入れしたことがある場合は、この過払い金が発生している可能性が高いと考えられます。

2007年以前では、貸金業者の多くが「上限金利29.2%」といったグレーゾーン金利での貸し付けを行っていました。

そしてこれが問題視され法改正がされたことで上限金利が15~20%に変わり、過去にこの金利を超えて払い過ぎていた利息があればその分を返金することができます。

そのため、過去にグレーゾーン金利で借り入れをしていた場合は、返還請求を行うことで払い過ぎていた分の利息を取り戻すと良いでしょう。

この際、借り入れの契約書やローンカードなどがなくても、利用していた金融機関の名前さえ分かれば、過払い金請求が可能です。(貸金業者名を覚えていなくても、信用情報機関に問い合わせをすることで特定できるケースもあります)

ただし過払い金請求ができる条件が揃っていたとしても、下記の場合はそれが取り戻せないので注意が必要です。

  • 最後の取引から10年以上経過してしまっている場合
  • 利用していた貸金業者が倒産した場合

ただ、一連計算が認められる場合は、10年以上経っていたとしても過払い金請求可能です。

一連計算というのは、同じ貸金業者から「契約→完済→お金がなくなったので再度契約→完済」と繰り返し契約・借り入れした場合に、それら取引を合算して一つの取引として計算するということです。

つまり、同一業者で何度か繰り返し取引を行っていた場合は、最後の取引から10年以上経っていたとしても、過払い金請求ができる可能性があります。

過払い金請求はどれくらい時間がかかる?

過払い金請求にかかる期間の目安としては、弁護士・司法書士に依頼してから和解が成立するまで約3~6カ月程度かかります。

ただし、和解が成立せずに裁判になった場合は、6ヵ月~1年間ほどの期間を要することになります。

過払い金請求をすることで信用情報に傷が付くのか?

過払い金請求をする際に、信用情報に傷が付かないかどうか不安な方もいるのではないでしょうか?

これは以前であれば、信用情報機関に「完済・契約見直し」という形で事故情報が記載されるようになっていましたが、現在ではきちんと完済した後に過払い金請求をすればそのようなことはありません。

しかし、完済していない状態で過払い金請求をする場合は、「返済しないもの」とみなされて信用情報機関にブラックリスト入りしてしまいます。この場合は信用情報に記録されてから5年間は新たに借り入れできなくなるので注意が必要です。

過払い金請求とその他の債務整理の違いは?

過払い金請求は債務整理(借金問題の解決手続き)の一つでもあるわけですが、その他の債務整理とはどのような違いがあるのでしょうか?

まず債務整理手続きには、過払い金請求をはじめ下記の4つの種類があります。

  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 民事再生(個人再生)
  • 自己破産

過払い金請求とその他の債務整理の違いは、簡単に言えばその目的が違います。
以下過払い金請求以外の債務整理(任意整理・民事再生(個人再生)・自己破産)について詳しく触れていきます。

任意整理

任意整理は借金の金額や毎月の返済額を減らすことによって、生活に支障をきたすことなく返済を可能にしていこうという債務整理の方法です。

過払い金と任意整理との相違点は、その目的であることはもちろん、信用情報機関での扱われ方が違います。

過払い金の場合は、既に完済しているのであれば信用情報に傷が付きません。一方で任意整理の場合は、信用情報機関に事故情報が登録(5年以上)されてしまいます。

民事再生(個人再生)

民事再生(個人再生)とは、任意整理では解決できないような場合に取られる方法で、借金の返済が困難だということを裁判所に認めてもらい、借金額を大幅に減らすという手続きです。

過払い金請求とは違い、深刻な状況のときに用いられる手段で、信用情報の事故情報に10年間は登録されます。ただ、自己破産のように特定の職業に就けなくなったり、住宅などの財産を処分しなくても良いというメリットがあります。

自己破産

自己破産とは、財産がなく支払いが不可能であることを裁判所に認めてもらい、すべての借金を帳消しにするという手続きです。

債務整理における最終的な手段であり、借金をなしにできるものの住宅や車などの財産はすべて処分しなければなりません。

過払い金請求を弁護士事務所・法律事務所に依頼するメリットは?

過払い金請求を弁護士事務所・法律事務所に依頼するメリットは、何と言ってもそれに関する手続きをすべて代行して行ってもらえるという点です。

実のところ、過払い金請求の手続きは本人が直接行うこともできるのですが、その際「過払い金の請求金額の計算」「債権者との交渉」「裁判所への訴訟提議」などをすべて自分自身で行わなければならなくなります。

もちろんこれらの手続きを素人がすべて一人で行うとなると、大変な時間と労力を要します。過払い金の引き直し計算や必要な書類を集めて用意するのが面倒ですし、債権者と交渉する際も専門的な知識がなければ返還できない可能性も少なからずあります。

しかし、この過払い金請求をプロである弁護士事務所・法律事務所に依頼することで、自身は普段通りの生活を送りつつ、その難しい手続きをすべて請け負ってもらえます。

当然個人で行う場合に比べても、圧倒的に迅速に返還されますし、その回収率にも期待できるでしょう。

こうしたことから、過払い金請求は専門家でない限りは弁護士事務所・法律事務所に依頼するのが望ましく、時間や労力を考えればその手続きを代行してもらうメリットは大いにあるといえます。

過払い金請求のメリットは?

過払い金請求そのものには、主に下記のメリットがあります。

  • 払い過ぎていた利息が戻る
  • 完済している状態で過払い金請求すれば信用情報に傷が付かない

払い過ぎていた利息が戻る

過払い金請求は払い過ぎていた利息が戻るため、経済的に余裕がないのであればそれを行うメリットは大いにあります。

その時の取引の期間などによっては、思いも良いらない高額なお金が返ってくる可能性もあるため、過払い金請求ができそうであれば積極的に行うと良いでしょう。

完済している状態で過払い金請求すれば信用情報に傷が付かない

また、過払い金請求の場合、任意整理など他の債務整理とは違い、既に借金を完済している状態で行えば信用情報に傷が付きません。

この場合はデメリットがほぼないため、返済が済んでいる状態で過払い金請求が可能であればぜひ行うと良いでしょう。

過払い金請求のデメリットは?

過払い金請求には、払い過ぎた利息が戻るなどのメリットがある一方で、下記のようなデメリットがあるという点について注意しておきたいところです。

  • 完済していない状態で過払い金請求を行うと信用情報に傷が付く
  • 過払い金請求をした貸金業者から借り入れできなくなる
  • 家族に知られてしまう可能性が皆無ではない

完済していない状態で過払い金請求を行うと信用情報に傷が付く

過払い金請求を行う際に、まだ完済していないという場合は、信用情報機関にブラックリストとして約5年程度登録されてしまいます。そうなれば、以後5年程度は基本的に金融機関でお金を借り入れすることができませんし、新たにクレジットカードを作ることもできません。

ちなみに借金が無くなると同時に過払い金請求をするという場合は、約1年程度信用情報に事故情報が記録されます。

過払い金請求をした貸金業者から借り入れできなくなる

また、過払い金請求を行うと、以降その貸金業者およびそのグループ会社からお金を借り入れできなくなる可能性があります。これはその貸金業者内で社内ブラック(返済トラブルがあった顧客)として登録されてしまうことが原因で起こりえることです。

これに関しては、信用情報機関のブラックリストが解除されたかどうかに関係なく、以後その貸金業者を利用することができなくなる可能性があるので、この点についても注意しておきましょう。

家族に知られてしまう可能性が皆無ではない

また、過払い金請求を行う際は、家族に知られてしまう可能性が皆無ではないという点に注意しておきたいところです。

弁護士・司法書士事務所で過払い金請求を依頼する場合は、代わりに弁護士が貸金業者や裁判所とやり取りをしてくれるので、依頼者の家族や会社に過払い金請求をしていることが知られることがありません。

しかしながら、弁護士・司法書士事務所と連絡を取るときや手続き完了書類などにより、家族にバレてしまうことも考えられます。

そのため、どうしても家族に過払い金請求していることは秘密にしておきたいのであれば、そうした配慮を徹底して行ってもらえるような事務所を選ぶと良いでしょう。

弁護士事務所・法律事務所で過払い金請求を行う流れ

弁護士事務所・法律事務所で過払い金請求を依頼する際は、主に下記の流れで行われます。

  1. まずは相談を行う
  2. 面談後説明を受けて納得がいけば契約する
  3. 弁護士事務所・法律事務所が受任通知を各貸金業者に発送する
  4. 弁護士事務所・法律事務所が過払い金請求金額を計算する
  5. 弁護士事務所・法律事務所が各貸金業者を返還交渉を行う

まずは相談を行う

弁護士事務所・法律事務所で過払い金請求を依頼するには、まず相談をしましょう。
相談するには、弁護士事務所・法律事務所の公式サイトの申し込みフォームや電話から予約を入れることで行うことができます。

相談するに辺り相談料がかかるところもありますが、無料でできるところが多いです。

面談後説明を受けて納得がいけば契約する

相談の際には担当者からヒアリングを受けるので、必要な情報を伝えます。説明を受けてきちんと納得をしたうえで、弁護士の対応が良く信頼できそうであれば、契約し過払い金請求を依頼すると良いでしょう。

弁護士事務所・法律事務所が受任通知を各貸金業者に発送する

契約後は事務所の方から受任通知を利用していた貸金業者に発送し、取引履歴の開示請求を行います。
このとき返済途中である場合は、取り立てがストップします。

弁護士事務所・法律事務所が過払い金請求金額を計算する

開示請求した取引履歴を元に、事務所が引き直し計算を行い過払い金請求金額を計算します。なお取引履歴が開示されるまでに約1~3カ月かかります。

弁護士事務所・法律事務所が各貸金業者に返還交渉を行う

更に事務所側が、電話や書面で貸金業者に返還交渉を行います。
このとき、貸金業者側が返還に応じなかった場合は裁判所へ訴訟提起を行います。
なお、訴訟になった場合は、半年~1年程度と手続きが長引くことになります。

返還交渉または訴訟で和解交渉がまとまれば、過払い金が戻ります。

ここまで見ても分かる通り、依頼者側は弁護士事務所・法律事務所に相談をして契約をすれば、その後の手続きはほほぼすべて事務所側が代行して行ってもらえます。

自力で行う場合に比べても非常に簡単であるため、過払い金請求はぜひ弁護士事務所・法律事務所に依頼するのが良いでしょう。

過払い金返還請求において弁護士と司法書士はどう違うの?

過払い金請求における法律事務所の選び方でも触れた通り、弁護士事務所と司法書士事務所とでは、扱える案件が違います。

まず弁護士事務所の場合は、過払い金の金額が140万円を超える場合でも依頼が可能です。その一方で司法書士事務所では過払い金の金額が140万円未満でなければ取り扱いできません。

また、費用に関しても若干の違いがあり、基本的には弁護士事務所よりも司法書士事務所の方がわずかながら安くなる傾向にあります。もちろんその分過払い金を迅速に返還できたり、高い回収率が期待されます。

士業 弁護士 司法書士
過払い金の金額が140万円を超える場合 対応可能 対応不可
過払い金の金額が140万未満の場合 対応可能 対応可能
費用の安さ 弁護士≦司法書士
解決までの期間 弁護士≧司法書士
期待できる返還額 弁護士≧司法書士

このように弁護士事務所と司法書士事務所とでそれぞれ微妙に特徴が違うため、自身の状況により適切な士業を選ぶと良いでしょう。

過払い金請求手続きは家族に内緒でできるの?

自分で過払い金請求を行う場合は、貸金業者や裁判所からの郵送物や連絡などにより、家族などにバレてしまう可能性は大いにあります。

しかし、弁護士・司法書士事務所に依頼することで、基本的に過払い金請求を内密に行うことができます。

弁護士・司法書士事務所に依頼する場合は、貸金業者や裁判所からの郵送物や連絡はすべて弁護士・司法書士が受けることになるので、周囲に知られることはまずありません。

ただ、中にはプライバシーにさほど配慮しない弁護士・司法書士事務所もあるので、過払い金請求をバレずに行いたい場合は、無料相談で内密にできるか確認したうえで依頼をすると良いでしょう。

全国の債務整理

北海道
札幌の債務整理

東北
岩手の債務整理
秋田の債務整理
青森の債務整理

関東
東京の債務整理
新宿の債務整理
渋谷の債務整理
横浜の債務整理
栃木の債務整理
茨城の債務整理
川崎の債務整理
群馬の債務整理

北陸・甲信越
山梨の債務整理
長野の債務整理

東海
名古屋の債務整理
静岡の債務整理
三重の債務整理
岐阜の債務整理

関西
大阪の債務整理
京都の債務整理
和歌山の債務整理

四国
高知の債務整理

中国
岡山の債務整理
島根の債務整理
広島の債務整理
鳥取の債務整理

九州・沖縄
沖縄の債務整理
佐賀の債務整理

お金を借りるおすすめの今すぐ即日で借りる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゆび
借金の減額診断についてはこちらad