IIJmio(みおふぉん)の口コミと評判。ギガプランと通常プラン

「IIJmio(みおふぉん)」は格安SIMの代表格なので、他社からの乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

この記事では、IIJmioを使っている人の口コミを調べて、お得な料金やキャンペーンについて、わかりやすくまとめてみました。

毎月1,000円以下でスマホを持ちたい場合、下のリンクからIIJmioに申込みしてみるとよいでしょう。

【月額1,000円以下で利用できる】
>>IIJmioの申込みはこちら

他社の格安SIMと比較検討したい人は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

格安SIMの比較ランキングはこちら

目次

IIJmioを利用した人の口コミ・評判とは?

IIJmioを利用した人の口コミを調べると、次のような評判が見つかりました。

良い評判
「SIMカード契約数シェアNo.1なので安心感がある!」
「スマホ代を毎月1,000円以内に節約できる!」
「余ったデータ量を翌月に繰り越しできる!」
「2021年9月から通話料が半額になった!」
「他の格安SIMより選べるスマホ機種が多い!」
「通信制限中でもページ読み込み速度が快適!」
「いつでも違約金を払わずに無料解約できる!」
「家族で一緒に利用するとさらにお得!」
「おトクなキャンペーンをたくさん実施している!」
悪い評判
「大手キャリアに比べると通信速度が遅い」
「低速通信でもさらに通信制限がかかる」
「支払方法がクレジットカードしかない」
「実店舗がないのでサポートを受けにくい」

利用料金に関する評価が高い一方、通信速度に関しては不満の声もあるようです。

まずは良い評判・悪い評判の順番で、IIJmioの口コミを確認していきましょう。

IIJmioの良い評判やメリット

IIJmioの口コミをSNSで調べてみたところ、たくさんの良い評判が見つかりました。

  • 「SIMカード契約数シェアNo.1なので安心感がある!」
  • 「スマホ代を毎月1,000円以内に節約できる!」
  • 「余ったデータ量を翌月に繰り越しできる!」
  • 「2021年9月から通話料が半額になった!」
  • 「他の格安SIMより選べるスマホ機種が多い!」
  • 「通信制限中でもページ読み込み速度が快適!」
  • 「いつでも違約金を払わずに無料解約できる!」
  • 「家族で一緒に利用するとさらにお得!」
  • 「おトクなキャンペーンをたくさん実施している!」

毎月1,000円で収まるスマホ代やお得なキャンペーンのおかげで、格安SIMの中でも契約数シェアNo.1を誇っているようです。

はじめはIIJmioの良い評判を確認しながら、その人気の秘訣を探っていきましょう。

「SIMカード契約数シェアNo.1なので安心感がある!」

IIJmioは、2018年より日本初のフルMVNOとしてサービスを始めた格安SIMの元祖です。

2018年のサービス開始以来、国内MVNO市場のSIMカード契約数において、IIJmioが3年連続でシェア1位を獲得しています。

キャリア名 IIJmio
データ容量 2〜20GB
(ギガプラン)
1〜20GB
(従量制プラン)
月額料金 858円〜2,068円
(ギガプラン)
528円〜5,500円
(従量制プラン)
支払方法 クレジットカードのみ
契約事務手数料 1〜3,300円
解約金 0〜1,000円

IIJmioを運営する「IIJ」とは、1993年に日本で初めてインターネット接続のサービスを開始した老舗プロバイダです。

iPhone新機種や新バージョンiOSが公開されると、すぐに動作確認を実施・対応するなど、回線の安定感にも定評があります。

その結果、次のように様々なランキングでもIIJmioが1位という高評価を得ています。

実績 出典
SIMカード契約数 シェアNo.1 MM総研 国内MVNO市場規模の推移(2020年9月末より)
満足度総合 第1位 MMD研究所「2015年5月格安スマホ利用者の満足度調査」
総合満足度 最優秀賞 RBB TODAY「格安SIMアワード2015」
山手線内通信速度 第1位 晋遊舎「家電批評2015年4月号」 MVNO満足度調査 第1位 ICT総研「2015年 MVNOサービス・格安SIMの市場動向調査」
都道府県別 実効速度ランキング 第1位 ジムーバ「IIJmioの実効速度全国ランキング 2015年08月Docomo版」

IIJmioで使える回線はドコモ・auの2種類

ちなみにIIJmioでは、利用回線をドコモ回線・au回線の2種類から選べます。

名称 利用回線
タイプD ドコモ回線
タイプA au回線

利用回線によって繋がりやすい・繋がりにくい地域があるので、対応エリアを確認して、自分にあった回線を選ぶとよいでしょう。

参照:「通信・エリア」(ドコモ)

参照:「エリアマップ」(au)

「スマホ代を毎月1,000円以内に節約できる!」

IIJmioの良い評判でもっとも多かった点が、毎月のスマホ代を節約できることです。

いずれの料金プランでも、データ容量・機能を最低限に設定すれば、スマホ代を毎月1,000円以内に節約できます。

料金プラン 最低料金
ギガプラン 825円/2GB〜
(SMS機能付きSIM)
従量制プラン 528円/1GB〜
(SMS機能付きSIM)

最小限の料金プランなら、毎月1,000円もかからないので、スマホ代にお金を割きたくない人でも安心して利用できますね。

ちなみに格安SIMユーザーが支払っている月額料金は1,000円~2,000円未満が33.6%でもっとも多く、スマホ代を毎月2,000円以内に納めている人が多いようです。

参照:「月々の携帯料金の支払い、平均金額は大手3キャリアが8,312円、格安SIMは4,424円、MVNOは3,771円」(MMD研究所)

IIJmioの料金プランは使いたい機能・データ量で異なる

あらためて、IIJmioの料金プランについて確認しておきましょう。

IIJmioには2種類の料金プランがあります。

料金プラン 解説
ギガプラン 最低2GBから利用できる新プラン
従量制プラン 最低1GBから利用できる旧プラン

プランを選んだ後、使いたい機能・データ量を選択して、利用料金が決まる仕組みです。

利用できる機能 データ通信のみ
(ギガプランのみ)
データ通信
+SMS機能
データ通信
+音声通話
データ容量 2〜20GB
(ギガプラン)
1〜20GB
(従量制プラン)

「スマホを頻繁に使う人向けのギガプラン・低容量ユーザー向けの従量制プラン」と覚えておくとよいでしょう。

自分にあった料金・機能・データ容量を選べる、自由度の高さもIIJmioの魅力です。

ちなみに、従量制プランからギガプランへのプラン変更はできないため注意しましょう。

①月額2GB858円〜の新プラン「ギガプラン」

2021年4月1日より、IIJmioでは従来のプランよりお得な「ギガプラン」が登場しました。

データ容量 月額料金(税込)
音声通話 SMS データ通信のみ eSIM
2GB 858円 825円 748円 440円
4GB 1,078円 1,045円 968円 660円
8GB 1,518円 1,485円 1,408円 1,100円
15GB 1,848円 1,815円 1,738円 1,430円
20GB 2,068円 2,035円 1,958円 1,650円

最小のデータ容量が2GB〜なので、従量制プランよりも最低価格が高くなってしまいますが、それでも月額1,000円は超えません。

2GB以上利用する場合、従量制プランよりも料金的にお得なので、基本的にはギガプランを選ぶことをオススメします。

②月額1GB528円〜の旧プラン「従量制プラン」

IIJmioでは、低容量ユーザー向けの「従量制プラン」も新規申込を受け付けています。

データ容量 月額料金(税込)
SMS機能つきSIM 音声通話機能つきSIM
〜1GB 528円 1,298円
〜2GB 770円 1,540円
〜3GB 990円 1,760円
〜4GB 1,210円 1,980円
〜5GB 1,430円 2,200円
〜6GB 1,650円 2,420円
〜7GB 1,870円 2,640円
〜8GB 2,090円 2,860円
〜9GB 2,310円 3,080円
〜10GB 2,530円 3,300円
〜11GB 2,750円 3,520円
〜12GB 2,970円 3,740円
〜13GB 3,190円 3,960円
〜14GB 3,410円 4,180円
〜15GB 3,630円 4,400円
〜16GB 3,850円 4,620円
〜17GB 4,070円 4,840円
〜18GB 4,290円 5,060円
〜19GB 4,510円 5,280円
〜20GB 4,730円 5,500円

データ容量が大きいとギガプランの2倍以上も利用料金が必要ですが、1GBしか使わなければ500円程度にスマホ代を抑えられます。

あまりスマホを使わない場合、従量制プランを選んだ方がギガプランよりも料金を安く抑えられるのでオススメです。

ただし、従量制プランはドコモ利用回線では申込みできないため注意しましょう。

「ギガプラン」と「従量制プラン」の選び方

毎月スマホを2GB以上使うなら、ギガプランを契約した方がお得です。

とはいえ「1ヶ月のデータ通信量が1GB未満」というスマホユーザーが1番多く、全体の18.8%を占めることも事実です。

毎月1GBあれば、次のようにメール送受信やWebサイト閲覧が2,000回以上も可能です。

データ利用 できる回数
メール 約2,090通
LINE 約13.3万回
(トーク)
約55時間
(音声通話)
約3.3時間
(ビデオ通話)
instagram閲覧 約1.3時間
Webサイト閲覧 約3,490ページ
ネット動画 約4.5時間
音楽ダウンロード 約250曲

つまり、メール・LINE・Webサイトを見る程度なら、データ通信を大して使わないので、1GBのプランで十分かもしれません。

実際、格安SIMユーザーへの調査では、毎月のデータ容量を1GB~7GBで済ませている人が80.9%もいるというデータもあります。

毎月のデータ使用量は現在契約中のスマホで確認できるので、自分にあった料金プランを選べば、IIJmioをお得に利用できますね。

参照:「1カ月のデータ通信使用量は「1GB未満」が最多、「2GB未満」で約4割」(MMD研究所)

参照:「月々の携帯料金の支払い、平均金額は大手3キャリアが8,312円、格安SIMは4,424円、MVNOは3,771円」(MMD研究所)

参照:「データ通信量の目安を教えてください。」(ワイモバイル)

他の格安SIMと料金プランを比較

IIJmioの料金プランがお得なのか、他の格安SIMと比較してみましょう。

データ容量 IIJmio
(ギガプラン)
mineo 楽天モバイル
〜1GB 1,180円
(1GB)
0円
〜5GB 748円
(2GB)
1,380円
(5GB)
980円
(3GB)
968円
(4GB)
〜10GB 1,408円
(8GB)
1,780円
(10GB)
1,980円
(20GB)
〜20GB 1,738円
(15GB)
1,980円
(20GB)
1,958円
(20GB)
20GB〜 2,980円
(20GB~)
追加容量
(1GB)
220円 1,500円 500円

毎月1GB未満または20GBを超える場合、楽天モバイルのが安いですが、1GB〜20GB間で利用する場合はIIJmioが最安です。

じつはスマホユーザーの60%以上は毎月のデータ通信量が3GB以下な上、ユーザー全体の平均値も7.56GBなので、毎月3GB〜10GB程度あれば十分という人が大半です。

ですので、極端にスマホを使わな過ぎる・使い過ぎる人でない限り、格安SIMの中ではIIJmioがコスパ的にベストでしょう。

参照:「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態」(MM総研)

「余ったデータ容量を翌月に繰り越しできる!」

IIJmioでは、使いきれなかったデータ容量を翌月分に繰り越しできます。

例えば、3GBのギガプランを契約していて、今月2GBしか利用せずに1GB余った場合、来月のデータ容量が4GBになる仕組みです。

ただし、料金プランごとにデータ容量を繰り越せる期限が異なるため注意しましょう。

料金プラン 繰り越しできる期間
ギガプラン 元々の容量 翌月末まで
追加した容量 当月末日まで
従量制プラン 元々の容量 翌月末まで
追加した容量 3ヵ月後の末日まで

データ容量が不足した時も追加購入が可能

あらかじめ料金プランを決めていても、ついスマホを使いすぎて、データ容量が足りなくなってしまう時もありますよね。

IIJmioではデータ容量が不足した場合、1GBあたり220円で毎月20GBまでデータを追加購入できます。

ちなみにIIJmioの追加データ容量は「クーポン」という名称で呼ばれており、以下の方法でデータ容量を追加購入できます。

  • 公式Webサイトで購入する
  • 専用アプリから購入する
  • クーポンカードを店頭で購入する

なるべくデータ量の少ない料金プランを契約しておいて、必要な時だけデータを購入すれば、最低限までスマホ代を節約できます。

例えば、748円で2GBのギガプランを契約しておいて、スマホを使いすぎた時だけ220円でデータ容量を追加購入する使い方でも、利用料金は1,000円を超えません。

「2021年9月から通話料が半額になった!」

2021年9月11日より、IIJmioの通話料金が30秒あたり22円から11円に値下げされました。

従来の通話料金に比べて半額で済むので、IIJmioユーザーから高評価を得ています。

また、通話料金を抑えるための専用アプリを用いる必要もなくなり、通常の通話アプリでも通話代を節約できるようになりました。

IIJmioの通話料は11円/30秒

IIJmioの通話料は、原則11円/30秒です。

種類 通話料金
通常料金 11円/30秒
(国内通話)
同一契約者名義間 8.8円/30秒
(国内通話)
専用アプリ利用 10円/30秒
(国際通話)
かけ放題オプション 660円/月
(誰とでも3分&家族と10分)
913円/月
(誰とでも10分&家族と30分)

ワイモバイルやUQmobileの通話料が20円/30秒であることを考えると、格安SIMの中でもIIJmioは通話料が安い方でしょう。

さらに家族間だと8.8円/30秒まで安くなるので、業界トップクラスに安い通話料といっても過言ではありません。

通話定額オプションなら1回あたり10分までかけ放題

IIJmioでは、一定時間までの通話が無料になる通話定額オプションを提供しています。

種類 通話時間 料金
みおふぉんダイアル定額通話3分 3分まで無料
(家族以外)
月額660円
10分まで無料
(家族同士)
みおふぉんダイアル定額通話10分 10分まで無料
(家族以外)
月額913円
30分まで無料
(家族同士)

かけ放題オプションをつけると、3分または10分以内の国内通話が無料になります。

さらに家族同士の通話なら、無料通話できる時間が10分または30分まで延長されます。

無料通話を使えば、LINE通話と違ってデータ容量を消費しない点もうれしいですね。

総務省の調査によれば、日本人の平均通話時間は1回あたり1分51秒なので、3分間の無料通話オプションでも十分でしょう。

参照:「令和元年度 通信量からみた我が国の音声通信利用状況」(総務省)

「他の格安SIMより選べるスマホ機種が多い!」

IIJmioのうれしい点が、他の格安SIMよりも選べるスマホ機種が圧倒的に多いことです。

一般的な格安SIMだと、対応機種が少なかったり、最新機種に対応していない場合が多いので、これはうれしいメリットですね。

IIJmioの人気スマホ機種は以下の通りです。

  • iPhone 8
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12 min
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • Redmi 9T
  • moto e7 power
  • AQUOS sense5G
  • LAVIE T11 T1175/BAS

最新機種のiPhoneに対応している上、Android端末も他社より充実しています。

「通信制限中でも快適にネットが使える!」

IIJmioでは「バースト機能」を利用して、通信制限中も数秒間だけ高速通信ができます。

じつは、ネット動画などの大きなデータではなく、メールなどの小さなデータであれば、ほんの数秒でダウンロードできます。

つまり、Webサイトを閲覧したり、メール・LINEを送信する程度なら、通信制限中でもストレスなく利用できるのです。

そのため、通信制限になってしまった人でも「スマホを普段使いする分には不自由がない」として、高い満足度を獲得しています。

バースト機能では数秒間のみ高速通信が使える

「バースト機能」とは、ページを読み込む際だけ高速通信が使える機能で、通信制限中のストレスを大幅に軽減してくれます。

格安SIMの多くは高速通信できるデータ容量を使い切ると、低速状態になってしまい、Webサイトの読み込みやメッセージの送受信がなかなか完了しません。

しかし、IIJmioのバースト機能を利用すれば、通信制限中でもはじめの一定量は高速通信ができるので、すぐにデータを読み込んでくれるのです。

例えば、画像の少ないサイトなら、たった数秒で読込みが完了するケースもあります。

低速・高速通信を切り替えてデータ容量を節約可能

IIJmioでは、専用アプリを用いて低速・高速通信を切り替えられます。

  1. IIJmioクーポンスイッチを起動
  2. IDとパスワードでログイン
  3. ON/OFFスイッチをタップ
  4. 「適用」をタップ

低速通信モードで利用したデータ量は、毎月のデータ容量から引かれません。

ですので、通信速度にこだわらなければ、契約した容量以上のテータ通信が可能です。

低速モードでも可能なこと Webサイト閲覧
LINE・メールの送受信
音楽配信サービス
低速モードでは困難なこと YouTubeなどの動画閲覧
テザリング機能
地図や画像の閲覧

低速モードで可能なことは低速通信でおこない、低速モードで困難なことは高速通信でするように使い分ければ、スマホ代を節約できるでしょう。

ちなみに低速・高速通信を切り替える専用アプリは、以下からダウンロード可能です。

参照:「IIJmioクーポンスイッチ」(App Store)

参照:「IIJmioクーポンスイッチ」(Google Play Store)

「家族で一緒に利用するとさらにお得!」

家族向けのお得なサービスを提供していることも、IIJmioの人気を支える一因です。

例えば、IIJmioを家族で利用すると、次のようなサービスが受けられます。

  • データ容量を家族でシェアできる
  • 家族間の通話料が20%割引される

そのため、スマホ代を抑えたい1人暮らしの学生だけでなく、格安SIMで家計を節約したいファミリー層からも人気を集めています。

ちなみに家族一緒にIIJmioへ乗り換える場合、代表者1名に契約の名義がまとめられる点に注意しましょう。

データ容量を家族でシェアできる

家族でIIJmioを利用している場合、家族間でデータ容量を移すことも可能です。

例えば、息子がスマホを使いすぎてしまっても、余っている父のデータ容量を息子にプレゼントすることで通信制限を回避できます。

他の家族からは10MB単位でデータ容量を移行できますが、先述したデータ容量の有効期限も引き継がれる点に注意しましょう。

家族間の通話料が20%割引される

家族同士で通話する場合「ファミリー通話割引」によって通話料が20%割引されます。

通話相手 通話料金
家族以外 税込11円/30秒
家族同士 税込8.8円/30秒

加えて、かけ放題オプションに加入している場合、無料通話できる時間も延長されます。

種類 無料通話できる時間
みおふぉんダイアル定額通話3分 3分まで無料
(家族以外)
10分まで無料
(家族同士)
みおふぉんダイアル定額通話10分 10分まで無料
(家族以外)
30分まで無料
(家族同士)

帰宅前の報告など、頻繁に電話している家族も多いので、うれしいサービスですね。

「違約金を払わずに無料解約できる!」

多くのスマホは最低利用期間を定めており、契約満了時でなければ、違約金を払わないと解約できないケースも少なくありません。

IIJmioの最低利用期間は、利用開始日の翌月末日なので、あまり気にせず解約できます。

また、音声通話つきSIM以外の場合、解約金・違約金もかかりません。

もし自分に合わないと感じた時も、無料で解約できるおかげで気軽に試せるので、初めての格安SIMとしてもオススメです。

IIJmioは解約金・違約金が原則0円

IIJmioを解約する際、次の費用が必要です。

費用の種類 金額
解約手数料 0円
違約金 0円
MNP転出手数料 0円
音声通話機能解除調定金 1,000円〜
(音声通話つき従量制プランのみ)

従量制プランの音声通話つきSIMのみ、12ヶ月間の最低利用期間が設定されており、期間内に解約する場合は「音声通話機能解除調定金」が必要です。

解約金は一律ではなく、申込時期・利用期間によって変わります。

  1. 2019年10月1日以降に申込み
  2. 2019年9月30日までに申込み

2019年10月1日以降に申込みした場合、解約時の違約金は一律1,000円です。

2019年9月30日までに申込みした場合、解約時の違約金は利用期間に応じて異なります。

利用期間 違約金
0ヶ月 12,000円
1ヶ月 11,000円
2ヶ月 10,000円
3ヶ月 9,000円
4ヶ月 8,000円
5ヶ月 7,000円
6ヶ月 6,000円
7ヶ月 5,000円
8ヶ月 4,000円
9ヶ月 3,000円
10ヶ月 2,000円
11ヶ月 1,000円

IIJmioを解約する方法

IIJmioを解約する方法は、以下の通りです。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. メールアドレス・パスワードを入力
  3. 解約手続きを申込む
  4. SIMカードを郵送で返却する

取扱店舗での解約手続きはできないため、解約を希望する際は注意しましょう。

ちなみに、IIJmioの解約予定日は月末に設定されており、月の途中で解約手続きをした場合も実際に解約されるのは月末になります。

解約予定日の20時まではキャンセル可能なので、解約を撤回したくなっても安心ですね。

ただし、解約月の利用料金は日割り計算ではなく、全額請求される点に注意しましょう。

「各種キャンペーンを利用するとおトク!」

IIJmioでは、お得なキャンペーンを頻繁に実施して、ユーザーの人気を集めています。

例えば、IIJmioでは2021年9月現在、以下のキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名 キャンペーン詳細
秋の乗り換えキャンペーン 初期費用が1円
データ容量が1GB増量×3ヵ月
ご愛顧感謝キャンペーン 最大10,000円分キャッシュバック
MNP乗り換えスマホ特典 対象スマホを110円から購入できる
SIM交換・再発行手数料割引キャンペーン SIMの交換・再発行手数料が0円
ひかりとセットでmio割 IIJmioの料金料割引660円×12ヵ月
IIJmioひかりの料金割引1,056円×12ヵ月
キャッシュバック10,000円

どのようなキャンペーンを実施しているのか、1つずつ順番に見ていきましょう。

ちなみに最新のキャンペーン情報については、以下の公式サイトでご確認ください。

参照:「おトク&キャンペーン情報」(IIJmio)

①初期費用1円+データ容量が3ヶ月間1GB増量

1つ目は「秋の乗り換えキャンペーン」です。

キャンペーン名 「秋の乗り換えキャンペーン」
キャンペーン申込期間 2021年9月1日(水)~2021年10月31日(日)
キャンペーン条件 ギガプランに新規申込する
公式サイトから新規申込する
キャンペーン特典 初期費用3,300円が1円に割引
データ容量を1GB増量(3ヶ月間)

新規でギガプランを契約した場合に限り、初期費用3,300円が1円になる上、3ヶ月間は利用プランのデータ容量が1GB増量されます。

例えば、2GBのギガプランに新規申込した場合、3ヶ月間はデータ容量が3GBまで増量される仕組みです。

ただし、公式サイトではなく取扱店舗で「エントリーパッケージ」を購入する場合や、従量制プランを申込む場合、このキャンペーンが適用されないため注意しましょう。

②指定スマホ購入で最大10,000分キャッシュバック

2つ目は「ご愛顧感謝キャンペーン」です。

キャンペーン名 「ご愛顧感謝キャンペーン」
キャンペーン申込期間 2021年9月1日(水)~2021年10月31日(日)
キャンペーン条件 IIJmioサイトから指定スマホを購入
キャンペーン特典 最大10,000円分のGoogle Playギフトコードがプレゼント

IIJmio公式サイトから対象スマホを購入すると、最大10,000円相当のGoogle Playギフトコードがもらえます。

AQUOS sense5Gなどの最新スマホも対象ですが、機種によってプレゼントされる金額が異なります。

対象端末 プレゼント金額
ASUS Zenfone 8 (8GB/128GB) 10,000円
SHARP AQUOS sense 5G 5,000円
Xiaomi Redmi 9T 3,000円

上記は一例なので、対応機種・プレゼント額が気になる人は公式サイトをチェックしてみてください。

参照:「ご愛顧感謝キャンペーン」(IIJmio)

③MNP乗り換えなら指定スマホを110円から購入できる

3つ目のキャンペーンは「MNP乗り換えスマホ特典」です。

キャンペーン名 「MNP乗り換えスマホ特典」
キャンペーン申込期間 2021年9月1日(水)~2021年10月31日(日)
キャンペーン条件 ギガプランの「音声通話機能付きSIM」にMNP転入
対象スマホをセットで購入
キャンペーン特典 指定スマホを110円から購入可能

わかりやすくいうと、MNP転入の新規ユーザーのみが参加できる「スマホ本体の大特価セール」です。

MNP転入を端末セットで申し込むと、スマホ本体の端末代金が最大99%も安くなります。

例えば、以下の3機種なら、たった税込110円でスマホを購入できます。

  • OPPO A73
  • Moto e7 power
  • Redmi 9T

他にもiPhone SE(第2世代)などの人気機種もセール対象なので、気になる人は公式サイトをチェックしてみるとよいでしょう。

参照:「秋の乗り換えキャンペーン」(IIJmio)

④SIMカードの交換・再発行手数料が無料

4つ目は「SIM交換・再発行手数料割引キャンペーン」です。

キャンペーン名 「SIM交換・再発行手数料割引キャンペーン」
キャンペーン申込期間 2021年9月1日(水)~2021年10月31日(日)
キャンペーン条件 期間中にSIMカードを交換・再発行する
キャンペーン特典 SIMの交換・再発行手数料が0円に割引

本来IIJmioでは、SIMカードを交換・再発行する場合に手数料2,200円がかかります。

つまり、もしSIMカードを紛失したり、機種変更で再発行する場合、通常より2,200円もお得になるのです。

ただし、SIMカードの交換・再発行とは別に発行手数料は発生するため注意しましょう。

SIMの種類 発行手数料
タイプD 税抜394円
タイプA 税抜406円
eSIMプラン 税抜200円

⑤IIJmioひかりに契約すると最大30,592円もお得

5つ目のキャンペーンは「ひかりとセットでmio割」です。

キャンペーン名 「ひかりとセットでmio割」
キャンペーン申込期間 2021年9月1日(水)~2021年11月30日(火)
キャンペーン条件 期間中にSIMカードを交換・再発行する
キャンペーン特典 IIJmioの料金料割引660円×12ヵ月
IIJmioひかりの料金割引1,056円×12ヵ月
10,000円キャッシュバック

IIJmioでは光回線インターネットサービスの「IIJmioひかり」も提供しています。

IIJmioひかりとセットで利用すれば、月額料金が600円割引されるので、毎月180円でスマホが使えるという衝撃的な安さです。

【月額180円キャンペーン中】
>>IIJmioの申込みはこちら

IIJmioの悪い評判やデメリット

IIJmio利用者の口コミを調べると、良い評判だけでなく、悪い評判も見つかりました。

  • 「大手キャリアに比べると通信速度が遅い」
  • 「低速通信でもさらに通信規制がかかる」
  • 「支払方法がクレジットカードしかない」
  • 「実店舗がないのでサポートを受けにくい」

悪い評判の内容は通信速度や通信規制など、データ通信に関する不満が多いようです。

ユーザーがIIJmioのどんな点に不満を感じているのか、1つずつ確認していきましょう。

「大手キャリアに比べると通信速度が遅い」

IIJmioの悪い評判で1番多かったのは、大手キャリアと比べて通信速度が遅いことです。

格安SIMなので仕方ないですが、通信速度の遅さに不満を感じる人も少なくありません。

とくに通信制限中の速度が顕著で、大手キャリアより3倍以上も通信速度が遅いです。

種類 通信速度(通信制限中)
大手キャリア 1Mbps
IIJmio 300kbps

とはいえ、格安SIMの中では通信速度が速い方なので、IIJmioの通信速度に満足できない人は、そもそも格安SIM自体が向いていない可能性もあります。

ドコモ・au・ソフトバンクと通信速度を比較

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアと、IIJmioの通信速度を比較してみました。

利用回線 通信速度
ドコモ 下り最大3.4Gbps
上り最大182Mbps
au 下り最大2.8Gbps(5G)
上り最大183Mbps(5G)
ソフトバンク 下り最大2.0Gbps(5G)
上り最大103Mbps(5G)
IIJmio 下り最大1,288Mbps
(ドコモ回線)
上り最大131.3Mbps
(ドコモ回線)
下り最大958Mbps
(au回線)
上り最大112.5Mbps
(au回線)

IIJmioの通信速度は、大手キャリアに比べると2〜3倍も遅い結果になりました。

上記は理論上の最高速度なので、この通りとは限りませんが、IIJmioの通信速度が大手キャリアより遅い点は間違いありません。

「低速通信でもさらに通信規制がかかる」

IIJmioの不満点として多いのが、データ容量を使い過ぎた際の速度制限や通信規制です。

制限内容 適用条件
通信速度が下がる 1ヶ月に利用できるデータ容量を使い切る
通信規制を受ける 3日間で366MB以上のデータ通信をする

データ容量を使い切ると通信制限を受けるのは当然ですが、短期間にスマホを使い過ぎると、通信規制まで受けてしまうのです。

通信規制を受けた場合、LINEトークを送受信できないほど、通信速度が遅くなってしまうので、ほとんどネットが利用できません。

3日間の通信量が366MBを上回ると通信規制

IIJmioでは、データ容量の超過後は300kbpsの低速通信になりますが、低速時に3日間で366MB以上利用すると通信規制を受けます。

つまり、低速通信でデータ通信を366MB以上おこなうと、ほとんどネットに接続できなくなってしまうのです。

通信規制は最低24時間も続く上、途中で解除されることはありません。

通信規制を受けてしまった場合、制限解除を待つか、クーポンを追加購入しないと、データ通信がおこなえないため注意しましょう。

「支払方法がクレジットカードしかない」

IIJmioの利用料金における支払方法は、クレジットカード払いしかありません。

デビットカード・プリペイドカード・口座振替には非対応なので、クレジットカードを所有していないとIIJmioを利用できません。

ちなみに、IIJmioの支払方法で利用できるクレジットカードは10種類です。

  • JCBカード
  • VISAカード
  • DCカード
  • UCカード
  • UFJカード
  • アメリカンエキスプレス
  • マスターカード
  • ダイナースカード
  • SAISONカード
  • イオンクレジット

「実店舗がないのでサポートを受けにくい」

IIJmioには、専用の実店舗がありません。

取扱店舗である家電量販店などの格安SIMコーナーで、エントリーパッケージを購入できるだけです。

そのため、スマホの使い方がわからない高齢者や、ネットに詳しくないユーザーにとっては少し不便という声もあるようです。

ちなみに取扱店舗については、公式サイトから確認できます。

参照:「お近くの店舗を探す」(IIJmio)

IIJmioはこんな人にオススメ!

IIJmioの口コミを調査してきましたが、実際にオススメできる格安SIMなのでしょうか。

良い評判を見る限り、以下のような人には、格安SIMの中でもIIJmioがオススメです。

  • スマホ代を1,000円以内にしたい人
  • 最新スマホで格安SIMを使いたい人
  • 家族で一緒に格安SIMを利用したい人
  • ネット動画・スマホゲームなどを利用しない人

どうしてIIJmioがオススメなのか、それぞれのケースごとに理由を解説していきます。

スマホ代を1,000円以内にしたい人

IIJmio最大のメリットは利用料金が安く、毎月1,000円以下でスマホを使える点です。

格安SIMを選ぶ人の多くが「毎月のスマホ代を節約したい」と考えていると思いますが、IIJmioなら2GBまでのプランを毎月1,000円かけずに利用できます。

実際に大手キャリアからIIJに乗り換えて、スマホ代が半額以下になったという人も大勢いまするのでオススメです。

最新スマホで格安SIMを使いたい人

IIJmioのメリットの1つが、格安SIMの中でも利用できるスマホの対応機種が多い点です。

一般的に格安SIMは購入できるスマホ機種の種類が大手キャリアに比べて少ないです。

例えば、UQモバイル・楽天モバイルなどではiPhone12の取扱いがありません。

しかし、IIJmioならiphone12はもちろん、最新機種にも対応しているので、最新スマホを低価格で使いたい人にもオススメです。

家族で一緒に格安SIMを利用したい人

IIJmioを家族で一緒に利用すると、各種割引やサービスが受けられるので、1人で利用するよりもお得になります。

家族でIIJmioを使えば、家族間でデータ容量を分け合えたり、通話料が20%オフになるといった、おトクなサービスを受けられます。

「家族全員のスマホ代を丸ごと節約したい」というファミリー層にとって、まさにIIJmioはぴったりの格安SIMでしょう。

ネット動画・スマホゲームなどを利用しない人

IIJmioのデメリットは遅い通信速度ですが、その点が気にならなければ問題ありません。

ネット動画・スマホゲームなど、データ容量が大きく、高速通信が必要な使い方さえしなければ、IIJmioはお得な格安SIMなのです。

先述した通り、メール・LINE・Webサイトを見る程度なら、1GBのプランでも十分なので、IIJmioを利用してみるとよいでしょう。

【月額1,000円以下で利用できる】
>>IIJmioの申込みはこちら

IIJmioを利用開始する方法

IIJmioを利用開始するには、2種類の方法があります。

  1. 取扱店舗・Amazonで購入
  2. ネットで申込み

IIJmioでは、家電量販店などの取扱店舗やAmazonで「エントリーパッケージ」という商品を販売しています。

エントリーパッケージは350円で購入できるため、初期費用3,300円が無料になります。

とはいえ、IIJmioでは初期費用1円のキャンペーンを実施していることも多いです。

そうした場合、時間や手間のかからない、WEB申込みがオススメです。

IIJmioの新規申込に必要なもの

IIJmioの新規申込をおこなうには、下記のものを用意しましょう。

  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
    (他社から乗り換える場合)

本人確認書類は、下記の書類いずれか1点を用意すればOKです。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 保険証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カードまたは外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 日本国パスポート(本人確認補助書類つき)
  • 療育手帳(本人確認補助書類つき)

本人確認補助書類として、発行から3ヶ月以内の「住民票」または「公共料金領収書」が必要なケースもあるため注意しましょう。

MNP転出でIIJmioに乗り換える場合の手順

MNP転出でIIJmioに乗り換える場合、以下の手順でおこないます。

  1. MNP予約番号を発行
  2. IIJmioに新規申込
  3. IIJmioの開通手続き
  4. スマホ本体でAPN設定

MNP転出をせずにIIJmioへ乗り換えると、新しい電話番号が発行されてしまい、以前の番号を利用できないため注意しましょう。

大手キャリアの場合、以下の方法でMNP予約番号を取得できます。

キャリア名 手続き方法 電話番号
ドコモ オンライン手続き 151(ドコモ携帯の場合)
0120-800-000(一般電話の場合)
電話窓口
店頭窓口
au 電話窓口 0077-75470
店頭窓口
ソフトバンク 電話窓口 5533(ソフトバンク携帯の場合)
0800-100-5533(一般電話の場合)
店頭窓口

【方法1】取扱店舗・Amazonで購入

1つ目は、取扱店舗またはAmazonでエントリーパッケージを購入する方法です。

  1. 必要なものを用意する
  2. 新規申込ページにアクセス
  3. エントリーコードを入力
  4. 通信回線・利用する機能を選択
  5. 料金プラン・オプションを選択
  6. 個人情報・クレジットカード情報を入力
  7. 申込完了

エントリーパッケージに記載されているエントリーコードを入力することで、初期費用を払わずにIIJmioが利用できます。

ただし、エントリーパッケージを購入しても、別途ネットでの手続きが必要です。

そのため、初期費用1円のキャンペーン期間外でない限り、基本的にはネットで直接申込んだ方が、手間も時間もかからないのでオススメです。

【方法2】ネットで申込み

2つ目は、ネットを利用してSIMカードの発行を申込む方法です。

  1. 必要なものを用意する
  2. 新規申込ページにアクセス
  3. 通信回線・利用する機能を選択
  4. 料金プラン・オプションを選択
  5. 個人情報・クレジットカード情報を入力
  6. 申込完了

ネット申込みだと初期費用が必要ですが、IIJmioでは初期費用1円キャンペーンを実施している場合が多いので、基本的にはこちらがオススメです。

申込みが完了すると、最短3~4日でSIMカードやスマホ本体が発送されます。

以下のリンクから、IIJmioのネット申込みがおこなえるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

【月額1,000円以下で利用できる】
>>IIJmioの申込みはこちら

IIJmioに関するよくある質問

かんたんに解約できますか?
従量制プランの音声通話機能つきSIMでない限り、無料で解約できます。
かんたんにプラン変更はできますか?
従量制プランとギガプランでは、プランの変更ができません。現在のプランを一度解約する必要があるため注意しましょう。
現在のスマホのまま乗換えできますか?
対応スマホであれば、SIMカードを差し替えるだけで乗換え可能です
IIJmioの利用料金はいつから発生しますか?
SIMカード配達日から、月額料金が発生します。
いつでもIIJmioを解約できますか?
最低利用期間前に解約することはできません。利用開始日の翌月末日までは解約できないため注意しましょう。
MNP転出はできますか?
MNP転出できます。会員専用ページからMNP予約番号を発行しましょう。

まとめ

IIJmioは格安SIMの中でも老舗なので、業界トップクラスの安定感と低価格が魅力です。

安い料金プランなら毎月1,000円以下でスマホを持てますし、自分の財布や使い方と相談して、1番おトクなデータ容量を選べます。

今ならお得なキャンペーンを実施しており、初期費用1円で新規申込できる上、ギガプランなら無料解約できるので、気になる人は気軽に申込みしてみることをオススメします。

【月額1,000円以下で利用できる】
>>IIJmioの申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です