家や土地を担保にお金を借りる

家や土地を担保にお金を借りる

家や土地を担保にお金を借りる

家や土地を担保してにお金借りることができます。

一般的には不動産担保ローンとよく言いますが、土地や建物といった不動産を借金の担保にすることで様々なメリットがあり、そして、デメリットもあります。

担保や抵当権ってなに?

 

土地や建物を担保にしてお金借りる時によく聞く言葉が担保と抵当権です。

これ、実は法律用語で担保と抵当権は別のものなのですが、同じようなシーンで使われますし、混同しやすい。そもそも、知っているようでちょっとわかりにくいですよね。

まず、担保と抵当権について軽く説明していきます。

担保とは

担保という言葉はよく耳にしますが、法律関係の方以外でバシッと理解できているという方は少ないのではないでしょうか。

担保には次のような目的と意味があります。

  • 債務の履行をよの確実にするために債務者が提供する財産
  • 債務の履行の確実性を高める

というものです。

まず、担保とはお金を借りた人が「間違いなく返せる」という補償のために提供する財産のこと。この財産にあたるのが土地や建物ということですね。

つまり「万が一、返せなくなったときはこの土地や建物を売って借金の返済に充ててください」というものです。もちろん、担保にしたとしても、借金を返している場合は所有権は移動しませんので、自分のものです。

ただし、債務不履行に陥った場合はお金を貸した人がその土地や建物を売ってお金に換えて借金を回収していいですよというシステムを「担保」といいます。担保物件はその担保になる財産・・・つまり土地や建物のことですね。

そして、その担保の目的は「債権回収」です。

もちろん、不動産担保ローンでも融資前には審査が行われ「この人にならお金をかしてよい」という決定が必要ですが、金額が大きくなるといつ何が起るかわからないものです。その保険が担保。

貸している側からすれば、長い人生で何が起るか解らない中で人に大金を貸すというのは大きなリスクでもあります。そのリスクを減らすために担保が用いられるのです。万が一、トラブルなどで返済能力がなくなっても、担保を設定しておけば、安心というわけです。

そして、借りる側からすれば、無担保のローンより金利が低く大きな融資を受けられるというわけです。

 

土地や建物なとせの財産を担保にすることを物的担保といい、連帯保証人など人を担保にする場合を人的担保といいます。

抵当権とは

 

担保と合わせてよく聞く言葉が抵当権です。

 

抵当権とは、先ほど説明した担保を実際に債権者が債務の回収に用いるときの権利のことです。

担保にされている土地や建物に関しては、仮に他にも債権者がいたとしても優先してその担保物件から回収をしていいというもの。

 

どういうことかというと、お金を借りた人が返せなくなった場合に、貸した人は担保物件に関しては「優先して権利を行使できる」というもの。借りた人に他にも借金がたくさんある場合でも、担保物件に関しては権利があるよというのが抵当権です。

多重債務などの場合、担保に設定されていない場合はすべての債権者は平等です。ですが、担保の場合は別。この権利のことを抵当権と呼んでいます。

だから、抵当権には順位が設定されているんですね。

法律っぽい言い方をするなら、抵当権者は他の債権者に先立って自己の債権の弁済できるというやつ・・・これを優先弁済的効力といいます

つまり抵当権とは、担保物件に対して債権者が持っている権利の名前のことです。

担保物件の抵当権を持っていない他のさいがいて「自分だけ回収してずるい」なんて言われないための権利ですから、これも担保の目的の「債権回収の確実性を高める」というものにも合致していますよね。

家や土地を担保にお金を借りる3つの方法

 

  • 不動産担保ローン
  • 住宅ローン
  • リバーズモーゲージローン

不動産担保ローン

家や土地を担保にしてお金を借りる代表的な例が「不動産担保ローン」です。

不動産担保ローンは、広義では住宅ローンも含まれますが、一般的には住宅ローンを除いたもので「資金を借りる」ため土地や建物を担保にするというものです。無担保のローンより金利が低く、借入金額も大きく設定したいという場合や、連帯保証人がいない場合に土地や建物を担保にするという選択肢が出てきます。

また、金融機関によってはビジネス利用が出来る不動産担保ローンもありますので、起業したいという場合に自宅を担保にして事業資金を用意するという人もいらっしゃいます。

ですが、どんな土地や建物でもいいのかい言われるとそうではなくて、やはり、土地の価値やて建物の価値がポイントになります。例えば、駅がちかく商業利用もできそうな好立地の土地と、急峻な山林では売却時の価値が違います。

お金を貸している金融機関からすれば、担保は「支払い不能になったときの保険」みたいなものですから、貸したお金とその不動産の価値のバランスが大切になってきます。

つまり、立地が良い土地や建物であれば、不動産担保ローンの対象物件にできますが、そうではない場合は「この物件ではお金は貸せない」となってしまう可能性もあります。特に、大手メガバンクやネット銀行は市町村単位で担保を限定しているところもあるため、田舎になればなるほど利用が難しくなってしまいます。

ですが、地元に密着した信用金庫などであれば、利用できるケースもありますので、不動産担保ローンの場合は「どの金融機関で申し込むか」がとても大切になってきます。

住宅ローン

 

ちょっと以外に思うかもしれませんが、実は、皆さんが組んでいる住宅ローンも土地や建物を担保にしてお金を借りるローンのひとつです。

つまり、自分が住んでいる(購入した)家や土地を担保にしてローンを組んでいるのです。住宅ローンに近いものでリフォーム資金のローンで住宅を担保にするタイプのローンもあります。いずれの場合も、使用目的は、住宅購入やリフォームのみとなり、遊興費には使用できません。

ただ最近では、住宅購入ローンに家具や引っ越し費用を組み込めるタイプのローンもあります。

リバーズモーゲージローン

リバースモーゲージローンとは、土地や建物などを担保にして、老後のための資金を融資して貰うというものです。

老後の資金の様々な問題で注目されている金融商品なのですが、簡単に説明するなら自宅を担保して老後の資金を融資して貰いそのお金で生活をします。そして、死後に金融機関が担保になっている自宅を売却して返済に充てるというもの。この方法であれば、自宅に住みつつ老後の資金を用意することができるのです。

目的が老後の資金ですから、融資されたお金の使用の用途が限定されていないのが特徴です。そして、年齢制限が、一般的な不動産担保ローンの場合は、上限が定められているのに対してリバーズモーゲージローンは若い方は申し込めず、65以上もしくは70歳以上が対象です。つまり若い人は申し込めず、高齢者のみが利用できるという仕組みになっています。

ただし、このローンに関しては、土地建物の価値の変動などの要素があるため慎重さが必要。そして、土地建物に相続人がいる場合にはトラブルになることもあるので注意が必要です。相続人が死後に「自宅を貰うつもりでいる」という場合にリバーズモーゲージローンを組んでしまうと、自宅を相続できなくなってしまうので要注意。

利用前に、家族や相続人の間の理解を求める必要がありそうです。

不動産担保ローンの金利と借り入れ金額はどのくらい?

不動産担保ローンの金利と借り入れ金額はどのくらい

不動産担保ローンの魅力に

  • 低金利
  • 借り入れ金額が大きい

があります。

確かに、不動産担保ローンは、少額の借り入れには向いておらずまとまった金額の借り入れに適した金融商品です。

たとえば、1万円を一週間だけ借りたい!という場合には不動産担保ローンよりカードローンなどの方が適しているでしょう。ですが、1000万円を20年で返済したいという場合には不動産担保ローンの方が向いているといえるでしょう。

では、銀行の不動産担保ローンの金利や借入限度額、そして、返済期間はどのようになっているのでしょうか。もちろん、限度額や返済期間などはケースバイケースではありますが、一覧にしてみたのでちょっと確認しましょう。

銀行によってかなり差があるので内容を確認しましょう。そして、ここには掲載されていない、地域密着型の信用金庫などもありますので、そういった金融機関にも個別にお問い合わせされることをオススメします。

 

融資額
融資期間
繰上返済手数料
借り換え 特徴
滋賀銀行 1.95から7.875%

300万円から最大3,000万円
1年から最大25年

不明 可能 スマホで申し込み
東京スター銀行 0.85すら8.85%
100万円から最大1億円
1年から最大20年
無料 可能 審査は最短で3日
ろうきん 0.575から3.1%

30万円から最大1億円
最大で35年

一部は無利息 不可 抵当権第一順位が原則
楽天銀行 2.89から9.49%
100万円から最大1億円
1年から最大25年
無料 可能 翌日審査
みずほ銀行 2.975%
100万円から最大1,000万円
不明 不明
関西みらい銀行 2.9から9.8%
100万円から最大5,000万円
1年から最大25年
不明 おまとめのみ可能
住信SBIネット銀行 2.95から8.9%
300万円から最大1億円1年から最大25年
返済額の3.086% 可能
埼玉りそなフリーローン 2.775% から9.9%
100万円 から 最大1億円
1年 から最大30年
一部の場合は無料
全額の場合は11,000円(税込)
不明 埼玉県、東京都、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県のみ対応

金融機関によってっかなり差がありますが、やはり、金利は高くても10パーセント以下となっており、借り入れ金額の上限も1億という銀行もあります。

返済期間も、最長で30年というケースにも対応している金融機関もあります。こうしてみてみると、不動産担保ローンが大きな借り入れを想定した金融商品であることがわかります。

また、借り換えやおまとめローンにも利用できるケースがあるので、多重債務などで困っている場合に低金利の不動産担保ローンにすべてまとめてしまってから返済をしていくという利用方法もありそうです。

審査に時間がかかるケースが多い不動産担保ローンですが、最短で翌日に審査が済む銀行なども登場しています。

どのくらい借りられるのか、返済期間は?といった詳細はケースバイケースですので、まずはお問い合わせをオススメします。

 

家を担保にした場合の融資の金利

上記の銀行以外にも不動産担保ローンの商品がある銀行もあります。

土地だけでなく場合によっては家などの建物だけでも担保にすることができます。

 

東京スター銀行 0.850% から8.350%

100万円 ~から最大1億円
借入期間1年 から最大 20年

あすか信用組合 1.800% から 2.800%

300万円 ~ 3億円
借入期間 35年まで

アサックス 1.95% から 5.9%

300万円 から最大 10億円

3ヶ月 から最大30年
関西みらい銀行
2% から3.9%
100万円 ~から最大1億円
1年 から25年

不動産担保ローンなら無職でも審査を通過できる?

さて、ここまでお読みいただいて「家や土地を担保にしてお金借りる」不動産担保ローンなどについて「なんとなく解ってきた」という方も多いのではないでしょうか。

不動産担保ローンは、家や土地という担保があるため、金利が低く大きな金額も借りられるというのが特徴の金融商品です。

お金を貸した人は「万が一の時には担保物件を売却して優先的に返済てもらえる」といひとつの安心があるわけですが、では「無職でもお金を借りられるの?」という疑問がわいてきます。

「だって、いざという時には土地や建物を売ればいいんだから」と思ってしまいますが、不動産担保ローンだから無職でも収入が少なくてもお金借りることができるというわけではありません。

不動産担保ローンでも、収入や勤務先、そして、信用情報機関などへの確認は行われ審査があります。不動産担保ローンだから無職でもお金借りることができるというわけではありません。

 

無職や収入がない場合でもお金借りることができるのは、生命保険の契約者貸付制度など。これは、すでに積み立てているお金があるから貸して貰えるという特殊なローンです。不動産担保ローンはあくまでも担保物件は保険。しっかりと返済する必要があるローンですので、無収入では厳しいものがあるでしょう。

もちろん、対象となる不動産の立地などの条件が良い場合などは、収入が低くても審査を通過しやすい・・・程度のことはあるかもしれませんが、審査の基準などは公開されていないので、こればかりはなんとも言えません。

ですので、不動産担保ローンだから無収入でも無職でもお金借りることができるというわけではありません。

家や土地を担保にどのくらい融資してもらえる?

家や土地を担保にしてお金借りるとい場合に、大きな金額の融資を希望しているケースが多くなりますが、実際にどの程度の融資が可能なのでしょう。

事業資金などに利用しようとしている場合など、できれば多く借りたいという人もいらっしゃると思います。

不動産担保ローンの融資金額は、担保にする不動産の価値で大きく変化します。土地や建物には評価額というものがあり、この価格が融資の上限に大きく影響することになります。

立地がよい土地や建物、事業者向けのビルなど好条件であればそれだけ借りられる金額は大きくなり、田舎の山林などなれば借り入れ金額が低くなったり、担保にしてお金かりることができない場合もあります。

どの金融機関もこの評価額と融資金額の割合などを公表はしていませんが、大体不動産の価値の7~8割程度の融資となることが多いと言われています。

もちろん、評価ポイントは評価額だけでなく、借り入れる人の収入などの状況によっても変わります。つまり、不動産担保ローンの場合は、借りる人の状況と不動産の価値との総合的な評価で決まるということになります。例えば、土地や建物の評価額が1億だったとしても、そのまま1億円借りられるというわけではないので注意しましょう。

 

家や土地を担保にして融資を受けるメリットとデメリット

家や土地を担保にして融資を受けるメリットとデメリット

家や土地を担保にしてお金を借りる不動産担保ローンですが、当然、メリットもデメリットもあります。

その両方を理解したうえで、利用することが重要です。同じ「お金を借りる」という行為でも、どの金融商品を選ぶかで将来的な資金計画が変わってきます。

メリット

まず、不動産担保ローンのメリットは

  • 低金利
  • 借り入れ金額が大きい
  • 返済期間が長い
  • 連帯保証人が不要というケースが多い

です。

金利の低さは不動産担保ローンの大きな魅力です。借入金額が大ききくなりがちですから、1パーセントの金利の差が、総支払額を見たときに大きな差になることもあります。

そして、もうすでに触れてしまいましたが、不動産担保ローンは大きな金額の融資に向いている金融商品です。長い返済期間を設定してまとまった金額の融資を受けたいという場合には、不動産担保ローンを検討してもいいでしょう。少額の借り売れには向いていません。

不動産担保ローンの返済期間は金融機関によって違いますが、30年以上の長い時間をかけて返済することも可能です。不動産担保ローンは手続きの必要書類も複雑ですし、抵当権の設定なとのプロセスが多いので短期で返済するローンではなく長くお付き合いするタイプのローンとなります。

最後に、これも不動産担保ローンの大きなメリットですが、すべての不動産担保ローンがそうというわけではありませんが、不動産担保ローンは連帯保証人が不要というケースが多いんです。連帯保証人は責任が重い保証人になりますし、イメージのよくないので、家族や親せき、友人などに頼むときにかなり躊躇してしまいます。勇気を出してお願いしてみたところで、断られるケースも多いので融資の大きなハードルになることもあります。

不動産担保ローンでは、家や土地で物的保証をしていますので、連帯保証人がいらないケースも多くなります。返済不能になったら、家や土地を処分されてしまうリスクはありますが、連帯保証人をお願いするというハードルをなくせるのは大きなメリットといえます。

デメリット

 

メリットがあれば、デメリットもあるもの…不動産担保ローンのデメリットも見ていきましょう。

  • 審査に時間がかかる
  • 手数料がかさんでしまうことが多い
  • 返済不能になると担保物件を処分されてしまう

ます、不動産担保ローンは通常の審査…収入や信用情報、勤務先などだけでなく不動産の価値の評価などが加わるため審査に時間が必要です。例えば、銀行や消費者金融のカードローンが最短即日なのに対して、不動産担保ローンは1週間以上の審査が普通。必要書類も多く、かなり手間暇がかかるローンとなります。

そして、不動産担保ローンは抵当権の設定など通常のローンでは必要ない手続きがありますので、その分、手数料がかさんでしまいます。

また、これは不動産担保ローンの最大のデメリットですが、万が一、返済不能になった場合は担保物件は債権者の判断で売却されてしまうため、家や土地を失うリスクが出できます。このリスクは以外と大きくて、借りるときはよかったけど、あとで経済的に困窮してしまって自宅を取られてしまったということもあり得ます。もちろん、返済をしていれば、自宅は自分のものですし、返済が終われば抵当権は外されます。

不動産担保ローンは返済期間が長く「長い人生何があるかわからない」という中で、大切な生活の場所を手放すことになってまうかもしれません。メリットがある反面、デメリットも大きいということを覚えておきたいですよね。

 

必要書類は?

では、不動産担保ローンにはどんな書類が必要になるのでしょうか。

申込書や本人確認書類などのすべてのローンで必要な書類以外にも不動産では以下のような書類の提出を求められることになります。

 

  • 全部事項証明書(登記簿謄本)
  • 公図
  • 地積測量図
  • 固定資産税評価証明書
  • 建物図面

 

です。

対象不動産の詳細がわかる書類がずらりと並んでいますが、お金を貸す側にとっては「万が一の時の担保」がどんな物件なのかを詳細に知るために上記の書類は必要不可欠です。

揃えるのが大変な書類もありますが、不動産担保ローンを希望するなら上記の書類はあらかじめ用意しておいたほうがいいでしょう。

 

不動産担保ローンにはノンバンク系という選択肢もある

不動産担保ローンについてここまでご紹介してきましたが、実は銀行だけでなくノンバンクでも不動産担保ローンを取り扱っているケースがあります。

ノンバンクとは、貸金業の中の銀行ではない金融機関のことです。英語ではシャドーバンキングとも呼ばれますが、別に怪しい制度ではありません。

ノンバンク系の金融機関はこのようになっています。

ビジエエネスパートナー 不動産担保ローン 2.5から9.5%
出光クレジット 不動産担保ローン 2.6から9.8%
セゾンファンデックス 不動産担保ローン 2.65から9.9%
SBIエステートファイナンス 不動産担保フリーローン

不動産購入ローン

2.9から9.5%
不動産投資ローン 2.4から6.5%
売却つなぎローン 3.5から8.5%
新生インベストメントファイナンス 不動産担保ローン物件売却ローン 2.8から6.8%
総合マネージメント 不動産担保ローン不動産つなぎローン 3.4から9.8%
トラスト 不動産担保ローン 3.45から7.45%
つばさ 不動産活用ローン
不動産ススーパーサポートローン
3.8から7.8%
不動産購入ローン 4から6.5%
三井住友トラスト ビジネス
フリー
3.9から7.4%
不動産担保 カードローン 2.99から8.9%
つなぎローン 2.9から5.4%
日宝 不動産活用ローン 4から9.9%
エム・アール・エフ ブリッジプラン 5から9.60%
長期間元金据置プラン 4から9.9%
中央リテール 不動産担保ローン 8.2から9.8%

ノンバンクは銀行より金利が高いというイメージがあるかもしれませんが、こうしてみてみるとそれほど変わらない金利で融資が受けられるノンバンクがあることがわかります。

ノンバンクの場合、抵当権の順位が第二順位以下でも融資をしてくれる金融機関もあります。銀行の場合はほとんどが抵当権の順位は1位でなければならならいとされていますが、ノンバンクであれば2位以下でも可能ということもありえます。

また、銀行よりノンバンクのほうが審査がスピーディというケースもあるため、条件によってはノンバンクの利用も悪い選択肢ではありません。

銀行で不動産担保ローンが組めないときには

銀行でもノンバンクでも不動産担保ローンが組めない…けどどうしてもお金が必要というケースもあります。そのような場合にはどうしてらいいのでしょうか。

社会福祉協議会の担保型生活福祉資金

 

すべての都道府県に社会福祉協議会があるのですが、ここで相談できるのが担保型生活福祉資金です。

これは、社会福祉協議会が貸し付けている生活費で、不動産を担保にしたものです。高齢者が対象で、生活のために資金を住んでいる家や土地を担保にして貸し付けてくれるといもの。

社会福祉協議会ですから、当然、営利目的ではありませんので金利も低くなかには個別の事情に合わせて対応してくれるというケースもあります。そもそもが、福祉を目的にした福祉金ですから、銀行やノンバンクとは全く違う基準での審査が行われます。

詳しくは、お住いの都道府県の社会福祉協議会に問い合わせをしてみましょう。

 

消費者金融のカードローン

どうしてもお金が必要…という場合は、消費者金融のカードローンを利用するという方法もあります。もちろん、不動産担保ローンのような低金利ではありませんし、大きな金額の借り入れはできませんが、場合によっては100万円程度の利用ができるケースはあるでしょう。

もちろん、消費者金融のカードローンにもメリットはあって、即日融資が可能だったり、初回利用の場合は一定期間無金利でお金を貸してくれるというサービスをしている消費者金融もあります。本人確認書類などの基本的な書類があれば審査を受けられるため、多くの場合、書類の準備に奔走することもないでしょう。

ただし、金利は高めで17パーセントから18パーセントとなっているところが多いので、計画的な利用をしなければなれませんし、事業資金には利用できません。

不動産担保ローンが難しく、社会福祉協議会なども利用できないとなった時には、計画的に消費者金融を利用するというのも悪い手でありません。

まとめ

今回は、不動産担保ローンについてでした。

まず、不動産担保ローンとは、家や土地を担保にしてお金を借りるというもので、担保と抵当権は似ているようで全く意味が異なります。

不動産担保ローンには低金利・まとまった金額の融資が受けられるなどのメリットがある反面、審査に時間がかかったり最悪の場合、担保にした物件を失うことになってしまうというデメリットがあります。

不動産担保ローンの特徴として、まとまった金額の融資に向いており、少額の融資には向いていません。

多くの銀行やノンバンクで不動産担保ローンの取り扱いがあり、中には借り換えやおまとめローン、事業資金に利用できる金融商品もありますので、様々な用途で利用できます。

また、社会福祉協議会にも家や土地を担保にして生活資金を貸し出すシステムがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です