不動産査定おすすめ21選

不動産査定サイトおすすめ21特徴や選び方を解説


不動産査定サイトっていろいろあるけど、どれがおすすめ?

家を売りたい人が気軽に金額を知ることができる不動産一括査定サイト、使ってみたいですよね。

ですがこうしたサービスも数が増え、「どれを選んだら良いか分かりづらい」問題が多発!

そこでこの記事では、あなたにピッタリなサービスの選び方を徹底解説。

*この記事で分かること*

  • 不動産査定サイトの選び方
  • サービス利用上の3つの注意点
  • おすすめの不動産査定サイト21選

Check!
実は便利なサービスにも、利用する際の注意点はあるんです。

今回はメディアベスト編集部、不動産担当の筆者(宅地建物取引士)が査定サイトを利用する際の注意点も解説していきます。

家を高く売るイチオシサービスのイエウールの無料査定依頼はこちら

不動産査定サイトおすすめ21選【早見表】

不動産査定サイトおすすめ21選【早見表】

今回ご紹介する査定サイトのリストです。

なお、本記事は不動産査定サイトのランキングではなく、おすすめのサービスの選び方をまとめたものになります。

対応エリアの広さで選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
イエウール 1,900社 47都道府県
SUUMO売却査定 2,000店舗 全国
リガイド(RE-Guide) 800社 全国
LIFULL HOME’S不動産売却査定 3,350社 全国
リビンマッチ 1,700社 全国
オウチーノ 1,500社 全国
スマイティ不動産売却 1,800社 全国

都市部集中型で選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
すまいステップ 100社 全国
地方はエリア外も多い
おうちダイレクト サイト上では8社公開 都市部が多い

マンション特化型で選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
マンションマーケット エージェント数非公開 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
※一部対象外エリア有
マンションナビ 2,500店舗 全国
IESHIL(イエシル) 登録会社による査定ではなくweb上で査定 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

大手の安心感で選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
すまいValue 大手6社900店舗 全国
地方はエリア外も多い

サポートの充実度で選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
HOME4U 1,800社 全国
イエイ 1,700社 全国
イエカレ 400社 全国
タウンライフ不動産売買 150社 全国
地方はエリア外も多い
ズバット不動産売却 非公開 全国対応
※外部サービスとの提携エリア含む
不動産売却の窓口 1,000社 全国
地方はエリア外も多い

「リースバック」をお考えなら

サービス名 登録社数 対応エリア
家まもルーノ リースバック対応100社 全国47都道府県
リースバック比較PRO 100社 都市部が多い

以後、本記事は非常にボリュームがあります。
この一覧表のリンクや目次などを使って、適宜スキップしながらご覧になってみて下さい。

不動産査定サイトがおすすめな理由

不動産査定サイトがおすすめな理由

不動産査定サイトとは?

家の売却をお考えの方が、売却価格の査定を「複数の不動産会社に」「一括して」依頼できるサービスのこと。

この一括査定サービスを知っているのと知らないのでは大違い!
賢く家を売るにはもはや欠かせないサービスと言っても過言ではありません!

不動産査定サイトがおすすめな理由

  • いつでも自宅から依頼できる
  • 複数社(3社〜6社程度)に一括申込みできる
  • 査定額をカンタンに比較できる
  • 多くの不動産会社と出会える
  • 良い担当者に出会いやすい!!

このように、不動産査定サイトでは家を売る時のいわゆる「相見積もり」ができるのです。

自宅にいながらにして。
仕事帰りの夜だって。

いつでもどこでも、あなたの売却活動を成功に向けてバックアップしてくれるでしょう。

家を高く売るイチオシサービスのイエウールの無料査定依頼はこちら

不動産査定サイトの注意点は?

不動産査定サイトの注意点は?

不動産査定サイトを利用する際には、実は注意点もあります。
ここでは「これだけは押さえておきたい!」という注意点に絞って3点ご紹介します。

不動産査定サイトの注意点

  • たくさん依頼しすぎない
  • メールのやり取りを基本とする
  • 価格だけで決めない

たくさん依頼しすぎない

1つ目は「たくさん依頼しすぎない」です。
査定サイトの中には6社あるいはそれ以上、一括で査定申し込みができるものがあります。

ですが、あまりたくさん依頼しすぎると対応だけでてんてこまい、ということも…!

もちろんガッツと対応できる時間があればOK。
ですが多くの人は忙しい中、限られた時間で商談を進めなければなりませんよね。

冷静な判断で査定結果に目を通していくためにも、あまり混乱しすぎない3社位から依頼していくのがオススメです。

もっと沢山比較したいんだけど…?

その場合は2回に分けたり別サイトを使ったりと、ステップを踏んで依頼されるとベターです。

担当者の印象を電話等で確認する

2つ目は「担当者の印象を電話等で確認する」です。
ここでお伝えしておきたいのですが、

多くの場合、電話はかかってきます。
(特に最初)

電話対応はしたくないな・・・と思ってしまうかもしれませんが、実は電話対応はしたほうがいいです。

というのも、各社の担当者の対応や印象などをチェックする絶好の機会だからです。

不動産査定は相手の会社からすると何度も行われているわけですが、私たちにとっては一度きりの大事なイベントでもあります。

電話で担当者がちゃんと私たちの立場に立って対応してくれているかを確かめましょう。メールで済ませたいという人も多いですが、電話対応の方が実際のところがよくわかります。

価格だけで決めない

3つ目は「価格だけで決めない」です。
家の査定額は不動産会社によってかなり差が出ることが多く、時には500万円もの開きが出ることもあります。

そんな時、一番高く出してくれた会社に依頼したくなる気持ちはよく分かります。
ですがそこは一旦立ち止まることが大切。

そして、それぞれの不動産会社にメールや対面で色々なことを相談してみましょう

分からないことや疑問点など、小さなことでも構いません。
「会社の特徴」「強み」みたいな所を聞いてみるのも有効です。

するとだんだん査定金額についての妥当性が見えてきますし、同時に会社や担当者のことも分かってくるはず。

=不動産会社のチェックポイント=

  • 会社に実績があるか
  • 担当者の経験は豊富か、資格は?
  • 熱心に対応してくれるか etc.

Check!
最初は聞こえの良いことを言っていても、後で手のひらを返してくる担当者がいることも事実。

そこはしっかり見極めて、査定金額だけでなく会社や担当者のことなど様々な角度から検討して最終判断するようにしましょう!

次からは、不動産査定サイトの選び方について解説していきます。

不動産査定サイトの選び方

不動産査定サイトの選び方

不動産査定サイトの選び方について、最初にお伝えしたい大切なポイントがあります。それは、

Point!
不動産サイトは1つに絞らなくてもOKです。

むしろ2〜3サイト併用すると、より良い会社と出会える確率UP
それに、それぞれのサイト毎に特徴がありますので、それらをいいとこ取りしていくのが吉です。

不動産査定サイトの選び方

  • 対応エリアの広さで選ぶ
  • 都市部集中型で選ぶ
  • マンション特化型で選ぶ
  • 大手の安心感で選ぶ
  • サポートの充実度で選ぶ
  • 「リースバック」を扱うサイトも

これらを順番に解説します。

対応エリアの広さで選ぶ

最初におすすめしたいのが、「対応エリアの広さで選ぶ」方法です。
1000社を超える不動産会社と提携し、全国を広くカバーしている査定サイトはいくつもあります。

全国どこにお住まいの方でも利用しやすくなるため、どなたにもオススメとなります。

都市部集中型で選ぶ

反対に、「都市部集中型で選ぶ」方法もあります。
まだサービスが始まったばかりであったり、不動産会社をあえて絞っていたりして提携社数がさほど多くないと、都市部集中型となる傾向があります。

こうしたサイトにもオリジナルな特徴やこだわりがあるため、都市部にお住まいの方は大いに利用してみる価値があるでしょう。

マンション特化型で選ぶ

次に「マンション特化型で選ぶ」です。
マンションの売却や住み替えを検討されている方は多いですよね。

マンションは一戸建てに比べると流通が激しいため、ニーズに応えるためにマンションに特化して相場情報や一括査定サービスを提供するサイトが出ています

またマンションの査定自体、一戸建てに比べてシステム化・自動化しやすいという背景もあると思われます。

マンションに絞ったご検討をされている方は、こうしたサイトを併用されるのもオススメです。

大手の安心感で選ぶ

続いては「大手の安心感で選ぶ」です。
結論を言いますと、大手の安心感で選ぶなら「すまいValue」一択です。

こちらは「三井のリハウス」をはじめとする業界最大手クラスが共同で運営
すまいValueだけに参画し、他の一括査定サイトでは依頼できない大手企業もあるためです。

とはいえ、すまいValueは「最大手」の企業のみであって、大手や準大手企業が参加している査定サイトは他にも沢山あります。

いくつかのサイトでお試し入力してみると、実際どこに依頼できるか分かりやすいですよ。

【無料査定で安心】すまいValue公式サイト

サポートの充実度で選ぶ

「サポートの充実度で選ぶ」という方法もあります。
査定サイトを利用した人の口コミの中には、

電話がしつこいから何とかして!
入力を間違えた!キャンセルしたい

といったものが見られます。
こんな時にサイト運営事務局にすぐ連絡できないと心配が募ってしまいますよね。

一括査定サイトの中には、電話窓口を設けるなどして万一の時にすぐ対応できる体制を整えているところがあります。

普段あまりネットサービスの利用に慣れていない方、ネット上でのやり取りに不安な方は、こうしたサポート付きサービスがおすすめです。

「リースバック」を扱うサイトも

「リースバック」とは単に家を売却するだけでなく、その後に借り戻して(リースバック)そのまま住み続けることができる仕組みのこと。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、一度手元にまとまった資金を得られるということで注目度が高まっています。

リースバックを手がける不動産会社に出会えるサイトも後ほどご紹介します。

家を高く売るイチオシサービスのイエウールの無料査定依頼はこちら

不動産査定サイトのおすすめ21選

不動産査定サイトのおすすめ21選

ここからは、不動産査定サイトのおすすめ21選をご紹介していきます。
先ほどの「不動産査定サイトの選び方」にもとづきカテゴリー分けしました。

対応エリアの広さで選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
イエウール 1,900社 47都道府県
SUUMO売却査定 2,000店舗 全国
リガイド(RE-Guide) 800社 全国
LIFULL HOME’S不動産売却査定 3,350社 全国
リビンマッチ 1,700社 全国
オウチーノ 1,500社 全国
スマイティ不動産売却 1,800社 全国

都市部集中型で選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
すまいステップ 100社 全国
地方はエリア外も多い
おうちダイレクト サイト上では8社公開 都市部が多い

マンション特化型で選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
マンションマーケット エージェント数非公開 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
※一部対象外エリア有
マンションナビ 2,500店舗 全国
IESHIL(イエシル) 登録会社による査定ではなくweb上で査定 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

大手の安心感で選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
すまいValue 大手6社900店舗 全国
地方はエリア外も多い

サポートの充実度で選ぶなら

サービス名 登録社数 対応エリア
HOME4U 1,800社 全国
イエイ 1,700社 全国
イエカレ 400社 全国
タウンライフ不動産売買 150社 全国
地方はエリア外も多い
ズバット不動産売却 非公開 全国対応
※外部サービスとの提携エリア含む
不動産売却の窓口 1,000社 全国
地方はエリア外も多い

「リースバック」をお考えなら

サービス名 登録社数 対応エリア
家まもルーノ リースバック対応100社 全国47都道府県
リースバック比較PRO 100社 都市部が多い

これらを順番に解説していきます。

対応エリアの広さで選ぶならこちら

対応エリアの広さで選ぶならこちらはじめにご紹介していくのは、対応エリアの広さに強みを持つ一括査定サイトです。
まずは編集部イチオシの「イエウール」から。

イエウール【イチオシ✨】

イエウール

イエウールのポイント

売却成立サポート 年間20万件突破

  • 国内最大級の不動産一括査定サイトとして、多くのユーザーに選ばれています。

全国くまなく1,900社以上と提携

  • 大手企業〜地域の優良店まで、バラエティ豊富。
  • 都市部に偏ることなく全国的にエリアを網羅。

悪質な企業は契約解除

  • 利用者からのフィードバックをより良いサービス運営に活かしています。
サービス名 イエウール
運営会社 株式会社Speee
※JASDAQスタンダード上場
登録社数 1,900社
対応エリア 47都道府県
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・ビル
同時査定依頼数 6件
サポートの手厚さ
代表メールでの問合せ対応のみ

イエウールは登録社数・ユーザー数・カバーエリアなどトータルで考えて国内No.1の不動産査定サイトです。

イエウールの大きな特徴は、登録会社の幅広さ。
さまざまな規模の会社が参画しており、各社それぞれが強みを生かしてあなたの不動産売却を成功へ導いてくれます。

編集部より

イエウールは「都市部のみ」「マンションのみ」といった制約がなく、提携会社にも偏りがないのが特徴。
まさに「総合型」不動産査定サイトと言えます。

大手が参入しづらい地域にも細やかに対応できるため、どんな地域の方にもおすすめできます!

家を高く売るイチオシサービスのイエウールの無料査定依頼はこちら

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定のポイント

リクルート運営の不動産総合サービス

  • 売却査定のほか「借りる」「買う」などあらゆる住活(じゅうかつ)をサポート。
  • 他を寄せつけない豊富な情報量は見ないともったいない!

スマホで気軽に申し込み

  • 査定申し込み時に電話番号の入力が必須ではない分、気軽に申し込みできます。

相場情報や口コミアンケートを掲載

  • 例えば都道府県別の情報ページでは相場情報やアンケート、口コミが一目瞭然!
サービス名 SUUMO売却査定
運営会社 リクルート
登録社数 2,000店舗
※会社数ではなく店舗数
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地
同時査定依頼数 10件
サポートの手厚さ
電話対応などはないが、登録会社の問合せ先やスタッフ紹介など含めて情報が豊富

SUUMO売却査定は、リクルートが運営する不動産総合サイトSUUMOに含まれる「売りたい」人向けサービスです。

SUUMOの大きな特徴は、希望にあった「会社選び」に役立つ情報が満載であること。

登録各社のページが充実しており、スタッフ紹介や売却実績などを見ながら、本当に会社を訪れたような気分で依頼先を選ぶことができます。

編集部より

SUUMOの豊富な実績に基づく相場情報は一見の価値ありです。
プロも案外活用しているのでは。

まずはこうした情報で家の資産価値を知り、売りたい時には会社情報を吟味して査定依頼!こんな使い方がオススメです。

「SUUMO売却査定」公式サイト

RE-Guide(リガイド)

RE-Guide(リガイド)

リガイドのポイント

独自の審査をパスした優良企業のみ提携

  • 登録社数は800社、会社を増やすことに注力せず、独自審査で優良企業のみを厳選。

運営16年目となる老舗サイト

  • 前身となるSBI不動産ガイドから数えて16年目となり、類似サービスの中で歴史があります。

査定依頼の入力フォームがカンタン

  • 入力項目自体、非常にシンプルです。
  • プルダウンだけでなくボタンでの選択や、Yahoo! IDから自動入力など工夫されています。
サービス名 リガイド(RE-Guide)
運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
登録社数 800社
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・事務所・店舗
同時査定依頼数 10社
サポートの手厚さ
代表メールでの問合せ対応のみ

RE-Guide(リガイド)は売却査定のほか賃料査定・収益物件・リフォームなどの情報を提供する不動産総合サイト。

リガイド売却査定の大きな特徴は、登録企業をあえて厳選して運営していることです。

800社というとやや少ないようにも感じますが、下記口コミにもあるように地方でも5社選択できたとあり、サービスとして安定的に機能しているように見受けられます。

親族から相続したマンションを処分するために利用しました。地方のマンションだったため売却には苦労するだろうと憂鬱だったのですが、こちらのサービスを利用したおかげで5社から査定を取ることができました。

また見積り額とほぼ同額で売却することができ満足しています。
(引用:みん評)

編集部より

実は筆者も申し込みしたところ、地元でよく知られる企業が参画しており、利用価値を感じました。

また住まい関連コラムが充実しているため、これから知識を仕入れたい方は一度のぞいてみては。

「RE-Guide」公式サイト

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)不動産売却査定

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズのポイント

国内最大級3,350社以上と提携

  • 3,350社を超える不動産会社が参画し、幅広く全国を網羅してサービス提供中。

利用者累計736万人突破

  • 業界団体のルールに則った情報公開につとめ、信頼性が高いため多くの利用者に選ばれています。

個人情報を知らせない「匿名査定」も!

  • 物件情報とメールアドレスなど最低限の情報だけで匿名査定の申し込みが可能です。
サービス名 LIFULL HOME’S
(ライフルホームズ)
不動産売却査定
運営会社 株式会社LIFULL
※東証一部上場
登録社数 3,350社
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・倉庫・工場
同時査定依頼数 6社
サポートの手厚さ
代表メールでの問合せ対応のみ
東京都の中古マンション限定で電話窓口あり

こちらは住まいのことなら何でもおまかせの超大型サイト「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」が提供する売却一括査定サービスです。

ライフルホームズの大きな特徴は、上記でお伝えした「匿名査定」サービスがあること。

それから、売却理由(買取を相談したい・急いで現金化したいetc.)から不動産会社を検索できるなど、厚みのあるサービスを展開しています。

ライフルホームズはサイトが使いやすく簡単に査定を依頼できたので初心者の私でも使いやすかったです。査定結果は想像よりも高かったのですぐに依頼しました。

担当の方の印象もよく、2ヶ月で買い手が見つかったので転勤前に売却できました。周りで不動産売却を考えている人がいたらぜひ勧めたいです。
(引用:不動産売却プラザ)

編集部より

ライフルホームズはとにかく情報が豊富!登録各社の情報が手に取るように分かるのは前出のSUUMOと似たようなイメージ。

また登録社数は業界トップクラスなので、申し込みの際には多くの候補が出てくる可能性大。
地方にお住まいの方にもおすすめです。

「LIFULL HOME’S不動産売却査定」

リビンマッチ

リビンマッチ

リビンマッチのポイント

「不動産査定サイト認知度」No.1

  • 2021年8月調査にて「査定サイト認知度」「使ってみたい査定サイト」ともにNo.1獲得。

2006年スタートから15年の運営実績

  • 一括査定サイトの中では老舗の部類となり、長い運営実績を誇ります。

プライバシーマーク取得

  • 個人情報の保護体制について第三者機関から認証を取得し、厳重に管理しています。
サービス名 リビンマッチ
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社
※東証マザーズ上場
登録社数 1,700社
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・店舗・工場・倉庫・農地
同時査定依頼数 6社
サポートの手厚さ ×

リビンマッチは「住まいや住生活に関するマッチングサイト」。
不動産売却のほか資産活用、住まいづくりやリフォームまで幅広いサービスを展開しています。

リビンマッチの大きな特徴は、さまざまな切り口から売却の相談をすることができるところです。

不動産会社で勤務経験があるのですが、正直ここは登録社数が圧倒的に多い。

不動産ポータル系に多い都市部だけでなく、ちゃんと地方にも目をつけているのはリビンマッチならではって感じがする。
(引用:Google)

編集部より

コロナ禍では住宅ローン困窮者が急増しているという情報も。
変化の激しい世の中、人ごとではありませんね。

リビンマッチなら「買取」や「リースバック」など間口を広げて不動産会社に相談できるのが心強いです。
※「リースバック」については後ほど詳しく解説します。

「リビンマッチ」公式サイト

オウチーノ

オウチーノ

オウチーノのポイント

全国1,500社以上と提携

  • 提携する会社数は1,500社以上、ここまで紹介してきたサイトに引けを取りません。

地域密着企業も多い

  • オウチーノは登録不動産会社がリストアップされ閲覧できるので便利。
  • 大手からFC店、地域密着企業まで様々。

「不動産相場」専用サイトあり

  • 過去データに基づいた確かな相場情報を閲覧することができます。
サービス名 オウチーノ
運営会社 株式会社オウチーノ
提携:NTTデータ スマートソーシング
登録社数 1,500社
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・倉庫・工場・店舗・事務所・ビル
同時査定依頼数 上限なし
サポートの手厚さ
代表メールでの問合せ対応のみ

オウチーノは家を「買いたい」人をメインに、「借りたい」「売却」「リフォーム」など様々な切り口でニーズに応える住宅・不動産専門サイト。

オウチーノ不動産売却・査定サービスの大きな特徴は、査定申し込みができる不動産会社に上限がないこと。
そもそも表示される会社が制限されるという可能性も考えられますが、少なくとも「○社まで」といった表記は無いようです。

全国1,500社以上という規模で上限なく依頼できるなら、1つのサイトでとても効率的な会社選びができるかもしれません。

また、この後の「スマイティ」も同様ですが一括査定システム自体はNTTデータ系列の「HOME4U」により運用されています。

オウチーノを利用してみて感じたことは「シンプルで使いやすい」ことです。必要事項を入力するだけで、簡単に複数の不動産会社の査定額が一括で取れるのは、とても良いと感じました。

わざわざ自分の時間と労力を使わずして、売却する不動産会社を決めることができたのでありがたかったです。
(引用:コエシル)

編集部より

オウチーノの「不動産売却・査定サービス」のページは比較的シンプルな印象。

ですが別で「不動産相場」のページがあったり、他にも「相続」「リフォーム」の相談ができたりと役立つ情報が満載。
ライフスタイルの変化に合わせて色々利用してみるのがオススメです。

「オウチーノ」公式サイト

スマイティ不動産売却

スマイティ不動産売却

スマイティのポイント

初心者に役立つ情報をわかりやすく掲載

  • 不動産売却の基礎から解説。
  • 売却の流れがステップ毎に掲載されていて初心者でも分かりやすい!

トレンド情報やケーススタディも

  • 重要事項説明の「IT重説」などのトレンド情報、売却の「失敗例」など気になる情報満載。
サービス名 スマイティ不動産売却
運営会社 株式会社カカクコム
提携:NTTデータ スマートソーシング
登録社数 1,800社
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・店舗・事務所・倉庫
同時査定依頼数 上限なし
サポートの手厚さ
代表メールでの問合せ対応のみ

スマイティは家探しや住みたい街探しをサポートする不動産情報サイト。
どちらかというと「借りたい」「買いたい」人向けの作りとなっていますが、「売りたい」人向けの一括査定サービスも用意されています。

スマイティの大きな特徴は、初心者向けの見やすいサイト構成となっていること。

多くの人にとって不動産売却は初めての経験。
安心して売却を進められるよう、基礎知識からステップを踏んで学べるようになっています。

最近一括査定サイトも増えてどれを利用したらいいのか迷っていましたが、調べたらスマイティは「食べログ」や「価格コム」と同じところが運営しているとあったのでスマイティにしました。

他のサイトは知りませんが、スマイティは余計な営業とかもなかったので気持ちよくやり取りが出来て満足しています。
(引用:不動産売却プラザ)

編集部より

スマイティの一括査定サービス自体は、システムをNTTデータ系列の会社に委託している形です。

ここは後ほどご紹介する「HOME4U」を運営している会社で、セキュリティを含むシステム運用体制がしっかりしているので安心です。

「「スマイティ不動産売却」公式サイト

都市部集中型で選ぶならこちら

都市部集中型で選ぶならこちら都市部集中型で選ぶならこちらをどうぞ。

すまいステップ

すまいステップ

すまいステップのポイント

選りすぐりの企業と出会える

  • 前出の「イエウール」運営会社が、さらに厳選された企業だけを集めて立ち上げました。

売却力のある企業、経験豊富な担当者

  • 売却力に定評のある大手・準大手・地元実績企業だけを登録しています。
  • 「宅地建物取引士の資格保有」「実務経験5年以上」といった基準をクリアした担当者に限定。

専門家監修の記事でノウハウを学べる

  • 宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなどの専門家が監修し、手続きや税金などを分かりやすく解説しています。
サービス名 すまいステップ
運営会社 株式会社Speee
※前出のイエウールと同じ会社
登録社数 100社
対応エリア 全国
地方はエリア外も多い
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・店舗・事務所・倉庫
同時査定依頼数 4社
サポートの手厚さ
代表メールでの問合せ対応のみ

すまいステップは、はじめにご紹介した「イエウール」を運営するSpeee社が2020年に立ち上げた、まだ新しい一括査定サイトです。

すまいステップの大きな特徴は「実績豊富な不動産会社および担当者だけ」が登録されていること。

もっと安心できる不動産会社と繋がりたい…!

そんなニーズに応えることで、イエウールとの差別化を図っています。

無料査定が出来る安心のサービスだったので、この手のサービスに関わるのが初めてでも気軽に臨めました。サイトから必須項目を入力していくことで申し込みがスムーズに進む点がよかったです。

査定会社の紹介までは2日程度かかりました。自分で事務所に出向くよりも簡単に申し込みができて結果もしれるので良いものだと思えました。
(引用:コエシル)

編集部より

すまいステップでは登録会社のハードルを高くしているため「より安心」なのがメリット。
その代わり利用できるエリアが限られてしまうため、都市部の物件査定におすすめ。

2020年リリースのまだ新しいサービスですから、今後さらなるエリア拡充に期待です。

「すまいステップ」公式サイト

おうちダイレクト

おうちダイレクト

おうちダイレクトのポイント

AI査定価格がWeb上ですぐ分かる

  • 不動産査定のノウハウを機械学習に応用することで、価格をその場ではじき出すAI査定を実現。

AI査定とプロ査定を交えて検討できる

  • 不動産会社からの査定価格にAI価格も加えて比較できるから、適正価格が分かりやすい!

大注目の「AI一括査定サービス」

  • 所有している不動産のAI査定価格がすぐにわかる!
サービス名 おうちダイレクト
運営会社 ヤフー
SREホールディングス
登録社数 サイト上では8社公開
対応エリア 都市部が多い
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件
同時査定依頼数 上限なし
サポートの手厚さ
Yahoo!不動産などグループ内サイトを使って売却活動を後押し。

おうちダイレクトはヤフーとソニーグループが共同運営する「ITで売り手と買い手がダイレクトにつながる」不動産サイト。
主なサービスは次の3点。

  1. 都市部のマンションを瞬時に査定!
    「マンション推定価格シミュレーター」
  2. 仲介手数料0円でオンライン査定
    「AI一括査定」
  3. 不動産会社に一括査定依頼
    「プロフェッショナル売却」

特に売却仲介手数料0円を実現した「AI一括査定サービス」は、業界でも全く新しいサービスということで注目を集めています。

編集部より

おうちダイレクトは非常に特徴のあるサービスで、不動産会社への一括査定サービスではAI査定がプラスされ、公正な評価を受けることができます。

「おうちダイレクト」公式サイト

マンション特化型で選ぶならこちら

マンション特化型で選ぶならこちらマンションは一戸建てよりも比較的入れ替わりが多く、売買が多く行われる傾向にあります。

ここからは、マンション特化型サイトを3点ご紹介しましょう。

マンションマーケット

マンションマーケット

マンションマーケットのポイント

査定の依頼先は会社ではなく「人」

  • 一括査定の際に選択するのは会社ではなく「人」つまりエージェントです。

エージェントのプロフィール掲載

  • 査定を依頼する時にはエージェントのプロフィールを見ながら選択できます。

マンション相場情報を大公開!

  • 全国11万5000棟以上のマンションデータベースから、リアルな相場情報を公開しています。
サービス名 マンションマーケット
運営会社 株式会社マンションマーケット
登録社数 エージェント数非公開
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
※一部対象外エリア有
※エリア順次拡大予定
物件の種類 マンション
同時査定依頼数 6人
サポートの手厚さ
代表メールでの問合せ対応のみ

マンションマーケットはその名の通り、マンションに特化した不動産ポータルサイトです。
全国11万5000棟に及ぶマンションデータベースを駆使し、「売りたい」「買いたい」に応える売買相場や売買履歴などの情報を提供しています。

このポータルサイトの1つに含まれるのが「売却査定」なのですが、大きな特徴となるのが「エージェント(人)紹介型」であること。

エージェントは色々な会社から登録されているわけではなく、基本的に同社グループ内にて対応。
エージェント1人1人の取引実績やプロフィールを見ながら、自分にぴったりのエージェントに依頼することができます。

編集部より

上記Twitterのように、マンションマーケットは価格相場の把握でもよく利用されています。無料会員登録するとより詳しく閲覧できるのが嬉しいです。

それらのデータを参考に「もっと具体的に価格を知りたい」時はぜひエージェントにご相談を。

「マンションマーケット」公式サイト

マンションナビ

マンションナビ

マンションナビのポイント

全国対応の「AI査定」ならweb完結!

  • 一括査定は不動産会社とのやりとりが面倒…そんな時はweb上ですぐ分かるAI査定を。

不動産会社による「プロ査定」も

  • 売却に向けて動き出したい、そんな時は「プロ査定」でより正確な金額を把握できます。

利用者累計500万人突破

  • AI査定ならお手軽なので利用しやすい!
  • 会員登録者数は12万人を突破。
サービス名 マンションナビ
運営会社 マンションリサーチ株式会社
登録社数 2,500店舗
※会社数ではなく店舗数
対応エリア 全国
物件の種類 マンション
同時査定依頼数 9社
売買6社+賃貸3社
サポートの手厚さ
メールフォームにて対応
・不動産実務経験者による相談受付
・不具合、改善希望などの問い合わせ

マンションナビは不動産系ITベンチャーのマンションリサーチ社が運営する、一括査定サイト。

マンションナビの大きな特徴は、web上ですぐに簡易査定額をはじき出す「AI査定」があること。
不動産各社へ一括査定を依頼するのはハードルが高い、そんな方でも超カンタンに大まかな価格を調べることができます。

マンションナビのメルマガ会員に登録していて、時間があるときにはメルマガを読み、その流れで査定も思い立った時に定期的に利用していました。

そのおかげで今回も「最悪でもこれくらいの価格で売れるだろう」という目途はついていたので、新居の購入を先行することができましたね。
(引用:マンションナビマガジン)

編集部より

前項のマンションマーケットと同様、相場情報にとても力を入れているサイトです。

地域ごとの相場だけでなく「個別マンション名」で検索できるのでマンション所有者は必見!
サイト自体の見やすさ、使いやすさへのこだわりも感じられて非常に好印象でした。

「マンションナビ」一括査定サービス公式サイト

「マンションナビ」AI査定はコチラ

IESHIL(イエシル)

IESHIL(イエシル)

イエシルのポイント

Web上で部屋ごとに細やかな査定

  • Web査定とはいっても大まかなものではなく部屋ごとに細やかな査定額を算出。

専門家がオンラインでアドバイス

  • 専門知識を持つイエシルのアドバイザーが無料でオンライン面談に対応。
  • 不動産会社との交渉などアドバイスがもらえるので心強い!

マンションの周辺情報までリサーチ

  • ネットでは分かりづらい周辺の治安や利便性、子育て環境などもデータ収集し中立に評価。
サービス名 IESHIL(イエシル)
運営会社 株式会社リブセンス
※東証一部上場
登録社数 登録会社による査定ではなくweb上で査定
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
物件の種類 マンション
同時査定依頼数 webでいくつでも
サポートの手厚さ 無料で面談できるアドバイザリーサービス

IESHIL(イエシル)は「マンションの相場価格がいますぐ分かる」不動産売買サポートサイト。

イエシルの大きな特徴は、特許取得済みの技術でマンション査定価格をすぐに算出してくれること。
不動産会社に査定を依頼するのではなく、ITでビッグデータを活用することで、web上ですぐに査定価格をはじき出します

そして具体的に売却を進めたい場合には、まず無料のオンライン面談へ。
面談ではアドバイザーから希望に合った不動産会社の担当者を3人まで紹介してもらえます

評判の良い会社からマネージャークラスの担当者を抜てきするため、満足度は93.6%と上々です。

編集部より

マンションは一戸建てに比べてデータが取りやすいため、AI査定・web査定が進みつつあるようです。

とはいえ複数サービスで同一の物件をweb査定してみると、例えば筆者の場合600万円も差がつくという結果に…。
正直まだ精度には疑問が残りますので、やはり複数の査定額を比較することが大事です。

「IESHIL」公式サイト

大手の安心感で選ぶならこちら

大手の安心感で選ぶならこちら大手の安心感で選ぶなら、すまいValue一択です。

すまいValue

すまいValue

すまいValueのポイント

不動産のリーディングカンパニー6社運営

  • 下表に記載の最大手6社が参加する一括査定サイトは他にありません。

査定依頼件数 累計40万件突破

  • 2016年10月のサービススタートから着実に実績を積み重ねてきています。

成約率の高さと成約スピードに定評あり

  • 大手には買い手側の相談も多く集まるため、スピーディーに成約となる可能性大。
サービス名 すまいValue
運営会社 三井のリハウス
住友不動産販売
東急リバブル
野村の仲介
三菱地所ハウスネット
小田急不動産
登録社数 大手6社900店舗
対応エリア 全国
地方はエリア外も多い
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件等
同時査定依頼数 6社
サポートの手厚さ 各社オリジナルサポートあり
・売却活動時
・成約時、成約後etc.

すまいValue(すまいバリュー)は、不動産業界をリードする6社直営による不動産売却ポータルサイト

すまいValueの大きな特徴は、やはり大手企業に限定されている安心感でしょう。
企業内に蓄積された豊富なノウハウに基づく正確性の高い査定、そして圧倒的な集客力で売却を成功へと導きます。

編集部より

すまいValueは6社のみで運営されているため、カバーしきれないエリアが多いのがネック。
その代わり物件が対応エリア内なら、高い集客力・成約力を発揮してくれるためオススメです!

「すまいValue」公式サイト

サポートの充実度で選ぶならこちら

サポートの充実度で選ぶならこちら電話窓口など安心のサポート体制をとっているところをご紹介。
また変わったところでは、お祝い金で売却をサポートしてくれるサイトも。

HOME4U

HOME4Uのポイント

大手クラスの企業が多数提携

  • 大手から中堅クラス、地域密着企業などがバランスよく登録されています。

フリーダイヤルで安心サポート

  • サイト内にはサポートダイヤルを大きく表示。
  • 不動産についての相談ダイヤルも。

NTTデータグループの強固なセキュリティ

  • 官公庁や銀行との取引で培ったセキュリティ技術で個人情報をしっかりガード。
サービス名 HOME4U
運営会社 NTTデータスマートソーシング
登録社数 1,800社
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・店舗・事務所・倉庫
同時査定依頼数 6社
サポートの手厚さ
フリーダイヤルあり

HOME4UはNTTデータグループが運営する全国ネットの不動産情報サイト。
2001年に生まれた国内初の不動産一括査定サービスとされ、今日まで歴史を刻み続けています。

HOME4Uの大きな特徴は、NTT系列で信頼度が高いこと、そして人的サポートが充実していること。
電話窓口をしっかり設けているため、ネットサービスに不慣れな方でも利用しやすいでしょう。

また一括査定サービスのほか、土地活用や中古住宅の購入など、さまざまなニーズに答えるサービスをトータルで提供しています。

地元の不動産では専門用語ばかりで理解できず困っていたところ、知人よりこのサイトを紹介されました。疑い半分で利用してみたら専門用語は殆どなく、親身になって考えてくれたことに驚きです。

不動産に全く知識のない私でも分かるようなノウハウをホームページから無料でもらえますし、6社から一括査定してもらえるので業者の平均額を知ることができました。

営業電話はやはりきますが、その対処法もサイトから知ることが出来るので対応も楽にできました。
(引用:みん評)

編集部より

不動産会社最大手は前述の「すまいValue」に集中していますが、HOME4Uはそれ以外の大手や中堅、地元企業などと幅広く提携。
さまざまな規模感の会社にバランスよくアプローチできる点がおすすめポイントです!

「HOME4U」公式サイト

イエイ

イエイのポイント

専任スタッフによる万全のサポート体制

  • 不動産会社とのやりとりで気になることがあれば、イエイが第三者的立場で間に入ってくれます。

さらに「お断り代行サービス」も!

  • なんとなく切り出しづらい「お断り」。イエイならあなたの代わりにお断りを代行。

イエローカード制度

  • 利用者からの評判が悪い、クレームが多い不動産会社は契約解除する取り組みを行なっています。
サービス名 イエイ
運営会社 セカイエ株式会社
登録社数 1,700社
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・工場・倉庫・店舗・事務所・農地・山林
同時査定依頼数 6社
サポートの手厚さ
専任の相談員によるサポート窓口あり
・なんでも相談室
・お断り代行サービス
・査定後のフォロー

イエイは累計ユーザー数400万人突破、10年以上の運営実績を誇る国内最大級の一括査定サイト。

イエイの大きな特徴は、何よりもサポート体制が充実していること。
電話窓口こそ無いものの専任の相談員が常駐し、メールフォームでの相談を随時受けつけています

東京だけではありますが、対面相談も可能です。
それから査定後のフォローでは、査定申し込み後の数日後に電話フォローするという丁寧さです。

編集部より

一般に、一括査定サービスはお手軽で便利な反面、何かあった時のサポートが行き届かないことも。
その点イエイならサポート窓口がしっかりしているのが他サービスとの差別化につながっています。

最後のお断りもイエイにお願いできますので、気を楽にして利用してみましょう!

「イエイ」公式サイト

イエカレ

イエカレ

イエカレのポイント

複数の一括査定(相談)サービスを提供

  • 「土地活用プラン」「空いた自宅を貸すプラン」「管理会社選び」「売却査定」などさまざま依頼できます。

売却ありきではなく選択肢を増やす

  • 本当に売却が良いのか?選択肢を増やして比較することで、ベストなプランを導き出します。

本格的な不動産コラムを多数掲載

  • 「不動産売却の節税方法は?」「東京オリンピック後の市場動向は?」など気になるコラム満載。
サービス名 イエカレ
(Ie College/イエ・カレッジ)
運営会社 イクス株式会社
登録社数 400社
対応エリア 全国
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・店舗・工場・倉庫 他
同時査定依頼数 6社
サポートの手厚さ
フリーダイヤルやメールによるサポート窓口あり

イエカレ(Ie College/イエ・カレッジ)は土地活用全般に役立つ不動産サイト。

「土地を活用したい」「家を売りたい」「貸したい」「管理会社を探したい」といったニーズに対し、お役立ち情報や一括査定(相談)サービスを提供しています。

イエカレの大きな特徴は、売却だけでなく賃貸など別の活用方法も横断して相談できること。
実績のある不動産会社がそれぞれの立地や要望に合わせて最適なソリューションを提案します。

イエカレの一括査定サイトは無料で相談に乗ってくれると書いてあったので、住まなくなったマンションを売却するか貸出すか電話して聞きました。
貸出すと維持費もかかるとアドバイスをもらったので一括売却査定も見てから決めることに。

大体のサイトは一括査定をしてから業者と相談するけど、中立の立場であるサイトにきいたほうが安心するので良かったです。
(引用:不動産売却プラザ)

編集部より

イエカレは登録社数がやや少なめですが、丁寧な対応には定評があります。

土地活用に興味がある方や、不動産投資家の方、それから空き家を「売却するか?」「貸すか?」で悩んでいる方などにおすすめです。

「イエカレ」公式サイト

タウンライフ不動産売買

タウンライフ不動産売買

タウンライフ不動産売買のポイント

パソコンに不慣れでも電話で受付

  • フリーダイヤルが設けられているので、PCやスマホの操作が不安でも安心してチャレンジ。

しつこい電話はシャットアウト!

  • 査定申し込みができたら、後は全てメールでOK。
  • 住宅ローンや税金、売却スケジュールなどメールでマイペースに相談できます。

プライバシーマーク取得

  • 外部機関からプライバシーマーク認証を受けており、個人情報の保護体制は万全。
サービス名 タウンライフ不動産売買
運営会社 タウンライフ株式会社
登録社数 150社
対応エリア 全国
地方はエリア外も多い
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・店舗・工場・倉庫・農地
同時査定依頼数 上限なし
サポートの手厚さ
フリーダイヤル記載有

タウンライフは住まいや旅行など、暮らしに役立つサービスを提供するポータルサイト。
その中でタウンライフ不動産売買は「家を売りたい」「買いたい」人向けの専門サイトです。

タウンライフ不動産売買では大きくフリーダイヤルを掲載
平日の10時から夕方6時まで気軽に操作方法などの相談に乗ってくれます。

編集部より

登録社数が150社と少なめなので、全国対応とはいえどうしてもエリア外は多いかもしれません。

ですが筆者が実施に申し込みしたところ、他サイトでは出なかった地元企業が出現。
いくつかサイトを使いこなしていくと、新しい会社と出会うチャンスは確実に増えるでしょう。

「タウンライフ不動産売買」公式サイト

ズバット不動産売却

ズバット不動産売却

ズバット不動産売却のポイント

ズバットグループ累計利用者1,800万人超

  • 多様なジャンルでの比較サイト運営20年を誇り、多くの利用者に選ばれてきた実績あり。

ISO27001取得で安全

  • 情報セキュリティマネジメントシステムの国際基準「ISO27001」を取得。
  • 個人情報セキュリティは万全の体制です。

不動産売却の“リアルな現場”をお届け

  • 不動産会社における裏話や売却事例など、現場の生の声を徹底インタビュー!
サービス名 ズバット不動産売却
運営会社 株式会社ウェブクルー
登録社数 非公開
対応エリア 全国対応
※外部サービスとの提携エリア含む
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件
同時査定依頼数 6社
サポートの手厚さ
フリーダイヤル記載有

ズバット不動産売却は、保険や自動車などバラエティ豊かな比較サービスを運営するウェブクルーのいわば「不動産売却版」。

「ズバット」ブランド自体は長年の実績がありますが、不動産売却に関しては2020年12月リリースのまだ新しいサービスとなります。

そのためか登録会社がまだ少なく、多くのエリアを外部サービスと提携している状況。
今後はさらにサービスの拡充に期待したいところです。

編集部より

ズバット不動産売却は新サービスで口コミがあまり見当たらないので、見方を変えて業界側からのツイートをご紹介しました。

ズバットも大手サイトと並んでしっかり稼働していることが伺えます。

「ズバット不動産売却」公式サイト

不動産売却の窓口

不動産売却の窓口

不動産売却の窓口のポイント

売主特典!お祝い金がもらえる

  • サイト経由で媒介契約すると、もれなくお祝い金がもらえます。

リビンマッチの姉妹サイト

  • 先にご紹介した「リビンマッチ」と同じリビン・テクノロジーズ社運営。
サービス名 不動産売却の窓口
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社
※東証マザーズ上場
登録社数 1,000社
※2021年6月現在
対応エリア 全国
地方はエリア外も多い
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件・店舗・工場・倉庫・農地
同時査定依頼数 記載なし
サポートの手厚さ お祝い金特典あり
問い合わせ窓口は無し

不動産売却の窓口は、先にご紹介したリビンマッチと同じ会社が運営しています。

リビンマッチとの違いは、

  • リビンマッチ:不動産売却のほか土地活用・賃貸管理・注文住宅などを扱う総合サイト
  • 不動産売却の窓口:不動産オンライン一括査定のみを扱う特化型サイト

となっています。
リビンマッチと異なり、媒介契約に至った場合はお祝い金として3千円相当の商品券がもらえるのも特徴の1つです。

あらゆるタイプの不動産に対応できる柔軟性と対応力、サービスの安全性も高くて安心して使えました。
(引用:マイナビニュース不動産査定)

編集部より

今回「リビンマッチ」系列としては、この「不動産売却の窓口」と後述の「リースバック比較PRO」と合わせて3つのサービスの紹介となりました。

「不動産売却をよりスムーズに」というニーズに応えて一括査定サービスを強化していく狙いなのかもしれませんね。

「不動産売却の窓口」公式サイト

「リースバック」をお考えならこちら

「リースバック」をお考えならこちら「リースバック」という制度、ご存知でしょうか。

住宅ローンがキツくて…
資金を何とかしたい。。

こんな方は要チェックです!

リースバックをお考えの方向けの一括査定サイトについて、「リースバックとは何?」とともにご紹介します。

家まもルーノ

家まもルーノ

家まもルーノのポイント

リースバックの仲介に入ってくれる

  • 何かと不安要素の多い「リースバック」。家まもルーノならコンシェルジュが寄り添って対応。

相談窓口を一本化できる

  • コンシェルジュが各社の査定を取りまとめた上でアドバイスしてくれます。

リースバックに対応する100社以上と提携

  • 上場企業や個人投資家を含む100社以上と提携しているから、相手先を探す手間いらず。
サービス名 家まもルーノ
運営会社 株式会社 応援宣言
登録社数 リースバック対応100社
対応エリア 全国47都道府県
物件の種類 一戸建て・マンション・店舗等
同時査定依頼数 10社
サポートの手厚さ
コンシェルジュが対応
フリーダイヤル有り

リースバックとは?

自宅を不動産会社に売却した後もそのまま賃貸として住み続ける仕組み。

家まもルーノはそのリースバックを専門に手がける一括査定サイトです。

何かと心配事の多いリースバックですが、家まもルーノならコンシェルジュが全面バックアップしてくれます。

リースバックのメリットは?

  • いったん自宅を売却することで、まとまった資金が手に入る
  • 引っ越しする必要がない
  • 事情を誰にも知られることがない

こうしたメリットからリースバックのニーズは増えており、家まもルーノは「業界初のリースバック一括査定サービス」として注目を集めています。

年収が100万ほど下がり予定していたペースでのローン返済ができなくなってきました。このままでは競売にかけられてしまう…そんな時リースバックという手段を知りました。

愛着ある我が家にローンの返済額よりも安く住み続けることができて助かりました。
(引用:家まもルーノ公式)

編集部より

こちらはリースバック専門ということでやや特殊なサービスとなりますが、ローン返済で困っている方は一度検討してみては。

「家まもルーノ」公式サイト

リースバック比較PRO

リースバック比較PRO

リースバック比較PROのポイント

リースバックを扱う会社だけを探せる

  • 「リビンマッチ」内リースバック専門サイト。
  • リースバックに絞って会社を探せます。

プライバシーマーク取得

  • 第三者機関からプライバシーマーク認証を受けているため、個人情報の扱いは安心。

会社リストを閲覧できる

  • リースバック対応の会社がリストアップされているので、閲覧することも可能です。
サービス名 リースバック比較PRO
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社
※東証マザーズ上場
登録社数 100社
対応エリア 都市部が多い
物件の種類 一戸建て・マンション・土地・投資物件 他
同時査定依頼数 上限なし
サポートの手厚さ
代表メールでの問合せ対応のみ

リースバック比較PROは前出の不動産総合マッチングサイト「リビンマッチ」の中のリースバック部門という位置づけです。

こちらは下記ツイートにもあるように2020年開始のまだ新しいサービス
有効な口コミはあまり見当たりませんでしたが、今後は増えていくかもしれません。

編集部より

こちらは前項の「家まもルーノ」のようにコンシェルジュがつくタイプではありません。

自分で不動産会社を調べて依頼したい、直接担当者と話して色々聞きたい、という方はこちらがオススメです!

「リースバック比較PRO」公式サイト

まとめ

不動産査定サイトおすすめ21選【早見表】まとめ

大変長くなりましたが、まとめまでお読み下さりありがとうございます。

改めて今回ご紹介した不動産一括査定サイトをこちらにまとめておきます。

対応エリアの広さで選ぶなら

  • イエウール【イチオシ✨】
  • SUUMO売却査定
  • RE-Guide(リガイド)
  • LIFULL HOME’S不動産売却査定
  • リビンマッチ
  • オウチーノ
  • スマイティ不動産売却

都市部集中型で選ぶなら

  • すまいステップ
  • おうちダイレクト

マンション特化型で選ぶなら

  • マンションマーケット
  • マンションナビ
  • IESHIL(イエシル)

大手の安心感で選ぶなら

  • すまいValue

サポートの充実度で選ぶなら

  • HOME4U
  • イエイ
  • イエカレ
  • タウンライフ不動産売買
  • ズバット不動産売却
  • 不動産売却の窓口

「リースバック」をお考えなら

  • 家まもルーノ
  • リースバック比較PRO

いざ査定申し込みしようとすると、選択できる会社が少なかったり、逆に電話がジャンジャンかかってきたり、色々なことがあるかもしれません。

一括査定サイトは何回でも使えますので、最初は気負わずに気に入ったサイトで3社位をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

もし迷ってしまったら、編集部イチオシの「イエウール」はどなたにもおすすめです。
良い不動産会社、良い担当者にめぐり会えるといいですね!

家を高く売るイチオシサービスのイエウールの無料査定依頼はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゆび
【無料】家の一括見積はこちら