一人暮らしにおすすめのポケットwifi

一人暮らしのネット回線はポケットWiFiがおすすめ?

一人暮らしの方が利用するネット回線としておすすめなのはやはり「ポケットWiFi」と言えるでしょう。

導入に開通工事なども必要ありませんし、申し込みから1週間程度で端末が届いて、そこから使い始めることができる手軽さも魅力です。

家でも外でもネットに接続することができるので、スマホも格安プランに切り替えることで、通信費を大幅に節約することもできるでしょう。

しかし、一人暮らしにポケットWiFiが向いていると言われても「どれを選べばいいかわからない」とお困りの方も多いでしょう。

そこで今回は一人暮らしの方におすすめのポケットWiFiというテーマで、ポケットWiFiを使うメリット・デメリット、一人暮らしにおすすめのサービスを紹介していきます。

一人暮らしをされていて自分に合うネット回線をお探し中の方はぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしにおすすめのポケットwifiはこちら

「ポケットWiFiおすすめ安い比較キャンペーンランキング購入と契約」

目次

1.一人暮らしのネット回線はポケットWiFiがおすすめ?

一人暮らしのネット回線はポケットWiFiがおすすめ?

一人暮らしの方が利用するネット回線としてはやはりポケットWiFiが圧倒的におすすめです。

ポケットWiFi以外にも光回線やホームルーターなどの選択肢もありますが、総合的な利便性やコストを考えても、一人暮らしにはポケットWiFiが最適です。

では、具体的にどのような理由で一人暮らしにポケットWiFiがおすすめなのでしょうか。

また、光回線が一人暮らしの方におすすめではない理由についても気になりますよね。

ここでは、まず最初に一人暮らしの方が利用するネット回線として、ポケットWiFiがおすすめな理由と光回線がおすすめではない理由について解説していきます。

どのタイプのネット回線を使うか迷っている方はこちらを参考にしてみてください。

①ポケットWiFiがおすすめな理由

一人暮らしの方にポケットWiFiがおすすめな理由としては以下の3点が挙げられます。

ポケットWiFiがおすすめな理由

  • ①開通工事を行うことなく利用開始できる
  • ②家でも外でもネットに接続できる
  • ③無制限または大容量でネットが使えて通信費が安く抑えられる

ポケットWiFiの最も大きなメリットとして考えられるのが加入に対して「開通工事が不要」という点です。

光回線の場合、加入の際に開通工事が必要なケースが多く、賃貸住宅にお住まいだと工事自体が許可されないケースも多いですし、壁に勝手に穴などを開けた場合にトラブルに発展するケースも考えられます。

そのため、主に賃貸住宅にお住まいの一人暮らしの方にとって、光回線はあまり現実的な選択肢とは言えないでしょう。

ポケットWiFiなら申し込んで端末が届いたらすぐにネットに接続できるので、手間も費用もかかりません。

さらに、家でも外でもネットに接続できるという点も非常に魅力的です。

一人暮らしで他に使う人がいないのであれば、ポケットWiFiを自由に持ち運んで、どこでも好きなようにネットが使える環境を手に入れるのもおすすめです。

カフェなどで仕事をするという場合や旅行先などでネットに接続したいといった場合にも便利です。

また、ポケットwifi無制限または大容量で使えるサービスが多く、スマホのネット利用もポケットWiFiでまかなうことができます。

ネットの接続をポケットWIFi1本にまとめて、スマホは格安SIMの低料金プランに切り替えれば、たっぷりネットが使える上に通信費はリーズナブルに抑えられるというコスパの高い形が可能です。

ネットをたくさん使うという方にとってベストな選択肢とも言えるので、一人暮らしの方にポケットWiFiはとってもおすすめです。

②光回線がおすすめではない理由

一人暮らしの方に光回線がおすすめではない理由としては以下の3点が挙げられます。

光回線がおすすめではない理由

  • ①月額料金、初期費用が高額
  • ②開通工事ができない可能性が高い
  • ③外でネットが使えない

光回線はポケットWiFiよりも通信速度に優れており、スペック面においては満足できるサービスではあるものの、月額料金や初期費用といったコスト面では高額になってしまいます。

月々に支払う金額が高くなるほど、一人暮らしの家計を圧迫してしまいますし、ネットの用途が限定されているのであれば、光回線ほどのスペックが必要というわけではありません。

開通工事についても賃貸住宅だと大家さんや管理会社の許可が降りないと、工事ができないケースがほとんどですし、勝手に開通工事をしてしまうとトラブルに発展してしまうので、光回線を利用するのはあまり現実的ではありません。

家の中でしかネットに接続できない固定回線でもあるため、用途が限定されてしまうのも一人暮らしの方にとっては不便に感じるかもしれないでしょう。

加入のしやすさや利用コストなどを考えると、一人暮らしの方にとってはポケットWiFiがぴったりな選択肢と言えそうです。

2.一人暮らしでポケットWiFiを利用するメリット

一人暮らしでポケットWiFiを利用するメリット

ここでは、一人暮らしの方がポケットWiFiを利用するメリットについて解説していきます。

どんなメリットがあるのかを把握して、自分のライフスタイルに合っているかどうかを判断してみてください。

主なメリットとしては以下の3点が挙げられます。

  • ①工事不要で手軽に契約できる
  • ②家でも外でも自由に使える
  • ③料金が安く通信費の節約になる

では、1つずつ詳しくみていきましょう。

「一人暮らしにポケットWiFiがおすすめなのはなぜ?」と疑問に思っている方は、こちらを参考にして不明な点を解決してみてください。

①工事不要で手軽に契約できる

ポケットWiFiは加入する際に、開通工事などを行う必要がなく、申し込んでから端末が届くとすぐに利用開始できるのが魅力です。

細かい手続きなども必要ありませんし、工事が終わるのを待ち続ける必要もありません。

端末が届いたら初期設定をして、スマホやパソコンと接続するだけで、すぐにネットが使い始められます。

このような手軽さがポケットWiFiの魅力と言えるでしょう。

工事を行う必要がないため、引っ越しを行う際も余計な手続きなども必要なく、今いる場所でネットが使えます。

家で光回線の工事ができないと言われた方や申し込みから利用開始までに時間をかけたくない人はポケットWiFiの利用をおすすめします。

②家でも外でも自由に使える

ポケットWiFiの魅力はやはり家でも外でも自由にネットに接続できるという点です。

外で動画を視聴したい時も電子書籍や漫画などを楽しみたい時も、ポケットWiFiがあれば自由に楽しむことができます。

カフェなどで仕事をしたり、作業をしたりするといった方にもぴったりですし、旅行先などでも便利な存在になるでしょう。

こういった携帯性はポケットWiFiならではの魅力と言えますね。

家族で使う分にはポケットWiFiを勝手に持ち出すわけにもいきませんが、一人暮らしであればその辺の自由度も高いので、よりポケットWiFiがおすすめです。

外でもインターネットを利用するという方にとっては、間違いなくポケットWiFiが合うので検討してみてください。

③料金が安く通信費の節約になる

ポケットWiFiは他のネット回線と比較しても、月額料金が安いため通信費の節約につながります。

無制限にネットが使えるサービスで比較してみても、光回線やスマホのデータ通信を比べてポケットWiFIの方が安く使えるので、通信コストを抑えたいという人におすすめです。

さらに、スマホの格安プランに乗り換えることで、ネットとスマホを合計した通信費全体を大幅に下げることができるでしょう。

スマホでネットを利用する場合は、ポケットWIFiを利用することで、低容量プランでも足りるようになります。

こういった組み合わせで、大容量に使えながらも通信費の節約ができるのがポケットWiFiの魅力と言えるでしょう。

3.光回線とポケットWiFiの料金を比較

光回線とポケットWiFiでは、ポケットWiFiの方が料金が安いことでも知られていますが、では、どれぐらい安いのでしょうか。

ここでは光回線とポケットWiFiの料金を比較していきます。

代表的なサービスとしてドコモ光とUQ wimaxの月額料金を比較してみましょう。

ドコモ光の月額料金(戸建て):5,720円

UQ WiMAX(+5Gプラン):4,818円

これだけをみてもポケットWIFiの方が約1,000円ほど安くなっているのがわかると思います。

しかも、UQ WIMAXで出したプランは5G通信に対応しているため、ポケットwifi速度が光回線に大きく劣っている訳ではありません。

そのため、コストだけでなくスペック面を考慮しても、ポケットWiFIはコスパの高い選択肢と言えるかもしれません。

また、その他の4G通信に対応したポケットWiFiだと、これよりもさらに安い月額料金になっているので、通信費を節約したい人にもおすすめです。

4.ポケットWiFiを利用するデメリットは?

ここでは、ポケットWiFIのデメリットについて解説していきます。

メリットだけでなく、デメリットも把握した上で後悔のないようにしなければなりません。

メリットばかりに注目してしまうと、加入後に見えていなかったデメリットにぶち当たって、快適に利用することができなくなるかもしれません。

ここで解説する以下の3点のデメリットを必ず確認しておくようにしてください。

  • ①速度制限がかかる場合がある
  • ②通信速度は光回線ほど速くない
  • ③場所によって繋がりにくくなることがある

では、具体的に何がデメリットになっているのか詳しくみていきましょう。

ポケットWiFiの弱点を把握して、加入の際に備えられるようにしてみてください。

①速度制限がかかる場合がある

ポケットWIFiの中には、データ利用量が基準をオーバーすることで速度制限がかけられるサービスもあります。

速度制限がかけられると動画視聴などが快適に行える通信速度ではなくなってしまうので注意してください。

特に、インターネットをたくさん利用する方は、加入するサービスに速度制限の規定があるかどうかを確認しなければなりません。

速度制限がある場合は、制限がいつどれぐらいでかかるのかなどをしっかりと把握して計画的に利用するのがおすすめです。

主なポケットWiFiでかけられる速度制限としてはWiMAX系の「3日10GB以上」や「3日15GB以上」があります。

速度制限のないポケットWIFiも数多くあるので、制限がかかるのが嫌だという人は、その中から選んでみるといいでしょう。

②通信速度は光回線ほど速くない

通信速度に関してはポケットWiFiは光回線ほど速くありません。

ポケットwi-fiオンラインゲームや4Kの映画配信を視聴するといった、通信速度が必要な用途で利用する場合、不便さを感じてしまうかもしれません。

数値的には光回線の平均速度がだいたい250Mbps程度であるのに対して、ポケットWiFiは20~40Mbps程度しか出せません。

最近では、WiMAXで5G対応モデルが登場しましたが、これらの場合だと80~100Mbps程度出るため、幾分かマシになります。

通信速度よりも加入するまでの手軽さや屋外でも使えるという利便性が魅力のサービスなので、通信速度が必要な用途でネットを利用される場合には注意が必要です。

ただ、20~40Mbps程度でも日常的な用途であれば全く問題なく行えます。

Youtubeでの動画視聴も快適にできるので、そこまで警戒する必要もないでしょう。

テレワーク用にポケットワイファイを使用したい方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。
テレワークやリモートワークに快適なポケットWiFi

③場所によって繋がりにくくなることがある

ポケットWiFiが対応しているエリアによっては、つながりにく場所があるかのせいがあります。

特に、クラウドSIM系のポケットWiFiの場合、スマホキャリアの回線を借り受けてサービスを提供しているため、つながりやすいとは書いてありますが、本来のキャリア回線の速度がそのまま出る訳ではありません。

また、WiMAXに関しても地下鉄や建物の中などで電波が届きにくくなる可能性もあるので注意が必要です。

自分がポケットWiFiを主にどのような場所で使うのかを想定しながら、加入するサービスのエリアマップと照らし合わせて、快適に使えるかどうかを判断してみてください。

5.一人暮らしのポケットWiFiを選ぶときのポイント

一人暮らしのポケットWiFiを選ぶときのポイント

一人暮らしの方でどのポケットWiFiを選べばいいかの基準について解説していきます。

主なポイントとしては以下の7点が挙げられます。

  • ①月額料金
  • ②初期費用
  • ③通信速度
  • ④提供エリア・通信の安定性
  • ⑤キャッシュバック/キャンペーン
  • ⑥海外で使うかどうか
  • ⑦契約期間や違約金

「ポケットWiFiがいいのはわかったけど、サービスの種類が多くて迷う」や「個々のサービスの特色ではなく、一定の基準でサービスを選びたい」という方は、参考にしてみてください。

1つ1つの基準を使って自分にぴったりのポケットWiFiを見つけていきましょう!

①月額料金

まず最初に意識していきたいのが月額料金です。

毎月支払うものですし、月3,000円〜5,000円といった金額になるので、長期的に利用していくと相当な金額になります。

月額料金が200円違うだけでも、1年だと2,400円、2年で4,800円の差になってくるので、軽視することはできませんよね。

また、月額料金には一定の金額で固定されているものだけでなく、加入してから◯ヶ月間は安いといった割引特典が付与されている場合もあります。

こういった料金プランを横並びにして比較するのは難しいかと思いますので、わかりやすい比較方法として「一定期間の総支払額を見る」というものがあります。

2年や3年といった期間で支払う総額を計算して比較すれば、どのサービスの月額料金が最も安いのかが把握できます。

②初期費用

ポケットWiFiでかかる初期費用としては主に以下の2点が挙げられます。

  • 端末代
  • 契約事務手数料

契約事務手数料については、基本的にどのサービスでも発生するので、わざわざ比較する必要はありません。

重要なのは端末代であり、多くのポケットWiFiでは端末代が無料になるサービスを実施しています。

そのため、端末代が有料だと損をする形になってしまうので、端末代が無料なサービスから選んでいくのがおすすめです。

また、端末代が無料のサービスの中でも「購入」なのか「レンタル」なのかによって状況は変わってきます。

ポケットwifi購入タイプであれば、端末代もかかりませんし、解約した後も端末は手元に残ります。

ポケットwifiレンタルタイプの場合、端末代がかからないのは同じなのですが、解約するタイミングで端末を返却しなければなりません。

端末の返却を忘れたり、端末に故障があったりすると弁償しなければならないこともあるので注意が必要です。

③通信速度

快適にインターネットを利用するためには通信速度が速い必要があります。

公式サイトなどをみると最大○Gbpsなどと書かれており、速そうな印象を与えていますが、あれは「ベストエフォート値」と言い、技術上可能な最大速度でもあるため、実際に利用する際には、それほどの通信速度は出ません。

実際に利用した際にでる通信速度を知りたい場合には、「みんなのネット回線速度」などで公表されている平均速度をチェックしてみるのがおすすめです。

各サービスの平均速度をチェックすれば、実際に利用した際に出る通信速度のリアルなイメージが掴めるでしょう。

通信速度が15Mbpsなのか40Mbpsなのかでも、使い心地に差が生じてくるので、ポケットWiFiとはいっても通信速度にはこだわっていた方がいいでしょう。

④提供エリア・通信の安定性

ポケットWIFiの対応しているエリアに住んでいなければ、加入してもネットを使うことはできないので注意してください。

加入する際は事前にエリアマップを調べた上で、自分の居住地域が提供エリアに含まれていることを確認してください。

居住場所や生活圏内が提供エリアに含まれていれば、安定して利用することができるでしょう。

また、通信の安定性についてもチェックが必要です。使用するポケットWiFiがどの回線ネットワークを利用しているのかもチェックしてみてください。

auのポケットwifiの主なパターンとしては「au回線」と「WiMAX回線」を使用しているWiMAX系と、キャリア3社の回線に対応しているクラウドSIM系の2つがあります。

通信速度や安定性などを考慮するとWiMAX系がおすすめです。

⑤キャッシュバック/キャンペーン

ポケットWiFIやWIMAXのプロバイダで実施されているキャッシュバックやキャンペーン特典もチェックしてみましょう。

加入するだけで現金がもらえるのは非常にお得ですし、初期費用や月額料金をより安く抑えることもできます。

その他にも、お得なキャンペーンが実施されているサービスは特におすすめです。

検討しているサービスのキャンペーンやキャッシュバックの有無を調べて、月額料金や初期費用と比較していきながら、よりお得なポケットWiFIを見つけてみましょう。

⑥海外で使うかどうか

海外でネットを利用する機会があるかどうかも重要なポイントになります。

加入するポケットWiFIが海外でも使えるかどうかはサービスによって異なります。

例えば、WiMAXは海外での利用に対応していないため、旅行や出張で海外に行く場合にはレンタルWiFiなどを利用する必要があります。

クラウドSIM系のポケットWiFiは海外での利用にも対応しており、端末を海外に持っていくだけで利用することができます。

海外で利用する場合でも追加料金はかかるのですが、端末をそのまま持っていくだけでいいというのは非常にシンプルで楽ですね。

⑦契約期間や違約金

ポケットWiFiには、契約期間による縛りや契約期間中の解約によって発生する違約金が定められています。

加入を検討しているサービスの契約期間は何年に設定されているのか、違約金の金額はいくらなのかを必ず把握しておきましょう。

特に、1年以内の短期の利用を想定している場合には、契約期間が短いサービスや違約金が安いサービスがおすすめです。

契約期間3年で違約金が20,000円程度するようなサービスだと、なかなか乗り換えをすることができないので逆に不便になってしまう可能性もあります。

自分がポケットWiFiを利用する期間を考慮しながら、契約期間や違約金をチェックして、自分に合うサービスを見つけてみてください。

6.一人暮らしにおすすめのポケットWiFi

ポケットWiFi 月額料金 端末代
gmoとくとくBB 初月~2カ月目2,079円~ なし
Mugen WiFi 3,438円 無料
モンスターモバイル 20GB・2090円
50GB・2640円
100GB・3388円
無料
Broadwimax 1〜2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目〜:4,708円
無料
縛りなしWiFi 3,366円〜3,630円 無料
カシモWiMAX 1ヶ月目:1,408円
それ以降:4,455円
無料
ドコモWiFi 7,315円 35,640円
どこよりもWIFi 3,400円 無料
hi-ho WiFi 1〜12ヶ月目:3,278円
それ以降:4,730円
無料
ChatWiFi 2,480円〜4,928円 無料

ここからは一人暮らしにおすすめのポケットWiFIを紹介していきます。

一人暮らしの方にぴったりなポケットWiFi8社をピックアップしたので、下記の情報を参考に自分に合うサービスを見つけてみてください。

①gmoとくとくBB wimax

GMOとくとくBBは、

  • 13,0000円 キャッシュバック
  • 乗り換えキャンペーン
  • au スマートバリュー
  • UQ自宅割セット

などのキャンペーンが豊富なwimaxのプロバイダーです。

実質月額料金は、実質3,956円~4,298円とリーズナブルです。

万が一に備えるオプションサービスもありますし、5Gポケットwifiの取扱いもあります。

は、5G専用プランでの提供となっています。

GMOとくとくBB WiMAXの魅力は、現金キャッシュバックキャンペーンです。高額のキャッシュバックもあるためとてもお得です。

解約金は

  • 1~12ヶ月目20900円
  • 13~24ヶ月目15400円
  • 25ヶ月目以降10450円
  • 更新月(37ヶ月目)0円

ですので、長く利用する予定であれば、月額料金が安くキャッシュバック金額が高いという理想的なwimaxとなりそうです。

gmoとくとくBBはこちら

 

モンスターモバイル

モンスターモバイルはデータ容量を0.5GB単位でチャージできるモバイルwifiです。契約期間の縛りなしのプランでの契約も可能で、縛りがなしプランでも月額リーズナブルな価格が魅力です。

海外利用可能ですし、安心オプションもあります。

また、モバイルルーターなので工事も不要です。

14日間のお試し期間があります。

マンスリープランの容量 料金
20GB 2090円
50GB 2640円
100GB 3388円
公式  モンスターモバイル
料金プラン 税込2,090円~から
違約金・解約金 1年契約の場合

1年目:10,780円
2年目以降:3,300円 更新月にかぎり無料

お試しプラン なし
契約期間なしオプション 可能

デイリープラン(1年契約)
デイリープラン(縛りなし)
マンスリープラン(1年契約)
マンスリープラン(縛りなし)

安心オプション あり
海外利用 海外の約90の国や地域

モンスターモバイル公式サイトはこちら

②Mugen WiFi

Mugen WiFiは、月額3,438円というリーズナブルな価格で利用できるポケットWiFiです。

月にポケットwifi100GBも使える上に契約期間がないので、好きなタイミングで解約することができるのも魅力です。

端末代はかからないので初期費用の負担もありませんし、今なら最大10,000円のキャッシュバックがあって非常にお得です。

MugenWiFiのおすすめポイント

  • ①月額料金が3,438円と安い
  • ②契約期間の縛りがない
  • ③最大10,000円のキャッシュバック特典あり

mugenwifi確認こちら 

③Broad WiMAX

Broad WiMAXは、WiMAXのプロバイダの1つで月額料金の安さに魅力があります。

5G端末にも対応している上に、最初の数ヶ月間の割引が適用されますし、3年目まで4,000円以内で使えるリーズナブルな料金設定が魅力です。

端末代も無料ですし、通信速度にも優れているのでコスパも高いでしょう。

BroadWimaxの口コミはこちら

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • ①月額料金がWiMAXの中でも安い
  • ②5G通信に対応している
  • ③通信速度が優秀

Broadwimaxはこちら

④縛りなしWiFi

縛りなしWiFiは、契約期間の縛りを設けずにポケットWiFIを提供してくれるサービスです。

契約期間がなく、1ヶ月からでも利用ができるので、短期の利用にも向いています。

月額料金はデータ容量によって異なっていますが、最大60GBのプランでも月額3,630円とリーズナブルに抑えることができます。

縛りなしWiFiのおすすめポイント

  • ①契約期間の縛りがない
  • ②月額3,366円〜と安く始められる
  • ③さまざまな無料で端末が選べる

⑧カシモWiMAX

カシモWiMAXは、初月月額1,408円という驚きの安さを提供しているWiMAXのプロバイダです。

初月の料金が格段に安くなっているので、契約事務手数料と合わせても、1ヶ月分の月額料金ぐらいにしなならず、負担が大きくなりません。

それ以降も5Gプランが月額4,455円で使えるというコスパの高さがあります。

カシモwimaxの口コミはこちら

カシモWiMAXのおすすめポイント

  • ①初月の料金が1,408円
  • ②5G通信に対応している
  • ③月額料金が4,455円と安い

⑤ドコモWiFi

ドコモWiFiは、月額7,315円で端末代が30,000円以上と高額な設定になっているのですが、その分スペックが高くなっています。

5G対応の最新端末で光回線にも劣らない通信速度を実現しています。

さらに、加入するプランはスマホと併用できるので、毎月の通信費はスマホ代も込みで7,315円にできます。

ドコモWiFiのおすすめポイント

  • ①通信スペックが圧倒的
  • ②スマホと込みの料金設定になっている
  • ③5G対応で通信速度が光回線並み

⑥どこよりもWiFi

どこよりもWiFiは、無制限に使えて月額3,400円という驚異的な安さが魅力のポケットWIFiです。

さらに、月額料金は使用したデータ容量ごとの段階性になっており、5GBまでなら月額900円で使えてしまいます。

月によって利用量に差がある人にとってはお得に使える可能性があるサービスです。

どこよりもwifiの口コミと評判はこちら

どこよりもWiFiのおすすめポイント

  • ①無制限に使えて月額3,400円と安い
  • ②5GBまでなら月額900円
  • ③段階性で使った分だけの料金になっている

⑦ hi-hoWiFi

hi-ho WiFiは最初の1年間の月額料金が3,278円と非常に安いのが魅力となっています。

大容量使えて、月額料金が安いコスパの高さが魅力的ですし、端末代や契約事務手数料も不要なので初期負担がありません。

hi-ho WiFiのおすすめポイント

  • ①最初の1年間は月額3,278円と安い
  • ②大容量使えて料金が安いなどコスパが高い
  • ③端末代や契約事務手数料が無料

⑧ChatWiFi

ChatWiFiは、20GBだけで月額2,480円から200GB使えて月額4,928円という幅のある料金プランが魅力です。

契約期間の縛りがないため解約のタイミングも考慮する必要がありません。

申し込んでから最短で即日の発送に対応してくれる点も魅力的です。

Chat WiFiのおすすめポイント

  • ①20GB月額2,480円から安く使える
  • ②最大で200GBのプランもある
  • ③契約期間の縛りがない

7.一人暮らしでWiFiを使うときの注意点

一人暮らしでWiFiを使うときの注意点

一人暮らしでWiFiを使うときの注意点としては以下の6点が挙げられます。

  • ①1ヶ月で利用するデータ容量を把握しておく
  • ②更新月を忘れないようにしておく
  • ③通信費の節約のためにスマホは低容量プランにする
  • ④キャンペーン特典や適用条件や受け取り方法を確認する
  • ⑤コストを比較するときは初期費用・月額費用・キャンペーン特典の総額を見る
  • ⑥どういった場所で利用することが多いのかを把握しておく

それでは1つずつ詳しくみていきましょう。

①1ヶ月で利用するデータ容量を把握しておく

ポケットWiFiに加入する前に自分が1ヶ月で使用するデータ容量を把握しておきましょう。

無制限に使えるポケットWiFiであれば、そこまで問題ではありませんが、月々に使えるデータ容量に制限がある場合には、それをオーバーしないように注意しなければなりません。

例えば、月100GB以上使うのに安いからと言って月50GBまでのプランに加入しては、快適に利用することが難しくなってしまいます。

まず最初に1ヶ月の利用データ容量を把握した上で、それに合ったプランを選んでいくのが重要です。

②更新月を忘れないようにしておく

契約期間の縛りと違約金の設定があるポケットWiFiに加入する場合は、解約の際に違約金のかからない更新月がいつになっているのかをあらかじめ把握しておきましょう。

解約するときに更新月か否かで解約次の負担が大きく異なってきます。

違約金を満額支払うか、無料で解約するかだとかなり違ってきますよね。

更新月の設定はポケットWiFiによって異なるので、必ず確認しておきましょう。

また、忘れないように更新月のタイミングにリマインドを設定しておくというのもおすすめです。

③通信費の節約のためにスマホは低容量プランにする

ポケットWiFiで大容量プランや無制限プランに加入する場合には、スマホのネット利用もポケットWIFi1本でまかなうのがおすすめです。

そのため、スマホの料金プランは安い低容量なものを選んで、通信費全体を節約してみてください。

格安SIMによっては、低容量で月額500円程度で使えるものもあるので、そういったスマホプランとポケットWiFiを組み合わせれば、ネットが無制限に使える上に月々のコストは抑えられるというコスパの高い内容になります。

④キャンペーン特典や適用条件や受け取り方法を確認する

キャッシュバックやキャンペーン特典があるポケットWiFiに加入する場合には、特典を受け取るための適用条件をかならずチェックしておきましょう。

いくらキャッシュバックやキャンペーンが実施されていても、適用条件を満たしていなければ特典を受け取ることはできません。

また、キャッシュバックなどの受け取り方法を指定している場合もあるので、キチンを確認をした上で正しい手順で受け取る必要があります。

キャンペーン特典やキャッシュバック込みで安いポケットWiFIなのに、もらい損ねてしまうと、ただただ割高なサービスになってしまうので注意が必要です。

⑤コストを比較するときは初期費用・月額費用・キャンペーン特典の総額を見る

コストを比較してより安いポケットWiFiを探したい場合には、月額料金だけ・キャッシュバックだけと単一の比較するのではなく、月額料金・初期費用・キャンペーン特典の総額で比較をするのがおすすめです。

さまざまな費用を計算して、結局1ヶ月当たりいくら支払っているのかを算出すれば、どれが安いのかは一目瞭然になるでしょう。

こういった比較を行えば、一見月額料金は高くてもキャッシュバック特典で相殺されて、平均の支払額はかなり安いといったサービスも見つけられます。

また、思い切った割引料金を打ち出しているように見えて、計算をしてみるとそこまで安くなっていなかったという事実もわかります。

⑥どういった場所で利用することが多いのかを把握しておく

ポケットWiFiを利用する上でトラブルが起きやすいのが、利用場所が提供エリア内ではなかったという点です。

家だけでなく屋外でも使えるポケットWIFiという特性上、行った場所が提供エリア外になってしまい、ネットに接続できないというケースもあります。

自宅だけでなく、自分が普段どういった場所でネットに接続しているかを考えながら、エリアマップを確認して問題なく使えるかどうかをチェックしてみてください。

8.一人暮らしでポケットWiFIを使うならスマホは何を選ぶのが良い?

一人暮らしでポケットWiFIを使うならスマホは何を選ぶのが良い?

一人暮らしの方でポケットWiFiと組み合わせて使うのにおすすめのスマホについて解説していきます。

主な選択肢としては以下の3つが挙げられます。

  • ①低容量の格安SIMで通信費を大幅に節約
  • ②楽天モバイルなら1GBまでで月額0円
  • ③WiMAX系ならUQモバイルもおすすめ

では、どのような理由でおすすめなのか詳しくみていきましょう。

①低容量の格安SIMで通信費を大幅に節約

ポケットWiFiと格安SIMの低容量プランを組み合わせると、通信全体を安く抑えることができます。

安さで考えるとこういった組み合わせが最もコスパが良く、ネットもポケットWiFiで全て賄えるので快適さも維持できます。

②楽天モバイルなら1GBまでで月額0円

楽天モバイルなら1GBまでの利用であれば、月額料金が0円のままになるので、こちらも組み合わせとしておすすめです。

ネットは全てポケットWiFiからにして楽天モバイル回線は使用しないのであれば、こちらもお得に通信費を節約することができます。

③WiMAX系ならUQモバイルもおすすめ

WiMAX系を利用しているのであればUQモバイルに加入するのもおすすめです。

UQモバイルを使うと、WiMAXとのセット割が適用されるため、スマホ代がよりお得になります。

通信費全体も安く抑えられてとってもお得です。

9.一人暮らしでポケットWiFi以外の選択肢なら何がおすすめ?

月額料金 端末代
楽天モバイル 3,278円 購入端末による
ドコモ「ギガホ プレミア」 7,315円 購入端末による
WiMAX ホームルーター 4,818円 21,780円
ドコモ home5G 4,950円 39,600円
ソフトバンクエアー 5,368円 無料

一人暮らしの方でポケットWiFI以外のネット回線でおすすめな選択肢について解説していきます。

ポケットWiFi以外でも便利でお得なサービスはあります。

①楽天モバイル

楽天モバイルは、月額3,278円で無制限に使えるという驚異的なコスパを実現しているキャリア回線です。

5Gにも対応していますし、これ1つでネットとスマホをまかなうことができるので、通信費の大幅な節約につながります。

楽天モバイルのおすすめポイント

  • ①無制限に使えて月額3278円と安い
  • ②5Gにも対応している
  • ③ネットとスマホの両方をまかなえる

②ドコモ「ギガホ プレミア」

ドコモの「ギガホ プレミア」は、ドコモ携帯回線を使って、ネットとスマホの両方をまかなうという方法です。

無制限に使えますし、5G対応で圧倒的な通信速度を発揮してくれます。

月額料金は少し高いですが、各種割引もありますし、スペックは群を抜いているのでコスパはいいでしょう。

ドコモ「ギガホ プレミア」のおすすめポイント

  • ①無制限に5G通信が使える
  • ②通信速度は圧倒的に速い
  • ③各種割引も豊富に揃っている

③WiMAX ホームルーター

WiMAXのポケットWiFiではなく、ホームルーターを使うという選択肢もあります。

据え置きタイプな分、家の外では使えませんが、屋内であれば安定した通信が維持できます。

部屋が複数ある方など電波の届きやすいルーターがいい人におすすめです。

WiMAX ホームルーターおすすめポイント

  • ①据え置き型で電波が安定して届く
  • ②料金はポケットWiFIのWiMAXと同じ
  • ③工事不要で利用開始できる

④ドコモ home5G

ドコモ home 5Gは、ドコモが提供している5G対応のホームルーターです。

月額料金は4,950円とリーズナブルに抑えらえれている上に、端末スペックが必要に高いので、5Gらしい快適な高速通信が利用できます。

ドコモ home5Gのおすすめポイント

  • ①5G対応で月額4,950円とコスパが高い
  • ②通信速度が圧倒的
  • ③据え置き型で電波が安定して届く

⑤ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは、ソフトバンクが提供している据え置き型のホームルーターです。

安定した通信が魅力で、端末がレンタルなので費用がかからずお得です。

ソフトバンクスマホとのセット割もあるので、ソフトバンクユーザーにおすすめです。

ソフトバンクエアーのおすすめポイント

  • ①レンタルで端末代が無料
  • ②据え置き型で安定して電波が届く
  • ③ソフトバンクスマホとのセット割がある

10.一人暮らしで光回線の方が向いている人は?

一人暮らしで光回線の方が向いている人は?

一人暮らしの方は必ずしもポケットWiFiが向いているというわけではなく、場合によっては光回線を選んだ方がいいケースもあります。

では、一人暮らしで光回線を選んだ方がいいのはどのような人なのでしょうか。

光回線に向いている人としては以下の4点が挙げられます。

  • ①オンラインゲームや映画配信など通信速度が必要な場合
  • ②スマホセット割が適用できる
  • ③住んでいる家で開通工事ができる
  • ④当面引っ越す予定がない

では、具体的にどのような内容になっているのか詳しくみていきましょう。

①オンラインゲームや映画配信など通信速度が必要な場合

オンラインゲームをプレイしたり、4K映画配信を視聴したりする場合には、通信速度のスペックが求められます。

ポケットWIFi程度の通信スペックだと快適に楽しめない可能性があるので、通信速度が必要な用途でネットを利用している場合には光回線の方がおすすめです。

光回線なら通信速度は常時200Mbps以上出て快適ですし、通信も安定しているので、どのような用途でもストレスが溜まることはないでしょう。

②スマホセット割が適用できる

お使いのスマホによって光回線を利用するとセット割が適用される場合には、光回線を利用するのがおすすめです。

特にキャリア系のスマホセット割だと、毎月のスマホ代が1,000円程度割引されます。

光回線とポケットWiFiの料金さを考慮しても、スマホ代が月1,000円割引されれば、十分元が取れるので、スペックを考えると光回線の方がコスパが良くなるでしょう。

なので、まずはお使いのスマホを元にセット割が適用できるネット回線がないかを確認してみてください。

③住んでいる家で開通工事ができる

自分の住んでいる家で開通工事が行える場合には、光回線を躊躇なく導入することができます。

この場合には、通信速度や料金などを比較しながら、自分の利用スタイルや用途に合ったネット回線を選んでみましょう。

光回線の中にも工事費用が無料になるサービスもあるので、初期負担もそこまで大きくはなりません。

自分の家で光回線の工事ができるかどうかを確認してみてください。

④当面引っ越す予定がない

光回線を利用していると引越しの際に、引越し先で再度開通工事を行う必要があるなど、面倒な手続きが多くあります。

しかし、当面の間引越しを行う予定がないのであれば、そういったことを考慮せず光回線に加入してしまうのもおすすめです。

自分の住んでいる場所が今どのような状況なのかも考慮しながら、自分に合うサービスを見つけてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。