ハイフ東京おすすめ院


東京には医療用ハイフが受けられるクリニックがたくさんありますが、その中からどういったところに通うべきなのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は東京で医療用ハイフが受けられるおすすめのクリニックについて、紹介していきたいと思います

気になる方はぜひチェックしてみて下さい!

ハイフ東京おすすめ院を紹介

ハイフ東京おすすめ安い人気院を紹介

早速ここから東京で医療用ハイフを受けられるおすすめのクリニックについて、紹介していきたいと思います。

pr品川美容外科渋谷院

基本情報 詳細
公式サイト 【無料カウンセリング】品川スキンクリニック確認はこちら
住所 東京都渋谷区道玄坂2-3-2
大外ビル4F
アクセス 渋谷駅徒歩約1分
営業時間 10:00~20:00
問い合わせ電話番号 0120-175-600
料金 【ホホのみ】
・初回:10,780円(税込)
・2回目以降:16,500円(税込)
【顔全体】
・初回:44,000円(税込)
・2回目以降:44,000円(税込)
施術部位 ホホ、顔全体、コメカミ下、顎下、目元全体、目の上、目の下、眉上、目尻
特徴 ・痛みが少ない
・アクセス抜群
・初回料金あり
・土日祝も診療

全国展開している品川美容外科。

中でも渋谷院は経験豊富な医師が何人も在籍しているから安心感あり!

最大の特徴は次世代ハイフ「ソノクイーン」が導入されているということ。
これにより痛みが少なく、以前では難しいとされていた目元・眉下・口周りなど細かい部分での小じわの解消が可能です。

更に部位によっては初回料金も注目!しかも渋谷駅徒歩1分とアクセスも抜群です。

技術力のある医師のもと、初回料金を活用して仕上がりの良さに期待できるハイフを始めたい方にはぜひ。

【無料カウンセリング】品川スキンクリニック確認はこちら

もう一度おすすめ院を上から確認する。

例として池袋院をあげてます。

実際は東京にあるどこの院でも、ハイフを受ける事が出来ます。

pr湘南美容クリニック池袋西口院

基本情報 詳細
公式サイト 【無料カウンセリング】湘南美容クリニック確認はこちら
住所 東京都豊島区池袋2-6-1
KDX池袋ビル3F
アクセス 池袋駅より徒歩1分
営業時間 9:00~18:00
問い合わせ電話番号 0120-5489-63
料金 ・顔:240ショット 22,000円
・顔+首: 300ショット 28,000円
施術部位 顔、首、目元
特徴 ・アクセス抜群
・土日祝も診療

業界最大手の美容外科である湘南美容クリニック。

ここでは「ウルトラリフトダブルHIFU」と呼ばれるハイフの中でも特殊な施術法により、通常のハイフとは違って深い層にも浅い層にも同時にアプローチできることから、更に強力な施術を受けられるのが特徴です。

大手ならではの実績の多さから安心できますし、総合的に期待できます。

pr東京中央美容外科・TCB池袋院

基本情報 詳細
公式サイト 【公式】TCB 東京中央美容外科 東京院はこちら
住所 東京都豊島区西池袋5-1-3
メトロシティ西池袋ビル 3F
アクセス 池袋駅西口徒歩5分
営業時間 10:00~19:00
問い合わせ電話番号 0120-257-552
料金 ・スタンダード全顔:24,800円
・スタンダード全顔: 4回セット 93,700円
・ウルトラプラス全顔: 1回 71,100円
・ウルトラプラス全顔: 4回セット 202,900円
その他部位別メニューあり
施術部位 顔、首、目元
特徴 ・痛みが少ない
・アクセス良好
・土日祝も診療
・割引制度充実

大手クリニックである東京中央美容外科の中でも注目は池袋院です!

最大の特徴はソノクイーンが、気軽に受けられるということ。

また割引も充実しており、有料会員なら会員グレードに応じて割引されるほか、学割・シニア割引でも割引適用されます。

料金メニューはスタンダード全顔コースのほか、目周りや首など部位コースも用意されているので、無駄に出費することなく希望の個所の施術ができるでしょう。

東京都内でソノクイーンを受けたいのであればおすすめです。

クリスティーナクリニック銀座

基本情報 詳細
公式サイト クリスティーナクリニック銀座
住所 東京都中央区銀座4-8-4
三原bldg.3F
アクセス 銀座駅徒歩2分
営業時間 11:00~21:00
問い合わせ電話番号 03-6263-0851
料金 ・顎先~目の下: 400ショット 150,000円(初回89,800円)
・フェイスライン~全顔: 600ショット 210,000円(初回180,000)
・首~全顔: 800 Shot 250,000円(220,000円)
・ハイフ リニア(顎下専用)1回:65,000円
・ハイフ リニア(顎下専用)3回:150,000円
施術部位 顔、首、目元、顎
特徴 ・痛みが少ない
・アクセス良好
・初回料金あり

クリスティーナクリニック銀座では、医療用ハイフの最新機種である「ウルトラセルQプラス」を採用しています。

これにより施術時間が短縮され、施術時の痛みも最小限に抑えられます。

またウルトラセルQプラスを導入しているクリニックの中でも、2019年度における年間術数が豊富なクリニックであり、リピート率も90%以上です!

この理由としては、個人に合わせた施術方法を行っているからというのが大きいです。これにより満足度の高さに期待できるのです。

初回料金もあって、銀座駅徒歩2分とアクセスが良いのもポイント。

ガーデンクリニック品川院

基本情報 詳細
公式サイト ガーデンクリニック品川院
住所 東京都港区高輪 4-24-58
サマセット品川 東京 2F
アクセス 品川駅徒歩5分
営業時間 10:00~19:00
年中無休
問い合わせ電話番号 0800-813-9290
料金 【ウルトラセル】
(モニター価格10%オフ)
・HIFU顔全体:98,000円
・HIFU顎下:50,000円
・HIFU首:40,000円
【ウルトラセルQプラス】
(初回またはモニターで20%オフ)
・全顔1回: 600ショット 100,000円
・頬1回: 300ショット 60,000円
施術部位 顔、首
特徴 ・痛みが少ない
・アクセス良好
・土日祝も診療
・初回料金あり
・モニター価格がある
・パーソナルトレーニングもある

モデルなども良く利用するというガーデンクリニック品川院。
最新機種が使われていることから、照射時間は短く施術時の痛みも少ないです。

最大の特徴はモニターとしてハイフを受ければ、モニター料金が適用されるということ。

これにより通常よりもぐっと気軽に、最新機種でのハイフを受けることができます。

なお、ウルトラセルQプラスなら、初回料金制度があるので、そちらを活用するのも良し!

ちなみにここではパーソナルトレーニングがあるので、同時にダイエットしたい方にもおすすめです。

ハイフとはなに?

ハイフは「High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)」の略で、顔のリフトアップの施術方法のひとつです。

原理としては文字通り超音波を顔に一点集中で照射させ、その熱エネルギーにより肌・皮下組織を熱凝固させることで肌を引き締め、リフトアップや小顔に期待できるというものです。

ハイフのメリットは切開なしで整形手術のような仕上がりが得られるということ。
これにより顔などに傷跡が残ることもなく、気軽に顔のリフトアップが期待されます。

しかも一回施術したらすぐに変化が現れますし、施術後のダウンタイムもなく、リバウンドもありません。

元々は医療機器として使われていましたが、このように様々な魅力的なメリットがあることからか、今ではエステサロンでも導入されるようになりました。

ハイフはボデイにもやるべき?

ハイフはボデイにもやるべき?

ハイフは顔はもちろん、体に対して当てることで脂肪の分解・燃焼に期待できます。

しかもハイフでは脂肪細胞そのものを壊すことができるので、後々リバウンドが起きるということがありません。

普通に運動や食事制限で部分痩せをするとなると、リバウンドがあることも含めてかなり難しかったりしますが、ハイフではそうした部分痩せを短期間で超効率的に行うことが可能になります。

そのため部分痩せをしたいという場合ならば、ハイフを検討するのも良いのではないでしょうか?

ハイフと美顔器の違い

ハイフと美顔器の違い

ハイフと美顔器では同じ超音波が使われていますが、その仕上がりに多少違いがあります。

ハイフの場合は単に超音波を当てるのではなく、特定の個所に集中させて照射させます。

こうすることで普通に超音波を当てるよりも圧倒的に強力になり、仕上がりにも断然違いが出てくるんですね。

例えるなら日光を普通に浴びる時はさほど影響はありませんが、虫眼鏡でその光を集めた場合は紙が焦げるくらいに強力になりますよね。これがハイフの強力なパワーの秘密です。

一方で美顔器の場合は、ハイフのように光を集中して照射させるわけではないので、その分パワーも仕上がりも基本的に劣ります。

ただハイフの場合は優れた特徴に期待できる反面、家庭用美顔器を購入する場合に比べても当然その料金が高くつきます。

ちょっとしたお手入れをしたい場合であれば美顔器で事足りるでしょうが、本格的に顔の引き締めを求めるのであれば料金は高くつきますがハイフが適しているでしょう。

ハイフとボトックスの違いとは?

ハイフとボトックスの違いとは?

ボトックスもハイフと同様に小顔に期待できますが、これら両者の違いについては大まかには下記の通りになります。

施術方法 ハイフ ボトックス
特徴 筋膜に超音波を集中して当てることにより顔全体をリフトアップさせる 主に眉間や額・目尻などの表情筋にボツリヌストキシンを注射することで、表情ジワを解消させる
料金相場 50,000円~300,000円 ・目尻、眉間、額:それぞれ8,000円~50,000円
・顔全体:50,000円~100,000円
持続期間 約6ヶ月~1年 約3~4ヶ月
通う頻度 約3ヶ月~6ヶ月に1回 約3ヶ月~4ヶ月に1回

※いずれも医療クリニックでの施術の例になります。

ハイフは30代辺りから出始める軽いたるみの改善に良いとされる一方、ボトックスは30代後半辺りから皮膚の弾力が失われ始めるような時期に行うのが良いと言われています。

ハイフもボトックスも小顔に期待できますが、厳密にはこのような違いがあるので、自身の年齢や皮膚の状況などから適切な施術方法を選ぶと良いでしょう。

医療クリニックとエステサロンのハイフの違いとは?

医療クリニックのハイフとエステサロンのハイフにも、料金・仕上がりなどにそれぞれ違いがあります。

施術方法 医療クリニック エステサロン
特徴 照射の出力が高い 照射の出力が低い
料金相場 50,000円-300,000円 5,000円-30,000円
持続期間 6ヶ月~1年 約1ヶ月
通う頻度 約3ヶ月~6ヶ月に1回 約2週間~1ヶ月

このように医療クリニックの場合は、施術満足度が高く持続期間が長いですが、料金が高くつきます。

一方でエステサロンの場合は、気軽度はとてもあるハイフを始められる反面、仕上がりについては医療用よりも劣り持続期間も短くなります。

そのため本格的な施術を受けたい場合は医療クリニック、気軽さを優先してハイフを始めたいのであればエステサロンを通うようにすると良いでしょう。

ちなみに施術時間に関しては、いずれも10分~30分程度になります。

ハイフの違いとは?

ハイフには2Dハイフと3Dハイフがあります。

2Dハイフは従来の旧世代型のハイフであり、一線に照射+照射の深さを変えることで2D的に超音波を当てられるというもの。

一方で3Dハイフは新世代型のハイフで、4~5線に照射+深さを変えることで3D的に照射が可能となり、2Dよりも更にクオリティの高いリフトアップが期待できます。

ハイフのデメリットとは?

ハイフのデメリットとは?

ハイフは施術の際に傷跡が残らなかったり、即効性があったり、ダウンタイムが少ない、リバウンドがないといったメリットがある反面、下記のようなデメリットがあるということに気を付けておきたいところです。

  • 人によっては痛みを感じる
  • 場合によっては施術自体不可能
  • ある程度の年齢を過ぎると1回の施術で得られる変化が薄くなることがある

場合によっては痛みを感じる

場合によっては痛みを感じる

ハイフは痛みが少ない施術だとされていますが、照射する部位によってや施術を受ける個人により、痛みの度合いは変わります。

そのため場合によっては少なからず痛みを生じる場合があります。
もしこれが気になるようであれば、施術時に麻酔ができるところに通うようにすると良いでしょう。

場合によっては施術自体不可能

場合によっては施術自体不可能

ハイフは下記の場合だと施術自体受けられないこともあります。

  • 一定以上の脂肪がない場合
  • アトピー性皮膚炎がある場合
  • 授乳中・妊娠中の場合
  • 肝臓・腎臓が悪い場合
  • 顔などの施術箇所に金属が入っている場合

こうした場合は医師に相談すると良いでしょう。

ある程度の年齢を過ぎると1回の施術で得られる変化が薄くなることがある

ある程度の年齢を過ぎると変化が薄くなる

ハイフは30代辺りから行うことで絶大な満足度に期待できますが、55歳を過ぎると施術1回での仕上がりの変化はかなり薄くなることが多いです。

そのためある程度年齢を重ねている場合は、フェイスリフト手術など別の施術を検討すると良いでしょう。

ハイフのダーマペンの違い

ハイフのダーマペンの違い

ハイフが主に顔のリフトアップに良いのに対し、ダーマペンは肌に細かな穴を開けることで肌本来の自然治癒力を引き出し、肌質の改善が期待できるという施術方法です。

小顔を得たいならハイフ、ニキビの予防・解消など肌質を改善したいならばダーマペンが向いています。

ダーマペン東京おすすめ院
顔のたるみが気になるのであれば、一度ハイフを検討してみるのも良いかもしれません。

シミ取りレーザー東京おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pr整形のカウンセリングについてはこちら