Glocal MeのwifiU3の使い方やレビュー

モバイルwifiのサービス内容の半分は契約する端末のスペックに影響されます。

そのため、モバイルwifiの契約を検討している方の中には、Glocal Meのwifi U3の利用を検討している方もいるでしょう。

しかし、U3の端末を購入する前に、端末のスペックや評判などを知ることが大事です。

そこで今回は、Glocal MeのwifiU3の使い方やレビューを知りたい方に向けて、Glocal MeのwifiU3の特徴などについて解説していきます。

  • Glocal MeのwifiU3の特徴
  • Glocal MeのwifiU3の使い方
  • Glocal MeのwifiU3の評判

Glocal MeのwifiU3の特徴

U3の名前は聞いたことがあるけど、詳しい特徴などについては知らないという方もいると思われます。

そこで、U3の特徴についてみていきます

Glocal MeのwifiU3のスペック

U3のスペックは以下の表の通りです。

スペック U3
最大通信速度 上り:50Mbps 下り:150Mbps
サイズ 126mm × 66mm × 10mm
重さ 125g
最大接続可能台数 10台
最大通信可能時間 12~13時間
Wi-Fi通信規格 IEEE802.11b/g/n

U3は超軽量で使いやすく、持ち運びの負担が少なくてモバイルwifiにふさわしい特徴を兼ね備えている端末です。

上記の表を基に、U3の特徴をメリット・デメリットに触れつつ紹介していきます。

Glocal MeのwifiU3はクラウドSIM

U3はモバイルwifiの中でもクラウドSIMというタイプに属するモバイルwifiルーターです。

本来は端末内にSIMカードを挿入されていて、そのSIMカードに登録されている1つの回線しか利用できません。

しかし、クラウドSIMはSIMの登録がクラウド上で行われます。

そして、クラウドSIM端末から取得できる現在地の情報を基に、その近くにある最適なSIM情報を読み取ってインターネット接続を可能にする仕組みとなっています。

本来なら1つの回線しか使えないため、その回線で通信障害が発生してしまうと、インターネットが快適に利用できなくなります。

U3だと複数の最適な回線が使えるため、1つの回線で通信障害が発生しても、別の回線を使えば安定してインターネットの利用が可能です。

また、日本以外の回線の取得もできるため、海外でもそのまま利用できます。

本来海外に出かける際には、レンタルモバイルwifiを借りるのが一般的ですが、クラウドSIMならその手間が必要ありません。

ただ、クラウドSIMの回線は自分で選択できるわけではなく、自動で最適な回線を取得します。

そのため、自分の思い通りのキャリアの回線が取得できるとは限らない点を忘れないようにしましょう。

最大同時接続台数が多い

U3は最大同時接続数が多いモバイルwifiです。

たいていのモバイルwifiは5台程度までしか同時接続できません。

そのため、2、3人程度で同時に使うのが精いっぱいです。

しかし、U3は10台まで同時接続できるため、大人数の家族でなければ、家族で複数デバイスをU3に接続してもインターネットが利用できます。

ただ、同時接続が可能であるだけで、複数デバイスを接続するとそれだけ回線が重くなります。

回線が混雑して重くなると通信速度が下がってしまう点に注意してください。

連続通信可能時間が長い

U3は連続通信可能時間が長い点もメリットだといえます。

他のモバイルwifiだと連続通信できて10時間程度が限度のものが多いです。

U3は連続通信可能時間が12時間から13時間まで可能で、朝方から夕方まで電源をつけっぱなしで出かけていても、充電なしで過ごせます。

連続通信可能時間が長いのは、それだけ電力消費の少ないスペックの端末だからです。

そして、電力消費が少ないのは、通信速度を速さをそこまで出す仕組みに設計されていないためです。

通信速度の速さについてはこのあと解説していきます。

最大通信速度が遅い

U3の大きなデメリットは最大通信速度が遅い点です。

モバイルwifiで有名なWiMAXの端末は、最近光回線と遜色ない最大通信速度の速さの端末が登場しています。

さらに、2021年12月頃を中心にモバイルwifiでも5G通信の端末が普及し始め、より速い通信速度で無線接続ができるようになっています。

一方で、U3の最大通信速度は下りで150Mbpsで、実際に出る通信速度の速さは10~30Mbps程度です。

ネットサーフィンをする程度なら問題なく楽しめますが、高画質で動画を見たり、仕事でビデオ会議に参加したりするとなると、通信速度が足りなくなる可能性があります。

動画を見る機会の多い方は、やや使いにくいと感じるかもしれないということを理解した上で、U3の利用を検討してみてください。

Glocal MeのwifiU3の使い方

U3のモバイルwifiを利用する際は、他のモバイルwifiの接続方法と同じやり方で使えます。

その手順は以下の通りです。

  • STEP1.U3の電源を入れる
  • STEP2.接続するデバイスのwifi設定からU3のSSIDを選択する
  • STEP3.U3のSSIDに一致するパスワードを入力する

1つずつみていきます。

STEP1.U3の電源を入れる

まずはU3の電源を入れてください。

U3では特に何も設定をすることはありません。

U3の電源を入れた時点でwifiの電波が飛びます。

あとは、接続するデバイスのwifi設定をすれば、それ以降はわざわざ設定することなくインターネットが利用できるようになります。

STEP2.接続するデバイスのwifi設定からU3のSSIDを選択する

スマホの場合だと、wifiの接続設定画面を開きます。

wifiをオンにすると、近くに飛んでいる接続可能なwifiのSSIDが一覧で表示されます。

その中から、U3のSSIDを選択して接続設定を進めていきます。

Windowsの場合には、タスクバーの右端にディスプレイの形をしたマークがあります。

そこを選択して「ネットワークとインターネットの設定」から接続できるwifiの一覧を確認します。

あとはスマホと同じように、U3のSSIDを探してみましょう。

他にもいくつかのOSがありますが、OSごとのwifiの接続方法は個別に調べてみてください。

STEP3.U3のSSIDに一致するパスワードを入力する

ここからはどのOSでも同じ方法で接続できます。

U3のSSIDを見つけたら、それに一致するパスワードを入力していきます。

パスワードはU3を扱うプロバイダから送られてくるメール、あるいは端末の箱の中に封入されている用紙に記載されています。

それを確認して接続設定を完了させてください。

用紙にパスワードが記載されている可能性を考えて、なるべくU3の端末がプロバイダから送られてきたら、その端末が入っていたケースやその中身を捨てないことをおすすめします。

この一連の流れを接続する予定のデバイスすべてで設定しましょう。

Glocal MeのwifiU3の評判

U3の特徴がある程度見えてきたと思われます。

しかし、実際にこの端末を利用している方の評判が気になるところですよね。

そこで、U3のモバイルwifiを利用している方の評判についてみていきます。

Glocal MeのwifiU3のよい評判

U3を利用しているユーザーからは以下のようなよい評判がみられました。

  • やや不安を抱えつつも契約してみましたが、頼んだ日の次の日にはすぐに端末が届きました。早く届くに越したことはないのでよい印象を持てます。
  • U3の端末が届いて、実際に手に取ってみたら想像以上の軽さやサイズ感で驚きました。これは負担なく持ち運びできそうで便利ですね!
  • 契約してから知ったんだけど、スマホのブラウザでデータ利用量が確認できて、わざわざルーター端末でチェックしなくていいのが楽。

プロバイダによって対応が変わってくる部分もあるかもしれませんが、U3で契約したら次の日には端末が届いたという報告が多く見られました。

端末が早く届いてくれると、すぐにインターネットが利用できて便利ですね。

また、端末を手に取ってからU3のサイズ感の小ささに驚く声も少なくありませんでした。

モバイルwifiに持ち運びの便利さを求めている方が意外と多いことがわかります。

他にも、U3は端末にディスプレイが表示されていないタイプの端末で、スマホのブラウザから管理画面がチェックできます。

そこでパスワードやSSIDを自分がわかりやすいように変更できるため、接続設定をするたびにパスワードなどを確認しなくてよくなります。

それにU3の端末を取り出して設定をせずに、普段スマホを触っている時にそのまま管理画面が操作できて、その点の評価がかなり高いです。

Glocal MeのwifiU3の悪い評判

一方で、以下のような悪い評判がみられました。

  • 通信速度が遅いというのはなんとなく聞いていたけど、想像以上に通信速度が遅くてびっくりしてる…。20Mbpsもでないとさすがに使いにくい。
  • 夜にインターネットがつながらないのはなんとなくわかるんだけど、日中まで通信速度が遅いと流石につかってられない。解約検討中。
  • 即日端末を発送してくれるって聞いたけど、3日経って未だに届かないのなんで?地方に住んでるから…?

やはりU3は通信速度の遅さを中心に悪い評判が広まっています。

しかし、クラウドSIMの端末は全体的にどれも下り最大150Mbpsのものばかりで通信速度は遅いです。

その分料金がお得で、使える通信容量が大きいプロバイダが多い傾向にあります。

クラウドSIMの端末を利用する方は、その点をよく理解して本当にクラウドSIMでいいのか判断してから契約することが大切です。

また、端末がすぐに届くと聞いていたのに、すぐに届かなかったという方も少なくないようです。

即日発送と公表していても、そのプロバイダの人手に対して契約者数が殺到していると、どうしても発送処理が遅れてしまうことがあります。

1週間近く待っても発送されない場合は、発送手続きにミスが生じている可能性が考えられます。

忘れられていると感じたら、契約先のプロバイダに連絡してみてください。

ギガwifiの料金プラン

U3の端末を貸し出しているプロバイダがいくつかあり、U3を利用するためには、U3の取り扱いをしているプロバイダでの契約が必要です。

U3を取り扱っているプロバイダの中で特におすすめなのがギガwifiです。

ギガwifiのサービス内容などを以下の表にまとめました。

サービス内容 ギガwifi
月額料金 <大容量プラン(100GB)>
2,695円
<ミニ従量プラン>
5GBまで:550円
10GBまで:1,045円
20GBまで:1,540円
契約期間 2年
初期費用 事務手数料:3,300円
支払方法 クレジットカードのみ
オプション クラウド安心サービス:660円

ギガwifiは100GBの大容量プランが3,000円以内で使える数少ないプロバイダです。

さらに小さな容量でも使える従量課金制のプランも用意されているため、そこまでインターネットを使わない方にもおすすめできるプランになっています。

20GB未満とはいえ、2,000円以内で使えるプロバイダは滅多にありません。

料金のお得さを求めるならギガwifiの契約をおすすめします。

端末も無料で契約できてかなりお得ですが、クレジットカードのみの支払い方法になっています。

モバイルwifi業界でもキャッシュレス化が進められているため、クレジットカードを発行しておいたほうがよいです。

また、ギガwifiを契約する際には、オプションのクラウド安心サービスの加入をおすすめします。

通常使用による自然故障はもちろん、火災や盗難、紛失などの偶然の事故に対しても端末交換の対応を2,200円という安さでしてくれます。

未加入の状態で端末を交換するとなると2、3万円程度かかるため、もしもの時の負担を軽くするためにも、なるべくクラウド安心サービスには加入しておきましょう。

ちなみに、大々的なキャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンなどは実施されていません。

その分、元々の月額料金が圧倒的に安いということを理解した上で、ギガwifiの契約を検討してみてください。

他にも、U3の端末を扱っているプロバイダがいくつかあります。

ギガwifiよりも自分に合ったプランがあるかもしれないため、他のU3を扱っているプロバイダもチェックしてみましょう。

Glocal MeのwifiU3のQ&A

U3のモバイルwifiについて、以下のような質問がよくインターネット上で見られています。

クラウドSIMって使いやすい?

データ通信量や通信速度の安定感を求めるならおすすめです。通信速度の速さを求めるならやや不向きと言えます。

Glocal MeのwifiのU3はWiMAXでは使えない?

端末ごとにSIM情報が割り当てられていて、クラウドSIMでもその仕組み自体は同じです。U3のSIMはWiMAXには対応していないものであるため、WiMAXのプロバイダでは利用できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゆび
【ポケット型wifi公式】おすすめwifiはこちら