学生がお金を借りる方法

学生となれば、さまざまな場面でお金が必要になりますよね。

学校に通う時間の都合もあるため、満足にバイトにも入れないことでしょう。

そこで皆さんに質問です。

皆さんの中で、下記のような悩みや疑問を持っている方はいませんか?

  • 学生だけどお金がなくて困っている
  • お金に余裕がないから大学に進学できない
  • 学生がお金を借りる方法が知りたい

お金がなくて、苦しい思いをしている学生は意外と多いです。

その一方、お金を借りることで苦しみを乗り切ろうとしている学生も多数見受けられます。

しかし、いざお金を借りようにも、借りる方法が分からず途方に暮れてしまうことでしょう。

また、方法を知っているとしても、親にバレる可能性を考えるとなかなか踏み込めませんよね。

そこで今回は、学生がお金を借りる方法やおすすめの借り方、上手くお金を借りるコツ、親バレの可能性などについて解説していきます。

本記事を読むことで得られる具体的なメリットは、主に下記の3つが挙げられます。

  • お金に困ることがなくなる
  • お金に余裕ができて大学に進学できる
  • 学生がお金を借りる方法が分かる

本記事を参考に、お金を借りて有意義な学生生活を送りましょう。

お金が足りない!学生がお金を借りる4つの方法

まずは、学生がお金を借りる方法についてご紹介していきます。

具体的な方法としては下記の4種類。

  • 奨学金を利用する
  • 親からお金を借りる
  • カードローンを利用する
  • クレジットカードでキャッシングをする

学生がお金を借りるのは、実は意外と簡単です。

今からご紹介する方法を参考に、お金を借りるイメージを膨らましましょう。

奨学金を利用する

奨学金とは、一括では到底支払えない学費や家賃を支払うために借りるお金のこと。

実はこちらの奨学金、生活費としても運用できるのです。

ただし奨学金を借りるには、事前に申請をする必要があったり、申請可能時期に決まりがあったりなど、なにかと不便に感じる点も。

そのため、今すぐお金を必要としている学生にはあまり向いていない方法でしょう。

親からお金を借りる

親からお金を借りるのは、一番安心でお願いしやすい方法です。

しかし、人によって「生活費は自分で稼ぐ」という考え方の親もいます。

とはいえ、大学への進学費用などは、「かわいい我が子のためなら。」と貸してくれる親がほとんどでしょう。

カードローンを利用する

カードローンとは、銀行や大手の消費者金融からお金を借りること。

完全に大人専用のものから、学生専用の学生ローンと呼ばれるものもあります。

クレジットカードでキャッシングをする

クレジットカードの機能には、キャッシングというものも用意されています。

このキャッシング機能を使うことで、お金を借りることが可能。

簡単にお金を借りることができますが、金利などの関係から大きく損をしてしまう可能性も。

また、キャッシング機能が付いていないクレジットカードもあり、学生はこの機能が付いていないクレジットカードを持っている場合が多いです。

学生がお金を借りるならカードローン!おすすめできる2つのポイント

学生がお金を借りるなら、カードローンが一番おすすめです。

その理由としては、主に下記の2つ。

  • 返済方法が豊富に用意されている
  • 返済方法によっては手数料がかからない

それでは1つずつ深堀していきます。

返済方法が豊富に用意されている

銀行や大手消費者金融のカードローンを利用する場合、豊富な返済方法が用意されています。

具体的な返済方法としては下記の6種類。

  • 銀行振込
  • 店頭決済
  • 専用ATM
  • ネット決済
  • コンビニATM
  • 口座引き落とし

返済方法が豊富にあるだけで、滞納することなく返済をスムーズに行いやすいです。

返済方法によっては手数料がかからない

借りている金額や期間によって変わりますが、分割返済の場合はムダに手数料を支払うケースが多いです。

例えば、30,000円を1か月間借りる際の年利18%、15%では、下記の利子がかかってきます。

  • 30,000 × 18% ÷ 365日 × 30日 = 利子444円
  • 30,000 × 15% ÷ 365日 × 30日 = 利子370円

年利は3%も違いますが、1か月の利子はたった74円のみ。

この結果、年利18%でATM手数料が0円と比べても、年利15%でATM手数料が200円などのほうが損と言えるでしょう。

学生の方は、手数料がかからない返済方法が用意されたカードローンが一番お得となります。

学生がお金を借りるにはどんな条件があるの?

ここからは、学生がお金を借りるための条件について解説していきます。

学生がお金を借りるためには、下記の条件に当てはまらないといけません。

  • アルバイトをしている
  • 携帯電話料金の支払いを滞納していない
  • クレジットカード料金を長期間延滞していない

それでは1つずつ解説していきます。

アルバイトをしている

アルバイトをしている学生は、お金を借りることができます。

アルバイトの形態は短期でも長期でも構いませんが、長期のほうが「信用がある」と判断されやすく、お金を借りれる会社の選択肢が増加します。

また、利子の低い銀行からもお金を借りれるようになるため、なるべく長期でアルバイトをするようにしましょう。

具体的な目安としては、6~12か月程度は働く必要があります。

携帯電話料金の支払いを滞納していない

携帯電話料金を滞納している方は、お金を借りることが難しくなります。

学生だと携帯電話料金の支払いを忘れることも多いでしょうが、必ず毎月欠かさず支払うようにしましょう。

クレジットカード料金を長期間延滞していない

携帯電話料金と同じく、クレジットカードの料金を長期間滞納している方は、お金を借りることができません。

「信用がない」と判断されてしまい、審査の時点で落とされることがほとんどです。

学生がお金を上手く借りる3つのコツ

ここからは、学生がお金を上手く借りるコツをご紹介していきます。

具体的には下記の3つ。

  • 金利を気にかける
  • お金を借りるタイミングを考える
  • 状況に応じてお金の借り方を変える

お金で損をしないためにも、1つずつチェックしていきましょう。

金利を気にかける

お金を借りるとなれば、少しでも金利が安い会社を利用するのが当たり前ですよね。

確かにそのほうが得ではありますが、すべてにおいて該当するわけではありません

例えば、お金を借りる日数がどの程度か考えると、金利を気にする必要性がない場合も。

利息の計算は「借りた金額 × 年利 ÷ 365日 × 借りた日数 = 利息」で求めれるので、ぜひ参考にしてみてください。

お金を借りるタイミングを考える

お金を借りる際は、下記の3つに注意しないといけません。

  • 必要最低限の金額を借りる
  • スムーズにお金を返済する
  • お金が必要な日にちの近くで借りる

大雑把な気持ちでお金を借りてしまうと、金利や滞納などで思わぬトラブルを招く場合も。

お金を借りるタイミングをしっかり考えて、返済できる状況にいる場合のみお金を借りましょう。

状況に応じてお金の借り方を変える

借りる金額に応じて、お金の借り方を変えるのも大切です。

例えば、運転免許証を取得するためにお金を借りるなら、少しでも金利の安い借り方を選ぶのがベスト。

また、数日お金を借りる場合は、金利よりも楽な返済方法を重視して借り方を選ぶほうが得になる場合が多いです。

下記に具体的な借り方をまとめていますので、一度チェックしてみてください。

  • お金を借りる期間が長い➝金利の低さで決める
  • お金を借りる期間が短い➝楽な返済方法で決める

お金を借りたい学生におすすめのカードローン3選

ここでは、お金を借りたい学生におすすめのカードローン3選をご紹介しています。

1.レイクALSA

「レイクALSA」では、土日祝問わずいつでも審査を受けることができ、最短でその日にお金を借りることが可能です。

ただし、最短即日での融資を希望する場合は、21時(日曜日のみ18時)までに契約を完了する必要があります。

また、融資の申し込みに多数の方法を用意しており、自分で好きな申し込み方法を選択可能。

具体的には下記の4種類が挙げられます。

  • 電話申し込み
  • 郵送申し込み
  • ネット申し込み
  • 自動契約機申し込み

上記の中で特にオススメしたいのが、ネットと自動契約機での申し込み。

状況によって変わりますが、これら2つの方法だと最短1時間でお金を借りれる可能性があります。

ほかにも、「ネットでの申し込みなら60日間無利息」「借り入れ額50,000円まで180日間無利息」といった、無利息サービスを選べる特典も大きな魅力と言えるでしょう。

無利息の期間が長ければ長いほど、支払う利息も大きく減額します。

利用可能金額 1~500万円
金利 4.5~18.0%
融資時間 最短即日
審査時間 最短15秒
パート・アルバイト 融資可能

レイクALSA公式サイトはこちら

レイクALSAの貸し付けについて

レイクALSAの貸付には、いくつか条件が設定されています。

基本的には、20歳以上70歳以下の方、収入が安定している方なら利用可能。

そのほかの詳細については下記の通りです。

融資可能金額 1~500万円
貸付利率 4.5~18.0%
利用可能対象 20歳~70歳(日本在住の方・メールアドレスを所有している方・国内永住権を保有している方)
遅延損害金 20.0%
返済方法 残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数 最大8年間・最大96回払い(カードローンの場合は最大5年間・最大60回払い)
必要書類 運転免許証・収入証明
担保・保証人 なし

2.プロミス

「プロミス」は、他社で取り扱っているサービスをすべて網羅しており、最短で即日の融資も可能なサービスです。

お金を借りてから30日間は無利息サービスも適応可能。

また、審査対象もかなり緩く、収入が安定していれば正社員以外でも審査できるため、パートの方や学生の方でも敷居がかなり低いと言えるでしょう。

さらに、最大金利が17.8%となっており、他社よりも低い点も魅力的。

お金を借りる際に少しでも得をしたい方には、ぜひオススメしたいサービスとなっています。

そんなプロミスのオリジナルサービスと言えるのが、女性オペレーターによる専門ダイヤルが用意されている点。

口調の柔らかい女性オペレーターに対応してもらえることで、女性利用者でも安心して融資を依頼できます。

利用可能金額 1~500万円
金利 4.5~17.8%
融資時間 最短即日
審査時間 最短30分
パート・アルバイト 融資可能

プロミス公式サイトはこちら

3.SMBCモビット

「SMBCモビット」は、プロミスより少し高い金利が特徴のサービスです。

具体的には、プロミスが4.5~17.8%なのに対し、モビットは3.0~18.0%

これだけ聞くと「損をするのでは?」と感じることでしょう。

しかし、これだけが特徴ではありません。

モビットの大きなメリットとしては、簡易審査が設けられている点です。

最短で10秒という驚愕のスピードで、誰でも融資を受けることが可能。

今すぐにお金を借りたい学生からすれば、最適なカードローンと言えるでしょう。

また、インターネットで契約を完了でき、電話連絡も一切なし

カードローンの高い利便性を体現した、上質なサービスが受けられます。

利用可能金額 1~800万円
金利 3.0~18.0%
融資時間 最短即日
審査時間 最短10秒
パート・アルバイト 融資可能

SMBCモビット公式サイトはこちら

お金を借りたい学生におすすめのカードローン比較一覧表

利用可能金額 金利 融資時間 審査時間 パート・アルバイト
レイクALSA 1~500万円 4.5~18.0% 最短即日 最短15秒 融資可能
プロミス 1~500万円 4.5~17.8% 最短即日 最短30分 融資可能
SMBCモビット 1~800万円 3.0~18.0% 最短即日 最短10秒 融資可能

お金を借りたい学生が気になる親バレの可能性

学生がお金を借りる際、気になるのが親バレの可能性ですよね。

銀行や金融会社から親に向けて、あなたが利用したと伝えることはまずありません。

そもそも銀行や金融会社には、第三者に情報を漏らしてはいけないという規定があります。

そのため、あなたの親に情報を漏らすことはまずあり得ません。

ただし、万が一親バレをしてしまった場合、下記のような理由が挙げられます。

  • 借入・返済用のカードを見られた
  • 家族共有のパソコンで融資を申し込んだ
  • 専用ATMでお金を借入・返済している場面を見られた

とはいえ上記の3点に気を付けてさえいれば、お金を借りたことが親にバレる心配はないでしょう。

学生がお金を借りる際の質問まとめ

最後に、学生がお金を借りる際によくある質問をまとめています。

Q.学生ローンとは一体何?
A.学生ローンとは、お金の貸付業者が行っている学生専用の融資システムのこと。大手の消費者金融業者と比べて金利額が変わらず、返済方法が限られている点が特徴です。使い勝手の悪さから、正直あまりオススメできません。ただし、アルバイトを短期でのみしか行った経験がなく、大手の金融会社を利用できない学生にとっては救済措置と言えます。ちなみに、通常の消費者金融や銀行から融資を受けることを、カードローンと呼びます。
Q.お金を返済できないときはどうすれば良い?
A.万が一期日までにお金を返済できない場合、早めに融資を受けた会社に電話連絡をすれば問題ありません。返済できない理由を伺った後、これからのスケジュールを一緒に決めます。ただし、そもそも返済できるはずもない金額を融資してもらっていたり、返済できないことを連絡せずに会社からの連絡を無視した場合。保証人や親に連絡される可能性があるため、注意しておきましょう。
Q.カードローンで借りたお金の使い道は決められているの?
A.カードローンで借りたお金は、住宅ローンのように使い道が決められていません。そのため、自分の思うようにお金を使うことができます。
Q.在学している間にすべてのお金を返済しないといけないの?
A.学生時代にお金を借りたからといって、在学している間に全額返済しないといけない義務はありません。定められた返済日に従って、ゆっくりお金を返済していけば大丈夫です。

【まとめ】お金を返済できれば学生でもお金を借りることは可能

いかがでしたか。

学生がお金を借りるのは、下記の条件に該当していれば十分可能です。

  • 収入が安定している
  • 過去に支払いを滞納していない

そのため、お金の返済日さえ厳守できれば、融資を依頼しても問題ないでしょう。

ただし、返済を滞らせてしまった場合、利息の底上げや親への連絡など、余計なトラブルに繋がりかねません。

場合によっては、学生の間に「信用がない人」のレッテルを貼られることでしょう。

簡単な気持ちでお金を借りるのではなく、必ずルールを守る強い気持ちを持って融資を依頼してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です