ファクタリングは建設業にベストマッチ

作業着を着たビジネスパーソン

近年、建設業界では資金調達としてファクタリングが非常に多く用いられています。
なぜファクタリングが建設業を営む企業の資金繰りにマッチするのか、当ページでは建設業がどのようなビジネスなのかをおさらいすると共に、その特性や支持される理由等についてご紹介してまいります。

ファクタリングが重宝される建設業界

工事現場の風景

令和3年5月17日に国土交通省より発表された広報資料によると、日本全国の建設業許可業者数は令和3年3月末時点で「473,952業者」となり、3年連続増加していることが分かります。
なお、こちらはあくまでも「建設業許可を取得している企業」ですので、許可未取得の企業を含めるとその数は倍以上になると考えられます。(建設業法では、建築一式工事で1,500万円未満又は延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事、その他の建築工事では500万円未満の場合、軽微な工事として建設業許可が不要です。)

建設業界で何故ファクタリングが多く利用されているのか、支持される理由や建設業債権が得意なファクタリング会社について改めて確認していきましょう。

なぜファクタリングが支持されのか

冒頭でもお伝えした通り、ファクタリングは建設業を営む企業の資金調達方法として多く活用されています。
何故、ファクタリングが同業界から選ばれているのか。
それは、ファクタリングには以下の特長があるためです。

優秀な点その1~信用調査が不要

ファクタリングは、利用企業が有している売掛債権を現金化する資金調達方法です。
そのため、売却する債権がどのように発生したのか・しっかりと期日通りに振り込まれるのか等が重点的に審査され、銀行融資・ビジネスローンで実施される「信用調査」は原則として行いません。

建設業界の場合は1回の売上(工事代金)が大きい半面で、完成までに多くのコストを要しますので、信用力が一時的に低下する可能性があります。
そのような状況に於いては、信用力が重要な銀行融資よりも、信用力が不要であるファクタリングの方が適していると言えます。

また、個人事業主としてビジネスをされている方は、銀行融資やビジネスローンを利用するとその履歴が信用情報に記載され、住宅ローンやマイカーローンの審査に通りづらくなってしまう可能性も否定できません。
ファクタリングであれば信用情報への記載がなされませんので、これらの審査を控えている方にも打ってつけです。

優秀な点その2~赤字でも利用可能

工事請負契約は目的物を引き渡すことによって完了するため、原則として工事代金は引き渡しをもって支払われます。
工事は数年に亘って行われるため、売上の波が激しく(特に中小規模の建設業者)、前年度は大きく赤字であったが今年度は大きく黒字といった状況も珍しくはありません。
銀行や消費者金融は直近の財務諸表(貸借対照表や損益計算書)を最も重要視しますので、前年度が赤字の場合は融資の可能性を著しく下げてしまいます。

一方でファクタリングは経営状況や信用力を重要視しておりませんので、赤字・債務超過・税金滞納中であってもご利用が可能です。
なお、銀行とのリスケジュール中や何らかの審査を受けている状況であってもファクタリングは利用できますが、念のため担当者と相談しておくと良いでしょう。

優秀な点その3~つなぎ資金に最適

建設業界では下請けへの前払い・材料費の一時負担等が多く行われているため、予期せぬ形でキャッシュが必要になることがあります。
そのため、建設業を営む上で「急な資金繰り」は避けられないリスクと言っても過言ではありません。

“利用企業の信用力に重きを置いていない”という点については前述した通りですが、当該特性はファクタリングに「スピード」という大きなメリットももたらします。
早ければ当日中に振込まで完了いたしますので、審査に1~2か月を要することも珍しくない銀行融資に比べてスピーディーかつスマートな資金調達が可能です。

建設業債権が得意なファクタリング会社

建設業界で大変重宝されているファクタリング。
必然的に利用企業の割合を高めており、各ファクタリング会社の2~3割程度が建設業を営む企業と言われているほどです。

買取金額が10-20%ほどアップする上に完了までに要する時間を省略できるため、ご利用の際は必ず建築系の売掛債権(工事代金等)の買取を得意にするファクタリング会社を選ぶようにしてください。
具体的に、以下のファクタリング会社では建築系の売掛金を積極的に買い取っており、買取金額・満足度共に非常に高くなっています。

建設業に強いアクセルファクター

アクセルファクターサムネイル

アクセルファクターでは「建設業・運送業」を得意としており、実績も豊富です。
低手数料による納得の買取金額もさることながら、その経験から生み出されるスピードは他社を頭一つ抜きんでている存在と言えるのではないでしょうか。

また、機械的・マニュアル化された取引では無く、利用企業それぞれの事情や背景を鑑みた柔軟な買取条件を提案しており、リピーターも数多く輩出中。
なお、希望される金額が高額・長期的な利用をご検討の企業に対しては、数か月に亘ったご利用プランをコンサルタントするなど、無理なくキャッシュフロー改善が可能です。

個人事業主に最適のSOKULA

SOKULAサムネイル

所謂一人親方など、個人事業主として建設業を営んでいる場合はSOKULAがオススメです。
少額債権の買取を得意としており、300万円未満であればなんと最短3時間で買取が完了するという恐るべきスピードを有しています。
手数料も2.0%~と非常に安価に設定されており、買取額を重視したい方にも是非お勧めしたいサービススペックです。

また、オンライン完結型のファクタリングサービスとなっておりますので、煩雑な書類提出が不要・全国どこにいてもご利用が可能といったメリットもあります。
創業1年未満の企業からも多く利用されており、資金調達の新たな可能性が広がりそうですね。

ファクタリングは優れた資金調達

ペンキを塗る職人

狭い土地を最大限に活用するため、日本では公・民共に建築工事が盛んに行われています。
また、地震大国であるが故か、建物の安全基準は世界トップレベルの水準であり、工事に掛ける手間と費用も多大です。
そのため、建設業界は国内最大級の市場規模であると言え、新規参入する企業が多いというのも十分に頷けます。

一方で、倒産が多いのも同業種の特徴であり、特に予期せぬキャッシュ不足は倒産に直結する危険な状態と言っても過言ではありません。
ピンチ時のセーフティーネットとして、予めバックボーンとなるファクタリング会社を選定しておいてはいかがでしょうか。