docomoのポケット型wifi無制限のものの料金

docomoはハイスペックな5Gポケット型wifiがラインナップされており、光回線にも劣らない優れた通信速度を発揮するというメリットがあります。

その分、WiMAXやその他のクラウドSIM系のポケット型WiFiと比較して料金はお高めになってしまうのですが、快適なネット環境を手に入れたい方にはとってもおすすめです。

ポケット型WiFiの利便性と光回線のような優れたスペックを両立した優れたサービスとなっているので、是非とも検討してみてください。

今回はdocomoのポケット型WiFiについて料金やメリット・デメリット、口コミ・評判について紹介していきます。

目次 表示

1.docomoのポケット型WiFiの基本情報

まずはdocomoのポケット型WiFiの基本情報をまとめていきます。
ドコモ home 5Gとは異なりますのでご注意を。

以下のまとめ表をご覧ください。

docomoのポケット型WiFiの基本情報
月額料金 3,465円〜7,315円
初期費用 35,640円(Wi-Fi STATION SH-52Bの場合)
通信速度 下り平均:159.29Mbps
上り平均:39.07Mbps
オプション クレードル対応
スマホセット割 なし
キャンペーン特典 なし
契約期間/違約金 なし

では、docomoのポケット型WiFiについて以下の7つの項目に分けて解説していきます。

  • ①月額料金
  • ②初期費用
  • ③通信速度
  • ④オプション
  • ⑤スマホセット割
  • ⑥キャンペーン特典
  • ⑦契約期間/違約金

1つずつ詳しくみていきましょう。

①月額料金

ドコモのポケット型WiFiは、ドコモのスマホプランとセットで「5Gデータプラス」というプランに加入することで利用できます。

「5Gデータプラス」は月額1,100円のプランとなっていますが、これにスマホプランの料金がかかってくるというイメージです。

料金プラン 月額料金
5Gデータプラス 1,100円
5Gギガホプレミア 7,315円
ギガホプレミア 7,205円
5Gギガライト/ギガライト 3,465円〜6,765円

では、それぞれのプランについて詳しくみていきましょう。

5Gギガホプレミア

5Gギガホ プレミア
月額料金 7,315円
データ容量 無制限
主な割引
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割
  • dカードお支払割

5Gギガホ プレミアは、ドコモの5G対応で容量無制限の使い放題となっているプランです。

月額7,315円とスマホ料金としてはお高めですが、5Gの高速通信が無制限に使えると考えるとコスパもいいですし、各種割引で料金を抑えることもできます。

ネットをたくさん使うという方はこちらのプランがおすすめです。

ギガホプレミア

ギガホプレミア
月額料金 7,205円
データ容量 60GB
主な割引
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割
  • dカードお支払割

ギガホ プレミアは、4G対応スマホ向けのプランで毎月60GBまで使えるプランになっています。

今では5Gスマホのラインナップの方が豊富ですし、新たに機種変更する場合は5G対応端末のした方がいいので、こちらのプランの使い勝手はあまり良くありません。

100GB使いたい方はこちらをチェックしてみてください。

5Gギガライト/ギガライト

5Gギガライト/ギガライト
月額料金 3,465円〜6,765円
データ容量 1GB〜7GB
主な割引
  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割
  • dカードお支払割

5Gギガライト/ギガライトは、使ったデータ容量に応じて月額料金が決まるという仕組みのプランです。

1GB〜7GBまで使えて月額料金は上記の通りなのですが、あまりコスパの良いプランではないのでおすすめではありません。

②初期費用

docomoのポケット型WiFiでは、初期費用として端末代が発生します。

現行のラインナップでは3つの機種から選ぶことができますが、それぞれの販売価格は下記のようになっています。

機種名 販売価格
Wi-Fi STATION SH-52B 35,640円(990×36回)
Wi-Fi STATION SH-52A 68,904円(1,914円×36回)

Wi-Fi STATION SH-05L

27,720円(770円×36回)

最も安いのは2019年に発売された「Wi-Fi STATION SH-05L」ではありますが、4G対応端末なのと、2年以上前に発売されたモデルでもあります。

おすすめとしては5G対応で最新端末の「Wi-Fi STATION SH-52B」と言えるでしょう。

③通信速度

ドコモのを紹介していきます。

「みんなのネット回線速度」を参考にした平均通信速度は以下のようになっています。

機種名 下り平均速度 上り平均速度
Wi-Fi STATION SH-52B 159.29Mbps 39.07Mbps
Wi-Fi STATION SH-52A 106.33Mbps 16.64Mbps

Wi-Fi STATION SH-05L

92.19Mbps 14.6Mbps

どの機種も下り平均速度が100Mbps程度出ており、ポケット型WiFiとしてはかなり速い部類に入ることがわかります。

④オプション

docomoのポケット型WiFiでは、クレードルに対応しています。

クレードルを使うと有線接続が可能になりますし、卓上に安定して設置できるのも魅力です。

クレードルの価格や細かい情報については下記をご覧ください。

商品名

クレードル SH02

価格 4,510
カラー ブラック
送料 無料
対応機種
  • Wi-Fi STATION SH-52B
電源 ACアダプタ
LANポート あり

⑤スマホセット割

ドコモのポケット型WiFiでは、スマホセット割の適用はありません。

スマホ代はお得にならないので注意してください。

⑥キャンペーン特典

docomoのポケット型WiFiで現在開催されているキャンペーン特典は特にありません。

端末代の割引特典などもないので注意しましょう。

⑦契約期間/違約金

契約期間 なし
違約金 なし

docomoのポケット型WiFiでは、契約期間の縛りもありませんし、どのタイミングで解約しても違約金は発生しません。

2.docomoのポケット型WiFiの口コミ・評判

docomoのポケット型WiFiの口コミ・評判を紹介していきます。

料金や通信速度についての口コミを詳しくみていきましょう。

①料金に関する口コミ

料金に関する口コミには以下のような声がありました。

  • 料金は高いけど使い心地は良いから満足
  • やっぱ高いな光回線にしようかな…

料金に関してはサービスの質とのバランスをどう受け取るかによって感想が異なっていました。

料金が高いと感じるというユーザーもいましたし、通信速度などのスペックを考えればコスパが高いという声もありました。

②通信速度に関する口コミ

通信速度に関する口コミには以下のような声がありました。

  • 光回線並みの通信速度が出てすごい!
  • ポケット型WiFiとは思えないほど速い!

通信速度については軒並み好評を博していました。

やはり5G通信に対応している上にドコモの通信網を利用しているので、安定かつ高速な通信が利用できるようです。

3.docomoのポケット型WiFiで選べる端末

docomoのポケット型WiFiで選べる機種について解説していきます。

主な機種は以下の3つです。

機種名 Wi-Fi STATION SH-52B Wi-Fi STATION SH-52A

Wi-Fi STATION SH-05L

最大速度 5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大218Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大480Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
受信時最大988 Mbps/送信時最大75Mbps
バッテリー容量 4000mAh 4000mAh 4000mAh
重量 約166g 約 268g 約 150g
サイズ 約74(H)×約108(W)×約15.7(D)mm 高さ 約 84mm×幅 約 157mm×厚さ 約 16mm 高さ 約 72mm×幅 約 108mm×厚さ 約 15mm
対応ネットワーク 4G/5G 4G/5G 4G/5G
対応周波数 2.4GHz帯/5GHz帯対応 2.4GHz帯/5GHz帯対応 2.4GHz帯/5GHz帯対応
同時接続台数 17台(Wi-Fi:16台/有線LAN:1台 or USB:1台) 18台(Wi-Fi:16台/有線LAN:1台/USB:1台) 11台(Wi-Fi:10台/USB:1台)
Wi-Fi 6 対応 対応 非対応
有線接続 対応 対応 対応
連続通信時間(5G/PREMIUM 4G/LTE) 約440分/約430分/約630分 約 290分/約 280分/約 400分 約5時間/約15時間/約17時間

では、それぞれの端末について詳しくみていきましょう。

①Wi-Fi STATION SH-52B【最新端末】

機種名 Wi-Fi STATION SH-52B
最大速度 4.2Gbps
バッテリー容量 4000mAh
重量 約166g
サイズ 約74(H)×約108(W)×約15.7(D)mm
対応ネットワーク 4G/5G
対応周波数 2.4GHz帯/5GHz帯対応
同時接続台数 17台(Wi-Fi:16台/有線LAN:1台 or USB:1台)
Wi-Fi 6 対応
有線接続 対応
連続通信時間(5G/PREMIUM 4G/LTE) 約440分/約430分/約630分

Wi-Fi STATION SH-52Bは、2021年に発売された最新端末で最大4.2Gbpsという圧倒的なスペックを持っています。

コンパクトで軽量なので持ち運びにも便利ですし、バッテリーの持ちも十分で1日中使っても充電切れの心配は無用です。

Wi-Fi性能も高いですし、有線接続による安定した通信も可能です。

②Wi-Fi STATION SH-52A

機種名 Wi-Fi STATION SH-52A
最大速度 4.2Gbps
バッテリー容量 4000mAh
重量 約 268g
サイズ 高さ 約 84mm×幅 約 157mm×厚さ 約 16mm
対応ネットワーク 4G/5G
対応周波数 2.4GHz帯/5GHz帯対応
同時接続台数 18台(Wi-Fi:16台/有線LAN:1台/USB:1台)
Wi-Fi 6 対応
有線接続 対応
連続通信時間(5G/PREMIUM 4G/LTE) 約 290分/約 280分/約 400分

Wi-Fi STATION SH-52Aは、2020年に発売されたモデルで、ドコモ初の5G対応機種として登場しました。

最大4.2Gbpsの高速通信を武器に快適な通信速度を実現しています。

価格は高額なのであまりおすすめではありませんが、次世代のハイスペック機種として発売当初は注目されました。

③Wi-Fi STATION SH-05L

機種名

Wi-Fi STATION SH-05L

最大速度 988 Mbps
バッテリー容量 4000mAh
重量 約 150g
サイズ 高さ 約 72mm×幅 約 108mm×厚さ 約 15mm
対応ネットワーク 4G/5G
対応周波数 2.4GHz帯/5GHz帯対応
同時接続台数 11台(Wi-Fi:10台/USB:1台)
Wi-Fi 6 非対応
有線接続 対応
連続通信時間(5G/PREMIUM 4G/LTE) 約5時間/約15時間/約17時間

Wi-Fi STATION SH-05Lは、docomoの4G対応機種で2019年に発売されました。

4G対応ながら通信速度は最大988Mbpsと非常に優れており、国際ローミングに対応しているので海外でも使えるのが魅力です。

海外出張に行かれる方などには心強い味方と言えるでしょう。

4.docomoのポケット型WiFiのメリット

docomoのポケット型WiFiのメリットは以下の6点です。

  • ①通信速度が圧倒的に速い
  • ②ドコモ回線のエリアに対応でつながりやすい
  • ③専用クレードルで室内でも便利に使える
  • ④ギガホプランに加入すれば容量無制限で使える
  • ⑤適用できる割引が豊富
  • ⑥契約期間の縛りがなく違約金がない

それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

①通信速度が圧倒的に速い

docomoのポケット型WiFiは他のサービスと比較しても通信速度が圧倒的に速いのが特徴です。

以下の表を見てもその差は一目瞭然ですね。

サービス名 下り平均速度 上り平均速度
docomoのポケット型WiFi(Wi-Fi STATION SH-52B 159.29Mbps 39.07Mbps
WiMAX(Speed Wi-Fi 5G X11 45.59Mbps 9.65Mbps
WiMAX(Speed Wi-Fi NEXT W06 35.72Mbps 6.35Mbps
FS030W 24.3Mbps 12.74Mbps
楽天モバイル(Rakuten WiFi Pocket 21.01Mbps 15.66Mbps
Mugen Wifi(ムゲンワイファイ) 9.61Mbps 6.76Mbps

他社のポケット型WiFiが軒並み平均50Mbps以下なのに対して、ドコモのポケット型WiFiha150Mbpsという光回線並みの通信速度を出しています。
したい方も満足できますね。

②ドコモ回線のエリアに対応でつながりやすい

docomoのポケット型WiFiは、auのポケット型wifi同様、キャリアの通信網を使用しているため、高速通信が安定して使えます。

全国どこにいても繋がりやすいですし、ビルの中や地下鉄といった電波の届きにくい場所でも快適にネットが使えます。

③専用クレードルで室内でも便利に使える

Wi-Fi STATION SH-52Bには、専用のクレードルが別売りで用意されているので、また異なる使い方ができます。

LANケーブルを利用した有線接続を使えば、より安定かつ高速のネット環境が構築できます。

④ギガホプランに加入すれば容量無制限で使える

docomoのポケットWi-FIはスマホプランとセットで使う仕組みになっており、5Gギガホ プレミアに加入すれば容量関係なくポケット型wifi無制限で使い放題になります。

5Gによる高速通信が無制限になるので、あらゆる用途で快適にネットが使えるでしょう。

⑤適用できる割引が豊富

docomoのポケット型WiFiとセットで加入するスマホプランには以下の割引が適用できます。

  • みんなドコモ割
  • ドコモ光セット割
  • dカードお支払割

全てを適用させると月額2,000円以上の割引となるので、通信費を大幅に安くすることができます。

⑥契約期間の縛りがなく違約金がない

docomoのポケットWI-Fiは契約期間の縛りがありませんし、どのタイミングで解約しても違約金が発生しません。

ポケット型WiFiはまだまだ契約期間の縛りがあるサービスが多いので、こういった仕組みになっているのは嬉しいですよね。

5.docomoのポケット型WiFiのデメリット

docomoのポケット型WiFiのデメリットは以下の4点です。

  • ①ポケット型WiFi専用のプランがない
  • ②月額料金が高い
  • ③端末代が高額
  • ④ドコモのスマホでテザリングした方がコスパが高い

メリットだけでなくデメリットも把握しておいてください。

①ポケット型WiFi専用のプランがない

docomoのポケット型WiFiはスマホプラントセットで加入する必要があるので、docomo以外のスマホをお使いの方はスマホの乗り換えが必要です。

ポケット型WiFiをdocomoにするためだけに、スマホを乗り換えるのはあまり意味がないケースもあるので注意してください。

②月額料金が高い

docomoのポケット型WiFiは5G対応で通信速度も速いのですが、無制限で利用しようとすると月額8,000円を超えてしまいます。

ネット回線とスマホのセットで月額8,000円と考えると、そこまで高くはないかもしれないのですが、通信費の組み合わせとしてはもっと安いパターンもあるので微妙なところです。

③端末代が高額

docomoのポケット型WiFiは、端末代が無料になるキャンペーン特典が用意されていない上に、端末代が高価なのがネックです。

機種名 販売価格
Wi-Fi STATION SH-52B 35,640円(990×36回)
Wi-Fi STATION SH-52A 68,904円(1,914円×36回)

Wi-Fi STATION SH-05L

27,720円(770円×36回)

最新端末の「Wi-Fi STATION SH-52B」だと端末代が 35,640円と非常に高価なので、初期費用で大きな負担になってしまうでしょう。

④ドコモのスマホでテザリングした方がコスパが高い

ドコモの5G通信を無制限に使うのであれば、ポケット型WiFiでなくても、5Gギガホ  プレミアプランでテザリングを使用するという方法もあります。

ネットが利用できるという意味ではほぼ同じですし、端末代や追加のプラン料金がかからないので、スマホのテザリングを利用した方がコスパが高いという見方もあります。

6.docomoのポケット型WiFiの申込方法

では、docomoのポケット型WiFiの申込方法を解説していきます。

大まかな流れは下記の通りです。

  1. ドコモオンラインショップにアクセスする
  2. 機種一覧から購入するポケット型WiFiを選ぶ
  3. 端末代の支払い方法を選択してカートに入れる
  4. 購入手続きを行う
  5. 本人確認書類をアップロードする
  6. 申込完了

端末が届いたら電源を付けて初期設定をすれば利用開始となります。

7.docomoのポケット型WiFiの解約方法

docomoのポケット型WiFiの解約方法を解説していきます。

解約窓口は「Web」または「ドコモショップ店頭」で行えます。

Webで手続きを行う場合はドコモオンライン手続きを通じて手続きを行なってください。

また、解約の際に端末代の分割料金が残っていると、支払いが継続されるので注意してください。

8.docomoのポケット型WiFiとWiMAXを比較

docomoのポケット型WiFiとWiMAXの月額料金を比較すると下記のようになります。

サービス名 月額料金 通信速度
ドコモのポケット型WiFi 3,465円〜7,315円 下り平均:130.75Mbps
上り平均:37.37Mbps
GMOとくとくBB 1~24ヶ月:4,158円(税込)
25ヶ月以降:4,708円(税込)
下り平均:78.05Mbps
上り平均:15.21Mbps
Broad WiMAX 1〜25ヶ月:4,268円(税込)
それ以降:4,818円(税込)
下り平均:78.05Mbps
上り平均:15.21Mbps
カシモWiMAX 初月:1,408円(税込)
初月以降:4,455円(税込)
下り平均:78.05Mbps
上り平均:15.21Mbps
UQ WiMAX 1〜25ヶ月:4,268円(税込)
それ以降:4,818円(税込)
下り平均:78.05Mbps
上り平均:15.21Mbps
BIGLOBE WiMAX 1~24ヶ月:4,378円(税込)
25ヶ月以降:4,928円(税込)
下り平均:78.05Mbps
上り平均:15.21Mbps

やはりdocomoのポケット型WiFiの方が通信速度は圧倒的に速いものの、料金は高い傾向にあります。

使い放題で月々の料金を抑えたい方はWiMAXを選んだ方がいいでしょう。

9.docomoのポケット型WiFiに契約する時の注意点

docomoのポケット型WiFiに契約するときの注意点は以下の2つです。

  • ①スマホプランとの同時加入が必須
  • ②利用データ容量はスマホプランの内容に準じる

ここで紹介する注意点を必ず確認しておきましょう。

①スマホプランとの同時加入が必須

docomoのポケット型WiFiは、スマホプランとのセット加入が必須となっているサービスです。

ポケット型WiFi単体での契約はできないので注意が必要です。

docomoのスマホをお持ちの方であれば、スムーズに加入することができますが、それ以外のスマホを使っている人は事前に乗り換える必要があります。

②利用データ容量はスマホプランの内容に準じる

docomoのポケット型WiFiで使えるデータ容量は、加入しているスマホプランの内容に応じて決まります。

5Gギガホ プレミアに加入していれば容量無制限で使えるのですが、5Gギガライトだと7GBまでしか使えないので注意してください。

10.docomoのポケット型WiFiに関するQ&A

ここでは、docomoのポケット型WiFiに関してよくある質問をまとめました。

気になるポイントや疑問点がある人はこちらを参考にしてみてください。

①申し込みから何日で届く?

ドコモオンラインショップでの購入であれば最短で3日程度のお届けに対応しています。

送料も無料で購入できるのでドコモオンラインショップの利用がおすすめです。

②端末代が無料になるキャンペーンはある?

docomoのポケット型WiFiでは、端末代が無料になるキャンペーンは実施されていません。

契約しようと思ったら端末代が実費でかかるので注意してください。

端末代は無料がいいという人はWiMAXがおすすめです。

③docomoのポケット型WiFiがつながりにくい時の対処法は?

端末を再起動したり、スマホやパソコンなどの接続設定を確認してみたりしてください。

その他には、使用する周波数帯を変えてみたり、使用場所のエリアチェックを行なって5Gが入るエリアに移動してみたりするのも効果的です。

それでも解決しない場合は通信障害やメンテナンス中の可能性もあるので、公式サイトやTwitterなどをチェックして最新情報を得てください。

④ポケット型WiFiのみの契約はできる?

ポケット型WiFiのみの契約はできません。

docomoのポケットWI-Fiを契約するには、スマホプランとセットでなければいけません。

⑤docomoのポケット型WiFiはレンタルできる?

docomoのポケット型wifiレンタルできるサービスはあります。

短期の利用であれば便利に使えますが、ドコモのポケット型WiFiのレンタルサービスは高価になりがちなのであまりおすすめではありません。

⑥docomoのポケット型WiFiの問い合わせ先は?

docomoのポケット型WiFiの問い合わせ先は「ドコモインフォメーションセンター」で受け付けています。

  • 151(ドコモの携帯電話から)
  • 0120-800-000(一般電話/ドコモ以外の携帯電話から)
  • 受付時間:午前9時~午後8時

⑦docomoのポケット型WiFiはdカードGOLDの10%還元の対象?

docomoのポケット型WiFiは、dカードGOLDで提供されている10%還元の対象ではありません。

10%還元の対象はドコモのスマホとドコモ光のみです。

⑧利用できる支払い方法は?

ドコモで利用できる支払い方法は下記の通りです。

  • クレジットカード
  • 口座振替

ポケット型wifi口座振替できるなら使い勝手も良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゆび
【ポケット型wifi公式】おすすめwifiはこちら