【青髭対策・解消方法】青髭が目立つ3つの原因と4つの治し方

1.青髭になる原因

青髭の主な原因は次の3つです。

  • ヒゲの剃り残しがある
  • テストステロンが過剰分泌されている
  • 皮膚が薄く毛根が透けている

正しい対策を行うためにも、まずは何が原因で青髭が目立っているのかを確認しておきましょう。

1-1.ヒゲの剃り残しがあるため

シェービング後に肌を触ってみてザラザラしているなら、剃り残しが原因です。
ヒゲを剃った直後は毛の断面が広くなり、黒い部分が目立ちやすい状態になります。

さらに根元まで剃れていないヒゲが多くあると、点ではなく連続して見えるため、あご全体が青っぽい印象になってしまいます。
剃り残しが原因だと考えられる場合は、「2-1.ヒゲを深剃りする」を参考に青髭対策を行いましょう。

1-2.テストステロンが過剰分泌されているため


次のよう場合はテストステロンの過剰分泌が原因で、青髭が目立っていると考えられます。

  • ヒゲが濃い
  • 剃ってもすぐにヒゲが伸びる

テストステロンとは、男性らしい体を作るのに欠かせない男性ホルモンです。
しかし分泌量が多過ぎると、「テストステロン」は「5αリダクターゼ」という酵素によって活性化され「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変化します。

すると「DHT(ジヒドロテストステロン)」は男性ホルモンの受容体に結合し、ヒゲが濃くなり、頭髪が薄くなるという作用を及ぼすことがわかっています。
青髭の原因がテストステロンの過剰分泌だと考えられる場合は、「4.男性ホルモンの分泌を抑えて青髭を減らす方法へ」をチェックしてみてください。

参考サイト:https://datsumou-yokohamachuoh.com/
参考サイト:https://mainichigahakken.net/

1-3.皮膚が薄く毛根が透けているため

次の2つに当てはまる人の青髭は、「透けて見える毛根」が原因です。

  • 深剃りをしても青髭が目立つ
  • 肌の色が白い

顔の皮膚はとても薄く表皮はわずか0.2㎜ほどしかないため、毛根が透けて青っぽく見えてしまうことがあります。
色黒の人より色白の人の方が青髭が目立ちやすいのは、皮膚の下の毛根が透けて見えやすいからです。

深剃りをしても青髭が目立つという人は、「3.青髭を毛をなくすことによって解消する方法」を参考に青髭の解消を目指しましょう。

2.青髭隠しの方法

青髭隠しの方法
青髭を手軽に隠す方法を4つ紹介します。

2-1.ヒゲを深剃りする

根元までしっかりヒゲを剃っておけば、剃り残しが原因で青髭が目立つのを防げます。
シェービングのポイントは次の2つです。

  • 蒸しタオルで髭を温めてから剃る
  • ヒゲが最も伸びやすい「朝の6時~10時」を狙う

細かい部分までしっかり深剃りをしたい人はカミソリ、肌に負担をかけず髭を深剃りしたい人は電動シェーバーを使って手入れを行いましょう。

2-2.コンシーラーで隠す


外出先で青髭を手軽に隠したい時は、コンシーラーを使うのがおすすめです。
青髭対策には、固めのテクスチャーでしっかり青髭を隠せる「スティックタイプ」のコンシーラーが適しています。

コンパクトで持ち運びにも便利なので、カバンに1本入れておくと安心です。

2-3.メンズファンデーションで隠す

広範囲の青髭対策には、ファンデーションが最適です。
ファンデーションを使えば、青髭だけでなくニキビ跡やカミソリ負けによる肌荒れもまとめてカバーすることができます。

塗っていることがバレないように、男性の肌色に合う「メンズファンデーション」を選びましょう。

2-4.デザインをおしゃれに整える

次のような場合は無理に隠さず、おしゃれなデザインにヒゲを整えるのがおすすめです。

  • 深剃りしてもすぐに生えてくる
  • ヒゲが濃すぎてコンシーラーやファンデーションで隠れない

顔の形に合うデザインを選べば、小顔効果や顔の悩みを解消する効果も期待できるので、ぜひ挑戦してましょう。

3.青髭を毛をなくすことによって解消する方法

青髭を毛をなくすことによって解消する方法
毛根ごとヒゲをなくしてしまえば、青髭の悩みを確実に解消することができます。
「青髭を隠し続けるのは大変!」という人は、次の4つの方法を試してみましょう。

3-1.脱毛クリニックで永久脱毛する

青髭を解消する方法として最もおすすめなのは「クリニックでの永久脱毛」です。
クリニックでヒゲ脱毛をするメリットとしては、次の3つが挙げられます。

クリニックでヒゲ脱毛をするメリット
  • 短期間で青髭を解消できる
  • シェービングを続けるより費用を安く抑えられる
  • 青髭の悩みから永久に解放される

クリニックでは医療機関でのみ扱える高出力のレーザーで毛根を破壊できるため、5回(1年~1年半)ほどで青髭の悩みを解消できます。
またシェービングを続けるより費用も安く抑えられます。

シェービング代とクリニックのヒゲ脱毛にかかる費用

年数 シェービングを続けた場合 クリニックで永久脱毛した場合
1年 12,000円 約12万円
5年 6万円 約12万円
10年 12万円 約12万円
20年 24万円 約12万円
30年 36万円 約12万円

※シェービング代はカミソリ代やシェービング剤に月1,000円使った場合。
※クリニックの料金は、ヒゲ全体(鼻下・あご・あご下・頬・もみあげ)を5回脱毛した場合の平均価格。

安く早く青髭を解消したい人は、クリニックでヒゲ脱毛を始めましょう。
ヒゲ脱毛のおすすめについては、こちらのページで詳しく紹介しています。

参考記事
ヒゲ脱毛が安いおすすめサロン・クリニック【2021年版】髭脱毛をして後悔した人が事前に知りたかったことは?
このページでは、料金が安くておすすめのサロン・クリニックと、髭脱毛をどこでするのかを選ぶ際に重要な3つのポイントを解説します。

3-2.脱毛サロンで脱毛する


痛みの心配なく青髭の解消を目指したい人は、脱毛サロンに通うのがおすすめです。
1,000円以下で体験できるキャンペーンも実施されているので、まずはヒゲ脱毛を試してみることから始めましょう。

3-3.家庭用脱毛器で脱毛する

家庭用脱毛器を使えば、自宅で手軽にヒゲ脱毛を行えます。
脱毛器を使用する主なメリットとしては次の3つが挙げられます。

脱毛器のメリット
  • 10万円以下で購入できる
  • 通う手間がかからない
  • 他の部位もまとめて処理できる

青髭が解消するまでには10~30回はかかるので、根気よく手入れを続けましょう。

3-4.ローションで抑毛する

抑毛ローションで青髭対策を行う主なメリットは次の2つです。

抑毛ローションのメリット
  • 髭剃り後に塗るだけで青髭対策ができる
  • シェービングによる肌荒れを防げる

抑毛ローションにはムダ毛の成長を抑制する「大豆イソフラボン」などの成分が配合されています。
脱毛効果はありませんが、3ヶ月ほど続けて使うことで「毛が細くなり、青髭が目立ちにくくなる」効果を期待できます。

4.男性ホルモンの分泌を抑えて青髭を減らす方法

男性ホルモンの分泌を抑えて青髭を減らす方法
「テストステロン」の過剰分泌が原因の青髭対策には、次の3つの方法が効果的です。

4-1.食生活を改善する

イソフラボンには、テストステロンを活性化する酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑える作用があります。
次のような食品に多く含まれているので、積極的に摂取しましょう。

  • 大豆
  • きな粉
  • 豆腐
  • 納豆
  • 味噌
  • 豆乳

また偏った食生活は、「テストステロン」の過剰分泌につながります。
特に次のような食品は、食べ過ぎには注意が必要です。

  • 肉類(牛肉)
  • 魚介類(うなぎ・牡蠣)
  • ネギ
  • ニンニク

男性ホルモンの分泌を抑えるためにも、イソフラボンを含む食品を取り入れつつ、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

4-2.生活習慣を改善する


男性ホルモンの過剰分泌を抑えるためには、次のような生活習慣を改善することも大切です。

  • 喫煙
  • 夜更かし
  • ストレスをためこむ
  • 過度の筋トレをする

ハーバード大学公衆衛生学部の調査によると、「喫煙者は非喫煙者に比べて次のような男性ホルモンが多く分泌される」という結果が報告されています。

ジヒドロテストステロン(DHT)…13%多い
テストステロン…9%多い
ジヒドロエピアンドロステロン(DHEA)…18%多い
ジヒドロエピアンドロステロン硫化物(DHEAS)…13%多い
アンドロステンジオン…33%多い

参考サイト:https://www.nhtjapan.com/
参考サイト:https://www.davideclinic.com/

青髭対策のためにも、この機会に生活習慣を見直してみましょう。

4-3.サプリメントを使う

サプリメントを活用して、男性ホルモンの過剰分泌を抑えるのも一つの方法です。
特に効果的な成分としては次の3つが挙げられます。

男性ホルモンを抑制する成分と効果

成分 効果
ノコギリヤシ 5αリダクターゼを抑制しDHTの生成を抑える
イソフラボン 女性ホルモンに似た構造で男性ホルモン分泌を抑制する
エクオール 体内で女性ホルモンと似た働きをする

体質によっては体内に入ったイソフラボンをエクオールに変換できず、イソフラボンの効果を実感できないこともあります。
イソフラボンを試しても効果がない場合は、エクオールを含むサプリを飲んでみましょう。

5.これだけはNG!やってはいけない青髭対策


間違った対策をしていると、逆に青髭が濃くなってしまう可能性もあります。
青髭対策を始める前に「NG対策」についても確認しておきましょう。

5-1.日焼けする

日焼けによる青髭対策には、次の5つのデメリットがあります。

日焼けによる青髭対策のデメリット
  • 発毛組織が活性化してヒゲが早く伸びる
  • 紫外線から肌を守るためヒゲが濃くなる
  • ヒゲにメラニンが蓄積して濃く見える
  • 肌が乾燥して深剃りしにくくなる
  • シミやシワの原因になる

紫外線の影響を受け続けると、ヒゲが濃くなり逆効果になってしまうこともあります。
シミやシワの原因にもなるので、日焼けによる青髭対策は避けるようにしましょう。

5-2.除毛クリームを使う


除毛クリームを使った青髭対策は、次の3つの理由からもおすすめできません。

除毛クリームを顔に使うデメリット
  • 肌トラブルが起こりやすい
  • 目や口に入るリスクがある
  • ヒゲは太くて濃いため除毛効果がでにくい

顔は皮膚が薄くて敏感なので、除毛成分が刺激になってしまうことがあります。
そのため除毛クリームは、基本的には顔への使用が推奨されていません。

Q3 :ヒゲが気なります。顔に使っても大丈夫?
頭や顔面、その他デリケートな部分への使用はお避けください。
引用元:「パイナップル豆乳除毛クリーム」のよくある質問

Q.顔やデリケートゾーンにも使えますか?
除毛成分のチオグリコール酸カルシウムが、刺激になるケースもございますので、当店では顔やデリケートな部分への使用はおすすめしておりません。
引用元:「MONOVO ヘアリムーバークリーム」のQ&A

除毛クリームが誤って目や口に入ると大変危険です。
効果よりもリスクの方が高いので、除毛クリームで青髭対策を行うのは避けましょう。

5-3.ヒゲ抜きで抜く

青髭対策でヒゲを抜くのは、次の3つの理由からもおすすめできません。

  • 埋没毛や毛嚢炎、色素沈着のリスクがある
  • 肌を守ろうとしてさらに太い髭が生えてくることがある
  • ヒゲを抜きたくなる抜毛症になる

ヒゲを抜いても毛根は残ったままなので、生えてこなくなることはありません。
また無理に抜くことで毛穴に負担がかかって、埋没毛になると余計に青髭が目立ってしまうため注意が必要です。

6.SNSで調査!効果のあった青髭対策を調査


TwitterやYouTube、Instagramに寄せられている実際に効果のあった青髭対策をまとめて紹介します。


効果のあった青髭対策まとめ
  • BBクリームや男性用ファンデーションで隠す
  • 正しい手順でシェービングをする
  • 化粧水や乳液で毛穴を引き締める
  • 医療脱毛に通う

最も多くの人が挑戦している青髭対策は「メイクで青髭を隠す」という方法でした。
手軽に試せて青髭がマシになったという良い口コミもありましたが、次のようなデメリットもあるようです。

メイクで青髭を隠すデメリット
  • 手間がかかる
  • 時間が経つと崩れて汚くなる
  • マシにはなるが青髭は完全には消えない

一方、最も効果があった青髭対策として挙げられていたのは「医療脱毛に通う」でした。
3回ほどで青髭が気にならなくなったという声もあり、短期間で効果を実感できることがわかります。

一時的に青髭を隠したい人はメイク、確実に青髭を解消したい人は、クリニックで医療脱毛を始めましょう。

7.まとめ


青髭対策は次の5つの方法で行えます。

  1. ヒゲを深剃りする
  2. コンシーラーやファンデーションで隠す
  3. ヒゲを伸ばしてオシャレなデザインに整える
  4. 男性ホルモンの分泌を抑える
  5. ヒゲ脱毛をして根本から青髭を解消する

深剃りやメイクなら初期費用をかけずに手軽に青髭対策を始められますが、一時的な効果しかありません。
またシェーバー代やメイク代がかかり続けるため、ヒゲ脱毛に通うよりも総額が高くなってしまうこともあります。

安く確実に青髭を解消したい人は、ヒゲ脱毛を始めるのがおすすめです。

ヒゲ脱毛のお試しキャンペーンについては、こちらのページをご覧ください。

参考記事
【2021年版】ヒゲ脱毛のお試し体験キャンペーン情報まとめ|お試し体験プランで脱毛する際の4つの注意点このページでは、1,000円から髭脱毛を体験できるサロン・クリニックを紹介。実際に髭脱毛へ行った時の体験談についても解説します。
ヒゲ脱毛の関連記事