大容量wifiの口コミや評判

近年、リモートワークやスマートフォンを利用した動画視聴需要の増加などで、ポケット型WiFiの需要が高まっています。中でも、一定金額で500GBまで利用可能な大容量Wi-Fiが注目を集めています。

しかし、「大容量Wi-Fiって一体何?」「大容量Wi-Fiを利用するメリット・デメリットデジタルセールが知りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、大容量Wi-Fiの口コミ・評判、利用する、メリットデメリットについて解説します。具体的な機種や契約料金、利用がおすすめの人についても解説していますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

大容量WiFiとは?

大容量WiFiとは?

大容量Wi-Fiとは、株式会社ルナが提供している大容量のポケット型WiFiのことです。月額料金は比較的安く、最大500GBまで利用できるため、大量の動画視聴やでも安心して利用できます。

また、毎月のGB数に応じて料金プランが変動し、各種オプションも展開しています。利用エリアに制限はなく、日本全国どこからでも利用可能です。

通信回線はauとSoftBankの位いずれかから選択ができ、大手通信キャリアと同等の通信速度を実現しています。安定した通信回線で、大量の通信容量を使用する予定がある場合、最適なポケット型WiFiと言えるでしょう。

田舎や山間部にお住まいの方は以下をチェック!
田舎でおすすめのポケット型wifi。遅い事や圏外になる事を回避するには

大容量WiFiの良い口コミ・評判

大容量WiFiの良い口コミ・評判は以下の通りです。

  • 料金が安いため利用しやすい
  • 通信容量を一気に利用しても心配いらない

順に解説します。

楽天モバイルの口コミはこちら

料金が安いため利用しやすい

安価で利用できるポケット型WiFiを探していたら、目に止まったため契約。大容量WiFiが一番安かったので利用しています。端末費用が必要ないく、初期費用も不要のためコストを抑えられました。

大容量WiFiは最低50GBを月額2,400円で利用できるため、他のポケット型WiFiサービスに比べると安価に契約が可能です。また、大容量WiFiでは契約時に端末台が必要ありません。

他のポケット型WiFiサービスでは、月額料金と端末料金を毎月支払うことが多いため、非常にお得に契約ができます。

どこよりもwifiなどの他の会社に比べてかなり安いため、最初は本当に使えるか心配でした。契約して利用を始めてからは何事もなく使えているため、大容量Wi-Fiを選んでよかったです。

大容量WiFiは最大500GBまで契約しても月額6,900円だけしかかかりません。他のポケット型WiFiサービスでは、500GBまで通信容量を利用することができず、
複数台ポケット型wifiレンタルする必要がありました。

一方、大容量WiFiは多くの通信容量を利用できるだけではなく、安価に契約できる点は多くのユーザーから好評のようです。さらに、大容量WiFiでは定期的に割日キャンペーンを実施しており、2022年1月10日〜2020年4月30日の間に開催されている「新春キャンペーン」では、200〜500GBまでの月額料金が最大半年間990円になります。

対象プランとオプションを同時に申し込むだけで、通常よりも5,000円ほど安くなる破格のキャンペーンが実施されているため、30,000円分お得に契約が可能です。

過去にもお得なキャンペーンを実施していた経歴があるため、コスト面を重視してポケット型WiFiを契約したい場合は大容量WiFiがおすすめです。
ポケット型wifiおすすめの記事はこちら

通信容量を一気に利用しても心配いらない

地球wifiなどの他のポケットW-Fiだと1ヶ月50GBしか利用できなかったため、大容量Wi-Fiを選びました。大容量Wi-Fiなら1ヶ月に500GBまで使い放題のため、全く容量を気にすることなく動画を見続けられます。

大容量WiFiは最大500GBまで契約できるため、他のポケット型WiFiサービスが提供していない通信容量で利用可能です。テレワークや毎日動画を視聴する方にとっては、非常に嬉しいサービスと言えるでしょう。

外出中でもインターネットをよく利用するため、大容量Wi-Fiを契約しました。一度に大量の通信容量を使用しても制限がかからないため、や仕事、プライベート共に活用しています。

ポケット型WiFiサービスは大容量WiFiは仕事でインターネットを利用する方にも好評のようです。オンライン通話を利用する場合、通常よりも通信容量を使用するため、少ない通信容量のポケット型WiFiでは心もとないでしょう。

しかし、大容量WiFiなら最大500GBの通信容量で安定して、ビジネスシーンでも利用できます。

利用するデータ容量に合わせて契約できる点が魅力的でした。プランが複数に分かれているため、自分にぴったりの容量を選んで契約しました。

大容量WiFiの通信容量プランは50〜500GBまで6種類存在するため、自身の利用する分だけ契約できます。他のポケット型WiFiサービスは、通信容量プランが3つ程度しかないことが多いことから、利用しない分まで契約が必要でした。

一方、大容量WiFiは自身が利用する分だけ、ピッタリに契約ができる点に定評があるようです。

大容量WiFiを利用するメリット

大容量WiFiを利用するメリットは、以下の通りです。

  • 500GBまでは無制限で利用可能
  • 最大速度が速い
  • 工事・配送料不要
  • 初期費用を抑えて契約できる
  • 相場よりも月額料金が安い

順に解説します。

メリット1:500GBまでは無制限で利用可能

大容量WiFiでは500GBのプランで契約すれば、500GBまでポケット型wifi無制限で利用できます。また、大容量WiFiでは下記6つのプランから利用する通信容量を選択可能です。

  • 50
  • 100
  • 200
  • 300
  • 400
  • 500

他のポケット型WiFiサービスでは、そもそも500GBまで通信容量が利用できないケースが多く、毎月がっつりデータ通信を利用する方にとっては向いていませんでした。中には、
前後利用してしまうとに制限がかかり、本来の通信スピードが出ないこともあります。

そのため、通信速度制限にかからないように毎月調整しながらデータ通信を行う必要がありました。しかし、大容量WiFiの500GBプランを契約することで、利用通信量を気にすることなくデータ通信を利用できます。

これまで通信容量の少なさに不満を抱えていた方にとって、大容量WiFiは最適のサービスと言えるでしょう。

メリット2:最大速度が速い

大容量WiFiの通信速度は、下り:72~150Gbps・上り:37.5~50Mbpsと比較的早いスピードで通信できます。電波はauとSoftBankを利用して通信しています。

また、大容量WiFiの端末はクラウドSIMに対応しているため、通信状況に合わせて通信先を変更可能です。インターネット接続時に一番電波の強い回線を自動で選択して通信するため、常に安定した速度を提供します。

ただし、貸出端末によって通信速度に変化があるため、あらかじめ理解した上で利用すると良いでしょう。

メリット3:工事・配送料不要

大容量WiFiは工事・配送料不要で契約できます。専用のポケット型WiFiが届けばすぐに利用でき、電源を入れてデバイスに接続するだけでインターネット回線を使用可能です。

また、ポケット型WiFiを配送する費用もかからないため、コスト面を気にすることなく利用を始められます。契約して気軽に利用できる点は、大容量WiFiのメリットと言えるでしょう。

メリット4:初期費用を抑えて契約できる

大容量WiFiは契約時に必要な費用が月額料金と事務手数料だけとなるため、最低限のコストで契約を進められます。

他のポケット型WiFiサービスでは、月額料金と事務手数料の他に、端末手数料・工事費用など各種初期費用が発生します。しかし、大容量WiFiは必要最低限の初期費用で契約を進めるため、コストを気にすることなくすぐ契約可能です。

また、契約したプラン内の通信データ利用であれば、追加でコストがかかる心配もありません。

メリット5:相場よりも月額料金が安い

大容量WiFiの月額料金は、相場に比べても安く設定されています。他のポケット型WiFiサービスと比較してみました。

サービス名 50GB 100GB 200GB 300GB 400GB 500GB
大容量WiFi 2,400円 2,900円 3,900円 4,900円 5,900円 6,900円
ゼウスWi-Fi 3,278円
クラウドWiFi 2,980円 3,718円
FujiWi-Fi 4,345円 5,445円
TheWi-Fi 3,281円

大容量WiFiは他のポケット型WiFiサービスが提供しているどの料金プランよりも安く契約できます。また、大容量WiFiほどGB数のバリエーションがあるポケット型WiFiサービスも少ないため、確実に他よりも安くWi-Fiを利用可能です。

また、多くのポケット型WiFiサービスが提供している100GBプランでは、最大2,000円以上も安く展開しています。このように、大容量WiFiは他のポケット型WiFiサービスと比べても、月額料金がやすいと言えるでしょう。

大容量wifiの機種

大容量WiFiで利用できるポケット型WiFiの機種は、以下2つです。

  • GlocalMe G3
  • GlocalMe U3

順に解説します。

GlocalMe G3

GlocalMe G3の端末情報は以下の通りです。

該当箇所 詳細
通信速度 下り最大:72.0Mbps

上り最大:37.5Mbps

重量 240g
本体サイズ 126.5×65×19mm
連続通信時間 約18時間
最大接続可能台数 5台
充電ポート USB Type-Bケーブル(充電用)

GlocalMe G3はGlocalMe U3に比べて少しサイズ感が大きく重量があるため、存在感を感じるポケット型WiFiです。その分、約18時間連続して通信をし続けられるため、長時間の外出時でも安心して利用できます。

また、電池の容量は5350mAhとなるため、GlocalMe U3よりも2000mAh以上も多いです。外出してインターネット通信を利用する場合は、GlocalMe G3の方が最適なポケット型WiFiの機種と言えるでしょう。

GlocalMe U3

GlocalMe U3の端末情報は以下の通りです。

該当箇所 詳細
通信速度 下り最大:150.0Mbps

上り最大:50.0Mbps

重量 125g
本体サイズ 126×66×10mm
連続通信時間 約12時間
最大接続可能台数 10台
充電ポート USB Type-Cケーブル(充電用)

GlocalMe U3はGlocalMe G3よりも連続通信可能時間や電池容量は少なく設定されていますが、本体重量は100g以上軽く最大接続可能数が多いポケット型WiFi機種です。

コンパクトでシンプルな設計となるため、ちょっとした外出時でも違和感なく持ち歩けます。また、同時に最大10台の機種と接続できるため、外出中に家族や同僚と接続して利用も可能です。

さらに、GlocalMe G3よりも下り・上りともに最大速度は高い数値となるため、快適な通信環境を実現できるでしょう。

他の機種と違って端末発送

テーブルで他のwifiの端末との発送の違い

大容量WiFiは契約後、郵送にて上記で紹介したいづれかの機種が郵送されます。基本的には、契約日の翌日に端末が発送されるため、すぐに利用を始められます。

下記にて端末の郵送速度を他のポケット型WiFiサービスと比較してみました。

ポケット型WiFiサービス名 発送スピード
大容量WiFi 最短即日発送
ゼウスWi-Fi 最短即日発送
ASAHIネットWiMAX 申し込みから2営業日発送

ポケット型WiFiサービスの中には、光回線工事が必要になることがあり、契約から利用開始までに1ヶ月近くかかることがります。一方、大容量WiFiは契約から即日インターネット回線の利用が可能です。

そのため、急遽テレワークや固定回線の故障などで、インターネット回線が必要になった場合でも最適と言えるでしょう。

通信制限について

大容量WiFiでも契約プラン以上の通信容量を利用してしまうと通信制限がかかり、翌月までインターネットを利用できなくなってしまいます。下記にて、利用用途ごとに通信データをどれほど利用するのかまとめてみました。

利用用途 100GB 300GB 500GB
Webブラウジング 約33万ページの閲覧 約99万ページの閲覧 約165万ページの閲覧
動画視聴 約150時間 約450時間 約750時間
メール送付 約20万通 約60万通 約100万通
Web会議利用 約170時間 約510時間 約850時間

本体、100GBの契約であれば1日3時間YouTubeやNetflixなどで動画を視聴したとしても、通信制限がかかることはありません。Web会議としてインターネットを利用した場合でも、100GB以上に到達することは少ないでしょう。

つまり、大容量WiFiの500GBプランを契約している場合、基本的に通信制限にかかることはありません。30日間毎日動画を視聴した場合でも、500GB以上の通信データを使うことはできないため、通信制限について考えることなくインターネット回線を利用可能です。

日々大量のインターネット通信を場合、大容量WiFiの500GBを契約することで心配を解消できます。

大容量WiFiを利用するデメリット

大容量WiFiを利用するデメリットは、以下の通りです。

  • 契約期間が長く違約金が高い
  • 電話手続きが必要
  • 5Gに対応していない

順に解説します。

デメリット1:契約期間が長く違約金が高い

大容量WiFiの最低契約期間は2年で、期間内に契約を解約すると違約金が発生します。違約金は一律19,800円となり、契約から24ヶ月以内に解約すると発生してしまいます。

2年間確実にポケット型WiFiでインターネットを利用する場合は問題ありませんが、短期間だけや急遽インターネット環境が必要になった方にとっては長い契約期間と言えるでしょう。

契約期間に柔軟なポケット型WiFiサービスを希望する場合には、デメリットとして考えられます。ただし、24ヶ月以降はいつ解約しても解約きんが発生しないため、長期間ポケット型WiFiを利用する方にはおすすめです。

デメリット2:電話手続きが必要

大容量WiFiは申し込み時に電話対応が必要となるため、Webだけで契約が完結することはありません。ポケット型WiFiのWeb申し込みを行い、ポケット型WiFi本体が到着した後にトラスト株式会社から確認の電話がかかってきます。

確認の電話に対応しなければ正式な契約は完了とならないため、Webだけでサービスが完了でしたい方にとってはデメリットと言えるでしょう。

また、電話連絡を含めて、契約までのステップが長いため手続きを煩わしく感じる方も多い可能性があります。

デメリット3:5Gに対応していない

docomohome5gに代表される大容量WiFiが提供するポケットWi-FIは4G海戦までの対応となり、5G通信は行えません。競合他社のWiMAXでは5Gに対応したポケット型WiFiを提供しているため、4G以上でインターネット回線を利用したい方にとってはデメリットです。

ただし、今後サーボスの拡張によって5Gに対応したポケット型WiFiを提供する可能性があるため、合わせて確認しておくと良いでしょう。

大容量WiFiの申し込み方法

大容量WiFiの申し込み方法は以下の通りです。

  • 公式サイトから申し込みフォームへ進む
  • プランとオプションを選択する
  • 個人情報を入力する
  • 支払い方法を選択する
  • 申し込み完了

順に解説します。

公式サイトから申し込みフォームへ進む

大容量WiFiに申し込む際は、公式サイトへアクセスして申し込みフォームを選択しましょう。申し込みフォームは「WEBから簡単申し込み」と表示されているため、クリック・タップするだけで問題ありません。

プランとオプションを選択する

申し込みフォームに進んだ後は、自身が利用するGBのプランを選択します。50〜500GBまで選択できるため、毎月利用する容量を選びましょう。

続いて、各種補償・サービスとオプションを確認します。用意されている補償は以下の3つです。

  • サポートプラス:端末の全てに対応した補償
  • サポートライト:端末の破損と水没に対応した補償

また、選択できるオプションは以下の通りです。

  • スマートコンシェルジュ:各種トラブルをリモート・電話で対応してもらえる
  • メガチャージ:1Mbpsの通信容量追加サービス

内容を確認した上で次に進みましょう。

個人情報を入力する

補償とオプションの選択が完了した後は、契約者の個人情報を入力します。名前や電話番号・メールアドレスなど基本的な情報を入力し、本人確認の身分証明書をアップロードします。

ここでポケットWi-FI端末の配達希望時間帯を選択するため、忘れずにチェックしておきましょう。

支払い方法を選択する

大容量WiFiの支払い方法は「クレジットカード」と「後払い」の2種類です。自身の好みの支払い方法を選択しましょう。
ポケット型wifi口座振替はできません。

申し込み完了

最後にマイページへログインする際のログインPWを設定しましょう。以上で申し込み完了です。登録メールアドレス宛に、完了メールが届きますので、忘れずに確認しておきましょう。

大容量WiFiがおすすめの人

大容量WiFiの契約がおすすめな人は以下の通りです。

  • 毎月の利用料金を限りなく抑えたい人
  • 200GB以上の通信容量を利用する人
  • 2年以上ポケット型WiFiサービスを利用したい人

大容量WiFiは他社よりも安い料金で毎月利用できるポケット型WiFiサービスです。200GB以上のプランも用意されているため、他のポケット型WiFiサービスで通信容量に不満を抱えている場合には最適と言えるでしょう。

大容量の解約金

デメリット部分でも紹介した通り、大容量WiFiを契約期間中に解約すると解約金が発生します。下記にて、他のポケット型WiFiサービスの解約金を比較してみました。

ポケット型WiFiサービス名 解約金 最低契約期間
大容量WiFi 19,800円 2年
ゼウスWi-Fi 9,900円 2年
Mugen Wi-Fi 9,000円 2年

他のポケット型WiFiサービスと比べても、大容量WiFiの解約金は高めに設定されています。最低契約期間も変更できないため、2年未満で解約を考えている場合は、比較的割高のサービスと言えるでしょう。

まとめ

以上、大容量Wi-Fiの口コミ・評判、利用する、メリットデメリットについて解説しました。大容量WiFiは通信容量最大500GBまで無制限利用可能なため、動画を長時間見る人やビジネスでインターネット回線を利用する方にもおすすめです。

ただし、最低契約期間は2年となり、期間内に解約すると必ず解約きんが発生します。毎月200GB以上の通信容量を利用する場合や最低でも2年以上ポケット型WiFiを利用する場合は最適のサービスと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ゆび
【ポケット型wifi公式】おすすめwifiはこちら