ダーマペン4東京がおすすめの院。デメリットは?


ニキビ、ニキビ跡、毛穴の改善に有効な美容医療が『ダーマペン』です。

今回の記事ではダーマペンを受けるならおすすめの東京のクリニックや、ダーマペンの特徴、デメリットなど丸ごと解説していきます!

ダーマペンを受けられる東京のおすすめクリニック

ダーマペン東京

ダーマペンを受けられる東京のおすすめクリニックをご紹介します!

■ダーマペン×東京!おすすめクリニック!■

  • 品川スキンクリニック
  • 【無料カウンセリング】湘南美容外科
  • 共立美容外科
  • メディアージュクリニック青山院

老舗のクリニック中心です。
ダーマペンは多くのクリニックが取り扱っているメニューなのです。

そのためダーマペンを希望する方は、情報量が多くお手頃価格で治療を受けやすい大手に集中しやすい傾向があります。

ダーマペンをどこで受けようか迷ったら、今回のクリニックの中から選べば満足度の高さに期待できるはず!

ダーマペンを受けたいときはまずカウンセリングが必要になりますので、カウンセリングの予約からスタートしましょう!

pr品川スキンクリニック

品川スキンクリニックは、ダーマペン4を取り扱っています。

ダーマペン4の料金設定に注目。初回限定料金という制度があり、初めてでも気軽に相談しやすいです。

ちなみにダーマペン4と他の治療を組み合わせたメニューなんかも多数あるので、総合的に美容ケアをしたい方とも相性が良いですよ!

■ダーマペン4の料金■

  • ホホのみ初回限定12,960円(税込)/2回目以降16,200円(税込)
  • 全顔・首(各)初回限定17,270円(税込)/2回目以降19,800円(税込)
  • 顔+首初回限定32,400円(税込)/2回目以降36,300円(税込)

品川スキンクリニックでダーマペン4を受けるなら新宿院がおすすめです!

公式リンク 品川スキンクリニック
料金 ホホのみ初回限定12,960円(税込)

pr湘南美容外科

湘南美容外科では珍しいダーマペンのメニューがあるので、ぜひ注目していただきたいです。

その名もACRSダーマペン!!

これはダーマペン4と治療を受ける方自身の血液から抽出するACRS(自己血サイトカインリッチ血清)というものを組み合わせた肌再生治療。

血液を遠心分離させたものを肌に塗りながら施術を行うというもので……『ヴァンパイアフェイシャル』という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

ACRSダーマペンはヴァンパイアフェイシャルの進化系です。

ニキビだけでなく。
シミ・色素沈着・ニキビ、キビ跡・赤ら顔・乾燥などの改善にお勧めです。
珍しい治療ということや血液を採取することから『ちょっと怖いかも……』という方も少なくはありませんが、湘南美容外科でACRSダーマペンの相談をしてみるのはいかがでしょうか!?

ACRSダーマペンは新宿本院限定の施術となるので、予約の際はご注意ください!

■ACRSダーマペンの料金■

  • 顔1回108,000円

■ダーマペン4の料金■

  • 顔1回19,800円
  • 顔5回84,000円
公式リンク 【無料カウンセリング】湘南美容クリニック
料金 顔1回19,800円(ダーマペン4)

共立美容外科

共立美容外科はダーマペンでおすすめの、老舗のクリニックです。

ダーマペンを受けるなら新宿本院に注目しましょう。ダーマペンの症例数も多く安心感&信頼感ありです!

■ダーマペンの料金■

  • 全顔1回19,800円/3回54,450円/99,000円
  • 鼻1回7,800円/3回21,450円/6回39,000円
  • 頬(ほほ)1回/14,800円/3回40,700円/6回74,000円

ちなみに共立美容外科では妊娠線や二の腕、こめかみなどにもダーマペンで施術できます。

様々な箇所に対応しているので、こだわりがある方にもおすすめなのです!

公式リンク 共立美容外科
料金 全顔1回19,800円

メディアージュクリニック青山院

メディアージュクリニック青山院は親切丁寧なカウンセリングで自分に最適な治療を教えてくれる、きめ細やかなサービス力で高評価を獲得しています!

ラグジュアリーでリラックスできて、エステサロンのようにおしゃれなクリニックが良いならおすすめ。

■ダーマペン4の料金■

  • 顔全体1回40,000円
  • 顔全体5回180,000円

メディアージュクリニック青山院では、ダーマペン4と組み合わせられる美容医療にも力を入れています。

ダーマペン4を受けるだけでなく他にも色々受けて美肌にアプローチしたいなら、メディアージュクリニック青山院に注目です!

公式リンク メディアージュクリニック青山院
料金 顔全体1回40,000円

ダーマペンのメリット

■ダーマペンのメリット■

  • レーザー治療より手軽
  • ダウンタイムが少ない
  • ニキビとニキビ跡を治したいなら心強い治療方法

ダーマペン以外にもニキビ、ニキビ跡の治療方法は色々あるので、カウンセリングで相談して治療方法を決めるのも良いでしょう。

ダーマペンのデメリット

ニーズに合えばとても心強い治療であるダーマペンですが……デメリットとなりえそうな要素もあります。

■ダーマペンのデメリット■

  • 極細とはいえ針を刺すのでチクチク刺激を感じてしまう方がいる
  • 金属アレルギーだと受けられない
  • アルコールが入っている化粧品は使用できない期間が出てくる
  • 赤みが引くまでサウナと入浴ができない(シャワーは可能)

あとはご存じない方からすれば『え、それってちょっと……』と思われる可能性があるのが、1回ぽっきりよりも何度か通った方が元々の状態からの変化を実感しやすい治療であることです。

ダーマペンは1回でも満足できることが多いですが、より良い美肌を目指すなら複数回の施術が推奨されているのです。

通う頻度は2~4週間に1回くらいが良いとされています。回数は5回くらいが目安。

実際、一度ダーマペンを受けると5回程度継続する方が多いです。(※必ずしもこの限りではなく肌質によってはもっと少なく済む場合もあります)

すなわち費用を考えるときには1回だけの費用ではなく、何回通うかの総額で考えなければいけません。

総額になるとまた料金が変わってくるので、そのあたり通うのが大変と感じる方もいるのです。

ダーマペンの直後とダウンタイム

ダーマペンの直後とダウンタイム

ダーマペンは施術直後赤みが出ることが多いです。数時間で引いていくことが多いですが、個人差が出ることがあります。

また、ダウンタイムとして翌日まで軽い内出血をすることもあります。

基本的には施術翌日にメイクをすれば隠せる程度のダウンタイムとなることが多いです。

クリニックでは必ずダウンタイムについても事前に説明してくれますので、納得できたら治療を受けると安心です!

ダーマペンの特徴

ダーマペンは赤ニキビ、白ニキビ、ニキビ跡など、幅広いニキビ関連症状に対し有効な治療です。

ダーマペンの施術は大きな体温計のような形の専用医療機器を顔に当てて進めていきます。

髪の毛より細い極細の針を使用してレーザー治療と同じ理論で対応するのですが、レーザー治療よりも気軽であることが評価されているポイントでもあります。

この極細の針で刺して垂直に小さく細い穴を開け、それに対して肌が回復する働きの中でニキビやニキビ跡を治療します。

ちなみにダーマペンはニキビとニキビ跡に用いる治療です。

ニキビやニキビ跡を改善できる

ニキビやニキビ跡に悩んでいるときレーザー治療や保険適用の薬剤など選択肢は色々ありますが、薬剤だと太ったりむくんだりするイメージをお持ちの方もいるようですし、合う治療方法は人それぞれ違います。

ダーマペンは気軽な方法で、的確に治療していきたい方におすすめなのです。

もちろん好みにもよるのでまずはカウンセリングで検討しましょう。

いちご鼻にもいい?

毛穴改善だけを目的としている場合は他の治療を選択した方が良いケースもあります。ダーマペンはあくまでもニキビとニキビ跡に悩んでいる方向きの治療だからです。

ニキビやニキビ跡に悩みつつ、毛穴もなんとかしたい……という方もカウンセリングを検討してみましょう。

ダーマペンは仕上がりの良さなし?

ダーマペンは仕上がりがあることが確認されている治療です。

とはいえ合う合わないは個人差が出ることがありますので、気になる方はカウンセリングで医師に相談するのが良いでしょう。

ダーマペンは失敗することもある?

ダーマペンは失敗することもある?

ダーマペンは基本的に失敗するほど複雑な施術内容ではありませんが、もちろん医療行為である以上リスクはゼロではありません。

怖い場合はカウンセリングでその旨を伝えて、安全性の高さを医師や看護師さんに説明してもらって安心できたら受けるか検討すると良いでしょう!

ダーマペンとダーマペン4の違い

ダーマペンに興味があると『ダーマペン4』という言葉を耳にしたり見たりする機会があるかもしれません。

この『4』はたまたまの打ち間違いではなく、ダーマペンのバージョンみたいなものです。数字が大きいほうが新しいです。

従来のダーマペンよりもダーマペン4の方が先端の極細針の数が多く、1秒間に開けられる穴も多いです。

オートマッチクバイブレーション機能なんかもあって、施術時の痛みや不快感が軽減されやすいという強みもあります。

クリニックによってはダーマペンとダーマペン4、メニューを分けているケースもありますし、4よりも前のダーマペンだけを導入していたり、反対にダーマペン4だけを導入していたりするケースもあります。

今回はダーマペンの以前のバージョンとダーマペン4のメニューが分かれているクリニックについては、優先して以前のバージョンの料金を記載します。

ダーマペン4のほうがアップデート版とはいえ、以前のバージョンでも充分に満足できるなどの理由でそちらが選ばれるケースもあるのです。

新しいからといってダーマペン4が誰にとっても必ずしも最善のメニューというわけではないのです。

どちらを選べばいいか迷ったときには、クリニックに相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pr整形のカウンセリングについてはこちら