クレジットカードでお金を借りる方法 金利なども検証

お金を借りようと思った時に、消費者金融で借りる方法もありますが、クレジットカードのキャッシング枠を利用して借りる方法もあります。

中にはクレジットカードのキャッシングで借りたいという方もいると思われます。

そこで今回は、クレジットカードでお金を借りたい方に向けて、キャッシング機能の概要や消費者金融でお金を借りる場合との違い、おすすめのクレジットカードなどについて解説します。

この記事を読むことで以下の3つがわかります。

  • クレジットカードのキャッシング機能について
  • クレジットカードと消費者金融のキャッシングの違い
  • キャッシングにおすすめのクレジットカード

クレジットカードのキャッシング機能について

クレジットカードのキャッシング機能について

キャッシングの機能がどういったものかあまりよくわからないという方もいると思われます。

まずクレジットカードのキャッシング機能がどういったものなのか、その概要や仕組みについて解説していきます。

キャッシングとは?

キャッシングはクレジットカードに付与されている機能の1つで、現金を借りられるサービスの総称のことです。

本来はカードローンでお金を借りる場合もキャッシングという呼ばれ方をしますが、一般的にキャッシングと言うとクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることをイメージする方が多いです。

大抵のクレジットカードには大なり小なりキャッシング枠が設けられていて、その金額の範囲内でお金を借りられます。

クレジットカードのキャッシングの仕組み

キャッシング機能がついたクレジットカードには、買い物で使える上限額を表すショッピング枠と借入に使える上限額を表すキャッシング枠の2つがあります。

キャッシング枠を利用する場合は、キャッシング機能付きのクレジットカードをコンビニやスーパーなどに設置されているATM、あるいは銀行などで使って操作して申し込めば、わざわざ電話などでやり取りをすることなくお金を借りられます。

初めに審査を済ませていれば、あとは利用可能額まで審査をすることなく操作をすればお金が借りられるので手軽で便利です。

その審査スピードはクレジットカード会社によって異なります。

即日審査が完了するところもあれば、審査に数日かかってしまうところもあるので、事前にクレジットカードのキャッシングに関する評判や口コミを確認して、審査に何日かかるのか確認してください。

即日審査完了というのをアピールポイントとして公表しているクレジットカードのキャッシングを利用すると、確実に即日審査を済ませてサービスが利用できます。

ちなみに、支払をすればそれだけ利用可能金額が戻る仕組みとなっていて、この枠の上限額は審査を経て増やすことも可能です。

その際は金融サービスでの事故情報がないか、これまでスムーズにクレジットカードの支払いをしているか、積極的にクレジットカードを活用しているかなどが見られます。

自分で申請することで増加する場合もありますが、自動的に運営側から判断されて枠が増加することもあります。

返済する際は、いつもクレジットカードのショッピングで利用した金額が引き落とされる口座と同じところから引き落とされます。

収入的に余力があって、給料が振り込まれたから借りた分を一気にすぐに返したいという方は、Webや電話で連絡して振り込むように手続きを進めてください。

急に支払い口座に振り込んでも、運営側では何の支払いなのか判断できず、結局電話で確認のやり取りが発生してしまいます。

お互いにとって手間にならないように配慮するようにしましょう。

クレジットカードにキャッシング機能を付帯する方法は?

クレジットカードにキャッシング機能を付帯するためには、カードを発行してから申請する場合もあれば、カード発行の時点で申請して付与する場合もあります。

キャッシング機能はあった方が緊急時に対応できると考える方もいれば、キャッシング機能が使えるとそれに甘えてしまうのではないかと心配する方もいるでしょう。

カード発行時点でキャッシング機能の付帯を希望する方が実際のところは多いですが、後で付与することもできるので、自分の性格に合わせてどうするか判断してください。

クレジットカードのキャッシング機能の特徴

クレジットカードのキャッシング機能の特徴

クレジットカードのキャッシングには以下のような特徴が見られます。

  • カード1枚で完結する
  • 急な出費に使いやすい
  • カードローンが使えない時に使える場合がある

1つずつみていきます。

カード1枚で完結する

初めてお金を借りる際は、消費者金融だと個人情報や借入にまつわる情報を伝えて手続きをしなければいけないのでややめんどうです。

しかし、クレジットカードのキャッシングだとカード発行時に必要な登録情報は伝えてあり、借入時にもカード1枚あれば借入金額の入力をATMなどですればすぐに借りられて便利です。

わざわざ手続きをせずにカード1枚あればそれでいつでも気軽に借りられるのはクレジットカードのキャッシング機能の大きな強みと言えます。

急な出費に使いやすい

クレジットカードのキャッシング機能は急な出費に使いやすいです。

消費者金融で借りるとなると、申し込みをして審査を経て、それでようやく振り込まれるので今すぐに欲しいという時に対応できない場面が多いです。

初めに審査を終えていたら、あとは決まった金額まで借入できるといった仕組みのところもありますが、そういったところばかりではありません。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能はどこも発行時に利用可能枠が決まっていて、あとはATMなどで操作したらすぐに借りれます。

確実にすぐお金が借りられるようにしておきたい方は、クレジットカードのキャッシング機能がおすすめです。

カードローンが使えない時に使える場合がある

消費者金融などのカードローンをメインとして使っている方は、非常時にお金を借りられる手段としてキャッシング機能付きのクレジットカードを持っておくと便利です。

もし消費者金融でこれ以上お金を借りられないという状況になった際、別の消費者金融で借りるとなると審査に通りにくくて借りれないということが起こるかもしれません。

しかし、クレジットカードは発行時に審査が行われるので、お金を借りる時になって審査が行われるわけではありません。

そのため、お金を借りる時点では審査に通らない状況でもお金が借り入れられます。

ちなみに、支払いを滞納しているとキャッシングできなくなるので、カードローンをメインで使っている方は、クレジットカードのキャッシングの返済を優先した方がいいです。

クレジットカードのキャッシング機能が向いている人

クレジットカードのキャッシング機能は以下のような人が利用するのに向いています。

  • クレジットカードを保有している人
  • 借入額が大きくない人
  • めんどくさがりやな性格の人

1つずつみていきます。

クレジットカードを保有している人

クレジットカードを保有していて、クレジットカードでの買い物をよくする人に向いてます。

クレジットカードを発行するならその機能の全てをできる限りフルに活用できた方がいいです。

全くクレジットカードを利用しないのに発行してもあまり旨みがありません。

そのため、クレジットカードをすでに保有している方、あるいはクレジットカードを発行して十分に使いたいという意志のある方はクレジットカードのキャッシングの利用をおすすめします。

借入額が大きくない人

クレジットカードのキャッシング機能は消費者金融で借りられる金額よりも少ないです。

消費者金融は年収に応じて大きく借り入れ可能な金額が変わりますが、クレジットカードのキャッシング機能は10万円から100万円までが一般的です。

どうしても数万円程度がすぐに欲しいという時に使いやすく、それ以上の金額を借りるとなるときちんと返済できないと扱いづらいです。

そのため、あまり借入額が大きくなく、そこまで頻繁に借り入れをするわけではないという方におすすめできます。

どちらにしても借り入れられる金額が限定されているので、消費者金融を利用する時以上に計画的な返済を意識してサービスを利用してみてください。

めんどくさがりやな性格の人

クレジットカードのキャッシング機能はここまでのことを踏まえると、小さな金額を手軽に借りやすいものであると言えます。

消費者金融でお金を借りようとするとどうしても複数個所で借りるとなった場合に手続きがめんどうです。

それでも、クレジットカード発行の手続きを済ませてしまえばいつでも借りられるキャッシング機能は、めんどくさがりやな性格をしている方でもお金を借りやすい手段として有効です。

もしそういった性格かもしれないといった方はキャッシングを試してみてください。

クレジットカードと消費者金融のキャッシングの違い

クレジットカードと消費者金融のキャッシングの違い

クレジットカードのキャッシング機能を使う前に、消費者金融で借りる場合との違いを理解しておいた方がいいです。

主に以下の点で2つの借り方の違いが見られます。

  • サービス内容が違う
  • 返済方法
  • 限度額
  • 金利
  • 海外での使いやすさ

サービス内容が違う

消費者金融はお金を貸すのがメインのサービスとなっていて、そのサービスを利用してもらうためにお金を借りてもらいやすいようなキャンペーンが実施されています。

例えば、30日間無利息無金利であったり、30分で審査が可能だったり、家族にバレずに借りられるというのを売り文句として打ち出しています。

一方で、クレジットカードのメインサービスはあくまでもショッピング機能で、キャッシング機能は付属サービスとして扱われています。

そのため、そこまでキャッシングに対して手厚いサービスがあるわけではありません。

しかし、初めて利用すればそのカードで貯められるポイントがもらえたりするキャンペーンが実施されていることもあるので、キャンペーン内容をチェックしておくことをおすすめします。

返済方法

消費者金融で借りたお金を返す場合、毎月返済をする約定返済が基本です。

初めに借りた金額に合わせて自動的に毎月返済される額が決まります。

そこから追加で借り入れた場合、金額は固定で支払期間が延びるパターンと支払金額が上がるパターンがあります。

どちらになるかは金融機関ごとでその対応が変わるので事前に調べた方がいいです。

ちなみに、消費者金融でも一括で払うことができますが、その際は一報入れるようにしましょう。

一方で、クレジットカードのキャッシングはキャッシング1回払いとキャッシングリボ払いから選択できます。

キャッシング1回払いはその名の通り一括で借入金を返済する方法で、キャッシングリボ払いは毎月一定の額を返済する方法です。

具体的な支払い方法はATMでできる場合、口座振替でできる場合、両方できる場合とカード会社ごとで対応の仕方は変わります。

限度額

借入限度額の上限については、年収次第では消費者金融の方が借り入れられる額が多くなります。

入社して1、2年目の正社員の方の年収くらいであれば、どちらの方法をとっても100万円程度までが限度だと考えられています。

しかし、クレジットカードのキャッシングでそれ以上の金額を借り入れるのは難しいです。

無理なくお金を借り入れていきたい方はクレジットカード、どうしても多額のお金が必要な方は消費者金融という形で利用するといいでしょう。

金利

一般的に消費者金融とキャッシングの金利を比較すると、キャッシングの方が高い傾向があります。

例えば、楽天カードのキャッシング機能の金利は18%で固定されています。

クレジットカードのキャッシングだと、概ねこのくらいの金利で設定されていることが多いです。

それに対して、消費者金融のアコムの金利は借り入れ金額によって変わり、500万円以上の借り入れになると3.0%まで抑えることが可能です。

このくらいの金利で借り入れられることがあるので、大きな金額を借りるとなると消費者金融の方がいいと考えられています。

金利の比較表

消費者金融とキャッシングの金利の比較表を以下にまとめました。

借入方法 借入先 金利
キャッシング 楽天カード 18.0%
エポスカード 18.0%
JCBカード 15.0%~18.0%
三井住友カード 15.0%~18.0%
MUFGカード 14.95%~17.95%
オリコカード 15.0%~18.0%
セゾンカード 12.0%~18.0%
イオンカード 7.8%~18.0%
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

どちらの方法を使うとしても、金利がMAX18.0%であるところがほとんどです。

先程も少し触れましたが、キャッシングはあまり金利の差がなく、消費者金融は金利の差が顕著に出やすい傾向にあります。

これは借り入れられる金額の大きさが起因していて、クレジットカードのキャッシングは借り入れられる金額がそこまで大きくはならない分、確実に金利での利益を出すためにこの年率で設定されています。

消費者金融は借り入れられる金額が多く、借入額が大きくなるとその分金利を少なくなる仕組みとなっています。

そうすることで継続的にサービスを利用してもらいやすくしています。

それでも、お金を借り入れる際は総量規制という制限があって、年収の3分の1以上借り入れることができない点に注意が必要です。

これは1社だけでなく借り入れている会社全体で見た借入合計額で計算されます。

海外での使いやすさ

ここまで聞くと消費者金融の方がいいのではないのかと感じる方もいるかもしれませんが、海外での使いやすさという点ではクレジットカードのキャッシングが向いています。

クレジットカードには海外キャッシュサービスというものがあって、海外のATMで現地の通貨をキャッシングできます。

ただ、海外でのキャッシングは当然為替レートを意識しなければなりません。

1ドル100円だと1000ドルをキャッシングするとなると日本円で10万円となります。

それに対して、円高で1ドル90円になったとして、1000ドルをキャッシングするとなると日本円で9万円となります。

借りれる金額の大きさは小さくなりますが、その分金利は安くなります。

その辺りのことを考えて海外キャッシュサービスを利用してみてください。

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる方法は、コンビニのATMや金融機関で引き出す方法とWeb上で手続きをして振り込んでもらう方法の2つがあります。

それぞれの方法でのお金の借り方について解説していきます。

コンビニや金融機関での引き出し方法

ATMで借り入れる場合は、以下の手順で操作をしていきます。

  • 「お引き出し」を選択
  • カードを挿入
  • 暗証番号を入力
  • 「キャッシング」を選択
  • 借入額を入力

まずはATMのメインメニューで「お引き出し」を選択します。

カードによっては先にキャッシングかどうかが選択できることもあるので、それぞれのカードごとに柔軟に対応してください。

その後、カードの挿入が要求されるので、クレジットカードをATMに挿入します。

それからカードの暗証番号を入力して、「キャッシング」を選択します。

画面が変わって借入額を入力すると、指定した金額が引き出しできるようになります。

この方法だとノンタイムで引き出しができるので、数分も待つのも厳しく今すぐに現金が必要な場合はこの方法をおすすめします。

メリットが多い方法ですが、強いて言えばこの方法だとわざわざATMまで出向かなければならないのが少しめんどうに感じてしまうかもしれません。

Web上でのキャッシング方法

使用しているクレジットカードのアプリやブラウザのサイト内でキャッシングを利用することもできます。

そのアプリやサイトを開き、キャッシングの申し込みの手続きページを開いて、そこで借入金額などを入力します。

申込内容に間違いがないか確認して、問題なければそのまま申し込み申請を進めてください。

具体的な操作方法はクレジットカード会社が提供するアプリやサイトの仕様によって違うので、キャッシングを使うクレジットカード別に操作方法を調べておきましょう。

申し込みが完了したら、数分あるいは数十分後に口座にお金が振り込まれます。

キャッシングにおすすめのクレジットカード8選

キャッシングにおすすめのクレジットカードとして、以下の8つが挙げられます。

  • 楽天カード
  • イオンカード
  • ライフカード
  • セゾンカード
  • JCBカード W
  • エポスカード
  • 三井住友カード
  • Tカード

これらの金利やポイント還元率、貯まるポイントなどについて以下の表にまとめました。

金利 ポイント還元率 貯まるポイント
楽天カード 18.0% 1.0~3.0% 楽天ポイント
イオンカード 7.8%~18.0% 0.5~1.33% WAONポイント
ライフカード  15.0~18.0% 0.5~1.5% LIFEサンクスポイント
セゾンカード 12.0%~18.0% 0.5~1.0% 永久不滅ポイント
JCBカード W 15.0%~18.0% 1.0% Oki Dokiポイント
エポスカード 18.0% 0.5% エポスポイント
三井住友カード 15.0%~18.0% 0.5~5.0% Vポイント
Tカード 14.95〜17.95% 0.5~2.0% Tポイント

1つずつ詳しくみていきます。

楽天カード

楽天カードは人気率の高いクレジットカードとして保有しているという方が多いカードの1つです。

楽天カードでは楽天ポイントが貯まりやすく、このポイントは街中のあらゆる場所でよく使われるポイントの1つということもあってポイントをうまく活用しやすいです。

また、ショッピングの請求額確定期間までなら自由に分割払い設定ができるところが大きな強みとなっていて、支払い額を自由にコントロールしやすく、通常のカードであれば年会費もかからないので使い勝手の良さにも人気が集まっています。

キャッシングを利用する場合は、金額に関係なく金利が18%かかり、キャッシングの枠の上限は100万円までとなっています。

利用する際は、ATMとネットキャッシングと好きな方を選んでください。

楽天カードのネットキャッシングは即時振込が可能なので、より早く現金が欲しいという方はネットキャッシングを利用することをおすすめします。

ちなみに、大抵のクレジットカードはこれに該当しますが、キャッシング利用分に対して楽天ポイントは付与されないので注意が必要です。

イオンカード

イオンカードは大型ショッピングセンターで知られるイオングループが展開するクレジットカード事業です。

日頃からイオングループの系列の店舗で買い物をする方にとって使いやすく、毎月20日と30日に支払いが5%OFFになったり、イオンシネマでお得な料金でチケットが購入出来たりします。

そのイオンカードで貯まるWAONポイントは、イオン系列の店舗でないと使えないケースもあって、同じコンビニでもファミリーマートでは使えてもセブンイレブンでは使えません。

WAONポイントが使えるところとそうでないところはよく確認しておいた方がいいです。

キャッシング目的で利用する場合、他のクレジットカードと比べて金利の差が大きいので、クレジットカードのキャッシング機能でもある程度大きな金額を借りたいという方におすすめです。

キャッシングの利用可能枠の上限は300万円となっています。

利用する際は、ATMあるいはイオンウォレットなどのアプリを使って申請できます。

ただ、オンライン上での申請は楽天カードほどは早くないので、ATMでの申し込みの方がいいかもしれません。

他にも、ポイント還元率が他のクレジットカードと比べてやや低めなので、そこも踏まえつつ検討するのがいいでしょう。

ライフカード

ライフカードは有名な消費者金融の1つであるアイフルの子会社である「ライフカード株式会社」が提供しているクレジットカードです。

そういったバックグラウンドがあるため、キャッシングの利用に対して安心感を持って使えるクレジットカードだと言えます。

ライフカードは審査が通りやすいカードとして評判があり、初めてクレジットカードを持ちたいという大学生や年収が低い社会人、過去に延滞歴などがあって不安な方に向いています。

また、ポイントの還元率そのものはあまり高くありませんが、ポイントが貯まりやすい特典がいくつもあって、積極的に利用していると通常よりポイントが貯まりやすくなったりします。

公式でカードを発行すると最大10,000円分のポイントがもらえたりもするので、カードを発行したい方や利用している方はキャンペーンなどを定期的に確認した方がいいでしょう。

キャッシングサービスは全国の14万台以上のATMで利用できて、海外でも100万台以上のATMで利用できるので、海外によく行く方にもおすすめできます。

海外でのキャッシングは試したことがないとどうしたらいいかわからないことも多いと思われます。

そういった時にアイフルで積んだ実績を頼りに相談しやすい状態が作れているというのはライフカードにしかない強みなので、利用する方は運営のサポートにも頼りながら活用してみてください。

セゾンカード

セゾンカードは永久不滅ポイントという有効期限のないポイント制度を採用しているクレジットカードです。

本来ならポイントには有効期限があることがほとんどですが、セゾンで扱っている永久不滅ポイントはその全ては永久的に消えることはありません。

このポイントはそのままでは街中で使えませんが、セゾンのアプリ内でnanacoなどポイントに交換することで使えるようになったり、商品やギフト券などと引き換えることができるので汎用性が高いです。

また、アメリカン・エキスプレスやTOHOシネマズなどの提携カードの展開も幅広く、自分の生活スタイルに合ったものを選びやすい点でも使いやすさを感じられます。

キャッシングの面では、イオンカードに次いで金利の幅が広くて、大きな金額を借りるのにやや適しているクレジットカードだと言えます。

利用上限はクレジットカードの種類によって大きく変わりますが、最大で300万円まで対応できるカードもあり、こまめに借りるよりまとめて借りた方が金利が下がってお得になります。

ちなみに、セゾンカードは収入がないとキャッシングの対応はしないと大々的に公表しているので、厳しく適正に対応してくれるという意味では安心して利用しやすいです。

JCBカード W

JCBカード Wは通常のJCBカードと比べてポイントが2倍付くクレジットカードです。

年会費が無料でお得にポイントが貯まりやすいカードの1つとして知られていて、若い世代を中心に人気があります。

ポイントの還元率そのものは他のクレジットカードと比べるとやや低めに感じてしまうかもしれません。

しかし、Amazonやセブンイレブンなどの優待店で利用すると常にポイントが数倍になり、特にスターバックスになるとポイントが常に10倍なので、スターバックスをよく利用する方におすすめできます。

キャッシングで利用する場合は上限で100万円まで利用でき、キャッシングに必要最低限必要なものだけ備わっているという感じです。

もっとお得に利用したい方は、キャッシング専用のカード「FAITH」を検討してみてもいいでしょう。

金利が4.40%~12.50%となり、借入上限額も500万円まで上げられます。

クレジットカードのキャッシングとしては最も優秀な機能を備えていて、今入会すると最大2.5ヶ月分までの金利を0円にできるキャンペーンも実施しているので、気になる方はFAITHを試してみてください。

エポスカード

エポスカードはマルイグループが展開しているクレジットカードです。

様々なアニメ作品とのタイアップカードの展開を広げていて、自分の好きな作品をより身近に感じたいという方を中心に人気を集めています。

それだけでなく、海外旅行保険が年会費無料のカードでも自動で付与されていて、他のクレジットカードにはない特徴なので、海外旅行に出かける機会の多い方にもおすすめです。

また、カラオケ館やビックエコー、魚民などの全国約1万店舗で割引サービスが適応されます。

カードを提示しただけで割引が適応されるカードというのは少ないので、日常的に使いやすい仕様にもなっています。

キャッシングは99万円までが上限枠となっていて、金利は18%で固定されています。

そのため、キャッシングであまりお得感は感じられないかもしれませんが、ATMの手数料がずっと無料なので使いやすいです。

ただ、ショッピングで貯まるポイントの還元率があまり高くないので、メリットとデメリットを把握した上でどうするか判断してください。

三井住友カード

三井住友カードは幅広い種類のカードを展開していて、日本で最初にVISAカードを発行したクレジットカードです。

かなりポイントが手厚いカードの1つで、いくつものポイントのキャンペーンや普段の利用での還元率の高さが特徴的です。

Vポイントもそのまま普段の買い物に使うことはできませんが、Vポイントが使えるiDカードを使えば普段の買い物でも利用できます。

また、ゴールド会員は本来どこも年会費がかかりますが、年間100万円の利用があれば翌年以降の年会費が永年無料になるという珍しい仕様にもなっています。

無料でゴールドカードを持ちたい方におすすめです。

キャッシングは会員のランクによって金利が若干異なるので高いランクの方がいいですが、もし一般会員であったとしても利用上限を50万円まで上げることができるので、気軽にキャッシングしたい方にもおすすめです。

それ以外のランクに変えても借りれる額は変わらないので、借りすぎのリスクを避けることはできます。

その代わりに100万円まで借りれるところも多いので、そういう点ではやや不便に感じてしまうところもあると思われます。

ちなみに、10万円以内の利用だと毎月5,000円の返済で、10万円を超えると1万円、20万円を超えると1万5,000円の返済というわかりやすい仕組みとなっています。

どのカードを使うか迷っている方は是非利用してみてください。

Tカード

TカードはTポイントを貯めたり使ったりできる共通ポイントカードで、その中にクレジットカード機能が付いているものがあります。

Tポイントは全国的に街中で使えるポイントとして先駆的に普及されるようになったポイントです。

シェア率の高いポイントとしてあらゆる店舗で利用でき、様々な方面でTポイントに関するサービスが提供されています。

クレジットカードで付与されるポイントは少ないかもしれませんが、特定の曜日や店舗での利用で多くポイントがもらえたりするので、かなりポイントが貯めやすいカードの1つだと言えます。

キャッシングでは100万円程度しか借りれないクレジットカードが多いですが、Tカードもセゾンカードのように色々な形で提供されているので、カードによっては100万円以上が上限となっているものもあります。

Tカードを利用することを検討している方は、どのカードがいいかキャッシングの面も含めて調べて比較検討してみてください。

クレジットカードでお金を借りる際の注意点

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる場合は、以下の点に注意した方が良いです。

  • ショッピング枠とキャッシング枠の関係
  • 返済計画を立てる
  • 登録内容が変更した際には連絡する

1つずつみていきます。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があることを説明しました。

しかし、これらは別物として捉えてはいけません。

意外と勘違いしている方が多いのですが、ショッピング枠にはキャッシング枠の限度額も含まれています。

例えば、ショッピング枠100万円、キャッシング枠10万円に設定されていると仮定すると、ショッピングで100万円、キャッシングで10万円利用できるわけではありません。

キャッシング枠をフルで利用するとすれば、ショッピングで90万円、キャッシングで10万円使えるということになります。

つまり、キャッシング枠の利用が多いとそれだけショッピング枠が圧迫されてしまいます。

逆に言えば、ショッピング枠を使いすぎるといざという時にお金が借りられないということも起こることも十分あり得ます。

「ショッピング+キャッシング=ショッピング枠」という認識をもって、全体のバランスを考えながらキャッシング枠を利用してください。

返済計画を立てる

返済計画を立てないままお金を借りるのはやめた方がいいです。

よくあるのがクレジットカードのショッピングの支払いができなくて、キャッシング枠を利用してしまうことで、これでどうにかしのげるとしても1、2回分が限度です。

消費者金融のように電話のやりとりがある場合は、具体的な返済計画を提示することで審査が通りやすくなったりして、特に金融機関の事故情報がある方だとそれが提示できなければ借りられないということもあります。

しかし、クレジットカードのキャッシングはそれがないので、無計画に借りてしまうと負債をより増やしてしまうこととなり、結果的に自分の首を絞める形となります。

そうならないためにも、返済計画を立てないまま借りるのは消費者金融でお金を借りるより危険なことだと認識しておきましょう。

登録内容が変更した際には連絡する

クレジットカード発行時に登録した情報は、引っ越しなどで変わった場合に情報の更新を行ったり、直接カード会社に連絡した方がいいです。

カード会社側で方針が変わったりするとそれに合った更新カードが発送されたり、住所などが一致していないと不正利用の損害補償が受け取れないなどのデメリットがいくつかあります。

後者はキャッシングには関係ありませんが、前者はそもそも古いカードだとショッピングどころかキャッシングも利用できないので大きな問題となってきます。

更新された新しいクレジットカードは重要書類として扱われていて、その住所に住んでいない場合に転居届を出して新しい住所に転送してもらうということができず、カード会社に送り返されてしまいます。

更新したカードが受け取れるように、せめて住所の変更だけでもあった場合に登録情報を変更するように心がけてください。

まとめ

クレジットカードにはキャッシング機能というお金を借りることのできる機能を付与することができます。

他にも消費者金融で借りるという方法がありますが、それと比べてクレジットカードのキャッシング機能は以下の点で大きく違ってきます。

  • 借りれる額が少ない
  • 低い金利で借りづらい
  • 審査を毎回しなくていい

クレジットカードのキャッシングは大胆な借入ができませんが、手軽に少額を借り入れる場合には消費者金融で借りる方法よりも便利で使いやすいです。

1人あたり平均して2、3枚はクレジットカードを保有しているというふうに言われています。

そのため、キャッシングの機能さえ事前に使えるようにしておけばすぐに利用できます。

上記のような点で消費者金融とうまく住み分けができていて、どちらの方がニーズを満たせるかは人によって異なります。

自分がどう借り入れるのかを踏まえてフィットする方を選んでください。

そして、同じクレジットカードでもその選び方をよく考えないと使いにくさを感じてしまいます。

あくまでもクレジットカードのメイン機能はショッピングやポイント面なので、それらをよく考えつつキャッシング機能が使いにくくないものを選ぶことが大切です。

出来る限りお得に買い物をして、無理なくキャッシング機能で借りたお金が返せる状態を作るのが一番です。

実際、ポイントがお得に貯まるクレジットカードもあれば、キャッシングで借りれる金額が大きかったり、海外でのキャッシングに利用できやすかったりするクレジットカードなどもあります。

ショッピングとキャッシングのお得度の比重がそれぞれ異なっているので、その辺りを加味してどこで契約するか判断してみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です