無職(パートやアルバイト)の方でも使えるカードローン

無職(パートやアルバイト)の方でも使えるカードローン

消費者金融のカードローンを利用するには審査が必要です。

ただ、実質審査なしでお金を借りる方法も存在します。

審査に通るなら消費者金融のカードローンを優先して検討したい場面が多いでしょうが、状況に応じて借り入れ方法を決めていきたいところ。

そこで今回はお金借りるための選択肢や特徴、審査に通りやすくするために行いたいことなどを解説していきます!

審査なしでカードローンを利用する方法は存在しない

実質審査なしで借り入れできる方法は存在するものの、消費者金融でも三菱UFJ銀行カードローンなどの銀行でもカードローンについては審査なしで利用することはできません。

必ず審査によって融資の可否を判断されるのです。

審査の所要時間はカードローンを取り扱う企業によって異なります。消費者金融のカードローンの場合は、即日審査・即日融資に対応しています。

みずほ銀行カードローンなどの銀行のカードローンも即日審査可能としているところはありますが、銀行のほうが審査に時間がかかることが多く、即日融資はあまり期待できません。

即日融資を希望するなら消費者金融のカードローンを検討するといいのです。

審査なしで対応できるというローンは闇金の可能性あり

もしかしたら、『カードローンは審査があるっていうけど、審査がないところもあるよ』と、感じた方もいるかもしれませんが……

審査なしで利用できるローンがあるとしたら、それは闇金などの違法業者なので要注意です。

違法業者からお金を借りるのは絶対にやめておきましょう。

貸金業者に定められている法律を無視した高すぎる金利などの条件を設定されることにより借金が膨れ上がり、返済不能に陥り、弁護士や法テラスなどへ違法業者に関する相談が持ち込まれる件数は決して少なくありません。

闇金からお金を借りたら大きなトラブルを抱えるリスクがあります。

お金を借りるなら、貸金業の法律を守って融資を行っている消費者金融を選びましょう。

無職でもカードローンを利用できるケースはゼロではないものの限りなく審査は厳しい

消費者金融のカードローンは審査があります。

審査によって返済可能かどうかを判断されるので、当然ながら収入があるかどうかは注目されます。それなら収入がない無職だと審査は通らないのかというと……

絶対に通らないわけではありませんが、限りなく厳しいです。

無職と専業主婦の方は、消費者金融のカードローンの審査で不利になりやすいです。

カードローンの審査では何を見られる?

カードローンの審査基準を大まかに公開している消費者金融もあるものの、詳細項目までは公開していません。ただし、これは確実に見られるというポイントは共通して存在しているので、確認していきましょう。

■消費者金融のカードローンの審査で確実に見られるポイント■

  • 1、申し込み可能年齢の範囲か
  • 2、継続した収入があるか
  • 3、信用情報に問題はないか

1、年齢が申し込み可能範囲か

消費者金融のカードローンに申し込みできる年齢は20歳~69歳までとなっているところが多いです。(※消費者金融によって異なる場合もあります)

申し込みをして審査が始まると、まず年齢も確認されるので、消費者金融のカードローンには申し込み対象の年齢の方が申し込むようにしましょう。

2、継続した収入があるか

継続した収入があるかどうかは、審査において重視されるポイントです。

基本的に消費者金融のカードローンの審査は無職・専業主婦の方は通りません。継続した収入がないと、返済していける可能性は低いと判断されるからです。

ここで注意しておきたいのは、継続した収入=収入が高いことを求められているわけではないということです。

何となく『社会人として普通に1人暮らしで自活できるくらいの収入が最低限必要』というイメージを持ちやすいかもしれませんが、実は消費者金融のカードローンは月収数万円以上あれば申し込み可能なのです。

アルバイト・パート・学生でも申し込みOKなので、求められる収入の金額のハードルは高くありません。

大事なのは継続した収入があるかどうかのほうです。

収入が低い場合は、融資上限額も下がりますが(返済していけるであろう金額で設定されるため) 借りられる可能性が出てきます。

『アルバイトで月数万円くらいしか収入がない』という方も、融資を受けたいときには申し込みを検討しましょう。

学生がPayPayでお金を借るならこちら

3、信用情報

継続した収入があることと併せて重視されるのが、信用情報に問題がないことです。

過去にローンや家賃やスマホ料金などの支払い遅延をしていなくて、債務整理や自己破産の履歴がないことが望ましいです。

これらの履歴は信用情報機関に登録されます。 消費者金融を含め、金融機関は融資の審査をするときこの信用情報機関に情報照会を行い、申し込み者の信用情報を確認します。

■支払い遅延をしてしまった場合でも、審査に通ることはある■

ローンや家賃やスマホ料金などの支払い遅延をしてしまった場合、信用情報機関に登録はされますが……これはずっとではありません。

支払い遅延や債務整理は5年、自己破産の場合は10年記録が残ります。

カードローンの申し込みをしたタイミングで登録が消える年月が過ぎている場合は、心配する必要はありません。

ちなみに記録が残っているタイミングでも、消費者金融のカードローンの審査に通るケースはゼロではありません。他の要素と総合的に判断されて通る可能性も一応あるのです。

過去にした債務整理や自己破産については仕方ありませんが、現在進行形の支払い遅延については解消しておくことで、何もしないよりも審査に通りやすくできます。

審査スピードを速めてお金を借りる方法

消費者金融のカードローンでお金を借りたいとき、審査スピードを速くするためのちょっとしたコツがあります。

申し込み手続きをしている時間が午前中かつ、即日審査・即日融資対応の大手の消費者金融を(即日融資可能な申し込み方法で)選んでいる場合は、そこまでスピードを心配しなくても大丈夫ですが……

『それでも融資までの時間を少しでも短縮したい』という方はぜひ参考にしてください。

■審査スピードを速めてお金を借りる方法■

  • 即日融資に対応している消費者金融のカードローンを選ぶ
  • WEB完結申し込みもしくはWEB申し込みからの電話連絡
  • 借り入れ希望額をできるだけ抑える
  • 支払い遅延をしているローンや固定費がある場合は申し込み前に解消しておく

他社でローンの支払い遅延がなくても、家賃やスマホなどの固定費の支払いが遅れていると最新の情報が信用情報機関に登録されています。

もしも心当たりがある場合は、申し込み前に支払い遅延は解消しておきましょう。

即日融資対応の消費者金融を利用する

審査スピードを速くするためにまず大切なのが、即日融資に力を入れている消費者金融を選ぶことです。 即日融資を希望するなら、消費者金融の中から絞り込んでいきましょう。

大手の消費者金融であれば基本的にどこを選んでも即日融資に力を入れています。

例えばアコムなら、スムーズに手続きが進んだ場合申し込みから最短1時間以内に借り入れまで対応できます。

凄く速いですが、実はアコムだけが極端に早いわけではなく、今回ピックアップしている他の大手の消費者金融もスピーディーにする努力をしています。

即日融資に力を入れている消費者金融なら、早くお金を借りたい方にとっては心強いでしょう。

■即日融資可能でも土日は要注意!■

消費者金融のカードローンは、SMBCモビットやアイフルなど、どうしても審査のうえで必要と判断された場合を除いて在籍確認を行わずに融資を受けられるところもあります。

※その他のところでも、コールセンターのスタッフさんに相談することで在籍確認をなしにすることも可能ではありますが……(※ただし、代わりの書類を求められるケースがあります)

在籍確認が必要となった場合、ネックになるのが土日です。

在籍確認しようにも、職場がお休みだと電話が繋がらない=在籍確認ができなくて審査が進みません。

即日融資を希望する方は、できれば土日を避けて申し込みするといいでしょう。 職場の電話番号=自分の電話番号になる個人事業主の方などは、このあたりあまり気にしなくていいといえます。

WEB完結もしくは電話申し込みを利用する

消費者金融のカードローンで即日融資を希望するなら、基本的にはWEBで完結する申し込み方法を選択するのがおすすめです。

必要情報を入力して送信したら、すぐにその消費者金融のコールセンターに電話をかけるとさらにいいでしょう。 コールセンターのスタッフさんに『早く融資して欲しい』と伝えると、審査を急いでくれるのです。

なお、コールセンターに電話をかけなくても、即日融資は受けられます。

ただ即日融資なのは大前提として『とにかく少しでも早く』というポイントを重視するなら、コールセンターに電話して伝えるほうがいいのです。

審査スピードを速めて欲しいという方は、このコツを試して申し込みしてみるのはいかがでしょうか。

借り入れ希望額を50万円以下にして審査の工程を減らす

審査スピードを速めるために大事なのが、借り入れ希望額を50万円以下にすることです。

50万円以下の融資のほうが審査がスピーディーになり、それよりも希望額が高額になればなるほど審査に時間がかかりやすくなることが多いです。

消費者金融側はお金を返済してもらわなければ事業が成り立たないので、大きなお金を融資するときには『高額融資をしてもきちんと返済してくれる債務者か』というところを、より丁寧に審査しなければいけないからです。

とにかく早く融資して欲しいということであれば、50万円以下の金額で借り入れ希望額を入力して申し込むといいでしょう。

カードローンの審査に落ちる理由

消費者金融のカードローンは、ローンサービスの中でも通りやすい側に該当すると考えられています。

しかしそれでも審査に落ちる方はいます。

続いては、その理由について確認していきましょう。

■消費者金融のカードローンの審査に落ちる理由■

  • 他社での借り入れがある(そしてその借り入れ額が収入に対して多い)
  • 申し込み時の申告に間違いがある
  • 同時に複数の消費者金融に申し込みをしている
  • 信用情報に傷がある
  • 収入がまったくない

この5つの中でも意外と知られていないのが、同時に複数の消費者金融に申し込みをしていることが理由による審査への影響についてです。

実は消費者金融に申し込みすると、ほぼリアルタイムで信用情報機関に最新の情報が登録されます。すなわち消費者金融側が審査するとき、現在進行形で複数社に申し込んでいる履歴というのがわかってしまうのです。

複数社に同時申し込みをしている=お金に困っていると判断されることがあります。

消費者金融は審査で『返済してくれるか』というポイントを見るわけなので、お金に困っている可能性が高いと不利になることがあるのです。

対策としては、消費者金融のカードローンと早く契約したいときでも1社ずつ申し込むことです。

他にも、審査に影響を及ぼす要素はあります。

他社からの借り入れ

他社から借り入れをしている場合、消費者金融のカードローンの審査に通らなくなる可能性があります。

どれだけ借金があるかにもよりますが、他社での借金があるうえでさらに融資を行った場合に返済不能になるリスクがあると判断された場合は、審査で不利になるのです。

視点を変えると、複数社の借り入れがあっても返済できると判断できる状況なら融資してくれます。複数社と契約することが必ずしもダメなわけではありません。

なお、『申し込み時に他社での借り入れ状況を申告しなければ審査に通るのでは?』と、感じてしまった方もいるかもしれませんが……

隠しても確実にバレます。

何故ならどこから借りているか、審査のときに問い合わせを行う信用情報機関で情報が管理されているからです。

他社での借り入れ状況について嘘を入力してもバレますが、バレても消費者金融側から『嘘ですよね?』と質問されることはありません。

理由を伝えられないまま審査で落ちます。もしくは嘘だとバレても、返済可能であると判断されれば審査に通ることもあります。

■複数社で借り入れしていて審査が厳しいときはどうしたらいい?■

この場合はおまとめローンなどを利用して返済を一本化して月々の返済計画を見直したうえで申し込んだり、収入自体をアップしたりしたほうがいいでしょう。

それができないけどどうしてもお金が必要な場合には、生活再建などが理由なら国の融資制度を利用することもできます。

申告に間違いがないか

審査に落ちる理由で、要注意なのが申告間違いです。

これは信用情報の問題と違って、入力ミスなどが原因で発生しやすいので……入力は慎重に行いましょう。

■消費者金融のカードローンの申し込み時に申告しなければいけないこと■

個人情報 氏名、住所、生年月日、電話番号などは正しく入力する
借り入れ状況 他社からの借り入れがある場合は正直に総額を記入しなければいけない
収入や家賃などの収支関連の情報 正しく入力しないと提出書類などでバレやすい
勤務先の情報 SMBCモビットなど在籍確認をしていないケースもあるものの、勤務先に電話で在籍確認をする場合嘘は即バレる

氏名や生年月日の入力、スマホだと手が滑って間違えてしまうこともあるかもしれませんが、間違えてしまうと提出する身分証明書と相違が出るために審査に影響を及ぼします。

申告ミスをした場合はもう一度必要情報を再入力して送信すれば、再び審査してもらえます。

■申告ミスは手続きのやり直しで対応できるものの、虚偽申告はNG■

氏名や生年月日の申告ミスは『入力ミスをしました』と伝えれば基本的に問題ないことですが、問題ありなのが虚偽申告です。

先程触れた内容でもありますが、例えば他社からの借り入れ状況について嘘を入力したことにより審査に影響を及ぼすことがあります。

そして……注意が必要なのは収入や勤務先や家賃などの収支関連の情報です。

『勤務先に連絡が来たら困るから』などの理由で嘘の電話番号を入力してしまったり、既に退職済みの職場の情報を入力してしまったりすると、虚偽申告がバレた際に審査に影響を及ぼします。

■その瞬間は嘘がバレないケースもある■

消費者金融のカードローンの申し込みは、条件によっては収入証明や在籍確認なしで対応してくれるところもあります。

申し込みした時点では嘘がバレないケースも、実はあるのです。

ただ、消費者金融側は融資をした後で『収入を証明できる書類を提出してください』と、連絡してくる可能性もありますし、支払い遅延などが発生した際に職場として記載した先に連絡が行く可能性もあります。

既に融資をしてもらった後でバレた場合は、強制退会になるリスクもあります。

確かに申し込み時点では虚偽申告でもバレずに済んでしまう可能性はありますが、利用した後でバレてしまうと大きなトラブルに繋がる可能性があります。

お金を借りるときには、正直に申告するようにしましょう。

カードローンの審査に通すには?

カードローンの審査に通るには、継続した収入があることと、信用情報に傷がないことの2つが大切になります。

消費者金融の中には大まかな審査基準について公開しているところはありますが、細かく具体的な基準は社内限定の情報なので公開していません。

そのためあくまでも、『大まかな審査基準をクリアするため』のポイントになります。

大抵の場合は、継続した収入があって、信用情報に傷がなくて、無理な借り入れ状況でなければあまり心配しなくていいです。

それでは現在収入がない場合はどうともできないのかというと……一応取れる対策はあります。

■現在無職でカードローンの審査に落ちた方が審査に通るためにできる対策■

  • 数ヵ月ほど収入を得る
  • 支払い遅延があるなら全て解消する
  • 同時申し込みは行わずに消費者金融1社ずつ申し込む

無職だと、絶対ではないものの基本的には消費者金融のカードローンの審査に通るのは難しいです。

理由は収入がないからで、同じ理由でパートやアルバイトなどの収入も一切得ていない専業主婦の方もカードローンの審査に通るのは難しいです。

例外となる可能性があるのは銀行のローン商品です。銀行は総量規制の適用外で(銀行も融資を行っていますが、総量規制の適用はないのです) 担保ありのローン商品もあります。

担保があったり安定した収入のある配偶者がいたりすると、無職・専業主婦でも融資を受けられる可能性はあります。

ただ、銀行の審査は一般的に消費者金融よりも厳しいといわれています。 申し込みはできても、審査に通るかどうかは別の問題だと認識しておきましょう。

『銀行の融資の審査には通らない気がする……』そういう状況ではもう取れる対策はないのかというと、数ヵ月ほど働けるなら働いて給料を得ると消費者金融のカードローンに通る可能性が出てきます。

一応消費者金融のカードローンは日雇い派遣・単発派遣などの固定ワークではないお仕事をしている場合でも、申し込み対象となります。

数ヵ月日雇い派遣・単発派遣をして数万円以上の収入を得て、それを証明できるようになれば審査に通る可能性が出てきます。

ただ、総量規制があるので収入が少ないと審査に通っても借り入れ可能額は少なくなります。

無職の方が消費者金融のカードローンに申し込むなら、基本的には数ヵ月収入を得ることが大切。ただし、支払い遅延がある場合はそれを解消する必要もあるのと、過去に債務整理や自己破産をしていて記録が残っていると収入があっても審査に影響します。

支払い遅延、過去の債務整理や自己破産の経験がない場合においては、収入の確保が消費者金融のカードローンの審査に通りやすくなるポイントなのです。

■働きたくないor事情があって働けない。でもお金を借りたいときは難しい?■

働きたくないor事情があって働けない=無職のままでもお金を借りる方法はあるかというと、生活費や住居費の確保を目的としているなら国の融資制度があります。

また、後ほど詳しくご紹介しますが、ゆうちょ銀行で貯金をしているなら担保自動貸付けを利用できる可能性があります。

その他解約時に払戻金があるタイプの生命保険に加入しているなら、保険会社からお金を借りる制度もあります。

金銭的価値のあるものを持っている場合は、質屋に持っていきお金を借りるという方法もあります。

無職でもお金を借りる方法はあるものの、国の融資制度を除けば、無職の方がお金を借りられる選択肢は融資金額が低くなりやすい傾向があります。

本当に困ったときには国の融資制度の窓口に相談するといいでしょう。

収入証明書になるもの

続いては、消費者金融のカードローンの申し込み時、もしくは審査に通って利用してしばらく経過したタイミングなどで、収入証明書の提出を求められた場合に使える書類について解説していきます。

■消費者金融に提出する用の収入証明として利用できるもの■

源泉徴収票 1年間にいくら収入を得て、いくら税金を納めているか記載されている書類
給与明細書 雇用されている企業から発行される毎月の給料や、給料から引かれた税金がわかる書類
住民税決定通知書 年収から決定した住民税の金額を通知する書類
確定申告書 1年間の収入・支出・医療費などの状況から所得を計算した申告書
青色申告決算書 日々の帳簿を決算書のスタイルで記入する書類
収支内訳書 1年間の収入、売上原価、経費の内訳や給与などを確認するための書類
支払調書 1年間にいくら、何に関連する報酬を支払ったか確認するための書類
所得証明書 1年間の所得金額を証明した書類(住んでいる市町村区で交付)

基本的に消費者金融への提出書類は、源泉徴収票が推奨されることが多いので、源泉徴収票を準備するといいでしょう。

その他の書類については、消費者金融によっては収入証明として提出可能と明記していないこともあるので、提出したい場合には確認が必要です。

ちなみに消費者金融のカードローンを利用するとき、収入証明を提出しなければいけないケースと、提出しなくてもいいケースがあります。

■収入証明を提出しなければいけないケース■

  • 利用限度額が50万円を超える契約
  • 複数社でカードローンに契約していて利用限度額が合計100万円を超えている場合

つまり50万円以下の限度額で1社としか契約しないなら、収入証明を提出しなくてもいいということになります。

■50万円の借り入れを希望しても50万円未満の限度額になることもある■

収入証明を提出するつもりで50万円以上の融資を希望しても、審査の結果50万円未満の金額が上限に設定されることもあります。

これは審査の結果『返済可能だと消費者金融側が判断した一番大きな金額』で上限を設定している、もしくは総量規制を守って設定されています。

消費者金融には総量規制という、貸金業の法律が適用されます。

年収の3分の1を超える融資はできないという内容で、返済計画が立てられないような無理な借り入れを防止する(=債務者を守る)ためのルールでもあります。

すなわち50万円借りたい場合は、シンプルに考えて150万円以上の年収が必要です。

過去にローンや家賃などの支払い遅延をしていなかったとしても、総量規制の範囲内でしか借りられない関係で限度額が希望額未満になることもあるのです。

仮に総量規制を超える借り入れ希望額を入力して申し込みを行ったとしても、それで審査が不利になるわけではありません。審査に通った場合の上限が希望通りではなくなるということです。

無職(パートやアルバイト)の方でも使えるカードローン4選!

『今すぐお金を借りたい』というときに頼れるのが、即日審査・即日融資に対応している消費者金融のカードローンです。

『現時点でローンの契約はなくお金を借りられる状況ではないけど、即日お金を借りたい』というときには、消費者金融のカードローンへの申し込みを検討するのはいかがでしょうか。

■即日融資できる消費者金融のカードローン■

消費者金融 即日融資 極度額 無利息期間 利用方法
プロミス 500万円 30日間無利息 アプリ・店舗ATM提携・コンビニATMなど
アコム 800万円 30日間無利息 アプリ・店舗ATM提携・コンビニATMなど
SMBCモビット 800万 なし アプリ・店舗ATM提携・コンビニATMなど
アイフル 800万円 30日間無利息 アプリ・店舗ATM提携・コンビニATMなど

大手の消費者金融は即日審査・即日融資に対応しています。

ただし、申し込みをした時間によっては信用情報機関が対応できないことから翌日審査になるケースもあります。

即日融資を希望する方は、できれば当日の午前中のうちには申し込みを行いたいところです。

今回ピックアップしている大手の消費者金融、それぞれの特徴を確認していきましょう。

プロミス

最初にご紹介するのは大手の消費者金融、プロミスです!

プロミスは審査をスピーディーに行うことに力を入れています。即日審査と即日融資に対応していて、最短で1時間ほどで融資を受けることが可能です!(※審査状況によって多少前後する可能性があります)

初めてプロミスを利用するなら、30日間の無利息期間が適用されます。

ちなみにプロミスは女性におすすめのカードローンです。

女性専用ダイヤル(レディースコール)が設置されているので、審査のことや返済計画のことなど、何かしら相談したいことがある女性は安心して気軽に連絡してみてくださいね!

■プロミスの申し込み方法■

  • ①WEB(※来店不要で対応できる!)
  • ②自動契約機orお客様サービスプラザ(店頭窓口)

プロミスはカードありとカードレス、好きなほうを選んで利用していくことができます。

ちなみにカードレスなら郵送物は届きません。

家族バレを防ぎたいなら、WEB申し込み+カードレスを選ぶのがおすすめです!

消費者金融名 実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
プロミス  4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短30分 最短1時間

プロミスの借り入れ方法は①店舗ATM②銀行振り込み③セブン銀行ATMもしくはコンビニATMです!

アコム

アコムは大手の消費者金融。全国各地に店舗と無人契約機があり、その数は大手の消費者金融の中でも多いので、利便性の高さに期待できます。

審査にかかる時間は最短で30分というスピーディーっぷり。

融資を受けるまでにかかる時間は最短で1時間。すぐにお金を借りたいときに頼れます。

■アコムの申し込み方法■

  • ①WEB(※来店不要・即日審査・即日借り入れ可能)
  • ②店舗窓口or自動契約機
  • ③電話(※来店不要)
  • ④郵送(※来店不要でありつつ、書類の受け取りと返送が必要)

アコムは申し込み方法の選択肢が多いのも良いポイントです。

ちなみに店舗に足を運ばずに対応できる申し込み方法は、①WEB③電話④郵送の3つです。

ただし、郵送だと即日融資には対応していないので、そこは注意が必要です。即日融資を希望するときには①WEBでの申し込みがおすすめです。

ちなみに初めてアコムで借り入れする場合、30日間の無利息期間があります。

アコムの返済方法は①毎月の口座引き落とし②アプリ経由のネットバンキング③カードを利用しての店舗ATMもしくはコンビニATMから選択できます。提携ATMが多いのもありがたい特徴です。

消費者金融名 実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
アコム 3.0%~18.0%  1万円~800万円 最短30分 最短1時間

アコムの借り入れ方法は①店舗ATM②電話やアプリで依頼しての口座振り込み③セブン銀行ATMもしくはコンビニATMです!

SMBCモビット

SMBCモビットは名前からわかる通り銀行系ではありますが、消費者金融というカテゴリーのカードローンです。

SMBCモビットは即日審査・即日融資に対応しています。

来店不要=Web完結なら電話連絡なしです。

そして力を入れているのはカードレス利用(スマホを通して利用)です。

カードレスなら郵送物もありません。

SMBCモビットが持つ特徴は、『誰にもバレたくない』という方には特にいいでしょう。

なお、『誰にもバレたくなくて、すぐにお金を借りたい』というときは、SMBCモビットのWEB完結申し込みを検討してください。

■SMBCモビットでWEB完結するなら、この中のどれかは必要■

  1. 三井住友銀行の口座
  2. 三菱UFJ銀行の口座
  3. ゆうちょ銀行の口座
  4. みずほ銀行の口座

①から④のいずれかの口座があればWEB完結できますが、口座を所有していないなら先に開設する必要があります。

ちなみに、WEB完結で申し込みをして即日融資を希望している場合は、申し込みをした後にコールセンターに電話して『即日融資を希望している』と伝えましょう。

そうすればすぐに審査を開始してくれます。

SMBCモビットは消費者金融なので審査や融資の対応は早いです。ただし、運営に銀行系要素があるという背景もあり……

他の大手の消費者金融よりも審査時間がかかってくる可能性はあります。

できるだけ早く審査の結果を教えて欲しいというときは、WEB完結で申し込んだ後にコールセンターに電話するという方法を使ってみてくださいね!

消費者金融名 実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万 最短即日 最短即日

SMBCモビットのカードローンの借り入れは、①アプリや電話で依頼しての銀行振り込み②セブン銀行ATMもしくはコンビニATM経由で対応しています。

アイフル

アイフルも大手の消費者金融で、もちろん即日審査と即日融資に対応しています。

アイフルは女性の初めてのカードローン先としてもおすすめです!一般の電話相談窓口(コールセンター)の他に、女性専用の電話相談窓口も用意しています。

アイフルの審査の流れ。評判と口コミに真実はあるのか

■アイフルの申し込み方法■

  • ①WEB(※来店不要)
  • ②店舗
  • ③電話(※来店不要で対応も可能)

アイフルはカードありとカードレス、好きな方法で利用できます。 カードレスを選べば郵送物が届かないので、郵送物での家族バレを防ぎたいときに便利です。

ちなみにカードありで利用したいときには、アイフルの店舗に行ってカードを発行、もしくは郵送でカードを受け取る形になります。

消費者金融名 実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
アイフル  3.0%~18.0% 1千円~800万円 最短25分 最短1時間

アイフルの借り入れ方法は①店舗ATM②銀行振り込み③セブン銀行ATMもしくはコンビニATMです!

au PAYスマートローン

大手の消費者金融とは少し系統が違うサービスですが、即日融資を希望しているかつ、スマホはauユーザーという方の場合はau PAY スマートローンという選択肢もあります。

au PAY スマートローンは、au IDを持っている方向けのカードレスで利用できるローンサービスです!

au PAY スマートローンはカードレスなので、実質郵送物はなしで借り入れまで対応できます(※インターネットで口座登録を完了すると、本人確認書類の提出が不要なので郵送物なしにできるのです)

■au PAY スマートローンの申し込み方法■

  • スマホから申し込み(※WEBのみで完結・来店不要)
  • パソコンから申し込み(※WEBのみで完結・来店不要)

au IDがあればスムーズに申し込みできるシステムになっています。即日融資を希望するならauユーザー向きです。

申し込み手順については大手の消費者金融と似ています。

審査に通った後は、au PAY スマートローンアプリをインストールしましょう。このアプリを利用することで、セブン銀行スマホATM経由でのカードレス借り入れと返済ができます。

ちなみにこの方法だけでなく、au PAY スマートローンは借りたお金をau PAY 残高にチャージするという形で利用することもできるのです。

チャージしたお金はau PAY プリペイドカードと、au PAYでの決済に使えます。

ちなみにau PAY プリペイドカードやau PAYで使うと、利用額200円ごとに1Pontaポイントが貯まるというメリットがあります。

大手の消費者金融のカードローンとはタイプが異なりますが、au PAY スマートローンの特徴を魅力だと感じる方は、ぜひ検討してみるのはいかがでしょうか!?

サービス名 実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
au PAY スマートローン 2.9%~18.0% 1万円~100万円 最短即日 最短30分

au PAY スマートローンの借り入れ方法は①セブン銀行スマホATMか②au PAY 残高にかんたんチャージです。

各社の審査所要時間について

今回ピックアップしている消費者金融について、審査時間と融資までの時間の目安を確認していきましょう。

■消費者金融の審査所要時間+融資までの所要時間の目安■

消費者金融 審査時間 融資までの時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 即日審査に対応しているものの所要時間の明記はなし 即日融資に対応しているものの最短時間の明記はなし
アイフル 最短25分 最短1時間

大手の消費者金融はスピーディーな融資に力を入れているので、所要時間の短さに期待できます。

※こちらはあくまでも目安なので、申し込みが混雑しているときなど、これ以上の時間がかかってくる可能性はあります。

カードローンの利息

続いては、今回ピックアップしている消費者金融の利息の部分を確認していきましょう。

■カードローンの利息■

消費者金融 利息
プロミス 4.5%~17.8%(年)
アコム 3.0%~18.0%(年)
SMBCモビット 3.0%~18.0%(年)
アイフル 3.0%~18.0%(年)

消費者金融は法律に則って利息を設定しているため、どこも下限と上限の数字面の差は出づらい傾向です。

カードローン以外で即日借り入れする方法

消費者金融のカードローンの他にも、即日で借り入れする方法はあります。

それぞれのメリットとデメリットを確認していきましょう。

■消費者金融のカードローン以外で即日借り入れする方法■

方法 メリット デメリット
①クレジットカードのキャッシング枠 キャッシング枠があるクレジットカードを所有していれば審査なしで即日借り入れ可能 ・無利息期間は基本的になし

・キャッシング枠がついていないなら申し込みからしなければいけない(即日融資はできない)

②ゆうちょ銀行の担保自動貸付け 条件に該当する場合は審査なしでお金を借りられる 条件に該当しなければ利用できない制度
③質屋 質に入れる品物があれば審査なしでお金を借りられる ・金利が高い

・質に入れる品物がなければ利用できない

④家族や友人から借りる 融通が利く お金はシビアなものなので、人間関係を壊すリスクがある

クレジットカードのキャッシング枠

消費者金融のカードローン以外で即日借り入れできる可能性があるかつ、実質審査なしで対応できるという特徴を持つのが……

クレジットカードのキャッシング枠を利用しての借り入れです。

実質審査なしの理由ですが、クレジットカードを作成するときに審査が行われているからです。

すなわち、まったく審査なしという借り入れ方法ではありませんが……借りたくなったタイミングで融資の審査を受ける必要がないことから、人によってはメリットを感じられるでしょう。

クレジットカードを所有した後で信用情報に傷がついてしまい消費者金融での融資が難しい場合でも、クレジットカードのキャッシング枠があればお金を借りられます。

■クレジットカードでお金を借りる方法■

適用条件 クレジットカード付帯のキャッシングを所有していること
利用開始方法 クレジットカード申し込み時にキャッシングの利用限度額を設定する(※自動で設定されるケースもある)
借り入れ方法 アプリを利用して振り込み・電話で振り込み依頼・ATM利用など
上限 クレジットカードの契約によって異なる。キャッシング上限金額はクレジットカードの利用限度額内で設定されている

クレジットカードのキャッシング枠がどれくらいあるのか、そもそも所有しているクレジットカードにキャッシング枠があるのか覚えていないという方もいるでしょう。

確認する方法は以下の通りです。

  • クレジットカード専用アプリで確認
  • 最初クレジットカードが郵送されてきたときに同封されている契約内容の紙をチェック
  • クレジットカードを銀行ATMもしくは提携ATMに差し込んでみる
  • クレジットカード会社のコールセンターに電話する

ゆうちょ銀行の担保自動貸付け

カードローン以外で即日借り入れしたいなら、条件によってはゆうちょ銀行の担保自動貸付けという選択肢もあります!

ゆうちょ銀行では、定額貯金や定期預金を担保にしてお金を借り入れすることができるのです(=不足時に自動的に貸付けしてくれる制度)

ゆうちょ銀行の担保自動貸付けのメリットは低金利であることと、担保となる貯金があれば審査なしでゆうちょ銀行窓口もしくはATMから借り入れできるところです。

返済については、通常貯金に入金していくだけで行えます。

■ゆうちょ銀行の担保自動貸付けの特徴■

金利(年率) ・担保定額貯金:返済時の約定金利(%)+0.25% ・担保定期貯金:預入時の約定金利(%)+0.5%
借入限度額 預入金額の90%(最大300万円)まで
即日融資 可能
審査時間 審査なし

ゆうちょ銀行の担保自動貸付けの借り入れ限度額は、預入金額の90%という制限があります。

そのため高額の借り入れが難しいケースもあるでしょうが……一時的に少額のお金を借りたいときにはおすすめです。

ただ、まとまった金額を借りたいとか、これまで積み重ねてきた貯金を切り崩したくないとか、短期間で完済できる目途がある場合には消費者金融のカードローンのほうがメリットを感じられる可能性があります。

家族や友人に相談する

消費者金融のカードローンや、ゆうちょ銀行の担保自動貸付けで即日融資を受けるという選択肢がない場合……

家族や友人に相談できるなら相談するのもありです。

基本的には借金は他人よりも家族(親)にするほうが、揉めづらいですしサポートを受けやすいです。

とはいえ人によっては親に相談できない状況もあるでしょう。 その場合友人も相談先の選択肢になってきますが、返せる目途があって返す強い意志がない場合は友人に借りるのはおすすめできません。

世の中友人に借りて返さないままでいて人間関係が壊れた……みたいな話は珍しくないからです。

消費者金融から借りているのに返済をしないままでいると、相手は企業なので電話がかかってきたり督促状が届いたりします。

しかし個人間の貸し借りだと、そういうこともないので焦りが発生せず『何となく返済意欲がなくなり無視してしまう』という状況になることもあるのです。

強い意志を持って返済に取り組める方以外には、友人からの借金はおすすめできませんが、そういう選択肢もあることは把握しておきましょう。

家族にも友人にも相談できない場合は、国の融資制度があります。 生活再建費用をある程度まとめて貸付てくれる融資もありますし、一時的に困った場合に相談できる融資もあります。

国の融資制度は利用できる条件さえ満たせば、基本的に利用できるので、本当に困ったときはこういう選択肢もあります。

カードローンQ&A

最後に!消費者金融のカードローンのことで疑問に挙がりやすいポイントについて、Q&A形式で確認していきましょう!

◆◆◆

■まとめ■

今回はカードローンの審査条件や、即日融資に対応しているサービスのことなど詳しく解説しました。

借り入れを希望している方はぜひ参考にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。