ブラックリスト入りしてる人でもお金を借りる方法はある?

消費者金融でお金を借りたいという方の中には、かつてトラブルを起こしていたり、今現在問題が残ったままの方もいると思われます。

そういった方は大手消費者金融では借りることができない場合が多いですが、ブラックリスト入りしていても借りれる消費者金融もあります。

そこで今回は、ブラックリスト入りしているけどお金が借りたい方に向けて、審査の甘い消費者金融について解説していきます。

この記事を読むことで以下の以下の3つがわかります。

  • ブラックと超ブラック、申し込みブラックの定義
  • ブラックリスト入りしていても借りられる消費者金融の例
  • 審査の甘い消費者金融で借りるための重要なポイント

1.ブラックと超ブラック、申し込みブラックの定義

消費者金融で借りたお金の支払いを滞納し続けたりしているとブラックリスト入りされてしまいます。

ブラックリスト入りされてしまうとお金を借りづらくなったり、審査に通りにくくなってしまいます。

消費者金融の例について解説する前に、まずはブラックや超ブラック、申し込みブラックの定義などについて解説していきます。

ブラックとは?

以下の条件のいずれかは事故情報として扱われて、個人信用情報機関に記録されてしまいます。

  • 3ヶ月以上の返済の遅延
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理

これらのうちいずれかが個人信用情報機関に記録されている状態のことをブラックと言います。

3ヶ月以上の返済の遅延はその名の通り3ヶ月以上借り入れ額の返済がない状態のことです。

強制解約は長期滞納などの問題により強制的に契約を解除されることを指しています。

代位弁済は契約時に定めた保証人などが債務者の代わりに返済を行うことを意味しています。

債務整理は過払い金請求や自己破産などで借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることです。

もし決められた金額をスムーズに返済することができなくても、無理のない範囲で相談しながら支払うことができれば問題ありません。

しかし、どうしてもうまく支払いができずに支払いの意志を表明できないとなると上記に挙げたような状態になってしまいます。

最近では過払い金請求のサービスがよく宣伝されていたりして、利用している方が増加傾向にありますが、それも事故情報として記録されてしまう点に注意が必要です。

ちなみに、本来は3つの個人信用情報機関があってそれらが独立している状態ですが、事故情報に関してはそのすべてで情報が共有されてしまいます。

超ブラックとは?

ブラックリストに入ってしまってもまだお金を借りる余地があります。

しかし、それより上の超ブラックという状態があり、ここまでいくと審査が甘い消費者金融でも借りれないことがほとんどです。

超ブラックは以下の状態のことを指しています。

  • 総量規制を越えている
  • 遅延中の借金がある

消費者金融において、総量規制は「個人の賃金業者からの借入は年収の3分の1まで」というふうに定められています。

これを越えていると借り入れられなくなってしまいます。

また、借金を遅延した状態のままでも借りられません。

今現在返済する能力がないという証拠になるものが残っていればなかなかお金を貸してくれるところはありません。

単なる支払い忘れで放置している場合は、必ず遅延中のものだけでも返済してから借りるようにしてください。

申し込みブラックとは?

申し込みブラックは短期間に複数社に申し込みを繰り返している状態を指しています。

つい1社でお金を借りて、それが返しきれないとなると別の会社で借りてしまいがちですが、それを短期間で繰り返している状態もブラック扱いとなってしまいます。

ただ、この状態はまだ消費者金融で借りることが可能です。

ちなみに、1ヵ月に3社以上に申し込みを行うと申し込みブラックだと判断されてしまいます。

例えば、1社でクレジットカードの支払いのためにお金を借りて、翌月には翌月のクレジットカード支払い分とお金を借りた分を返済しなければなりません。

その2つを1社で借りて返済するならともかく、借入上限の関係で別の消費者金融に手を出してしまうという流れができ始めるとやがて1ヵ月で3社以上から借り入れることとなってしまいます。

2.ブラックリスト入りしていても借りられる消費者金融の例

ブラックリスト入りしていても借りられる消費者金融のほとんどは中小消費者金融です。

実質年利は最低5%未満のところもあれば15%くらいかかるところもあり、上限は15%を下回るところもあれば、20%近くかかるところもあります。

また、年率の上下限の差が10%以上ある場合もあれば、その差が5%もないこともあります。

例えば以下のような年率が定められています。

  • T社:10.95%~13.00%
  • C社:4.8%~18.0%
  • F社:17.950%~19.945%

T社のような年率の上下限値が高すぎないところが理想的です。

C社のような年率の下限値が低いところだと、初めのうちはある程度安い年率で借りられても、やがてお金を借りていくと高い年率がかかるようになっていきます。

そうなると年利の上限値が高くなってしまうとかなり苦労してしまいます。

F社のような年率の上下限値が初めから高いと、急に金額が大きくなるようなことはありませんが、負担が大きいのであまりおすすめできません。

また、年利だけでなく評判やサービス内容も見た上で比較検討することが大事です。

ブラックリスト入りしていても相談しやすかったり融通が効いたりするという評判をまずはチェックしましょう。

過去に延滞事故を起こしたとして、その程度がそこまで大きなものでなかったとしても、相談したら話を聞いてもらえるところもあれば、それだと話を聞いてもらえないというところもあります。

かなり審査が甘いところでは、今は収入があって就労しているという方なら誰でも借りれるというところもあります。

そして、30日無利息、24時間365日受付可能、即日融資、来店不要などのサービス内容をチェックして、自分に合っているものあるいはそのサービスが必要かどうかを判断してください。

年率と借りやすさ、サービス内容のどれに重きを置くかはその人次第です。

それがまだはっきりとしていない方は、まずはそこから定めていくようにしてみてください。

3.審査の甘い消費者金融で借りるための重要なポイント

審査の甘い消費者金融では以下の点に注意して借りることが大事です。

  • 返済計画を伝える
  • 1ヵ月に3社以上申し込んでないか
  • 間違えて闇金で借りていないか

1つずつみていきます。

返済計画を伝える

今収入があって就労していれば借りられるというところもありますが、なるべくどこで相談するとしても返済計画をある程度はっきりして伝えておくことが必要です。

とりあえずお金があることがわかっても一度トラブルを起こしていれば、必ずしもお金を返してくれる保障があるとは言い切れません。

その証明のためにも返済計画を伝え、客観的に見て返済が可能なものなのかを判断してもらった方がいいです。

できればギリギリ毎月返せる金額よりも、少し余裕をもって払える金額で調整してもらえるように相談することをおすすめします。

無理に払おうとしても途中でふと我慢の糸が切れてしまうかもしれません。

そうならないためにも余裕を持たせることは大事です。

1ヵ月に3社以上申し込んでないか

1ヵ月に3社以上の申し込みをすると申し込みブラックという扱いになると説明しました。

ここで注意しなければならないのが、ここでいう3社が消費者金融3社というだけでなく、クレジットカードなどの申し込みも1社としてカウントされるということです。

これを知らないで消費者金融3社目に声をかけたと思ったら話を聞いてもらえなかったということがあります。

他にも、銀行カードローンで借りる場合、銀行と保証会社の2つの審査があって、それらの審査基準が異なると2社で審査されたという扱いになります。

それで引っかかってしまうこともあります。

なぜこういうふうに判断されるのかというと、審査に落ちたあるいは総量規制に抵触している可能性を懸念されてしまうからです。

もし数日おきに申し込みをしていると、A社では審査途中の段階で、その経過はB社には伝わらないようになっています。

そうなるとB社ではA社で契約していない理由が審査に落ちているから、それ以上の数の申し込みが確認されていると総量規制に触れている可能性を疑われてしまいます。

そのため、超ブラックでなければお金を借りられる余地はありますが、申し込みブラックにならないように注意してください。

間違えて闇金で借りていないか

審査の甘い消費者金融が存在するのは間違いありませんが、それをアピールしている広告などは闇金が出しているものである可能性が高いです。

闇金は中小消費者金融と区別がつけにくいので、間違えないように注意しなければなりません。

改めて闇金について説明すると、闇金は賃金業の有無に関係なく、出資法の上限金利を超える金利で金銭を貸し出す悪徳な金融業者のことを指します。

一般的な消費者金融が毎月返済する仕組みに対して、闇金は1週間から10日程度に1回支払いとなり、借入額の半分以上の金利が取られることも珍しくないので、とても返しきれるものではありません。

闇金は本人だけでなく、親族や職場にまで押しかけることもあるのでかなりたちが悪いです。

最近では自宅にまで押しかけにくるような消費者金融はないのではないかと思うかもしれませんが、それは一般的な消費者金融だけで、闇金の業者では今だにそういった行為に及ぶ業者も多いです。

少しでも返済額がおかしいと感じたら警察に連絡してください。

また、賃金業登録を受けて合法的な営業をしているかのように見せかけて店舗を構えていたり、様々なものを担保として取らせて貸し出すような業者もいます。

一見合法に見えてもそうでないこともあるので注意してください。

4.銀行カードローンでは借りない方がいい?

消費者金融以外にも銀行カードローンでお金を借りるという選択肢もあります。

しかし、銀行カードローンでお金を借りる方法はあまりおすすめできません。

銀行カードローンは金利が低いという特徴があって、一見消費者金融よりも便利だと感じるかもしれません。

しかし、A社で事故情報が記載されてしまい、B銀行のカードローンでお金を借りようとした際に、保証会社がA社だった場合審査に通りません。

なぜなら、事故情報を起こした借入樹の情報は信用情報機関に半永久的に記録されてしまいます。

そのため、一度トラブルを起こしてしまった場合は、銀行カードローンで借りるとなると保証会社をチェックしなければならなくなり、急いで借りたい場合に借りれない可能性があります。

少なくとも、事故情報が載ってしまっている恐れがある方は、銀行カードローンは利用しない方がいいです。

ちなみに、銀行カードローンは総量規制がないから借りやすいのではないかと考える方もいるかもしれません。

実際、そのために過去に銀行カードローンの過剰融資が社会問題となりました。

その影響を受けて、総量規制として定めてはいませんが、年収の3分の1を超えていると審査に落とされるように仕組みが変わっているので、どこで借りてもそのラインは変わりません。

5.まとめ

消費者金融は、本来であれば長期間返済を延滞してしまったりしてブラックリスト入りしてしまうとお金が借りられなくなってしまいます。

しかし、それは大手消費者金融に限る話で、中小消費者金融の中にはブラックリスト入りしていても、その程度が軽かったり、しっかりと計画立てて返済できると証明できるものがあれば、借りられるところもあります。

中小消費者金融で相談してお金を借りようとする際は、無理のない範囲での返済計画を立てて、短期間での複数社の申し込みがないか、間違って闇金で申し込んでないかを確認するようにしてください。

闇金は貸金業の登録があったとしても非合法的に営業している可能性もあります。

一度足を踏み入れてしまうと警察の助けなくしてどうにかすることはほぼ不可能なので注意してください。

ただ、借りやすいからといって中小消費者金融を頼りにしすぎてはいけません。

必ず返済する意思を持って、現在借り入れている資金もあれば、それもきっちり返すことを第一に考えてお金のやりくりをしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です