コンビニATMでお金を借りる方法。セブンイレブンやファミマなど 

急な出費で現金が必要になったとき、銀行が休みだったり、近くに消費者金融がなかったりなど、何かと困ることってありますよね。

お金を借りる方法は数多くありますが、「今すぐに借りたい」という状況に対応できるものは限られています。

そんな中ですぐに現金が借りられる方法として「コンビニATM」が挙げられるでしょう。

コンビニであれば24時間365日営業しているので、どんなときでもすぐにお金を借りて現金を調達することができます。

そこで今回の記事では、コンビニATMでお金を借りる方法について解説していきます。

1.コンビニATMでお金を借りる3つの方法

コンビニATMでお金を借りる方法としては、主に以下の3つが挙げられます。

  • コンビニATM対応の消費者金融を利用する
  • クレジットカードのキャッシングを利用する
  • 銀行カードローンを利用する

これらの方法であれば、コンビニATMからいつでもお金を借りることができます。

近所の最寄りのコンビニでお金が借りられるので、必要に応じて利用してみることをおすすめします。

では、それぞれの方法について詳しくみていきましょう。

①コンビニATM対応の消費者金融を利用する

消費者金融にあらかじめ契約をしておいた上で、提携するコンビニATMを使ってお金を借りる方法です。

お金を借りる方法としては以下の2つが挙げられます。

  • スマホアプリを使ってお金を借りる
  • ローンカードを使ってお金を借りる

消費者金融なら比較的スムーズに審査も行えますし、その日のうちに申し込みから利用に移ることもできるでしょう。

あらかじめ契約して必要な時に利用するのが最も便利ですが、急に現金が必要になった場面にも対応することができるでしょう。

ただし、注意点として挙げられるのが、スマホアプリを利用してコンビニATMからお金を借りる方法に対応しているのは「セブンイレブン」のみです。

その他のファミリーマートやローソンでは、ローンカードを使ってお金を借りる形になります。

コンビニATM スマホアプリ対応 カードレス対応
セブン銀行
ローソン銀行 × ×
E-net × ×

お近くにセブンイレブンのあるケースであれば、例えば外出中に現金が必要になったときでも、スマホ1つでコンビニATMからお金を借りることができるでしょう。

給料を使い切ってしまい家賃や光熱費の支払いが難しくなった時などに活用してみてください。

ちなみに、セブン銀行ATMでスマホアプリからの借入に対応している消費者金融は下記の通りです。

金利(年率) 融資限度額 無利息期間 即日融資
レイクALSA 4.5〜18.0% 1〜500万円 5万円まで180日間特典
アイフル 3.0〜18.0% 1〜800万円 webで30日間
プロミス 4.5〜17.8% 1〜500万円 webで30日間
SMBCモビット 3.0〜18.0% 1〜800万円 未対応

スマホアプリによる借入であれば、申し込みから借入までスマホとコンビニATMの操作だけで済みますし、即日融資に対応している消費者金融も多いので、すぐに現金を調達することができます。

②クレジットカードのキャッシングを利用する

2つ目の方法として挙げられるのがクレジットカードのキャッシング機能を使ってコンビニATMからお金を借りる方法です。

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つがあり、キャッシング枠を使うことでお金を借りることができます。

キャッシング枠の設定されているクレジットカードを使って、カードをコンビニATMに挿入するだけで現金が引き出せます。

  • ショッピング枠:カードを使ってお買い物ができる機能
  • キャッシング枠:カード会社からお金を借りられる機能

こちらの方法を利用する場合には「キャッシング枠の設定されたクレジットカード」を所有している必要があります。

キャッシング枠は主にカード発行時に設定するかどうかを決める項目があるので、キャッシングの利用を希望する場合には忘れずに申し込んでおきましょう。

また、カード発行時にキャッシング枠に申し込んでいなくても、発行後に申し込むことができます。

カードさえもっていればコンビニATMを使って数十秒程度でお金を借りることができるので、非常にスムーズでスピーディな方法と言えるでしょう。

③銀行カードローンを利用する

3つ目の方法は銀行が提供しているカードローンサービスを利用して、コンビニATMからお金を借りるというものです。

カードローンで利用するキャッシュカードをコンビニATMに挿入して、現金の借り入れをおこなっていきます。

コンビニと提携している銀行で利用することができますし、金融機関に行く必要もありません。

利用には銀行にてカードローンサービスの申し込みが必要となります。おすすめとしてはキャッシュカードとカードローン機能が一体になったサービスです。

銀行窓口やWebからの申し込みを行うと審査が行われ、数日程度でキャッシングの利用が開始できます。

ちなみにコンビニと提携している大手銀行のカードローンとしては下記のようになっています。

銀行カードローン セブン銀行 ローソン銀行 E-net
三井住友銀行カードローン
三菱UFJ銀行「マイカードプラス」
りそな銀行カードローン

主要な大手銀行であれば基本的にコンビニと提携しているため、カードローンを使ってお金を借りることができるでしょう。

地方銀行やネット銀行の場合だと、コンビニによって対応しているかどうかが分かれるので確認が必要となります。

2.安い金利でコンビニATMからお金を借りる方法は?

コンビニATMでお金を借りることができれば、どんな状況にもいち早く対応することができて便利な一方で、お金を借りるのであれば「できるだけ安い金利」で利用したいと思いますよね。

いくらすぐにお金を借りることができたとしても、金利が高くついてしまうと損をした気分になってしまいますし、返済するときも負担が大きくなってしまいがちです。

お金を借りるスピード感も重要ではありますが、金利の安さとのバランスも考慮した上で利用する方法を選ぶ必要があるでしょう。

では、消費者金融、クレジットカードのキャッシング、銀行カードローンの金利はどのようになっているのかみていきましょう。

下記をご覧ください。

借入方法 金利 無利息 即日借入
消費者金融 15〜18% 最短60分
クレジットカード 15%〜18% × 最短即日
銀行カードローン 1.5〜13.5% × 2〜3営業日程度

金利が最も安いのは「銀行カードローン」となっています。消費者金融とクレジットカードのキャッシングは金利的にそこまでの違いはなさそうです。

金利だけを見れば銀行カードローンを利用するのがベストと言えますが、申し込んでから即日での借入が難しく、審査などを踏まえると2〜3日程度はかかってしまいます。

消費者金融やクレジットカード(券種による)であれば即日借入も可能です。

中でも、消費者金融には「無利息サービス」というものがあり、初回利用や期間内での返済を行うことで金利が0円になります。

金利がゼロであれば、返済も全く苦ではありませんよね。

そのため、金利の安さとスピード感の両方を検討した結果、最もおすすめな借入方法は「消費者金融」と言えるでしょう。

  • 消費者金融:金利はまあまあだが無利息サービスもあり。即日融資にも対応
  • クレジットカード:金利はまあまあ、カードによっては即日融資も可能
  • 銀行カードローン:金利は安いが、申し込み〜借入まで時間がかかる

金利の安さを重視して銀行カードローンを利用したいと思っている場合は、事前にカードローンサービスの申し込みを済ませて、いつでも利用できる状態にしておくのがおすすめです。

3.一番早くコンビニATMからお金を借りる方法は?

一番早くコンビニATMからお金を借りる方法としては「消費者金融」が挙げられます。

スマホやWebからの申し込みにも対応していますし、審査スピードも早く、申し込みから1時間程度あれば審査が完了して借入が可能な状態になります。

すぐに現金が必要だという状況に出会したとしても、消費者金融であればその日のうちに現金を調達して対応することができるでしょう。

ただし、あらかじめサービスに申し込んでいることを前提に考えると、どの借入方法でも同じぐらい早くお金を借りることができます。

クレジットカードのキャッシングもカードをコンビニATMに挿入して操作をするだけですし、銀行カードローンもローンカードを入れるだけでお金を借りることができます。

上記の2つは申し込みから利用が開始できるまでに多少の時間がかかるのがネックになっているだけで、事前に申し込みを済ませていつでも使える状態にしておけば時間はそれほどかかりません。

なので、どんな状況にも対応できるような準備をするのであれば、事前にサービスに申し込んでおくのがおすすめです。

4.消費者金融を使ってコンビニATMからお金を借りる方法

ここでは、消費者金融を利用してコンビニATMからお金を借りる方法を詳しく解説してきます。

基本的な流れとしては「消費者金融に申し込む」→「審査に通過する」→「コンビニATMでお金を借りる」というシンプルな形になっています。

大手消費者金融であればWebサイトやスマホアプリからの申し込みにも対応していますし、審査も1時間程度で済ませてくれます。

  1. WEBから申し込む:年齢や年収などの必要事項を入力する
  2. 審査:最短で30分〜1時間で完了する
  3. コンビニATMから借入:コンビニATMからアプリなどを利用してお金を借りる

専用のスマホアプリを使ってコンビニATMからお金を借りることもできるので非常に便利ですね。

ただし、スマホアプリからの借入に対応しているのは、セブンイレブンのATMのみなので注意してください。

では、スマホアプリを使ってセブンイレブンのコンビニATMからお金を借りる方法をみていきましょう。

こちらでは「レイクALSA」を利用した手順を紹介します。

  1. アプリを起動してログインをする
  2. アプリトップ画面の「スマホATM取引」をタップする
  3. セブン銀行ATMから「スマートフォンでの取引」を押す
  4. セブン銀行ATMに表示されたQRコードをアプリから読み取る
  5. アプリに表示された企業番号をセブン銀行ATMに入力する
  6. セブン銀行ATMに暗証番号を入力する
  7. 借り入れを行う金額を入力する

基本的にはこのような流れになっています。セブン銀行ATMを操作すると画面上に案内が表示されていくので、それに従って手続きを進めてください。

事前に審査などを済ませていつでも利用できる状態にしておけば、コンビニに行ってから数分以内にお金を借りることができるでしょう。

5.クレジットカードのキャッシングを使ってコンビニATMからお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング機能を使って、コンビニATMからお金を借りる方法について解説していきます。

基本的な流れとしては、コンビニのATMにキャッシング機能付きのクレジットカードを挿入して操作をするだけです。

利用にはクレジットカードにキャッシング枠が設定されている必要があるので、手持ちのカードにキャッシング機能がない人は、カード会社に申し込みをしておいてください。

では、クレジットカードのキャッシング機能でコンビニATMからお金を借りる方法を詳しくみていきましょう。

  1. クレジットカードをコンビニATMに挿入する
  2. ATMのキャッシング画面から「借入」を選択する
  3. クレジットカードの暗証番号を入力する
  4. 返済方法を選択する(「1回払い」or「リボ払い」など)
  5. 希望する借入金額を入力する

クレジットカードに申し込んで発行するまでには1週間程度かかってしまうので、急に現金が必要になる状況には対応しにくくなります。

急な出費に対応できるようにあらかじめキャッシング機能付きのクレジットカードを持っておくようにしておくのがおすすめです。

6.銀行カードローンを使ってコンビニATMからお金を借りる方法

次に、銀行カードローンを使ってコンビニATMからお金を借りる方法について解説していきます。

普段利用している銀行のカードローンサービスに申し込んでおけば、すぐにでもお金を借りることができるでしょう。

申し込みから利用開始までには審査で2〜3日程度かかってしまうので、急な出費に対応するためにもあらかじめ申し込んでおくのがおすすめです。

では、銀行カードローンを使ってコンビニATMからお金を借りる手順についてみていきましょう。

  1. カードローンカードをコンビニATMに挿入する
  2. キャッシング画面から借入を選択する
  3. カードローンの暗証番号を入力する
  4. 返済方法を選択する
  5. 希望する借入金額を入力する

基本的な流れとしてはクレジットカードのキャッシングと同様になっています。

また、カードローン一体型のキャッシュカードの場合、預金の出入金とカードローンの利用でATMへカードを挿入する方向を分けているケースがあるので注意してください。

7.お金を借りるのにおすすめのコンビニは?

お金を借りる時にコンビニを利用する場合、どのコンビニがおすすめなのかな?と迷ってしまいますよね。

基本的には大きな違いはないと考えられるため、家から最寄りのコンビニを使うなど利便性重視で選べばいいのですが、細かい部分の違いについてもきちんと把握しておきましょう。

ここでは、お金を借りるのにおすすめのコンビニについてさまざまな角度から解説していきます。

①セブンイレブンは提携サービスが多い

セブンイレブンは提携しているサービスが多いことから、お金を借りるのにおすすめなコンビニと言えるでしょう。

消費者金融や各種金融機関など提携している企業が多く、専用アプリを使って借入にも対応しています。

アプリを使った借入ができるのはセブンイレブンのATMのみとなっているので、わざわざローンカードを持ち出す必要もなくなりますね。

外出先で突然現金が必要になった際でも、手持ちのスマホを使えばセブンイレブンで現金を調達することができるでしょう。

②ローソン・ファミマはカードが必須

ファミマやローソンについても提携している金融機関は多く、利用上の問題はありませんがアプリからの借入に対応していないため、基本的にローンカードを使う必要があります。

消費者金融やキャッシング、カードローンのどれを利用するにしても、ローンカードをATMに挿入してお金を借りることになるため、財布の中に常にカードを入れておくようにしなければなりません。

③各金融機関のコンビニATM手数料をチェック

コンビニATMを使ってお金を借りるときは、利用の際に発生する手数料をチェックしなければなりません。

1回あたり100円や200円といった負担ではありますが、できれば手数料が無料なところで借り入れをしたいですよね。

もちろん利息との兼ね合いもあるので、手数料だけで利用するサービスを選ぶことはありません。

コンビニ選びについても距離などを考慮しながらよりお得にお金が借りられる場所を選んでみましょう。

では、主な消費者金融と銀行カードローンでコンビニATMからお金を借りたときの手数料をみていきましょう。

サービス セブン銀行 ローソン銀行 E-net
レイクALSA 110円〜220円 110円〜220円 110円〜220円
アコム 110円〜220円 110円〜220円 110円〜220円
アイフル 110円〜220円 110円〜220円 110円〜220円
SMBCモビット 110円〜220円 110円〜220円 110円〜220円
プロミス 110円〜220円 110円〜220円 110円〜220円
三井住友銀行 110円〜220円 110円〜220円 月4回の利用まで無料
みずほ銀行 110円〜220円 110円〜220円 月4回の利用まで無料
三菱東京UFJ銀行 110円〜220円 110円〜220円 月3回の利用まで無料

このように基本的にコンビニATMを利用してお金を借りると手数料がかかってしまいます。

一部の銀行カードローンの場合、ファミマのE-netを使うことで回数限定ではありますが手数料が無料になるようです。

E-netでは、提携するカードローンの借り入れで利用する際の手数料が24時間いつでも無料になるサービスが提供されています。

100円〜200円程度の手数料がもったいないと感じる人は、銀行カードローンを使ってファミマのE-netからお金を借りてみてください。

8.コンビニATMでお金を借りるときの注意点

コンビニATMでお金を借りるときの注意点としては以下の3つが

  • ATMの利用対象外の時間帯を確認する
  • 借入限度額を把握しておく
  • 返済方法も同時に確認する

金融機関や消費者金融の窓口に行かなくても簡単にお金を借りることができる便利な方法ではありますが、利用上の注意点を把握しておかないとスムーズな利用が難しくなってしまいます。

健全な利用を継続するためにも以下で解説する注意点を必ずチェックするようにしてください。

①ATMの利用対象外の時間帯を確認する

コンビニ自体は24時間いつでも営業していますが、コンビニATMの場合、取引が可能な時間帯が限定されている場合があります。

また、24時間対応で取引ができたとしても手数料が発生する可能性があります。

大手都市銀行であれば24時間の利用も可能なケースが多いですが、地方銀行だと夜間帯の取引が対象外になっていることもあるでしょう。

自分が利用する金融機関の取引時間帯と手数料の設定を事前に確認しておかなければ、現金が必要になったときにお金が借りられないというケースも起きてくるでしょう。

金融機関や利用するコンビニによって、取引時間帯や手数料の有無が異なるので、後々慌てないためにも把握しておいてください。

②借入限度額を把握しておく

消費者金融やクレジットカードのキャッシング、銀行カードローンには、それぞれ利用者ごとに借入限度額が設定されています。

主な基準としては総量規制によって定められた「年収の1/3」とった基準もありますし、各サービスを申し込んだ際に、利用者の収入や他社の借入状況などに応じて、金融機関が独自に利用できる上限金額を設定します。

借入限度額を上回る金額を借りることはできないので注意しておきましょう。

自分が利用しているサービスで借入限度額が足りないと思っている方は、増枠申請をしてみてください。(増枠には審査に通過する必要があります)

また、コンビニATM自体にも1日あたりの利用限度額が独自に定められているので確認しておいてください。

コンビニATM 借入限度額
セブン銀行 500,000円
ローソン銀行 200,000円
E-net 200,000円

このようにローンサービスの借入限度額とは別に、コンビニATMにも1日に利用できる上限額が決められています。

1日の借入でこれを上回る利用はできず、再度利用するためには翌日まで待たなければなりません。

③返済方法も同時に確認する

コンビニATMを通じてお金を借りる際は、返済方法についても事前に確認しておきましょう。

基本的な返済方法としては、登録した銀行口座からの引き落としや金融機関のATMや窓口を通じた返済が挙げられます。

コンビニにおいてもATMではなく、店内に設置されているメディア端末から返済が行えるケースがあります。

主要な消費者金融に絞られますが、コンビニのメディア端末であれば24時間好きなタイミングで手数料もかからず返済が行えられます。

コンビニ メディア端末 返済対応金融
ファミリーマート Famiポート アイフル、プロミス、SMBCモビット
ローソン Loppi プロミス、SMBCモビット

メディア端末はライブやレジャー施設のチケットを購入したり、発券したりする際に利用するので、お馴染みだと思います。メディア端末を操作して発行されたレシートをレジに提示して、支払いをすることで返済が行えます。

金融機関を通じた返済だと取引時間に制限があったりしますが、コンビニを使った返済であれば24時間対応してくれるのでおすすめです。

9.コンビニATMでお金を借りるのがおすすめな人

コンビニATMでお金を借りるのがおすすめなのは以下のような人です。

  • 今すぐに現金が必要な人
  • 近くに金融機関がなくコンビニしかない人
  • 好きなタイミングで素早くお金を借りたい人

コンビニATMを利用する利点としてはやはり好きなタイミングでお金が借りられるということですね。

24時間いつでもお金を借りることができます。事前に申し込みを済ませておけば、あとはコンビニでATM端末を操作するだけで素早くお金を借りることができるでしょう。

今すぐに現金が必要という状況にも素早く対応できるのも魅力的です。

また、家の近所の金融機関がないという人にもコンビニATMからの借入がおすすめです。

お金を借りるのに車に乗って出かける必要があるほど遠い場所にしか金融機関がなく、コンビニなら徒歩圏内にある場合には、コンビニATMを使ってお金を借りてみてください。

お好きなタイミングでお金を借りることができるので、急な出費に対応できるような体制を作るためにも、消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングを申し込んでおきましょう。

10.まとめ

コンビニATMでお金を借りる方法について解説していきました。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング、銀行カードローンといった方法がありますが、どれにも申し込んでいない状態であれば、審査スピードが早く、即日融資にも対応している消費者金融がおすすめです。

サービスによっては金利をゼロにすることができる場合もあるので、消費者金融を使ってコンビニATMからお金を借りてみてください。

また、事前に申し込んでおけばどのサービスを利用したとしても、コンビニATMから素早くお金を借りることは可能です。

コンビニATMからお金を借りるときは、手数料の有無や取引時間帯、返済方法、借入限度額をきちんと確認した上で、スムーズに利用ができるようにしてください。

日常生活の中で急な出費が発生するときや手持ちの現金が足りなくなるときはよくありますが、こういった状況に備えるためにもコンビニATMでお金を借りる方法をマスターしておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です