保守分裂に配慮か―自民

 自民党は7日、任期満了に伴う島根県知事選(4月7日投開票)で、元総務省消防庁次長で新人の大庭誠司氏(59)を支持することを決めた。
 党県連は大庭氏の推薦願を出したが、知事選では自民県議の過半数が元総務省消防庁室長で新人の丸山達也氏(48)を支援している。党幹部は「党本部として方向性を示す必要があるが、推薦だと党議拘束がかかる」と述べ、保守分裂の状況を配慮し、支持にとどめた考えを示唆した。
 これに対し、大庭氏を支援する県議は「県連としては推薦したので、その候補者を応援しない党員には罰則が適用される」と指摘。丸山氏を支持する県議は「党議拘束もないから自由にやってもらって結構というのは弾みがつく」と話しており、党本部の決定が保守分裂選挙の影響をどの程度軽減できるかは不透明だ。
 知事選には前安来市長で新人の島田二郎氏(65)も立候補を表明している。