優勝は倉敷(岡山)と神村学園(鹿児島)

 全国高校駅伝競走は23日、京都・西京極陸上競技場を発着点とするコースで行われ、第69回の男子(7区間42・195キロ)は倉敷(岡山)が2時間2分9秒で2年ぶり2度目の優勝を果たした。第30回の女子(5区間21・0975キロ)は神村学園(鹿児島)が1時間7分25秒で初優勝した。男子は47チーム、女子は30回記念で58チームが出場した。
 男子の倉敷は6区の石原が世羅(広島)を抜いて首位に立ち、アンカーの井田が逃げ切った。3位は学法石川(福島)だった。
 出雲工(島根)は、1区高見が25位と健闘したが、徐々に順位を落とし2時間12分11秒で42位だった。
 女子の神村学園はトップと31秒差でたすきを受けた最終5区のカマウが区間賞の走りで逆転した。26秒差の2位に長野東(長野)が入り、連覇を目指した仙台育英(宮城)は3位。
 平田(島根)は、1時間15分42秒で56位に終わった。