自民党の外交部会などは14日、党本部で合同会議を開いた。韓国軍が13日に島根県竹島で実施した訓練について「わが国の主権に対する明白な挑戦であり、断じて認められない」と非難する決議をまとめ、河野太郎外相宛てに再発阻止に努めるよう申し入れた。
 決議は、超党派の日韓議員連盟が訪韓するタイミングで訓練が行われたことも問題視。「日韓関係の悪化に関し、韓国側に改善する意図はないと受け止めざるを得ない」と批判した。
 会議後、自民党の領土に関する特別委員会の新藤義孝委員長は記者団に、日韓外相が12日に電話会談したばかりだったことを指摘し、「韓国側の外交力が低下し、判断に冷静さが失われている」と憂慮した。