菅義偉官房長官は26日の記者会見で、韓国国会議員団が竹島に上陸したことについて「事前の抗議・中止の申し入れにもかかわらず強行された。竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れることはできない」と述べ、外交ルートを通じて韓国に抗議し、再発防止を求めたことを明らかにした。
 菅氏は、徴用工判決や日韓慰安婦合意に基づいて設立した「和解・癒やし財団」の解散を韓国が発表したことに触れ、「日韓関係に否定的な動きが続く中で強行されたものであり、極めて遺憾だ」と批判した。