<写真:男子シングルス4回戦、錦織圭のバックハンド=3日、ニューヨーク(AFP時事)> 【ニューヨーク時事】テニスの全米オープン第8日は3日、ニューヨークで男女シングルスの4回戦が行われ、男子で第21シードの錦織圭(日清食品)はフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)にストレート勝ちし準々決勝に進んだ。女子では、第20シードの大坂なおみ(日清食品)がアリナ・サバレンカ(ベラルーシ)に競り勝ち、四大大会で初のベスト8。全米で初めて日本勢の男女がそろってシングルスで8強入りした。
 男子で過去5度優勝の第2シード、ロジャー・フェデラー(スイス)は世界ランキング55位のジョン・ミルマン(オーストラリア)に敗れた。男女とも8強が出そろった。

<写真:男子シングルス4回戦、錦織圭のバックハンド=3日、ニューヨーク(AFP時事)>