自民党の石破茂元幹事長は3日夜、地元の鳥取市でパーティーを開催した。石破氏はあいさつで「新しい日本をつくる力として、自民党を運営したい」と語り、9月の党総裁選への出馬に重ねて意欲を示した。中旬にも正式表明する見通しだ。
 石破氏は「政府を謙虚に機能させるのは自民党の責務だ」と強調し、「政高党低」とも指摘される安倍晋三首相の政権運営を批判。この後、記者団には「この国のかじを取っていくことが(地元への)一番の恩返しだ」と語った。
 総裁選は石破氏と首相による事実上の一騎打ちの構図。細田派や麻生派など主要4派閥が首相の3選支持を打ち出す中、竹下派の参院議員らは石破氏を支持する方向で調整している。