暴風高波、大雨に厳重警戒

 強い台風12号は28日午前、伊豆諸島・八丈島の東海上を北上した。夕方に伊豆諸島に最接近した後、夜遅くから29日未明にかけて東海の静岡、愛知両県か紀伊半島に上陸する見込み。29日は西日本を横断し、30日午前までに対馬海峡付近に抜ける可能性が高い。気象庁は暴風や高波、大雨による土砂災害、河川の増水・氾濫、低地の浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けている。
 東・西日本では非常に激しい雨が予想され、台風の接近に伴い風が急に強まる。西日本豪雨の被災地は土砂崩れや浸水が起きやすいとみられる。気象庁は「市町村の避難勧告・指示などに従い、早めに避難を」としている。12号は異例の東から西へ進むコースをたどっており、通常の台風と風雨の状況が違う可能性があるという。
 日本航空は81便を、全日空も130便を欠航した。2社合わせて計約3万2000人に影響が出ている。
 12号は28日午前11時、八丈島の東約230キロの海上を時速45キロで北西へ進んだ。中心気圧は970hPa、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。北東側130キロ以内と南西側90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北東側390キロ以内と南西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 29日正午までの24時間予想雨量は多い所で、関東甲信と東海400ミリ、伊豆諸島と四国300ミリ、近畿と中国200ミリ、東北と北陸150ミリ。その後、30日正午までの同雨量は多い所で、九州北部200~300ミリ、四国と中国100~200ミリ、関東甲信と東海、近畿50~100ミリ。
 29日にかけて予想される最大瞬間風速は、伊豆諸島と東海、近畿50メートル、関東45メートル、中国と四国35メートル、北陸と九州北部30メートル。波の高さは関東と伊豆諸島、東海10メートル、東北7メートル、近畿6メートル、中国と四国、九州北部5メートル。