日本男子で23年ぶり

<写真:準々決勝進出を決めて喜ぶ錦織圭=9日、英国・ウィンブルドン(AFP時事)> 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第7日は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス4回戦で第24シードの錦織圭(日清食品)がエルネスツ・ガルビス(ラトビア)に4―6、7―6、7―6、6―1で逆転勝ちし、この種目の日本選手では1995年の松岡修造以来、23年ぶりの準々決勝進出を果たした。
 錦織は準々決勝では、元世界ランキング1位で第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。連覇の懸かるロジャー・フェデラー(スイス)も8強入りした。
 男子ダブルス3回戦ではマクラクラン勉、ヤンレナート・シュトルフ(ドイツ)組が快勝。マクラクランはこの種目の日本選手で81年ぶりの8強入りとなった。混合ダブルスのマクラクラン、穂積絵莉(橋本総業)組は初戦の2回戦を不戦勝で突破し、3回戦に進んだ。

<写真:準々決勝進出を決めて喜ぶ錦織圭=9日、英国・ウィンブルドン(AFP時事)>

うれしい気持ち

 錦織圭 なかなか壁を破れなかったのでうれしい気持ちがある。リターンに苦労して、ずっと耐えながらやっていた。第2セットのタイブレークをきっかけに、自分のしたいテニスを取り戻せた。芝での戦いは良くなっている。