健闘及ばず逆転負け

<写真:後半ロスタイム、ベルギーに決勝ゴールを許し、(左から)倒れ込む昌子とGK川島、ぼう然とする山口と長友=2日、ロシア・ロストフナドヌー(読売)> 【ロストフナドヌー時事】日本、健闘及ばず―。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、国際連盟(FIFA)ランキング61位の日本は2日(日本時間3日未明)、ロストフナドヌーで決勝トーナメント1回戦に臨み、同3位のベルギーに2―3で逆転負けし、初の準々決勝進出はならなかった。
 6大会連続6度目出場の日本が決勝トーナメント1回戦を戦うのは、2002年日韓大会、10年南アフリカ大会に次いで3度目。後半の立ち上がりに原口元気(ハノーバー)と乾貴士(ベティス)のゴールで2点をリードした。しかし、その後追い付かれ、試合終了間際に決勝点を奪われた。
 またしても大きな壁に阻まれ16強どまり。大会前の低評価を覆した西野ジャパンの躍進も、終わりを告げた。

<写真:後半ロスタイム、ベルギーに決勝ゴールを許し、(左から)倒れ込む昌子とGK川島、ぼう然とする山口と長友=2日、ロシア・ロストフナドヌー(読売)>