自民党竹下派会長の竹下亘総務会長は1日、島根県出雲市での自身のパーティーであいさつし、今後の派閥運営について「中央政界のど真ん中で仕事ができるような人材をどんどん送り出す場でありたい」と述べ、将来的に党総裁候補を含め積極的に人材を輩出したいとの考えを示した。
 会合には、細田博之党憲法改正推進本部長ら島根県選出国会議員のほか、同派の小渕優子元経済産業相が出席した。