<写真:高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さん(宮内庁提供)> 宮内庁は26日、高円宮家の三女絢子さま(27)が、日本郵船勤務の守谷慧さん(32)と婚約されることになったと発表した。7月2日午前に内定を正式発表する。一般の結納に当たる納采の儀は8月12日に高円宮邸で、結婚式は10月29日に明治神宮で行われる予定。
 女性皇族の結婚は、2014年10月の高円宮家の次女典子さん(29)以来。昨年の秋篠宮家の長女眞子さま(26)に続く婚約内定となり、絢子さまは皇室典範の規定により、結婚に伴い皇室を離脱する。
 絢子さまは7月2日午後、守谷さんと共に宮内庁で記者会見する予定。婚約の意向は、天皇、皇后両陛下にも既に報告された。
 同庁によると、絢子さまは昨年12月、母の久子さまの紹介で守谷さんと初めて出会い、その後交際を始めた。守谷さん一家と付き合いがあった久子さまは同11月、守谷さんが海外の恵まれない子どもを支援するNPO法人「国境なき子どもたち」の理事に就任することを聞き、福祉を学ぶ絢子さまに紹介したという。
 絢子さまは1990年9月、故高円宮さま(02年、47歳で逝去)と久子さまの三女として誕生。16年に城西国際大大学院の修士課程を修了し、公務と共に17年6月からは同大福祉総合学部研究員として勤務している。
 守谷さんは、元経済産業省官僚で現在「日本アルコール販売」の幹部を務める治さん(62)と、妻季美枝さん(15年死去)の長男。慶応大文学部卒業後、09年から日本郵船に勤務するほか、「国境なき子どもたち」の理事も務めている。

<写真:高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さん(宮内庁提供)>