松江北・大社も

 日本高野連は16日、今夏の第100回全国高校野球選手権大会では、1915年の第1回大会から地方大会に出場し続けている15校の主将が入場行進に参加すると発表した。今大会のメッセージは「ありがとう これからも」、キャッチフレーズは「本気の夏、100回目。」に決まり、これを記した横断幕を掲げて行進する。
 15校は時習館、旭丘(ともに愛知)、岐阜(岐阜)、同志社、山城、西京(いずれも京都)、市岡(大阪)、関西学院、神戸、兵庫(いずれも兵庫)、桐蔭(和歌山)、鳥取西、米子東(ともに鳥取)、松江北、大社(ともに島根)。