安倍晋三首相は29日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話で約40分間会談し、27日の南北首脳会談の結果について説明を受けた。文氏は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対して日本人拉致問題を提起したことや、金氏が「日本と対話の用意がある」と表明したことを報告。首相も日朝対話を模索する考えで、文氏は仲介を申し出た。また、日韓両首脳は、完全な非核化に向け北朝鮮に具体的行動を促していくことで一致した。
 韓国大統領府によると、文氏は南北会談の際、「安倍首相も北朝鮮と対話する意思があり、特に過去の清算を基盤に、日朝国交正常化を望んでいる」と伝達。金氏は「日本といつでも対話する用意がある」と応じた。これを受け、文氏は首相に「日朝間の橋渡しを喜んで行う」と伝えた。ただ、拉致問題への金氏の反応に関しては、日韓両政府とも詳細を明らかにしなかった。
 日韓両首脳は、北朝鮮が核兵器を含む大量破壊兵器と弾道ミサイルの廃棄へ具体的な行動を取るよう、努力することを確認。首相は南北会談の板門店(パンムンジョム)宣言に「完全な非核化」が明記されたことに関し「前向きな動きで、評価する」と伝えた。
 電話会談に続き、首相は南北首脳会談に同席した徐薫(ソ・フン)韓国国家情報院長と首相官邸で約1時間20分面談し、さらに詳細な説明を受けた。両氏は日朝対話をめぐっても意見を交換。徐氏は記者団に「首相は対話に深い関心を表明した」と語った。
 南北会談での拉致問題提起は、首相が事前に文氏に要請していた。首相は電話会談後、官邸で記者団に「拉致、日朝関係について、金委員長に私の考えを伝えていただいた。文氏の誠意に感謝したい」と語った。
 日韓両首脳はまた、5月の日中韓首脳会談に合わせた文氏の訪日を通じ、未来志向の関係構築を進めることを確認した。