皇太子即位は5月1日/皇室会議で決定・25年ぶり開催

 天皇陛下が退位される日程をめぐり、皇室会議が1日午前、宮内庁特別会議室で開かれ、陛下が2019年4月30日に退位し、皇太子さまが同年5月1日に新天皇に即位される日程が決まった。政府は8日にも閣議決定する。改元は新天皇即位に合わせて5月1日に行われる。
 皇室会議後、安倍晋三首相が官邸で記者団に退位日を説明し、「天皇陛下のご退位は約200年ぶりのことで、憲政史上初めての事柄だ。皇位の継承に向けて大きく前進したことに深い感慨を覚えている」と述べた。「天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位が国民の祝福の中で、つつがなく行われるよう全力を尽くす」とも語った。
 皇室の重要事項を審議する皇室会議の開催は、皇太子夫妻の婚姻を決めた1993年1月19日以来で約25年ぶり。6月に成立した退位を可能にする特例法は、退位日決定の前に皇室会議で意見聴取することを義務付けており、議長を務める首相が招集した。
 会議は非公開で1時間あまり行われた。首相が席上、退位日について皇族代表の2人や衆参正副議長、最高裁長官らから意見を聴取した後、「19年4月30日退位」とする案を示し、採決は行わず集約した。会議後、首相は天皇陛下に内奏し、その後、記者団の取材に応じた。
 政府は退位日として19年3月31日も検討したが、会議に陪席した菅義偉官房長官は記者会見で、年度替わりの時期は転居が多く、与野党が対立する統一地方選が19年4月に予定されていることを指摘。4月30日に関しては「4月29日の昭和の日に次いで、退位、即位を実施することにより、改めてわが国の営みを振り返り、決意を新たにすることができる」と説明した。
 政府は5日の閣議で皇室会議の結果を報告した上で、8日にも退位日を定めた政令を閣議決定する方針。
 退位日決定を受け、政府は退位と即位の儀式の在り方を検討するため、菅官房長官をトップとする準備組織を年明けにも設置する。退位の儀式を天皇による国事行為と位置付けるかどうかなどが検討課題になりそうだ。
 平成に代わる新元号も焦点で、国民生活への影響を最小限とするため、政府は来年中に事前に公表する方針だ。