<写真:来日した米国のトランプ大統領(右端)とゴルフを楽しむ安倍晋三首相(中央左)と松山英樹選手(左から2人目)=5日午後、埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部(内閣広報室提供)> ドナルド・トランプ米大統領は5日、公式実務訪問賓客として初来日した。トランプ氏は米軍横田基地(東京都福生市など)で演説し、「日本は米国にとって大切なパートナーで、決定的に重要な同盟国だ」と強調。6日の安倍晋三首相との会談では、挑発を繰り返す北朝鮮のテロ支援国再指定に言及する可能性がある。両首脳は、アジアからアフリカに至る地域の安定と成長を目指す「インド太平洋戦略」についても意見を交わす。
 首相はトランプ氏の来日を受け、首相官邸で記者団に「歴史的な日本訪問を心から歓迎したい。二人の友情と信頼関係の上に、日米同盟の絆をさらに確固たるものにしていきたい」と語った。
 トランプ氏はメラニア夫人と共に大統領専用機で横田基地に到着。兵士らを前にした演説で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮を念頭に「いかなる独裁者も、体制も、国家も、米国の決意を侮るべきではない」と警告。米国が日本の防衛義務を順守する決意を改めて表明した。また、今回の歴訪で「パートナー諸国と自由で開かれたインド太平洋を追求する」と述べた。
 両首脳は5日午後、「霞ケ関カンツリー倶楽部」(埼玉県川越市)で、プロゴルファーの松山英樹選手を交えてゴルフを楽しんだ。プレー後、首相は記者団に「難しい話題も時折、織り交ぜながら、ゆっくりと突っ込んだ話ができた」と語った。同日夜は、東京都内の鉄板焼き店で、両夫人も加わり夕食を共にする。
 6日の日米首脳会談では、北朝鮮への圧力を強化するため緊密に連携することで一致する見通し。テロ支援国に指定されると、武器禁輸や経済援助の停止、金融規制といった制裁が科される。朝鮮半島有事や、その際の邦人退避についても議題に上るとみられる。中国の南シナ海への進出を念頭に、基本的な価値観を共有するインドやオーストラリアとの協力推進でも合意する見込みだ。
 トランプ氏は6日に天皇、皇后両陛下と会見するほか、北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会。拉致被害者の曽我ひとみさんとも会う方向で調整している。被害者自身が米大統領と面会するのは初めてとなる。トランプ氏は7日に離日し、次の訪問国である韓国に向かう。
 米大統領の来日は昨年5月、当時のオバマ大統領が主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)出席と広島訪問以来となる。

<写真:来日した米国のトランプ大統領(右端)とゴルフを楽しむ安倍晋三首相(中央左)と松山英樹選手(左から2人目)=5日午後、埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部(内閣広報室提供)>