安倍晋三首相(自民党総裁)は31日午前の党役員会で、二階俊博幹事長ら役員の続投を正式に伝達した。首相はこの中で、全閣僚を再任して11月1日に発足する第4次安倍内閣について「国民の負託に応え、選挙で約束したことに一つ一つ丁寧に結果を出すのが大切だ。引き続き力を貸してほしい。一致結束して政権運営に当たりたい」と呼び掛けた。
 先の衆院選に出馬せず引退した保岡興治氏の後任の党憲法改正推進本部長については、細田博之元幹事長を充てる人事を決めた。細田氏は首相の出身派閥、細田派の会長。自身に近いベテランを起用することで、党の改憲案取りまとめをスムーズに運ぶ狙いがある。
 衆院選で引退した高村正彦副総裁の続投も決定。同氏は引き続き、党改憲推進本部の特別顧問を務める。特別顧問には保岡氏も就く方向だ。
 二階氏の他に留任するのは竹下亘総務会長、岸田文雄政調会長、塩谷立選対委員長、森山裕国対委員長ら。現在の党役員の任期が8月3日に始まったばかりであることを考慮した。
 この後の総務会で、衆院議長に大島理森前議長を推す方針が了承された。