超大型台風接近、前線活発化

 23日西・東日本上陸か

 超大型で強い台風21号は20日夜、フィリピンの東海上を北上し、沖縄が強風域に入った。21号は21日から沖縄に接近した後、22~23日に西・東日本に接近して上陸する恐れがある。本州南岸に停滞する前線も活発となるため、西・東日本の太平洋側では21日から激しい雨が降る見込み。気象庁は大雨や暴風、高波、高潮に厳重に警戒するよう呼び掛けている。
 気象庁の松本積主任予報官は「重大な災害が発生する恐れがある。早めに安全を確保してほしい」と話した。22日の衆院選投開票日に大荒れが予想される地域については、「風雨の状況を確認してから投票所に向かってほしい。事前に(期日前)投票できるなら、行ってもらう方が安全だ」とした。
 21号は20日午後6時、フィリピンの東海上を時速15キロで北へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径220キロ以内が風速25キロ以上の暴風域、南側950キロ以内と北側750キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 21日午後6時までの24時間雨量は多い所で、沖縄と九州南部・奄美180ミリ、近畿と東海100ミリ。その後、22日午後6時までの24時間雨量は多い所で、東海300~400ミリ、沖縄と九州南部・奄美、近畿、関東甲信200~300ミリ、中国と四国100~200ミリ、九州北部と北陸100~150ミリと予想される。