戦争犠牲者を追悼

 オバマ米大統領は25日夜、中部国際空港(愛知県)着の大統領専用機で来日する。26、27両日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席後、被爆地・広島を現職米大統領として初めて訪問する。自身が提唱してきた「核兵器なき世界」への取り組みの重要性を訴えるとともに、第2次世界大戦の全ての犠牲者を追悼する。
 オバマ大統領の来日は2014年4月の国賓訪問以来、4回目。今回が任期最後になる見通しで、サミット出席も最後となる。
 大統領は25日の到着後、サミット会場のホテルで安倍晋三首相と会談し、米軍属による女性死体遺棄事件への米側の対応を説明するもようだ。26日からの会議の進め方や27日の広島訪問についても擦り合わせる。
 サミットでは、世界経済と環太平洋連携協定(TPP)を中心とした貿易の推進、シリア情勢や過激派組織「イスラム国」(IS)掃討戦などの外交政策、気候変動への取り組みなどについて問題提起する方針。
 大統領は27日午後、専用機で岩国基地(山口県岩国市)に飛行し、同基地で専用ヘリに乗り換えて広島入りする。平和記念公園で行われる式典で慰霊碑に献花するほか、被爆地を訪れた所感を数分間の声明形式で述べる。
 日米両政府は、式典に第2次世界大戦中に旧日本軍の捕虜となった元米兵や被爆者を招待する方向で調整している。